JKが短小包茎をイジる6シーン「小っちゃい 今まで見た中で一番小さい ……フフッ」

短小・包茎
短小・包茎

JKが短小包茎をイジる6シーンのオムニバス作品。シーン1、4、5、6ではJKがわりと自由に積極的に短小包茎をイジっていて、感想も「あぁ無理無理無理」だったり、「あ かわいい 好き好き好き」だったり様々。>>感想
FANZA 短小包茎いじめ

シーン1

ソファに座っている2人のJK。
監督「サナエちゃんとミカチンさん 今日ちょっと2人に見てほしいチンポは こちらです はい お願いします」
と言われて45歳の高橋さんがソファの中央に座る。
監督「じゃあ早速 粗チンを見ますか」
スーツを脱ぎ始めるが、それを見て「臭そう」と話すJK2人。
パンイチになってソファに座り、股間を手で隠しているが、
サナエ「見なくても小さそうじゃん」
ミカチン「うん 見なくてもなんか明らか小さそうだもん」
サナエ「隠してる時点で小さそうだね」
ミカチン「小さい証拠だよね」

見せる前から散々な言われよう。

恥ずかしがる高橋さんだがJKに「脱げよ」と言われてパンツを脱ぐ。
股間を隠そうとするも見られて、
サナエ「超小さいんだけど」
ミカチン「えっ!? マジ超小っちゃいし! マジ?」
サナエ「超小っちゃくない?」
ミカチン「マジヤバいし え 小っちゃ……」
サナエ「ヤバイね」
ミカチン「ヤバイね 今までのベスト3には入るよね」

上手いコメント。単純に「一番小さい」と言うよりもJKの経験豊富さが伝わる。
勝手につまみ上げて、
サナエ「超小っさいんだけど 超軽い」
ミカチン「ヤバイね 軽っ」

チンポの重さで判断するのは斬新。
ミカチン「ヤバイね ミニッツだねマジで」

オナニーをやれと命令。
ミカチン「もっと もっと もっと速く」
言われるがままにシゴく45歳男性。
ミカチン「こんなんホント勃つの?」
サナエ「勃たなそう」
ミカチン「え 今勃ってんの? 勃ってないの?」
サナエ「これが限界?」
男「うん」
ミカチン「え 限界これ?」
サナエ「ありえないんだけど(笑)」

勃起しているかどうかもわからないサイズらしい。
ミカチン「今までヤってきた女の子 絶対満足してないよね」
サナエ「ね」
ミカチン「みんな演技だよ 多分バックで入れられたら寝るよこれ」
サナエ「あはははっ」
ミカチン「寝ちゃうよマジ わかんないよね 夜中につっこまれてもそのまま爆睡だよね わかんねーよみたいな」

高橋さんの苦笑いも良いです。
サナエ「つーか入った? みたいな」
ミカチン「昨日ヤったっけ?みたいな 夢でしょみたいな」


ミカチン「って言うかさぁ 奥さん満足できんの?」
サナエ「できないでしょ」
ミカチン「どうなの?」
男「奥さんいますよ 子供もいます」
ミカチン「えー!? コレで出来たの? マジありえないんだけど 奥さんぜってー男いるし他に こんなんじゃやってられねーよ」


ミカチン「私の指の3本分じゃね?」
サナエ「2本ぐらいじゃない?」

実際に指と比較して、
ミカチン「超小っちぇーし ほら見て 3本よりねーし 2本だ2本 超小っちぇーんだけど」
サナエ「指のほうが長いんじゃない?」

JKの指より短く、太さも2本分という。

罵倒されつつも興奮したらしく、
ミカチン「っていうかガマン汁出てんだけど 糸引いてっし」
平然とガマン汁に触って糸を引く。
ミカチン「うちの弟 小学生だけど 小学生のチンコより小っちぇーみたいな」
サナエ「っていうか小学校の時から成長してないんじゃね?」

小学生との比較で負けるという屈辱。

ミカチン「ヤバイね 経験人数超少なそう」
だが意外と経験豊富だと語る高橋さん。いろいろ攻めるらしく、
サナエ「ありえない これでイカせた事あるの?」
ミカチン「自分のチンコ入れるフリしてバイブつっこむんでしょ」
サナエ「あははっ バイブのほうがデカいしね」
ミカチン「バイブのほうデケーし」


罵倒しながら粗チンを指でつまんでシコシコしてあげるサナエちゃん。
勃起しても親指と人差し指でつまむしかないガチの粗チン。
サナエ「超小っちゃいんだけど これで全開だよ」
ミカチン「ヤバイね ってか手コキしてあげたんだから ちょっとお金ちょうだいって感じだよね」


2人で手コキというか指コキ。
ミカチン「ヤバイね コンビニのフランクフルトより小っちぇーみたいな(笑)」
しばらく指コキを続けて、
サナエ「なんかすぐイっちゃいそうだね」
男「うん 早いね」
ミカチン「聞いてねーし 聞いてねーのに答えんなし」

指コキしながら観察して、
ミカチン「玉も超小っちぇーんだけど ほらヤバくね? なにこれ 小っちぇーなマジ」

罵倒しながら指コキを続ける。
サナエ「ははっ 小っちえ(笑)」
ミカチン「小っちえ もう小っちえ以外に言う事ないんだけどマジで」

罵倒の言葉も出尽くしたか。
男「イっちゃいそうになっちゃうもう」
サナエ「イクとか超早いんだけど」

早漏もチクリ。
指でつまんで必死にシコシコする画も良いです。

男「あぁイキそう 気持ちいい あぁイクッ」
 ドピュッ
ミカチン「ヤベー 出したし」
サナエ「うわぁ 超すげぇ こんなんでこんなに出るもんなの? こんな小さいのに」

竿も玉も小さいのに射精量は立派みたいで驚く。

監督「はい どうでした?」
サナエ「……粗チン(笑) 超小っちゃい ありえない」
監督「一番ですか?」
サナエ「三番目ぐらいに入る」
監督「三番目 あ もっと小っこいのもいた?」
サナエ「ま まぁまぁ でも小っちゃい」

安易に監督に話には合わせず、自分の感覚で喋るのが良いです。
監督「好きですかこのチンコ? ズバリ」
サナエ「つーか入ってるかどうかわかんないし 無理でしょ」

ミカチンにも質問。
監督「彼氏がこういうチンチンだったらどうですか?」
ミカチン「ってか そんな奴と付き合わねーし(笑)」
監督「すごいカッコいい子なんだけど このぐらいの粗チン」
ミカチン「あぁ無理無理無理 顔だけじゃダメだね」
監督「チンコもデカくないと?」
ミカチン「そうだね」

シーン2

ミヨちゃんとお父さん。
監督「お父さん ミヨちゃんに聞いたんですけど お父さんの はっきり言いますと股間がですね 小さいっていう事で」
お父さん「自慢できるほどじゃないけど まぁ そうですね」
監督「娘さんに手コキをさせてるって話を聞いたんですけど」
お父さん「うちは普通にやってますよ」

ちょっと非現実的なシチュエーション。
話を聞いてから実際にそれを見せてもらう。
ミヨ「お父さんのオチンチン見てくださいね ほら見て お父さんのオチンチン 包茎で小さいでしょ」
カメラに見せつけて指でシコシコ。
ミヨ「お父さんのオチンチン小さいよね ほらぁ」

わりと無言で手コキしながら乳首舐め。
最後はフェラで口内射精だけど、直前にカットが入って射精時の演技もわざとらしい。
精子を見せずにごっくん。

シーン3

顔モザイクのアヤちゃんは生でチンポを見た事がないという。ここも茶番っぽい設定。
目隠しをしてポークビッツをしゃぶらせる。その後に粗チンを握らせる。
目隠しを取ってもらってビックリというドッキリ。なぜか顔モザイクも消える。

初めてチンコを見るので大きいのか小さいのかわからないと言い、普通サイズの男優にも登場してもらう。
監督「どう比べて?」
アヤ「違う」
監督「どう違う?」
アヤ「大きさ? え どれぐらいが普通なんですか?」

2本とも勃起して、
アヤ「こっちが大きいです こっちが小っさい こんなに差があるんですか? 初めて見たからビックリ」

粗チンに集中して、
監督「これ包茎っていうんだけど 知ってる?包茎って」
アヤ「あ なんか聞いた事ある 皮 皮を被るんですよね」

定番の包茎イジりで皮を引っ張ってもらう。
アヤ「え なんか痛そうです」
そのまま皮いじりで終了。

シーン4

ギャルっぽいJKが37歳の男性を連れてきた。
話を聞いてから、その粗チンを見せてもらうと、
JK「うわ超小っちゃい なにこれ 親指しかないじゃん私の」
男「やっぱり小っちゃいですか」
JK「うわぁ小っちゃい 全然こんなんじゃ私 満足できないわ」
男「あ やっぱりそうですか……」
JK「うん だってこんなだよホントに 見て見てほら」

指を並べて比較。
JK「ほら見て 親指とまったく一緒ぐらい」
男「でも太さは 親指よりちょっと……」
JK「全然変わんないし」

太さであがく必死さも良いです。

JK「しかもなんか ホントに皮被ってるし」
臭いも嗅いで、
JK「うっ 臭っ! なにこれ なんで臭いの? 包茎だから?」

皮を引っ張るように言われて、
JK「やってる方の気にもなってよねぇ 超臭そう」
文句を言いつつ引っ張る。
JK「ねぇねぇねぇ これどこまで伸びるの? 試してみてもいい? ビローン ここまで? もっと伸びないの? 横に広げちゃおう」
けっこう楽しそうにいじる。

JK「超指とか入りそう 見て 入っちゃった」
皮の中に指を入れる。皮に包まれた状態でグリグリ動かしても離れない。
JK「すごーい なんかこれ包茎じゃなかったら出来ないもんね」

耳かきを渡されて皮の中につっこみ、チンカスをほじくり出す。
JK「ほらぁ ねぇ オジサン超ビッシリ なにこれー」
チンカスの臭いを嗅がせ、舌にも乗せて「おえっ」となる。

輪ゴムで巾着袋みたいに先端を縛る。
その皮の先っちょを噛んだり舐めたり。
噛んで引っ張り、
JK「ここまでぐらいしか伸びないよー」
吸って引っ張ったりもする。

皮を踏んでもらうためにパンストとハイヒールの靴を渡す。
監督「かわいいパンツ穿いてるね」
JK「見ないで 超恥ずかしいんだけど」


JK「いいの? いくよ ギュウッ」
ヒールで皮を踏む。
JK「痛い?」
男「痛いっ あ あっ」

本当に痛そう。
JK「えー ってか超いじめたくなるんだけど ほらほらほら 痛いでしょ」
ナチュラルなSっ気。
JK「思いっきりいくよ次 せーのっ」
男「くっ……」
JK「超ウケんだけど マジ痛がってるし」

けっこうエグい踏み方。

踏みながら唾を飲ませたりもする。

JK「けっこう痛かったっしょ 超かわいそう」
手コキで癒してくれる。
JK「すごーい 粗チンがちょっとずつ元気になってきてる」
射精には少し苦戦したけど、最後は手コキで射精。

シーン5

27歳の稲葉さんもシーン4と同じでJKに連れて来られた。
JKに包茎男を逆ナンさせるミッションだったみたいですね。

JK「見たいです」
監督「なにを?」
JK「その彼のオチンチンを」
監督「粗チンを」
JK「粗チンを(笑) 見たいです」

と言われて素直に脱ぐ男。かわいいJKに「見たいです」って言われたら恥ずかしいながらも嬉しくもある。
JK「楽しみです」
体を揺らしてウキウキして待つ。

監督「じゃあ オープンザハンド」
チンコを見せると、
JK「ぷっ えーっ? 小っちゃ 小っちゃい(笑)」
今日一番のナイスリアクション。素で吹いちゃった感と馬鹿にしたような笑顔がかわいい。

自ら近寄って見て、
JK「えー すごい初めて見たぁ」
監督「小っちゃい?」
JK「小っちゃい 今まで見た中で一番小さい ……フフッ」

キラキラした笑顔でガン見しながら言うのが良いです。少し間があって吹き出しちゃうのも面白い。

監督「どうですか包茎は?」
JK「不思議 思ってたのと違います 包茎ってこういうのなんですね」
監督「どういうのだと思ってた?」
JK「初めて見ました包茎」
監督「どこが違いますか?」
JK「え なんか こうなってる」

指で皮の具合を表現。
監督「どうなってる?」
JK「被ってる(笑)」


興味を持ってマジマジと見ているのが良いです。
JK「フフッ あぁすごーい」

監督「ちょっと皮をつまんでみましょうか」
JK「いいですか?」
男「はい」

喜んでつまみたがる感じ。口元をニヤニヤさせながら先端をつまむ。
かわいいJKに興味津々で喜ばれながら包茎をイジってもらえるのは嬉しそう。

JK「え これどうなってるの?」
覗き込んで構造を把握しようとする。

JK「フフフ すごいです」
男「痛いです」
JK「痛い? ごめんっ」

痛いと言われて慌てて手を離す。
JK「ごめんごめん」
でもすぐにまたつまんで引っ張る。

JK「え?」
指示されなくても自分で開いて皮の中を見る。そして自然と笑顔になっちゃう。
JK「なんか かわいいかも」
監督「かわいい? 被ってたほうがかわいい?」
JK「うん」

包茎チンポを気に入ったみたいです。

好き放題に見て触って、
JK「あ かわいい 好き好き好き」
包茎チンポで大喜び。

JK「あ シワくちゃになった」
指先で先端を整えようとしてくれる。

監督「かじってみる? 皮」
JK「えっ!?」

驚くけどすぐに噛んでくれる。
亀頭を噛まないように慎重に皮の先端を狙って噛んでいるのが伝わります。
男「痛い」
JK「エヘヘ ごめん」

噛んでグリグリしたり、自分から積極的。
監督「いいねぇ」
JK「面白かも」
監督「チンコかじったことない?」
JK「ない ないないない かじるとこじゃないもん なんかガムみたい 柔らかい」

食感まで伝えてくれる。

皮剥きにも挑戦。
JK「ホント痛くない?」
男「大丈夫」

ここまで好印象だったが皮を剥くと、
JK「あー 汚い(笑) ちょっとなにこれ ちょっと汚い やだー!」
チンカスで大幅なイメージダウン。
ただ、チンカスは剥いた後にカットして付け足したような感じですけどね。
チンカスを触って臭いを嗅いで舌に乗せてごっくん。

最後は手コキで癒しの時間。
JK「え これは剥かないほうがいいの?」
男「はい」

包茎に気を遣った手コキ。

皮を引っ張って剥けないようにするための対包茎用手コキが面白い。
JK「フフ 小っちゃいのに硬くなってきた」
素直な感想が粗チンなぶりになる。

男「おっぱい触っていいですか?」
JK「どうぞ」

おっぱいを触って興奮したみたいで、
JK「あ 超硬い 小っちゃいのに(笑) 触ると大きくなっちゃうの?」
男「はい」

JKを脱がそうとすると高速手コキをされて、
JK「早くしないと出ちゃうよ」
でも無事におっぱいを出す事に成功。

JK「ねぇねぇねぇ」
男「はい」
JK「小っちゃくてもさぁ ヌルヌルするの好きなの?」
男「はい」
JK「フェラ好き?」
男「はい」

包茎チンポをフェラ。
JK「小っちゃーい かわいい」

短小なので根元まで楽々と丸呑み。
手コキとフェラで口内射精。今回も擬似っぽくて精子を見せずにごっくん。

シーン6

シーン5の続き。
JK「さっきのすごいかわいかったです かわいい包茎君でした」
別の包茎君が登場して、
JK「さっきの包茎君よりすごいです だって皮の量が すごい さっきの人より伸びる」

作り物みたいに伸びる皮。
JK「フフ なんか別の生き物みたい ちょっと遊んでもいいですか?」
引っ張ったり捻ったりして遊ぶ。
JK「あぁこうなってるんだぁ へぇ」
皮の中に指を入れたりもする。

監督「中に何が?」
JK「中にかわいいオチンチンがあります すごいかわいい……とか言って 皮がここまで伸びたら オチンチンがここにある」
監督「縛ってみましょうか」
JK「縛れそう(笑) ゴムで? チンチン縛るって……初めて」

皮を引っ張りながらゴムで縛る。
JK「あ 縛れる縛れる」

上手に縛れて大喜び。
JK「まるで本物のウインナーのようです 今はチンチンは見えません」

監督「かじってみましょうか」
先端を噛んで少し引っ張る。
JK「伸びます」

言われなくても自分でずっと噛んだり吸ったりしている。
監督「面白いですか?」
JK「うん面白い」

いじられすぎて膨らんで爆発しそう。
JK「なんか赤いんですけど」

監督「しゃぶってみたらどうなる?」
JK「ここ? こっち?」
監督「両方 ぱっくりと」
JK「フフ ウインナーだから?」

パクッと根元まで咥える。
JK「あ 面白い」

バキュームフェラをしていたら、
JK「んっ!? あはは へへ 付いちゃった」
輪ゴムが舌に引っ付くハプニングもかわいい。

意味が違うけどゴム無しフェラ。
JK「下から上まで全部皮です チンチンありません 本体がないです」
優しくペロペロペロペロ。
JK「この包茎のオチンチン 美味しいです」

フィニッシュは皮が剥けて顔射状態。
JK「うわいっぱい(笑) 出ました っていうか鼻に付いちゃった(笑)」

感想

ナチュラルな包茎イジり

シーン1、4、5、6のナチュラルな包茎イジりが良かったです。共通して言えるのがJKが自分から積極的に動けていて、感想もそれぞれ自由で違っていたところ。なぶったり好きと言ったり反応が違うので、6シーンあっても単調にならないですね。
シーン2とか3みたいに不自然な設定にしてしまうと、動きも制限されてコメントもセリフを呼んでいるだけみたいな空虚さがあります。シーン4と5のチンカス付け足しとか、シーン2や5の射精したフリとか余計な演出でナチュラルさを削ぐところもある。

中でもシーン5と6のJKがかわいくて、包茎イジりも興味津々で楽しそうにやっていたのが良かったです。最初に包茎チンポを見た時のリアクションも一番良かった。かわいいJKに喜ばれて包茎君も嬉しかったんではないでしょうか。
「包茎好き」と言って喜んでくれているからこそ、ナチュラルな感想として「小っちゃいのに」というのが強烈なディスにもなる。

ミカチンの包茎なぶり

シーン1のミカチンはコメントセンスがあって、包茎なぶりとして面白かったです。指と比べたり、小学生の弟と比べたり、屈辱を与えるのが上手かった。

総評

【VERY GOOD】4人のJKのナチュラルな包茎イジり
【VERY GOOD】シーン5~6のJKがかわいいし、包茎イジりも楽しんでいた
【GOOD】ミカチンの包茎なぶりのセンス
【BAD】射精したフリやチンカスの付け足しなどの演出
【BAD】旧作なので画面サイズが4:3で解像度もSD

価格改定によって500~1,480円になりました。

配信開始日:2018/04/17
収録時間:92分
メーカー:ラハイナ東海
レーベル:JJ(ラハイナ東海)
FANZA 短小包茎いじめ
FANZA 短小包茎いじめ

DUGA 短小包茎いじめ

XCITY 短小包茎いじめ

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました