【VR】俺様系でSっ気のある男装女子に射精ガマンさせられるが返り討ちでイカせる「俺がガマンできなかった……」

VR
VR イカせ・勝負 巨根

男子寮で同部屋のゆらお(架乃ゆら)。いじめられている自分を守ってくれる頼れる存在だけど、実は男装している女子だと知る。そんなゆらおとエッチな展開になり、男に犯される女の気持ちを味わうような不思議なVRセックス体験。>>感想
FANZA 【VR】転校生のイケメンゆらおにドキドキ恋しちゃった…あれっ、オチ●チ●がない!?胸が膨らんでる!?禁断の男子寮VR 架乃ゆら

シーン1

本を読んでいると同級生の男2人に絡まれる。
男「オマエ何やってんだよ 本なんか読んでよぉ おいー」
架乃ゆら「おい オマエら!」
男「やべぇ ゆらおだ」

イケメンのゆらおに助けてもらう。
男2人は謝って、逃げるように帰る。
ゆらお「オマエまた いじめられてたのか フフ ちょっとは強くなれよ」

ゆらおとは男子寮で同じ部屋。ゆらおは周辺の学校の女子達がファンクラブを作るほどの人気者。学校で自分がからかわれていると、いつも助けてくれるようです。
部屋でエロ本を読みながらオナニーしていると、ゆらおが予定外の早い帰宅。
架乃ゆら「フフフ なんでそんなにビビるんだよ ただいま いやごめん 用事がさぁ 早く終わっちゃって 早く帰って来ちゃった 悪ぃ 悪ぃ 悪ぃ 見るつもりなかったんだよマジで 悪ぃ ごめんな」
ゆらおがイケメンだしかわいくもあり、VRならではの不思議な感覚でドキドキする。
架乃ゆら「俺も部屋で1人でいる時は 全然やるし そんな気にすることじゃねーだろ ハハハ でも悪かったよ ごめんな」

架乃ゆら「って言うかさ オマエ さっきのやつ俺にも見せろよ」
エロ本を読み始める。
架乃ゆら「へー オマエこんなの好きなのかよ すげぇおっぱいデカイ」
エロ本を読んでいる姿は同部屋の男子そのもの。でもドキドキしちゃう。

架乃ゆら「なんだよ 何モゾモゾしてんだよオマエ 男同士だろ 気にすんなよ 何ずっと隠してんだよ フフフ どれどれ……」
チンポを見ようとしてくる。
架乃ゆら「あはははっ いいだろ 友達だろ」
手をどかされて、
架乃ゆら「うわっ すっげぇ さっきまでオナニーしてたの」
見るだけじゃなく、勃起したチンポをツンツンしてくる。
架乃ゆら「やばっ」
まだ自分視点では男と認識している相手にチンポをツンツンされるというボーイズラブっぽい状態をVRで体験。

架乃ゆら「もっと触らせろよ いいだろ」
男装しているだけの女子だからチンポに興味を示すのはおかしくないですけど、自分視点ではボーイズラブの沼にハマっていく状態。
架乃ゆら「いいだろ 友達同士だから気にすんなよ そんなこと」
と言ってチンポを握る。
架乃ゆら「フヒヒヒ やっば オマエのチンチンって こんな形だったんだな」
イケメンの同僚にチンポをシコシコされる体験でもあり、男装した架乃ゆらでもあり、気持ちが落ち着かない不思議体験。
架乃ゆら「なに恥ずかしがってんだよ 男同士だからいいだろ」
「男同士」でやることの観念がズレている男装女子。
さらに、亀頭にチュッとキスまでされる。男同士で行為がエスカレートする感覚にドキドキ。

架乃ゆら「ハハッ フフフ オマエすごい顔してんぞ なんでそんなにビクビクしてんだよ 気持ちいいのか?」
見つめてシコシコ。かわいい顔しています。キスもしてきて、
架乃ゆら「オマエ かわいいな」
完全にボーイズラブ体験。
少し興奮した様子でチンポを咥えちゃう。美少年にジュボジュボされる感覚がある。
架乃ゆら「ハハハッ やっべ オマエどんどんチンポ勃ってってるよ ヤバイな 興奮してんのか?」

架乃ゆら「オマエいちいちさ 腰が浮くんだよ そういうのすげぇエロい」
ギンギンに勃起して、
架乃ゆら「オマエさ もしかして男でもイケんの? マジか やべぇな」
向こうは男装女子だから女と男という認識だけど、向こうから見た自分は男と男で感じている人ですからね。
フェラを続けて、玉まで舐めちゃう。
架乃ゆら「どんどんチンポ デカくなってきた」
膝に乗って手コキ。
架乃ゆら「あぁ すっげぇ すっげぇ顔してる」
乳首を舐めて、再びフェラ。
乳首舐め手コキで時おり反応を見てくる。
架乃ゆら「すっげぇ顔してる」

架乃ゆら「なんだよ もう出そうなのか? じゃあティッシュに出せよほら」
ティッシュを取る。
架乃ゆら「やべぇ顔してんな 男でもイケてビックリしてんのか」
チンポを拭いてくれる。
架乃ゆら「じゃあ拭いてやるからさ 落ち込むなよそんなに」

モヤモヤした日々を過ごして後日、シャワー中のゆらおを覗くと、
架乃ゆら「あっ!? なにしてんだよ」
すぐに座って体を隠すが、女であることはバレている。
黙ってドアを締めるゆらお、でもすぐ開ける自分。
架乃ゆら「なんで開けるんだよー」

覚悟を決めて立ち上がる。ただの全裸姿がめっちゃエロく感じます。美少年かと思っていた相手の女体。
架乃ゆら「まぁでも バレたのがオマエで良かったよ」
絶対に内緒だと約束させられる。
少し無言の後、こちらの股間を見て、
架乃ゆら「オマエ なんでおっきくなってんだよ ……こっち来いよ」
一緒にシャワールームに入る。
架乃ゆら「じゃあ内緒にしてくれるんだったら ちょっとはいい思いさせてやるよ」
キスをして、
架乃ゆら「そんなに触りたいのか? じゃあ触れよ」
女だとバレても性格は変わらない。ゆらおのおっぱいを揉むのも不思議な感覚。
架乃ゆら「あっ気持ちいい…… んっ……」
女としての反応にドキッとさせられる。

架乃ゆら「下も いいよ触っても」
体をビクビクさせて敏感に感じ、ピチャピチャと音が響く。オラオラ系のゆらおからのギャップがあります。あのゆらおがマンコを濡らし、女子の喘ぎ声を出しているということの不思議さ。
架乃ゆら「こっちも見たいのか フフ」
お尻を向ける。お尻側だと、まだボーイズラブっぽい感覚も残る。

架乃ゆら「オマエばっかり触ってズルいな 俺にも触らせろよ」
チンポを握ってくる。
架乃ゆら「オマエのチンチンすごい熱くなってる 興奮してんのか?」
至近距離で見つめながら手コキして、
架乃ゆら「なんだよ こっち来いよ」
男らしく誘ってキスした後、おっぱいを揉むと女の顔で感じる。
架乃ゆら「あっ…… んんっ」

架乃ゆら「ここは? どうなんだよ」
乳首舐め手コキ。
架乃ゆら「ここもすっげぇビンビンになってる フフフ オマエここも気持ちいいのか? すっげぇ顔してるよ」
嬉しそうに男の反応を見ていたが、おっぱいを触るとビクッとして、
架乃ゆら「急に触んなよ んっ……」
シコシコしながら乳首舐め。
しゃがんでフェラ。普通にショートカット美少女の顔。
架乃ゆら「オマエの おっきくなりすぎだろ」
咥えるのが大変そう。

長い竿を両手で握り、亀頭を咥えてジュボジュボ。
竿をシゴきながら玉も舐める。
架乃ゆら「気持ちいいか?」
かわいい顔して、男っぽく攻めてくる。攻められる女子の気分、これも面白いVR体験。
乳首舐め手コキからキス。
架乃ゆら「すっごい顔赤くなってる フフ はぁはぁはぁはぁ オマエの体 すっげぇ熱いな どんどんチンポ熱くなってきてるぞ はぁはぁ……」
興奮した様子で攻めています。
しゃがんで乳首を触りながらフェラ。竿が長いので先端しか口に入らない。

架乃ゆら「気持ちいいのか? フフ ほら出せよじゃあ」
潮吹きでもさせられるような感覚で射精を煽られる。
架乃ゆら「見といてやるから」
と言ってこっちを見ている時に射精。遅れて気付いて、
架乃ゆら「あっ!? すっげぇ フフフ ビクビクしてる」

手についた精子を見せて、
架乃ゆら「見ろよ オマエこれ 気持ち良かったのか そうか」
絶対に秘密だと念を押されてから、チンポをシャワーで洗ってくれる。

シーン2

真っ暗な状態で架乃ゆらの小さな喘ぎ声が聞こえる。
明るくなると騎乗位でヤっていて、
架乃ゆら「フフフ 起きた? 悪い悪い なんかさ 朝勃ちじゃなくて昼勃ちしてたからさ」
寝ながら勃起していたので、ハメちゃったみたい。
廊下から男子生徒の声が聞こえる。
架乃ゆら「声出すとバレるぞ」
ゆらおが騎乗位でパンパンやっている姿も不思議な興奮があります。男装して男っぽくしているけど、女子としての騎乗位をやり慣れている様子。
架乃ゆら「この前の時からさ 気になってたんだよな オマエのチンポ」
前かがみでパンパンしてから上体を起こし、
架乃ゆら「せっかくだから触れよほら」
男友達のノリで、おっぱいを触らせてくれる。
ショートカット美少女としてめっちゃかわいけど、まだ同性味がある。このVR体験は唯一無二。

架乃ゆら「しーっ 静かにしないと 他のやつらにバレちゃうぞ」
キリッとした男っぽい表情から、目をトロンとさせて女の表情に変わるところが最高。
架乃ゆら「やべっ 腰止まんない やべ…… はぁはぁ…… イクッ……」
あの強くてカッコいいゆらおが女としてイク姿に興奮する。
架乃ゆら「オマエのチンチン 気持ち良すぎなんだよ」

ピストンを続けて、
架乃ゆら「フフフ 気持ちいいか? しーっ 声ガマンしなきゃダメだろ」
少年っぽいかわいさから、目をトロンとさせて感じる変化がタマラン。
架乃ゆら「あぁ気持ちいい…… なんだよ オマエも気持ちいいだろ」


架乃ゆら「気持ちいいか? あっ…… あっ…… ヤバイッ……」
「気持ちいいか?」は男っぽく言って、その後の「あっ」が女の喘ぎ声。
架乃ゆら「またイクッ……あっ! はぁはぁ……またイっちゃったよ」
チンポを引き抜く。
まだ男としてのゆらおのイメージが残っているから、繋がっているところが不思議に思える。
架乃ゆら「オマエのチンチン ヤバすぎ 気持ち良すぎる」

キスして手コキ。ショートカット好きにはタマランかわいさ。
フェラをしていると、廊下から男子の声が聞こえる。口を押さえてくる。
太腿まで舐める。

架乃ゆら「なんか 俺ばっかり舐めてるな オマエも舐めろよ」
シックスナインの体勢になる。
架乃ゆら「もっとちゃんと舐めろよ」
シックスナインからスライドして背面騎乗位。
架乃ゆら「どうだ? オマエもすっごい気持ち良さそうな顔してんじゃん 俺も 俺もすっごい気持ちいいけどさ はぁはぁ……」
喘ぎ声をガマンしていて、静かに呼吸を荒くする。
お尻をボフボフさせて、
架乃ゆら「あぁイクッ……!」
背面騎乗位で2回イク。
架乃ゆら「オマエのチンポ やっぱすげぇんだって こんなになっちゃうもん」

再び対面してパンパン。
架乃ゆら「ヤバイヤバイ 気持ちいいこれっ……」
感じすぎて、
架乃ゆら「ああっ!」
大きな声が出て慌てて口を押える。
架乃ゆら「オマエも気持ちいいだろ? 俺とヤるの 気持ちいいなら気持ちいいって素直に言えよ」
俺様系にヤられるVR体験。
でもカッコよく煽っておいてから、かわいい女子の喘ぎ声を出してイク。

ゆっくりズシン!ズシン!とピストンしてから、速いピストンでまたイク。
架乃ゆら「感じてる顔かわいいから もっと見せろよ」
男の顔を見て「はぁはぁ」と嬉しそうに興奮。
架乃ゆら「犯されてるみたいだろ?」
感じる表情に変わって、またイク。
ピストンを続け、舌も出して感じる表情。俺様系でSっ気のあるゆらおが、こういう表情を見せるのが良い。
架乃ゆら「気持ちいいだろ? もっと感じろよ」

架乃ゆら「ガマンしてる顔もっと見せろよ ほら かわいい顔してんじゃん」
男の顔を見て興奮を高めている感じも良い。
架乃ゆら「ああっ……イクッ……!」
男も射精して同時イキ。
架乃ゆら「出ちゃったのか? かわいい顔して フフフ」
悪戯っぽい表情で腰を振り、射精後のチンポを刺激する。男がストップをかけて、
架乃ゆら「そっか 残念だな もっと出来ると思ったのに もう無理か? そっか」
中出しかと思いきや、コンドームを着けてからヤっていたようです。

手コキで男の反応を楽しんでいたら、
廊下にいる男「ゆらおー 次の試合始まるぞー」
架乃ゆら「やっべ!」

慌ててパンツを穿き、最後にフェラしてからバスケの試合に戻る。

シーン3

夜、部屋で2人きり。
架乃ゆら「オマエさ まだ寝ないの?」
このシーンは「間」が良い具合で、無言の時間が絶妙なドキドキ感を生んでいる。
何か言いたそうにチラチラ見て、
架乃ゆら「脚凝ってない?」
脚をマッサージして、また無言になって漫画を読む。
自分が読んでいるエロ本にモザイクがないのも素晴らしい。VR作品でエロ本を小道具として使うケースはたまにありますが、モザイクがかかっててVRの世界が台無しになるパターンも多い。
漫画を置き、また無言で何か言いたそう。

架乃ゆら「あ でもさ バレたのがオマエでホントに良かったよ」
意を決して膝の上に乗ってくる。
架乃ゆら「それでさ あの なんて言うか……」
秘密を守ることを再確認して、少しの無言の後に見つめてキス。このへんの雰囲気作りも良い。
架乃ゆら「って言うかオマエさ また大きくなってないか? フフフ なに反応してんだよ しょうがねえなぁ じゃあ絶対約束守ってくれるんだったら もう1回ヤってもいいぜ」
おっぱいを触ると、
架乃ゆら「んっ…… オマエもヤル気満々じゃん んんっ ちょっと……」
普段が強気だからこそ、感じる反応がかわいい。
架乃ゆら「そこ弱いんだよ んっ……」

シャツのボタンを外す。VR動画でスポーツブラは新鮮。
架乃ゆら「なんだよオマエ すげぇ積極的じゃん」
おっぱいを触られて感じて、
架乃ゆら「もっと触ってくれ」
素直に女子っぽく感じる。
架乃ゆら「すげぇ嬉しいなんか オマエなら なんだって嬉しい気がするんだよな」
サイドのホックを外して、おっぱいポロリ。
架乃ゆら「あんまり見んなよ 恥ずかしいからさ」
最初は「男同士だから気にするな」と言っていたけど、恥じらいを見せる。

生おっぱいを揉んで、かわいい喘ぎ声。
架乃ゆら「オマエのも見せろよ」
反応が女っぽくなっていて、めっちゃかわいく感じる。
架乃ゆら「せっかくだし 楽しもうぜ」
口調は相変わらずだからこそ、その直後に出てくる女っぽい喘ぎ声が映える。
架乃ゆら「すげぇ 硬くなってる 当たってるのわかるか?」
股間を擦り合わせる。

架乃ゆら「見せろよ」
ズボンを脱がしてキス。
架乃ゆら「すっげーチンポビンビンになってんじゃん やっぱ興奮してんのか? オマエもしかしてさ ずっと俺とこうしたかったの? だったら ちょっと嬉しいんだけど」
囁いて耳舐め。
架乃ゆら「すっげー弱いんだな 耳 ビクビクしてた」
架乃ゆらもズボンを脱ぐ。
架乃ゆら「ヤバイな 熱くなってきちゃった」

股間を擦り合わせる。
架乃ゆら「キスするたびに チンチンビクビクしてた 嬉しいのか? こうやって当てると入ってるみたいだろ 俺すっごい気持ちいいとこ当たってんだよな オマエもわかる?」
パンツを脱がせてチンポを握る。
架乃ゆら「ほら なんか出てるぞ 先っぽから 見えるか?」
ガマン汁を指につけて舐めてからフェラと手コキ。
股間を触り返すと、
架乃ゆら「すっげぇ濡れてるのわかるか?」

架乃ゆら「俺のここも見ろよ」
パンツを脱いでマンコを突き出し、手マン。
架乃ゆら「そこ すっげぇ弱いとこ あっ ダメダメダメッ……」
手マンvs手コキ状態でイカせる。
いつも自分を守ってくれるゆらおに勝ったような気分。
架乃ゆら「オマエ 触り方エロすぎ オマエのチンポもすげぇ硬くなってきた」

フェラをしてから、
架乃ゆら「もうガマンできない 俺のことも気持ち良くしてくれ」
お尻を向けてきて手マン。
架乃ゆら「もっと触ってくれ オマエに触られてると すげぇ気持ちいいから」
四つん這いのゆらおを指でアンアン言わせるのも興奮する。感じっぷりは感度の良い女子。
架乃ゆら「いやっ あっ イクッ イクッ……! ……ちょっと やめろ」
イった後も少し続けてストップさせられる。
架乃ゆら「くそぉ やりやがったな」
悔しがってくれるのも良い。

シーン4

キスをして、
架乃ゆら「ホントにオマエは フフフ なんでそんなかわいい顔するんだよ」
乳首舐めをしながら手コキ。
架乃ゆら「乳首舐めただけで こんなビンビンになるのか かわいい」
相変わらず男を犯す感じの攻め。
架乃ゆら「感じてる顔もっと見せろよ」
男をガン見しながら乳首を舐める。

架乃ゆら「すっごい大きくなってきた」
乳首、お腹、耳をたっぷり舐めてからチンポを咥える
架乃ゆら「また出てるぞ 先っぽから トロットロのやつが」
フェラをしながら体勢を変えると、男が股間に手を伸ばす。
架乃ゆら「じゃあ触ってくれよ」
手マンをすると、喘ぎ声を漏らしながらチンポを咥える。
架乃ゆら「先っぽが気持ちいいのか?」

体勢を変えてシックスナイン。
腰を浮かせた体勢で手マン、
架乃ゆら「あぁくそぉ あっ あっ ちょっと やめろ……」
強いゆらおが押されて追い込まれる。
腰を下ろしてアナルをガン見。
架乃ゆら「あんまりジロジロ見んじゃねーよ」
体勢を変えて仰向けで乗る。
架乃ゆら「じゃあ今度はオマエが舐めろよ」
クンニする男を眺めて楽しむ。
架乃ゆら「すっげぇ その顔かわいい」
頭を押さえられて、イラマでもされているような感じ。
架乃ゆら「すっげぇ気持ちいい ペロペロ舐めて犬みてぇだな かわいいぞ」
ビクビクッとして、
架乃ゆら「なんだよ すげぇ上手じゃねえか」
頭をナデナデ。

架乃ゆら「でもなんか こんなに気持ち良くされるとムカツクなぁ じゃあ今度は俺が思いっきり気持ち良くする番だからな」
俺様系でSっ気のあるゆらお、攻められるだけは不満。
騎乗位でスルッと挿入。
イケメン風だけど、シャツをめくると女体。


男が突き上げて、
架乃ゆら「ちょっと…… 俺が気持ちよくするって言っただろ あっあっ 気持ちいっ……」
女性上位なセックスだったけど、初めてゆらおが意表を突かれて攻められる。
架乃ゆら「イっちゃうイっちゃう! あっあっあっ イッ……!」
男のまさかの反撃でイカされて、
架乃ゆら「どうしたんだよ急に」

おっぱいを揉みながら騎乗位。
架乃ゆら「すっげぇグチョグチョ 気持ちいい? もっとその顔見せろよ」
顔を近づけて、
架乃ゆら「すっげぃ腰動いてるぞ 気持ちいいのか?」
と男っぽく言った後に、かわいく喘ぐ。
架乃ゆら「あっ あっ そんなにいっぱい突くなよ んんっ…… 気持ちいいっ そこっ」
ゆらおを身も心も女にするようなセックス。
架乃ゆら「ダメだ…… またイクッ またイクッ…… あっ!」
強いゆらおが弱々しく感じる姿が超かわいい。
架乃ゆら「なんでこんなに気持ちいいんだろうな じゃあ今度 こっち来いよ

シーン5

対面座位。
架乃ゆら「なんかすごいさっきより距離が近い感じがするな ほら ヒヒヒヒ んーっ なんだよ」
近くで見つめ合って恋人同士っぽいイチャイチャ感。キスもして、
架乃ゆら「気持ちいいか?」
感じる時はかわいい女だけど、男っぽくリードするセックス。
架乃ゆら「なんかすっごい そのかわいい顔見てたら 俺もどんどん興奮してきちゃった」
男を見つめる場面が多いので、架乃ゆらのかわいい顔を見る時間も多くて良いです。
架乃ゆら「フフ なんだよ」
そしてキリッとした表情から、口を真一文字に結んで感じる表情に変わる。

架乃ゆら「じゃあ今から俺が いいって言うまで イクのガマンするんだぞ フフフ わかったか? 絶対にガマンしろよな ほら いくぞ」
ガマンさせて攻めを楽しむ。
架乃ゆら「オマエここ弱いだろ フフフ 感じてる顔がすっげぇかわいんだよ もっと見せろよ」
後ろに手をついてグリグリ。

架乃ゆら「ダメだ 俺がガマンできなくなる 気持ちいい……」
男にガマンさせて自分はガマンできないのもかわいい。
架乃ゆら「はぁはぁはぁはぁ 気持ちいい」
感じると舌が出ちゃう。

架乃ゆら「ガマンだぞ んっ これ気持ちいいな オマエがガマンしてる顔 すっげぇかわいい ヤバイくらい興奮してきた」
男のガマンする顔を至近距離で見て楽しんでいる。
架乃ゆら「よし よくガマンしたな じゃあ今度は反対側から入れてやるよ その前に触ってくれよ」
座位から立って手マン。
架乃ゆら「イッ……イっちゃう…… ダメだ ダメだ イっちゃう……あっ!」
ビクッと内股になってイクのがかわいい。
架乃ゆら「俺がガマンできなかった」

背面座位でもイク。
架乃ゆら「よくガマンできたな じゃあ今度は後ろから いっぱい突いてもらうからな」
ゆらおを四つん這いにして突くのもめっちゃ興奮する。
架乃ゆら「俺 後ろ すげぇ好きかもしれない…… もっと もっと突いて……」
俺様系でSっ気のあるゆらお、意外にもバックで突かれるのが好き。
アンアンアンアンと喘ぐ。
架乃ゆら「気持ちいい ヤバイヤバイヤバイ イクイクイクッ……」
バックでもイって、
架乃ゆら「なんか 俺ばっかりガマンできずにイってる気がする はぁはぁ…… 恥ずかしいな なんか」
バックを続けて、もう1回イカせる。

仰向けになって、
架乃ゆら「いっぱい突いてくれ 俺の顔見ながら」
正常位。
架乃ゆら「ちゃんとガマンして 偉いじゃん」

「ううっ」という声も交ざって、弱々しい感じ方。
そしてまた舌が出ちゃう。
アヘってくる感じも良い。あのゆらおだからこそというのもある。呂律も回らなくなってくる。
架乃ゆら「俺だけ気持ち良くなってないか? ちゃんと気持ち良くなってるか?」

架乃ゆら「もっと もっとくれよ もうガマンなんてしなくていいんだぞ」
自分も限界を迎えて、ギリギリの外出し。
架乃ゆら「はぁはぁ…… よく今までガマンできたな 偉いぞ」

架乃ゆら「俺なんかで こんなに出してくれたんだな 嬉しい」
ティッシュで精子を拭く。
バタッと倒れて、
架乃ゆら「ずっと一緒にいてくれるか? そうか 嬉しい」

エピローグが5分ほどもあるのも良いです。
ラッコ座りで女子らしく甘えるゆらお。揉んだりくすぐったりと、恋人らしいイチャイチャ。

感想

安易な男装コスプレ物ではなく、VR体験として非常に良かった。

ボーイズラブのようなVR体験

同部屋の同級生だけど、いじめられる自分を守ってくれる強い兄貴のようでもあるゆらお。
突然の帰宅でオナニーを見られたところから、チンポを見て触ってシゴいてフェラ。設定的には自分から見て男だと思っているゆらおにチンポを触られたりキスされたり、VRだからこそ味わえる、不思議なボーイズラブのような体験。

ジャニーズっぽいイケメンでカッコいいけど、かわいさもあり、ボーイズラブの沼に足を取られ、「オマエさ もしかして男でもイケんの?」と言われて否定できない気持ちになりかける。でも相手は架乃ゆらだと思って、揺れる気持ちを落ち着かせるような、他の作品では味わえないドキドキがある。

その後のシャワー室で裸を見るところも良かった。ゆらおのキャラクターがしっかり確立されていたから、ゆらおが女の体であることにドキドキでき、股間にチンポが生えていないことに言葉を失いそうな感情もある。
男っぽさがちゃんと確立できていなかったから、普通にAV女優の裸という感じになったかと思います。

女だとバレても性格は変わらず、「そんなに触りたいのか? じゃあ触れよ」と男友達のノリで触らせる感覚も新鮮。でも感じると、かわいい女子らしい表情を見せたり、喘ぎ声を出す。

男にリードしてもらうセックスの女側を体験

男がリードするAVは多いですが、それを男女逆にやっているみたいなセックス。女がリードするAVではなくて、男がリードするAVの女優側を自分が体験する感じ。

「感じてる顔かわいいから もっと見せろよ」と、男が感じている顔を見たがるのが特徴的。全シーンにおいて、男の反応を見たがって見つめてくるので、かわいい架乃ゆらの顔を見る場面が多くて嬉しいです。

俺様系でSっ気があり、「犯されてるみたいだろ?」と攻めを楽しむ。やたらと「かわいいな」って言われて、褒められて喜ぶ女子の気持ちを味わうのも不思議な体験。頭をナデナデしてくれたり、視聴者側が女子扱いみたいなセックス。

中身が男の架乃ゆらにリードされるセックスが、M的に良いです。

終盤はゆらおをメス顔で感じさせますが、自分は自分でメス化させられそうな気分になったり、不思議なせめぎ合いのあるセックス。

ゆらおを女みたいに感じさせるセックス

構成的には定番ですが、最後はゆらおを女みたいに感じさせるセックス。この最後のセックスまでに、ゆらおの男らしさや強さがしっかり見せられていたから、あのゆらおがメスの顔して感じる姿の衝撃と興奮が大きい。

いじめから自分を守ってくれた強いゆらおを、四つん這いにしてバックで突いてアンアン鳴かせる時の不思議な感覚は唯一無二です。

いつもの感じで「じゃあ今から俺が いいって言うまで イクのガマンするんだぞ フフフ わかったか? 絶対にガマンしろよな ほら いくぞ」と言っていたゆらおをイカせまくって、「なんか 俺ばっかりガマンできずにイってる気がする はぁはぁ…… 恥ずかしいな なんか」と言わせる。イカせ合いで、ゆらおに勝ったみたいな気分も良いです。

感じるとかわいい女子っぽくなるけど、性格が変わらないのも良いです。そこまで変わっちゃうとキャラクターがチープになる気がする。あのゆらおのまま、チンポで堕とす感じが良い。

VR男優は巨根。性格は自分より男らしいゆらおを、ゆらおにはない巨根で犯すというのも面白い対比。

ボーイッシュな架乃ゆらの魅力

ボーイッシュな美少女好きにはタマラン、架乃ゆらがかわいすぎた。ブサイクになりがちな騎乗位や正常位でも安定したかわいさ。

前半は美少年として好きになっちゃいそうなほど。
キリッとした男っぽい表情と、トロンと感じる女っぽい表情のギャップも良い。

2時間16分というボリュームも嬉しい。このキャラクターは難しいですから、尺が短いと安易な男装コスプレで終わる可能性も高い。ゆらおとの生活を強い体験として味わえる2時間16分。

架乃ゆらのボーイッシュなかわいさがあり、通常は味わえないようなVRらしい体験の魅力もあって大満足。
男装女子という難しい設定でFANZAレビュー4.48点(25件/7コメント)は立派。高評価でもシリーズ化は難しいと思う。この難しい役をこなせる女優は多くない。

配信開始日:2021/03/26
収録時間:136分
出演者:架乃ゆら
監督:こあら太郎(わ)
シリーズ:S1 VR
メーカー:エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル:S1 VR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】転校生のイケメンゆらおにドキドキ恋しちゃった…あれっ、オチ●チ●がない!?胸が膨らんでる!?禁断の男子寮VR 架乃ゆら

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました