彼女不在の2日間に親友の橋本ありなとデカチンで精子が枯れるほどセックス「お腹っ お腹すごいっ 奥すごいいっぱい 破れそう」

寝取り・寝取られ
寝取り・寝取られ 巨根

【7月15日(水)10時まで50%OFF HQ版1,480円→740円】
エスワンの『彼女が不在中』『彼女不在の』シリーズは、映画+AVといった感じの濃いストーリーと人間ドラマにAVのセックスが組み合わさったジャンル。彼女が不在中に親友の橋本ありなと精子が枯れるほどヤっちゃう展開。シーン2のイってはいけない禁欲愛撫合戦、シーン3の解放されるセックス、シーン5のデカチンイジりが良かったです。
>>感想
FANZA 一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 橋本ありな

シーン1

物語は34日前から始まる。
明海こう「ねぇありな ハジメのこと どう思う?」
橋本ありな「どうって?」

明海こうがハジメ君と付き合っていて、大学卒業後に明海こうは就職、ハジメ君は大学院に進むので、このまま付き合っていて大丈夫か不安を抱えているようです。さらに会社の研修で出会った気になる男もいると。

30日前。
明海こう、橋本ありな、ハジメの3人で夕食。明海こうが席を外している時に、
ハジメ「あのさ こうから何か聞いてない? なんかさ こうが最近冷たいっていうかさ 変に余所余所しいっていうかさ」
橋本ありな「あれじゃない 最近 研修とかレポートとか忙しいんだと思う」
ハジメ「そうかな」
橋本ありな「うん まぁ本人に直接聞いてみるのが一番早いと思うよ」

夕食中もハジメに対してそっけない態度の明海こう。
酔って寝てしまったハジメを、
橋本ありな「泊めてあげればいいじゃん」
と勧めるが、起こして帰るように言う。

ハジメと一緒に帰る橋本ありな。
ハジメ「ねぇ 家こっちだっけ?」
橋本ありな「んー 別にいいじゃん」

ハジメと腕を組んで歩く。
ハジメ「酔っぱらってる?」
橋本ありな「別にー」

そのままハジメのマンションの前へ。
ハジメ「あ じゃあ お休み」
橋本ありな「うん お休み」

そのまま動かない2人。この心が揺れる「間」が良い具合です。
ハジメ「……ちょっと寄ってく?」
橋本ありな「うん」


部屋に入ると、倒れかかるようにハジメに抱きつく橋本ありな。ハジメもスイッチが入って強く抱きしめ返し、そのままベッドに押し倒す。アメリカの恋愛ドラマのような静から動への展開。
下手なテレビドラマより上手い作り。説明的な描写を減らし、ここまでの展開で2人の距離は十分近づいていた事もわかる。ちょっとしたやりとりで見せていました。
橋本ありな「ダメ」
ハジメ「なんで?」
橋本ありな「まだダメ 酔った勢いとか嫌だし」
ハジメ「俺 こうと別れる」
橋本ありな「そんなのわかんないじゃん」

橋本ありなは本気のようです。ここで条件を出し、明海こうが1ヶ月の研修に行って戻って来た時に2人で話し合い、
橋本ありな「それまでに気持ちが変わらなかったら 私とエッチしよう」
エッチだけじゃなくオナニーまで禁止する。
ハジメ「なんだよそれ」
橋本ありな「私もガマンするから」

2人とも一ヶ月間の禁欲を約束し、橋本ありなからチュッとキスをして帰る。

22日前。
明海こう「ねぇありな この間言ってた会社の先輩 けっこう遊んでるっぽいんだよね もし告白してダメだったら ハジメと別れないほうがいいよね」
橋本ありな「どうだろう わかんない」

研修で出会った気になる男がいてハジメと別れる気になりかけていたけど、その男がダメそうでハジメと続ける方向に傾く。橋本ありなが1ヶ月待たせたのは、こういう展開も想定していたからですね。

19日前。
橋本ありなの家に3人で集まる。
橋本ありな「私 着替えてきていい? あ ハジメ君 トイレあっちだからね」
誘われた事を察するハジメ、トイレに向かう廊下から橋本ありなの部屋が丸見えで、着替えを見せつけられる。
ハジメが近づくと小声で、
橋本ありな「ねぇ こうとした?」
ハジメ「してないよ」
橋本ありな「本当にしてない?」
ハジメ「してるわけないじゃん」

ハジメの体を触る。禁欲中の股間をスリスリして、
橋本ありな「ちゃんと約束守ってるんだ」
こうがハジメと続けようとしているのを知って、あえて誘惑するのが小悪魔っぽい。

ハジメの股間を触り、
橋本ありな「どうなっちゃってるのかな この中 ねぇ 見てみていい? いいよね?」
ハジメ「こうにバレたらマズいって」
橋本ありな「いいじゃん 声出さなかったらバレないでしょ」

ズボンとパンツを脱がせると、勃起したチンコが出てきて、
橋本ありな「フフ なにこれ なんでこんなんなっちゃってるの?」
嬉しそうに握ってシコシコ。
橋本ありな「ちょっと どんどん大きくなってるよ」
2人の股間近くのアングル。

橋本ありな「なんか すごいムラムラしてきちゃった」
四つん這いになってチンコを咥えると、少し声が出て焦るハジメ。
ハジメ「ヤバイってそれは……」
橋本ありな「ねぇ 帰ってオナニーするのもダメだよ」

ここまでしておいて射精しちゃダメだという焦らし地獄。
明海こう「ねぇ ピザ3枚じゃ多いかな?」
橋本ありな「どうだろう ちょっと待って 今行くから」

慌てて着替えて戻る2人。

15日前。
明海こうとハジメが部屋で2人きり。
明海こう「ねぇ たまにはする? どうする?」
ハジメ「え いいよ 今日は寝るもう」
明海こう「え? いいから はい脱いで」

明海こうに脱がされて、明海こうも脱ぐ。お互いパンイチに。
ハジメ「今日そういう気分じゃないから」
明海こう「えっ そんなことないでしょ ウヒヒ ねぇ そんなこと言っといて だって勃ってきちゃったよ」

橋本ありなとの約束を守りたいけど、禁欲中なのですぐ勃起しちゃう。
ハジメ「あっ ごめん マジで腹痛いからトイレ行ってくる」
なんとかピンチを脱した。

シーン2

5日前。
橋本ありなとハジメが部屋で2人きり。
橋本ありな「ねぇ 約束守ってる?」
うなずくハジメ。
橋本ありな「じゃあ見せて」
ハジメ「見てわかんのかよ」
橋本ありな「いいから」

と言われて全裸になるハジメ。
服を着ている橋本ありなの前で全裸になって仁王立ち。見られる羞恥がある画を長めに撮っています。

他の作品でもありましたけど、こだわりを感じる場面。
ハジメのチンコを眺める橋本ありなの表情も長めに見せる。
まだセックスできない2人が、裸を見るというエロさを存分に感じさせる。

抑えが効かなくなったように勢いよくチンコを咥えてジュボジュボ。
ハジメ「ダメッ ちょっ ちょっ待って 無理 出る出るっ」
フェラをストップして射精させない。
橋本ありな「ダメ」
射精寸前のチンコがビクビクと揺れる。

橋本ありなも立ち上がってゆっくりと脱衣。
前回は下着姿でしたが、今回は全裸。
禁欲中の2人が全裸になって向かい合う。画がキレイでエロい。

M字開脚でマンコを見せて、
橋本ありな「私もガマンしてるよ もうビショビショ」
先ほどと逆パターンで、マンコを眺めるハジメの表情を見せた後、抑えが効かなくなったハジメが激しいクンニ。
橋本ありな「待って やっぱり恥ずかしい」
と言われるけどハジメは止まらない。
橋本ありな「ダメッ イっちゃう! ダメッ」
こちらも寸止め。

ディープキスをしながら手コキvs手マン。
射精できない・イってはいけない2人の禁欲ギリギリの愛撫の気持ち良さと焦らしの辛さが伝わる。これを描こうと思ったセンスがすごい。
芸術性の高いキレイな映像も良いです。

イってはいけない2人のイカせ合いみたいでもある。
ハジメ「あっ ヤバイ またイキそう」
橋本ありな「ダメッ まだダメ」

先にイキそうになったハジメだが、愛撫を続けると、
橋本ありな「あぁイクッ……」
橋本ありながイキそうになってストップ。
お互い愛し合っているけどイケない辛さが上手く見せられています。
再び愛撫して、2人同時にイキそうになってストップ。
この状況で限界まで気持ち良くなろうとしてるけど、イクことはできず暴発寸前の辛さも味わう。みっともなくあがくような、斬新なエロさ。

シーン3

当日。
研修に出かける明海こうを見送り、橋本ありなと2人きり。
一ヶ月禁欲していましたから、部屋に入るなり抱き寄せて激しいキス。
そのままベッドに移動し、2人とも慌てるように急いだ脱衣。
キスをしておっぱい舐め、再びキス。
お腹を舐めながら下りていき、激しいクンニ。ビクビクと敏感に反応する橋本ありな。

キスしながら手マンすると、チンコを握り返してくる橋本ありな。
攻守交替してフェラ、キスしながら手コキ。ハジメの攻めをそのまま返したみたい。

ハジメ「あぁ もう無理 したい」
橋本ありな「私もしたい しよう」

ここまで焦らしに焦らされた2人、いよいよ挿入へ。
正常位で挿入。
橋本ありな「ヤバイ ああっ おっきい……」
挿入した時に股を閉じて足先をピンと伸ばす反応が良いです。久しぶりのセックスでデカチンの刺激が強い感じが出ています。
橋本ありな「ヤバイ 待って はぁはぁはぁはぁ……」
挿入しただけで、お互いイっちゃいそうな状態。
橋本ありな「動いたらイっちゃう」

橋本ありな「ヤバイ イッ…… ダメ……!」
胴を伸ばしてビクビクさせる。

密着してキスしながら腰振り。
AVでは当たり前の体位だけど、シーン2の焦らし地獄の後だと、思いっきり愛し合える気持ち良さが伝わる。「禁欲」のテーマを上手く使って、セックスの気持ち良さを伝えることに成功しています。

白石麻衣みたいにかわいい橋本ありなが全力のだいしゅきホールで締めあげる。
この気持ち良さのまま絞殺されたいくらい。

ハジメが上体を起こして突きまくる。
この時の橋本ありなのかわいさも最高で、抜きどころ。
橋本ありな「イクッ」
イってビクンビクン。
かわいい子をイカせるというシンプルで絶対的な気持ち良さ。

ハジメ「すぐイっちゃいそう」
橋本ありな「私もヤバイ」
ハジメ「ヤバイ ホントに」
橋本ありな「何回でもイっていいよ いっぱいしよう」

再び激しいピストンで橋本ありながイク。
本当に何回でも抜けそうな橋本ありながイク姿。

橋本ありなを4回ぐらいイカせてから、
ハジメ「ああっ イック!」
禁欲一ヶ月を感じさせる濃い精子をお腹にドピュッ。
橋本ありな「ヤバイ めっちゃ出た(笑)」

精子を拭いてキス。
橋本ありな「ねぇ まだ足りない まだ勃ってる」
勃起済だけどフェラ。
ハジメ「待って待って それでイキたいくない ヤバイ今イキそうになった」
橋本ありな「フフフ もうちょっとガマンしてよ(笑)」
ハジメ「すぐイっちゃいそう」

イキそうなハジメを乳首舐め手コキで攻める。

シックスナインのクンニで感じてフェラが止まり、
橋本ありな「ダメ…… イック……!」
上体を起こしてビクビクッとイク。横顔のイキ顔も美しい。

橋本ありな「もう入れたくなっちゃった ダメ?」
ハジメ「いいよ 入れたい」

騎乗位で挿入し、橋本ありなが軽快に跳ねる。
橋本ありな「いっぱいしたかった」
禁欲中、ハジメを誘惑して焦らしていましたが、自分もガマンしていました。
白石麻衣がヤってるのかと思うほど似てるところもある。

橋本ありなが動いてイった後、ハジメが突き上げてイカせる。
上体を起こし、見つめ合いながら対面座位。
橋本ありな「ああっ ヤバイ イクッ イクッ!」
間近でイキ顔を見られる幸せ者。

再び正常位。
橋本ありな「ヤバイ あぁおっきぃ……!」
ガン突きして、
ハジメ「一緒にイこうっ あぁイクッ……!」
オヘソに注ぐような射精。

愛のあるキス。
ハジメ「休憩したらしよう」
橋本ありな「いいよ」

禁欲からの解放を感じる良いセックスでした。

シーン4

休憩中。
一緒にカップラーメンを食べて、先に食べ終わったハジメがヤりたがる。
橋本ありな「まだダメ 食べ終わってから」
でも股間を膨らませたハジメを見て、
橋本ありな「もう1回出す? いいよ」
男に甘いところもかわいい。食べてる途中だったけどフェラしてくれる。
ハジメがスマホで撮影している視点で、彼女っぽいイチャイチャ感も楽しめる。

フェラで口内射精。
口内射精に戸惑う表情もかわいい。
橋本ありな「初めて口に出た」
ハジメ「マジ?」


橋本ありな「ラーメン食べたい」
と言う橋本ありなをベッドに持ち上げて、イチャイチャしながら襲うようなセックス。
橋本ありな「エッチ」
寝バックで挿入。
おそらくこのシーンはフェラ抜きがメイン。寝バックの途中で時間が飛んで次のシーンへ。

シーン5

深夜、橋本ありなを家まで送り、
橋本ありな「じゃあね 今日はありがとう」
と言ってドアを閉めて別れるかと思いきや、ドアを開けて迎え入れる。
一緒にシャワーを浴び、橋本ありなの髪をドライヤーで乾かすハジメ。
橋本ありな「こうにも毎日やってあげてるんでしょ」
ハジメ「……」
橋本ありな「黙るなよー」

イチャイチャと罪悪感がある。

橋本ありながくすぐってきたり、太腿を枕にして寝たり、イチャイチャしてキス。
かわいい彼女にイジってもらう感じが良いです。
橋本ありな「すごいビクビクしてるよ」
ハジメの部屋の時とは逆で、橋本ありながグイグイ攻める。
橋本ありな「こうが舐めてくれないところ 全部舐めてあげるよ」
フェラの後に玉とアナル舐め。
橋本ありな「初めて?」
ハジメ「当たり前じゃん」
橋本ありな「私も初めてだよ」

親友のこうと張り合って、頑張ってくれる感じもかわいい。

ハジメが反撃。
橋本ありな「急にSになった(笑)」
四つん這いにしてアナルをガン見して触って舐める。
その体勢のままバックで挿入。
橋本ありな「ねぇ チンチンおっきい あぁ気持ちいい」
デカチンで奥までパンパン。
橋本ありな「あぁダメッ お腹っ お腹すごいっ 奥すごいいっぱい 破れそう」
騎乗位で橋本ありなが動く。
橋本ありな「次は私が上になる あんっ おっきい すごいおっきい」
今回のほうがデカチンイジりが多い。
橋本ありな「あぁヤバイ めっちゃ奥くる」
お腹を押さえながら腰を振り、
ハジメ「ここに入ってる」
橋本ありな「裂けそう」


正常位からお腹に射精するが、精子がちょびっとしか出ない。
橋本ありな「いっぱい出さなきゃって言ったじゃん」
ハジメ「だってもう ずっとヤってるじゃん」

最初の濃い精子との対比で、精子が枯れるほどヤっているのが伝わる。

シーン6

翌朝、先に目を覚ました橋本ありなが不安そうな表情。ハジメを起こして、
橋本ありな「今日 こう帰ってくるね」
ハジメ「うん……」
橋本ありな「どうするの?」
ハジメ「……」
橋本ありな「ねぇハジメ君 私と付き合わない?」

朝からこんなかわいい告白をされて返事ができないハジメ。

ハジメにキスしてフェラ。
ハジメ「ああっ……」
橋本ありな「どうした?」
ハジメ「別に……」
橋本ありな「ふーん」

スイッチが入ったハジメが反撃。長く見つめ合ってからのキス。別れも感じるせつなさもある。
クンニの後、
橋本ありな「ハジメ君 いいよ 入れて」
正常位で挿入。
正常位→対面座位→騎乗位でパンパン。
橋本ありな「気持ちいい?」
ハジメ「気持ちいいよ」
橋本ありな「じゃあ 私のこと好き?」
ハジメ「……」

はっきりしないハジメ。
騎乗位→正常位でお腹に射精。

結末が予想できないまま明海こうが帰ってくる。
ハジメと明海こうが2人きりで、ハジメが何か言おうとした時に橋本ありなが来訪。
そして橋本ありなが衝撃的な発言をするエンディング。オチも良いです。

感想

禁欲中の2人の愛撫がすごい

禁欲をテーマにした作品は多いですが、この作品は頭ひとつ抜けて描き方が上手かった。シーン2での射精できない・イってはいけない2人の愛撫がエロかったし、禁欲ギリギリの気持ち良さと辛さが伝わった。

お互いに裸を見る場面も良かったです。まだ付き合っていない2人、セックスできない2人、そして禁欲中の2人がお互いの裸を見る・見せるところをしっかり撮っていた。裸が当たり前のAVにおいて、ただ裸を見せるというだけで、ここまでのエロさと興奮を描けるのはすごい。

シーン2の焦らし地獄の後の解放されたシーン3でのセックスの気持ち良さも伝わった。AVにおいてセックスは当たり前ですが、その当たり前の中でワンランク上の気持ち良さを表現できるのはすごいこと。

「禁欲」というテーマを生かしきっていた。

橋本ありながかわいい

白石麻衣に寄せているっぽいなと思うほど似ているところもあり、橋本ありながかわいかった。禁欲したかわいい子がビクンビクンとイキまくるという王道的なエロさとかわいさ。

彼女っぽいイチャイチャも多くて良かったです。

デカチンイジり

シーン5のセックスでデカチンイジりが多かったです。「あぁダメッ お腹っ お腹すごいっ 奥すごいいっぱい 破れそう」「次は私が上になる あんっ おっきい すごいおっきい」「裂けそう」とかセリフも凝っており、単純に「おっきい」だけじゃない。

ハイクオリティなドラマ

エスワンの『彼女が不在中』『彼女不在の』シリーズはドラマとして非常にクオリティが高い。
以前の記事でも映画のような濃いストーリーと人間ドラマを高く評価していました。
彼女の親友が架乃ゆらで慰めてもらうセックス「あっ おっきいね ハジメ君おっきいね」 – テングノハナオレ
愛情や不安が伝わるからこそのセックスで伝わる感情も大きく、没入感がある。

下手なテレビドラマより練られている構成と演出で、説明的な描写を減らすのが上手いと感じる。地上波のドラマなどは、言ってしまえば馬鹿にでもわかるように説明的なシーンが多かったりしますが、説明的すぎて感情の揺れを楽しみにくかったりする。全部説明されて客観的に見るだけだから心に沁みない。

橋本ありなとハジメのカラミだけだけど、全てのシーンに違う味があり、単調さを感じない。変化のつけ方が上手いです。

映画のような濃いストーリーと人間ドラマでキャラクターの感情を伝えてから、AVらしいセックス。「映画+AV」的なジャンルの良さを感じる。
禁欲というテーマを生かしたイってはいけない2人の愛撫とか、そこから解放されるセックスの気持ち良さとか、橋本ありなの仕上がりの良さもあり、良い作品でした。

【7月15日(水)10時まで50%OFF HQ版1,480円→740円】

配信開始日:2019/12/14
収録時間:120分 (HD版:120分)
出演者:橋本ありな
監督:朝霧浄
シリーズ:一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。
メーカー:エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル:S1 NO.1 STYLE

FANZA 一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 橋本ありな

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました