M男優の圧迫面接で勃起前と勃起後のチンコを測定「ねっ 赤ちゃんサイズ」

6人のAV女優が6人のM男を圧迫面接。いきなりチンコの長さを測定して粗チンを笑ったり、加減をしらない玉蹴りでKOしたり、かなりハードな内容でした。
(DMM.R18 フリーダム的 M男圧迫面接 2)

シーン1

長谷川夏樹、涼宮琴音、斉藤みゆ、柑南るか、初音杏果、遠藤ゆうかの6人がM男圧迫面接をする企画。
長谷川夏樹「ボサッと立ってないんで座んなよ」
最初から威圧的。

まずは1人ずつ自己紹介させる。
からかうような反応。Mに目覚めたエピソードなども聞いて気持ち悪がる。

斉藤みゆ「お前ら全員立って パンツ脱いでチンコ出して」
一斉にパンツを脱ぐ。
長谷川夏樹「お前ら何しに来たんだよ 何隠してんだ 出せよ早く」
斉藤みゆ「手どけろよ」

柑南るか「じゃあ勃起前のサイズ測るから」
チン長測定。
1人目を見て、
柑南るか「これヤバくない?」
涼宮琴音「小っちゃ それあるの?」
いきなり粗チンを笑われる。
メジャーを当てて測定し、
柑南るか「あっ ギリギリ3cm」
3cmと聞いて大ウケ。

柑南るか「すごいね 小指サイズ」
と言って小指を並べる。

2人目。
柑南るか「なんかちょっと勃ってない?」
長谷川夏樹「はっ!? 萎えさせろよ」
一応測って、
長谷川夏樹「6cm弱 さっきの倍ぐらい(笑)」

3人目を見て、
柑南るか「一番小さいかも」
初音杏果「小指よりない」
柑南るか「測れるかな?」
3人目も3cmで、
長谷川夏樹「赤ちゃんじゃん」
柑南るか「ねっ 赤ちゃんサイズ」

4人目からは斉藤みゆと遠藤ゆうかが測定。
斉藤みゆ「色気持ち悪い」
遠藤ゆうか「フフフ」

斉藤みゆ「9cm……」
長谷川夏樹「ホントに?」
これまでの4人の中では長かったけど、
男「ちょっと調子悪いです 今日」
斉藤みゆ「はっ!?」
涼宮琴音「通常で調子悪いって何(笑)」

5人目は、
斉藤ゆうか「10cm……」
男「もうちょっと大きくないですか?」
斉藤みゆ「10cmだよ」
長谷川夏樹「なに生意気言ってんだよ(笑)」

6人目は8cm。
斉藤みゆ「下向きすぎだな」

チンコ小っちゃい順に並ばせて、
長谷川夏樹「小っちゃーい」
斉藤みゆ「ホント小っちゃい」
最短のチンコは驚きすらある。

柑南るか「でも男は勃起した後の大きさが大事だから 今からみんなセンズリして」
戸惑う男たちに、
長谷川夏樹「早くやれよ!」
怒られてチンコをシコシコし始める。その光景を見て笑われる。

一番小さいチンコは指2本でシゴいていて、
長谷川夏樹「こんなんじゃーん(笑)」
長谷川夏樹と涼宮琴音と柑南るかが指の形を真似て笑っています。
涼宮琴音「これなに?(笑)」
長谷川夏樹「小っちゃいよぉ(笑)」

涼宮琴音「芋虫みたい(笑)」
爆笑。
手を握って、
涼宮琴音「こうじゃないんだよね」
指で輪っかをつくって、
涼宮琴音「こうなんだよね」

準備が整ったところで、
柑南るか「サイズ測るから」
勃起時のチン長測定。1人目のチンコにメジャーを当てて、
柑南るか「あ でもあんま あっ ちょっと伸びた」
長谷川夏樹「ちょっと(笑)」

2人連続で8cm。
柑南るか「これも8cm 仲良しみんな」
3人目は下向きで笑われましたが、
柑南るか「10cmぐらい」
初音杏果「デカくない?」
柑南るか「いやなんか ちょっ……でも小っちゃい」
10cmでも1位という低レベルな争い。

4人目からは斉藤みゆが測定。
斉藤みゆ「んと 12cm」

5人目は、
斉藤みゆ「ちょっと 勃ってこれなんだけど さっき3cmだったもんね」

斉藤みゆ「えー……5cm」

6人目は超粗チン。
斉藤みゆ「勃ってんのかこれ 勃ってんの?」
3cmで、
長谷川夏樹「変わってねーじゃん(笑)」

斉藤みゆ「今から3分以内に射精しろ」
自分でしごいての射精テスト。
涼宮琴音「ふざけてんの? ちゃんとやって」

涼宮琴音「これヤル気ある? なにこれ?(笑)」
罵られながらのオナニー。

男「イキそうです」
長谷川夏樹「は!?」
涼宮琴音「誰が?」
長谷川夏樹「あーーーっ!」
射精にビックリするリアクションがかわいい。

次々と射精して大盛り上がり。

シーン2

射精できなかった男が1人残されてお仕置き。
連続ビンタをして大笑い。
長谷川夏樹「なんだよ このチンコ 全然勃ってないじゃん」

ビンタしたり腹を殴ったりストレートな暴力。
殴って女優たちは大笑い。

楽しみ過ぎて暴力がエスカレートしていく。
どんどん遠慮がなくなっています。
長谷川夏樹「頑張れ M男になりてーんだろ こんなチンコじゃなれねーぞ」

初音杏果の腹パンで倒れたところを踏まれる。
長谷川夏樹「立てよ」

玉蹴りを3発ずつ。

力の入った蹴りで痛がる男、それを見て全員が大笑い。

男の玉を蹴って痛めつけて大喜びするというサディズム。
2回目のダウン。

起き上がらせて前と後ろからそれぞれ豪快な蹴り。
男「うぉあああー! 痛ぁい」
特に後ろからの蹴りは靴がチンコにクリティカルヒットして本気で痛そうな絶叫。
痛さをしらない女優たちは大笑い。
長谷川夏樹「いーたーい(笑)」

AVの玉蹴りの中でも珍しいくらいの激しさ。ノリでエスカレートしている感じが怖い。
前後から連続で蹴る。

耐えきれず逃げる。
男「無理です」
長谷川夏樹「無理ぃ? なんで?」
連続ビンタ。

男「ギブアップです」
最後に玉を蹴られてダウン。
それを見てまた大笑い。真正のSっ気がありますね。

別の男を涼宮琴音と遠藤ゆうかが攻める。
満面の笑みで連続ビンタ。

Sになりきれない遠藤ゆうかは力が弱め。
でも叩かなきゃいけない空気の中で無理して叩いてる感が面白い。

涼宮琴音は心底楽しそう。
涼宮琴音「思いっきりがいい? ねぇ?」

玉蹴りも4連発。男の反応が楽しくて止まらない感じ。

遠藤ゆうかの玉蹴りで倒れて、
涼宮琴音「M男になりたいんでしょう? なんで倒れたの?」
男「痛くて」
涼宮琴音「は?」
このまま映画のサディスティックなキャラクターになれそうなほどハマっている。

本当にチンコを蹴っているのがわかる視点。

涼宮琴音「もう終わり? ギブ?」
男「はい 限界です」
力無い声で答える。
長谷川夏樹「弱っ」
涼宮琴音「フフフフ」
男に負けを認めさせて嬉しそうに笑う涼宮琴音。

射精できなかった男は2人だけでしたが、3人目がやってくる。
斉藤みゆ「自分から来るなんてやるね」
根性は認められる。
斉藤みゆと柑南るかが交互に連続ビンタ。2人とも楽しそう。

長谷川夏樹「斉藤ちゃん 斉藤ちゃん ねぇ ガマン汁出てる」
さすが自ら叩かれに来た男。

斉藤みゆ「気持ち悪い」
ガマン汁を出したのでビンタ。

パンチも殴るたびに力が入っていく。

玉蹴りでギブアップする展開は同じ。

シーン3

2人の男を全然で攻め。
電気アンマ。

涼宮琴音「金玉潰れちゃうよ ねぇ」
力強くグリグリ踏みます。女子ならではの力加減のわからなさが怖いし、踏んでいるほうは楽しそうなのも怖い。フリーダムならではのクオリティ。手加減して慣れない演技でやっている感じがないです。

斉藤みゆ「金玉なくなっちゃうよぉ?」
涼宮琴音の昇天しそうな笑顔がガチ。柑南るかは「大丈夫かな?」という心情が感じられます。

長谷川夏樹「潰れちまえよこれぇ」

1人ずつ交代で踏んで、最後は全員で踏む。
やっぱり涼宮琴音と長谷川夏樹の踏み方が力強い。

「根比べ」と言って2人を立たせてローテーションで玉蹴り。

最後のほうは逃げ方が本気になっていて、蹴りがヒットする瞬間に上に逃げて受け止めている。
M男がリアルに逃げていて限界なのが伝わってきます。

涼宮琴音の蹴りでダウン。
演技じゃなくて本気で痛そう。
涼宮琴音「なに負けてんの? ねぇ」
男「ごめんなさい……」
斉藤みゆ「終わり?」
AVだとM男役の男優が喜んで演技している感じが多いですが、これは本気でヤバそう。

この後も蹴り続けて2人ともダウン。

シーン4

涼宮琴音「お前アナル ガバガバか?」
最後の1人はアナル責め。

指を突っ込んだ後に、全員がペニバン装着。
長谷川夏樹から挿入。

ペニバンフェラもさせられて笑い物に。

斉藤みゆの正常位。
女の集団に囲まれて女みたいに犯される。

遠藤ゆうか、初音杏果も正常位。

柑南るかがバックで挿入。
玉蹴りの時は心配そうな表情も見えていましたが、嬉しそうにはしゃいでいます。
優しそうな子が責めにハマっていく感じも面白い。

涼宮琴音が正常位で挿入した後、聖水ぶっかけ。

感想

フリーダムらしい「暴行」「金蹴り」「アナル」「罵倒」をテーマにした圧迫面接。特に涼宮琴音と長谷川夏樹に力が入っていて、かなりハード。優しくいじめるものではなく、加減を知らない怖さがあります。あまり見ないジャンルですが、涼宮琴音らがガチで蹴って大喜びしているを見て、このジャンルに目覚めそうなところもありました。AVの仕事で加減してやっているという感じがなくて、男を屈服させるのが心底好きそうな剥き出しの感情がすごかった。チープさがない。

シーン1のチン長測定も面白かった。6人の女優が見ている前で粗チンを測定されて馬鹿にされるという。勃起前と勃起後で比べているのも良いです。

かなりのフェチ作品なのでマニア向けですが、ヌルくなくてすごかった。

収録時間:80分(HD版:80分)
出演者:長谷川夏樹 涼宮琴音 斉藤みゆ 柑南るか 初音杏果 遠藤ゆうか
シリーズ:フリーダム的 M男圧迫面接
メーカー:フリーダム
レーベル:フリーダム

DMM.R18 フリーダム的 M男圧迫面接 2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top