ヤリマンがヤリチンとセックスしてイキまくった後に童貞喰い

「かわいそうなオチンチン オチンチンが泣いてるよ」
ヤリマンを部屋に呼んだヤリチンがセックスでイカせまくり、その後に童貞を呼んでヤリマンが食っちゃうというドラマ。ヤリマンの溢れる性欲を前に、童貞君はフェラで暴発したり、挿入してもすぐイっちゃって笑われる。
動画サイトに出演者の表記はありませんが、普通に単体女優が出ていて豪華な210分。

シーン1

男2人、女2人でまったり。
お金貰わなくても50歳のオジサンとやっちゃうと言うヤリマンエピソードを語る。
ミキ「オジサン意外とねちっこくて気持ち良かったよ」

タケシ「どんなチンチン好きなの?」
エリ「バットみたいに硬いやつかな」
タケシ「長さとかは?」
エリ「長いのがいい」
タケシ「長いのがいいの!?」
エリ「うん」
タケシ「えっ 痛くならない?」
エリ「えっ気持ちいい」
ミキ「うん長いほうが気持ちいい」
タケシ「ヤバイな 俺 短いからな」
エリ「短いの?」
ちょっと不満そうなJK。
ミキ「太いほうが好きかな」
エリ「たしかにわかる! 太いの気持ちいいよね」

ヤリマントークに興奮した男たちが積極的になってスキンシップ。
開始から14分ほどはトークで、場の雰囲気を描いています。ただセックスするだけじゃなくて、ドラマ物としてこだわった作り。
エリ「ほらー あっち始まっちゃったよ タケシ君またできないよ」
タケシ「えっ」
先に奥の2人が絡み始める。エリとタケシはゲームで勝負してタケシが勝ったら中出しさせると言っているが、タケシはゲームが下手みたいだ。

ミキ「おっきくなってんじゃん(笑)」
ケンジ「なってないんじゃない?」
ミキ「なってない? ジーパンのせい?」
ケンジ「俺 通常でこんくらい」
エリ「盗塁成功!」

エリ「やったー なんでそんな弱いのー」
後ろで服を脱がせているのは気にせず野球ゲームで盛り上がる2人。

パンツを脱がして勃ってるか確認。
ケンジ「良かった勃ってなかった」
ミキ「勃ってるよ(笑) 順調だね あー あったかい」

エリ「もーう! 見すぎじゃない?」

タケシ「負けてるけど やりたい」
がっつくとすぐ受け入れてくれるヤリマンJK。
エリ「うーん 勝ってないんだけど」

こちらはフェラ。
ミキ「痛くない?」
ケンジ「うん 気持ちいい」

ミキ「おっきいね(笑)」
ケンジ「おっきいかな おっきいの好き?」
ミキ「うん 好き」
エリちゃんもおっぱいを舐められて喘ぐ。

両手でシゴくエリ。

ケンジ「気持ちいいとこ教えて」
ミキ「気持ちいいとこ? もっと下 もうちょっと下かな あっ そのへんかな 気持ちいい」
後ろは手マン、手前は顔面騎乗。
エリ「どう? おいしい?」
タケシ「おいしい」
それぞれ愉しんでいる感じです。

ミキ「どうなってるかな? 準備万端かな(笑)」
ミキちゃんは手マンで準備OKみたい。
エリ「意外とおっきいじゃーん」
タケシ「そう? そうかな」
短いと言っていたタケシだがデカチンを褒められた。

野球ゲームはエリちゃんが勝ったけど、1点とったからフェラはしてくれると言う。

後ろでは潮を吹かせそうな手マン。手前は手コキとフェラ。
タケシは「やらせて」と、お願いしっぱなし。

エリ「はいっ フフ どう?」
やらせてと言うタケシに素股。

エリ「アタシのこと気持ち良くしてくれたら いいよ」
タケシ「ホント?」
エリ「できる? タケシ君」
タケシ「頑張るよ」
こんな会話をしてる後ろで、大きな声で喘ぐミキ。
エリ「気持ち良さそうなんだけど」
タケシ「えっ」
エリ「気持ち良さそう」
プレッシャーがかかる。

ケンジ「ヤリマンの名が廃るよ」
コンドームを着けた事がないと言うミキにコンドームの着け方を教えるケンジ。
タケシはスカートを脱がすのに手間取って、
エリ「ねー 全部ヘタっぴだね(笑)」

クンニは褒められたタケシ。エリを喘がせます。
後ろでは挿入して激しくピストン。

後ろでガン突きしている間、手マンで気持ち良くなってエリちゃんもやりたそうな顔になってくる。
タケシ「今気持ち良かったでしょ?」
エリ「うん」

エリ「ミキ ゴムとって」
ミキ「いいよ」
ゴムを取ろうとしたら後ろから激しく突かれて、
ミキ「あっ! ダメッ!」
タケシ「ちょっとぉ 今ゴム取ってんだから」

エリ「はいっ」
手際よくコンドームを着けて、ちょっとドヤ顔。

タケシも挿入。
エリ「すごい 奥まで来る もっと 奥っ 気持ちいいっ」
後ろはバックでガン突きした後にクンニ。

ミキちゃんは騎乗位。
エリ「イっちゃう! イっちゃう! あぁ イっちゃう! あぁイクッ!」
タケシはエリをイカせた。

エリ「寝て ああいうふうに アタシがやってあげる」
並んで騎乗位。

競うように声を出した後、2人ともイってキス。

また2人ともイク。

エリ「ミキ 交換しない?」
ミキ「交換? いいよ」
パートナーを交換。
エリ「なんかケンジ君のほうが上手そうなんだもん」
ミキ「アハハッ」
タケシ「ちょっとぉ」
ミキ「ゲームもエッチもダメなの?(笑)」

エリ「あぁイっちゃう! あぁイクッ!」
下からの突き上げで期待通りにエリちゃんをイカせるケンジ。
エリ「上手ぅ」

エリ「ビクビクしてる ガマンしてるの?」

エリ「イっちゃうイっちゃうイっちゃう!」
2回イったエリちゃんだが、
エリ「やっぱりタケシ君がいい」
ケンジ「ええっ ホントに?」

エリ「タケシ君のほうが……大きい」
テクニックよりもデカさが大事なようです。

パートナーを戻して正常位とバック。

先にケンジがゴム射。

タケシはバックでエリをイカせてから正常位へ。

エリ「イクーッ イクーッ イクーッ!」
正常位でもイってビクンビクン。

エリ「もうダメッ」
ヤリマンに「全部ヘタっぴ」と言われたタケシ君だが、ヒーヒー言わせる。

エリがヒーヒー言っている前でケンジとミキはイチャイチャ。

タケシもゴム射。
エリ「すごい ビクビクしてる」

精子の量を比べる。
ミキ「同じぐらい? おー 2人ともすごいね」

もうすぐ童貞の友達が来るから筆おろしをしてあげてよと頼むタケシ。「童貞君(笑)」と笑われるがヤリマンなので「楽しそう」と合意。

シーン2

シーン1の終わりから30分後、童貞のカズオがやって来た。
エリ「童貞のチンポ見してよ」
タケシ「カズオ 早くお前も大人になれよ」

ミキ「さっそく脱がしちゃお じゃん おっ ちょっとおっきくなってんじゃない でも」
エリ「なんか皮被ってる 皮被ってるよー」
ケンジ「臭そう」
タケシ「包茎だぜ 包茎」
臭いを嗅ぐエリ。
エリ「うわー 臭い!」
タケシ「お前 皮も剥けてねぇのかよ」
童貞だけでなく包茎も馬鹿にされる。

包茎を馬鹿にしてたら勃起したのでコンドームを着けて挿入しようとするが、
エリ「なんか入んない」

挿入は失敗し、
ミキ「勃たせてあげるよ」
フェラ。
カズオ「タケシ! ちょっと! なにこれっ」

カズオ「勃ってきました」
エリ「勃ってきた?」
カズオ「あっ! ちょ! ああっ!」
ミキ「んんっ!?」
口内で暴発。

エリ「えっ!? どうしたの? イっちゃったの?」
カズオ「すいません 出ちゃいました」
エリ「出ちゃったの?」
ミキ「出た」
タケシ「えっ!? マジで? カズオー」
ケンジ「何しに来たんだよ」
エリ「童貞卒業するんじゃなかったの?」
ミキ「早いよまだー」

シーン3

いきなり南梨央奈がバックで喘いでいるところから。
ナオミ「気持ちいいっ 待って ヤバイヤバイッ ヤバイって」

ナオミ「あっ イック!」
タケシ「俺もヤバイ」
仲良くイった。

ナオミ「溜まりすぎじゃない?(笑)」

ナオミ「お掃除してあげる まだ硬い(笑) まだ硬いよ」
ここで童貞の友達を呼んだと言うタケシ。
ナオミ「童貞 超ヤリたい」

ナオミ「その友達とさ 3Pとかしちゃう?」
タケシ「3P?」
ナオミ「だって まだいけるっしょ? 超勃ってるし」
性欲の塊みたいなナオミ。

フェラしながらエロトーク。
ナオミ「童貞マジ楽しみ マジの童貞なんでしょそいつ?」

タケシ「どう 俺のって?」
ナオミ「超気持ちいい タケシ君のはマジで気持ちいい」
タケシ「ホント? やった俺自信ついちゃった」
ナオミ「まぁでもやっぱ おっきいほうがいいかな」
タケシ「おっきい人ってどれぐらい? 今まで会った中で」
ナオミ「えっ 超デカかった人 どんぐらいだろ?」
タケシ「俺の2倍ぐらい?」
ナオミ「そんなデカいのはないけど もうちょっとデカい」
手で長さを示す。少し屈辱的な隙間だ。
タケシ「超でけぇ」
ナオミ「奥まで入ってきてさぁ」

タケシ「太さは?」
ナオミ「太いほうがいい 細いよりも とりあえずデカいほうがいいって」

友達が来て、
ナオミ「童貞? 童貞?」
童貞じゃないシンジが来て少しがっかりするが、すぐにベタベタするヤリマン。
ナオミ「やろうよ3P」
シンジ「いきなり?」
3Pにこだわるナオミ。シンジは2人でやりたがるが、
ナオミ「2人でアタシのこと気持ち良くしてよー」

キスしながら2人のチンチンを触る。
ナオミ「やっばい おっきくなってる(笑)」

2人で手マン。

性欲丸出しな感じが出ています。

シンジを脱がせて、
ナオミ「あぁすごーい ビンビンだねぇ」
タケシ「もう舐めちゃうんだ」
ナオミ「舐めちゃう ガマンできない 超硬い シンジ君硬い」

手マンで体をクネクネさせながらも咥え込む。
タケシ「超ビチョビチョ」

ナオミ「2つ舐めたい 一緒に舐めたい」

どっちが先に挿入するかジャンケンで決める。

バックから挿入。

バックで突かれながらフェラ。

ナオミ「イっちゃうイっちゃう あぁ イクッ!」
タケシ「ナオミちゃん すぐイっちゃうんだから」
シンジ「もうイっちゃったの?」
ナオミ「イキやすい」

タケシに突かれながらシンジとディープキス。

シンジが挿入。
ナオミ「激しいっ シンジ君激しい」
シンジ「じゃあゆっくりする?」
ナオミ「激しいのがいい」
激しく突かれてフェラできず、そのままイっちゃったナオミちゃん。

対抗意識を燃やしたタケシ。
タケシ「俺のほうが激しいよ」
ナオミ「ホントに激しくできるの?」
背面騎乗位で下から突き上げる。

ナオミ「奥まできてるからっ 奥まできてるっ」
イカせたタケシ。
ナオミ「すごいねタケシ君」

シンジも負けじと対抗意識を燃やしてセックス勝負。
同じ体位でシンジともやってやり比べ。
瞬殺でイカせたシンジ。
タケシ「あれー? 俺より早くイっちゃってないナオミちゃん?」
ナオミ「ごめん 早くイっちゃった(笑)」

負けを認めないタケシの騎乗位。

でも同じ体位でシンジがすぐにイカせる。
タケシ「ナオミちゃん イクの早くねっ!?」
ナオミ「気持ちいい」

タケシ「俺のほうがいいでしょ シンジより」
正常位でタケシが挿入。
タケシ「じゃあ俺 本気出しちゃうよもう」

タケシ「どうだっ すごいっしょ」
シンジのモノを咥えられないほど感じさせるタケシ。

でも、
タケシ「あっ…… ヤバイ 俺のほうがイっちゃった」
激しくしすぎて自分がイっちゃったタケシ。

ナオミ「お掃除は?」
自分からタケシを呼んでお掃除。でもそれを邪魔するように激しく突くシンジ。

ナオミをイカせてからゴム射したシンジ。

ナオミ「スゲー 超出てる」
シンジ「タケシの1回目とどっち出た?」
ここでも勝負する。
ナオミ「えー どっちだろうな? こっちのほうが多いかもしれない」
タケシ「やべー また負けた」
シンジ「よっしゃ勝った」

シーン4

30分後、童貞がやって来た。
ナオミ「ショウタだっけ? え マジ童貞?」
せかせかとズボンを脱ごうとするショウタに、
タケシ「ムード大事にしろよ」
と注意するが、
ナオミ「えっ やっちゃっていいでしょ」
ムードなんて関係なしにやりやいヤリマン。
タケシ「早いよ」
ナオミ「うちらこっちでヤってるから ゲームやってなよ」
用済みの男はお払い箱。

すぐに童貞君を脱がせて、
ナオミ「すごい いいの持ってるね」
いきなりフェラ。

ショウタ「すごい気持ちいいんだけど」
ガクガクするショウタ。
ナオミ「ヤバイ めっちゃデカくなってる 舐めてたらイっちゃうよ 挿れちゃう?」

ナオミ「もう挿れちゃう ショウタ君童貞卒業の巻」
さすが経験豊富なヤリマン。カズオのような暴発が起こる前に挿入の判断。

ナオミ「もうちょっと下 そこそこ そのまま」
正常位で童貞卒業。
ナオミ「入ったし! 入ったし!」
ショウタ「どうやって腰動かす」
ナオミ「落ち着いて落ち着いて」

頑張って腰を振るショウタだが、
シンジ「もっと腰振れよ」
ナオミ「振って」

でもわずか数秒で、
ショウタ「あっ 出ちゃう」
タケシ「ウソだっ!」
ショウタ「あっ……」
ナオミ「え? え?」
タケシ「は!?」
ナオミ「なになに(笑)」
ショウタ「出ちゃった……」
シンジ「ウソだろ」
ナオミ「はっや(笑)」

ナオミ「めっちゃ出てる 色 白っ(笑)」
瞬殺で楽しそうなナオミちゃん。
ナオミ「早いね それにしても」

ショウタ「でも これで童貞じゃないから 挿れたから童貞じゃないよね」
早漏でも勝ち誇るショウタ。
タケシ「お前 なに自慢してんだよ 気持ち悪ぃなぁ」
ナオミ「ウケんだけど 童貞とか」

シンジ「挿入時間30秒とかだよね」
ナオミ「もっと短くない?」
ショウタ「最高っや」
タケシ「お前3回腰動かした?」
ショウタ「3回はいったと思う!」
タケシ「だからお前威張んなって」
ナオミ「アハハハ!」
ショウタ「これで僕 もう彼女と付き合える感じなんですかね?」
ナオミ・タケシ「は?」

童貞じゃなくなって興味も失われたショウタは帰される。
ナオミ「バイバーイ お疲れー」

ナオミ「入ってたけど 早すぎてわかんなかった」
ナオミ「気持ち良くはなかったかな(笑)」

シーン5

タケシとサオリ(紺野ひかる)がゲームしながらトークした後にセックス。

背面騎乗位→騎乗位→バック→正常位でイカせまくってからゴム射。

もう1回やりたがるサオリ、友達を呼んだから待っててというタケシ。
タケシ「待ってて」
サオリ「待てない」
駄々をこねる姿がかわいい。

シーン6

童貞のマサル。
サオリ「ホントに童貞なの?」
このマサル君は他の出演者とは違って素人みたい。芝居の台詞も1人だけ堅い。
タケシ「お前も男になれよ」
サオリ「男になれよっ」

サオリ「風俗とかもないの?」
マサル「風俗とかもないです」
サオリ「ガチ童貞!? ヤバッ」
すぐに脱がすサオリにつっこみを入れるタケシだが、
サオリ「ダメ? いいよいいよ」

サオリ「待って 触られた事もないの?」
マサル「ないです」
サオリ「自分でしか? かわいそうなオチンチン オチンチンが泣いてるよ」

フェラ。
タケシ「マサル チンコがはちきれそうじゃん」
マサル「勃ってきちゃった」
サオリ「すごいビンビンだよ もう」

正常位で挿入へ。
サオリ「柔らかくなってきちゃったね 緊張してる?」
シゴいてくれるサオリちゃん。この男優は経験が浅くて素人に近いのだろうか、他の童貞役とはやっぱり違いますね。挿入直前でガチ萎えなんて、本物の童貞みたい。

サオリ「じゃあ 挿れよっか ここだよマンコ」
挿入成功。
サオリ「ゆっくりでいいからね」

でもやっぱり、
マサル「あ……」
サオリ「え?……どうしたの?」
マサル「あ ちょっと で 出ちゃいました」
サオリ「出ちゃいました? 早っ」

シーン7

さっきの続き。童貞のカズオも呼んでいるので待ってもらう。
サオリ「じゃあ 童貞なら もうちょっとだけ待つ」

カズオが来ると、
マサル「よぉーカズゥ お前まだ子供なんだろ」
カズオ「マサル君だって子供だろ」
マサル「俺もう大人になったから」
調子に乗ったマサル。
マサル「カズ お先にっ」

1人とり残されて焦るカズオを救済するサオリ。
タケシ「相変わらず皮被りの汚ねーチンチンだな」
サオリ「アハハッ」
カズオ「そんな事言わないでよ」
サオリ「ほらちゃんと剥いてあげるから」

フェラ。
タケシ「あぁあぁ うるせぇ」

正常位で挿入しようとするが、
カズオ「タケシ君 あれ チンコが柔らかくなってきちゃった」
タケシ「あーあー」
サオリ「仕方ないなぁ もっかいフェラしてあげるからぁ」

でも、
カズオ「あっ ダメだっ! あっ!」
フェラで暴発というオチ。
タケシ「おい カズオ」

サオリ「なに勝手に出してんの」

ここでマサルが、
マサル「サオリ もう1回やろうぜ」
サオリ「は? やらないから」

シーン8

タケシのセックスシーンから。

童貞君が呼ばれて正常位でゴム射。

またムラムラしたタケシがセックス。

感想

こういう企画では女優がパッとしない事が多いのですが、当たり前のように単体女優が出ていて豪華でした。ドラマ作りも丁寧で見どころも多かった。
最初の4Pではタケシのテクに不満だったなつめ愛莉がケンジとやりたがるが、やっぱり大きいタケシのほうに戻るのが良かった。
南梨央奈の3Pでは、タケシとシンジが競い合ってセックスするのが面白かったです。南梨央奈のヤリマンキャラもハマってた。早漏に対するリアクションも良かったです。
紺野ひかるはワガママでかわいいキャラが良かった。最初の童貞役は素人丸出しの芝居で、ガチの素人に近い男優なのかと思った。
基本的にはヤリマンがヤリチンとセックスしてイキまくった後に童貞君と絡んで早漏でフィニッシュする展開。ドラマなのでリアルな早漏ではありませんが、ヤリマンのキャラがしっかり立っていて、耐えられない童貞君の感じがよく出ていた。 エロトークも長く撮ってあるので、デカチントークなどもあって面白かった。
ドラマの完成度と展開、女優、ボリューム(210分)など総合的に満足度が高かった。
収録時間:210分 (HD版:210分)
監督:まちるだ
メーカー:お夜食カンパニー/妄想族
レーベル:お夜食カンパニー

FANZA 超かわいいヤリマンゲット!マジで!?来れるヤツ集合!特に童貞君!!行く行く!絶対行く!

関連記事

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • BFファン
    • 2015年 9月 29日

    こんにちは、先日は「痴女仕置人」を記事で書いて頂き、ありがとうございました。
    ついでにもう1つご紹介しようと思うので、もしまた気に入られたら、記事にしてみて下さい★
    「痴女地獄 夏目ナナ」という作品です。
    基本どの話も、M男が一方的に犯されるというありがちなものですが、
    5番目のトイレでのやり取りは、結構良いと思います。
    女優から犯しには行くのは一緒ですが、男優の方も応戦します。
    全体的に女優の方が押してる感がありますし、特に前半は、
    男「なめてえんだろ?」女「何言ってんの?なめて欲しいんでしょ。」
    女「情けない声出してんじゃないわよ。」男「うるせえよ・・・!」
    女「くわえて欲しいんでしょ?」男「お前がなめてえんだろ」
    と言った台詞もあるので、「お前素直になれよ。」的な、闘ってる感はあると思います。

    • テングさん
    • 2015年 9月 29日

    ありがとうございます。慢性的なネタ不足ですので大変助かります。10/4に感想をアップする予定です。
    夏目ナナ、良いですねぇ。

    • 774
    • 2015年 10月 03日

    もし良ければ、
    童貞哀歌 Virgin Elegy ~童貞喪失ドキュメント~
    って動画のレビューを書いてもらえませんか?
    気になるのですが、一風変わってそうなもので…
    あと、昔あったマンガの記事もほしいです。
    きいって同人作家さんとか、このブログにあってるかと思います!

    • テングさん
    • 2015年 10月 04日

    『童貞哀歌 Virgin Elegy ~童貞喪失ドキュメント~』紹介ページを見たら興味深い内容だったので見てみたいと思いました。面白かったらレビューを書きたいと思います。
    漫画も好きですが、漫画はブログ運営元からNGもらったので残念ながらここではできないです。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top