【VR】メディアが注目する有名女社長と不倫セックス体験

VR
VR 寝取り・寝取られ

ニュース番組で紹介されるほどメディアが注目する女社長とエッチな展開になるVR体験。上司であり雲の上の存在である有名人とセックスできる体験として非常に丁寧な作り。夢のような展開から、畏れ多さも感じ、でも最後には遠慮がなくなって女社長をヘトヘトにする気持ち良さがあった。>>感想
FANZA 【VR】部下であるボクが高級タワーマンションに招かれてー 女社長と時間を忘れるほど濃密な高級ランジェリー不倫情交 CEO佐田茉莉子 41歳

パート1

TVナレーター「今 代官山で女性たちに話題のエステサロンがある CEO茉莉子さん41歳 エステティシャンの経歴から3年前に自らの経験と知識を生かして独立 今 美容ビジネス界で最も期待されている女性経営者」
ニュース番組の1コーナーで紹介され、佐田茉莉子のインタビュー映像が流れる。
この演出がとても良かったです。まずニュース番組のインタビューとしてチープではないリアリティのある作り、佐田茉莉子も
本物の女社長っぽい。そしてテレビで紹介されるほどの女社長とヤれるという盛り上げ方は、体験型コンテンツとしてツボを押さえている。

自分は佐田茉莉子の経営する会社で営業をしている。緊急の書類を届けに佐田茉莉子の自宅に来たという状況。「数多くのメディアに出演している方であって 初対面ではないが 緊張する…」とのこと。顔は知られているけど、たくさんいる社員の1人で、仲良しってわけではない関係。
佐田茉莉子の家。オープニングのニュース映像と繋がっていて、ノートPCでその映像を見ながら、佐田茉莉子と旦那さんのツーショット写真も気にする。
佐田茉莉子「ちょっとぉ もう あんまり見ないでよ これ恥ずかしいんだからぁ」
インタビューを受けている時のキリッとして堂々とした印象とは違い、フランクな印象。緊張して上手く喋れなかったとか、クルーがいっぱいいて大変だったとか、本音を言ってくれる。
VRで本人を目の前にすると「テレビに出てた人だ!」という感動があり、その人と2人きりなのもテンション上がる。冒頭のニュース映像の演出が上手く機能している。VRでしか味わえない体験。
書類を届けて、軽く仕事の話。

佐田茉莉子「ご飯は食べた? 食べてない? 忙しかったもんね せっかくだから 食べてく? 今日ね 旦那いないし ゆっくりして行きなよ」
「旦那いないし ゆっくりして行きなよ」という言葉に深い意味はなさそうだけど、深い意味を想像してしまう。
テーブルに移動して食事後、
佐田茉莉子「どう? お腹いっぱいになった?」
食後に高そうなシャンパンを開けてくれる。
佐田茉莉子「いつもほら 旦那出張でいなくてさ もうこんな感じで1人だから」
華やかな世界に生きているようで、寂しい生活らしい。
佐田茉莉子「ところで 彼女いるの? 今日こんな風に突然 誘っちゃったけどさ 大丈夫?デートとかなかった? ……彼女いないの? もう 若いんだからさ いっぱい恋愛しなきゃ そっか 仕事で忙しいよね(笑) ごめんごめん それ私のせいだね」
彼女がいないことをサラッと確認されたようでもある。
佐田茉莉子「飲まないの? 何 まだ緊張してるの? これ美味しいよ はい」
佐田茉莉子が飲んでいたグラスから飲ませてくれる。自分に飲ませた後、佐田茉莉子も飲む。
誘っているのかとドキドキさせられます。

酔ってきた感じもあり、ラズベリーを「あーん」して食べさせてくれる。
佐田茉莉子「そんな恥ずかしがらなくてもいいよ ね 美味しいでしょ」
顔を近づけて話していると、目の下のクマが目立つと言われ、美容関係の仕事の営業マンとしては良くないからといって顔のマッサージをしてくれる。
かなり近い距離で見つめ合う状況になり、ドキドキが高まる。

距離が近くなったところで旦那からの電話、仲も悪くなさそうな電話対応。このタイミングも上手くて、ヤれそうな雰囲気だったけど、旦那がいる既婚者なんだと現実に戻される。
佐田茉莉子「なんかね今日 帰って来ないみたい こんな風にさ 何してんだかね 本当に仕事してるんだか って思っちゃうよね」
旦那さんと仲が悪くなさそうな電話対応をしつつ、実は浮気を疑っている感じもある。
お酒のペースが早くなり、1時間後……。
佐田茉莉子「ねー けっこう飲んじゃったね」
まだまだ飲んでいて、ボトルが空になる。酔ってテンションが上がっており、メディアでは見せない表情を見せる。ちょっとだらしない部分も見られて、距離が近づいた気もする。
佐田茉莉子「大丈夫 大丈夫 ねっ」
飲みすぎを自分がたしなめているようなやりとり。久しぶりに部屋に人がいてテンション上がって飲みすぎたと言いつつ、
佐田茉莉子「よしっ 開けちゃおうっ」
またボトルを開けて乾杯。
パート1は約20分でした。

パート2

佐田茉莉子「もーう 大丈夫だって そんな酔っ払い扱いしないでよ(笑)」
ベロンベロンに酔った佐田茉莉子をベッドに連れて行く。ちゃんと高級マンションっぽいロケーションを用意できているのも良いです。女社長の寝室という雰囲気があり、これも体験型コンテンツとして浸れる。
ベッドでお喋りして腕時計を見ると、
佐田茉莉子「あ また時間気にしてる もーう 没収」
腕時計を取られ、終電で帰らせないような展開。
顔を近づけて、
佐田茉莉子「今日は そばにいてほしい ね」
そのままキス。
佐田茉莉子「キス 上手いじゃん」
ただの不倫ではなく、メディアに大注目されている女社長なのでバレたら文春レベル。この背徳感は普通の不倫作品では味わえない。ヤりたいけどヤっていいのかという葛藤が味わえる。
佐田茉莉子「ね 脱がせてあげる」
酔っている佐田茉莉子は楽しそうにヤることしか考えていない。自分が冷静に判断しなきゃいけないけど性欲に流されちゃう。

佐田茉莉子「舌出して」
女社長とのディープキスは興奮します。世間が注目する女性を一介の営業マンである自分がモノにするような優越感。熟女の色気に包まれる感じも良い。
耳も舐めてくれる。
佐田茉莉子「フフフフ くすぐったいの? じゃあもっとやってあげる」
また嬉しそうに耳を舐めて、
佐田茉莉子「フフフフ 耳弱いみたいだね じゃあここはどうかな?」
指フェラ。冒頭の「女性が憧れる女性」という印象だった女社長が、自分の指をペロペロする姿にも優越感を覚える。

乳首を触ってきて、
佐田茉莉子「どうかなこのへん 乳首勃ってきてる」
そしてまた濃厚なキス。股間も触ってきて、
佐田茉莉子「なんか ここちょっと硬くなってるんだけど」
ズボンを脱がせてパンツの上から触り、
佐田茉莉子「なに すごい(笑) 興奮してた?」
勃起させて嬉しそう。
佐田茉莉子「キスしたい? もっとしたい? じゃあもう1回舌出して」
チュパチュパと音を立てるキスの後、耳を舐めて囁き、
佐田茉莉子「気持ちいい? 気持ちいいの? ここの舐めてほしいんでしょ?」
股間にチュッとして、
佐田茉莉子「すごい硬くなってる 若いしね さすが」
自分の年齢は不明ですが、年の差を感じさせるセリフ。

佐田茉莉子「直接触ってほしい? じゃあパンツ脱がせちゃおっかな」
ニコッと笑顔を見せてパンツを脱がせる。
勃起したチンポにゴムがひっかかり、ポンッと音を立て、
佐田茉莉子「フフッ」
ちょっと驚いたリアクション。
佐田茉莉子「すごいこんなになってる すごい熱くなってるよ」
優しくチンポをサワサワして、
佐田茉莉子「舐めるね」
チンポをペロペロ。ここもタマラン!女社長が土下座状態で奉仕をしてくれる優越感もすごい。巻き戻して冒頭のキリッとした女社長を見直したいほど。
佐田茉莉子「気持ちいい?」

上目遣いもかわいいし、文字通り自分より「上」の女社長に上目遣いをされるのも良い。
佐田茉莉子「フフフフフ おいしい どこが好き? ここ? 先っぽかな」
女社長が丁寧にフェラしてくれる。

佐田茉莉子「じゃあ奥まで咥えるね」
女社長が頑張って深く咥えてくれる。けっこう長い竿なので、奥までは届かない。
佐田茉莉子「あぁ フフフ すごい」

ノーハンドでジュボジュボを続け、暴発の雰囲気がある。
このまま女社長の口に出していいものかという迷いも感じる。
激しいジュボジュボに耐えられず、
佐田茉莉子「んっ!? んんっ……」
口内射精をするけど、笑顔で顔を上げて、
佐田茉莉子「見る?」
口の中の精子を手に出す。AVでは普通だけど、上品な女社長がやると下品さのギャップがあって良い。

佐田茉莉子「すごい こんな出たね 飲んじゃおっかな」
精子を口に戻してごっくん。女社長にごっくんしてもらう畏れ多さ。
佐田茉莉子「フフ 飲んじゃった」
口元の精子を上品に指ですくい、その指をペロッと舐める。

佐田茉莉子「いっぱい出たのに まだ勃ってるよ」
自分も服の上からおっぱいを触り、
佐田茉莉子「興奮してきた?」
嬉しそうに受けてくれる。
佐田茉莉子「私も服脱ごうかな ファスナー手伝ってくれない?」
背中を向けられて、ファスナーを下ろす。服の隙間から背中と下着が見えるのがエロかった。女社長の裸を見るドキドキ。メディアに大注目されている女性でもあり、その女性の裸を見られる特別感もある。

かなりエッチな下着を着ている。普段からこうなのか、自分が書類を届けに来るから用意していたのかという想像もしちゃう。
キツく締めていたであろうベルトの跡も生々しい。
立つとフラフラして、
佐田茉莉子「酔っぱらってるから 足元があやしいね」

お尻を向けてもらって触り、
佐田茉莉子「今度前向くの?」
手マンで喘がせる。指1本で女社長をアンアン言わせるのも気持ちいい。
パンツをズラして指を入れるとクチュクチュと音が響く。
佐田茉莉子「あんっ! あぁ気持ちいい」
自分は中々テクニシャンみたい。
佐田茉莉子「あっ そこ気持ちいいっ あああっ! あぁイっちゃう!」
フェラでは暴発しちゃいましたが、指で女社長をイカせる。
佐田茉莉子「上手だね」
イった後の濃厚なキス。

キス→耳舐めをして、
佐田茉莉子「お口開けて」
VR定番の唾垂らし。
耳を舐めて囁き、
佐田茉莉子「いっぱい感じてるね」
パート2は約25分。まだ1時間10分ほど尺があり、じっくりたっぷり楽しめます。

パート3

佐田茉莉子「じゃあ入れちゃおうか ねっ」
囁きで言うのが良いです。ヒソヒソ話のほうが不倫の背徳感も増す。
佐田茉莉子「じゃあちょっと待ってね」
枕の下からコンドームを取り、
佐田茉莉子「ここにあるんだけど 旦那とは使わないからさ」
挿入前に旦那の存在を意識させるセリフが良いですし、「旦那とは使わない」というのも旦那は生で自分はゴムという差を感じさせる、もしくは旦那とセックスレス。そもそも浮気用に枕の下にコンドームを置いてあるのかとか、ちょっとした一言でいろいろ考えさせられるのが良い。
佐田茉莉子「着けちゃうね」
長い竿にスルッとコンドームを着ける。旦那とは使わないはずなのに、着けるのが上手すぎる。
VRだと生が多いので、女性にコンドームを着けてもらうVRは逆に新鮮。
ちゃんとコンドームを着けるのも良い演出。メディアに大注目される女社長が軽率な中出しをさせると、キャラが壊れて安っぽくなるところでした。「妊娠はマズい」というリアルな事情が伝わり、それも不倫の背徳感として良い。

座位の体勢になり、
佐田茉莉子「じゃあ入れちゃうよ」
ついに女社長に自分の長い竿が入っていく、
佐田茉莉子「入っちゃうよ」
有名人とセックスできる優越感と気持ち良さを感じる。
佐田茉莉子「あっ ああっ!」
喘ぎ声を出しながらキス。
佐田茉莉子「あっ あぁすごい硬い あっ!」

女社長の腰を持って前後にグラインドさせてから、手前に引いて奥までズボッと入れて、
佐田茉莉子「あああっ! あぁ奥に当たってる あっ あぁ気持ちいい」
ちゃんと奥を突かれたリアクションをしてくれる。女社長に少し乱暴なセックスをする緊張感も面白い。

佐田茉莉子「あぁダメ あぁ気持ちいい」
女の顔でアンアン喘ぐ、女社長をチンポを悦ばせる優越感もすごい。
ここまでの展開で「メディアが大注目している女社長とセックス」というのを感じられるようになっている。

佐田茉莉子「じゃあ今度後ろ 後ろから入れるね」
対面座位で感じまくったけど、イカなかったのも地味に良いです。簡単にイキすぎてもつまらないし、体位ごとにイク作業みたいな感じにもなって退屈になる。「先にこっちが暴発しないように」「次こそは」という緊張感をもって2つめの体位に行ける。
佐田茉莉子「気持ちいい?」

佐田茉莉子「気持ちいい? ……あっ! ああっ! それ気持ちいい」
女社長の腕を引いて、自分が腰を動かす。
佐田茉莉子「あぁ奥に当たる……」
腕を引きながら奥に入れている感じも伝わる。
顔舐めをしてきて、
佐田茉莉子「今ので もっと硬くなったね あっ! あっ! すごい オチンチン パンパンだよ」
横顔を見ながら突き続けて、
佐田茉莉子「あぁイっちゃう あぁイっちゃいそう あっ あぁそこ気持ちいい…… あっ あぁイクッ イクッ あぁーーーん!」
「あぁーーーん」と子供が泣くような声を出してイクのが最高でした。あの女社長にさらけ出させるようなイカせ。対面座位で粘った甲斐のある、会心のイカせっぷりでした。会社的にも世間的にも自分のはるか上にいる女社長を泣かせるようにイカせる気持ち良さは格別。
AVにおいて軽くなっちゃっているイキですが、こうう重みのあるイキを見せてくれるのが良いです。

イった直後も突き続ける。
佐田茉莉子「あぁダメッ あぁダメダメッ」
AVではよくあるパターンですが、女社長にこれをやるのは恐さと気持ち良さが混ざる。
前に倒れてチンポが抜け、少しお尻をビクビクさせているのも良い眺め。
佐田茉莉子「はぁはぁはぁはぁ イっちゃった」

佐田茉莉子「もっと気持ち良くしよう ねっ」
再び対面座位でキス。乳首も触ってくる。
佐田茉莉子「硬いよ もっと奥まで入れよう」
自分が腰を振ると、
佐田茉莉子「あっ! ああっ! 当たってるよ」
奥が好きそうな女社長に応えるセックス。
佐田茉莉子「あっ あっ あぁイクッ! 気持ちいい あぁイっちゃう あぁダメッ…… イクッ ああっ!」
奥を突いてイカせた感が伝わる。

またイった直後に動く。
佐田茉莉子「あぁすごい すごい硬いよ」
しばらく動き続けて、
佐田茉莉子「気持ちいいよ またイっちゃいそう」
またイカせられそうだと余裕をぶっこいていたら、粘ってなかなかイカない。
佐田茉莉子「どう? 気持ちいい? あぁすごい大きくなってる」
パンパンになって逆にこっちがイキそうになり、
「またイっちゃいそう」と言ってから1分20秒後にようやく、
佐田茉莉子「あぁイクッ あぁイクイクッ…… 一緒にイこう」
同時イキのために粘っていたのか。さすが、できる女社長。
佐田茉莉子「いいよ出して あっ あぁイクッうううっ」
大人のコントロールで同時イキに導く。
佐田茉莉子「あぁドクドクしてるよ いっぱい出たかな」
チンポを抜いて確認し、
佐田茉莉子「すごい いっぱい出てるよ」
濡れて滑りやすいコンドームを上手に取って、
佐田茉莉子「ほらこんなに」
激しいセックスで汗ばむ肌も良いです。

佐田茉莉子「イったのにまだ元気だね じゃあ今度は 私が気持ち良くしてあげるから 寝て」
シックスナインっぽい体勢だけど、腰を浮かせてフェラしてくれる。たまにズルズルと下品な音も立てる。
ハミ出たマン毛とフェラを交互に見て楽しめる体勢。

佐田茉莉子「また大きくなっちゃた 気持ちいい? じゃあ今度は こっち舐めてあげるね」
なんと女社長にアナルを舐めてもらう。インタビューではカッコ良かった女社長がアナルをペロペロする姿が見られる。
アナルを舐めながら亀頭を触ると、結婚指輪が視界に入って不倫の背徳感もある。
佐田茉莉子「すごい硬くなってきたね 気持ちいい?」

佐田茉莉子「じゃあ また入れちゃおっか じゃあゴム着けるね」
コンドームを着けるこだわりが良い。最初はゴムを着けて盛り上がってから外すというパターンもあるけど、そういうパターンにもハメずに、女社長のキャラクターを大事にしている。体験型コンテンツとして、不自然な世界な破綻を起こしていない。
上手にコンドームを着けてくれて、
佐田茉莉子「じゃあ入れちゃうよ」
騎乗位で挿入。
佐田茉莉子「すごい 中でパンパンになってる」
パンパンしながら顔を近づけて、
佐田茉莉子「舌吸っていい 舌出して」
ジュルルルと舌を吸ってヨダレを垂らす下品さ、これもまた冒頭でビシッとした姿を見せているからこそ、下品なギャップも映える。
佐田茉莉子「あっ! あっ! あぁすごい硬いっ」
ヨダレを飲まされてさらに硬くなっちゃう自分。

佐田茉莉子「あぁイっちゃいそう あぁ気持ちいい あっ あぁイクッ」
イクかと思いきや粘るのは特徴ですね。
少し粘ってから、
佐田茉莉子「もうダメッ あぁ気持ちいい あっ!」
面白い味になっており、ちょっとガマンしようとしている女をイカせるような満足感がある。
反転して背面騎乗位。
ブラのホックを外して取る。汗ばむ背中も良いです。
佐田茉莉子「あぁすごい硬い あぁ奥に当たってる……」
奥を意識させてくれる。

再び対面して騎乗位。
佐田茉莉子「じゃあまた入れるよ」
ヨダレを垂らしながらのキス。
佐田茉莉子「奥に当たってるね 気持ちいい」
とにかく奥が好きみたい。
自分でピストンして感じ、
佐田茉莉子「あぁイキそう……ああっ!」
イってビクビクしながら、
佐田茉莉子「奥でドクドクしてるよ」
自分も射精したみたいです。
佐田茉莉子「まだいっぱい出てるよ すごいね」
コンドームを取ってお掃除フェラをしてくれる。これもAVなら普通のプレイですが、女社長にチンポのお掃除をしてもらうのは畏れ多い。
佐田茉莉子「あぁすごい精子の味がする」

佐田茉莉子「大丈夫? ちょっと疲れた?」
自分の胸に顔を当ててまったり。
佐田茉莉子「心臓がドキドキしてる」
見つめてキス。しばらく見つめて笑顔を見せたり目を閉じたり。
この時間もとても良かった。セックス中よりも寝取って自分の女にした感が味わえる。
佐田茉莉子「気持ち良かった? 私もすごい気持ちいい」

まったりモードから自分が乳首を触り、喘ぎ声を漏らす女社長。
自分から積極的に手を出す展開も良く、畏れ多い存在である女社長との距離感の変化を感じる。もう自分が自由に触れるおっぱい。
佐田茉莉子「ああっ すごい敏感になってる」
女社長もやり返すように乳首を舐めるけど、
佐田茉莉子「あっ あぁん!」
すぐに感じて乳首が舐められなくなる。
自分が主導権を握っている感じでもある。
佐田茉莉子「え? こう?」
自分が指示して体勢を変えさせたところでパート3終了。女社長に指示できるのが大きな変化。

パート4

佐田茉莉子「もうパンツがビチョビチョ」
パンツを引っ張ってマンコを擦る。
パンツを脱がせてマンコを開いてクリトリスを刺激。
佐田茉莉子「あぁ気持ちいいっ」
女社長にやりたい放題できるようになってきた。
佐田茉莉子「あぁダメッ イクッ」
奥が好きな女社長をクリでイカせる。
佐田茉莉子「あぁダメッ ちょっと待って!」
社長命令を無視してクンニ。
佐田茉莉子「あぁイっちゃう!」
目の前でビクビクする女社長。

佐田茉莉子「もう腰が おかしくなっちゃいそう はぁはぁ……」
突かれている女社長にチンポをつっこんで、おっぱいを揉む。
乳首の勃ちっぷりが豪快。
佐田茉莉子「あぁ気持ちいい おっぱいも感じる あっ 気持ちいい あぁオチンチンおっきい 硬くなってきたね」
奥を突いている意識はありましたが、ここで初めて「おっきい」と言われる。

佐田茉莉子「あぁちょっと お尻恥ずかしい」
アナルをチェックしてからバックで挿入。
女社長を四つん這いにしてパンパンするのも格別。
子犬みたいでもあり、泣き声みたいでもある喘ぎ声も良くて、あの女社長にこんな声を出させる優越感がある。
ピストンを止めるとビクビクします。

腕を引いて大好きな奥を突いて、
佐田茉莉子「あぁダメッ またイっちゃう! ああっ!」
 バタンッ!
ベッドの音が響くほど、勢いよく前に倒れる。その恰好でビクビク。
女社長相手に乱暴なセックスも刺激的です。

佐田茉莉子「はぁはぁはぁはぁ……」
ダウンしている女社長のアナルをガン見。
佐田茉莉子「そんな開かないで」
動けない女社長に寝バックでつっこむ。
佐田茉莉子「あぁーん もうイってるよ ダメッ」
泣き声みたいな喘ぎ声が良いです。Sっ気を刺激してくれる。
寝バックでもイカせてビクビク。

VRでは珍しい、覆いかぶさる寝バック。
普通のAVなら、あまり見どころがない体位ですが、今回の作品には合っている。雲の上のような存在の女社長を押し潰して屈服させるような寝バックの気持ち良さがある。これを入れるセンスは良い。
アンアンとかわいく鳴いて、
佐田茉莉子「んーっ イクッ……!」
押し潰しながらビクビクが伝わるようなイカせ。

余韻も大事にしている。
グッタリして動けなくなった女社長。
コンドームをその背中に置いちゃう自分。社長の背中に精子入りコンドームを乗せるとか、普通ならクビ。
佐田茉莉子「いっぱい出た? はぁはぁ……」
画面がフリーズしたかと思うほど、グッタリした女社長を見ている時間が長い。
佐田茉莉子「イキすぎちゃって このまま寝ちゃいそう……」
イってから約2分30秒もグッタリしたまま。この2分間の余韻が良くて、女社長を完全KOした優越感で満たされる。
佐田茉莉子「なんか太腿に当たってるけど もしかして まだ元気? はぁはぁはぁ…… なんか硬いよ ウソ すごいね……」
女社長に余力がない感じなので「すごいね」という言葉の説得力もある。

力を振り絞ってゴロンと反転し、正常位で入れさせてくれる。
佐田茉莉子「すごい元気だねまだ」
でも女社長は仰向けでグッタリしたまま。
激しいセックスで女をヘトヘトにさせる作品は多いけど、ここまでちゃんとヘトヘト感を見せるのは珍しい。

活力を注入するようにピストンすると、大きな声で喘ぐ。
佐田茉莉子「あぁ気持ちいい…… あぁすごいおっきい」
乳首もコリコリして、
佐田茉莉子「あぁ気持ちいい すごい あぁ奥に当たるっ」
上体を起こし、
佐田茉莉子「もっと あぁすごい大きいの入ってるよ」
正常位でもイカせて意識が飛びそうな表情。

覆いかぶさり正常位で腋を開かせる。
佐田茉莉子「あぁ気持ちいいとこ当たってる」
腋見せでイカせて放心状態だけど、すぐまたガン突き。
佐田茉莉子「すごいグリグリする」

上体を起こしてキスしてから、クライマックスのピストンでゴム射。
佐田茉莉子「あぁすごい またいっぱい出たね 嬉しいこんなにいっぱい出て」
セックスして若返っている印象もある。汗ばんだ肌がツヤツヤ感を演出しているからかな。

起き上がれないので、寝たままお掃除フェラ。
これも女社長をはべらせてるみたいで良い。

キスをして囁き、
佐田茉莉子「気持ち良かったね」
シンプルなひと言にグッとくる。
最後まで丁寧な作りで、ティッシュでチンポを拭いてくれる。

佐田茉莉子「ちょっと疲れちゃったね」
ラッコ座り状態でまったり。これも素晴らしい。途中でのまったりもセックス以上に寝取り感が強かったので、寝取り作品では重視してほしい演出。
佐田茉莉子「すごいいっぱいコンドーム使っちゃったから また補充しとかないと」
こういうセリフで次のセックスを想像させるのも上手い。
お喋りしながら乳首をいじっちゃう。
佐田茉莉子「あぁん ダメまた感じてきちゃう」
「はぁはぁ」と息を切らせながら声をかけてくれる女社長。約4分ほど、恋人同士みたいなまったりを堪能できる。セックス後の余韻の幸せな時間を感じられ、他のVR作品でも定番になってほしい。

感想

メディアが注目する女社長との情事

「女社長」というキャラクターをしっかり描けていたので良い体験になった。クリティカルだったのは冒頭のニュース映像の演出。メディアに大注目されている女社長というのを、この演出でしっかり印象づけられました。VRの世界で佐田茉莉子を見るだけで「テレビに出てた人だ」という感動があり、その女社長とセックスする展開は他の作品にはない興奮がある。
ただの女社長ではなく、メディアが大注目している有名人であり、雲の上の存在に近いところが夢のような体験としての面白さを増している。

そんな女社長にフェラしてもらえるだけで特別な有難味があるし、バックでパンパンすると自分が偉くなったような優越感まである。一般人が偉い有名人とセックスできる体験。

コンドームを着けるこだわり

連射するけど、ちゃんと毎回コンドームを着ける演出もよく考えられている。既婚者でメディアに大注目される女社長が何も考えず中出しをしちゃうと、キャラクターが壊れて安っぽくなる。この作品は優秀な女社長とセックスするのが一番大事なポイントなので、何も考えていないヤリマンになったら台無し。「妊娠してはいけない」というリアルな事情を感じさせるのが良く、そこにも背徳感がある。
VR作品は中出しが多く、中出し自体が安っぽくもなっている事情もあり、女性にコンドームを着けてもらう場面とか、生々しさがあって良いです。

立場逆転のセックス

尺が116分あり、長めのプレイを楽しめます。

一晩のセックスでの長時間プレイですが、変化があって単調にはなっていない。
最初は上司であり経験豊富な熟女に誘われリードしてもらうセックス。パート4からは自分の遠慮がなくなり、女社長をボロボロに犯すようなセックスに変化。

最初の対面座位ではイカず、溜めを聞かせてから背面座位でイカせるのが良かったです。しかも「あぁーーーん」と女児が泣くような声を出してイク。女社長をチンポで堕としてイカせる気持ち良さがあった。さらけ出させるようなセックス。

デカチン物っぽさもあり、佐田茉莉子が奥を意識させるセリフも多く、長い竿で奥を突いている感じが伝わった。最初からストレートに「奥が好き」とは言わないで、カラミの中で「この人は奥が好きっぽい」と思わせる自然な展開も良い。

寝バックの展開も凄かった。VRでは珍しい覆いかぶさり寝バック、普通なら顔もおっぱいも見られず面白味にかける体位なのですが、超有名な女社長を屈服させるような寝バックで、この作品には合っていた。しかも、寝バックでイった後に約2分30秒もグッタリ。女社長の余力がなく、セックスで完全KOした優越感がある。逆転展開自体は珍しくないですが、有名な女社長相手にやると気持ち良さが倍増ですし、女がヘトヘトになる作品の中でも頭ひとつ抜けてヘトヘト感を出せていた。

コンセプトが明確で、丁寧な展開作り。冒頭では有名な女社長という雲の上の存在に感じ、前半のセックスで畏れ多さも感じながら夢心地、その相手をセックスで支配するのが気持ち良い。

セックス後の幸せな余韻

寝バックでイった後に2分30秒も時間を使っていましたが、セックス後も4分ほどまったりする余韻があって良かった。コンドームを取って、チンポをティッシュで拭いてくれて、ラッコ座り状態から寝てまったり。セックスが終わった後の女の表情の色気とか幸せな余韻を感じられて素晴らしい。

セックスが終わって一声かけて終了する作品が大半ですが、こういう事後の余韻の心地良さまで描く作品が増えて欲しいと思いました。

寝取り作品としても、セックスしている時よりも、まったりして佐田茉莉子が愛おしそうに見つめてくれる時の方が、寝取って自分のモノにした感があります。

基本品質

画質、縮尺、照明、音質、全て問題ナシ。
高級マンションのロケーションも良いです。

VRは体験型コンテンツであり、非VRのAVとは違う。今回は一介の営業マンである自分が、メディアが大注目する女社長と不倫セックスをする作品。このテーマをしっかり味わわせるニュース映像の演出、高級マンションっぽいロケーション、コンドームの着用、セックスの展開があり、体験型コンテンツとして優れた内容になっており、作り手のセンスを感じた。ちょびっとだけ別の人生を体験できるVRの面白さがある。

配信開始日:2020/11/26
収録時間:116分
出演者:佐田茉莉子
監督:矢澤レシーブ
メーカー:SODクリエイト
レーベル:SODVR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】部下であるボクが高級タワーマンションに招かれてー 女社長と時間を忘れるほど濃密な高級ランジェリー不倫情交 CEO佐田茉莉子 41歳

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました