「このオチンチンで私のことイカせられんの?」と挑発的な素人娘をイカせるはずがフェラで暴発しちゃった男優

彼氏のエッチ満足していないというミツキちゃんをナンパからお持ち帰りした男優。AV業界の人間だということを伝えて、グイグイと攻める。最初は恥ずかしがっていたミツキちゃんでしたが、スイッチが入り「このオチンチンで私のことイカせられんの?」と挑発的。ショボいエッチしかしていない素人娘に舐められるわけにはいかない男優は「イカせられるよ やれるやれる」と挑戦を受けますが、ミツキちゃんは底無しのセックスモンスターで「早すぎっ」「あーあ まだ全然 私楽しめてないんだけど」などど、男優の面目が潰れるようなコメント。リアルサキュバスのようなミツキちゃん、対戦系セックスとして面白かった。
(DMM.R18 焼き肉おごるから一緒に飲みませんか?終電逃させて、ほろ酔い女子大生をナンパ! 第2弾!)

シーン1

終電間近の新宿西口周辺でナンパ。
合コン帰りの2人組に声をかけるとノリが良い対応。そのまま4人で焼肉へ。
焼肉を食べながらお喋り。2人はサークル仲間で、彼氏がいるけど合コンに行っちゃったりする。
男2人はAV関係者だという事を話し、エッチな話題になっていく。
ミツキ「イったことがない 気持ち良くしてもらったことがあんまなくて」
AVへの興味は、
ミツキ「男優さんのアソコって どんな感じなのかなーとか」
エロさを見せてきます。
焼肉屋では15分ほど使っており、ミツキちゃんの普段のキャラクターをしっかり見せています。キャラクターがしっかり見える事で、この子がどんなセックスをするんだろうという興味が強くなる。

ミツキちゃんをお持ち帰りした男2人。ここでも軽く食べながらお喋り。
男A「彼氏とセックスしてるの?」
ミツキ「んー してるけど なんか 満たされてない」
男B「人妻さんみたいなこと言いますね(笑)」
男A「どういうセックス?」
ミツキ「普通のイチャイチャ チューしたり ギュッてしたり 正常位で向こうがイって おしまい!って感じ(笑)」
彼氏のセックスには満足していないが、経験人数は3桁。
8人くらいの乱交も経験あり。

エッチな話をしているうちに気分も高まり、スムーズに撮影に入れる。
日焼け跡をチェック。

おっぱいも見せてもらうけど、まだ乳首は隠す。

お尻。

そして股間も。
エッチな気分なって濡れてきちゃっています。

パンツを脱いでもらって指で触れる。
ミツキ「触り方がちょっと(笑)」
恥ずかしがるミツキちゃんをグイグイ攻める男。
かわいらしい恥ずかしがり方で、この時点ではウブな素人娘とプロ男優という状態。

クンニをすると体をビクビクさせながら大きな声で喘ぐ。
感じる表情も良いです。

激しく感じていましたが、
男A「イった?」
ミツキ「いけない」
男A「ホント?」
ミツキ「イってないもん こんなんじゃイカないもん」
強がっています。

男が本気でクンニをすると、
 ビクンッ!
余韻でもビクビクしていますが、
男A「イった?」
首を横に振って否定する。イカされたのを認めたくないみたいです。

カメラを見てもらいながらのクンニ。
イカされている事を認めない女が感じさせられる表情。

ボロボロに感じて、
ミツキ「もうダメッ もうダメッ」

ベッドで2人きり。電気を暗くする。
ミツキ「おやすみ」
寝ようとするミツキちゃんにちょっかいを出す男。
ミツキ「んー なに?」

勝手に前戯を終わらせて、チンコを擦り当てる男。
ミツキ「やるのかやらないのか はっきりして」
男「ん?」
ミツキ「やるならやって」
寝ようよしていたミツキちゃんですが、やってもいいみたい。
ミツキ「このオチンチンで私のことイカせられんの?」
挑戦的なコメントが良いです。
男「イカせられるよ やれるやれる」
素人娘に舐められるわけにはいかない男優。

ヤル気になったミツキちゃんがフェラ。
ミツキ「舐めたらもっと大きくなるかな? すごいビクビクしてる」
スイッチ入ったみたいです。激しいフェラ。

男「そんなやったら出ちゃう出ちゃう」
「イカせられるよ」と言っていた男ですが、素人娘に押され気味。
男「あぁ出ちゃう出ちゃう」
ミツキ「まだダメ」

男「あぁイクイク…… ああっ」
ミツキ「んんっ!?」
口内で暴発しちゃったみたい。
ちょっと睨むミツキじゃん。

ミツキ「んー なに出してるの?」
男「気持ち良くて」
そのままごっくん。
ミツキ「捨てるのも面倒くさいし飲んじゃった」

ミツキ「ねぇ なんですぐイっちゃうの?」
勝ち誇った顔が良いです。イカされるのは認めないけどイカせるのは好きみたい。
素人娘をイカせるはずが、返り討ちにあった男優。最初は男優がグイグイ攻めていて、ミツキちゃんは恥ずかしがっている感じだったのが、スイッチが入って逆転するのが面白い。

男「気持ち良すぎて ずっと擦ったりとかしてたから」
ミツキ「私のこと気持ち良くできるって言ったじゃん」
素人に舐められて屈辱。

またチンコを舐めて、
男「ちょっと待って イったばっか」
ミツキ「関係ないしっ」
主導権を奪っているミツキちゃん。

ミツキ「すごい またおっきくなってきた ほらカチカチだよ」
男「イったばっかだから」
ミツキ「このくらい硬かったら入りそう」
挿入することになり、
ミツキ「気持ち良くできるんでしょ? じゃあ気持ち良くして」
リベンジなるか?という展開。ミツキちゃんの挑発的なコメントと目が良いです。

男がコンドームを着けた後、そこに手を伸ばすミツキちゃん。
ミツキ「今日いらなくない?」
コンドームを取っちゃいます。しかも見せつけるように咥える。

挿入すると、
ミツキ「勝手にイったんだから 気持ち良くしてよね」
男「入れただけでマンコ ヒクヒクいった」
ミツキ「まだおっきいじゃん」
ピストンすると、
ミツキ「んんっ!」
咥えたコンドームを噛む。生意気な女にこういう表情をさせるのも良い。

ビクッビクビクッとして、
男「イった?」
ミツキ「んー 全然イってない」
イカされたことは認めない。

男のペースになります。
Tシャツを被せて、
男「こうすれば恥ずかしくないでしょ」
ミツキ「見えない 見えないよぉ」
また主導権を奪い返した。

しばらくしてTシャツを取ってあげて、
ミツキ「あぁまぶひー まぶしいよぅ」
アヘり気味。

片脚を上げてピストン。
ミツキ「見えちゃう」
ピストンを止めるとヘロヘロ。

寝バック。
お尻の日焼け跡がクッキリ。

バックでもイって、お尻をビクビクさせる。
ミツキ「うぅ うぅ う~~~」
「気持ち良くしてよね」と挑戦的だったSっ気のある女をメッタメタにイカせるのが良いです。

背面騎乗位。
攻める体位になると激しく攻めてくる。
男「そんな速く振るとマズい」
ミツキ「ダメ」
男「出ちゃう出ちゃう」
ミツキ「まだダメ」
男「ホント出ちゃう 抜いて抜いて あぁイッ……!」
ミツキ「あっ!?」
なんと、また暴発。
完全に男優のペースだったけど、騎乗位になった途端あっさり逆転。

ミツキ「イっちゃったの?」
男「イっちゃった……」
ミツキ「ええっ!?」
不甲斐なし。
腰を浮かせて中出しされた精子を垂らす。
ミツキ「いっぱい出たじゃん」

男「ヤバい 中に出ちゃったよ」
ミツキ「でもまだまだ満足してないよ」
底無しの性欲。手コキをして、
ミツキ「まだ入りそうだよ」

ミツキ「まだ入る」
騎乗位で挿入して、男の体がもたなそうな激しいピストン。
ミツキ「まだまだ」

座位で男が突く。
セックスモンスターと戦っている感じがあります。

ミツキ「ああっ ダメッ……!」
グタッとなり「やったか?」と思うところ。

でもムクッと起き上がり、
男「どうしたの?」
ミツキ「まだまだ入る まだまだ」
自分から騎乗位で入れてくる。

むしゃぶりつくようなキスで、文字通り女に食べられそう。

野獣っぽさがエロい。
男「ヤバいヤバい……」

上から見下ろす。
すっごい見てる。

男を追い込んで嬉しそうな笑顔を見せるところにSっ気を感じます。
ミツキ「もっともっと」

激しいピストンから、
男「ダメダメッ」
ミツキ「イ イった?」
3回目の中出し。
ミツキ「まだ出るの? また中出ちゃった」

男はKOされてグロッキー状態。
まさにミイラ取りがミイラになった感じ。

お掃除フェラをして乳首を舐めて、抱きついてくる。
憑りつかれたという感じでもある。嬉しいけど怖い。

シーン2

翌朝、目を覚ましてすぐに甘えてくるミツキちゃん。
もう恋人気分。

寝起きのフェラ。

軽く素股をしてから騎乗位。
騎乗位の途中で男が起きます。ビックリしてもプロなのでカメラを手に取る。

今回も激しいピストンで、
男「あっ ダメ イクイクッ」
ミツキ「早すぎっ」
朝から中出し。
ミツキ「えっ もう出ちゃったの?」
昨晩からプロの面目丸つぶれ。

ミツキ「あーあ まだ全然 私楽しめてないんだけど」
恋人気分だった時のかわいく甘えていた表情から、不甲斐ないセックスで怒りが感じられる表情に。ヤンデレっぽさもある。

男「あー ごめんごめんごめん いきなりやってるからさぁ」
ミツキ「フフフフ 早すぎるよ 昨日もいっぱい出したのにさ」
また体を触り始めて、
ミツキ「どこがさ 硬くなるのかな」

フェラしても不十分で、
ミツキ「まだ こんなオチンチンじゃ入んないよう」
男「ええぇ…… 出したばっかだから」
不満気な表情もめっちゃかわいい。

ミツキちゃんにたっぷり攻められ、目が覚めた男も反撃。
前戯の後、背面騎乗位→バック→背面騎乗位で激しく突いて感じさせるが、
ミツキ「まだまだ大丈夫だもん」
昨晩同様、イカせてもイカせても底無しの性欲。

騎乗位→立ちバック→正常位。
この子の怖いところは、こんな「もうダメ……」みたいな感じ方を見せておいて、

すぐ余裕を見せちゃう。

そして中出し。

一緒にシャワーに入ると、勃起したのでフェラしてくれる。
笑顔がかわいい。キャラクターの魅力も大きいけどシンプルにかわいいです。無邪気な笑顔とSっ気のある顔を持つから面白い。

感想

対戦系のセックスとしてかなり面白かった。

彼氏のセックスが不満な素人娘にAV男優が凄いセックスをしてあげるというような展開から始まり、恥ずかしがるミツキちゃんをグイグイ攻めてAVのペースにハメる男優。クンニにビクビクッとしたけど「イってないもん こんなんじゃイカないもん」と強がったろ、この時点では弱いけど強がるだけの素人娘らしい素人娘でした。

2人きりになってから寝ようとするミツキちゃんにイタズラする男優。しかしここでスイッチが入ったミツキちゃんは「やるのかやらないのか はっきりして」「このオチンチンで私のことイカせられんの?」と急に攻撃的になり、男優も「イカせられるよ やれるやれる」と自信満々。でもフェラで暴発させられて「ねぇ なんですぐイっちゃうの?」「私のこと気持ち良くできるって言ったじゃん」と素人娘に言われる屈辱。イったのを否定して強がるところで終わりかと思いきや、テクニシャンだったという意外性が面白かった。

ミツキちゃんのペースで攻められるけど、挿入するとまた男優ペース。アヘるほどメッタメタに感じさせていたのに、騎乗位になるとミツキちゃんが激しく攻めてまた暴発。イカせてもイカせても「まだまだ満足してないよ」とチンコを求めてくる野獣のような女でした。男を攻めている時の心酔したような笑顔からもSっ気が感じられて、イったことを認めないのも納得させられる。対戦系のセックスとして本気の殴り合いみたいで面白かった。

翌日もミツキちゃんペースで男優の面目丸つぶれ。グロッキーしたような表情後にかわいい笑顔を見せたり、イカせてもイカせてもチンコを求める姿は近年稀に見るセックスモンスター感があり、それに真っ向勝負する男優の姿も良かった。バチバチのぶつかりあい。

展開としては『控えめ恥ずかしがり屋かと思いきや経験人数100人超えのSEXの超逸材』に沿った予定調和でもあり、何回も何回も中出しすると擬似感も隠せない。それでもミツキちゃんの野獣っぷりとか男をイカせて悦に入るようなSっ気とか、挑発的なコメントや表情も良くて、リアルサキュバスのセックスを見た感じ。たいしたエッチをしていない素人娘のように見せておいてから、AV男優の精も根も尽き果てさせる罠。

収録時間:119分(HD版:119分)
出演者:神谷充希
メーカー:kira☆kira
レーベル:kira☆kira BLACK GAL

DMM.R18 焼き肉おごるから一緒に飲みませんか?終電逃させて、ほろ酔い女子大生をナンパ! 控えめ恥ずかしがり屋かと思いきや経験人数100人超えのSEXの超逸材!自宅に連れ込み夜と翌朝2連発成功 カメラに収めていた映像をAVで公開!!in新宿!第2弾!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

return top