【VR】AV男優面接でチンコの写真を撮られたりサイズを測られたりする羞恥

VR
VR 巨根

AV男優面接をVRで体験する作品。面接官の前で全裸になってチンコの写真を撮られたり、長さを測定されたりする羞恥。実技テストでは審査されつつアドバイスも貰える。業務的に淡々と面接してくれる面接官でしたが、17cmのデカチンを挿入するとさすがに感じてイっちゃいました。>>感想
FANZA 【VR】 【朗報】AV男優面接に行ったら面接官がまさかの蓮実クレアだった件…

パート1

面接室で待っていると蓮実クレアが来る。
蓮実クレア「よろしくお願いします お待たせしました 今日面接させていただく蓮実です よろしくお願いします」
普通の面接っぽく履歴書を渡して確認してもらう。履歴書を見ながら軽く世間話も。
蓮実クレア「男優希望ですよね 制作じゃなくて」
AV男優面接というシチュエーションです。
蓮実クレア「簡単じゃないんですよね みんなやりたいって言うんですけど中々……」
難易度が高いらしい。

いろいろ質問されます。
女性経験はあるか?それはいつ頃だったか?
体力に自信はあるか?スポーツか筋トレをやっているか?
演技の経験はあるか?
エッチは好きか?オナニーとセックスはどれくらいしてるか?
質問が終わり、
蓮実クレア「今から身体チェックしていきますね 服を脱いでもらって それをチェックします ……脱ぐと思わなかったですか?」
カメラがスーッと上昇してから脱衣。パンツも脱ぐ必要がある。
オーディションのシチュエーションを感じながら蓮実クレアの前で全裸になる恥ずかしさも面白いです。
蓮実クレアは落ち着いていて「実家どこなの?」とか雑談を振ってくる。
蓮実クレア「もし撮影するってなったとしたら もっと人がいっぱいいるところで脱がなきゃいけないんで 恥ずかしがってる時間はありませんよ」

蓮実クレア「脱いだら全身の写真を撮らせてもらいます 全部撮りますよ もちろん オチンチンも」
パンツと靴下も脱いで全裸で仁王立ち。
全身、顔、バストアップを撮影。
蓮実クレア「君さぁ 運動してないって言ってたわりには けっこう筋肉質だね」
そして股間にカメラを向ける。
蓮実クレア「じゃあオチンチンの写真撮りますね」
VRでチンコを撮影される体験は珍しい。正面と横から撮影し、
蓮実クレア「へー 非勃起状態で中々いいですね」
チン評されながら撮影される羞恥。

蓮実クレア「右手でオチンチンをめくって金玉の裏 見せてもらってもいいですか?」
変態的なセリフも業務的に淡々と。
チンコの下から撮影。
蓮実クレア「じゃあ金玉離して 裏筋だけ見せてください」
竿の裏筋を撮影。
蓮実クレア「細かかったですか? 必要なんですよこういうのが ごめんなさいね」

蓮実クレア「じゃあサイズ測りますね あ オチンチンの」
メジャーを取り、自分は座る。
蓮実クレア「まず全長を測ります」
VRでチン長測定される恥ずかしさも面白い。
蓮実クレア「非勃起状態の全長は14cm……」
勃起時の日本人平均が13cmなのに萎えた状態で14cmはデカい。モザイク越しで見ても実際にデカいです。
蓮実クレア「中々いいですね……え? 14……? すごい」

蓮実クレア「じゃあちょっと亀頭だけ持って 立ててもらっていいですか?」
周囲を測る。チンコをメジャーで巻かれる感覚も面白い。
蓮実クレア「真ん中……えーと 12」

記録して再び測定しようとするが、
蓮実クレア「えーと あれ? ちょっと大きくなっちゃったね」
測定でチンコを触られて勃起してきちゃった。
蓮実クレア「あ 大丈夫大丈夫 全然問題ないですよ せっかくだから勃起状態の計測をやらせてもらおうかなぁ」
裏筋にメジャーを当ててチンコの長さを測定。
蓮実クレア「伸びましたねぇ 17 へー いいじゃない君 なかなか 全長が12を超えてくると けっこうなかなか使いやすいんでね」
立派な17cm砲。

蓮実クレア「せっかくだからカリ周りも測らせてもらおうかなぁ」
カリにメジャーをぐるっと巻いて測定。
蓮実クレア「亀頭はカリ首12 へー すごーい いいじゃない」
さらに金玉の大きさまで測る。
蓮実クレア「袋は んー 17かなぁ すごいじゃない君 けっこう優秀 数字が優秀」

蓮実クレア「最後に実技チェックいきます」
ストップウォッチをスタートさせてから手コキ。
蓮実クレア「じゃあ軽く手コキしていきますね」
AV男優面接で蓮実クレアと出会って、そのまま手コキまでしてもらえる急展開。
手コキをしながら、乳首は感じるか?チンコはデリケートか?などの質問を業務的にする。エロさを出す手コキじゃなくて、オーディションとして業務的にやるのが良いです。
蓮実クレア「オチンチンいいですねぇ 硬さもちゃんとあるし」
玉の張りや乳首が硬くなる早さまで言及。

男がイキそうになり、
蓮実クレア「ストップ ダメですよそんな簡単にイったら」
オーディションでの緊張感のある射精ガマンシチュエーション。
蓮実クレア「じゃあ口でチェックしていきます」
フェラで咥えるけど、17cm砲が長くて先端しか咥えられない。
蓮実クレア「せっかくなんで勃起状態の写真ももらっていいですか?」
恥ずかしさとドヤ感のある撮影。

再びフェラで、
蓮実クレア「いいですね 大きいから全部入らないです」
玉舐めもします。
蓮実クレア「どうですか? ちょっと上がってきた? 射精感が」
咥えたまま激しい手コキで口内射精。しっかり搾り取ってから口を離す。
蓮実クレア「イケましたね んんっ 量多いですね」
ストップウォッチを見て時間を記録し、
蓮実クレア「なかなか頑張りましたね いいんじゃないですか」

男の愛撫のテスト。
蓮実クレア「実際に触ってもらってチェックをしていきたいと思います」
と言ってシャツのボタンを外す。こっちはドキドキなのに蓮実クレアの淡々とした感じの温度差が良いです。
蓮実クレア「じゃあまずキスからしていきますねー」
テストとしてのキス。
蓮実クレア「ベロ出して」
ここでパート1終了。

パート2

キスの続きから、
蓮実クレア「キス上手じゃない 中々いいですよ じゃあ今度は胸を触ってみて 普段の揉み方でいいですよ」
テストでおっぱいを見せて揉ませるという非日常的なドキドキ。
蓮実クレア「ふんふん 乳首はどういじる? いいですよ うん いいじゃん 気持ちイイ」
ここでAV男優としての揉み方を教えてもらえる。
実技テストと講習を兼ねている感じ。
蓮実クレア「飲み込み早いですね 中々いいですよ」

乳首の舐め方も教えてくれる。
蓮実クレア「中々いいじゃない んっ……」
実技テストの道具として体を差し出しながら、ちょっと喘ぎ声が漏れるのが良いです。
手マンも実技テストをしながら触り方を教えてくれる。
蓮実クレア「女の子のアソコが湿ってきたら 指を入れちゃいましょうか ズボッて んっ……」
ここでも淡々と説明しつつ「んっ」という声が交ざる。
蓮実クレア「あっ んっ…… あぁいいですね すごくいい」
指を入れてからの動きも教える。
蓮実クレア「んんイケそうイケそう あぁ気持ちいい あぁイクイクッ あっ!」
下半身をビクビクさせてイク。面接中に蓮実クレアをイカせる嬉しさ。
蓮実クレア「あぁごめんなさい なんか イっちゃった 気持ち良かった」
謝るって事は普段ならイカないって事でもあり、良いセリフ。

実技テストの評価も高い。
男がまた勃起しており、
蓮実クレア「さっき出したよね 連続でイケる人? 言ってよそれを先に そうなんだぁ」
すぐ勃起する事が高評価される世界。
蓮実クレア「本当はここで終わりだったんですけど このままもうちょっと進めちゃいましょうか」
コンドームを手渡され、ストップウォッチでコンドームを着ける時間を測る。
少し苦戦すると、
蓮実クレア「ちょっとキツかったかなぁ おっきいもんね」
デカチンなので普通サイズのコンドームだと難しい。

蓮実クレア「じゃあ最後は 実際にしてみましょっか 私が上に乗って動きますんで そのままでいいですからね」
これも業務的なノリで当たり前のように淡々とセックスへ。
蓮実クレア「え? なにビックリした顔してんの? だってほら してみないとわからないじゃない?」
全裸になることすら想定せずに面接に来ていた男ですから、衝撃的な展開。この気持ちをVRで自分も味わう。

蓮実クレア「恥ずかしい? 大丈夫大丈夫 じゃあいきますよ入れますねー よいしょ 実技チェックなんでねー」
対面座位の体勢で挿入へ。
蓮実クレア「あっ…… あっ…… めっちゃデカイ」
軽いノリで挿入しようとしてからのデカチンで苦戦。
蓮実クレア「大丈夫ですよ全然 あんっ 慣れてるんで んっ んんっ…… あっ なんか 中々いいかも」
慣れているといいつつもデカチンが効いている感が出ています。

対面座位で体を揺らす。
蓮実クレア「いいですよ そう腰を持って あっ…… ヤバイ 奥まで届いちゃう あぁ んっんっ……」
淡々としていた面接官を喘がせる興奮はデカい。
蓮実クレア「焦らないでゆっくり これは持続力もみたいんで あんまり早くイカれてもね」
ここでも射精ガマンのシチュエーション。
蓮実クレア「すっごいこれ 奥まで当たる 硬くておっきい男優さんは喜ばれますからね」

蓮実クレア「あぁ んっ…… すっごいそれ お腹の中にズンズン来る 私がこんなに腰動かしてるのに 耐えられるなんて すごいですね」
やっぱりシチュエーションの効果が生きていて、業務的に淡々と対応していた面接官の蓮実クレアが普通に感じてくれるだけで良さが出ます。
蓮実クレア「あぁすっごいヤバい ちょっと本気汁出ちゃった」
本気で感じ始める。
蓮実クレア「めっちゃ気持ちイイ ヤバイから あぁそれ好き」
セックスを楽しんでいるように感じているけど、
蓮実クレア「そうですよ 実技チェックですよ」

繋がったまま反転して背面騎乗位。
蓮実クレア「あぁヤバイ…… あっ あっ ……え? 実技チェックしてますよ 忘れてないですから アナタもちゃんとガマンしないとダメですよ 速いのとゆっくりと どっちがきても耐えてくださいね」
腰を振りながらブラを取る。
蓮実クレア「あぁヤバイ……! まだダメですよ じつ……実技チェック中なんですから あぁイキそう……んっん!」
絶頂寸前の「じつ……実技チェック中」という噛み方が上手かった。
蓮実クレア「またイっちゃった」

蓮実クレア「正常位しますよ 一番基本の体位ですからね」
実技講習っぽいセックス。
蓮実クレア「なんかオチンチン根元から膨らんできましたね もし射精感が強くなってガマンできなくなったら そのままゴムの中に出しちゃって大丈夫ですからね」

しばらく正常位を続けていると射精感が強くなり、男が動く。
蓮実クレア「えっ!? えっ!? えっ!? ちょっとまって! なに!?」
慌てる面接官。
蓮実クレア「待って 動かしちゃダメ 待って イっちゃうイっちゃう 待って ダメダメダメ あっ あぁイクッ!」
蓮実クレアをイカせてゴム射。
蓮実クレア「イキました? ビックリしました 急に動き出すんだもん」
精子をチェックして、
蓮実クレア「君けっこうイイですねぇ つい本気出しちゃいましたよ」
面接で蓮実クレアを本気にさせられて満足。

蓮実クレア「まだイケるね じゃあ今度はこっち来てください」
ソファに誘われて生で騎乗位。
蓮実クレア「すごい 君けっこう持続力あるね」
騎乗位ではMっぽくなった男を蓮実クレアがイジりながら攻める。

騎乗位でパンパン。
蓮実クレア「金玉上がってきた? 限界? ねぇもう」
そのまま中出し。

感想

チンコの写真を撮られたりサイズ測定される羞恥

VRでAV男優面接を体験というシチュエーションが面白かったです。実際の面接気分で臨んで面接官がAV女優の蓮実クレアという驚きとドキドキ。

慣れた様子で淡々と面接官としての仕事をこなす蓮実クレアの前で全裸になるだけでも独特の恥ずかしさがあり、チンコの写真を撮られたり、チンコのサイズを細かく測定されたり、このシチュエーションならではの羞恥が良いです。

恥ずかしいながらも、男はデカチンで蓮実クレアを驚かせてドヤ感もある。17cmという数字だけじゃなく、実際に男はデカチンでした。

AV女優が体を使って実践練習

実技テストも独特でした。蓮実クレアが業務的に自分の体を道具のように差し出して実技テストさせる。しかも、AV男優を目指す人に本当に実用性がありそうなアドバイスもしてくれる。

業務的で淡々とした蓮実クレアがたまに漏らす喘ぎ声も良い味で、手マンではガマンできずイっちゃって「あぁごめんなさい なんか イっちゃった 気持ち良かった」と言うのも良かったです。

コンドームを着ける時間を測定するのも他のVR作品では見られない展開でした。

デカチンを挿入してからの蓮実クレアの感じっぷりも良かったです。いや感じっぷりは普通だと思いますけど、それまでの前フリが効いていた。面接慣れしていて業務的に淡々と進行していた面接官をデカチンで喘がせイカせる爽快感に繋がりました。男優デビュー前に結果を出すセックス。

フェラもセックスも射精ガマンシチュエーションでもあり、ガマンする緊張感と気持ち良さもVRで体験できる。

AV男優面接というシチュエーションならではの羞恥と気持ち良さがありました。

配信開始日:2020/07/10
収録時間:63分 (HQ版:63分)
出演者:蓮実クレア
監督:まさのり
メーカー:Hunter
レーベル:HHH-VR(HHHグループ)
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】 【朗報】AV男優面接に行ったら面接官がまさかの蓮実クレアだった件。勇気を出してAV男優面接に行ったボク、怖い監督とかが面接官だったらどうしよう…とドキドキしていたら、やってきたのはめちゃくちゃエロい女性!というかAV女優の蓮実クレア!?エロい質問を…

コメント

タイトルとURLをコピーしました