顔見知りでM男のファンを弄んでいた枢木あおいがバックでは「あっあっあっ 待ってダメッ やだっ ねぇイっちゃう もうダメ」

枢木あおいが6人の素人男性にドッキリを仕掛ける企画。「神様に誓ってガチです」とガチ感を売りにしており、AV女優x素人男性のリアルを撮りきった5時間4分。2人目は顔見知りのファンで、M男だったのですがバックになると攻撃的になり、枢木あおいをイカせて口元がニヤけていました。>>感想
(FANZA 【完全素人参加型】ひよこ女子の甘いワナ。いちゃいちゃ甘えんぼ。ときどき小悪魔に。~愛ある極上6ドッキリ大作戦!4本番10射精SPECIAL! ※神様に誓ってガチです~)

シーン1

Twitterで募集した素人君に枢木あおいがドッキリを仕掛ける企画。
1人目。まずは監督が10分ほど面接した後、勃起テストと称して枢木あおいのアダルトVR動画を視聴してもらう。
部屋で1人にした状態で、動画内でフェラするタイミングに合わせて、実際に枢木あおいがフェラするというドッキリ。
『神様に誓ってガチです』とタイトルにあるように反応がリアルで、大袈裟に作ったようなリアクションを取らない。ガチ感があります。

フェラ以外もVRと連動した攻めをする枢木あおい。手を誘導しておっぱいを触らせたりもする。
途中でカメラも入り、近い画を撮影。
しばらく攻めてからVRヘッドセットをズラしてあげて、
枢木あおい「出てきちゃいました」
会話もAV女優とガチ素人の初対面らしいやりとり。
事後のやりとりも長めに撮ってあり、ティッシュで拭いてくれて、VRヘッドセットを外して感想。

フェラ、手コキ、キスで、
男「イキそうです」
枢木あおい「ん? ガマン」
男「イキそう」
枢木あおい「ガマン」

 ドピュッ
「ガマン」と言われながら手コキをされて射精。
着ているパーカーにまで飛んで、
枢木あおい「大変だ 大丈夫? ホント?」
最後は優しくキスをしてくれる。
枢木あおい「いっぱい出たね 気持ち良かった?」

シーン2

2人目はカラオケで2曲歌ってもらい、枢木あおいの手コキに耐えつつ平均点が85点以上ならエッチができるという設定。
枢木あおいのイベントによく来る人で、顔見知りだけに枢木あおいも恥ずかしそう。
枢木あおい「フフフフ めっちゃ変な感じ」
チャレンジ前に「エッチしような」と関西弁で声をかけてくれるのがかわいい。
手コキをするので服を脱がしますが、
枢木あおい「緊張するな(笑)」
顔見知りのファンを脱がせるというのは初めての体験が。
パンツを脱がすと勃起済でしたが、皮を剥く動作をして、
枢木あおい「フヒヒヒ 出てきた 真っ赤っ赤やで」
イベントに行くほどファンのAV女優にチンコの皮を剥いてもらう貴重な体験。
乳首を舐めながら手コキ。
枢木あおい「すごい真っ赤やな」

カラオケをしながら手コキをしてもらう。
1曲目は62点。
2曲目はキスや乳首舐めもしながら手コキ。キスをしているから歌えない。1曲目が62点なので、もう歌うよりキスに集中した方が良いですしね。
そしてそのまま手コキで射精。
枢木あおい「精子 手にいっぱいついちゃった」
点数が出ると、
枢木あおい「ねぇねぇ 15点だって 初めて見た(笑)」
お掃除フェラもしてくれる。

ミッション失敗となり、シャワーを浴びて帰り支度。最後に枢木あおいとも挨拶できるという事でソファに座って待つ。
ここからがドッキリ企画。枢木あおいに誘惑してもらう。

枢木あおい「このあとエッチできますって言われてて 出来なかったから」
露骨に密着して誘惑。1人目からガチ路線だったので、本当にファンのAV女優から誘惑されるというリアルさが感じられる。
枢木あおいの誘いに、
男「ホントに? してもいいの?」
枢木あおい「あかんの?」
男「していいなら するよ」

変に戸惑った演技をしないのもリアル。もともとエッチしに来たファンが、このチャンスを逃すわけもなく。

枢木あおい「する?」
この聞き方がめっちゃかわいかったし、ファン目線で見ても最高。

2人ともヤル気満々でキスから。
キスしながら手コキ。
枢木あおい「ガマン汁ヤバくない? ねぇ(笑)」
顔見知りがプライベートでやっているような雰囲気も良いです。

枢木あおい「うーりゃ!」
押し倒してくる。イチャイチャ感も良いです。
初対面のAV女優x素人男性とは違う絡み。

ソファでフェラ。ヨダレの垂らし方もエロい。
キスしながら手コキ。耳舐めも。
上に乗って素股に近い体勢で手コキ。JKの制服のスカートに隠れながらというのも良いです。
男がおっぱいを揉むと、初めての喘ぎ声。大好きなAV女優を喘がせる至福。
男「気持ちいい」
枢木あおい「気持ちいい……」


おっぱいを舐めるとビクビク反応。
AVではよくあるシーンと言えど、ファンの素人男性がAV女優を攻めるとなると夢があります。

おっぱいの後は下も。
枢木あおいも手コキで攻め合い。
枢木あおい「んー」
男「どうしたの?」
枢木あおい「気持ちいい……」

甘えて感じるのも良い。

素人とは言え童貞ではないので、年相応のテクニックで枢木あおいを感じさせる。
枢木あおい「あぁイクイク イっちゃうってぇ イク イクッ あっ!」
ビクンッとイっちゃう。イカせる直前の男の二ヤニヤも良いです。ファンのAV女優を自分の手でイカせる喜びに満ちている。
枢木あおい「もうダメッ 気持ちいいのっ オチンチン入れたい」

コンドームを着けて挿入。

こっそりとカメラが入る。
ここもとてもガチ感のあるリアルさで、おそらく気付いているんだろうけど男からは反応しない。ヤラセのドッキリのようなわかりやすいリアクションを意識していない。枢木あおいが少しプレイを止めて、カメラを意識させる。
枢木あおい「気付いてた?」

しかも、急に萎えてしまった。
枢木あおい「緊張しよるん?」
男「うん」
枢木あおい「ンフフフフ」

このガチ感、素晴らしいです。

30分の休憩。
オフショットの感覚でイチャイチャしているのが羨ましい。
上に乗って長いキス。

男「意地悪してくれた方が なんかドキドキするから」
枢木あおい「変態だね」
男「はははははは」
枢木あおい「変態さん」

ナチュラルに「変態だね」って言うのも良いです。

股間のタオルを取ると勃起しており、
枢木あおい「フフフフフフ ビンビンじゃん」
嬉しそう。乳首をコリコリして、
男「うぅ 焦らされると気持ちいい」
枢木あおい「それは 変態だからだよ」

チンコを見ると、
枢木あおい「ホント真っ赤っ赤だねぇ」
赤い亀頭は何度もイジられる。
ヨダレも口移しする。

枢木あおい「入れちゃうね ガチガチのチンポ」
騎乗位で挿入。
枢木あおい「入っちゃったよ」

ペチペチペチとピストンした後にグリグリ。
キレイなお尻。

キスを焦らして、
枢木あおい「届かないね」
M男なのでちゃんと遊んであげる。

ピストンを激しくして、
枢木あおい「あぁイっちゃう…… あぁイッ……んっ!」
イった後の小刻みに震える余韻も良いです。

男のリクエストでバック。
枢木あおい「あっあっあっ 待ってダメッ やだっ ねぇイっちゃう もうダメ」
と言われて素直にストップしちゃう男。
ちょっと面白い。

少し動いて、またストップしてキス。

再び動いて重い突き。
枢木あおい「イっちゃう イっちゃうイっちゃう あぁイクッ!」
今後はビクッ!とわかりやすくイク。
弄ばれていたM男君がバックで突いてイカせるのは良いです。

しばらく「はぁはぁ」している枢木あおいを上からニヤニヤして見る。
ファンが大好きなAV女優をバックでイカせて幸せでしょう。
さらに調子に乗って乳首をいじり、
枢木あおい「んんっ んんっ!」
敏感に反応してくれる。

枢木あおい「いじわる……」
男「なに?」
枢木あおい「もっとして」
男「もっとしてほしいの?」

急にSとMの立場逆転。この展開にちょっとだけ笑っちゃう枢木あおい。
気を取り直してバックを続ける。
ピストンを止めるとビクビク。

正常位で挿入。
枢木あおい「入った オマンコヌルヌルだから スルッて入っちゃう」

騎乗位の体勢になり、制服を脱ぎ捨てる。
男「出そうになる」
枢木あおい「ダメだよ」
男「ダメ?」
枢木あおい「まだダメ」

またSとMが戻る。触る時も、
枢木あおい「触らせてくださいは?」
男「触らせてください」
枢木あおい「ンフフフ かわいい 触って」


M男君として攻められていたけど、下から突き上げて反撃。
めまぐるしい攻守交替。

再び枢木あおいがピストン。
グッタリ倒れて密着し、激しさを感じさせる。

男「あぁイク」
枢木あおい「出して」
男「あぁイクッ イクッ」

パンパンしてもらってゴム射。そのままキス。
枢木あおい「イっちゃった?」

枢木あおい「見て ほら けっこう出たね」
男「2回目なのに」

精子をチェックしてから、お掃除フェラ。

シーン3

3人目は早漏がコンプレックス。以前にアキノリの早漏改善合宿に出演した事もあるという。その時は2人の男がいて、先に射精した方がセックスできないというルールで、先に射精してしまったのでセックスできず。今回はセックスしたいと意気込む。
今回は枢木あおいの10分間の攻めに耐えるとセックスができるというルール。ガマン汁が出てからスタートという厳しい条件。
枢木あおい「前の女優さんより確実にランクは落ちてるけど大丈夫?」
謙遜する枢木あおい。

キスしながら股間をサワサワして勃起させる。

パンツを脱がして、
枢木あおい「わっ すごっ めっちゃギンギンやん」
手コキ。
枢木あおい「早漏さんなんですか?」
男「はい」


ガマン汁が出たのでタイマースタート。
ヨダレを垂らして手でコネコネ。
男「ちょっと待って イっちゃう」
枢木あおい「ピュッ ピュッ って出るとこ私に見せて」
男「ちょっ イク ホントに」
枢木あおい「いいよ」

耐える男だが、
枢木あおい「私も負けたくないんだよね」
勝負っぽくて良いです。
そして2分28秒で射精。
枢木あおい「あははっ」
お掃除フェラもしてくれる。

カットが入って後処理。
お喋りしながらティッシュで拭いてくれます。

しかし、あくまでドッキリ企画なので、本番はこれから。
男がシャワーから出てくると、VTRが撮れていなかったという芝居を始める撮影スタッフ。
重苦しい空気の中、男に事情(嘘)を説明する。
男はガチだと思っているようで、不安そうな表情。隣でちょっと笑っちゃう枢木あおい。

20分の休憩後、さっきのはなかった事にして10分チャレンジをやり直す。
かなりこだわっていて、インタビューから撮り直している。
10分勝負になると、耳元で、
枢木あおい「エッチしたいから優しく責めてあげる」
とささやいて誘惑。
実際にわざとらしく手抜きしてチャレンジ成功。

そのままセックスへ。

フェラしてもらってから、手マンと顔面騎乗でクンニ。

コンドームを着けて騎乗位で挿入。
騎乗位→正常位でイカせる。
枢木あおい「めっちゃイカされちゃうんだけど」
早漏君が挿入でイカせるのは良いです。

そのまま正常位でゴム射をすると、だいしゅきホールドで、
枢木あおい「まだ抜いちゃダメ」
抱き寄せてキス。

シーン4

4人目は機材トラブルがあったと言って2人きりにして、枢木あおいが誘惑。
お互いに愛撫して、フェラ抜きまでやっちゃう。
スタッフが戻ってからシーン3と同じ10分チャレンジ。
チャレンジ成功してセックス。
騎乗位→正常位→立ちバック→騎乗位でゴム射。

シーン5

5人目は監督との打ち合わせ中に机の下から枢木あおいが責めるドッキリ。
フェラと手コキで抜いてくれる。

シーン6

6人目はガチ童貞。
最初に顔を合わせて喋る時から耳が真っ赤になるほどの照れと緊張。
騎乗位→バック→正常位→騎乗位→座位→騎乗位でゴム射。
童貞君がイカせる場面もあり。

感想

ひよこ(メーカー)の作品を視聴したのは2本目ですが、前回同様に本物素人男性xAV女優のリアリティが素晴らしい。
ガチ童貞がデカチンでひよこ女子をイカせる「ごめんね またイって 私ばっかごめん でも頑張る(笑)」 – テングノハナオレ
本物素人男性がAV女優と絡むような作品は希少で、実際のところはどうかわからないながらもリアリティがあり、参加者目線で視聴して夢がある作品。独特の緊張感があり、絡み方やセックスがAVの型にはまっていないのも面白い。

ボリュームも凄くて、6人で5時間4分。リアルさが売りなだけあって、カットが少なく、ありのままを全部撮って収録している感じ。オフショットのようなやりとりも良かったです。本物素人男性xAV女優のリアルを全部見せてくれる感じの大ボリューム。

2人目のカラミが特に印象的。イベントにも来るほどガチなファンらしく、顔見知りだけあって枢木あおいの恥ずかしがり方も生々しい。初対面の本物素人男性xAV女優とは違い、慣れ親しんだところもある2人のイチャイチャも羨ましい。
男はM男だったのに、バックで突く側になるとキャラが変わり、「イっちゃう イっちゃうイっちゃう あぁイクッ!」と枢木あおいをイカせる。イカせた時のニヤつきっぷりも、大好きなAV女優を挿入でイカせた喜びを感じさせた。
騎乗位になるとM男に戻って反撃されるけど、そこからまた突き上げて感じさせるなど、攻守交替がめまぐるしくて面白かった。本物素人男性とAV女優のぶつかり合いは見応えある。

他のシーンでもそうですが、枢木あおいは素人男性への対応が満点で、セックスでも敏感に感じてイっていましたので、全シーンが本物素人男性xAV女優という中で、夢のある内容でした。

収録時間:304分 (HD版:304分)
出演者:枢木あおい
監督:ピエロ田
メーカー:ひよこ
レーベル:あまえんぼ

FANZA 【完全素人参加型】ひよこ女子の甘いワナ。いちゃいちゃ甘えんぼ。ときどき小悪魔に。~愛ある極上6ドッキリ大作戦!4本番10射精SPECIAL! ※神様に誓ってガチです~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top