童貞だろうと舐めてかかった相手がデカチンでヤリマンたちがイカされまくるドラマ作品

自分の部屋がヤリチンの友達のヤリ部屋として使われていたノブオ。女子からも馬鹿にされるけど、いざヤリチンがセックスすると超ヘタで、欲求不満の女子は仕方なくノブオを誘う。しかし、ノブオのデカチンに驚き、セックスでは何度もイカされてメロメロになるヤリマンたち。「舐めてた相手が実はヤバい奴だった」系のドラマ作品。>>感想
(FANZA ボクの部屋がいつしかヤリマン女子たちのたまり場に!…)

シーン1

部屋で勉強をしているノブオ。
シンヤ「おーっすノブオ 今日も借りるぞー」
シンヤが女を連れてやって来た。いつものことらしく、普通に受け入れるノブオ。
その女はノブオと同じクラスみたいですが、喋ったことすらなさそう。
2人から馬鹿にされてからかわれるノブオ。
シンヤ「まぁいいや ところでさ でもさ 大丈夫なのユウちゃん 彼氏いるんだよね」
ユウ「うん 全然大丈夫」

彼氏がいるのに男友達とベッドでお喋り。ヤリマンっぽいです。
ユウ「まぁエッチは上手い方がいいけど セフレは上手い」
セフレもいるみたい。

ノブオをまた馬鹿にしてから、キスをしてエッチを始める。
ノブオ「やりたかったんだろ どうせ」
やるためだけに来ているのはわかっている。
シャツのボタンを外しておっぱいを揉む。
クラスメイトの女子がおっぱいを揉まれているところを見るシチュエーションも面白い。
パンツの中に手を入れて、
シンヤ「濡れてる? 濡れてる? あ ちょっと濡れてる」
ヤリチン男子らしくリードするけど、強引で独りよがりでもある。
シンヤ「ほら遠慮しないでイっていいぞ」

シンヤ「イった? イった?」
ユウ「う…… うん」

ごまかして話を合わせた感じ。
シンヤ「俺のことも気持ち良くして 自分ばっか気持ち良くなってんじゃねーよ」
ズボンとパンツを脱いで仰向けになるシンヤ。すぐにフェラをするユウちゃん。

早々にガマンできなくなって挿入するシンヤ。コンドームはちゃんと着ける。
正常位で小刻みに腰を振る。
シンヤ「俺イキそうなっちゃったよ いい?」
ユウ「えっ?! う うん」

早漏でゴム射。
ユウ「気持ち良かったよ 気持ち良かったろ?」
ユウ「う うん 気持ち良かった」


やることやって用事があるとかで帰ってしまったシンヤ。
シンヤ「シャワーでも使わせてもらえ じゃあな」
2人きりになり、
ユウ「まだ足りないのになぁ 意外と上手くなかったし……」
ヤリチンで期待したけど大ハズレだった。
ユウ「ねぇねぇ 私まだ足りないんだけどさぁ エッチとか興味ない?」
ノブオ「興味なくはないですけど……」
ユウ「もしかしてさ……童貞?」
ノブオ「Yes I am I am Cherry」
ユウ「ホントに童貞?」

童貞と聞いて興味を持つユウ。ヤリマンだからヤリチンしか寄って来ないので、童貞とやってみたいらしい。
ユウ「『童貞とやった』って言いたいじゃん ねっ お願い 下手でもいいからさ」

不安がるノブオに、
ユウ「じゃあ私が テクニシャンに育ててあげよっか?」
ここからノブオが成長していくストーリーでもある。
まずはキスから教える。
ユウ「舌出してみて」
続いておっぱいの揉み方。
ビクッと反応してくれます。
ノブオ「どうしたんですか?」
ユウ「気持ち良いから」

AV男優みたいにおっぱいを舐めるノブオ。偽童貞役なのかどうかブレるところ。

マンコを見せてもらい、
ノブオ「想像と違う」
やっぱり童貞ってことでいいのかな。
でもクンニは上手い。
ユウ「待って上手じゃない? あんっ」
クンニでイっちゃう。
ユウ「イっちゃった……」

攻守交替してノブオを脱がせると、
ユウ「こんなおっきかったの?」
デカチンに驚く。
ユウ「舐められるのも初めて? でもすごいおっきい 舐めていい?」
ノブオ「はい」

同じクラスのヤリマンが童貞をフェラ。
ユウ「すごいおっきいんだけど」
ヤリチンのチンポを何本も見てきたヤリマンも驚くサイズ。

ユウ「入れちゃう?」
ノブオ「ぜひ」

ちゃんとコンドームの準備をしているヤリマン。
ユウ「じゃあこれ着けるのも初めて?」
コンドームを着けてくれる。

ユウ「入るかな?」
ノブオ「入れますよ」
ユウ「入れれる?」
ノブオ「えっと……」
ユウ「さっき見た穴あるでしょ」

筆おろしらしく、ちゃんと教えながら挿入。
ユウ「あっ…… すごいおっきいんだけど んっ…… あっ ああっ!」

ノブオが普通に腰を振って、
ユウ「あ イっちゃう……!」
あっさりとヤリマンをイカせる。
ユウ「気持ち良すぎ」
昇天顔も良いです。

しかし、やっぱり童貞で、
ノブオ「ちょっと待ってください」
ユウ「なに?」
ノブオ「あっ! あ イクッ」
ユウ「もうイっちゃう?」

動きが止まり、
ノブオ「……すいません」
ユウ「もうイっちゃった?」
ノブオ「ヤバい なんか気持ち良すぎて はい」
ユウ「もうイっちゃった?」
ノブオ「イっちゃいました」

コンドームを外してくれるユウちゃん。

早漏だったけどデカチンでイカせて、
ユウ「気持ち良かったからさ 毎日通っていい? ねぇ もっとさ鍛えてあげるから あ でもシンヤには内緒ね」

シーン2

1ヶ月後、ノブオとユウが部屋で2人。
ユウ「ねーノブオ ねぇ今日はしてよ」
ノブオ「なんだよ今日はって」
ユウ「だって3日もガマンしたんだよ」

この1ヶ月でユウのほうがノブオに惚れているみたい。
ユウ「私 ノブオいないセックスとか無理 だからお願い入れて」
ノブオ「ワガママな子猫ちゃんだ」
ユウ「子猫ちゃんでもいいよ お願い入れて」

冒頭ではノブオの言うことを馬鹿にしていたけど、今は受け入れてお願いするほど。

ノブオ「しょうがないな おいで」
ノブオが主導権を握るセックス。
おっぱいを揉み、制服を脱がしていく。
手マンしながら首筋を舐める。

パンツを脱がせてからの手マンでイカせて攻守交替。
ユウ「んー ほんとおっきい」
デカチンをフェラ。
ユウ「んー 早くしたいなぁ」

バックで挿入。
ユウ「もうイっちゃいそうっ」
バックで2回イク。

ユウ「もっといっぱい入れて」
背面騎乗位→対面騎乗位でイカせまくって、
ユウ「まだできるでしょ?」
ノブオ「もちろん」

余裕を見せて立ちバック。
立ちバックの後の正常位ではブリッジ状態で体を反らせるイカせ。この状態でビクビク。

ノブオ「イクよ ああっ……」
ドピュピュッとお腹に射精。
ユウ「なんで中に出してくれなかったの?」
中に欲しがるほどノブオにメロメロ。

中出しをしてほしいとお願いするユウちゃん。
ユウちゃんが全裸になり、キスして2回戦へ。
ここでもブリッジでイク。
ノブオ「先にイってどうするんだよ」
ユウ「だって 気持ち良いから イっちゃうよ」


ノブオ「だけど中出しはマズいな 一緒にイこう いいだろそれで」
と言って中出しを避けようとしたノブオだが、ユウちゃんが脚をロックしてしまう。
ノブオ「あぁ ちょっと……」
このロックはエロかった。獲物を捕まえた蜘蛛みたい。ノブオのほうが偉そうにしていてユウちゃんがおねだりする関係でしたけど、罠にハメたようなロック。
そのまま中出しをしてしまう。

シーン3

ノブオとユウがエッチをした後、シンヤが女2人を連れてくる。
ここでもシンヤと女2人がノブオを馬鹿にする。
シンヤ「なんで馬鹿が勉強してるんだろうね」
でもユウちゃんの対応は変化していて、
ユウ「ちょっとは良いトコあるんじゃない……?」
石川祐奈「コイツ?」
ユウ「ちょっと……」
石川祐奈「ないないないない」
ユウ「ちょっとだよ」
石川祐奈「なに やったの?」
ユウ「やってないよ」
石川祐奈「ま まさかそうだよね」
シンヤ「コイツ全然童貞だから コイツいつ童貞捨てられんだろね」
石川祐奈「たしかに 妖精になっちゃうね」

3人が馬鹿にしている中でのユウちゃんの反応が面白い。

ノブオの部屋へはラブホ感覚で来ていて、
石川祐奈「ちょっとだけなら裸見せてやっからさ 使わせてよ」
ノブオに見られることも気にしない。
セフレを切って新しい男を探していると言う石川祐奈。
シンヤ「いんじゃん」
石川祐奈「ホントに? 上手なの?」

シンヤと石川祐奈はヤっていないらしく、自信満々でセフレに立候補する。
石川祐奈「へー そんないいんだ」
椿井えみも、
椿井えみ「チンチンおっきいセフレがほしくて 今のセフレも悪くないんだけど やっぱりデカチンの方がいいなぁと思ってて」
石川祐奈「見なきゃわかんないしなぁ」
シンヤ「俺がいるじゃないか」
石川祐奈「そうなの?」


石川祐奈「そんな自信あるの? ぶっちゃけ学校で何人ヤったの?」
シンヤ「ん? んー わかんねぇ もう」
石川祐奈「マジで? さすがだね 顔も良いし上手いし 言うことないじゃん」

石川祐奈と椿井えみでシンヤを取り合って、ジャンケンに勝った石川祐奈がエッチすることに。
ノブオは勉強、ユウちゃんと椿井えみはゲーム。

シンヤがリードしておっぱい舐め。
シンヤ「濡れてきちゃった? 濡れてきちゃった?」
石川祐奈「う うん……」

前戯で早々に違和感を覚える石川祐奈。
シンヤ「イキそう? イキそう?」
石川祐奈「も もうちょっと……」

面倒くさくなって適当にイった演技をする。

シンヤのチンポを見て、
石川祐奈「あ……形……は いいね」
無理に褒めてからフェラ。

正常位で挿入。
バックに変更するが石川祐奈は感じておらず、椿井えみとお喋り。
シンヤ「ちょっと集中してくれよ」
スマホの動画を楽しんでいます。

彼氏に呼ばれて帰っちゃう椿井えみ。
石川祐奈はエミちゃんにバツのサイン。既に経験済で知っているエミちゃんは笑っちゃう。
エミちゃんも電話で呼び出される。
頬杖をついて早く終わってほしそうな石川祐奈。
石川祐奈「けっこうイクの遅いんだね すごい待ってる」

正常位で、
シンヤ「そろそろイクからね」
石川祐奈「私も あー あー イク あー イったイった」

棒読みでイった演技をして、事後も面倒くさそうに対応する。
シンヤがシャワーに行ってノブオと2人きり。
石川祐奈「ノブオさ チンコ デカいの?」
ノブオ「いやぁ まぁ普通ですよ」
石川祐奈「ふーん ……いやいやノブオはなぁ……」

欲求不満だけどノブオには抵抗があるようです。でも彼氏もバイトらしくて発散する相手がいない。
石川祐奈「ちょっと ノブオさ 1回ヤってみる?」

強引に誘う石川祐奈に、
ノブオ「一言いいですか? どうなっても知りませんよ」
石川祐奈「はぁ?!」

童貞だったノブオが絶対的自身を持っている。
石川祐奈「ホント冴えない顔してるなぁ マジで童貞じゃないの?」
舐めてかかった石川祐奈だけど、ノブオのテクニックで感じていく。
石川祐奈「なんかすごい…… はぁはぁ…… すごい ビックリしちゃった」

石川祐奈「そこピンポイントだって ホントにヤバいよ……」
ヤリマンが童貞だと思っていた男に手玉にとられる感じが良いです。
「舐めてた相手が実はヤバい奴だった」系の映画みたいな面白さ。
石川祐奈「あぁ ちょっと イキそう……!」
手マンでビクッとイク。

クンニでも、
石川祐奈「ちょっと待って またイっちゃう ウソでしょ ああっ!」
「ウソでしょ」っていうセリフに想定外の展開って感じが出ています。
ここでもブリッジでイってガクッと崩れる。
石川祐奈「ちょっと待って……」

連続でイカされて、
石川祐奈「ダメ…… 待って…… はぁはぁはぁはぁ……」
ヤリマンが手も足も出ない感じに。

ノブオが堂々とチンポを見せて、
石川祐奈「ノブオ ウソでしょ デカすぎ」
シンヤの時とは全然違う反応。

フェラ中にシンヤが帰ってくる。
シンヤ「ノブオだよ? 大丈夫か?」
石川祐奈「でもヤリマンじゃん? だから誰でもいいんだよ 溜まってんの」
シンヤ「はぁ? 溜まってんなら俺がもう1回相手してやるのによう」
石川祐奈「もういっぱい動いてくれたから疲れてるでしょ」
シンヤ「まぁいいや せいぜい気持ち良くさせてやれよ」

ゲームを始めるシンヤ。チンポにむしゃぶりつく石川祐奈。
石川祐奈「んんっ おっきい」

石川祐奈「ねぇ これすごい気持ち良さそう 入れよう」
ノブオがシンヤにコンドームを貰おうとするが、渋るシンヤ。
石川祐奈「いいから! 早くしてっ」
シンヤ「あぁ…… あぁわかった」

すでにノブオの虜になりかけている石川祐奈。
石川祐奈「こんなおっきいの入るかな」
正常位で挿入すると、シンヤの時とは比べ物にならない大声で反応。
石川祐奈「すごいっ…… あぁ気持ち良いっ…… すごい こんなの初めて」
あっさりイっちゃう。

ブリッジでイって崩れて、お腹を押さえる。
石川祐奈「おっきすぎる…… 気持ち良い すっごい奥まで入ってる」
正常位を続けて、
石川祐奈「おかしくなっちゃいそう……」
連続イキ。

イキっぷりが派手で、
シンヤ「俺の時より だいぶ大袈裟じゃないかよ」
石川祐奈「え 同じだよ」
シンヤ「いやゼッテー違うだろ」
石川祐奈「うるさいなぁ」
ノブオ「もっとしていいですか?」
石川祐奈「もっとしよう」

シンヤには厳しく、ノブオには優しい。

正常位からバック。
石川祐奈「すごい 奥まで届いて気持ち良い」
バックでの2回目は跳ね上がってイク。
バックから背面騎乗位。
石川祐奈「もうダメェ うー うー」
ヤリマンに「もうダメェ」と言わせるのは爽快。
シンヤはゲームに集中できずにチラチラ見ています。

背面騎乗位から対面騎乗位→立ちバック。
シンヤに見せつけるような体勢。
石川祐奈「マンコが敏感になってる」

正常位でブリッジイキして、グッタリして失神しそうな石川祐奈。
ノブオがガン突きからゴム射してフィニッシュ。

大好きな人の精子を見るみたいにニッコリ。
石川祐奈「すっごい」

ガマンできず石川祐奈から激しいキスをして、
石川祐奈「もう1回やろう 生でいいから」
全裸になってフェラ。

騎乗位で激しく腰を振ってヤリマンらしさを見せる。
ノブオ「あぁすごい……」
でも石川祐奈が先にイっちゃいます。
石川祐奈「ホントいいチンチン」

正常位で石川祐奈にホールドされて中出し。
石川祐奈「いっぱい出たね」
濃厚なキスをして、
石川祐奈「私のセフレになってくれる?」
ノブオ「特別だぞ」

調子に乗って偉そうになるノブオだけど、
石川祐奈「うんっ」
笑顔で喜ぶ石川祐奈。ヤリマンを完全に手懐けた。

シーン4

ユウちゃんにフェラさせながら勉強するノブオ。
そこにシンヤと椿井えみが来て、
椿井えみ「っていうかさ デカくない? え なにこれ」
ユウ「大きいよね」
椿井えみ「すごい大きい」
シンヤ「ちょっと待って」

ズボンの隙間から自分のモノを確認するシンヤ。
シンヤ「やべぇ…… でけぇ」

椿井えみ「でもさぁ ホントにチンコデカい」
ノブオのデカチンに興味を持つけど、まだシンヤをカッコイイと思っている椿井えみはシンヤとエッチする。
椿井えみ「でもさぁ ノブオって下手そうじゃない?」
同じようなパターンでシンヤとエッチしてからノブオとエッチ。

シーン5

ユウが御坂りあを連れてくる。
御坂りあ「この人ホントにいいの?」
制服が違うから他校の女子みたい。他校の生徒から見てもパッとしないノブオだけど、
ユウ「私も最初そうだった」
ユウのハマりっぷりが気になるということでエッチしたがる御坂りあ。
最初は3Pでレズプレイも見せる。

途中からノブオと1対1でエッチ。
御坂りあ「すごいおっきくなってる」

挿入されてノブオの実力を知り、ヨダレを垂らして感じる。
ノブオ「気持ち良くなれてますか?」
御坂りあ「すごい 気持ち良い」

シーン6

2人の女子を連れてきたシンヤ。
ノブオの冴えない外見を見て、やっぱり下に見る女子たち。

ノブオが馬鹿にされる展開から2組に分かれてセックスが始まるが、シンヤの独りよがりなセックスがすぐ終わり、
女「待って 早いんだけど マジかぁ……」
ノブオはしっかり前戯して感じさせている。

シンヤが抜けて3P。
2人に中出しさせて満足させる。

感想

5時間29分の大長編。オムニバスではなく、ノブオを主人公とした壮大なドラマ。学校の女子たちから馬鹿にされる童貞であったノブオがヤリチンになって女子たちをイカせまくるストーリーが面白くて、「舐めてた相手が実はヤバい奴だった」系のドラマ作品になっている。

女優と1対1のエッチでは同じ展開なのですが、デカチンという印籠を見せて屈服させる水戸黄門的な定番の面白さになっており、舐めてかかっていたノブオのテクニックに感じてしまう反応、デカチンを見た時と挿入した時の反応、そしてヤリマンがノブオにイカされまくってヘトヘトになる反応、女優が変わるだけでも楽しめる。

シンヤのピエロっぷりも良くて、女子たちも期待してエッチするけど、ヘタなエッチに気付く反応も面白い。女子たちもノブオをちゃんと馬鹿にできているから、デカチンとセックスでの堕ちっぷりが際立つ。事後は素直になったりして、ヤリマンをセックスで手懐ける感じも良かった。

最後のシーンの4Pも良いまとめでした。ノブオのセックスとシンヤのセックスを同時進行で見せて、その差がわかりやすい。そして1対1では無双していたノブオが1対2でも余裕でやれるほど凄いところを見せつけた。冒頭の「じゃあ私が テクニシャンに育ててあげよっか?」というセリフから始まり、見事なフィナーレ。

配信開始日:2019/06/01
収録時間:329分 (HD版:329分)
監督:ボルボ中野
メーカー:Hunter
レーベル:HHHグループ

FANZA ボクの部屋がいつしかヤリマン女子たちのたまり場に!自宅を勝手にイケてるグループのたまり場にされている気弱なボクだけど、イケメン野郎が連れて来るクラスで一番カワイイ女子や巨乳、ドMな後輩、セフレ…と、お下がりとはいえエッチできるから、大好きな一人の時間が…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top