【VR】隣のエッチなお姉さんに誘われて筆おろし「すごいおっきいんだけど」と驚かれたデカチンでイカせる

隣の家のエッチなお姉さんの部屋に誘われて童貞を奪われるVR体験。やりまくりの彼氏と別れたばかりで欲求不満のお姉さんにグイグイ迫られて、「すごい大きいよ」と言ってフェラからの寸止めに耐えられず暴走で太腿に射精。挿入でも「すごいおっきいんだけど」と言われたデカチンでエッチなお姉さんをイカせまくる。>>感想
FANZA 【VR】エッチなお姉さんは嫌い?? 伊達さや

パート1

お姉さんの部屋からスタート。
見えるところにブラが置いてあったりして散らかっている。
伊達さや「ごめんね 急に呼んじゃって 散らかってるよね ごめんね」
適当に片付け始める。下半身のムチムチ感が良いです。

伊達さや「なんか飲む? とりあえずお酒飲める? はい どうぞ」
座って缶ビールで乾杯してお喋り。
伊達さや「ホントごめんね 急に誘っちゃってさ でもよく会ってたよね 朝 私のこと見てた? ホントに? どんな風に思ってたのかな?」
設定としては隣の家に住んでいるお姉さん。当然ながら顔を見たことはあるけど、こうやってお喋りするのは初めてという関係。
まずは仕事の話、料理の話、趣味の話を3分くらいします。普通の話ですが、お姉さんの部屋で2人きりというドキドキがあります。
太腿にも目がいっちゃう。

3分ほどお喋りをしてから、
伊達さや「なんかさぁ 最近さぁ こっちの部屋静かになったと思わない?」
少しニヤニヤしながら訊く。
伊達さや「気付いてるでしょ なんか最近 彼氏と別れたんだよね けっこうあの人 すごいヤるからさ 私も声おっきいかも 聞こえてた?(笑)」
騒がしいエッチの声が聞こえなくなって静かになったということですね。いきなりこんな話をしてくるあたり、エロさを隠さない。
伊達さや「彼女とかいるの? いないの? えっ 今いないの? どれぐらい いないの? えっ!? ホントに? えっ じゃあキスとかしたことないの? ホントォ? 手繋いだりとかは ないの? えー そっか」
素直に童貞を告白したみたいです。

伊達さや「じゃあさ チューしてみる?」
最初から男を喰う目的で誘ってた感じだから、グイグイ来るのも自然です。
伊達さや「なに? 照れてんの? んー かわいい チューしようよ ねぇ」
こちらの膝に跨り、顔を近づける。でも1回フェイント。
伊達さや「チューすると思ったでしょ? 固まってる かわいい」
その後にチュッとしてくれる。
伊達さや「チューしちゃった 気持ち良いでしょ チュー もっとしてあげよっか」
続けて何度もチュッチュッして、さらに口を開けて舌を出してベロチュー。
伊達さや「気持ち良いでしょ もっと気持ち良いことさしてあげる」

伊達さや「おっぱい触っていいよ ……ごめんブラジャーつけてないや」
いきなり生おっぱいをモミモミ。谷間が汗ばんでいます。
伊達さや「柔らかいでしょ? もっと揉んで そう 上手じゃん」

伊達さや「おっぱい舐めてみたい? 舐めさせてあげる もっと舌出して」
少し息を漏らして喘ぐ。
伊達さや「気持ち良い……」

伊達さや「耳舐めてあげよっか?」
囁いてから耳舐め。
伊達さや「胸揉んで」
おっぱいを揉みながら耳舐め。

伊達さや「気持ち良い? 私も脱がして」
男がボタンだけ外すと、目の前でパツンパツンのデニムパンツをグイグイ引っ張って脱ぐ。

ストッキングとパンツのアップ。ムチムチでド迫力です。
伊達さや「どんな匂いする?」

伊達さや「後ろも見て」
お尻の迫力も凄い。
伊達さや「手貸して」
お尻を揉ませてくれる。

伊達さや「っていうか絶対勃ってきてるでしょ?」
男はジェスチャーで否定するが、股間を触られて、
伊達さや「硬くなってるじゃん すごい硬くなってるよ 舐めてあげよっか?」

ズボンとパンツを同時に脱がされる。
伊達さや「すごい勃ってるじゃん」
竿を握ってシコシコ。
伊達さや「気持ち良い?」

伊達さや「舐めてあげるね」
テーブルをズラして、うつ伏せに寝てフェラ。
少しフェラしてから、
伊達さや「すごい大きいよ」
エッチなお姉さんが筆おろしで言ってくれるのが良いです。

手コキをしながらチンコを見て、
伊達さや「もうパンパンだよ どうしたの? イキそうなの? まだイカせないよ?」
手を離してキス。

伊達さや「すごい勃ってるじゃん まだイっちゃダメだって」
暴発させないように慎重に触る。
伊達さや「なに? イキそうなの?」
手を離して寸止めするが、男が自分でシコシコ。
 ドピュッ
そのまま太腿に射精。
疑似精子を発射させる時にチューブの潰れる音がしましたけどね。

太腿に射精されても落ち着いているお姉さん。
伊達さや「うわっ めっちゃ出たじゃん」
太腿の精子を指ですくい集めて、
伊達さや「すごい出てるよ 誰がこんなに出していいって言った?」

チンコを握って確認し、
伊達さや「まだいけるでしょ? 舐めたらもっと気持ち良いよ 舐めてあげよっか?」
ペロペロしたところで、とんでもないミスが!
監督「ゴホッ いいよ そのままで フェラずっとして」
監督の指示がそのまま入っちゃっている。これで没入感が崩壊。
VR動画撮影のVR男優の気分。

監督「で おっぱいに当てて 1分後に発射する」
監督の指示でネタバレ。
指示通り、おっぱいに亀頭を当てる。
伊達さや「硬いの当たってる おっぱい気持ち良い?」
仮想世界の中の偽物の仮想世界という不思議な感覚。伊達さやの言葉も素直に入って来ない。

伊達さや「また舐めてあげる」
フェラしたところで、また監督の指示が聞こえます。エッチなお姉さんだったはずなのに、言われたことをやっているだけという裏側が見えちゃうのも面白いけど、まぁありえないミスではある。
少しフェラしてから、
監督「あと1分ぐらいで発射で」

指示通り1分ほどフェラしてから、
伊達さや「んっ」
口内射精。
伊達さや「また出てるよ すごい出るね」

伊達さや「もっと気持ち良いことしよう」
見つめていると、
監督「そのままキスして」
サッと動いてキス。なんかもう逆に面白い。言われたからやる仮想世界でのキス。
でも監督の指示が入っているのはここが最後。

伊達さや「ねぇ私も オマンコ濡れてきちゃった 私のも見て」
立ち上がってストッキングを脱ぎ、パンツも脱ぐ。
伊達さや「ねぇどうなってる? 濡れてる?」
お尻を開いてアナルを見せたりもする。

伊達さや「私が1人でやるの見てて もうガマンできなくなっちゃった」
オモチャを使ってのオナニー見せ。
伊達さや「見るの初めて? 興奮するでしょ ちゃんと見てて」

伊達さや「後ろからも見て」
お尻を向けてオナニーしてから、
伊達さや「ねぇ持って これ もっと出し入れして」
男にオモチャを持たせる。

伊達さや「ねぇガマンできない 君のオチンチン欲しい ねぇ君のオチンチンちょうだい」
キスをしてパート1終了。

パート2

男の胸の上で見つめて、
伊達さや「ねぇ入れていい? 不安? 大丈夫だよ 優しくしてあげるから」
と言ってキス。耳に息を吹きかけてからの耳舐めも。
伊達さや「気持ち良い?」

伊達さや「乳首も舐めてあげるね」
重量感のある体で密着されて押さえ込まれているみたい。

伊達さや「ねぇもうガマンできない 入れていい? 大丈夫 優しくしてあげるから」
コンドームを手に取って、
伊達さや「ちゃんとゴムしないとね ゴムしたことないでしょ?」
お姉さんにコンドームを着けてもらう。

伊達さや「入れていい? 入れるよ ゆっくりやってあげるからね」
騎乗位でゆっくり挿入。
伊達さや「入ったよ 痛くない?」
ボディの圧を感じる。

伊達さや「動くからね」
膝を立ててグラインドして慣らしてからピストン。
伊達さや「あっ すごい…… あっあっあっ…… すごい奥まで当たってる」
童貞チンコで激しく感じて、
伊達さや「君ホントに初めて?」
と言われて寝ているだけですけどね。
伊達さや「熱くなってきた」
服を脱ぐ。

表情を歪ませて、
伊達さや「すごいおっきいんだけど んんっ……」
元カレよりもデカチンっぽい感じ。

伊達さや「胸揉んで」
おっぱいを揉みながらの騎乗位。
伊達さや「すごい奥に当たってる」

男に突き上げさせて、
伊達さや「あぁイクイクイクッ……!」
イってビクビクッとする。
伊達さや「君ホントに初めて? はぁはぁはぁはぁ……」
ここは突き上げてイカせたので言われるのもわかる。

伊達さや「後ろからもやろう」
背面騎乗位で圧し潰されそうなピストン。
伊達さや「見えてる? 繋がってるの見えてる?」
ベッドだけでなく、後ろの棚も揺れる地震のようなピストン。

背面騎乗位でもイってヘトヘトで息切れ。
汗もかいていて肌がテカっています。

伊達さや「ねぇ凄い激しすぎる 気持ち良いんだけど」
髪の乱れ方で激しさを感じる。

見つめてから座位の体勢になり。
伊達さや「ねぇ知ってる? 生でヤったほうが気持ち良いんだよ ホントはいけないけどヤってみる?」
チンコをゴソゴソしてコンドームを取っちゃう。

伊達さや「入れてみよっか」
生挿入で座位。

うっとり感じている顔を見ながら。
伊達さや「生どう?」

片手のみ後ろについてピストン。
「はぁはぁ」「んっんっ」と声を出しています。

伊達さや「あぁイっちゃう…… イっ イっちゃう んんっ! あっ!」
イって動きが止まるけど、すぐに再開。

伊達さや「イっちゃうぅ ううっ……!」
2回目は反り返ってイク。

伊達さや「後ろからも突いて」
背中の汗が凄い。

土下座状態でのバックですが、体勢が難しくてチンコが何度も抜けちゃう。
ここ残念だったのはカメラがスーッと下に移動してしまったところ。主観視点としては厳しくなって没入感が削がれるし、土下座状態を上から見ながら突いたほうが良かったし、背中の汗も凄かったので背中を見たかった。

土下座状態でシーツを握りしめて、
伊達さや「イっちゃうっ ううっ うっ!」
大きなお尻をビクビクさせてイク。

伊達さや「はぁはぁ 前から入れて はぁはぁはぁはぁ……」
イキまくってエロい疲労感。

激しさが限界突破で最高潮……だったはずが、急に正常位に変わって汗も乾いちゃっている。乱れた髪も元通り。
かわいいけどトーンダウンしてしまった。

伊達さや「すごいっ 奥まできてる ああっ……」
エッチなお姉さんが呼吸困難になるほど感じさせる。

伊達さや「イクイクッ…… ああっ……」
ガクッと事切れるようなイキ。

お姉さんをイカせてからも正常位を続けて、
伊達さや「あぁすごい奥きてる」
ボロボロに突きまくる。

伊達さや「中っ 出していいよっ」
フィニッシュは中出し。
伊達さや「すごい いっぱい出たね 気持ち良かった? またいつでもおいで」
キスをして終了。

感想

隣の家のエッチなお姉さんに誘われて童貞を奪われるVR体験。伊達さやはムッチムチの初美沙希という感じでエロかわいかった。唇が厚いからセクシー。演技もしっかりしている。

画質は良いし縮尺も問題ナシ。照明は少し明るめだけど問題ない範囲。
バイノーラル録音で音質も良くて、機械音の騒音も小さくて完璧。基本部分は問題ナシなはずだったのですが、致命的なミスがありました。パート1の途中で監督の指示がそのまま入ってしまっているというVR動画としてはあってはならないミス。「こんな感じで指示出しているんだなぁ」というVR撮影現場の生々しい雰囲気を肌で感じることができる面白さはありますが、まぁダメですわね。1ヵ所なら見逃す可能性はあったとしても、5ヵ所くらいありましたから誰もチェックせずに製品化されたレベルの話。映画のトゥルーマンショーみたいな、偽りの現実が見えたような不思議な感覚は楽しめた。

編集ミスは痛かったけど、オーソドックスな筆おろし物として内容は良かった。ムッチムチのエッチなお姉さんに誘惑されて、フェラでは寸止めされるけど男が自分でシゴいて太腿に射精しちゃうのも面白かった。太腿への射精はあまり多くないので、VRだとなおさら新鮮。ムッチムチの太腿が魅力でもありますので、上手い狙いでした。
童貞君はデカチンでもあり、フェラでは「すごい大きいよ」と言われ、挿入でも感じすぎて「すごいおっきいんだけど」とも言われていました。そのデカチンで経験値0の童貞君が痴女みたいなお姉さんをイカせまくってヘトヘトにするのも爽快。ムッチムチのボディで重量感のあるピストンは、ベッドや棚を揺らして地震みたいな迫力があった。伊達さやは汗をかきやすくて、激しさや疲労感が汗で感じられていた。それだけに最後の正常位前にカットが入って汗が乾いた(拭いた)のはもったいない。
天然で汗をかける女優は、汗だくの激しいVRセックスをもっとアピールして良いかと思う。

商品発売日:2019/02/28
収録時間:64分 (HQ版:64分)
出演者:伊達さや
監督:ウィルチンチン
メーカー:KMPVR-彩-
レーベル:KMPVR-彩-
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】エッチなお姉さんは嫌い?? 伊達さや

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top