【VR】声を出しちゃいけない系の作品において今までで最高のリアルなヤバい体験

浜崎真緒と町中の車内でカーセックスするVR作品。歩行者の会話や笑い声が多くて、リアルな町中の真ん中にいるのを感じながらセックスするヤバさは今までに体験した事がないレベルでした。浜崎真緒が感じて大きな声を出しちゃうと、反射的に「やめて!」って思えるほど。浜崎真緒の剥き出しのエロさに勃起して、リアルな町中にいる事に心からビビッて萎える。この狭間でセックスする現実と非現実が背中合わせのVR体験。>>感想
(【VR】VR真夏の炎天下の狭い車内で汗だくになって肉食系カーセックスしまくりました 浜崎真緒)

パート1

車内にいて、目の前で浜崎真緒が自分の体を触って感じている。
車外からはエンジン音、足音、女性の会話が聞こえる。リアルな町の生活音。

喘ぎ声を漏らしながらオナニーする浜崎真緒ですが、それよりも周りの生活音が気になる。本当にリアルに町中に車を停めてカーセックスするヤバさを感じる。フェイクっぽさがないのが凄い。リアルにやると、女よりも周囲にバレないかを気にするのが自然だというのを実感できます。

おっぱいにツバを垂らして塗りたくり、乳首が透ける。喘ぎ声もエロい。
……けど、それどころじゃなく周りが気になる。エンジン音とクラクションにビビッてしまう。さらに人の声も近くて、車のドアをノックされるんじゃないかという不安も生まれる。この状況でセックスをするというヤバさをVRでリアルに体験できる凄さ。

服をめくっておっぱいを出す。それと同時に歩道の信号が青になったみたいで音が鳴り、歩行者の足音と会話が聞こえる。歩道の位置は背中側でかなり近そう。
浜崎真緒「ああっ」
この距離感なら声が聞こえちゃっていそうなので「ホントに今は声を出すのやめて」っと思えちゃう。声を出しちゃいけないシチュエーションのAVは多いですが、今回ばかりは本気で「声を出さないで」と思えるのが凄い。通行人の声と浜崎真緒の喘ぎ声が入り混じる。

一際大きな声が出ちゃった時はマズそうに口を押さえる。
チープな演出じゃなくて、ガチな環境だからこそ、こういう行動もリアル。そして、わかっているなら声を出さないでと思わせられる。

乳首をつまんで、おっぱいをブルンブルンする。
エロいとか良い体とかじゃなくて、とりあえず声を抑えてと思えるこの環境が凄い。本当に町中で生活音に紛れてカーセックスするVR体験。リアルすぎてエロさやセックスに集中できないのが面白い。

おっぱいを揉み、自分でおっぱいを吸いながら、こちらにも吸わせる動き。おっぱいを吸うシチュエーションは珍しくもないですが、背中側の歩道で歩行者の女性の会話が聞こえる中でおっぱいを吸う体験は刺激が強い。
ドキドキする心臓にエンジン音も響く。

オナニーをする浜崎真緒。この状況でオナニーに没頭できるヤバさに引くほど。
喘ぎ声は出すけど喋らないので、会話が通じない野獣のようなエロさもある。

激しくオナニーしてピチャピチャ音が響く。
音を出したくないシチュエーションでのピチャピチャ音は、いつもより大きく響きます。

キスをして、感じ方が激しくなってビクビクッとする。
濡れた指を舐めさせる。口の中に指を入れられる錯覚があります。そんな錯覚を感じている後ろで、男の会話が聞こえる。

電マを当てる。
電マの音すら周りに気付かれそうでドキドキする。

服を噛んで声を抑えるけど、うめき声が大きい。
浜崎真緒「んんっ んんっ んーっ」
 ドピュッ
背後で会話が聞こえる中、豪快に潮吹き。
日常と非日常が文字通りの背中合わせ。

服を噛み、足で電マを押さえ、男はディルドーを挿入。
町中で、この状況というのが凄い。

お尻を向けて電マとディルドー。
電マの音、ピチャピチャ音、信号の音、通行人の会話、いろいろな音が混ざる。
そのままプシャーッと潮吹き。

ディルドーをしゃぶってからキス。
男がおっぱいを揉む。服を噛んでいても声が大きい。

ラッコ座りで、おっぱいを揉んだりキスしたり。
汗も増えてきて、吹きまくった潮とも合わさって汁だく。

ツバも垂らす。
車内の異常性が高まってきて、車外とのギャップが大きくなる。男たちが会話しているすぐそばで、こんな事をやっているという。

パンツの中に手を入れてチンコをニギニギ。
顔舐めでカメラが曇っているけど、ノーカットなので止まらない。この撮影のリアルタイム感もドキドキを高めてくれる。やり直しのない1発勝負。
チンコをニギニギしながら見せる笑顔も怖いくらい。この状況で笑える剥き出しのエロさ。

パンツを脱がされて、竿をシコシコされながらツバを垂らされる。
背後から女性の声が聞こえる中で、こんなプレイをしちゃっている自分。
ドキドキしているところにクラクションが鳴ってビクッとする。

この状況で汗まみれの浜崎真緒にフェラをしてもらえるのは刺激が強い。むさぼる野獣のようなフェラ。
ツバも垂らし、キスもする。

カメラを拭いていくれる。
ノーカットのこだわりが伝わる。そしてカーセックスのリアルドキュメント感も。ノンストップの46分。

フェラと手コキからパイズリ。
男女が大きな声で会話している近くでパイズリされる非現実的な体験。

ここで右側からカタカタッと音がして「ヤバいっ」と思いましたが、VR男優の右手でした。
でも、ちょっとした音の違和感でビクッと反応できちゃうシチュエーションの凄さも感じた。

再びフェラと手コキとキス。
汗の量も増えてきた。ノーカットなので自然な汗です。
喉奥まで咥え過ぎて「ゴホッ」となる。

顔を上げたところで不意に、
 ドピュッ
まさに不意打ちでビクッとなった。
ノーカット撮影での不意な射精が良かったです。
Image from Gyazo
お掃除フェラをした後、髪の毛についた精子に気付いて、それをペロっと。
撮り直しできない状況の中、さすがの見せ方。

コンドームをフーッとして装着。
挿入直前にパート1終了。

パート2

座位で挿入。
浜崎真緒「あうっ!」
思わず大きな声を出されて、こちらもビビる。エロくてフル勃起しちゃうのと、ビビッて萎えちゃう狭間が面白い。
電マを当てて音が響き、それに被せるようなクラクションの音でまたビビる。

電マ&チンコの快感で、
浜崎真緒「あ゛あ゛っ!」
今まで以上の大きな声で、勃起したままビビッて萎えるような感覚。

浜崎真緒「んー んーっ ああっ!」
 プシャアアアー!
高画質VRカメラに容赦のない潮吹き。思いっきり潮をかぶるVR体験も凄い。

さらにピストンを続けて、
浜崎真緒「ああっ!」
 ドピュッ
1発目がシャワーで2発目は水鉄砲みたいな潮吹き。

拭くのは自分。
最初は白い布で拭くけど、潮が多すぎて赤い布も使う。
目を拭かれているような体験も面白い。

グリングリンする腰回りの動きがエロい。
ほど良い肉付きだけど、少し筋肉質なところもある。
そして3発目の潮吹き。

横向きでピストンして、女性の会話が聞こえるその声をかきけすような喘ぎ声とともに潮吹き。

汗と潮とツバにまみれてテカる体を動かす。
動き終わりには潮吹き。

アナルを近くで見せてから背面座位。

後ろから見るおっぱいの跳ね方も良いです。

再び対面座位でピストンして、チンコを抜いて射精。

終わりかと思いきや、首を振って指も振る。
アンストッパブルな肉食系女子の怖さを感じる。

ペットボトルのお茶を取って水分補給して、口移しでこちらにも飲ませる。
さらに、お茶を口から服にこぼす。
汗、潮、お茶でグチョグチョ。テカる肌と透ける服がエロい。

対面座位で挿入。
『真夏の炎天下の狭い車内で汗だくになって肉食系カーセックス』のフィナーレにふさわしい、グチョグチョドロドロなセックス。車外からは、相変わらず日常の生活音。

おっぱいを舐めながら激しいピストン。
もう周りを気にしないかのような大きな声とともに中出し。

マンコを見せて、
浜崎真緒「はぁはぁはぁはぁ……」

これでようやく終わったと思いきや、
 ピュッ
少し間をおいてから最後の潮吹き。断末魔の潮吹きみたい。
飛んだ潮を舐めて終了。

感想

町中でのリアルなカーセックスをVRで体験できる。声を出しちゃいけない状況の作品って多いのですが、今まで体験したものはそういう雰囲気のごっこ遊びの範囲だと思える。今回はリアルなヤバさを体験できた。たまに浜崎真緒が大きな声を出すと、反射的に「ホントにやめてっ」と思えちゃう、リアルなヤバさにビビッてチンコが萎えちゃうレベル。
背中側の信号機が近くて、歩道が青になるたびに音が鳴り、歩行者の会話や笑い声が聞こえる。車の音やクラクションも多くて、人通りの多い場所だというのを嫌でも感じながらのセックス。これに感じるヤバさも本物で、音は後付けの合成であってくださいと願うほど。

浜崎真緒が喋らないという演出センスも良かった。セリフっぽさや演技っぽさがなくなり、リアルカーセックスドキュメントっぽさが出ていました。視聴している側としては「ここはヤバい」「やめて」とも思う状況の中で、頭のネジが外れたようなエロさがグイグイ迫ってくる。本能剥き出しのエロさに勃起し、町中ド真ん中のヤバさにビビッて萎える、この狭間でセックスするいうのは今までにないVR体験でした。
ノーカットでもあり、カメラに向けて潮を吹いたら浜崎真緒が拭く。やり直しなしの1発勝負というのも伝わり、これもドキュメントっぽさを生んでいた。潮吹きの回数も多くて、高画質VRカメラに容赦なく潮を吹く思いっきりも凄かったし、潮をかぶるVR体験としても面白かった。アトラクション的でもある。

最初の射精で不意を突かれた浜崎真緒がビクッとするのもリアルな反応。ノーカットなので、射精のタイミングも計算通りではないのが面白い。ノーカットなので汗も本物。

画質、縮尺、音質も良かったです。照明もサンルーフからの自然な光でしたのでカーセックスというシチュエーションとして違和感がなかった。映像面の難点は、画面下の見切れるポイントが近かったこと。ちょっと下を見ると黒画面が視界に入りました。ノーカットでカメラ位置を調整できないので、上を切るか下を切るかの調整が難しかったのかと思います。

FANZAの人気順で1位だったので購入してみました。FANZAレビューも4.55点(29件/コメント率21%/購入率100%)と高評価。コメント率が低いですが、セールで売り上げが伸びたからかもしれない。まとまったレビューが一気に反映されると大幅に変わるはず。タイトルにある「肉食系カーセックス」という狙いが完璧に表現できていたので、それを見たかった人が視聴して高評価するのは納得。

46分という時間は今のVR作品からすると短いですが、リアルな町中ド真ん中でセックスするドキドキに心が疲弊し、この場から早く逃げたいという気持ちは常にあるので、終わった時にホッと一安心するほど。ここまでリアルに声を出しちゃいけないシチュエーションを体験させてくれたアダルトビデオは初めて。その中でセックスする興奮も格別。

商品発売日:2018/11/09
収録時間:46分 (HQ版:46分)
出演者:浜崎真緒
監督:トグサ
シリーズ:肉食系カーセックス
メーカー:VR総研9課
レーベル:VR総研9課
コンテンツタイプ:3D

【VR】VR真夏の炎天下の狭い車内で汗だくになって肉食系カーセックスしまくりました 浜崎真緒

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top