キレイなお姉さんが童貞君を筆おろしするけど内緒で媚薬を投入されて逆にイカされ

キレイなお姉さんが童貞君を筆おろしする企画だけど、ただの筆おろしじゃありません。お姉さんには内緒で媚薬を投入し、感じやすくなり過ぎたお姉さんが童貞君にイカされちゃうという企画。童貞君にエッチの手ほどきをするはずが、潮吹きしたりイっちゃったりのお姉さんたち。「童貞やめてっ」とお姉さん目線で言っても、手を止めない童貞君に半泣き状態にさせられてイっちゃったり。
(DMM.R18 ホットプレゼンツ 奥手な貴方へ贈る…綺麗な上に感度もバッチリなお姉さんがしてくれる 燃え上がってしまう筆下ろし)

シーン1

童貞君とキレイなお姉さん。佐々木恋海(向井恋)さんですね。
お姉さんも緊張気味で話が進まないので、監督が進行を手助け。
キスをしてもらうが最初はソフトなキスで、監督が「深いやつ」とリクエストして、
お姉さん「ベロをちょっと出してください」
と、ディープキスを教えるところがエロかった。

恥ずかしがりながら服を脱いでくれるお姉さん。
おっぱいのカップ数を言い当てた童貞君。Eカップらしい。

童貞君にマンコを見せると、
監督「早乙女さん見られるの好き? ひょっとして」
言われて照れ笑い。

っとここでセッティングチェンジのため撮影休止ということにして、媚薬を仕込んだドリンクをお姉さんに飲ませる。

会話で時間稼ぎ。

撮影再開。顔が少し赤くなっているお姉さん。良い感じです。

キスの表情もエロくなっている。

おっぱいをちょっと責められて感じちゃうお姉さん。
監督「どうしたの? 教えてあげないと」
お姉さん「あっ すみません」
乳首のさわり方を教えて童貞君にさわってもらうが、軽くふれただけで少し前かがみになって敏感な反応を見せるお姉さん。かわいくてエロい反応。
童貞君「どこが気持ちいいんですか?」
お姉さん「乳首が すごい気持ちいいです」
監督「やられっぱなしだよ早乙女さん」
お姉さん「はい……」

童貞君の軽い責めに体をクネらせて反応するのがタマランです。

舐められたらもっと敏感に反応しちゃうわけで。

おっぱいだけでイっちゃいそうなほどタジタジになっているお姉さん。

自分でオナニーも始める。

監督が手マンの指導をしている途中に、童貞君の手を持って自分で押し込むお姉さん。

監督「イっちゃうの? 童貞にイカされちゃうの? 童貞に」
童貞君が歯を食いしばって必死に手マンを続けて、
監督「出そう?」
お姉さん「出そう……」
潮吹きさせられます。

何が欲しいか言わせる。
お姉さん「オチンチンが……欲しいです」
監督「どこに?」
お姉さん「まずは……お口に」

お姉さん「もういいですか?」
監督「なにが?」
お姉さん「挿れてもいいですか?」
ヨダレを垂らしてます。

正常位で挿入。
監督「童貞のオチンチンどうですか?」
お姉さん「すごい 気持ちいいです」
お姉さん「もっと奥まで」
表情も喘ぎ声も、かなり良い感じ方をします。

童貞君「ああっ すごい……」
監督「すっごいビシャビシャいってると思ったら」
下は大洪水になっていました。

バックで挿入。
お姉さん「すごい 奥まで当たってる」
お姉さん「はあっ イっ ちゃいっ そうっ」

お姉さん「はぁ イっちゃ……」
監督「イっちゃった?」
うなずくお姉さん。

この後もバックで突かれる。
そして童貞君もゴム射。お姉さんは完全に撃沈。

監督「ほとんど教えられてなかったけど」

シーン2

2人目のお姉さんは柴崎あかねと名乗っている矢吹杏。
ピュアすぎる童貞君に、
お姉さん「そんなに意地悪しちゃいけない気がしてきちゃう」
と気を遣う。

まずは媚薬投入前に手マン、クンニ、おもちゃ責め。
媚薬投入後との比較用ですね。

媚薬投入後のおもちゃ責め。
喘ぎ声が大きくなって激しい反応。
お姉さん「あイクッ あぁ! あぁダメ あぁ挿れたいよチンポ」
チンポ挿れたいと言ってしまって、ハッとしてすぐに口を押える。

お姉さん「けっこういいモノを持ってますよ いいチンコじゃないですか」
童貞君のチンコを高評価。
フェラしてパイズリ。
監督「でっかいチンチンがでっかいおっぱいに」
お姉さん「デカいです」

バイブローターを童貞君に使わせてると感じて何もできなくなるお姉さん。
一方的に責められてイっちゃいます。

がっつき気味で騎乗位で挿入するお姉さん。

正常位。
お姉さん「あぁダメェー イクゥー!」

バックでも、
お姉さん「あぁん ダメェー イっちゃう」
童貞君もゴム射。

ピュア過ぎる童貞君に気を遣っていたのにイカされまくったセックス。

シーン3

3人目は橋本しずかと名乗っている里崎あかね。
会話が弾まないのでお風呂でスキンシップ。
最初に童貞君が服を脱いだ時点ではチンポは萎えていたが、お姉さんを脱がしたところで半勃ちしているのがリアルな反応。

一緒に湯船につかる。
ここで童貞君はビンビン。

中々会話が弾まないので、監督の指示で密着してもらう。

童貞君の勃起力に驚く。
そしてシャワー前に媚薬入りのドリンクを投入。

媚薬投入後、体を洗ってあげるお姉さん。

下向きのチンチン周辺を洗っていると、

すぐに上向きに。
お姉さん「すごいビッグですね」

童貞君にお姉さんの体を洗わせると反応が敏感で、
監督「クネクネしてない? どうしたの」
お姉さん「いや…… なんかビクビクしちゃう(笑)」

かなりカワイイ反応です。
お姉さん「なんか くすぐったいんです(笑)」
お姉さん「なんか気持ち良くなっちゃう」

股に手を入れると悶えて股を閉じちゃう。
監督「けっこう感じやすいね」
お姉さん「えー なんかおかしいですね(笑)」

シャワーで、
お姉さん「んイクッ イっちゃう」

監督「イっちゃうって言ったよね これでイっちゃうんですか シャワーオナニーでイっちゃうんですか?」
お姉さん「いや 初めて」

手マンを指導するお姉さん。
童貞君「どこが気持ちいいですか?」
お姉さん「奥のほう」
当然のように大量潮吹きしてイっちゃいます。

お返しのフェラ。
チンチンで乳首も責める。

お尻にもチンポビンタ。

バックで挿入。
あまり腰を動かさない童貞君なので、自分が動くお姉さん。
お姉さん「イっちゃう イっちゃう」

お姉さん「すぐイっちゃう ごめんなさい」

騎乗位。

最後はフェラ抜きで口に射精。

シーン4

高嶋しおりと名乗っている長尾みわ。姉御キャラと甘えん坊キャラの童貞。
しかし媚薬なしでもエロ過ぎるという問題。
媚薬投入の意味が無さそうで焦る監督。早めに媚薬を投入した。

テロップも出るが目がヤバイ。
監督「高嶋さんそれじゃ筆おろしできないんじゃ……」
お姉さん「大丈夫です」

Gカップの爆乳を揉む。
監督「いつもこんな感じちゃうの?」
お姉さん「違う こんな おっぱいさわられてだけで…… いつもこんなことないんです」

感じてばかりのお姉さんに責めてもらう。

フェラの前に童貞君にだけ種明かし。「媚薬を飲ませたから何やっても大丈夫」とけしかける。これは少しわざとらしいやりとりで、演出としてはやり過ぎか。姉御キャラのお姉さんと甘えん坊キャラ童貞君の立場を逆にしてみようという演出。

この童貞君は巨根役として多数の作品に出ています。
押し込んでも根元までは入らない。

立場逆転してからのおっぱい責め。

手マンでも大量潮吹きで、
お姉さん「だっていつもこんなに出ない」

フェラして騎乗位で挿入。
監督「高嶋さん 童貞なんだから そんな激しく動いたらイっちゃうでしょ」

バックで童貞君ゴム射。
このシーンはシチュエーションを狙い過ぎた感があり、リアリティに欠けた感じ。

シーン5

市川まきと名乗っている希咲あやは3P。

パンツを脱がすと1人はフル勃起、もう1人はやや勃ち。

媚薬投入後、童貞君に責められてタジタジ。
お姉さん「あぁそうっ チンポ挿れたくなっちゃう」

お姉さん「気持ちいい ほら おっぱい舐めて」

テンション上がりすぎて童貞君のパンツを脱がしてすぐマンコにねじ込もうとする。
監督に言われて、まずはフェラを。

手マンもさせて絶叫しながら潮吹き。

むさぼるような挿入。

お姉さん「ほら もっともっと もっと振って」
媚薬を投入して敏感にしてイカせまくるというより火に油を注いだ感じ。

正常位で1人撃チン。

もう1人も正常位で挿入するがモタついて、
お姉さん「早く挿れて」
お姉さん「もっと! もっといっぱい挿れて!」
大絶叫で感じる。

バック。
お姉さん「いっぱい腰振って!」
お姉さん「いっぱい振って いっぱい振って 速くっ!」

童貞君「あぁイキそ イクイクッ」
お姉さん「あぁ待って!」
そのままゴム射。

お姉さん「燃えちゃいましたねー」
このシーンは、お姉さんがエロ過ぎて媚薬でさらに火がついてしまった感じ。

シーン6

最後は神山みきと名乗っている荒木ありさ(月島うさぎ)。サバサバ系のキャラ。

好きなタイプを聞いても「仕事ができる人」「みんなを引っ張っていくような人」「肉食系」などと、オドオドした童貞君とは真逆の人間像。緊張気味の童貞君が、さらに追い込まれる。

気の強い感じで、今回は監督も引き気味。

ディープキスの後におっぱいを揉むが、愛想よく感じてはくれない。

ノリ気じゃなくて機嫌が悪そうなお姉さん。
たまらず媚薬投入。

お姉さんに勝手にさわると怒られるかもしれないので、童貞君をマグロ状態にして責めてもらう。

下から童貞君がおっぱいを揉むと、今度は敏感な反応を見せる。
お姉さん「もっと強くさわっていいよ」

キスもエロくなってます

しかし抱き付いて進行しないので、
監督「イチャイチャしたいの?」
お姉さん「うん」
監督「わかるんですけど フェラやりましょうよ フェラ」

パンツを脱がすと勃起済で、
お姉さん「なんで勃ってるの」
握ったチンチンを振り振りしながら話かける。

エロい顔してフェラ。

お姉さん「やだっ」
やっぱり抱き付いてイチャイチャするのが好きなのか、キスを始める。
お姉さん「自分のチンコの味しないの?」
お姉さん「おっぱいで挟んであげよっか?」
童貞君「いいですか?」
お姉さん「やだっ」
意地悪して反応を楽しむ。

童貞君「すごい」
お姉さん「挟まった」
お姉さん「硬くなってる 気持ちいいの?」

ズボンを脱ごうとするお姉さんだが、
お姉さん「脱げない」
甘えて童貞君に脱がしてもらう。サバサバ系のお姉さんだったのが真逆のタイプに。

童貞君の責め。

感じているところを監督につっこまれて恥ずかしそうな笑顔。

そのままごまかすように童貞君に抱き付く。
童貞君「すごい 濡れてる」

監督「黙っちゃいましたね」
お姉さん「気持ちいい(笑)」
監督「気持ちいいんですか」

手マンでビクンッとしても手マンを続ける童貞君に、
お姉さん「ダメッ イっちゃったからダメッ」
童貞君「えっ イっちゃったんですか」
童貞君を蹴って押し出す。

クンニでも、
お姉さん「そこダメダメダメッ んふんっ」

指を挿れて、
童貞君「どんどん濡れてきます」
お姉さん「童貞やめてっ」
監督「童貞にイカされちゃってますね」
お姉さん「ふあぁーんっ!」
泣き声みたいに喘ぐ。
童貞君「いっぱい指動かしていいんですか?」
お姉さん「ダメダメッあっふぁ!あぁーん!」
「童貞やめてっ」とか、お姉さんとしての立ち位置は死守しようとしながらも、半泣き状態で感じさせられる。

手マンを終えてすぐ挿入しようとする童貞君。
お姉さん「待って待って待って」
と言っても固まっているお姉さんに挿入。
お姉さん「なんでそんな腰振れんの」

ここでも半泣きみたいに感じる。

お姉さん「やだやだやだやだっ やだっ チューして」
甘えん坊になってしまう。

キスしようと顔を近づけるが、キスせずに腰を振る。
お姉さん「ちーがーうーっ」

座位でチューするお姉さん。

キスしながら騎乗位。


童貞君「イっちゃいそうです」
お姉さん「ダメッ」
童貞君「あ え どうしたらいいんですか?」

騎乗位をやめて、
お姉さん「出るとこが見たい」

手コキ。

童貞君「イっちゃいそうです」
嬉しそうな表情。
お姉さん「出して出して」

お姉さん「いっぱい出た」
優しく丁寧なお掃除フェラもしてくれる。

お姉さん「中で出したかった?」
ちょっと申し訳なさそう。
でも散々イカされて、最後はお姉さんとして主導権を握った感じだ。

お姉さん「気持ち良かったです」

感想

4時間で6人の大作。勝手に媚薬を投入して童貞君にお姉さんがイカされちゃうというコンセプトが好みです。お姉さんの反応が良かった。女優陣も素人っぽくて、お姉さんとしての色気もあるところをおさえていてナイス。童貞君役は演技過剰かなと思う。お姉さんをハメる企画なので童貞君のリアリティは、さほど重要じゃないか。少し演出が狙い過ぎなところもあるが、あざとい演出でもお姉さんのエロさが出ていたので素直に受け止めて大満足。

シーン1が一番好み。佐々木恋海(向井恋)のお姉さん的な雰囲気も良かったし、キャラやシチュエーションを作り過ぎずに企画に素直な作りだった。シーン3以降は、良く言えばワンパターンにならないように工夫しているというところでもある。シーン6もサバサバキャラを媚薬で変えちゃうというところは狙い過ぎでもありましたが、お姉さんの感じ方が良くて興奮した。「童貞やめてっ」など上から目線でいながらも、半泣きくらいの状態で感じさせられちゃうところが。

収録時間:237分(HD版:237分)
監督:ドラゴン西川
シリーズ:ホットプレゼンツ
メーカー:ホットエンターテイメント
レーベル:NICKSTARS

DMM.R18 ホットプレゼンツ 奥手な貴方へ贈る…綺麗な上に感度もバッチリなお姉さんがしてくれる 燃え上がってしまう筆下ろし

XCITY ホットプレゼンツ 奥手な貴方へ贈る…綺麗な上に感度もバッチリなお姉さんがしてくれる 燃え上がってしまう筆下ろし

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AV52,800本が月額固定で見放題

当ブログの紹介作品でXCITYで配信されていた作品はXCITYのタグをつけています。作品の入れ替えもあるので配信終了している可能性もありますが。

return top