西宮ゆめを若手のデカチンナンパ師がお持ち帰りして盗撮するが最後は西宮ゆめがあてつけの寝取られセックス

西宮ゆめにナンパ師を仕掛けてプライベートセックスを盗撮する企画。ナンパ師は若手のデカチンで、西宮ゆめも「んー あはっ おっきすぎる(笑)」「ホントに!? めちゃくちゃおっきいよ」と驚く。すっかり恋人同士になってイチャイチャセックスも撮影成功。しかし、シーン3でネタバラシ。申し訳なさそうにするナンパ師に西宮ゆめは怒るでもなく泣くでもなく、黒田悠斗の寝取りセックスを楽しむ姿を見せつける。あれだけ「おっきい」と言っていたチンコも縮み上がり、「小っちゃいね フフフ」となぶる。複雑な寝取られセックスが抜群でした。
(DMM.R18 ナンパお持ち帰りSEX×いきなりSEX 盗撮映像そのままAV発売!ガチNTRも収録!! 西宮ゆめ)

シーン1

『スキャンダル ナンパお持ち帰りされた○○』シリーズから『ナンパお持ち帰りSEX×いきなりSEX』シリーズへと継承。AV女優をプライベートでナンパして、それを盗撮するという企画。ドキュメント風ですが、シリーズ化されているくらいですのでドラマ的なものでもある。
まずはマネージャーから西宮ゆめの情報を聞き出す。
マネージャー「やったことないからちょっと 事故るんじゃないかなぁ」
社長の誕生日会が接触できるチャンスとして計画を練る。

次回作の打ち合わせとして西宮ゆめに話を聞く。
監督「プライベートはしてる?」
西宮ゆめ「プライベートはしてない全然」
監督「まったく?」
西宮ゆめ「まったく フフフ ホントにまったくない」
監督「彼氏とか」
西宮ゆめ「彼氏はホントにいない」
AV女優をやっている間は彼氏を作らないという。お持ち帰りをされるような事もないと言い、攻略が難しそう。

誕生日会の当日。女性が西宮ゆめしかいないところは不自然。
ナンパ師は4人おり、1人ずつ仕掛ける。

ベテラン3人が失敗し、最後に残った自信無さげな若手。

コケ方がわざとらしくもありますが、
西宮ゆめ「大丈夫ですか?」
向こうから構ってもらえる。

一番パッとしない若手が成功するという展開は狙いすぎではありますが、ドラマとして楽しく見られる。
しばらく会話をして雰囲気が良くなっていき、
ナンパ師「この後……飲みに……行っちゃってくれたり」
西宮ゆめ「フフフ 誘ってくれてんの?」
ナンパのドキドキ感が伝わります。
西宮ゆめ「全然まだ飲みたいし 行く?」
恋愛バラエティ番組を見ているような恋愛の擬似体験的な面白さがある。
ナンパ師役もハマっていて、本当にナンパ慣れしていないぎこちなさを出していて、そこが逆に西宮ゆめに気に入られたポイントだというのも伝わる。洗練されていたベテラン3人には抵抗感を持っていたけど、こういう男子には弱いという。

西宮ゆめが社長のところに挨拶に行き、ナンパ師は監督のところへ報告。
ナンパ師「ただ 全然なんも決めてないんすよ」
監督「あっ ノープラン?」
ナンパ師「なんも決めてなくて 作戦ゼロなんすけど」
ナンパには成功したものの、この後はノープラン。この報告の焦っている感じもナチュラルで上手い。

ナンパ師から合鍵を預かっていたスタッフがナンパ師の部屋に隠しカメラをセット。
「居酒屋大介」と言って自分の部屋に誘うナンパ師。
酔っていることもあり、西宮ゆめから腕を組んでくる。路上のやりとりもドキドキ感があって良いです。

居酒屋大介のメニューは2つだと言い、
西宮ゆめ「じゃあとりあえず ビールにしようかな」
ナンパ師「ビールで」
西宮ゆめ「うん」
ナンパ師「ビール入りましたー」
西宮ゆめ「あははっ なにそれ(笑)」
楽しそうです。

ビールを飲みながら少しまったりトーク。
西宮ゆめ「いつも こんな感じで女の子連れ込んでるの?」
ナンパ師「いや 連れ込んでないよね 全然」
西宮ゆめ「うそだー」
ナンパ師「むしろ こうやって言ったのが俺 初めてなの」
西宮ゆめ「ん?」
ナンパ師「こうやって 家に誘ったこと自体が」
西宮ゆめ「ウソだー 絶対ウソ」
ちょっと探りを入れるようなやりとりも良いです。

意外に西宮ゆめの方が積極的でもあり、ナンパ師の太腿に手を置いている。

西宮ゆめ「眠くなっちゃった」
と言う西宮ゆめにナンパ師は対応に困っていたが、
西宮ゆめ「ちょっと寝る」
ナンパ師の膝枕で寝始める。
ナンパ師「あら」
逆ナン企画みたいにナンパ師のほうが押され気味。

甘いやりとりの後にしばらく無言。やれる雰囲気が出てきてドキドキ。
ちょっとちょっかいを出す西宮ゆめ。

良い間をとってからキス。
ちょっと笑っている西宮ゆめ。
西宮ゆめ「チューされた(笑)」

体勢を整えて、
西宮ゆめ「なになになになに?(笑)」
プライベート的な空間でのリアクションが良いです。

キスしながら下を触ると、
西宮ゆめ「ねーえっ ダメッ」
ナンパ師「ダメ? うそ 止まんないよ」
と言って勢いでキス。

形だけ恥ずかしいフリを見せただけなので、ここは勢いで押し切って正解。
おっぱいを触りながらキス。普通に受け入れてくれる。

西宮ゆめ「ダメ ダメ」
ナンパ師「なんで?」
西宮ゆめ「シャワー浴びてないもん」
ナンパ師「いや大丈夫でしょ」
西宮ゆめ「やだっ シャワー浴びたい」
ナンパ師「えー 大丈夫」
西宮ゆめ「だいじょばない だいじょばない シャワー浴びたい」
シャワーをどうするかのせめぎ合い。いけるというナンパ師とだいじょばないという西宮ゆめ。

とりあえずキスと手マン。
ナンパ師「めっちゃ濡れてる」
西宮ゆめ「えっ 濡れてない 濡れてない」
言い返し方が甘えていてかわいい。
ナンパ師「うそ 大洪水ですよ」
西宮ゆめ「ンフフ ねー恥ずかしい」

辱められたが触り返して、
西宮ゆめ「自分だっておっきくなってんじゃん」
ナンパ師「えっ 俺の?」
西宮ゆめ「うん」
ナンパ師「気のせいじゃない?」
西宮ゆめ「気のせいじゃない おっきくなってる」
初めて部屋に連れ込んだ女とのエッチなやりとり、いいですねぇ。

激しいキスで喘ぎ声が出るのもエロい。

ナンパ師「ガマンできない ちょっと」
クンニしようとするが、
西宮ゆめ「無理無理無理無理っ」
ナンパ師「えっ?」
シャワーを浴びていないので嫌がり、
西宮ゆめ「アタシが舐める じゃあ」
フェラで納得してもらう。
ズボンを脱がせて、
西宮ゆめ「めっちゃおっきくなってるよ」

パンツの上から竿をソフトに触る。
ナンパ師「それヤバい それヤバい」

パンツを脱がせると、
西宮ゆめ「ウフフフ めっちゃおっきい」

西宮ゆめ「おっきい……」
ナンパ師「まだまだ小っちゃい」
西宮ゆめ「あはははっ」
ナンパ師「これ以上 まだ1.5倍くらいになる」
西宮ゆめ「ホントに!?」
デカすぎて困っているような表情が良いです。

軽くシコシコして、
西宮ゆめ「めちゃくちゃ おっきい」
ナンパ師「うそ?」
西宮ゆめ「うん めっちゃ勃ってる」
ナンパ師「まだだって まだ全開じゃない」
西宮ゆめ「あははっ」
プライベート的な空間で西宮ゆめに言ってもらえるのが良いです。

焦らして見つめる。
ナンパ師「ヤバい これがヤバいもう」
フェラしてもらえる直前の見つめがヤバそう。

咥えてみて、
西宮ゆめ「んー あはっ おっきすぎる(笑)」
ナンパ師「まだまだ」
西宮ゆめ「ホントに!? めちゃくちゃおっきいよ」

西宮ゆめのプライベートフェラとして見ると良いですねぇ。
しっかり音も立てています。

西宮ゆめ「ねーーー」
ナンパ師「どうしたの?」
甘え方もかわいい。
西宮ゆめ「ベッド行く」

ヤル気になった西宮ゆめ。ナンパ師にも攻めさせてあげる。
クンニでビクビク反応しながら喘ぐ。

キスしながら脱衣。キレイな肌。

西宮ゆめはエッチなモードになっていて、全裸になってキスしながらチンコをシゴく。

ナンパ師「めっちゃキレイ」
西宮ゆめ「恥ずかしい(笑)」
ナンパ師「かわいい体してる」

男を寝かせてフェラ。
「おっきい」と驚いていただけあり、ホントにデカそう。
けっこう大きな音を立てて咥える。

生で挿入しそうになり、
西宮ゆめ「無いの? ある?」
ナンパ師「あっ ゴム? ありますよ したほうがいいんだ?」
西宮ゆめ「うん」
コンドームをつけてから、
西宮ゆめ「優しくしてね ゆっくり入れて」

ゆっくりと挿入。
ナンパ師「あぁ 入ったね」
西宮ゆめ「入った おっきい(笑)」
笑っちゃうデカさ。

ゆっくりしたピストンから少し激しくなる。
西宮ゆめ「奥当たる」
気持ち良さそうに喘いでいます。

プライベートセックスでの感じ方も良いです。
西宮ゆめ「あぁヤバい! 待って イっちゃう……」

キスの後に見つめるのもかわいい。

騎乗位の体勢になると何かに気付いて笑い、
西宮ゆめ「フフフ 奥に当たる おっきい」

ピストンのストロークが長くて難しそう。

ナンパ師が突き上げて喘がせる。

ホントに肌がキレイ。
ナンパ師「気持ちいい」
西宮ゆめ「うん気持ちいい」
ナンパ師「ヤバい もうイキそうだよ俺」
西宮ゆめ「まだダメ」
簡単にはイカせてくれない。

乳首をいじられてビクビク。
西宮ゆめ「気持ちいい」

密着して愛のあるキス。
西宮ゆめをモノにできたナンパ師が羨ましい。

バック。
やっぱりデカいためか笑っちゃう。

激しくパンパンされて、
西宮ゆめ「ヤバい イっちゃう!」

ベッドも大きく揺れるピストンの余韻で色っぽい。

西宮ゆめ「めっちゃ奥……」
ナンパ師「入ってる?」
西宮ゆめ「うん」
プライベートでデカチンをブチ込まれた反応が良いです。

側位で挿入。
西宮ゆめ「んんっ!」

おっぱいに吸いつきながらの側位。
感じる表情もめちゃくちゃかわいい。

締めの正常位。
西宮ゆめ「あぁもうイっちゃうイっちゃう!」

フィニッシュはコンドームを取ってお腹に大量射精。

キスをしてお掃除フェラ。
時間をかけて丁寧にやってくれるが、
ナンパ師「ダメダメダメダメ」
ナンパ師がギブアップ。
西宮ゆめ「フフフ キレイになった」

西宮ゆめ「ねぇ なんでさ ゴム外して出したの?(笑)」
大量の精子を拭く。
西宮ゆめ「一瞬 仕事思い出したんだけど(笑)」

エッチ後のまったりとイチャイチャ。
西宮ゆめ「ゆめって呼んで」
ナンパ師「ゆめ」
西宮ゆめ「はいっ」
西宮ゆめ・ナンパ師「あははははっ」

西宮ゆめ「明日はー? 何してるの?」
予定がないことを確認して、
西宮ゆめ「明日も来ていい?」
冒頭のガードが堅そうなトークは前フリみたいなもんで、けっこう簡単に落ちて自分から甘える。

シーン2

後日、ナンパ師に話を聞く。最近は毎日会っていると言う。
そして、監督に頼まれていたハメ撮りの動画も持参していた。
監督「もう!?」

そのハメ撮り動画。もう完全に付き合っている2人のリラックスした時間。

旅行の本を読んでいます。
騙されているので、ちょっとせつなくもある。

おっぱいも言えば見せてくれる関係。
西宮ゆめ「乳首勃っちゃう」

本を読んでいたが、お尻を触られまくったりして邪魔される。
西宮ゆめ「なにー?」
苦々しい表情もかわいいです。
ナンパ師「そういう顔 もっとちょうだい」
西宮ゆめ「やだっ」

イチャイチャしながら撮影し、
ナンパ師「ゆめ キスしよう」
何度もキス。
ナンパ師「カメラ目線して」
カメラ目線を貰い、
ナンパ師「かわいいー」
西宮ゆめ「フフフフ 恥ずかしい」

股間を触ってくれるけどカメラを嫌がる。
西宮ゆめ「お仕事みたいじゃん」
本当に嫌そうな感じが上手い。

ナンパ師がオナニー用に撮りたいと説得してつきあってくれる。
パンツを脱がし、
西宮ゆめ「まだ小っちゃい テロンテロン(笑)」
フニャっているチンコをプラプラさせて遊ぶ。

シーン1とは違って画が近い。
ナンパ師「カメラ見んの超上手い」
西宮ゆめ「やめて(笑)」

西宮ゆめ「いまから ダイちゃんのオチンチン舐めまーす」
チンコを振りながら言っています。それで勃起してきている。
西宮ゆめ「なんか振ってただけなのに大きくなってきたんだけど(笑)」

少し咥えてから、
西宮ゆめ「おっきくなんの早くない?(笑)」
ナンパ師「いやだって ゆめが舐めてるから」
西宮ゆめ「小っちゃいほうが舐めやすかった デカいもん お口入んない」
彼女としてのフェラ顔がとても良いです。

玉舐め。プライベートで西宮ゆめに玉舐めしてもらえるなんて羨ましい。

西宮ゆめ「もうすっかり大きくなってしまいました」
ナンパ師「誰のせいですか?」
西宮ゆめ「フフフフフフ」
笑ってごまかしましたが、

西宮ゆめ「そういう言い方するなら もう出しちゃうよ」
挑発的な表情も良いです。
ナンパ師が謝ったので許してくれる。

乗ってきた西宮ゆめ。
西宮ゆめ「立って こういうの見たことあるでしょ?」
仁王立ちフェラ。

四つん這いにしてお尻に顔を押しつけてクンニ。

挿入へ。
西宮ゆめ「ダイちゃんがゴムをつけてまーす 手こずってまーす(笑)」

西宮ゆめ「入れる瞬間撮る」
西宮ゆめが結合部を撮りながら挿入。

西宮ゆめ「んー 全部入った おっきい待って(笑)」
本当に毎日ヤっているわけではないでしょうから、まだデカチンに慣れていない。

そのデカチンでパンパン突く。ハメ撮りの臨場感。現代においてはVRのほうが上ですけどね。

西宮ゆめ「ヤバいっ あぁ待ってイっちゃうイっちゃう!」

騎乗位。

背面騎乗位。

立ちバック。
西宮ゆめ「あぁヤバいよ ヤバい 待ってイっちゃう!イっちゃう!イっちゃう!」

ベッドに乗せて寝バック。

乱れた髪もセクシーです。

ナンパ師「ゆめ 出していい?」
西宮ゆめ「ダメ」
ナンパ師「えっ なんで?」
西宮ゆめ「フフフフフ」

バックからお尻に射精しますが、このナンパ師は噴射がすごい。
西宮ゆめもビクッとしています。
西宮ゆめ「絶対髪の毛についてるでしょ」

西宮ゆめ「お掃除苦手だもんね くすぐったいんだよね」
お掃除フェラ。

シーン3

ネタバラシへ。
2人でラブホテルにきてイチャイチャセックスをするところから、

黒田悠斗と撮影スタッフが乱入。
そのまま黒田悠斗が西宮ゆめに挿入。

ナンパ師はうつむいて申し訳なさそうであり、悲しそうでもある。
フェイクとは言え恋人同士として楽しい時間を過ごしたこともあり、犯されているところを見るのがつらそう。

ナンパ師が一番つらそう。
事情を知った西宮ゆめ、
西宮ゆめ「ああっ 気持ちいいっ ヤバい イっちゃう イっちゃう イっちゃうぅ」
ナンパ師へのあてつけみたいでもある。

下手に怒ったり驚いたりするよりもリアルでした。普通に「気持ちいいっ」とセックスを楽しんで見せる。でも時おり複雑な表情でナンパ師を見るのが演技とは思えないくらい上手い。

セックスを見られないナンパ師に。
黒田悠斗「新人でしょ? いいとこは覗きなよ ほら 男優やりたいんだったほら 勉強したほうがいいから」
ここの西宮ゆめの表情も刺さるものがありました。フツーの恋人同士だったけど、一瞬で格上のAV女優と新人男優という関係に置かれる。

ナンパ師「勘弁してください……」
弱々しい声で頼むが、頭を押さえて結合部を覗かせる。
西宮ゆめ「あぁん ああっ あぁ気持ちいい……」

黒田悠斗「若いチンポ好きなんでしょ?」
西宮ゆめ「んーん」
黒田悠斗「ハメ撮りエロかったぁ」
西宮ゆめ「もっと気持ちいい こっちのほうが もっといっぱいして もっと」

黒田悠斗「チュー好きでしょ? チューする?」
ナンパ師を指差してキスを勧めるが、
西宮ゆめ「んーん」
拒否して黒田悠斗と見せつけるようなキス。

正常位でパンパンされながら、
西宮ゆめ「見える? ちゃんと見て」
ここもとても良い表情。ただのあてつけでもなく、自傷的でもあり、うったえかけるものも感じて複雑。

正常位でイってキス。
西宮ゆめ「騙してたんでしょ ちゃんと見て」
目は合わせられず、言葉にならない言葉を返すナンパ師。

西宮ゆめ「あぁすごい めっちゃ奥までくる あぁ気持ちいいっ」
目を合わせないナンパ師の気を引くようなリアクション。

騎乗位。
黒田悠斗「早漏のチンポとさ これぐらい長く持つチンポとどっちがいい?」
西宮ゆめ「フフ 長く持つのがいい」
黒田悠斗「じゃあ もうちょいデカい声で言って」
西宮ゆめ「長く持つのがいい あぁ気持ちいいっ」
シーン2で「出していい?」と言われて「ダメッ」って答えていたのが伏線になっていました。笑顔でナンパ師の早漏チンポをなぶる。

黒田悠斗「フェラチオ 俺にもしてよ」
体勢を変える時に、近くにいるけど目を合わさない緊迫した感じが良いです。

うつむくナンパ師のアゴを持ってフェラを見させる。
シーン2のフェラの時のめちゃくちゃかわいかった西宮ゆめがこれをやるので刺さるものがある。

西宮ゆめ「なんで何も喋んないの?」
ナンパ師「いや……」
2人ともガチみたいな演技で見入ってしまう。

黒田悠斗「見て 彼のチンチン」
西宮ゆめ「フフフ」
黒田悠斗「芋虫みたいになってるよ」
西宮ゆめ「小っちゃいね フフフ」
黒田悠斗のチンコを見て、
西宮ゆめ「すごい おっきい」
あれだけナンパ師のチンコを「おっきい」と言いまくっていて、この状況で縮みあがっているナンパ師のチンコを小っちゃいとなぶる。

寝バックで挿入。
西宮ゆめ「おっきい(笑)」
ナンパ師の反応をチラチラ見ています。

側位。
黒田悠斗「こうやって裏切られるの何回目?」
西宮ゆめ「初めて」
黒田悠斗「初めてなの? 裏切りバージン取られちゃったね この人に」
西宮ゆめ「ねっ ……別に裏切られてないけど」
強がるところがかわいい。

正常位。
哀しさも感じる表情が良いです。そこを気付かれて、
黒田悠斗「ゆめちゃん なんで泣いてるの?」
西宮ゆめ「泣いてないっ」
黒田悠斗「泣いてたじゃん わー かわいい泣いてるっ」
西宮ゆめ「泣いてないっ!」

黒田悠斗「ダッセ 泣いてるよ人前で」
西宮ゆめ「泣いてない……」
泣かせにいっている黒田悠斗の悪役っぷりも良いです。
黒田悠斗「泣いてんじゃんほらぁ」
西宮ゆめ「泣いてない……」

泣いていることを指摘しながら激しく突く。
元恋人が泣かされながら犯されるのを見るのもつらい。

気持ち良さと悲しさが混ざっているような表情が色っぽい。

おっぱいに射精。
怒りだけじゃない表情でナンパ師を見る。

精子を拭く仕事はナンパ師。
グスグスしている西宮ゆめ。

2人きりになってずっと無言。立ち去るかと思いきや留まったりしていて複雑な心境が見える。
監督が感想を聞き、
西宮ゆめ「でも久々に…… そういう…… そういう体験ができて 短かったけど 楽しかった……」
哀しさも優しさも感じる笑顔でお別れ。

でも監督への最後の一言は、
西宮ゆめ「ウザ」

感想

すごい作り込みで良かった。ガチで出来るような企画じゃないのでドラマ的でもあるのですが、西宮ゆめとナンパ師の演技がナチュラルでしっかりしており、撮影も凝っていてドキュメントとしか思えないような内容でした。素直に女優へのドッキリとして楽しめる。

シーン1と2は、まずAV女優をナンパして部屋に誘うという恋愛ゲームのドキドキ感が良かった。イチャイチャしつつ相手の反応を探りつつで進展していくところが面白い。プライベートでAV女優を口説く→抱くという展開を楽しめる。ナンパ師はデカチンで、見た時も挿入時も西宮ゆめの反応が良かったです。特にシーン2はかわいい表情をたくさん見せてくれた。西宮ゆめが彼女だったら、こんなにハッピーなんだろうなぁというのを思いっきり感じられ、この有頂天からシーン3に繋がる。

シーン3は複雑な心情の寝取りでもあって凄かった。ドッキリのネタバラシをして西宮ゆめが怒るわけでもなく泣くわけでもなく、あてつけのようにセックスを楽しむ姿を見せるのが心に刺さりました。ナンパ師がドッキリにハメられたような落ち込み方。
それも単調じゃなくて、西宮ゆめも悲しそうだったり、なにかナンパ師のリアクションに期待しているようだったり、AV女優としてのプロの顔だったり、複雑さを感じた。西宮ゆめの演技が凄かったというか、ガチとしか思えないような表情を見せていた。
シーン2で少し早めの射精をしたナンパ師と黒田悠斗を比較して「フフ 長く持つのがいい」と突き放したり、落ち込んでチンコが縮みあがっているナンパ師に「小っちゃいね フフフ」と言ったり、裏切られたお返しになぶってくるのも刺激的。フェラの時にナンパ師のアゴを持って見させるのも良かった。でも100%は憎めなくて、泣きそうな表情を見せると黒田悠斗に馬鹿にされる。そして、半泣きで犯される元彼女を見せつけられるナンパ師。シーン2のイチャイチャを思い返しながら見ると、シーン3の寝取りの重さが倍増される。

プライベートのかわいい西宮ゆめとイチャイチャしてデカチンでセックスと、イチャイチャからドン底に落ちる寝取られ。どちらも良かった。特にシーン3は見入っちゃう。裏切られたけど嫌いにもなれない西宮ゆめの表現力が抜群でした。ナンパ師の演技も良くて、黒田悠斗の悪役も良くて、撮影もしっかりしていて、プロが揃ったからこその傑作。見ていて心が痛むようなところも凄い。

収録時間:155分(HD版:155分)
出演者:西宮ゆめ
監督:X
シリーズ:ナンパお持ち帰りSEX×いきなりSEX
メーカー:アイデアポケット
レーベル:ティッシュ

DMM.R18 ナンパお持ち帰りSEX×いきなりSEX 盗撮映像そのままAV発売!ガチNTRも収録!! 西宮ゆめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

return top