勃起持続勝負で2組のカップルがバチバチのやり合い

4組のカップルが挑戦する第1回勃起持続コンテスト。決勝戦は2組のカップルが同時にカラミで、バチバチに意識してやり合っていました。巨乳でのパイズリを見せつけられた貧乳の彼女が、彼氏のデカチンをこれ見よがしに見せつけて「ほら こっちのほうがおっきいよ」とやり返したり。最後はパートナーを交換してのイカせ合い。対戦相手の彼女に「イっちゃえ! イっちゃえー!」と抜き取られる。
(DMM.R18 100万円を賭けた素人カップル4組の本気SEX 第1回勃起持続コンテスト)

シーン1

4組のカップルで競う勃起持続コンテスト。司会は碧しの。
まずはルール説明。彼女は何をやっても良いが、彼氏が自分でチンコを触るのはNG。射精してしまっても勃起し続けていればセーフ。

ファーストステージは4つの部屋にそれぞれ分かれる。「ノーマル部屋」「エログッズ部屋」「コスプレ部屋」「エステ部屋」があり、くじ引きで入る部屋を決定。

部屋に入った後は盗撮風。
いきなり競技スタートするわけではなく、まったりとした会話から。
やや不機嫌なユリちゃんとヤル気を見せるダイちゃん。

全裸になるダイちゃん。
ユリ「恥ずかしくないのー?」
ダイ「恥ずかしいよ でもそんなこと言ってられないじゃん」
100万円のためにやっています。

勃起して準備が整ったらカメラに向かってサインを出し、カメラマンが入ってくるシステム。
ユリ「恥ずかしい」
カメラマンが来て、なおさら嫌がるユリちゃん。なだめながら頑張るダイちゃん。

賞金を全額ユリちゃん渡すということでヤル気になり、体操服を着てくれる。
着替えている途中も勃起を気にしてシゴいていくれる。

ダイ「おっぱい舐めさして」
自分のチンコを触ったらダメだけど、彼女を攻めるのはOK。

フェラ。
勃起の持続が目的なので、普通のセックスとは違いますね。
ダイ「今日 萎える気がしないよ」
ユリ「ホント? ちゃんとやってよ」

パイズリをお願いすると、
ユリ「パイズリ? すぐイっちゃうじゃん」
ダイ「いやいや イカないように イキそうになった言うからさ やってやって」
暴発を心配するユリちゃんと、それでもやってもらいたいダイちゃん。
パイズリだけじゃなく、亀頭で乳首をコリコリしたりも。

ブルマを穿いたままシックスナイン。

次の衣装を用意して、
ユリ「萎えない?」
ダイ「萎えないよ」
着替えている途中での萎えを気にする。フェラしながらの着替えは、この企画ならではの状況。

正常位の体勢になると、
ダイ「触れないから添えて」
自分でチンコを触れないのでユリちゃんに誘導してもらう。

競技を忘れて気持ち良さそうに感じるユリちゃん。

騎乗位。
ダイ「ゆっくりでいいよ イっちゃうから あんまり激しく動いたら」
イカせないように注意しながら。
ユリ「んー ガマンして」
ダイ「ガマンする」

「1時間10分経過」の文字。かなりウソくさい。

碧しのが様子を見に来る。
碧しの「うわ すっごい入ってる」
ユリ「いやー! そんなとこで見るの!?」

碧しの「オチンチンもおっきいですね」
ダイ「そんな」
ユリ「恥ずかしー」
ガン見して辱める。
碧しの「すごい めちゃくちゃ入ってます」

邪魔しに来たわけではなく、この時点で2組が脱落しているので、決勝進出が決まったことを伝えに来たようです。

碧しの「一応 念のために 勃起チェックをしてもいいですか?」
勃起チェックされるのは面白い。
碧しの「じゃ 測定しまーす」
L字の測定器をチンコに当てがう。

碧しの「いい勃ちですねぇ」
ドヤっていいのか恥ずかしがるところなのか。ユリちゃんも笑っちゃう。
ユリちゃんに、
碧しの「いいオチンチンしてますね」
彼氏のチンコを褒められてまんざらでもないユリちゃん。

決勝進出が決まっても萎えちゃダメみたい。
バックで繋がったまま移動。

シーン2

時間は戻って、エステルームでヒロ君とマシロちゃん。
ヒロ君は最初から勃起していて、
マシロ「すごい勃ってる やったー」
すぐにカメラに向かってオッケーサインを出す。
マシロ「勃ちましたよー すごくない? これ絶対一番早いと思うんだけど」

ヒロ君を寝かせてシコシコ。
マシロ「おっきいねぇやっぱり かわいい」

エステ用のオイルを使って手コキ。
マシロ「すごいテカテカになった」

マシロちゃんが下着姿になってエステのサービス。
敏感な彼氏の反応を楽しみながら攻めています。

キスしながらの手コキから両手コキ。
マシロ「すごい ビンビンになってきてるよ」

マシロちゃんのテクニックが上手くて、
ヒロ「こういう経験が……あったりするの?」
マシロ「ないないないない あるわけないじゃん えっ そんなに上手い? なんでだろ わかんない」

素股でも彼女を疑い、少しおこ。

マシロちゃんも3回くらい「おっきい」と言っていますが、かなりのデカチン。
マシロ「すっごいビンビンになってる」

手コキで、
ヒロ「あぁ出ちゃう出ちゃう」
マシロ「え? なに? えっ!?」
わざとらしい暴発演出ではありますが。
マシロ「ちょっと待ってよ えー ちょっと待って イっちゃってるじゃん」

碧しの「暴発しちゃってますかね」
モニタリングしていた碧しのがチェックに来る。
碧しの「モニタリングしてました 出ちゃったんですか?」
マシロ「出ちゃった」

射精しても勃起していれば問題なし。
碧しの「じゃあ いきますね」
マシロ「頑張って頑張って」
測定器を当てて、
碧しの「ワン ツー スリー」
10カウントを始める。

10カウント耐えて、
碧しの「おめでとうございまーす すごいオチンチンですね」
勃起力に驚いています。
碧しの「すごいオチンチンですね」
マシロ「でしょ? すごいんですよ」
碧しの「こりゃ応募したくもなりますね」

続行して騎乗位で挿入しようとするが、
マシロ「えー おっきいよ いつもより絶対 ヤバい入らないかもしれない」
彼氏彼女というのは設定ですからね、実際にデカチンを挿入するところで戸惑う。
マシロ「えー 絶対入んない ……あ 入った」
意外とあっさり。

少し動いて、
マシロ「気持ちいい? あぁすごいおっきいやっぱり 絶対いつもよりおっきい あヤバい」
いつもヤっているはずの彼氏のデカチンに驚く。

騎乗位で激しくヤっていたら碧しのがやって来る。
決勝進出の報告です。

碧しの「すごい勃起力ですねぇ めちゃくちゃ入ってますよ あぁいいですねぇ いっぱい溜まりそうな金玉してますね」

最終判定の勃起チェック。
碧しの「一度出したチンチンとは思えないですよねぇ」

シーン3

敗者の2組も収録しています。ユノちゃんとコー君。
ユノ「そんな映すとコーちゃんが緊張して倒れちゃうから やめてください(笑)」

40分経過したところで挿入しようとするが萎え気味になる。
碧しのが勃起チェックに来ますが、耐えてセーフ。
碧しの「あっ 復活ですね」
ユノ「良かった」

正常位からバック。清楚なイメージのユノちゃんですが、セックスでは激しい声を出す。

野獣のような騎乗位でコーちゃんをイカせちゃう。豹変っぷりが良いです。
ユノ「え? イったの?」
マグロ状態でピクピクしているコーちゃん。

碧しのが来て勃起チェック。
キスして復活させようとするが無情にも10カウント。

碧しの「復活できませんでしたねー」
ユノ「えっ これ勃ってないんですか?」
ダランとしたチンコを小指でクイックイッと持ち上げる。
男としたら情けない。

でも原因は野獣化した彼女の暴走。
コー「こんな激しいとは思わなかった」
ユノ「ごめんね」

シーン4

エログッズルームでアミちゃんとアッくん。
仲良さそうなカップル。
電マが置いてあるのでアミちゃんに使う。
アミ「イックゥ イクイクイクッ」

AVを見るか見ないかで口論になり、萎え気味になったので碧しのがチェック。
碧しの「これだとマズいかもしれません」

碧しの「なんか かわいそうな感じになっちゃってきました」
アミ「ねぇ そんな触んなくてもよくないですか別に」
碧しのが彼氏のチンコを握り、それにチンコが反応したことで彼女がキレる。

喧嘩が始まり、萎えきったチンコ。
10カウントが始まり、彼女に助けを求めるがヤル気なし。

脱落だけど、口論の末に仲直りをして結局はセックス。

正常位→バック→正常位で彼女も満足。

シーン5

勝者2組による決勝戦。同じ部屋での対戦となる。

お互い気にしながらの勃起持続。

ユリ「女の子見てたでしょ今」
マシロちゃんを見るダイ君に注意。

ヒロ君もユリちゃんに手が触れてしまって、
マシロ「今お尻触ったでしょ!」
怒られる。

フェラで、
マシロ「ぷはぁ んー おっきいって」
相変わらずデカチンに苦労している。

挑発するように隣に移動してきたユリ&ダイ。
マシロ「負けちゃダメだよ」

隣でパイズリを見せつけられて、むくれるマシロちゃん。
マシロ「できるもん」

マシロ「挟めてるっ ほらっ」

おっぱいの大きさでは負けたマシロちゃんだけど、
マシロ「ほら こっちのほうがおっきいよ」
彼氏のデカチン自慢。
マシロ「ほら こんなに違うもん」
挑発的に隣に来たカップルにデカチンを見せつけ。

マシロ「おっきーもーん」
けっこう長い時間、ブルンブルンと振って見せつける。
マシロ「あぁすごい カッチカチー」
何度かチラ見して何も言い返せない。
バチバチ感が良いです。

パイズリに尻コキで対抗。
でも、イカせると勃起持続には不利なので、
ユリ「大丈夫?」
ダイ「うん 大丈夫」
萎えないように気持ち良くさせるけど、射精には注意。

素股しながら乳首をいじるマシロちゃん。
隣が気になる彼氏を注意しながら。
マシロ「怒るよ」

隣のカップルを足で攻めるユリちゃん。
マシロ「ちょっとぉ これいいんですか? 反則じゃないですか」
碧しのはオッケーだと言い、むしろやり返せと。

素で楽しそうなユリちゃん。笑っています。

座位で挿入するマシロちゃんとヒロ君。

それを見てユリちゃんとダイ君もバックへ。
ユリ「イクのガマンしてよ」
ダイ「大丈夫」

挿入してからもダイ君の様子を見て、
ユリ「えっ!? 大丈夫?」
ダイ「大丈夫」
暴発を心配しながら。

マシロちゃんとヒロ君も並んでバック。
勝負している感じが出ています。

ユリちゃんとダイ君は正常位へ。
ユリ「イキそうになったらガマンできる?」
ダイ「できるよ」
マシロ「できないよ」
挑発してきます。
ユリ「うるさいな(笑)」
マシロ「早くイっちゃいなよー」

お互いに手を出し足を出し始めて、碧しのがストップをかける。
碧しの「ちょっと妨害が過ぎますねー」
マシロ「だってやってきたから」

勝負がつかないので、スワッピングサドンデスを提案。
碧しの「お互いのパートナーを交換してくださーい」
と元気に言うけど猛反対される。

碧しの「相手の彼氏を思いっきり気持ち良くさせて発射させればいいんですよ」
さっきまでやっていた妨害行為の延長で、もう相手の男をイカせれば勝ち。
ユリちゃんがヒロ君を攻め始めたので、マシロちゃんも100万円のためにダイ君を攻める。
乳首舐めして、
マシロ「気持ちいいですか?」
ダイ「気持ちいい」
マシロ「ホント?」
ここにきて敬語でかわいい。
ダイ「でもなんか アレだね 複雑」

最初はパートナー交換を嫌がっていましたが、対抗意識を燃やす。
マシロ「イっちゃうんじゃないですか? これ」

マシロちゃんがダイ君を攻めまくっているのを見て、ユリちゃんもパイズリ。
巨乳で自分の彼氏がやられているのを見て、むくれるマシロちゃん。バチバチです。

マシロちゃんも貧乳パイズリで必死になるが、なんとユリちゃんはチンコを横軸に振るパイズリ。これは包み込める巨乳でしかできない。
ユリ「イっちゃっていいですよ」

足フェチのヒロ君がメロメロで、
マシロ「ちょっと負けちゃダメだって! じゃあこっちも……」

煽られ過ぎてマシロちゃんは挿入する気マンマン。
ユリ「えっ! 入れるの?」
プチ切れ気味です。煽り煽られヒートアップ。
マシロ「足舐めてるくせに!」
彼氏の不甲斐ない姿を見て、見せつけ返す感じでもあります。

こうなるとユリちゃんもヒロ君に挿入させる。
マシロちゃんが「もっと奥まで」と2回言っているあたり、ヒロ君のチンコみたいに奥まで届いていないのかな?」

マシロ「いいよ出して いいよ出して」
ダイ「イカないよ」
イカせ合いが盛り上がってきました。

お尻を向けられて、
ユリ「ええ!? ちょっとぉ」
彼氏のお尻をペチン。
ユリ「お尻見えてるー」
マシロ「やだっ 恥ずかしいっ」

清々しいウソくささだけど「開始から8時間経過」とのこと。

騎乗位での激しいイカせ合い。

ダイ「ヤバい ヤバい ガマンできないっ」
イキそうになったダイ君を手コキで抜きにかかるマシロ。
マシロ「いいよ イっちゃって!」
ユリ「イっちゃうの!? ガマンしてよ」

ダイ「イっちゃうこれガマンできない!」
マシロ「イっちゃえ! イっちゃえー!」
ユリ「ガマンしてっ」
マシロ「ほらーっ!」
ダイ「ああああっ! あイクッ!」
ユリ「ちょっと!」
 ドピュ
ついに射精してしまったダイ君。「イっちゃえ! イっちゃえー!」と笑顔でシゴかれながらイカされるのも気持ち良さそう。

マシロ「やったー! ほら出ちゃったぁ(笑)」
射精させて大喜び。
ユリ「ちょっと! ガマンしてよ!」
ユリがダイを手コキ、
ユリ萎えちゃダメだから、
マシロ「無理だよー」

碧しのが測定に来ると、
 プシャー!
男の潮吹き。みんな「キャー!」とビックリ。

フニャフニャのチンコを指で支えられて測定されるのも恥ずかしい。
碧しの「あ ダメですねこれは」

チンコを垂直に立てて、
碧しの「この状態から」
指を離すと倒れる。
マシロ「アハハハ」
倒れたチンコを笑われちゃうのも良いです。彼女のユリちゃんは呆然と見つめている。

チンコにメダル。

最後にヒロ君も射精させてもらう。

感想

バラエティ系の競技企画として面白かった。演出がチープなところはあるけど、ガチでやれるような企画でもないので仕方ない。勃起を持続させることが目的で、射精させないように注意するセックスというのも新鮮。

シーン2のヒロ君がデカチンで、彼女設定というマシロちゃんも思わず何度も「おっきい」と言ってしまったり、挿入時にはデカさを不安がるところが面白かった。

シーン3では清純そうな優しい彼女が、セックスになると野獣みたいになって彼氏を暴発。豹変っぷりが良かったです。

シーン5の直接対決が一番面白かった。バチバチして勝負らしかったです。パイズリを見せつけられたマシロちゃんが、彼氏のデカチンを見せびらかすのが良かった。最後の射精させるところで「イっちゃえ! イっちゃえー!」と笑顔で攻められて射精させられるところも良かったし、「やったー! ほら出ちゃったぁ(笑)」と大喜びされるのも、悔しいけど気持ちいいみたいな。

碧しのに勃起測定されるのも妙なフェティシズムがありました。隆々と勃って「すごい」と驚かれるのはドヤ感があるし、ヘナったチンコを指で支えられて、指を離すとヘニャっちゃうのは情けなくてM的に良いです。情けないチンコを彼女に呆然と見られるのも哀しい。

収録時間:135分(HD版:135分)
監督:麒麟
メーカー:SODクリエイト
レーベル:SODクリエイト

DMM.R18 100万円を賭けた素人カップル4組の本気SEX 第1回勃起持続コンテスト

DUGA 100万円を賭けた素人カップル4組の本気SEX 第1回勃起持続コンテスト

MGS動画 100万円を賭けた素人カップル4組の本気SEX 第1回勃起持続コンテスト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AV52,800本が月額固定で見放題

当ブログの紹介作品でXCITYで配信されていた作品はXCITYのタグをつけています。作品の入れ替えもあるので配信終了している可能性もありますが。

return top