絶望的にモテないオジサンに同情したガールズバーのビキニギャルが女慣れの練習に協力するけどまさかのイカされ

ガールズバーの極上ギャルが絶望的にモテない客に同情し、女慣れの練習に付き合ってあげることに。でも前戯でギャルの方が感じてくるが、あくまで協力してあげる立場なので自分が感じるのは隠そうとする。しかし挿入では耐えきれなくなって「ひゃああっ イクッ イクイクイクッ 待ってイっちゃう…… ああっ イクッ…… イクッ…… あぐぁ!」とイカされ。最底辺のモテない小っちゃいオジサンに極上ギャルを感じさせられる姿が良かった。>>感想
(FANZA モテない僕が偶然訪れたビーチ近くのハイレグビキニで接客してくれるガールズバー)

シーン1

近藤ゆき「ん? いらっしゃいまーせー」
ガールズバーに客が来店したところから。
開店直後という事で最初の客のようです。
男「じゃあ とりあえずビールお願いします」
近藤ゆき「とりあえずビール 了解ですっ」

ちゃんと接客しています。それにしても良い体。

極上のギャルに対して客は小柄でハゲていてパッとしないオジサン。
ギャルの体に見入っています。

近藤ゆき「コースター はい」
横から見る体も良いです。素直に抱きたくなる体。
これをパッとしないオジサンが、この後に抱いちゃうのか。

初対面の客とスタッフらしい他愛のない会話をする2人。
男「普通の会社員です」
近藤ゆき「まぁたしかに サーファーには見えないですもんね(笑)」

少し喋ってから冗談も言うようになる。
オジサンは予定があって近くに来たけどすぐ終わっちゃったらしく、飲める店はほとんどが開店前で、このガールズバーだけが営業していたという状況らしい。
近藤ゆき「なんでこんな早くからうちやってるのかわからないけど でも良かった 誰かの役に立てて」
近藤ゆきは演技が上手くて、スタッフらしい自然さがある。水着を着ている理由の説明とかスムーズでしたし、ちゃんと仕事するスタッフ。AVの設定にありがちなチープな作り物感がなくて良いです。

開店準備がひと段落して一緒に飲むことに。
乾杯し、飲みながらしばらくお喋り。楽しく喋っていたが、
近藤ゆき「さっきからちょっと気になってたこと訊いてもいいですか?」
男「あ いいですよ はい」
近藤ゆき「あの その恰好で海に用事って何だったんですか?」
男「いや ちょっと実はですね……」
近藤ゆき「え 海見に来ただけじゃないですよねきっと」
男「あの ちょっと女の人とですね一緒に来たんですけど」
近藤ゆき「あー 一緒には来たんだ」
男「はい あのちょっと 海に着いたら もういいですって 帰っていいよって言われちゃった」

オジサンとしては一緒に楽しむ予定が、送っただけで終了となり、無駄に時間が余ってしまった。
近藤ゆき「良く言えば運転手ですよね 悪く言えば……いや 良く言うだけにしときましょ 優しい運転手さんですね」
気遣いしてくれます。

同情してかける言葉に詰まる近藤ゆきでしたが、オジサンが独身でキャバクラ嬢に本気ということを知り、さらに困ってしまう。オジサンは上司に連れられて行ったキャバクラで、営業トークやメールを本気で信じてしまったようです。
近藤ゆき「あー まぁアレですもんね 初めてのキャバクラだし」
男「そうなんですよ」
近藤ゆき「お姉さんたちがどういう人かわからないし それがデフォってことも知らないし ってことですよね」
男「まぁちょっとよくわからないし」
近藤ゆき「ですよね」

キャバクラ嬢にいいように利用されているオジサン。「優しい」「連絡をマメにくれる」など、付き合える可能性を感じているようでしたが、近藤ゆきがキャバクラ嬢の営業のやり方を無知なオジサンに教えてあげる。「こういうことなかったですか?」と訊くとオジサンが「ありました 何でわかるんですか?」とピュアに反応するのが面白い。
近藤ゆき「キャバ嬢の中で デフォルトの 通常の営業ってやつです」
ただの太客だとも知らず、結婚する気で指輪まで買っていたという。
近藤ゆき「それはちょっと1回 止めときましょう」
馬鹿にする感じじゃなくて親身にそして慎重に相談に乗ってあげている感じ。

女性に免疫のないオジサン。
男「これってやっぱり僕がモテないからですかね……」
近藤ゆき「いや あの んーっと 決してそういうわけではないと思うんですけど」
男「そうですか」
近藤ゆき「何て言うんでしょうかね…… いや別にお兄さん悪くないですよホントに」

でも上手く言葉が出てこない。
近藤ゆき「少し…… 飲みましょうか」
隣で飲んでくれる。本当は良くないと言うけど、同乗して慰めモードに入る。
オジサンがパッとしない自分のことを語り、優しく相談に乗ってくれる。
近藤ゆきの演技も上手いけど、オジサンのモテない人生語りも生々しい。台本じゃなくてアドリブでやっている感じだから、ガチの相談っぽくなっています。良いリアリティ。あまりのモテない人生で、
近藤ゆき「モテない…… モテないって何なんだろうね……」
相談に乗る側が追い込まれる感じ。

近藤ゆき「そんなに暗くならないで」
男「そうですか いやなんか 今回ばかりはちょっと…… キツかったです」
近藤ゆき「もー なにー 悲しくならないでー」
男「いや大丈夫ですよ 大丈夫ですよ」

さらに話を聞いていくと、オジサンの自信のなさが全ての原因ではないかと考える。
近藤ゆき「自信つけてほしいんだけど……」
銀行員だからスペックは悪くないと励ます。
男「でもモテないですよ はい……」

近藤ゆき「ダメなところわからないと 改善のしようがないじゃん ちょっとね お客さんもまだ来てないから 何をどう直したいのか教えて 協力するよ」
どうしようもないオジサンを何とかしてあげたい気持ちが伝わる。
でも慰める方法も見つからず、自分に絶望して泣きに入るオジサン。
近藤ゆき「泣かないでよもう 大丈夫だから ダメじゃないから!」
男「そうすか……」
近藤ゆき「うん 良くないよ そうやって言うの」
男「いやぁ ちょっと キツいなぁ」
近藤ゆき「大丈夫だよ」

思わず手に触れると、オジサンは手に触れられたことすらあまりないと言う。
近藤ゆき「不快じゃなかったら 全然 手ぐらい触るよ」
開始から約35分、ようやくのボディタッチ。けっこうドラマ部分をしっかり作る作品。
男「すいません」
近藤ゆき「大丈夫か?」


男「女性に慣れてないもんで」
近藤ゆき「女性に慣れてない…… 女性に慣れてない…… そっか じゃあ わかった! 慣れよう! 女性に そこじゃない?」

スカッとするひらめき。これまでの女性と接した経験を訊いて、
近藤ゆき「ちなみに経験は?」
男「1回だけ お店で」

風俗で童貞を捨てたけど、オバサンが相手だったらしい。
男「断るのも ちょっとアレだったんで……」
近藤ゆき「まぁ たしかに」

初体験すらパッとしなかったオジサンがますます可哀想で、
近藤ゆき「じゃあ慣れるために うん 私頑張る 頑張る とりあえず で さっき おっぱいの方が良いって言ってたでしょ 私ちょうど出てるから」
男「あ…… そうですね」
近藤ゆき「そっから慣れてこう ……慣れ……よう」

と言った後の間も良いです。おっぱいを触らせてくれる流れになったドキドキ。

近くでガン見させてあげるけど、あまりにもマジマジと見られて素で笑っちゃうような反応がかわいい。
近藤ゆき「ホントに見ないんだね(笑) 普段ね 多分ね いいよ もうこういうのから慣れていかないとさ」

匂いを嗅ぎ始めて、
近藤ゆき「何でクンカクンカしてるの?」
男「いや すいません 良い匂いがして」
近藤ゆき「良い匂いする?」


男「あの お尻も見ていいですか?」
近藤ゆき「お尻? ……見よう お尻も見せようっ」

変態的にガン見されるけど、
近藤ゆき「いいよ もう私は協力するって決めた」
ここでも見られ過ぎて笑っちゃいます。
近藤ゆき「見てて楽しいか?」
男「はい」
近藤ゆき「うん なら良かった」


男「触っていいですか?」
近藤ゆき「……いいよ もう触りな」

オジサンに女慣れさせることが最優先になっているので、お触りもすんなりOK。
お尻と太腿を揉みまくる。
近藤ゆき「わかった もう多分 思う存分触るがいいよ そうじゃないと慣れない 練習しよう ねっ」

前からも触らせてもらう。
股間も、
男「触ってもいいですかね?」
近藤ゆき「どうぞ」

マンコをプニッとされたときの表情が良いです。
近藤ゆき「言ったから 思う存分触りな」
タイトルに『ハイレグビキニで接客してくれるガールズバー』とあり、それを堪能する時間でもあります。

舐めるのも許可される。
堂々と舐められる体勢になるけど、舐められると少し腰が引けちゃう反応がかわいい。
口をギュッと閉じて喘ぎ声をガマンしているようでもある。

見るのも、
近藤ゆき「オッケー いいよ」
いざ見られると目を閉じて恥ずかしそう。
近藤ゆき「そんなジロジロ見ないで 今だからいいんだよ でもこれから気をつけてね」

舐め方が激しくなると、感じるのを耐えるような反応なってきて、
近藤ゆき「ちょっと もういいんじゃないかな ちょっと待って わかった ちょっと待って ちょっと待とう」
男「はい」

逃げるようなストップ。

近藤ゆき「ちょっと待ってて」
どこかに行ってから戻って来て、
近藤ゆき「はい 今 鍵閉めて来ました だから もう何でもいい いいよ」
本格的にヤル気になった感じ。
自由なお触りタイムになり、おっぱいに顔をうずめる。
近藤ゆき「それやりたかったのね どうぞどうぞ」

棒立ちのままおっぱいを出されて舐められる。
そこから下りていって手マン。舐めまくり触りまくりの時間。

下を脱がせて椅子に座らせてクンニ。
少しだけ息を漏らして感じるが、口を閉じて耐えたりもする。
でも次第に感じていく変化がわかります。

気持ち良くなって、
近藤ゆき「うん 上手」

手マンが激しくなると悶えて、喘ぎ声が大きくなる。
脚をギュッとくっつけて下半身に力が入っている反応が良いです。ビクッとしたりもする。
オジサンを慰めるはずが、自分が気持ち良くなっちゃっていく。

近藤ゆきを感じさせて股間にテントを張ったオジサン。
男「ちょっと触ってください」
近藤ゆき「触るだけでいいの?」

クンニと手マンで気持ち良くなった近藤ゆき、サービスする気が満々です。

近藤ゆき「舐めてほしい? いいよ 舐めてあげるよ」
オジサンの前で座り、
近藤ゆき「脱いで」
チンコを出させるとすぐに握る。

大きく口を開けて亀頭をパクッ。
近藤ゆき「どこが気持ち良い?」
優しいフェラ。

それなりに近い画も撮ります。

フェラしている時の体のラインも良い。
男「あぁ…… あぁ……」
気持ち良さそうなオジサン。本当に女性に免疫がなかったらすぐイっちゃいそう。

男「もう もう……」
近藤ゆき「なになになに(笑)」
男「入れたくなっちゃいました」
近藤ゆき「入れちゃうの? もう入れんの? 入れたくなっちゃったの? フフフフ」

立ち上がると腰の高さの違いがわかる。

近藤ゆき「いいよ じゃあ入れちゃおっか」
腰を下げてもらって立ちバック。オジサンなのに大人と子供の体格差で負けてる。
でもチンコをズブッと入れると近藤ゆきの表情が変わり、
近藤ゆき「んんっ……! あっ 待って いきなり動かさないで」

セックス経験1回のモテないオジサンのセックスで表情を歪めて感じる近藤ゆき。
極上ギャルが最底辺の男に感じさせられるフェティシズム。
近藤ゆき「んんっ…… んっ!」
耐えているような反応も良いです。ノリノリで感じた演技をしてくれるよりも耐えようとしているけど耐えきれていない反応の方が本当に感じさせているように伝わる。

近藤ゆき「あっ! んんっ」
ピストンされて喘ぎ声がガマンできなくなってくる。
カウンターにしがみついて体勢を保っているようでもある。

オジサンが椅子に座って体位の変更をお願いする。
近藤ゆき「なんでいきなり抜いたのと思ったらそういうことね」
男「ダメですか?」
近藤ゆき「どうぞ いいよ いい……いっ! ぐぁ ぐっ……」

余裕で「どうぞ いいよ」と言った直後に挿入されて「ぐぁ ぐっ……」と歯を食いしばるような反応が良かったです。

小さいオジサン、椅子に座って腰の高さを合わせる頭脳プレイ。
近藤ゆきの感じっぷりも高まって、舌を出したりもする。小さいオジサンに犯される姿が良いです。

ついに耐えきれなくなって、
近藤ゆき「ひゃああっ イクッ イクイクイクッ 待ってイっちゃう…… ああっ イクッ…… イクッ…… あぐぁ!」
良いイキっぷりでした「ひゃああっ」と情けない声を出して、オジサンの太腿をパンパンパンッとタップ。「待ってイっちゃう……」と言って最後の抵抗からの「あぐぁ!」と果てる。素直にイクんじゃなくて抵抗しつつイカされちゃう感じが良い。
イカされた後に膝がガクガク。
近藤ゆき「はぁはぁはぁはぁ……」

男「上になってください」
仰向けに寝ようとするオジサンの横でフラフラな近藤ゆき。
女慣れさせてあげるはずがコテンパンにやられています。

騎乗位。
近藤ゆき「気持ち良い?」

騎乗位でもイっちゃいます。
イク瞬間に脚をギュッと閉じるのが良いです。
その後に脱力。全身で表現しています。

男「後ろ」
近藤ゆき「後ろ? 後ろ ちょっと待って 後ろね はぁはぁ……」
男「後ろ」
近藤ゆき「わかったから ちょっと待って ふー……」

ヘトヘトで動けなくなっている近藤ゆき。
腰の浮かせ方とか立ち上がった時の膝のガクガクとか、全身ヘトヘトにされちゃっている感じが良いです。
カウンターにしがみつきながらフラフラとゆっくり反転。

背面騎乗位。
後ろから見ても良い体。

激しくピストンするけど、近藤ゆきがイって大きなお尻をビクンビクンさせる。
近藤ゆき「んくっ!」

再び立ちバック。
やはり小っちゃなオジサンに突かれて極上のギャルが感じる姿が良いです。

喘ぎ方も、まだ耐えようとするようなうめき声にも近い。

男「あっ あっ あっ あぁイキそうっ」
立ちバックで中出し。
ピストンが止まってカウンターにグッタリ。
近藤ゆき「はぁはぁはぁはぁ……」

膝がガクガクの中で精子を確認。
近藤ゆき「出しちゃったの?」
男「あ 出しちゃいました」
近藤ゆき「もーう しょうがないなぁ」

お姉さんぶるけど膝がガクガクで上半身もグッタリ。

生まれたての小鹿みたいにプルプルしちゃうけど、

そのまま座って、
近藤ゆき「頑張るんだよ 約束ね 頑張って」
自分がヘトヘトなことをごまかす感じが良いです。プライドのようなものも感じられる。

シーン2

2人目は早川瑞希。客が来なくて暇していたところに1人の男性客が来店。
Tバックで布が小さい水着。こちらも凄い体。
落ち込んでいる客の手相を見たり、一緒に飲んだりして励ます。

近藤ゆきとキャラは違っていて、ホロ酔いになると早川瑞希の方からエロく男性客に迫る感じ。
男の前戯の後に早川瑞希がフェラ。
騎乗位で挿入。今回もヒョロい男とダイナマイトボディの女というカラミ。
騎乗位→背面騎乗位→バック→立ちバック→椅子を使った正常位で中出し。

感想

ドラマとしての作りが丁寧でシチュエーションに入りやすかった。特にシーン1は冒頭35分の相談がしっかりしており、絶望的にパッとしないオジサンに近藤ゆきが体を許す展開に説得力がありました。そこからのカラミでの逆転展開のような流れも良かった。

極上のギャルとモテなくて女への免疫がなくてキャバクラ嬢に騙されるオジサン。相談に乗ってくれてアドバイスもしてくれて、ギャルの方が大人な感じで、女慣れの練習までしてくれる。でも前戯で少しずつ感じちゃうギャルだけど、喘ぎ声をガマンして、あくまで自分が感じるんじゃなくてオジサンの練習に協力してあげている体裁を整えようとする。それでも感じさせられる姿が良かった。
挿入すると感じ方が激しくなり、ガマンが難しくなってくるが、なんとか最後まで耐えようとする姿勢は続ける。立ちバックでイカされるところが一番良かった。「ひゃああっ」と情けない声を出して、オジサンの太腿をパンパンパンッとタップ。「待ってイっちゃう……」と言って最後の抵抗からの「あぐぁ!」と果てる。素直にイクんじゃなくて抵抗しつつイカされちゃう感じが良い。その後の脚のガクガクも。
でもオジサンとの会話では弱さを見せない意地とプライドもある。中出しをされた後もヘトヘトのクタクタなんですけど「もーう しょうがないなぁ」「頑張るんだよ 約束ね 頑張って」とか、お姉さん的なポジションを貫く。膝がプルプルしてから座ってごまかすのも上手かった。
サービスで派手に感じてあげるより、ガマンしようとするけどガマンできない感じの方が、本当に感じさせられているようで良かったです。絶望的にモテない人生を歩んできた最底辺のオジサンのセックスで、経験豊富そうな極上のギャルがヘトヘトにさせられる姿がエロかった。

シーン1も2も体格が女性の方が大きくて、それも男として屈辱的な中、チンコでイカせてヘトヘトにするのも良かった。経験も体格でも負ける中でジャイアントキリングなセックス。
近藤ゆきは相談の乗り方も男前で姉御肌でしたので、そこからのヘトヘトのフラフラにされる落差が良かった。

トーク時間が長いですが、近藤ゆきも早川瑞希もハイレグビキニが似合うダイナマイトボディで、それをずっと見られるのでエロさは122分ずっとありました。隣の椅子に座っているところはVRで見てみたい。
盗撮風だから遠目のカメラが多いので、もっと近くの画をたくさん見たい気持ちもありました。

作品紹介ありがとうございました。

商品発売日:2018/08/01
収録時間:122分 (HD版:122分)
出演者:
メーカー:F&A
レーベル:F&A

FANZA モテない僕が偶然訪れたビーチ近くのハイレグビキニで接客してくれるガールズバー

MGS動画 モテない僕が偶然訪れたビーチ近くのハイレグビキニで接客してくれるガールズバー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top