【VR】悪の女幹部に責められる5,400円のVR作品「あっけなく すぐ射精しちゃうのね」

5,400円という価格が目を引くVR作品。悪の女幹部に捕まったヒーロー戦隊のレッドが基地の場所を吐かせるために性的な責めを受ける内容。ニッチなジャンルかと思いきや、女に責められる系の作品として広く薦められるような内容でした。2発目は罵られながらも中出しをしてしまいと「あら あーあー こんなビクビクして あっけなく すぐ射精しちゃうのね」と早漏扱いでヒーローの形無し。>>感想
(FANZA 【VR】悪の女幹部ガーベラ ヒーロー凌辱)

パート1

自分はヒーロースーツを着て仰向け、それを仁王立ちして見下ろすガーベラ。
ガーベラ「フフフ 随分と情けない姿ね アナタそれでもパーフェクトレンジャーのヒーローなの? ねぇ レッド リーダーともあろう人が こんなにあっけなくやられるなんて」
キャラクターの説明的なセリフ。ガーベラにあっけなくやられたみたいです。
画質は現行基準で普通です。現行基準は全体的に質が高いので、普通レベルなら十分良い。
縮尺は大きめで紺野ひかるが185cmくらいありそう。ただ、これはむしろ良い効果がある。セクシーな悪の幹部として威圧感やボディの迫力が生まれている。
衣装が良いです。全体的なレザーの質感やテカり具合も良いですが、特に股間。微妙な凹凸の表現も高画質3D VRならでは。キツめにフィットしていてハミ出た太腿も良い具合。全身をマジマジと見ているだけで興奮度と満足度が高い。

ガーベラ「どう? 今の気持ちは ……このガーベラ様が質問してあげてるんでしょ 答えなさいよ!」
 バシッ!
拳を股間に叩きつける。そのまま圧し潰すようにグリグリと。

ガーベラ「答える気になったかしら ふーん それでも答えないの まぁいいわ アナタがその気なら 私がたーっぷりレッドをかわいがってあげる フフフ 覚悟なさい」
立ち上がって
 グシッ!
ヒールの高いブーツで股間を踏む。さすがに踏み方に遠慮が感じられるけど効果音でそれっぽくごまかしています。
踏んでグリグリ。ここもブーツの質感が良いですし、グリグリしている脚の動きも良い。SMもVRは強すぎるなという印象。

股間を圧し潰す足をどけようと手を伸ばすと蹴り払われる。この払い方はスピードがあって良い迫力。そしてエロさもある。
ガーベラ「まだ抵抗する力が残っていたの? いいじゃない アナタのこの……」
 グシッ!
また股間を踏んでグリグリ。
ガーベラ「くっさいチンポがどうなろうと どうせアナタみたいな弱虫には使い道もないんだから」
チンポの使い道がないと言われる屈辱。
ガーベラ「ほらほら もっとその苦しそうな表情見せてごらん」

ガーベラ「本当は もっと踏んでほしいんじゃないの? ほらっ!」
踏みつけてグリグリ。
ガーベラ「あぁそうよ その表情 いいわ」
チンポを痛めつけて嬉しそうなサドっぷりが怖い。
踏んだりグリグリしている時の下半身を見ているだけで68分持ちそう。

ガーベラ「さぁ そろそろ本題に入ろうかしら アナタたちの基地の場所を吐きなさい ……ふーん そう 言わないつもり?」
ここでニヤッとするのが怖い。
ガーベラ「じゃあどうなるか わかってるわよね こうよ!
 グシッ
力強く股間を踏みつけ。
ガーベラ「吐くまでずっとアナタのチンポ痛めつけてあげるわ」
足をつかんでどけようとするレッドだけど力負け。さらに蹴り払われる。女幹部に手も足も出ない無力さも屈辱的。
ガーベラ「ほら 痛いでしょう? 正直に基地の場所を教えたら アナタの命だけは助けてあげるわ どうするの? 美しいガーベラ様に言ってごらんなさい」
股間を痛めつけてから股間の上に座って顔を近づける。
近づくと、より鮮明に見えるので衣装や肌の質感が伝わる。仁王立ちの時に見たあの股間が自分のチンポの上に乗っかっている感覚が凄い。
ガーベラ「そう 絶対に口を割らないつもりね それなら これはどうかしら」
 ギュウウッ
乳首を握りつぶすようにつまむ。
ガーベラ「ほら 早く言ったほうが楽になるわよ スーツの上からでも アナタの乳首がビンビンに勃起しているのがわかるわ 変態ヒーローさん もしかして このガーベラ様に弄ばれて喜んでいるのかしら ねぇ こんなモノ取れちゃってもいいわよね 別に必要ないわよねアナタには ほら いくわよ……」
乳首を引きちぎるという脅しから、ギュウウッと握る。
ガーベラ「あぁいいわ その表情 もっと見せて ほら」
苦しむ表情を顔を近づけて嬉しそうに見てくる。

ガーベラ「こんなリーダーの姿 アナタたちの仲間が見たら どう思うんでしょうね 恥ずかしい恰好して 震えて喜んでるんじゃないのアナタ?」
腕を押さえようとすると払いのけられて、
ガーベラ「気安く私に触らないで もっといい声で鳴きなさいほらっ」
乳首を握って痛めつけて、
ガーベラ「そう ここまでされても言わないのね それならそうで こっちにも考えがあるわ 覚悟しなさい」
顔の上で仁王立ち。やっぱり見上げた時の下半身が良いです。
ここで暗転します。

暗転後、不穏なBGMが流れて、
ガーベラ「お前の精神が汚れていくの しっかり見届けてやるからね」
座ってチンポの周りを指でサワサワ。
ガーベラ「どうした? そんなに体をビクビクさせて」
と優しく言った後に豹変してチンポを握りつぶす。
ガーベラ「痛いか? 苦しいのか? フフフ それとも喜んでいるんじゃないでしょうね」

 バシッ バシッ バシッ バシッ バシッ バシッ バシッ
チンポに往復ビンタ7発。
ガーベラ「こんな正義のヒーローともあろう者が チンポなぶられて 体ビクつかせて アハッ 恥ずかしくないの?」
ビンタの後にチンポを握りますが、先ほどと違って明らかに勃起しているのがわかる。
ガーベラ「どうしてかしらね? チンポなぶられて アナタ 今 自分のチンポがどうなってるのかわかってる? ほら よーく見てみなさい スーツの上からでもはっきりとわかるわよ アナタのくされチンポが 勃起してるの」
スーツの上から押さえて、勃起したチンポの形をはっきりと見せつける。
ガーベラ「どういうことかしらね?」
踏まれたり叩かれたりしただけなのに勃起してしまったというヒーローにあるまじき情けなさ。それの見せつけ方も上手い。

竿をつかんで持ち上げる。
ガーベラ「ほら こんなに硬くして 敗北してもまだなお ここだけは元気なのね フフ 情けない フフフ」
馬鹿にするような笑いも良いです。股間をサワサワし続ける。
ガーベラ「すっごく熱い 仕方ないわね こんなにも美しいガーベラ様にオチンポしごかれてるんだもの 例えアナタがヒーローだったとしても フフ 所詮その辺の男と変わらないわね」
ヒーローがその辺の男と同じ扱いというのも屈辱的。

股間を触った手の臭いを嗅いで、
ガーベラ「あぁすっごい臭い なんて強烈な臭いなの」
股間を直接嗅いで、
ガーベラ「スーツ越しでも あぁチンポから いやらしい臭いと蒸れた臭い それに何かしら この香り アナタもしかして いやらしい汁でも垂らしてるんじゃないの? すっごい臭い」

ガーベラ「そう そんなにガーベラ様になぶられたいのね」
右足のブーツの裏で竿を擦る。
ガーベラ「じゃあ お望み通り」
両足で構える。ヒールでチンポを潰されそうな怖さがあります。
ガーベラ「もっともっといたぶってあげる 腰が動いてるわよ」
ヒールで竿の形をはっきり見せる足コキ。
ガーベラ「はっきりとアナタの汚ぁいチンポが ほら こんなに形がはっきりわかる ヒーローのくせに こんなに足でチンポしごかれて感じちゃうなんて アナタにプライドってものはないわけ? いいわよ もっとプライド捨てなさい」
ブーツのテカテカ具合が良いです。
ガーベラ「もっと見して どうしたの? そんなに強く拳を握って 出そうなのを耐えてるのかしら それとも 屈辱的でこらえてるのかしら」
嬉しそうに煽ってくる。マスクがズレちゃっているのが気になりますけどね。

チンポの上に座ってグリグリ擦る。
ガーベラ「アナタのいきり立ったチンポ 私のここに しっかりと当たってるわよ ほらぁ 何? そんな顔で見て やめてほしいの? やめてほしかったら さっさと基地の場所 吐きなさい」
やっぱりこの距離で見るボディと衣装が素晴らしい。悪の女幹部様の股間で擦られる有難味もある。

ガーベラ「吐いたほうが楽になるわよ それとも このガーベラ様にいじめられたくて わざと言わないのかしら フフフ ヒーローのくせに卑怯ね」
と言って嬉しそうに激しく股間を擦り合わせる。
股間を擦られて画面がモヤモヤっとして意識が遠のく演出でパート1終了。

パート2

目を覚まさせる。パートの区切りの演出がしっかりしている。
ガーベラ「気持ち良すぎて気絶したか? まだまだこんなものじゃ終わらないからな 覚悟しとけよ」
反転して、お尻を向けてグリグリ。
ガーベラ「貴様の大好きなオマンコだ」
圧し潰すようにグリグリ。
ガーベラ「貴様のチンポがドクドクドクドク脈打ってるのが ひしひしと伝わってくるわ」
お尻の具合も最高。キツめにフィットした衣装から尻肉がハミ出ちゃっています。
ガーベラ「もっとしてほしいんだろう このガーベラ様に」
ナルシストキャラみたいですね。「このガーベラ様」「美しいガーベラ様」は口癖みたい。
ガーベラ「そう いい もっとその目 そう その目を見して」
レッドの表情を見て興奮している。

ガーベラ「正義のヒーローなのに こーんなに硬くして いや 貴様はもう正義のヒーローなどではないな ただの性欲の塊だ」
ここで衣装が少し開いておっぱいが見えますが、すぐに自分で衣装を押さえて隠し、
ガーベラ「見たいか? 私の体」
衣装の上からおっぱいを揉んで見せつけて焦らす。

ガーベラ「こっちは素直なのに 素直に『おっぱい見たい』って言ったほうが楽になるんじゃないか? ほら」
衣装を開いておっぱいを見せる。
シチュエーションがしっかりしているから、本物の悪の女幹部のおっぱいを拝める有難味がある。
ガーベラ「これが女の体よ」

ガーベラ「触りたいんだろ」
抵抗を見せるレッドの手を引っ張り、
ガーベラ「いつまでガマンできるかしらねぇ」
 ワシッ
おっぱいを揉ませる。
ガーベラ「いいわね その欲望に負けた時の屈辱的な顔 あぁたまらない」
勝ち誇った笑顔。ナルシストだから、相手を堕として興奮している感じ。
ガーベラ「欲望のままに ほら おっぱい揉みなさい」

ガーベラが手を離してからも揉み続けて、
ガーベラ「そんなに手を動かして さっきまでの威勢はどこに行ったのかしらねぇ どう? 柔らかくて気持ちいいでしょう 一度私の体を味わったら アナタはもうガーベラ様の虜よ フフフ あらあら そんなにヨダレまで垂らしちゃって そんなに私の体がいいかしら」

ガーベラ「じゃあアナタにもっと私の体見してあげる」
反転してお尻を近づける。
ガーベラ「じっくり眺めなさい 私のキレイなお尻を」
至近距離で見る衣装とお尻はヤバすぎる。どちらも鮮明で質感が本物そのもの。まさに、そこに本物がある感じ。マン肉や尻肉のハミ出しっぷりも良いです。

ガーベラ「私のお尻を触りたいのね フフ ガマンしなくていいのよ レッド」
誘惑に負けてお尻をモミモミ。揉むことによって肉の乗りっぷりが強調される。
ガーベラ「いいわね 段々素直になってきてる」

ガーベラ「どうかしら そろそろ基地の場所を言う気になった? ……ふーん そう まぁいいわ 言わないのなら アナタにその口は必要ないわね」
今度は対面して股間をぶつけるほど近づける。
ここも凄まじかった。仁王立ちの時に離れて見てもインパクトの強かった股間が舌の届く距離にある。高画質3D VRで本物がそこにある凄さで。

ガーベラ「ガーベラ様のオマンコで その口を塞いであげる」
剃り残しなくキレイに剃っているかと思いきや、クンニできる距離で見ると少しだけ毛が見える。
VRでクンニだと大抵はモザイクが目立ってあまり良い画にはならないですが、レザーの衣装ならモザイクを使う必要もなく、匂い立つほどの距離で堪能できる。微妙な凹凸でマンコの形も想像させられる。
グイグイと股間を押しつけてくる。
ガーベラ「言わないのなら アナタの口をこのまま塞いで 殺しちゃおうかしら」

ガーベラ「そう これでも言わないつもりね 正義のヒーロー最大のタブーを犯しちゃいましょうか 自分の目でしっかり見届けなさい!」
脅して股間を力強く握り、

暗転後にビリッとスーツの股間部分が破られてレッドのチンコが露わになる。
しかし、暗転後の映像には問題があり、照明が強くなって全体の色味も薄くなって平坦な印象を与える画になっている。ここまでは衣装や肌の質感が素晴らしくて、主観的に見て本物がそこにいる感じだったのに、急に客観的な映像という印象が強くなってしまった。

慌てて股間を隠すレッド。
この状況でも、まだチンポを見られたくないと言う心理を見せる事で羞恥心が伝わる。

ガーベラ「フフフフフ」
チンポを隠すレッドの手を軽々とのけて、勝ち誇った笑み。
シンプルにチンポを見られる恥ずかしさと屈辱を感じる。
ガーベラ「これで言い逃れできないわね こんなにチンポ 勃起させてるんだもの」

チンポを握って持ち上げ、
ガーベラ「アナタ本当にヒーロー? こんな恥ずかしい姿 市民のみんなが見たら どう思うかしらねぇ こんな情けない恰好 本当に世界なんて守れるのかしら あははははっ」
手コキをしながら目を剥いて煽るのが狂気じみていて良いです。
ガーベラ「いいわねぇ もっとビクビクしなさい 気持ちいいんでしょう? ほら いい表情 あぁたまんない」

激しい手コキでレッドが手をプルプルさせながら近づけると、
ガーベラ「何その手? やめてほしいわけ? そうは見えないけど このチンポは すっごく触ってほしそうにしてるわよ」
レッドの手をパシッと払いのける。
それにしても悪の女幹部のキャラにハマっています。睨む姿もエロカッコいい。

イカせるような激しい手コキから急にストップして、
ガーベラ「アナタ 今イキそうになってたわよね?」
と笑顔で言ってから、
ガーベラ「イカせてくれるとでも思った?」
怖い表情に変わる。演技も上手です。
ガーベラ「フッ 馬鹿じゃないの アナタが秘密を言うまで ずっと こうやって何回も何回も寸止めして地獄を味あわせてあげるわ」
再びイカせるような手コキ。
ガーベラ「苦しい? 苦しいわよね あははっ」

ガーベラ「さぁて アナタが秘密を先に言うのか それとも アナタがこの地獄に耐えぬくのか どっちでしょうね」
ブーツでダイレクトに足コキ。
ガーベラ「ほら おとなしくイっちゃいなさいよ 変態ヒーローさん」
ブーツでチンポを蹴る。
ガーベラ「あははっ なんでこんなに足でなぶられて いまだに勃起してるの? 信じられない 本当に変態ね」
射精ガマン勝負みたい。
ブーツで挟んで足コキ。
ガーベラ「どうしたのかしら? あははっ あはははははっ」

ガーベラ「もっとガマンしなさい」
今度はムギュッと太腿に挟まれる。レザーの感触から生肌の感触に変わって気持ち良さそう。
素股みたいに擦る。
ガーベラ「くっさい臭いが充満してきたわ ほらっ フフフ」
激しく擦ってから寸止めで、
ガーベラ「イカせないって言ってるでしょ」

ガーベラ「もっともっと苦しみなさい アナタの大好きなお尻 これを見ながらしごかれて まだガマンできるかしらね」
お尻、太腿はもちろんのこと、ブーツの裏側の質感も良い具合です。素晴らしいものを見ながらしごかれる。
ガーベラ「あぁいいわぁ すっごい さらに硬くなってるわ よくアナタこんなんでヒーローなんて出来てたわね こんな変態なのに ほらガマンしなさいよ」

ガーベラ「もっともっと アナタには地獄を味わってもらうから」
責めている自分に陶酔している笑顔が良いです。
手コキと寸止めで苦しめて、
ガーベラ「すっごい チンポ ビクンビクンいってる イキたかった?」

ガーベラ「出させると思った? あははっ 本当アンタって馬鹿ね」
首を絞められたところでパート2終了。
VRで首を絞められる体験も面白い。

パート3

ガーベラ「お前では私に勝てない 自らのくされチンポが私に弄ばれる様を見ているがいいわ」
首絞めをやめてフェラの体勢で匂いを嗅ぎ、
ガーベラ「すっごい臭い バトルスーツの中で蒸れたチンポが強烈な臭いを放ってるわよ 舐めてほしいのかしら?」
握って息を吹きかけたりして焦らす。
ガーベラ「フフフ いい反応」
いよいよフェラをするかと思いきや激しい手コキで遊び、
ガーベラ「そう簡単に舐めてあげないわよ」

たっぷり焦らされてからフェラ。悪の女幹部にフェラしてもらえるのは特別な有難味がある。
ガーベラ「すっごく気持ち良さそうな顔しちゃって」
ジュルジュルと音を立ててフェラ。
ガーベラ「地球の敵のガーベラ様に オチンポ舐められて興奮してるのかしら そんなんだから私に勝てないのよ フッ 負けて当然ね」
罵ってからさらに激しいフェラへ。

イキそうになったレッドが手を伸ばすが押さえつけられる。
ガーベラ「すっごい口の中でビクビクビクビク いやらしいガマン汁がたくさん出てるわよ ペッ もっと楽しませてちょうだい」
物足りないと言わんばかりに責め続ける。
ガーベラ「本当にみっともないわねアナタ それでもパーフェクトレンジャーのリーダーなの? こんなにチンポおっ勃てて なんで敵にチンポ舐められて感じてるわけ」

フェラで責め立てて、
ガーベラ「きゃはは 悔しい? それとも 気持ち良くて悶えてるの? まだまだこんなんじゃ終わらないから」
体勢を変えて、
ガーベラ「まずはそのうるさい手 この手すっごく邪魔なのよね」
すげぇいい恰好!素晴らしい衣装と体がよく見える。

ガーベラ「私のオマンコ近くで見ながら オチンポ舐められたらどうなっちゃうのかしら この敏感なチンポ」
本当にリアルだったら「どうなっちゃうのかしら」っていうエロさ。この姿を見ながらのフェラ。
ガーベラ「あははっ 出したくてたまらないんでしょ アナタの汚いザーメン」
そしてこの堪えきれないほどの興奮をイジられる。

ガーベラ「何? やめてほしいの? ふーん どうしようかしらねぇ」
と言ってシックスナインの体勢。
素晴らしい尻!衣装が少しペロッとめくれているのも良いです。
ガーベラ「まだやめてあげない」
でもすぐに普通のフェラの体勢に戻る。

ジュボジュボとフェラを続けて、
ガーベラ「んっ んんっ……んっ!?」
反応で口内射精したのがわかる。
口内射精に驚いた後「フフフ」と勝ち誇った笑みで見てくるのが良いです。敗北の屈辱の気持ち良さ。
すぐには口を離さず丁寧に搾り取る。

近づいてレザーグローブに精子を垂らす。
ガーベラ「ほら くっさい精子がたっぷりと出たわよ 正義のヒーローが敵にフェラされて射精しちゃうなんて とんだヒーローね あははっ くっさぁい 獣みたいな臭いするわ」
罵って暗転。

暗転後、ガーベラの股間部分の衣装が開いています。
ガーベラ「さっきあれほどザーメンを出したのに まだチンポをおっ勃ててるなんて 本当に性欲の塊だな 貴様を私専属の豚奴隷にすることを決めたわ この美しいガーベラ様なしでは 生きられないように そうすれば 自ずと基地の場所も吐くでしょ」
視聴していると本当にガーベラ様の虜になりたいほど。
この気持ちのまま騎乗位で挿入してもらえる。
ガーベラ「やめてほしいのか? 本当に心の底からそう思ってる? こんなにチンポいきり勃ててるのに」

亀頭を入口に押し当て、ゆっくりと腰を下ろしていく。
ガーベラ様の穴にチンポを突っ込める至福。
ガーベラ「ほら 醜いチンポが全部私の中に入った 一度この味を占めたら 貴様はもう性欲から逃れる事はできない あははっ どうだ? この美しいガーベラ様のオマンコを堪能してるんだぞ 気持ち良くないのか? 言葉ではそう言っているけど このオマンコの中でヒーローのチンポがどんどん膨張してるわよ」

ガーベラ「感じてるんじゃない いい顔」
ピストンしながら顔舐めするけど、ちょっと遠目に感じてエア顔舐めっぽくもある。
ガーベラ「あぁ美味しい」

少し後ろに倒れてピストンされると、手がプルプルするレッド。
ガーベラ「どうしたのかしら? 私の膣の中で オチンチン ビクビクしてるわよ ほら イキたいの?」
でも寸止め。
ガーベラ「そう簡単にイカせてあげるわけないじゃない」

ガーベラ「よく見なさい アナタのくっさいチンポが この私のオマンコの中に入っているところを」
手を後ろについてM時開脚でピストンからの寸止め。
ガーベラ「そんなにイキたいの? さっきあんなにザーメン出したのに 情けないヒーロー」
反転して背面騎乗位。
ガーベラ「金玉もこんなにパンパンになって いいわねぇ どれだけザーメンが出るか楽しみだわ フフフフッ」
金玉を見られる体勢でもあり、背面騎乗位で結合部を見ちゃうエロさも伝わる。

対面に戻り、
ガーベラ「ほら お願いする気になった? かわいい私の豚奴隷ちゃん」
顔舐めしながら騎乗位。
ガーベラ「イって楽になっちゃいなさいよ 苦しいでしょ こんなにオチンポ パンパンにして 本当にだらしないヒーローね ほら全部搾り取ってあげるわよ」
プルプルするレッドを責め立て、乳首も刺激。
ガーベラ「ほらっ 出しなさいよ」
射精寸前に追い込んだ時の狂気じみた表情。

ガーベラ「早くぅ マゾヒーローさん ……あっ あっ!? フフフッ」
ビクッと反応して中出しをしちゃったのがわかる。
悲壮なBGMが流れます。
ガーベラ「あら あーあー こんなビクビクして あっけなく すぐ射精しちゃうのね」
「あっけなく すぐ射精しちゃうのね」と早漏扱いされるのも良いです。
ガーベラ「本当にアナタって変態でどうしようもない ヒーローね」
腰を上げると、ガーベラ様の中から精子が垂れ落ちる。
悪の女幹部に中出しをしちゃうヒーローの屈辱度は高い。
ガーベラ「さっきあんなに出したのに アナタの臭いザーメンたっぷり垂れちゃった まだまだたーっぷりいじめてあげる 地獄は続くわよ」
レザーグローブで精子を伸ばして見せつけてパート3終了。

パート4

レッドは椅子に座った状態。
チンコを握られて、
ガーベラ「起きなさい! 何勝手に気持ち良くなって寝てるの ねぇ まさかあれで終わりだとでも思った? アナタほどのパワーを持った人が 2回出しただけで終わるわけないわよね もっともっとアナタには 死ぬまでザーメン出し続けてもらうから フフ 覚悟なさい ほら 見なさいよ 自分のこのだらしないチンポ フフフ ビンタされて硬くなってるわよ とんだ変態ね」
罵りながら冷たくも刺激的な笑顔で手コキ。
ガーベラ「さすが私の豚奴隷」
フェラ。座った状態だと近くで見られるのが良いですね。
丁寧に玉も舐めてくれるガーベラ様。
ガーベラ「そう もっとガマンして 勝手にイクのなんて許さないんだから」
激しいフェラをガマンするシチュエーション。

ガーベラ「マゾヒーローのアナタに とっておきの物を用意してあげたわ」
先端がオナホールになっているライフル。
ガーベラ「これを使って アナタのザーメン 全部搾り取ってあげる」
銃という危険な物の形をしたオナホールで全部搾り取られると宣言されるのは、破滅的な興奮があります。

そしてズキューンとオナホールを差されて、クチュクチュと上下にしごかれる。SEは個性が強いですけど。
こういう器具でしごかれるみっともなさや恥ずかしさは格別。でもチンポは反応しちゃっているという。

罵りながらのオナホール銃での責め。
フィニッシュも良くて、捻りも加えながら射精させ、
ガーベラ「あはは あははははっ イったぁ」
男をイカせて大喜びの女子。
ガーベラ「たっぷり吸い取ってあげるわ」
イカせた時の喜び方と勝ち誇った笑顔が最高で、イカせ合いで女子に負ける屈辱をたっぷり煽ってくれる。

大満足のガーベラ様。
続編で逆に犯される顔も見たくなる。

感想

GIGAはヒーロー戦隊物とかヒロイン物をメインに撮っているメーカーのようですね。VRじゃない動画は1000本以上あるようですが、私はGIGAの作品を見たのは初めて。なので過去の作風とかキャラクターは一切知らない状態でした。VRは今のところ2本だけ撮っており、もう1作は浜崎真緒の『【VR】美聖女戦士セーラーファイヤーエルメス』。どちらも5,400円という高価格が目を引く。

新規VRメーカーの作品で不安になるのは画質ですが、画質は問題なし。現行基準では普通くらいですが、現行基準の普通はかなりキレイなので、不満を覚えるレベルではない。縮尺は大きめで、紺野ひかるが185cmくらいに見える。でもこれはむしろ良い効果があったようにも思う。悪の女幹部のボディの迫力と威圧感があったし、紺野ひかるっぽさも消えて、ガーベラというキャラクターとしてハマっていた。紺野ひかるの演技も上手さも光っていて、チープなコスプレ芸になっていなかったのも大きい。この世界観に入りやすかった。

冒頭の1/3くらいまでは画質に不満はないどころか、衣装と肌の生々しい質感に感動と興奮を覚えるのみでした。特に股間とお尻が間近で見られるところは凄かった。微妙な凹凸も繊細に表現している3D VR。
しかし、ヒーローがチンポを出されたところで、照明が強くなって全体の色味が薄く平坦になってしまった。これはもったいなかった。冒頭1/3の画質と照明のまま最後までやっていれば完璧だったのに。5,400円もするなら、これは修正してほしいレベル。

音はバイノーラル録音でしっかりしています。クセがあるのはBGMとSE(効果音)。仮想現実の中で主観視点だとBGMは違和感を覚えるし、SEは後付けでバイノーラル録音なので、これも違和感を覚える。しかしかながら戦隊物のパロディやオマージュとしては、特撮物っぽいBGMとSEがそれっぽい味付けになっていて意味がある。特撮物の世界に入るなら、それっぽいBGMが挿入されるのはアリ。

個性の強い作品でありながら、抜くためのアダルトVR動画として良かったです。悪の女幹部であるガーベラのキャラクターが立ちまくっていて、強くてセクシーな女に責められまくってイカされるというM的な興奮が凄かった。
悪の女幹部としての存在感がしっかりしているから、そのおっぱいを見られる有難味とか、チンポを突っ込める有難味を感じるほど。

射精は3回あり、3回とも抜きどころ。
1発目は寸止めされたり、罵られまくってからの口内射精で、射精直後の驚いた表情からの勝ち誇った笑みが良かった。絶対に射精しちゃいけない相手の口に出して、圧倒的敗北感がある。
2発目は騎乗位→背面騎乗位→騎乗位で中出しすると「あら あーあー こんなビクビクして あっけなく すぐ射精しちゃうのね」と早漏扱いされる。まったく歯が立たずに耐えられていない感じの扱いで、これも屈辱的。
3発目は射精直前からのガーベラのテンションの上がりっぷりが凄くて「たっぷりこの中にブチ巻けなさい! 早くっ!」などと、狂気じみた目で見ながら煽られ、言われるがままに射精。射精させると大喜びではしゃぎ、イカせ合いで女子に負けるような悔しさを味あわせてくれる。

悪の女幹部に責められるというメインテーマを完璧にやりきったような内容。男を責めまくる作品は難しさもあり、女優がキャラにハマりきれず棒読みになったり、ボキャブラリーに乏しくなってしまったりする事が多いですが、紺野ひかるは上手かった。一番凄かったのは表情ですね。笑顔から豹変して怒ったり、責めている時の狂気じみた陶酔したような表情も最高で、心底責めを楽しんでいるようなパワーでぶつかってくる。VRでこれを体験できるのは凄かった。

5,400円はVR作品として目立つ高価さですが、この狂ったようなドSのガーベラが責められるパターンも見たい。特化したジャンルで1000本以上撮っているだけあり、このジャンルとして成長して作り上げた土台があると感じた。VRとしても画質が良かったので基本的にはOKですが、途中で色味が変わったのは良くない。縮尺は大きいものの、この作品としては良い効果があった。色味は修正してほしいですが、縮尺は調整されると嫌と思うかもしれないほど。

好きな人向けのニッチなジャンルだと思っていましたが、この作品はMっぽい作品が好きなら誰でも入りやすいような内容でした。980~1,480円なら、女に責められる系の作品が好きな人なら誰にでも薦められるような作品ですが、まぁ5,400円は高すぎたか。私は初めてGIGAの作品を視聴して、この面白さを知るきっかけになりましたので、まずは買いやすい価格で多くの人に知ってもらえれば、このジャンルがググッと広がったような気もします。価格によって見てもらえず、せっかくの良い内容が知られないのはもったいないところ。

商品発売日:2018/12/28
収録時間:68分
出演者:紺野ひかる
監督:羹灼
シリーズ:ヒーロー凌辱
メーカー:GIGA
レーベル:GIGA
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】悪の女幹部ガーベラ ヒーロー凌辱

Adult festa VR 【VR】悪の女幹部ガーベラ ヒーロー凌辱

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top