短小チンポを励ますはずが「やっぱり ちっちゃいチンポじゃ満足できなかったから(笑)」という穂高ゆうき

シーン1では短小が悩みという男に「短小でも気持ちの良いセックスができる」と言って、励まし系のカラミと思いきや、チンコを見たら思わず笑っちゃってフォローの言葉も出てこずに「ちっちゃい」と素直に認めてしまう。セックスでも短小男が先にイって満足できず「やっぱり ちっちゃいチンポじゃ満足できなかったから(笑) これを使えば満足できると思うんだ」と言ってディルドーでイっちゃう。
シーン2ではS男と絡んで、S男vsS女という構図になり、「こんなもん? これでS?」と、お互い意地を張り合う勝負っぽいセックスをしてます。>>感想
(FANZA コンプレックス改善プロジェクト アナタでめちゃくちゃ気持ちよくなってイキまくってあげる 穂高ゆうき)

シーン1

短小が悩みと言うベテラン男優の奥和愛。
穂高ゆうき「悩みのモノを見せてもらえます?」
男優がチンチンを出すと、
穂高ゆうき「フフフフフ そう(笑) そう そうね…… たしかに……ちっちゃい……かな(笑)」
フォローできないサイズのようで、素直に笑ってしまう。
穂高ゆうき「でも まぁ……」
なにかフォローしそうだが、
穂高ゆうき「……ちっちゃい ちっちゃいわ アハハ」
無理でした。
男優「ちっちゃいですか」
穂高ゆうき「ちっちゃいねこれ これはちょっとちっちゃいなー」

穂高ゆうき「平均以下かな(笑)」
男優「以下ですか……」
穂高ゆうき「フフフ」
男の深刻な悩みを笑いながら責める。平均と比べる責め方もいい。
穂高ゆうき「そっかぁ この小ささじゃな……」
しみじみ言って追い打ち。

ブサイクが悩みと言う男優。
穂高ゆうき「顔はね これで(笑) これで全然ブサイクじゃない(笑)」
どんでもない解決方法を持ち出す。

フェラ。
穂高ゆうき「ちっちゃいのはね 舐めやすい」
穂高ゆうき「ほら 竿舐めながら玉まで舐められる」
褒めてるようで馬鹿している。

ソファに寝かせてフェラ。

素股。
穂高ゆうき「ちっちゃくても こすってるのは気持ちいい」

おっぱいで攻めて、
穂高ゆうき「何が当たっているでしょう?」

再び素股。
穂高ゆうき「チンポちっちゃいから ちょうどクリトリスに上手くこすれてるよ」
男優「ちっちゃいからですか」
穂高ゆうき「ちっちゃいから ちっちゃいのもいい事あるんじゃない」

穂高ゆうき「あぁもうイっちゃう あっ あぁダメイクッ」
素股でイって、
穂高ゆうき「あぁ気持ちいい……」
息を切らして休み、
穂高ゆうき「イっちゃった チンポちっちゃいけどイっちゃった」

穂高ゆうき「ちっちゃいの挿れてみちゃおっかなー」
コンドームを着ける。
穂高ゆうき「試してみますね」

背面騎乗位。天然のおっぱいが良い感じで揺れる。

穂高ゆうき「ダメだわ やっぱりちっちゃくて奧まで当たらない」
ということで深く挿入できる松葉崩しに変更。
かなり股間の密着感が感じられる。
穂高ゆうき「見えないのに上手ね これならちっちゃいけど奥に入るから」
穂高ゆうき「ちっちゃいけど いいとこに当たって……」
穂高ゆうき「わかる? 奥に当たってるのわかる? ここまで当たったことないでしょ」
ここは真面目な短小とのセックスの仕方。

穂高ゆうき「あぁ気持ちいい あぁイっちゃうそう あぁイっちゃうぅ 気持ちいい」
イキそうになって自分でクリトリスをいじりはじめる。

男優「あっ あっ……」
動きが止まり、
穂高ゆうき「あれ もしかしてイっちゃったの?」
男優「イっちゃいました」
穂高ゆうき「イっちゃったの?(笑)」

穂高ゆうき「ちょっとぉー 私イケなかった ウフフフ イっちゃったの(笑)」
発射を笑うのが良いです。

穂高ゆうき「先にイっちゃったでしょ(笑) 紙袋つけてたくせに ちょっと 自分だけイっちゃうなんて」
精子を見せられて早漏を責められる。

穂高ゆうき「やっぱり ちっちゃいチンポじゃ満足できなかったから(笑) これを使えば満足できると思うんだ」
短小君の悩みは無視してディルドーを持ち出す。

男優にディルドーを咥えさせて挿入。男優からすれば短小チンポで満足させる事が出来なくて、これをやらされるところが屈辱的。

穂高ゆうき「これを使えば ブサイクでも ちっちゃいチンポでも 満足させられるんじゃないかな」

そのままイっちゃいます。
短小チンポを根元まで挿入して腰振ってもダメなのに、大きいとすぐイっちゃう。

シーン2

嫌われ者のS男という設定の久保田裕也。
穂高ゆうき「じゃあやりたい事 全部やっていいよ」
久保田「いいんだな ホントに」
穂高ゆうき「どうぞ」

久保田「どうだいいだろ? 犯されてるみたいで興奮するだろ?」
穂高ゆうき「もっと もっと そんなんでいいの?」
乱暴な攻めにも余裕の対応。

穂高ゆうき「こんなもん? これでS?」
久保田「乳首勃ってんじゃねえかよ お前だって感じてんだろ」
穂高ゆうき「でもまだまだ」

穂高ゆうき「もっと感じさせてくれないと ホントにSって言える?」
久保田「うるせぇ」
煽る穂高ゆうきと必死な久保田。

穂高ゆうき「でも 自分だって乳首さわられたら感じるんでしょ」
久保田「やめろよ」
攻守交代。
穂高ゆうき「ほら アハハ 抵抗しないし アハハハ」
穂高ゆうき「さっきも感じてたんだね」
久保田「感じてねーよ」
穂高ゆうき「縛られて」
久保田「感じてねーよ」
穂高ゆうき「意外とMなんじゃない?」

穂高ゆうき「Sって言ったくせに 下になって感じてんでしょ」
久保田「感じてねーよ 勃ってんじゃねーか そっちだって」
おっぱいを攻める久保田。激しい攻めに喘いで感じる穂高ゆうき。
久保田「感じて声出てるじゃん」
久保田もやられっぱなしではなく、S男vsS女という感じの攻防。

久保田「乳首勃ってるよすごい」
穂高ゆうき「自分だってチンポ勃ってるくせに」

久保田「興奮してんだろ つままれて」
穂高ゆうき「自分だって気持ちいいんでしょ?」

お尻をパンパン叩いて、
久保田「ケツの穴 舐めてやろうか」
穂高ゆうき「そんなんで満足すると思ってるの? ねぇ Sって言うならもっとできるでしょ?」

尻を激しく叩いてもアナルを舐めても通用しない。
久保田「じゃあこれはどうだよ」
指を挿入すると思わず、
穂高ゆうき「あぁん気持ちいいっ」
久保田「気持ちいいって言っただろ今 変態だねあんたも」
嬉しそうな久保田。

穂高ゆうき「もっと かき回して」
久保田「かき回すのか ケツの穴だぞ 大丈夫かおい」
穂高ゆうき「したことないの? 初めて? Sっていうくせに?」
久保田「うるせぇーな 感じてるくせに 偉そうな事言いやがって」

クンニ。
穂高ゆうき「それで精一杯?」
穂高ゆうき「もっと出来るでしょ?」
とは言いつつ喘いでいます。
穂高ゆうき「ちょっとSっぽくなってきた ウフフ」

手マン。
穂高ゆうき「そこじゃないよ」
久保田「どこなんだよじゃあ」
穂高ゆうき「もっと上 わかんないの? ホントに女の体さわったことある?」

馬鹿にするように久保田を煽っていたが、激しい手マンで潮を吹いちゃう穂高ゆうき。男を馬鹿にして煽っている前置きがあるから、潮を吹かされる場面も普通の潮吹きとは違う感覚で見られる。ワンサイドゲームじゃない展開が面白い。
穂高ゆうき「出ちゃった……」

フェラ。
穂高ゆうき「勃ってきたよ 大の字に寝て 好きにしゃぶられて勃ってんじゃん(笑)」
久保田「うるせぇ」
久保田は無理矢理しゃぶらせたいと言っていたので、マグロ状態でしゃぶられて勃起している事は屈辱的なのだ。

イラマチオで自分のペースに持ち込む久保田。
久保田「奧まで突っ込んでやる」

穂高ゆうき「こんなもん?」
久保田「あぁ? 鳥肌たってるぞ 興奮してんじゃないか」

いよいよ挿入へ。

挿入してすぐに喘いで感じる穂高ゆうき。
穂高ゆうき「気持ちいいっ」
久保田「感じてんじゃねーか 人のこと馬鹿にしておきながら感じてんじゃねーかよ」
ここの感じ方は良かったです。生意気言ってたS女がアンアン言わされている。

騎乗位。
穂高ゆうき「あぁイっちゃいそう」

穂高ゆうき「ねぇ さっき言ってたよね 首絞めたいって」
逆に首を絞める穂高ゆうき。

穂高ゆうき「ねぇ 首絞めたいんじゃないの? やったことないんでしょ?」
挑発する穂高ゆうき。
久保田「あるよ あるって」

首絞めで正常位。

最後は顔射。

久保田「どうだったんだよ」
穂高ゆうき「気持ちかったよ」
ノーサイドの精神で終わる。

シーン3

3人目は早漏。エッチな恰好で誘惑しながらトーク。

トークの時点で勃起しており、さわると敏感に反応するチンチン。

穂高ゆうき「チンチン反応してる」

おっぱいを当てながら乳首舐め。

チンチンを避けて体を舐める。

穂高ゆうき「イっちゃうから挿れられないよ」
ということで素股。
穂高ゆうき「ほらぁ ガマンしないと挿れられないよ」
男「あっあっあっ イっちゃいそう! あイクッイクッイクッ」
穂高ゆうき「え?」
 ドピュ

カット後の発射なのでリアルな早漏ではありません。
穂高ゆうき「えーーー…… ホントぉー? うそー フフフフ えー だって手で一度もさわってないのに」

チンポじゃ満足させられないならクンニで。
穂高ゆうき「下で満足させられないんでしょー ちゃんと舐めて」
穂高ゆうき「もっと舌使って」
穂高ゆうき「これで満足させられなかったら もう誰ともエッチなんてできないよー」

穂高ゆうき「チンチン挿れられなかった代わりに 中に指挿れて」

最後はクンニと手マンでイカせる。
穂高ゆうき「イっちゃった」
男「イ イ イ イカせられた?」

穂高ゆうき「オチンチンはダメかもしれないけど(笑) でもオチンチンじゃなくても女の子 喜ばせられるから」

シーン4

4人目は敏感すぎる男。
穂高ゆうき「女の子みたいに声出ちゃうの?」

穂高ゆうきが敏感男を女扱いして攻めるシチュエーション。

最後は正常位からおっぱいに射精。

感想

シーン1の短小なぶりと、シーン2のS女vsS男のセックス勝負みたいなシチュエーションが面白かった。

男優の奥和愛は勃起時13cmらしいので普通サイズなわけですが、小さいことに対して穂高ゆうきが笑っちゃって、フォローできずに「ちっちゃい」と認めちゃうリアクションが良かった。無理して慰めるのではなく「ダメだわ やっぱりちっちゃくて奧まで当たらない」と言って松葉崩しに変えたり、短小と認めたうえで向き合っているのが良い。男が先にイっちゃって、やっぱり短小じゃ満足できないっていう展開も面白かったです。

シーン2のカラミは、意地の張り合いみたいでイカせ合いみたいな勝負っぽさがあって良かった。男優の久保田さんはシーン1の男優と変わらないくらいのサイズですが、それでもイカせて短小でも満足させられるところを見せていた。

穂高ゆうきはプロポーションのバランスが良いですね。身長164cmで3サイズはB90 W60 H88とのこと。様々なパターンでの言葉責めがありますが、コメント力も高かった。

価格改定によって300~980円になりました。

収録時間:118分(HD版:118分)
出演者:穂高ゆうき
監督:ドラゴン西川
メーカー:痴女ヘブン
レーベル:美

FANZA コンプレックス改善プロジェクト アナタでめちゃくちゃ気持ちよくなってイキまくってあげる 穂高ゆうき

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top