沖田杏梨の女殺し屋役が殺されたいほどにハマっている

「まだまだね」
沖田杏梨が女殺し屋に扮したドラマ作品。こんな女殺し屋になら狙われてみたいというキャラのハマりっぷり。シーン1では相棒になった男を挑発的に押し倒してカラミ。痴女的な表情と、感じている時の表情のギャップが良いです。シーン2では、倒した敵をフェラと手コキで射精させて「まだまだね」と。
(FANZA 欲情ヒットウーマン 沖田杏梨)

シーン1

入浴中にボスからの指令。会話は英語、沖田杏梨はイギリス生まれということで英語が喋れる。

アジア最強組織のボスが最終的なターゲット。

ターゲットが現れるという情報を得て監視していたが、一向に現れない。煮詰まっている沖田杏梨を口説こうとする相棒の男だが、最初は拒否られる。でも沖田杏梨から押し倒してキス。

男「いきなり何をするんだ」
キスしてズボンを脱がしてお腹や乳首を舐める。

おっぱいを出して男に揉ませる。
沖田杏梨「ほらいっぱい触りなさいよ」

顔面に押し付けたり叩いたり。

フェラ。

英語で指示してクンニさせる。

顔面騎乗でピストン。

沖田杏梨「んんっ ああっ んん イッ…… ああっ」
ビクビクッとイっちゃいます。痴女っぽく責めていたけど、けっこうイクの早くてかわいい。

フェラ。玉に吸いついて伸ばしたり。
ちんぐり返しでアナル舐めも。

英語で挿入を促す。男が臆しちゃいそうなくらいキャラがハマっている。

カリデカのチンチンを挿入されてキツそう。誘っている時の挑発的な表情からの変化が良いです。
英語で何か行った後に、
沖田杏梨「んんっ おっきい」

沖田杏梨「気持ちいいっ!」
激しく喘いで、
男「おっ こうやってやればいいのか」
沖田杏梨「激しくっ もっとぉ あぁイクッ!」

騎乗位。

バックを誘う時も英語で。

沖田杏梨「I’m coming! I’m coming!」
英語でイっちゃいます。素になると方言が出る人がいますが、イク時に英語を出させると変化があって良いです。イった後にガクッとするのも痴女をやっつけたみたいで良い。
沖田杏梨「あぁ なかなか凄いじゃない」

沖田杏梨「奥まで突いて」

おっぱいの揺れが見やすい立ちバック。
沖田杏梨「いいっ すごくいいっ!」

立ちバックから崩れるように座って背面座位。

ビクビクして股間を押さえる。

おっぱいを押し付けながら。

駅弁。
沖田杏梨「ああっ ああっ ああっ イクッ!」

正常位で、そろそろイキそうになった男。
沖田杏梨「どうやって地獄に落ちたい?」

おっぱいに射精してパイズリしながらお掃除。

グッタリして息を切らせて終了。

シーン2

低予算を感じる戦闘シーン。風景映像の下に炎のエフェクトを入れて叫び声などの音声を乗せる。

男3人を殴り倒したところから。タンクトップ姿がハマっていて、殴っている時の揺れ方もすごい。

倒した男の1人が逃げようとしたので、ナイフで脅してパンツを脱がせる。

何故かフェラ。それにしても衣装が似合っています。

サディスティックな表情が良いです。

フェラと手コキで射精させて、
沖田杏梨「まだまだね」

残った2人の男を並べて責める。

1人の男にオナニーを命じて、もう1人をフェラ。

同時に手コキ。

英語で淫語。

1人目を手コキで射精。
軽くお掃除して口に含んだ精子を吐きかける。

2人目も手コキで射精。

シーン3

沖田杏梨「弾切れ 今回ばかりは本当にヤバいかもしれない」
男「大丈夫だ杏梨 俺たち最強コンビだろ」
ピンチらしいが笑って、
男「どんな過酷な状況でも」
沖田杏梨「楽しまないとね」

さっきまで銃声がしていたのに、2人が絡み始めると空気を読んだように静まる。

タンクトップの上からおっぱいをポヨンポヨンさせる。

タンクトップをめくり上げて直に揉む。

四つん這いにして後ろから。

クンニ。
沖田杏梨「奥まで全部吸って」

沖田杏梨「私も舐めたい」
フェラ。シーン1や2では上から犯した感じですが、この男には少し態度が違っています。「最強コンビ」と言っていたので、慣れ親しんだ関係か。

沖田杏梨「挿れて」
正常位で挿入。

沖田杏梨「後ろにもブチ込んで」
ここでは英語は使っていません。

バックでイってビクンビクン。そのままバックを続けて、
沖田杏梨「もっとブチ込んでっ」

正常位から座位。

正常位の後、手コキで射精。

今回は丁寧にお掃除。

シーン4

なんとか逃げて、
沖田杏梨「ミッション失敗 至急応援を求む」

大佐に助けてもらう。作戦が失敗したのは情報漏れがあったためではないかと言う大佐。

2人で作戦を遂行して、ミッション失敗にはさせないと言い、
沖田杏梨「大佐……」
頼もしい大佐に惚れてまうやろーみたいな展開。

抱きついて大佐にキスを求める。

3回目のカラミですが、1回目は沖田杏梨が上位、2回目は対等な相棒、3回目は男のほうが立場が上ということで、変化があります。
沖田杏梨「大佐…… 気持ちいい……」

騎乗位から座位へ、背面座位からバック。
沖田杏梨「叩いてくださいっ 叩いてっ」
ここではMっぽくなる。

立ちバック→正常位から口元に射精。

シーン5

娼婦のふりをしてターゲットに近づく。

ボス「ワシを誘え」
セクシーポーズをとったりオナニーを見せたり。

オナニーを見せた後にマッサージから暗殺。

感想

沖田杏梨が役にハマっていました。こんな女殺し屋に狙われてみたいという体と、衣装の似合いっぷりが良かった。撮り方も良くて、漫画やCGのような迫力ある体が堪能できる。
ストーリー的には消化不良なところもあり、3回あるカラミが全員味方というところが残念。パッケージに「男を逝かす腕は超一流」「どんな命も狙い撃ち」と書いてある女殺し屋なのに、敵と戦うような絡みがほとんどなかった。 これだけ見事にキャラにハマっていたので、逆リョナ的な女に殺られるシチュエーションが欲しかったところ。シーン2では楽しそうに責めて、発射した男に「まだまだね」と言うところが良かったです。
3回あるカラミは、それぞれ立場の変化があって良かったです。1人目は、たまたま同じミッションをやっているだけの男を沖田杏梨が上から犯す感じ。2人目は対等な相棒。3人目は上司でもあり頼れる大佐が相手でMっぽくなっていました。1人目が一番良かったかと思います。痴女的に上から来るほうが似合ってますね。感じている時には表情が変わって、そのギャップも良い。キャラがめちゃくちゃハマっていて、極上の女殺し屋って感じですから、それをイカせてグッタリさせるところも良いです。ただのセクシーなお姉さんじゃなくて、女殺し屋というキャラが乗っているからこその魅力。
収録時間:117分 (HD版:117分)
出演者:沖田杏梨
監督:椿一刀
メーカー:エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル:S1 NO.1 STYLE

FANZA 欲情ヒットウーマン 沖田杏梨

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top