スタッフは早漏に終わりデカチン男優ですら通用しなかった性豪ギャル「すごい出てる 2回目なのに あははっ」

イカせ・勝負
イカせ・勝負 巨根 早漏・暴発

凄テク女子を紹介してもらう企画。まずは「ガマンできる」と言うスタッフに「どれだけ耐えられるか? 耐えられなかったら 今日のご飯おごりね」と射精ガマン勝負を仕掛けて瞬殺。不思議なタイミングで出ちゃうガチの暴発でした。デカチン男優が満足させる展開かと思いきや、マウントを取られて支配されるように射精に導かれて終わる。終わっても「もっとする?」と余裕の笑顔でした。>>感想
FANZA マドカ

Chapter 1

待ち合わせをして顔を合わせると、かなり派手めのお姉さん。赤髪に見せブラにヒョウ柄のスカート。
マドカ「見た目はさわやか系みたいな 黒髪とか 全然ギャルとか好きじゃなさそうな見た目の人が好き」
ジャイアント廣田「彼(スタッフ)はどうなの?」
マドカ「全然イケる!」

でも真面目な人が好きなわけでなく、見た目はさわやか系で腹黒い人が好きらしい。

移動中の車内でお喋り。
マスクを外して脚を組む姿がセクシー。
経験人数は数えるのをやめたほど。一番テンションが上がったセックスは、
マドカ「見た目超ゴリゴリドSだった人が ドMだった時」
得意技は、
マドカ「乳首舐めながら3cm」
3cmとはチンポを3cmだけ入れること。
ジャイアント廣田「彼(スタッフ)の得意技はね 秒でイケるっていう」
マドカ「あはははっ それさぁ 得意技じゃなくて ただの早漏じゃない?」
スタッフ「ただの早漏って言わないでくださいよ」

ズバッと言うマドカさん。
ジャイアント廣田「『いいよ』って言われたら いつでもイケるんだよ」
マドカ「じゃあ『いいよ』って言わなければガマンできるってこと? ホントに?」
スタッフ「信じてください やっぱ勝手にイクのって失礼じゃないですか」
マドカ「うん超失礼 でもすごい勝手にイキそうな顔してる」
ジャイアント廣田「あはははっ」
スタッフ「めちゃくちゃ言うじゃん そんな言うなら見てもらいたいもんですよ」
マドカ「どれだけ耐えられるか? 耐えられなかったら 今日のご飯おごりね」

射精ガマン勝負をすることになる。
でも美女に抜いてもらってご飯代だけならお得すぎる。

ホテルに到着し、ヤル気満々のマドカさん。
マドカ「いいよね 初めましての人とするって 興奮しない?」
まずはジャイアント廣田がおっぱいを揉んでお尻も揉む。
ジャイアント廣田「エロッ」
ムチムチの下半身、チアリーディングをやっていたとのこと。

カメラを持っているスタッフを誘惑。
マドカ「どうしたの? ねぇどうしたの?」
スタッフ「急に困っちゃうじゃないですか」
マドカ「でも乳首めっちゃ勃ってるよ」


ジャイアント廣田がマドカさんを四つん這いにしてアナルを撮って手マン。
気持ち良さそうに喘ぐ。
マドカ「ああっ あぁ気持ちいいっ……」

ディルドーをライトに当ててフェラ。
後ろからジャイアント廣田がクンニ。

電マを当てると感じてフェラが止まる。
体勢を変えて電マ当て。感じる姿が絵になってエロカッコいい。
でもポイントがズレると、
マドカ「ねぇズレた(笑)」
ちゃんと言ってくれる。感じる演技で素通りせず、ちゃんと気持ち良くなろうとする意識があって良いです。

マドカさんに電マでオナニーしてもらうと、靴を履いたままの足でスタッフの股間を触る。
マドカ「フフフフ」
スタッフ「お行儀が悪いですよ」
マドカ「ダメ? じゃあ手のほうがいい?」


スタッフの股間を触りながら、
マドカ「イキそう イっていい? ねぇ」
スタッフ「どうぞ」
マドカ「あはははっ 『どうぞ』って言われるとイキづらい」

イクのはガマンして、
マドカ「ねぇ早く咥えさせてよ」
指を咥えながら言うのがエロい。

まずはジャイアント廣田のパンツを脱がせて、
マドカ「おっきいぃ」
すぐに咥える。嬉しそうな笑顔で見つめながらフェラしてくれる。
マドカ「あはっ 硬くなってきた」

乳首舐め手コキから仁王立ちフェラ。

ジャイアント廣田「じゃあ彼(スタッフ)が寝るから」
マドカ「やっとヤル気になったの?」

射精ガマン勝負の約束をしていたスタッフがようやく挑戦。
上から乳首を攻めて、
マドカ「あははっ かわいい 服の上からでもこんなになっちゃうの? かわいい」
エッチなお姉さんに攻められる感が良いです。

Tシャツをめくって、
マドカ「ピンクだ」
乳首をチュパチュパ。
マドカ「気持ちいい?」
スタッフがカメラを持っているので主観視点。

乳首を舐めながら股間をサワサワ。
マドカ「あぁかわいい声出てるね」
さわやか系の男を攻めて楽しそう。

マドカ「ねぇいらない? これ脱がしていい?」
パンツを脱がせてチンコを握る。普通サイズなので「おっきいぃ」は無し。1対1ならまだしも、ジャイアント廣田に「おっきいぃ」と言った直後に普通チンコを見せるのは恥ずかしい。
ゆっくりフェラしてから速度を上げてジュボジュボ。
マドカ「ねぇパンパンだよ ねぇ 気持ちいい?」

暴発シーンが面白い。
マドカ「何? ねぇ気持ちいい?」
手コキをしながら見つめる。
スタッフ「ちょっと…… ちょっと……」
マドカ「何? 何? ダメだよ」

本当にイキそうなのを察して手コキを止めてくれる。
マドカ「ダメ ガマンして」
耐えられると豪語していたスタッフだけど、攻めずに休ませてあげる優しさ。

マドカ「あぁ出そうだねぇ 出そうだねぇ」
手コキを止めてから10秒が経過している。根元を握られた状態で緊張感のある時間。
マドカ「ここまで上がってきてる」
っと亀頭を指差した直後に、
 ドピュッ
マドカ「あ!? あははははっ」
「ここまで上がってきてる」から暴発へのタイミングが完璧。本当に精子の位置が見えていたみたい。しかも手コキをストップしてから10秒経過して射精。

マドカ「あーあ フフフ」
エッチなお姉さんに暴発を優しく笑われる感じも良いです。
マドカ「フフフ 出ちゃった もう一発出しとく?」
でも一発でギブアップ。
マドカ「早い(笑) っていうかさ さっき言ってなかった? ガマンできるって言ってたじゃん」

乳首舐め手コキでスタッフを再勃起させようとするがフニャチンのまま。
マドカ「しょうがないなぁ」
スタッフは解放してジャイアント廣田と対面座位でデカチンをズブッと入れる。
マドカ「やばっ おっきい」
ちょっと寝取られ感もあって良いです。第一印象でスタッフを気に入っていて、さっきまでスタッフとヤりたがっていたマドカさんが別の男のデカチンを入れている。それを撮らされるスタッフ。

得意技の「3cm」を披露。
ジャイアント廣田「あぁ これ3cm?」
マドカ「うん 3cm クチュクチュいってる」

3cmの後にパンパンパンパンと大きなお尻を叩きつける。
デカチンを根元までパンパンしている画は迫力がある。

腰を振りながらサッとブラを取る。
マドカ「あっ すごいグリグリ当たってる」
ムギュッとおっぱいを揉む。

床で騎乗位。
デカチンの上でダンスしているみたいに腰を振って体を反らせて感じる姿もエロい。
マドカ「ああっ あっ あぁイクッ!」
チンポで初イキ。

激しいピストンで、
ジャイアント廣田「あぁイっちゃう いい?」
マドカ「いいよ」
ジャイアント廣田「あぁイクッ……!」

疑似っぽいけど中出し。最近のAVでは定番化しているパターン。

マドカ「もう1回」
ジャイアント廣田「もう1回するの?」
マドカ「する」

ベッドで騎乗位をやろうとするが、
マドカ「出しちゃったからね(笑) 年には勝てないですか?」
精力に衰えが感じられるベテランAV男優に生々しい指摘。

乳首舐め手コキで勃起させてサッと挿入。
ベテランAV男優をリードしてくれるエッチなお姉さん。
パンパンとグリグリを繰り返してキスもする。
マドカ「ねぇ突いて」
突き上げさせて感じる。

背面騎乗位。高い打点から根元までパンパン。
ジャイアント廣田「ああっ すごいっ……!」
バックで、
マドカ「ねぇ突いて」
と言ってパンパン突かせるが、
マドカ「ねぇ もっと」
デカチンでのピストンでも物足りないみたい。
激しくピストンして喘がせるが、ピストンが止まると、
マドカ「なんで止めちゃうの?」
生意気な小娘の腕を引いて奥を突く。
マドカ「ああっ! イクッ!」
ここまで頑張らないとイカせられないから歯応えがあって良い。

マドカ「やだ 動く」
と言われるけど、主導権を奪わせずに正常位。
正常位でアンアン鳴かせるど、動きを止めてしまうと、
マドカ「なんで動くの止めちゃうの? ねぇ」
隙あらば動いて攻めてくるマドカさん。腰をグリグリしてくる。

そしてマウントポジションを奪うように騎乗位。
格闘技みたいなセックス。
ジャイアント廣田「ああっ ヤバイッ……」
マドカ「フフフ」

セックスでマウントをとって嬉しそう。
ジャイアント廣田「これ大好きなの?」
マドカ「ガンガン動けるほうが好き」

動かれるより動いて攻めたい。真正のSっ気が感じられる。
マドカ「さっき出したからガマンできるでしょ?」
ギラギラした目で男を見ながらピストン。

締めの正常位へ。
マドカ「あぁ あっ!」
動くのが好きなS女を突いて感じさせるのも気持ちいい。

ジャイアント廣田「出してもいい?」
マドカ「出してもいい? いいよ(笑)」

終盤だけど余裕の笑顔で答える。
でも、いざ出そうとすると、
ジャイアント廣田「もう出ちゃうよ」
マドカ「ダメ」

と言われてもガマンできず、
ジャイアント廣田「あぁダメ イクッ……あぁイクッ!」
射精シーンも刺激的で、チンポを抜いて射精準備に入ると、
マドカ「フフフ」
勝ち誇ったように笑う。

射精寸前のチンポを近づけると顔を寄せて、
マドカ「いいよ」
サラッと言い放つ言い方が最高。完全に主導権を握って男を支配して射精させる感じ。
 ドピュッ
抗えず射精させられる。
マドカ「すごい出てる 2回目なのに あははっ」

がっつりお掃除フェラをして、
マドカ「もっとする?」
まだ物足りないと言わんばかりの余裕の笑顔。

チンポは戦闘不能なので手マン。
マドカ「あぁイクッ!」

ジャイアント廣田がシャワーに行って、
マドカ「もう1回する? もう1回出しとく?」
スタッフをかわいく笑顔で誘うけど、

スタッフも戦闘不能でむくれる。

感想

ナイス暴発

素人CLOVERの実質監督みたいなスタッフはリアルな暴発を見せる事が多くて面白い。女優が予期しないタイミングで暴発するのが上手いので、女優のリアクションが面白くなります。

今回もマドカさん(胡桃まどか/高美はるか)が手コキで射精しそうなのを察知して手を止めてくれたんだけど、その状態で会話してたら10秒経過してから暴発。「あぁ出そうだねぇ 出そうだねぇ」と射精を煽り「ここまで上がってきてる」と亀頭を指差した直後の暴発が完璧だった。射精感を完璧に見抜いているのが経験豊富なヤリマンっぽい。

冒頭でマドカさんに「ただの早漏じゃない?」と言われて「めちゃくちゃ言うじゃん そんな言うなら見てもらいたいもんですよ」とスタッフが張り合い、「どれだけ耐えられるか? 耐えられなかったら 今日のご飯おごりね」と射精ガマン勝負っぽいシチュエーションになったのも良かった。

AVのリアルな早漏暴発は多くなくて、尺が短いしノーカットで出せるガチの早漏も多くないしで難しいんだけど、このスタッフ(監督)は自分がガチの早漏で、ちゃんとしたセックスはAV男優に任せていてメリハリがあって上手い構成になっている。スタッフ(監督)を瞬殺するヤリマンをAV男優がイカせる事でAV男優のセックスの凄さも際立つ。
AVのセックスはパターン化されて似たようなセックスになりがちなんだけど、こういう手法で凄味を見せるのは上手い。

マドカさんのSっ気がタマラン

凄テク女子を紹介してもらう企画として、明るくてエロくて完璧なキャラクター。

Sっ気がタマランかった。
男優に突かせても「ねぇ もっと」と物足りなさそうにするし、動きが止まると「なんで止めちゃうの?」と言って動いてくる。
電マのポイントがズレると「ねぇズレた(笑)」と言って、男優の勃ちが悪いと「出しちゃったからね(笑) 年には勝てないですか?」と指摘。気持ちいい事に貪欲。

「ガンガン動けるほうが好き」とも言っており、攻めるのが本当に好きなのが伝わった。「やだ 動く」と言ったのに正常位をやられて、正常位でジャイアント廣田の動きが止まると「なんで動くの止めちゃうの? ねぇ」と言って腰を振り、ガバッと上体を起こしてマントポジションをとって騎乗位。格闘技の寝技みたいにポジションを奪い合うセックス。

そして射精シーンも最高。
ジャイアント廣田がイキそうになって「出してもいい? いいよ(笑)」と余裕の笑顔がまず良い。デカチン男優のピストンでもノーダメージっぽい強さ。
「もう出ちゃうよ」と言っていざ射精しようとすると「ダメ」と裏切ってSっ気を見せる。ガマンできるはずもないジャイアント廣田がチンポを抜いて射精体勢になると「フフフ」と満足気に笑うのが良かった。本当にセックスで男にマウントをとって悦に入る感じ。
チンポを顔に近づけた時の「いいよ」のサラッと言い放つ言い方もツボ。この時点でガマンできるわけがないんだけど、あえて「いいよ」と射精許可を出す支配的なところも良い。生意気な小娘に抗えずドピュドピュして「すごい出てる 2回目なのに あははっ」と嬉しそうに笑われるのも良いです。

AV男優が自信を喪失するような、笑顔での「もっとする?」も効いた。結果的に男2人がかりで満足させられなかった性豪。

デカチンのベテランAV男優にセックスでマウントをとって満足そうなところがエロかった。

出典

配信開始日:2021/08/27
収録時間:63分
名前:マドカ
サイズ:T— B– W– H–
レーベル:素人CLOVER

FANZA マドカ

DUGA 素人CLOVER マドカ

MGS動画 マドカ

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました