粗チンや暴発を馬鹿にして笑い飛ばしていたヤリマン女子2人をデカチン1本でKOする気持ち良さ

巨根
巨根 短小・包茎

2021年に視聴した逆3P作品の中で一番面白かったかもしれない。ヤリマン女子2人の自由な粗チンイジりや暴発イジり、並の男では挿入できずに暴発させられる女子2人を手玉に取るセックスとデカチンの優越感、いろんな要素が上手く嚙み合っていた良作。>>感想

Chapter 1

知り合ったばかりの男を電話で呼び出した天馬ゆいと葉月もえ。
天馬ゆい「そういうつもりで来たんだなぁと思って」
男「どういうつもり?」

軽く会話してすぐに男の股間をサワサワ。
葉月もえ「どういう感じで来たの逆に?」
天馬ゆい「女の子の家に来たんだから そりゃあね」

2人の女子にグイグイ迫られて戸惑う男だけど、すぐに勃起。
葉月もえ「ヤバッ カチカチじゃんもう デッカ(笑)」
胸で擦ったり、ツンツンしたり、臭いを嗅いだり。

パンツを脱がせて、
葉月もえ「ダントツ デカいんだけど」
デカさを褒められたかと思いきや、
葉月もえ「被ってますねぇ」
天馬ゆい「剥いちゃえ」
葉月もえ「デッカ」

包茎をイジって皮を剥いてくれる。

葉月もえ「太くない?」
葉月もえ「うんわかる」

2人でちゃんとチンポ鑑賞してイジるのが良いです。
天馬ゆいがシコシコして、
葉月もえ「出しちゃダメだよまだ」
天馬ゆい「もう出るとかヤバくない?(笑)」
葉月もえ「だってわりとすぐイクじゃん こうやってやったらみんな」
天馬ゆい「たしかに」
男「2人めちゃくちゃエロいね」

自然にエロくチンポをイジれているところが良いです。セリフを読んでいる感じではない。
葉月もえがカリを手コキ、葉月もえは玉を触る。
男「あっ……」
葉月もえ「声出すタイプなんだ」
天馬ゆい「かわいい」

2人でフェラ。

葉月もえが激しくジュボジュボして、
男「あぁ出ちゃう……」
天馬ゆい「え!? もう? ヤバッ(笑)」

そのまま口内射精。疑似っぽいけど。
天馬ゆい「出てる(笑) 搾っちゃお もっと出るんじゃない?(笑)」
玉を押して搾るのが面白い。
天馬ゆい「なんでまだ勃ってるの?」
男「絶倫だからさ」
葉月もえ「そうなの? 早いなとは思ったけど(笑)」

サラッと早漏を指摘。
男「何回でもイケちゃうタイプだから」
葉月もえ「する?」
天馬ゆい「しようよっ! しよっ ねぇ来てこっち」

女子2人からグイグイとエッチを誘われる幸せ。

Chapter 2

ベッドで3Pへ。
葉月もえ「どうしよっかなぁ」
焦らしつつブラと谷間を見せて触らせる。
グイグイ迫ったかと思いきや、焦らして弄ぶのが良い責め。
スイッチが入った男、堂々と触る。
葉月もえ「あぁヤバイ気持ちいい……」

おっぱいを堪能した後はお尻。
2人同時に脱ぐ姿もエロカッコいい。
天馬ゆい「(セフレに)なりたいんなら してあげてもいいけど」
下着姿でのエロい誘惑もタマラン。

股間を指でサワサワ。逆3Pの贅沢さを感じる。
葉月もえ「濡れてる? 濡れてるかな? すぐ濡れるからわかんない 感覚ない」

喰い込ませてTバック状態。
2人とも引き締まった良いお尻。

キレイなお尻を見せた後、2人が男に跨って擦る。
葉月もえ「めっちゃ硬くなってるよ」
顔面騎乗クンニで天馬ゆいが感じて、
天馬ゆい「あぁちょっと……ああっ!」
ビクビクとイっちゃう。
葉月もえ「えぇ嘘だぁ(笑)」
女子同士でもイったのをイジるのが良いです。

2人ともイって、全裸になって手マンを誘う。
葉月もえ「あぁダメッ イっちゃうかもしれない(笑)」
今度は先にイっちゃいそうな葉月もえが恥ずかしそうなのが良いです。
葉月もえ「あぁダメッ イクッ!」
葉月もえが先にイって、続いて天馬ゆいもイク。
天馬ゆい「あぁ ちょっと漏れちゃった お兄さん上手いんだね手マン」
葉月もえ「なに出ちゃったの?(笑)」

そのまま続けて2人同時にイカせる。

天馬ゆい「もうガマンできないよぉ ねぇ 指だけじゃ満足できない」
2人で乳首舐め。
葉月もえ「乳首も弱いの? もしかして」
男のパンツを脱がせて、
天馬ゆい「私たち めっちゃ締まりいいよ」
締まりの良さをアピールしてセックスを誘う。
天馬ゆい「お兄さんがすぐイっちゃうくらい キツキツのマンコしてるよ」
葉月もえ「でも1回イっちゃってるから どうだろうね」

自然な会話の絡み方が良いです。
2人で乳首舐め手コキ。

天馬ゆい「これ入れたら気持ちいいんだろうなぁ あぁもうガマンできない 入れていい?」
天馬ゆいがガマンできなくなって騎乗位で根元まで挿入。
葉月もえ「あぁすごい ズッポリ入った」
天馬ゆい「あぁすっご……」

ピストンして、
天馬ゆい「あぁ気持ちいい お兄さんおっきいとは思ってたけど ホントすごいキツイ」
イジりが丁寧で良いです。

天馬ゆい「あぁイキそう…… あぁイクッ!」
イった後も騎乗位を続ける。
葉月もえ「後で私も入れたい それまでガマンできる?」
逆3Pで2人を満足させなきゃいけないプレッシャーも良いです。
天馬ゆいを2回イカせて背面騎乗位。
天馬ゆい「私とのエッチ気持ちいいでしょ?」

背面騎乗位でも2回イって、
葉月もえ「めっちゃイってんじゃん ズルいって」
天馬ゆい「だって気持ちいいんだもん」

葉月もえが嫉妬する中、引き続き天馬ゆいとバック。

そのまま中に出しちゃう。
男「ごめん 出ちゃった……」
葉月もえ「あ ホントだ えー ズルいんだけど」

でも絶倫自慢の男は葉月もえと正常位。
葉月もえ「すぐイっちゃう どうしよう(笑)」
態度がコロッと変わって、
葉月もえ「ねぇセフレになろう」
天馬ゆい「さっきまで興味なさそうだったじゃん(笑)」

生意気女子がチンポでコロッと堕ちちゃう感じが面白い。

葉月もえ「当たってる奥 そこそんなされたらすぐイっちゃうじゃん!」
感じて倒れる葉月もえを見て、天馬ゆいがニヤニヤするのが面白い。

葉月もえ「イっちゃうからダメェ! あっ!」
感じっぷりとイキっぷりが良かった。
天馬ゆい「だから気持ちいいって言ったじゃん」
葉月もえ「無理 無理 無理だよ」

逆3Pで女優の感じ方に変化をつけるのは上手い。
天馬ゆいの方が防御力が高い感じで、葉月もえは耐えられずヘトヘト。
良いセンスです。天馬ゆいの方が優しくて弱そうで、葉月もえはツンツンして強そうなんだけど、セックスでは葉月もえが意外と弱いのがかわいいし、天満ゆいのエロさも際立つ。
天馬ゆい「大丈夫?」
葉月もえ「大丈夫じゃない」


バック。
葉月もえ「気持ちいいとこ当たる ダメッ そこイクッ!」
イカされまくる葉月もえ。
天馬ゆい「イキまくってんじゃん」
天馬ゆいがイジるのが面白い。

立ちバックしながら手マンで2人をイカせる。

天馬ゆい「大丈夫?」
葉月もえ「あぁヤバイ……」

正常位かと思いきや、特殊な体位でエロ女子2人を驚かせる。
天馬ゆい「それどんな感じなの?」
葉月もえ「気持ちいいよ 気持ちいいけど目ぇ開けたら笑っちゃうから見れない(笑)」

葉月もえが見られないお尻を天馬ゆいはガン見。
天馬ゆい「フフ お尻の穴 丸見えなんだけど」

葉月もえが感じまくっているのをニヤニヤ見ながら、
天馬ゆい「フフフ ほーら もっと腰を使って」
男の尻をペンペン叩く。
この状況を余裕で楽しんでいる感じがエロい。

背面騎乗位と顔面騎乗クンニ。
葉月もえ「そのまま奥 いっぱい突いて」
葉月もえがイって、男も中出し。
明日もヤる約束をして終了。

Chapter 3

暇なのでパーティーで知り合ったオジサンを呼ぶことにする。
天馬ゆい「どうせだって誰からも誘われてないでしょ(笑)」
パッとしないオジサンだけど、
天馬ゆい「ああいうタイプって見た目に反して ちょっと強かったり硬かったりするじゃん」
セックスは期待されている。
オジサンが到着すると、すぐにエッチな展開へ持ち込む2人。
乳首とアナルが好きだと聞いてテンションが上がる。

葉月もえがアナルを舐めて、天馬ゆいが乳首を触る。
オジサンが女子2人に攻められてすぐに勃起。
天馬ゆい「かわいいチンチンしてる 硬くなってるよ」

葉月もえが乳搾りみたいにシコシコ。
天馬ゆい「イっちゃいそう?」
葉月もえ「情けない声」
男「あぁヤバイヤバイッ 出ちゃう出ちゃう! 出していい?」
天馬ゆい「ダメダメ」

男は必至なのに涼しい表情でNGを出すのが良い。

 ドピュッ
葉月もえ「ああっ!?」
この牛の乳搾り状態での暴発はカッコ悪くて良いです。
精子が垂れ落ちる様子も上手く撮れている。
天馬ゆい「ヤバッ オジサン出したの? 出しちゃダメって言ったのにさぁ」
絶倫ではないので用無し扱いされてバイバイされる。

Chapter 4

続けて2人組の男を呼ぶ。
チャラめのナンパ師です。
天馬ゆい「捕まった?」
男A「全然ダメ」
天馬ゆい「ダメじゃん(笑)」

でも女子2人に呼んでもらってラッキー。

いきなりズボンを脱がせる肉食系女子。
男B「早くね?」
ムードを作らずガツガツきます。
先にパンツを脱がされた男B、粗末なチンポで、
葉月もえ「えっ…… ヤバッ チンコどこ?」
天馬ゆい「小っちゃくない?」

ナチュラルな粗チンイジり。

男Aも脱がせて、
天馬ゆい「かわいい」
男A「そんなことねーし かわいくねーよ」


男Bの粗チンを見て、しばらく固まっている葉月もえ。
葉月もえ「そりゃナンパ捕まんないよ」
男B「ナンパ チンコ関係ないから」

小指で粗チンのサイズを測る。
これもナイスです。女子に小指でチン長測定されるだけで屈辱的。
しかも2組同時に喋っていて、お互いのセリフを待たず自由に遊んでいる感じが良いです。

葉月もえ「ヤバッ 小指の関節ぐらい」
男B「いやいや そんなことないでしょ」
天馬ゆい「かわいい」


葉月もえ「ヤバッ ちょっと(笑)」
本気で小さいのを笑って楽しんでいる感じ。
葉月もえ「ちょっと待って これどうやって……」
指先で先端をつまむ。握れないサイズなのがわかる。
天馬ゆい「え もうこれさ 手コキとか出来んくない?(笑)」
手コキ不可能なサイズという粗チンなぶり。エロい女子がニヤニヤと馬鹿にしながら言うのが良いです。

つまんで振る。
葉月もえ「このレベルなんだけど もう おつまみ程度なんだけど」
天馬ゆい「イヒヒヒヒ」

久しぶりの粗チンイジりのスマッシュヒット作品という感じ。つまんで粗チンをイジるのが面白い。
男B「おっきくなったら普通だから」
葉月もえ「ホントに?」
天馬ゆい「そうなの?」


指コキをして、
葉月もえ「デカくなんないじゃん なにこれ(笑)」
男B「なるなる なるんだって」

屈辱的な言われように男が必死になっているのも良い。
チンポを振っていたら、
葉月もえ「あっ おっきくなってきたかも 小っちゃいよ ねぇ ……あっ ガマン汁出てきた」
小っちゃいサイズのままガマン汁が出ちゃうのも恥ずかしい。

男Bが顔を踏まれて勃起して、
葉月もえ「あれっ!? 待って これぐらいだったのにさぁ」
チン長測定した小指を見せてから測り直す。
葉月もえ「親指ぐらいになった」
それでも女子の親指サイズなのは屈辱。

2人とも足を舐めさせながら手コキ。
唾液を求められて口移し。
着衣のまま顔面騎乗。
葉月もえ「気持ちいい」

男Aがキスしながらの手コキで早々に、
男A「あぁヤバイヤバイ……」
天馬ゆい「ダメだよ出しちゃ ……あっ!? あっ!」

本当に驚いたようなリアクションで暴発感がある。カメラも追えていない。
天馬ゆい「出しちゃったの!? 今 ピュッて」
男A「ガマン汁ガマン汁」
天馬ゆい「えー 白いよ」
葉月もえ「絶対精子じゃん」

女子2人が鑑定して精子認定。

葉月もえが天馬ゆいに電マを当てて、男の上でお漏らし。
パンツ越しなのがお漏らし感ある。

2人並んでフェラ。
男B「あぁヤバイ出ちゃうかも」
男A「俺も出ちゃう」

 ドピュッ ドピュッ
完璧に近い同時射精が見事。
葉月もえ「同時なんだね(笑)」
天馬ゆい「すごい 合わせたの?(笑)」

経験豊富な女子2人組も、この芸当にはビックリ。

Chapter 5

葉月もえ「昨日との振り幅がヤバくない?」
天馬ゆい「ヤバイヤバイ すぐみんなイっちゃうの」
葉月もえ「やっぱ世の中 早漏が多いのかな」
天馬ゆい「それな」
葉月もえ「早漏しかいねぇ」

欲求不満の2人、エッチな下着に着替えてから昨日の男を再度呼び出す。
天馬ゆい「すぐ出ちゃって みんな早漏だったの」
他の男と遊んだけど満足できていないと話す。

逆3Pで男が愛撫した後に攻守交替。
チンポを引っ張り出して、
葉月もえ「さっきまでのと全然違うんだけど 顔と同じくらいある」
天馬ゆい「比べると たしかに全然違うかも」

構成も上手い。
最初もデカチンを褒められたけど、他の男も試してから再評価されると優越感が大きい。

ビッチ2人を手懐けた感もある。
強キャラの男。

葉月もえと背面騎乗位→騎乗位→正常位で中出し。
葉月もえ「死んだ もう無理……」
並の男ならあしらっちゃう葉月もえをKOできちゃう男。
天馬ゆいとバック→側位→騎乗位→背面騎乗位→正常位で2人のおっぱいに射精。

Chapter 6

オジサンを呼んで2人で責め。
最後は手コキで射精。

感想

逆3P作品としてセンス溢れる作品で、面白いポイントが多かった。

2人のイジり方が自然でエロい

ストーリー的にはドラマっぽい作りではあるけど、天馬ゆいと葉月もえはアドリブで自由に男をイジっている感じで非常に良かった。与えられたセリフでの演技じゃなくて素で楽しんでいるような雰囲気。

逆3P作品って女2人で激しく男を責めるだけみたいになって単調になりがちです。この作品はそういう事はなくて、まったく飽きずに最後まで楽しめた。2人の自由で生々しいエロさがあったからこそかと思う。

構成の上手さ

1人目に「出来る男」が出て2人を満足させる構成が上手かった。AVだと最後に出来る男が出るパターンが多いですが、あえて最初に出して、それが面白さに繋がっていました。

2~4人目は挿入できずに射精しちゃって、再び1人目の「出来る男」が呼び出されるという仕掛けが面白い。
並の男は挿入まで到達できないというのを見せておいてから、この出来る男が再びカラミをする事で男の凄さが際立つ。男の粗チンや暴発を笑いまくっていた女子が「死んだ もう無理……」とヘトヘトにされる姿が良いです。

デカチンに関しても「さっきまでのと全然違うんだけど 顔と同じくらいある」「比べると たしかに全然違うかも」という比較での優越感が生まれる。そのデカチンで2人をイカせまくる気持ち良さに繋がる。

このヤリマン女子2人を手玉に取るような逆3Pは、男視点で見ると優越感があって気持ちいい。

粗チンイジりとしてクリティカルヒット

Chapter 4での粗チンイジりが非常に上手かったです。
実際に男優は小さめでしたし、小指で測ったり、指先でつまんで振って「このレベルなんだけど もう おつまみ程度なんだけど」と笑ったり、これも与えられたセリフじゃなくて自由にイジって笑い飛ばしていた感じで良かった。

勃起してきて小指で測定し直すのも良かったし、「親指ぐらいになった」というオチも面白い。そもそも女子の小指で測定されるのも屈辱の与え方として上手い。

男も「おっきくなったら普通だから」とムキになるのが良かった。必死になった方が屈辱感や悔しさが出る。

最後の同時射精も見事でした。女子2人が本当に驚いて笑うリアクションも良かったです。

1人目のデカチン男ですら「被ってますねぇ」「剥いちゃえ」と包茎をイジられていたし、本当に興味津々でチンポを見て自由にイジっている感じが良かった。

天馬ゆいと葉月もえのキャラの違い

「逆3P作品って女2人で激しく男を責めるだけみたいになって単調になりがち」と書きましたが、この作品がそうならなかったのは、天馬ゆいと葉月もえのキャラの違いがあり、上手く嚙み合っていたからというのも大きい。

最初は天馬ゆいが優しくて弱そう、葉月もえがツンツンしてて強そうという印象。天馬ゆいからセックスして、葉月もえが「後で私も入れたい それまでガマンできる?」「めっちゃイってんじゃん ズルいって」と不満気。
でも葉月もえがセックスすると、「すぐイっちゃう どうしよう(笑)」「ねぇセフレになろう」と、あっさり堕ちちゃう意外性がかわいい。天馬ゆいが「イキまくってんじゃん」とニヤニヤしながら余裕でイジるのも意外性があって面白い。優しくて弱そうだったけど、セックスに関しては天馬ゆいの方がタフという差が見えるのが面白かった。

2回目のセックスでも、葉月もえは「死んだ もう無理……」と、この男のセックスについていけない感じを出していて、その後の天馬ゆいはわりと普通に出来ちゃう感じが見えた。
逆3Pで女優2人が同じようなセックスをしちゃうと交互に入れるだけの単調さが出ちゃうけど、この作品は差があるから比較して見る面白さがあった。

逆3P作品をここまで面白く仕上げたのは見事。女優同士のアドリブでの喋りの面白さや、制作側のセンスや構成の上手さなどが感じられた。
緩急の変化が特にクリティカルな要素。粗チンや暴発を笑い飛ばしていたヤリマン2人組をデカチンでKOする気持ち良さが大きい。

出典

配信開始日:2021/10/23
商品発売日:2021/10/26
収録時間:143分
出演者:天馬ゆい 葉月もえ
監督:吉田大仏
メーカー:SEX Agent/妄想族
レーベル:SEX Agent

FANZA オフパコ&セフレ募集@もえ&ゆい~エロ垢で男漁りしまくる仲良しクソビッチの淫乱絶倫性活~

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました