同棲中のカップルが巨根AV男優と3P!彼氏への愛は変わらないけどセックスでの反応が隠せない彼女

寝取り・寝取られ
寝取り・寝取られ 巨根

同棲中の大学生カップルに30日間の禁欲生活をさせてから、特設スタジオでプレイ中にデカチン男優を乱入させるという企画。無理がある企画かと思いきや、わびさびの効いた作風でリアリティがあって良かった。彼女は彼氏が大好きだという前提で気遣いがあるけど、そこが逆に彼氏のプライドを傷つけそう。>>感想
FANZA 一般男女モニタリングAV 徹底比較!「愛情VS巨根」 仲良しカップル限定 30日間の禁欲生活をした素人女子大生と彼氏がプロAV男優と人生初の3P! 2…

シーン1

1組目はモモコ(21)とヨウスケ(21)。モモコは美咲かんな。
特設スタジオで30日以上ぶりのセックスを始める。同棲中の仲良しカップルなので、濃厚なキスで愛を確かめ合う。

キスをしていたらAV男優の羽田が乱入し、戸惑う2人。
羽田が彼女に強引なキスをすると、彼氏も奪い返すようにキス。
モモコ「男優さんがちょっと…… 続けてる場合じゃなくない?(笑)」
最後まで続けると賞金が貰えるというルールなので、この状況でも続ける。
彼氏のほうは3Pに興味がありそうで、
モモコ「禁欲しすぎて頭おかしくなってるの?」
羽田が乳首を触って、
羽田「あれ? 乳首硬くなって……」
モモコ「ホント? 乳首触ってくるようー」
ヨウスケ「気持ちいい?(笑)」

彼氏に止めてほしそうだったのに「気持ちいい?(笑)」と返され、彼氏をかわいく叩く。

耳舐めでも、
モモコ「耳弱いの」
羽田「弱いんですか じゃあ攻めます」
モモコ「違う違う」
ヨウスケ「耳弱いよね」
モモコ「助けて ねー」
ヨウスケ「めっちゃエロいんだけど(笑)」
モモコ「ねー エロいじゃなくて」

彼氏は彼女が攻められる姿を見て興奮。
彼氏がAV男優に協力的で、戸惑う彼女の反応がかわいい。
モモコ「なんで見てるの?」
ヨウスケ「なんかね でもね 興奮するよ」
モモコ「嘘でしょ そういう癖あった……」

ちなみに全4シーンあって、彼氏の対応がそれぞれ違うのが面白いところ。

モモコ「手際がいい 手際が」
羽田がクンニするとビックリした表情の彼女に、彼氏がキス。
クンニで感じちゃって恥ずかしがる彼女。
モモコ「気持ちいいー……ダメだぁ」
おっぱいを舐めながら手マン。
モモコ「プロかも ホントに ねぇ」

羽田がチンポを見せると、
モモコ「わあっ! ……わあって言っちゃった」
ヨウスケ「デカッ」
羽田「どうですか?」
モモコ「え? いやどうですか…… すごいよちょっとねぇ」

デカチンでテンションが上がっている。驚いた様子で彼氏に振るのも良いです。
羽田「ちょっと触ってみましょうか」
モモコ「えっ!?」
ヨウスケ「いやもうしょうがないでしょ」
モモコ「なんでちょっと諦め……」


羽田のチンポに臭いを嗅ぎ、彼氏が近づいてくる。
ここで彼氏のチンポをチラッと見た後、顔を逸らして笑うのが良かった。ナチュラルに小ささを笑ってしまった感じ。
モモコ「あっ えっ 待って……」
言葉でなぶるんじゃなくて、改めて彼氏のチンポを見て思わず笑っちゃうのが効く。笑い方も露骨じゃなくて、思わず笑っちゃったけど、すぐごまかそうとした感じ。

2本のチンポを握ってシコシコ。
モモコ「どういう感情?」
初めての体験で戸惑う。落ち着いている男優に、
モモコ「プロだなぁ(笑)」
羽田「彼女さん上手ですよ」
モモコ「じょっ 上手 上手……」
ヨウスケ「どうなんだろ それ褒められてるのか 嬉しいのか……」

デカチンばっかりジロジロ見る彼女。
モモコ「すごいこんな……」
羽田「しきりに見てますね」
モモコ「えー…… 見て」
ヨウスケ「『見て』じゃないよ」
モモコ「あっ(笑)」
ヨウスケ「俺 別になんか チンコ見ても興奮しないし」
モモコ「あはははっ」

仲良しカップルの会話が、ほのぼのした感じもあって面白い。

フェラを求められて羽田のチンポに舌を当てた後、確認するように彼氏の顔を見る。
ヨウスケ「なに? 舐める?」
モモコ「こっちも?」

彼氏のもフェラ。その後に羽田のチンポを突っ込まれて、
モモコ「全然なんか先っぽぐらいしか入らない」
素直な感想だけど、彼氏との差が見えちゃう。
ヨウスケ「そんな長くないからね俺」
モモコ「いやいやいや そんなことないよ」

彼氏をフォローするのも良い子だけど、気遣いのできる子が素直な感想としてAV男優のデカチンに驚いちゃっているので、彼氏からしたら悔しいところ。

スルスルッと脱がされる彼女。
モモコ「すごい これが男優(笑)」
四つん這いで彼氏にフェラ、後ろから羽田が手マンとクンニ。
ブラを取って全裸にする。
モモコ「ホントに脱がされちゃった(笑)」
その直後、バックで入れようとする羽田。
羽田「もう入れちゃっていいですか?」
モモコ「えっ!? そんな急に……ちょっと待っ……」
ヨウスケ「マジ!?」

驚いたリアクションが良いです。

モモコ「ああーっ!」
バックで挿入され、彼氏の脚をポンポンと叩く。
ヨウスケ「大丈夫?」
モモコ「待って 本当にダメ ちょっとゆっくりゆっくり ゆっくり」

いきなりデカチンを入れられてキツそう。
モモコ「ちょっとおっきくてそんな……奥まで入んないです」

高速ピストンでイっちゃう。
ヨウスケ「ちょっと待って イったの?」
モモコ「待って 待って 違う」

彼氏も頑張って参加。
モモコ「見ないでよー ちょっと待って」
デカチンで感じている姿を見られたくない彼女。
モモコ「ああっ イクゥー イっちゃう!」
彼氏の前でガクッと崩れてイク。
ヨウスケ「イっちゃってんの?」

バックを続け、彼氏のチンポをフェラ。
しかし、ガン突きされて咥えられなくなり、
モモコ「ああっダメッ! またイクッ!」
彼氏のチンポから引き離されてイクのも良いです。

彼氏がコンドームを着けて挿入。
モモコ「気持ちいい」
ちゃんと気持ち良さそうに反応。巨根男優と素人彼氏の3Pだと、露骨に彼氏のチンポに物足りなさそうな反応をすることが多いですが、モモコちゃんは彼氏のことが好きな感じが出ています。
モモコ「あぁ気持ちいいよ……」
AV男優の巨根でイキまくった直後の彼女を普通チンポで気持ち良くさせるのは不思議な感覚。安心感がありつつ、演技なんじゃないかという不安もある。

キスをした後の笑顔も良いです。
ちゃんと好きな彼氏とヤっている感じが出ている。

ヨウスケ「あぁヤバイ 久しぶりだからちょっと待って」
モモコ「待って イっちゃダメだよ」

腰が止まり、体位を変えて騎乗位。
モモコ「でも気持ちいいすごい 奥にくる」
竿の短い彼氏にも「奥にくる」と言ってあげる気遣い。でもこの気遣いが、逆に男のプライドを傷つけるかもしれない。

彼氏に突き上げられながら羽田の顔を見ちゃう彼女。
モモコ「顔見ちゃった(笑)」
ヨウスケ「しょうがないよ」

申し訳なさそうに照れる彼女がかわいい。
モモコ「ねぇもっと突いて あぁイキそう ああっ あぁ気持ちいい……」
イキそうな彼女を必死で突き上げるが、中々イカない。
ヨウスケ「ああっヤバイッ あぁイクッ……!」
先に果ててしまった彼氏。
モモコ「気持ち良かった?」
彼氏に優しい笑顔を見せるけど、イケなかった彼女。

すぐに羽田と騎乗位。
さっきと逆のポジションで彼氏がチンポを握らせるけど、
モモコ「気持ちいいっ ああっ!」
感じすぎてチンポが握れなくなる。こういう差の見せ方が絶妙で良い。彼氏とのセックスでも気持ち良さそうに演技してくれる感じだけど、自然に差が見えちゃう。

彼女の手が離れ、棒立ちで眺める彼氏。
モモコ「ああっ ダメェ! あぁイクッ!」
彼氏のチンポではイカなかったのに、AV男優のデカチンだとすぐイっちゃう。
モモコ「待ってちょっと……」
ヨウスケ「イったの?」


騎乗位を続けて、
モモコ「ちょっとおっきすぎる」
ヨウスケ「デカッ……」

彼氏も素直に認めるデカチン。
モモコ「あぁダメッ ホントにダメッ あぁイクイクイクイクッ!」
イった後も続けて、
モモコ「ダメ イっちゃうまたもう無理っ」
2回イって、
ヨウスケ「気持ちいいの?」
彼氏と目を合わさず首を横に振る。

正常位。
ヨウスケ「めっちゃエロい顔してるけど」
モモコ「そんなこと言わないで」

とは言うけど、
モモコ「ああっ ダメまたイっちゃう! イクゥ!」
大声出して反り返ってイク。
ヨウスケ「何回イクの(笑)」

彼氏が手を押さえて腋見せ。
モモコ「なんで手を」
ヨウスケ「押さえちゃった(笑)」


モモコ「ねぇホントにおかしくなっちゃう あぁそこ気持ちいい うぅ ダメ もうダメ…… ああっ イクッ!」
イっても続ける。
モモコ「そんな すごいのわかりましたから」
羽田「もっと気持ち良くなりましょう 僕もすごい気持ちいいんで」
モモコ「気持ちいいんですか? えぇ 気持ちいいんだって」

AV男優が気持ち良くなっていることを彼氏にアピール。
モモコ「ダメ ホントに壊れちゃう あぁダメッ もっと奥っ!」
「ホントに壊れちゃう」からの「もっと奥っ」が非常に良い。彼女が彼氏では届かない奥を求めている姿を間近で見てしまう彼氏。
モモコ「奥ぅー! ダメもう あぁイクッ!」
奥を突かれて反り返ってイク。彼氏のでイケないのは奥に届かないからかと思わせられる。

フィニッシュはコンドームを取って顔射。
驚きつつ口を開けて受け入れちゃう彼女。

射精すると、すぐにスタッフを呼びに出て行く羽田。
2人だけになって感想。
ヨウスケ「意外と興奮してる自分がいたなぁ」
モモコ「うん なんか全然止めなかったよね(笑) 楽しかったの?」
ヨウスケ「いや やっぱなんかプロ プロ」
モモコ「そーう 凄かったよねぇ」

デートでの映画かアトラクションの感想みたいなノリで話す。

羽田とスタッフが戻って来て、感想を聞く。
モモコ「なんかすごいおっきかったんですよ 男優さん やっぱなんかこう……」
ジェスチャーでグイッとくる感じを表現しようとして、
モモコ「すごくって 今までそんな 考えたこともなかったんですけど……小っちゃいのが嫌いじゃなくって!(笑)」
彼氏に気遣うけど、結果的に彼氏のが小っちゃいと言っている。
モモコ「好きになったかもしれない おっきいのも ……なんかテンションおかしいよね どうしよう」
ヨウスケ「しょうがない しょうがない」

良い彼女の優しい気遣いで彼氏がダメージ受けそうな感じが面白い。おっきいのも好きになったかもしれないと言うけど、さきほどのセックスでは、おっきいほうだけでイキまくっていた。

シーン2

アヤカ(22)とケント(22)の大学生カップル。アヤカちゃんは新垣智江。
展開は同じで、30日禁欲のカップルが特設スタジオで最後までセックスしたら100万円。2人きりでキスしているところに羽田が乱入。
アヤカ「えっ 一緒にやるんですか?」
今回は彼氏もちょっと嫌そう。でも100万円欲しさに渋々受け入れる。
彼女が羽田に愛撫されると、張り合うように彼氏も愛撫する。

彼氏がクンニした後に羽田がクンニすると喘ぎ声が大きくて、
ケント「反応がいいな俺より」
さらに手マンで潮を吹き、
ケント「なんなの 男優さんにやられて……」
アヤカ「わかんないっ(笑)」
ケント「わかんないってオマエ 物語ってんじゃんこれが」

シーン1とは違い、嫉妬する彼氏。

羽田がチンポを出すと、すぐに咥える彼女。
羽田「積極的ですね」
アヤカ「おっきい」

彼女を仰向けに寝かせ、おっぱいで擦る。
その後ろで彼氏がズボンを脱ぐけど、パンツの中に手をつっこんで見栄剥きしてそうな動き。

羽田がクンニしている時に、彼氏がパンツを脱いでフェラさせる。
ここもシーン1とは違い、彼氏がAV男優とチンポを並べたくない感じが出ている。
羽田「もう入れちゃいましょうか」
正常位で入れちゃう。

正常位から騎乗位。大きな声でアンアン喘ぐ彼女。
アヤカ「あぁ あぁイクッ!」
1回イってすぐに、
アヤカ「あぁ気持ちいいっ あぁイクッ ああっ!」
連続でイク。
3回目は反り返ってビクビク。

背面騎乗位に変えると、彼氏がチンポを出して咥えさせる。
激しく感じてフェラができなくなってイク。
彼氏にキスを求めて背面騎乗位を続ける。
アヤカ「気持ちいいっ あぁイクッ!」
キスをした直後の彼氏の目の前でイク。

立ちバックでもすぐにイキ、言葉が少なくなる彼氏。このパターンの時は、あまり喋らないほうが良いです。寝取られ3Pのシチュエーションで、彼氏が「なにやってるんだよー」とかチープなセリフを喋り続けると安っぽくなることが多い。
立ちバックから四つん這いになってバック。
ケント「僕もいいですか」
慌てているのか興奮しているのか、彼氏がコンドームを着ける。
アヤカ「あぁイクッ! あっ ああっ!」
彼氏がコンドームを着けている時にイっちゃうアヤカちゃん。

AV男優のデカチンでイった直後の彼女にバックで挿入する彼氏。
ケント「ん゛ん゛ん゛っ」
意地の感じられる激しいピストン。ムキになっている感じが良い。
アヤカ「あぁ気持ちいいっ」

ガン突きを続けてアヤカちゃんも気持ち良さそうだけど、イカせる前にピストンが止まる。
必死で腰を振っても、瞬殺でイカせるAV男優のチンポほどの破壊力はない。

再びピストンを再開する彼氏でしたが、まだイカせられない。
少し休んでから正常位。
頑張る彼氏を見守る羽田。
しかし、彼女をイカせる前に果てた彼氏。
羽田「彼氏さんイっちゃいました?」

その直後に羽田に交替。
アヤカ「いやそんな……おっきいの ああっ!」
彼氏の後だとおっきさが気になっちゃう彼女。
ズンズン突かれて、
アヤカ「あぁすごいっ おっきい!」
そしてすぐイっちゃう。彼氏の前でビクビク。
彼氏が必死になって突いてもイカないのに、AV男優のデカチンだと早い。

アヤカ「あぁすっ……奥まで あぁすごいっ」
連続でイカされてヘトヘトのメロメロ。
アヤカ「あぁ気持ちいいっ」
みっともないくらいの感じっぷりを晒す。
アヤカ「またイっちゃう! イクッ!」
そのまま突かれ続けて、
アヤカ「それ以上突いたら 壊れちゃう!」
巨乳がブルンブルン揺れる。

イキまくってビクンビクンしている彼女のおっぱいに射精。
最後の感想では、
アヤカ「すごいなぁって思いました 気持ち良かった(笑)」
満足気な表情で羽田に視線を送って、
ケント「こっち向いて言ってるよね」
嫉妬する彼氏。

シーン3

カオリ(19)とキョウヘイ(20)。カオリは阿由葉あみ。
男優はウルフ田中に交代。
今回は彼氏が先にチンポを出します。彼氏をフェラした後に、ウルフ田中をフェラ。
彼女「あぁすごいおっきい 入らないかも(笑)」
咥えようとして、
彼女「んんっ…… 無理(笑)」
彼氏のを普通に咥えてジュボジュボした後なので、太さの差が浮き彫りになる。
彼女「おっきいです……」

挿入も彼氏が先。
小刻みな高速ピストンで頑張るが、
キョウヘイ「ヤバイ……イキそう……」
カオリ「イキそう?」

30日の禁欲生活で溜まっていたせいか、彼女をイカせる前に果てる。
ちょっと早い射精だったけど、彼氏にキスする彼女がかわいい。

ウルフ田中と向かい合うと、
カオリ「いやおっきい(笑)」
挿入直前のデカチンを見てビビる。
ゆっくり挿入していき、
カオリ「あぁすごいぃ んっ……あっ! んんんっ あぁおっきい!」
挿入するだけで、彼氏のチンポでは見せなかった大きな反応。

ウルフ田中が得意とするブリッジ状態でのピストン。
カオリ「あぁイっちゃう! イっちゃう!」
早漏気味に連続イキ。

カオリ「大きい 大きい あぁダメッ!」
バックでもすぐイク。イっても止めずに連続でイカせる。
ウルフ田中「すごいイキっぷりだねぇ 彼女ね」
イカせられなかった彼氏の前で、彼女のイキっぷりをイジる。
バックから再び正常位。ここまでの3人の中で、一番メロメロに感じている。
フィニッシュは口元に射精。

ウルフ田中は射精してすぐに退室。
彼氏に寄りかかって甘える彼女。
キョウヘイ「めっちゃ気持ち良くなってたじゃん」
カオリ「めっちゃ声出ちゃった(笑)」
キョウヘイ「いつも全然あんな声出さないのに」
カオリ「エヘヘ だっておっきすぎるんだもん(笑)」

彼氏の嫉妬に気付いていないような、明るく素直な返答。

最後の感想でも、
監督「彼氏と男優さん どっちが良かったですか?」
カオリ「ちょっと選べない(笑) でもやっぱり……キョウヘイ君」

この返答も絶妙で良かった。彼氏を選ぶんなら「ちょっと選べない(笑)」とごまかす必要はなかったはずですが、そこに本心が見え隠れする感じが良い。

シーン4

サヤカ(19)とユウキ(22)。
男優は引き続きウルフ田中。
先に彼氏がチンポを出した後、ウルフ田中も出すと、
サヤカ「えっ すごい おっきい おっきい」
ユウキ「めっちゃデカくないですか?」


サヤカ「入るかな口に」
と言ってすぐに咥えちゃう。
サヤカ「おっきい……」
ウルフ田中「自ら咥えちゃうんですね」
サヤカ「全部入んない」

入んないと言いつつ、スッポンのように咥えて離さないフェラ。
ユウキ「めちゃめちゃデカイっすね」
今回の彼氏はAV男優へのリスペクトが感じられる。
彼氏も交ざって、サイズ差がわかりやすいダブルフェラ。
ユウキ「大きさが全然違いますね」

ダブルフェラの後、ウルフ田中に再びスッポンフェラ。
このフェラは巨根への喰いつきが凄い。
サヤカ「こんなおっきいの初めて見ました」
それを見てチンポをピクピクさせる彼氏も良い。

彼氏が正常位→バックで射精して、
ウルフ田中「え? あれ?」
ユウキ「すいません ちょっと ちょっとイっちゃいました」
ウルフ田中「サヤカさんはイったんですか?」

申し訳なさそうに首を横に振る彼女。
ユウキ「嘘っ ごめん 先イっちゃった ごめん」
満足できなかったのでウルフ田中の巨根を欲しがる。
サヤカ「あっ すごい おっきい……」
立ちバック→正常位→騎乗位→正常位でイキまくって口元に射精。

感想

フィクションの中のリアリティ

同棲中の大学生カップルに30日間の禁欲生活をしてもらい、特設スタジオで最後までセックスしたら100万円と言って2人きりにしてから、デカチン男優を乱入させる。無理がありすぎる企画かと思いきや、センスが光る作りで、フィクションの中のリアリティがありました。

カップルの彼女を巨根男優が寝取る企画は多いですが、大抵はチープになります。わかりやすく彼女が彼氏を下げて巨根に夢中になり、彼氏は「なにやってるんだよー」「やめろよー」と場当たり的なセリフを言い続けるだけになりがち。予定調和で説明的になりすぎて、薄っぺらい演技をしている感じで寝取られの興奮は薄い。

個性の違う彼氏

本作はカップル2人が自然な反応をしているように感じられました。まず彼氏役の男優の反応が様々で、寝取られに興奮しちゃったり、嫉妬したり、AV男優をリスペクトしたような反応だったり、それぞれ個性の違う反応。呆然として喋らなくなるのも自然で、チープなセリフを淡々と言い続けるような説明的な行動はしていない。

優しい彼女でも隠せない反応の差

彼女の反応も絶妙。あくまで彼氏のことが大好きだという前提で、3Pの後でもそれは変わらない。
でもその愛と気遣いが、男のプライドを逆撫でしそうなところが面白かった。彼氏のセックスに露骨に不満を見せるようなところはなく、気持ち良さそうな反応をしようとしてくれる。でも彼氏のチンポでイケない。イカせられず彼氏が先に果てる屈辱。デカチン男優に交替すると大声で喘いでイキまくる。気遣いできる彼女だからこそ、隠せない差が見えちゃうのが効く。

「小っちゃいのが嫌いじゃなくって!(笑)」とか、彼氏のを嫌いじゃないアピールすることで、彼氏のは小っちゃいと認めちゃうようなセリフも面白い。「普通」じゃなくて思わず「小っちゃい」という言葉が出ちゃう。
彼氏の嫉妬に気付かずに悪気なく「エヘヘ だっておっきすぎるんだもん(笑)」と言っちゃうところも良い。

あくまで彼氏のことが大好きで、彼氏のセックスで気持ち良くなりたいというところも感じられる中で、AV男優のデカチンで感じちゃう彼女のみっともなさに興奮する。

彼氏に露骨な不満を見せるパターンよりも、彼氏への愛があって気遣いながらも、彼女の反応でチンポとセックスの差を見せつけられるほうが、寝取られの悔しい生々しさがありました。事後も彼女は彼氏に対して今までどおりの距離感っぽいけど、彼氏は内心複雑そう。

わびさびの効いた作風

演技と言葉で説明的になりすぎないセンスの良い作りでした。わびさびが効いた作風。
自分が必死に腰を振ってもイカせられなかった彼女が、AV男優の巨根でイカされまくる姿を見せつけられる。3Pで巨根を知った後でも彼女は彼氏を変わらず好きという態度。でも彼氏側は、あの姿を見た後だと自信も喪失するしプライドも傷ついて複雑という心境。下手な演技ないからこそ彼氏の心中を想像しちゃいますし、想像するからこそ寝取られの屈辱や喪失感も伝わりやすい。

価格改定によって300~980円になりました。

配信開始日:2018/12/07
収録時間:160分
出演者:美咲かんな 新垣智江
監督:ファンキー長谷井
シリーズ:一般男女モニタリングAV
メーカー:ディープス
レーベル:DEEP’S

FANZA 一般男女モニタリングAV 徹底比較!「愛情VS巨根」 仲良しカップル限定 30日間の禁欲生活をした素人女子大生と彼氏がプロAV男優と人生初の3P! 2 セックスもオナニーも禁止されて感度が上がりきった彼女が求めたのは最愛の彼氏とのイチャラブよりも突然現れたデカチン男…

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました