鮫島が夏川あかりとのプライベートSEXを撮るがまさかのデカチンで寝取られ

寝取り・寝取られ
寝取り・寝取られ 巨根

夏川あかりのプライベートSEXを撮るために鮫島に仕掛け人となってもらい、恋人同士にさせる。最後のネタバラシの時、目隠し状態で森林原人にSEXさせると「あぁいつもよりすごいよっ!」「今までで一番いいよ鮫ちゃん」と言っちゃう夏川あかり。仕掛け人の鮫島がチンコで負けて寝取られる意外な展開へ。>>感想
FANZA デート後お持ち帰りSEX×プライベート変態SMプレイ×いきなりSEX最後はNTRも!? 夏川あかり

Chapter 1

夏川あかりと男優のプライベートセックスを撮ろうと狙う。
夏川あかりには内緒で撮りたいので、事前調査として好きな男優を聞くと4人名前が出て、
監督「全員デカチンですね」
夏川あかり「いや そこは関係ないですよ(笑)」

チンコで選んだのは否定する。

プライベートセックスを撮るためのステップとして、まずは通常のAV撮影の企画として恋人プレイを設定。
3人の男優の中から1人を選んでリアルデートをしてもらう。
男優同士の勝負でもあり、夏川あかりとセックスをして一番良かった人が選ばれる。会話は禁止でセックスのみの勝負。
選ばれた男優はデートの後にお持ち帰りをしてほしいと言われる。
黒田悠斗「怒られないですか?」
本来ならタブーだけど、今回はプロデューサー代理の人からOKを貰っている。

デート企画の撮影が始まる。
静かにインタビューをしていると、監督が選考会を始めると言って3人の男優が全裸で突撃。
夏川あかり「いやっ 聞いてないです!」
『出会って○秒で合体』シリーズみたいに、いきなり黒田悠斗が立ちバック→鮫島が立ちバック→黒澤がバック→立ちバック。
夏川あかり「まだ準備できてないですぅ! いきなりそんな入れらっ…」
全員のチンコを味わわせてから2周目に入り、黒田がバック→寝バック。
ここで監督が趣旨を説明し、この3人の中からデートする相手を選んでもらうと伝える。
夏川あかり「え? エッチでですか?」
喋りながらプレイは続き、スカートを脱がせて黒澤が正常位→対面座位→駅弁。
夏川あかり「気持ちいいっ」
この状況に慣れて感じてくる。

鮫島が正常位。
男優は会話禁止なので夏川あかりが喋りかけても無視。
夏川あかり「もう嫌いになりそうっ」
3周目で黒田悠斗→黒澤→鮫島。
夏川あかり「ああっ 気持ちいいっ そんな激しくしないでくださいっ」

4周目で黒田→鮫島→黒澤、5周目で黒田→鮫島→黒澤。
肌が汗ばんで赤くなっていて激しさを感じさせる。

黒澤が正常位からおっぱいに射精。お掃除フェラもしてもらえる。
黒田悠斗が正常位→騎乗位→正常位でおっぱいに射精してお掃除フェラ。
最後は鮫島が正常位から射精体勢になると夏川あかりが口で受け止めにいく。

時間を置いてから控室へ。
夏川あかり「ちょっと 何なんですかあれ 全然聞いてないんですけど」
監督「あー怖い」

夏川あかりに1人を選んでもらって、3人の男優の前で結果発表。鮫島が選ばれた。
この見せ方も凝っていて、監督が夏川あかりに話を聞いている場面と、鮫島に結果を伝える場面を交互に見せる。
監督「意外でした」
「もう嫌いになりそうっ」と言われていた鮫島が選ばれて意外。
夏川あかり「私がそう言った時に ちょっと嫉妬してるみたいで なんかちょっとかわいいなって(笑)」
会話禁止だったけど監督が男優に質問した場面があり、デートに行く場所を聞いたら鮫島はカフェと答えていて、それも良かったみたい。
ちゃんと理由があって良いです。本気で選んだみたい。

Chapter 2

2人きりでデート。
鮫島はメガネと鞄にカメラを仕込んで盗撮。さらに離れた場所から盗撮班が撮影。
ラーメン屋が気になったけど、予定通りカフェへ。
ここもちゃんとデートしている雰囲気があります。
彼氏がいないことを確認し、AV女優になった動機を聞き、好きなAVのジャンルを聞く。
夏川あかりのほうから鮫島に経験人数を聞き、鮫島も聞き返す。
プライベートでのデートっぽい会話。

カフェを出てお酒を飲みに行くが、盗撮班は2人を見失う。鮫島が電話で場所を教えてスタッフが潜入。盗撮ドキュメントっぽいライブ感があります。
しばらく飲むと、ご機嫌で酔っ払ってきた夏川あかり。足で鮫島の股間にちょっかいを出す。
エッチなイチャイチャもあって雰囲気が良くなり、
鮫島「このままスタジオに戻ったらさぁ すごい いいセックス撮れるような気がすんだよね」
夏川あかり「そう絶対 迫真に迫った… この雰囲気で行ったら 絶対すごい」

夏川あかりが口説かれそうな感じが良いです。
明日は朝から普通に仕事だという夏川あかりに、
鮫島「俺は まだ一緒にいたいけど」
夏川あかり「私もいたいですけど…」

お持ち帰りOKなサインを出してくる。

ノリノリで意気投合して3軒目に向かうが、
鮫島「ここ 居酒屋鮫島」
カメラをセットしてある自宅に連れ込もうとして、
夏川あかり「えーどうしよっかなぁ」
鮫島「ダメ?」
夏川あかり「…嫌じゃないよ」

お持ち帰りされる感じもリアリティがあって良いです。

入るなり鮫島のベッドで寝転ぶ。ガードゆるゆるでエロい。
水を飲んで落ち着く。

見つめ合ってムードを作り、頭を撫でてお喋り。
そのまま抱き合ってキス。キスの後の夏川あかりの照れた笑顔もかわいい。
再びキス。本当にプライベートでの愛が感じられるようなキス。

そのまま押し倒して、耳やほっぺを舐める。
デートでの溜めが効いていて、激しく燃え上がるようなエロさがある。

おっぱいを揉んで舐める。
夏川あかり「汗かいてるから ダメだって」
シャワーを浴びたがるが気にせず続ける鮫島。
恥ずかしがりながら感じる姿も良いです。
夏川あかり「ああっ 私ばっか 気持ち良くなっちゃって」

下を脱がせて大股開かせてクンニ。
夏川あかり「ああっ… ダメッ そこ気持ちいいっ」
クンニでイってビクビク。
夏川あかり「イっちゃった あぁダメッ!」
続けられて連続イキ。
夏川あかり「ダメダメおかしくなっちゃうからっ」

攻守交替してフェラ。
夏川あかり「あぁすっごいビクビクしてる あぁなんか出てる」
鮫島「あぁ恥ずかしい」

イカされまくったお返しでイジる。
お尻の突き上げ方が良いです。

咥えてジュボジュボして、
夏川あかり「んんっ おっきい」
鮫島「超かわいい」
夏川あかり「えへっ」

プライベート風での「おっきい」は撮影時よりも良いです。

正常位で挿入。
夏川あかり「あぁすごいっ!」
抱きついて体をモゾモゾさせて感じる。
感情が高まって愛し合っている感があります。

夏川あかり「あぁイクッ…イクッ!」
足を浮かせてギュッと抱きしめてイク。
夏川あかり「あぁすごい奥まで入ってる あぁキスして」

正常位を続ける。
AVっぽくなくてプライベートっぽさが出ているのは、ここまでの丁寧な作品の作り方のおかげか。

対面座位でキスしながらパンパン。
夏川あかり「あぁいいっ あぁイっちゃう!」

騎乗位で夏川あかりがお尻を叩きつける。
夏川あかり「おっぱい揉んで」
年下で控えめな性格の夏川あかりが、セックスで積極的になるのも良いです。

四つん這いにして舐めてからバックで挿入。
夏川あかり「全部…いっぱいにしてっ」
バックでパンパンしてイク。

側位。
夏川あかり「あぁすごい奥まで入ってる」

正常位からお腹に射精すると、
夏川あかり「えっ!? 中に出せばいいのに(笑)」
鮫島「外に出しちゃった」
夏川あかり「あははっ 職業病?」

恋人同士っぽく距離が近づいた感じ。

お掃除フェラをしてもらって、ティッシュで精子を拭く。
事後の雰囲気も良いです。
抱き合ってキスして感想。

AV女優と男優で禁断のLINE交換。
本名まで聞いちゃう。
鮫島「なっちゃんって呼んでいい?」
夏川あかり「じゃあ なっちゃんで いいよ だったら現場で呼んじゃっても… わかんないから」

本名でも「なっちゃん」らしい。現場の人は夏川のなっちゃんだと思うけど、2人からすれば本名のなっちゃんという隠れた恋人同士らしい呼び方。

Chapter 3

後日、鮫島から話を聞く監督。あれから何度も会ってヤってるらしい。
変わったプレイもしたらしいけど、鮫島の提案ではなくて、
鮫島「全部 なっちゃんから」
監督「え?」
鮫島「あっ あかりちゃんから」

思わず「なっちゃん」呼びが出ちゃう。
のろけ話でニヤニヤしていたが、監督がネタバラシをすると言うと鮫島の表情が曇る。演技が細かい。

その日の夜。居酒屋鮫島で2人きり。
夏川あかりに電話があり、明日の撮影の話。男優は鮫島。
夏川あかり「明日 撮影って知ってた? 急に連絡があって」
AV女優と男優のカップルならではの会話。
夏川あかり「なんか緊張しちゃう逆に(笑)」
プライベートでセックスしている2人がカメラの前でセックスする気恥ずかしさ。
他の男優で玉木玲が来ると聞いて、
鮫島「玉木? 玉木来るの?」
夏川あかり「嫉妬してるの?」
鮫島「やだなぁ」
夏川あかり「大丈夫だよ 鮫ちゃん以外のチンチンじゃ感じないよ」

玉木玲に嫉妬する鮫島。
夏川あかり「鮫ちゃん以外のチンチンじゃ感じませんっ」

明日の撮影はネタバラシの仕掛けで、その後に鮫島がラブホに誘う予定だったのですが、明日ラブホに行こうと誘うと、今から行きたがる夏川あかり。
予定変更で慌てて監督に連絡する鮫島。この演出も芸が細かい。予定がぶっ壊れるハプニング感があります。

急遽、ネタバラシドッキリ用の男優として森林原人が呼び出される。
このハプニング演出が上手いのは、森林原人が到着する頃には2人はプレイ中というタイミングの自然さ。
こっそりドアを開けると目隠しプレイ中。覗かれているとは知らずに喘ぐ夏川あかり。

静かに近づいて撮影。
夏川あかり「ああっ ダメもうガマンできないっ」

SMプレイで鮫島がパチンパチンと叩き、森林原人も加わってバチンッと強めに叩く。
夏川あかり「お口でしてくださいっ」
森林原人がクンニ。
夏川あかり「あぁ気持ちいいっ おかしくなっちゃうっ」
彼氏が見ている前で、知らずに他人のクンニで感じちゃう状況。
夏川あかり「あぁダメッ あぁイっちゃう!」

鮫島「イクの早いじゃん」
夏川あかり「だって目隠しされて興奮してる」

鮫島の「イクの早いじゃん」がちょっと怒ってて嫉妬してる感がある。
電マを当てながらおっぱいを舐める。

鮫島「俺のチンポでイキたいんだろ? これでイったらチンポ入れてやんないぞ」
ガマンさせるけど、だらしなく潮を垂らしてイっちゃう。
鮫島「勝手に潮吹いて」
夏川あかり「あぁ恥ずかしいぃ イクイクイクーッ」


目隠しのまま鮫島が仁王立ちフェラをさせる。

鮫島「入れてほしい?」
夏川あかり「入れてくださいっ」

四つん這いにして、挿入は森林原人。

ガツンッと一気に入れて、
夏川あかり「あぁん! 鮫ちゃんすごいっ おっきい! あぁすごい おっきいよう すごい硬いよ」
「鮫ちゃん以外のチンチンじゃ感じませんっ」と言っていたのに感じまくるのが面白い。こういう伏線回収も上手い。

夏川あかり「あぁいつもよりすごいよっ!」
と言われてギョッとした表情で驚く鮫島。勝ち誇ってニンマリする森林原人。
ドッキリ企画だけど、鮫島がガチで寝取られる感も面白い。
鮫島「なんて言った今?」
夏川あかり「いつもよりおっきい 興奮してるの? ああっ 気持ちいいっ 鮫ちゃんのチンチン大好き」


夏川あかり「今までで一番いいよ鮫ちゃん」
ガチではなくてヤラセとしては狙い過ぎなセリフではあるけど、鮫島が傷つく展開が面白い。

夏川あかり「またイっちゃう」
鮫島「イクな! イクな!」
夏川あかり「なんで!?」
鮫島「ガマンしろ!」

表向きはSM的なガマンさせるプレイだけど、鮫島の嫉妬にもなっているのが面白い。
夏川あかり「ああっ イクッ!」
鮫島「イクなっつったろ!」

強めに叩く。
夏川あかり「ごめんなさいっ なんで鮫ちゃん 気持ち良すぎっ」
夏川あかりが鮫島のセックスと勘違いして褒めるほど、イライラしてくる鮫島。
鮫島「そんなにいいか…?」
夏川あかり「ああっ すっごい!」


正常位でチンコを触る夏川あかり。
夏川あかり「あぁオチンチン熱い おっきい」
根元まで入れて、
夏川あかり「ああっ… これがいいっ」
鮫島「これがいいのか?」
夏川あかり「はい はいぃ」


しかし、ディープキスをすると、
夏川あかり「あれ? 鮫ちゃん?」
鮫島「そうだよ」
夏川あかり「ちょっ…… ん? えっ ちょっと待って」

チンコでは気付かなかったのに、ディープキスだと一発で別人だと気付くところが面白い。女の子はキスが好きだと言いますが、チンコとは違って誤魔化しが利かない。

目隠しを取って、
夏川あかり「えっ!? 森さん(笑)」
ドッキリらしいリアクション。

ネタバラシ中も突かれるけど、真顔で聞いている。
さっきまでアンアン鳴いてたのに、この状況じゃ感じてる場合じゃないというのが伝わる。

鮫島から逐一連絡を貰っていたことも話し、
夏川あかり「触んないでっ あぁ森さん気持ちいいっ 触んないでっ」
当てつけでセックスを続ける。

森林原人「なっちゃん 俺のなっちゃん」
激しくパンパンして、
鮫島「イクなって」
夏川あかり「だって 森さんのおっきいんだもんっ」
鮫島「おっきけりゃいいのか!」

鮫島が他の男のデカチンで女を寝取られるのは珍しいパターン。

嫉妬した鮫島がバック。
鮫島「これが一番だろ?」
夏川あかり「ああっ 鮫ちゃんのも気持ちいいよ」


節操なく感じる夏川あかりに、
森林原人「なっちゃんは誰でもいいんだろう!」
夏川あかり「ああっ そんなことないですぅ」
森林原人「なっちゃんは誰のチンポでもいいんだろう!!」
夏川あかり「ああっ そうですー オチンチン気持ちいいっ」

開き直る。
鮫島の側位から森林原人の騎乗位、
夏川あかり「ああっ おっきい!」
やっぱり森林原人のほうがデカいのが伝わるリアクション。

騎乗位で腰を振りながら鮫島を見つめて、
鮫島「俺にいつもやってるやつじゃん」
夏川あかり「あぁ気持ちいいっ」

見せつける感じが良いです。

鮫島が立ちバック→背面騎乗位。
夏川あかり「ああっ イクイクッ ダメ壊れちゃう!」
森林原人が正常位。
顔射体勢になると、チンコを握って舌を伸ばして受け入れる。

ねっとりと愛のあるお掃除フェラをしていると、
鮫島「いつまで舐めてんだよ」
夏川あかり「いっぱい気持ち良くしてもらったから」

お掃除フェラ中に鮫島が挿入。
鮫島も顔射してお掃除フェラ。

感想

ガチでやったら犯罪的な企画なのでヤラセ前提になりますが、凝った作りになっており、本物のドキュメンタリーのように撮れていました。このシチュエーションとして素直に楽しめた。随所に光る演出もあって、センスが良い。

男優3人のバトル

Chapter 1では黒澤、黒田悠斗、鮫島が夏川あかりを奪い合うセックス勝負という感じ。男優同士のセックスバトルというシチュエーションが意外とないので面白いし、1匹のメスを奪い合う3匹の野獣という感じの激しいセックスになっていた。

『出会って○秒で合体』シリーズみたいなカラミでもあり、驚き戸惑いつつも感じちゃうのがエロかわいい。

デートからのプライベートSEX

デートシーンも効果的でした。本当にデートを盗撮している感があり、ドキドキ感が伝わったし、夏川あかりが口説かれて落ちていく展開からのSEXも良いです。

デートシーンのおかげなのか、セックスもAV撮影とは違うプライベートで愛があるセックスに感じられた。強く抱き合っているだけで感情の高ぶりが感じられてエロいような。
年下で控えめな性格の夏川あかりが、距離が近づいてセックスでは積極的になる感じも良かった。仕事場の先輩後輩が恋人同士になる変化が上手く伝わった。

寝取られ

ネタバラシで鮫島が森林原人に寝取られる展開も良かったです。

「鮫ちゃん以外のチンチンじゃ感じませんっ」と言っていた夏川あかりが森林原人のチンコで感じるどころか「あぁいつもよりすごいよっ!」「今までで一番いいよ鮫ちゃん」と言っちゃう。鮫島のチンコとセックスを褒めているつもりなので遠慮なく言うけど、それにイライラさせられる鮫島の演技も良かった。ミイラ取りがミイラになる展開で、森林原人に寝取られる鮫島。

ネタバラシの後、怒った夏川あかりで当てつけで森林原人とのセックスを見せつけるのも良かった。特に騎乗位中に鮫島を見つめて笑顔で感じるところが印象的。

構成も上手かった。最初に好きな男優として名前を挙げたのが黒澤、黒田悠斗、鮫島、森林原人。Chapter 1では3人のバトルに勝った鮫島。でもChapter 3では森林原人に負けるような展開。デカチン男優の鮫島がチンコで負けて寝取られる展開もレア。
「鮫ちゃん以外のチンチンじゃ感じませんっ」と言った直後に他人棒で感じただけじゃなくて、最初にデカチン好きを指摘されて「いや そこは関係ないですよ(笑)」と言っていたのに、結局はデカいほうで感じちゃう。

ディープキスで別人だと気付くという演出もセンスが良かった。チンコは気付かず受け入れたのに、ディープキスだと一発で気付くという。鮫島と愛を感じるキスをしていたのも伝わる。

出典

配信開始日:2017/12/27
商品発売日:2018/01/01
収録時間:163分
出演者:夏川あかり
監督:X
メーカー:アイデアポケット
レーベル:ティッシュ

FANZA デート後お持ち帰りSEX×プライベート変態SMプレイ×いきなりSEX最後はNTRも!? 夏川あかり

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました