火事から助けてもらった女性が消防士の家に泊めてもらって体で恩返しをしようとするが手コキで射精「えっ!?(笑)」

巨根
巨根 早漏・暴発

2本立て4時間の長編ドラマ。1本目は部屋が火事になって消防士の家に泊めてもらった女性が体で恩返し。屈強かと思われた消防士は敏感で、フェラと手コキで射精。「イキますっ」と言われて「えっ!?(笑)」と驚いて笑っちゃっていました。2本目はかわいい系の新人男子と元カレとの三角関係に揺れるキャリアウーマン。かわいい顔に似合わずデカチンで「すごい……大きい」とキツそうな反応をしていました。>>感想
FANZA ラブメン W debut 長瀬広臣・アレク

シーン1

おとなしいOL役の霧島さくら。会社の上司と付き合っているのですが、上司は体だけが目当てで、ヤって気持ち良くなったら帰るような人。
ある日、自宅が火事になり、イケメンの消防士・長瀬広臣に救出される。
部屋もスマホも焼けてしまい、どうしていいかわからない霧島さくら。長瀬がスマホを貸してくれようとするが、頼れる人がいないという。
長瀬広臣「じゃあ ウチ来ますか?」
霧島さくら「え?」
長瀬広臣「あ いや いやらしい意味とかじゃなくて 俺ん家 友達とか同僚とか とく泊まりに来るんだよ」
霧島さくら「いや…… でも……」

躊躇するけど、行くあてのない霧島さくらは長瀬の家に泊まる。

夜、霧島さくらはベッド、長瀬広臣はソファで寝ている。霧島さくらが起きて、
霧島さくら「すいません お風呂だけじゃなく服まで借りちゃって」
長瀬広臣「いいんです 困った時は お互い様なんですから」

しばらくの間の後、
霧島さくら「あ あの 腰痛くなりません? 私そっち行くんでベッドと交換しませんか?」
長瀬広臣「ただでさえ今日大変だったんですから ベッドでゆっくり休んでください」

またしばらくの間、
霧島さくら「あのぉ」
長瀬広臣「もう なんなんですか」
霧島さくら「いや あっ私奥行くんで よかったらベッドで一緒に寝ませんか?」
長瀬広臣「いやダメでしょ」
霧島さくら「でもベッド全然2人でいけるんで」
長瀬広臣「そういう意味じゃなくて」

申し訳なくてベッドに寝られないという霧島さくら。スルーしてソファで寝ようとする長瀬広臣。
霧島さくら「やっぱりこっちで寝てください!」
長瀬広臣「あぁもうわかりました どうなっても知らないですよ」

埒が明かないのでベッドで寝ることにした長瀬広臣。
長瀬広臣「これで寝れますか?」
霧島さくら「はい」

2人とも少しドキドキソワソワした感じを出す。

ベッドで改めてお礼を言う霧島さくら。
霧島さくら「私になにか出来ることがあったら言ってください」
と言って体を密着させる。
長瀬広臣「ちょっ 近いです ただでさえ かわいい女の子と同じベッドで寝るなんて 僕も男ですから……反応しちゃいますよ だから これ以上はダメです」
しばらく背中側で密着してから、
霧島さくら「いいんですよ」
長瀬広臣「なにがですか?」
霧島さくら「反応してもらって」
長瀬広臣「なに言ってるんですか(笑)」
霧島さくら「どこが気持ちいいとかってありますか? ここですか?」
長瀬広臣「ちょっ……」

乳首を触り、
長瀬広臣「ダメですって」
霧島さくら「でも お礼がしたくって」

ガバッと乗っかってキス。

霧島さくら「いっぱい反応してください」
長瀬広臣「いや……」

よくないことだと思いつつも、かわいい子に迫られて断れない。
霧島さくらがズボンに手をかけて、
長瀬広臣「いや 恥ずかしいですから」
頼もしい消防士と弱々しい女子だったのに、ベッドでは立場逆転。
霧島さくら「ここ反応するんですね」
乳首をコリコリする。コリコリしながらマウントポジション。

長瀬広臣「もう十分ですよホントに」
霧島さくら「まだです」

キスをして乳首舐め。
ズボンを脱がして、
長瀬広臣「恥ずかしいですね ホントに反応してるんで」
テントを張っている股間をサワサワ。

乳首を舐めながら股間をサワサワ。
長瀬広臣「あっ それとそれは……!」
敏感な反応。
霧島さくらが股間に顔を近づけて、
長瀬広臣「あっ ダメです」
テントの先端にキス。何度もチュッチュとします。
霧島さくら「気持ちいいですか?」
長瀬広臣「はい」
霧島さくら「良かった」


パンツを脱がして、勃起したチンポを握ってシコシコ。
長瀬広臣「待ってください もう気持ちいいです」
敏感すぎる反応。
霧島さくら「こっちも」
乳首を舐めながらシコシコすると、
長瀬広臣「それは……ホントに……」
霧島さくら「これですか?」


長瀬広臣「ダメ……です」
霧島さくら「いっぱい気持ち良くなってください」

チンポを咥えると、すぐにヤバそうな反応。

上司の肉便器状態で仕込まれたであろうフェラテク。
長瀬広臣「ちょっと……! コジマさん ストップ」
霧島さくら「えっ? いいんですよ もっと気持ち良くなって」

早くも暴発寸前といった感じ。

フェラと手コキを続ける。
霧島さくら「気持ちいいですか?」
長瀬広臣「はい……!」
霧島さくら「あの ホントにありがとうございます」
長瀬広臣「う…… う……」

手コキをしながらお礼を言うけど、長瀬広臣は話を聞けないような状態。

霧島さくら「助けてくれて 本当にありがとうございます 本当に感謝してます」
長瀬広臣「ダメです コジマさん イキますっ」
霧島さくら「えっ!?(笑)」

驚いてちょっと笑っちゃう反応が良かったです。このくらいで射精するとは予想していない感じで、普通にお礼を言っていた時に限界を迎えられる。
霧島さくら「あ じゃあいっぱい気持ち良くなってください」
長瀬広臣「ダメです」
霧島さくら「このままでいいですか?」
長瀬広臣「このままで大丈夫です」

そのまま手コキで射精。
長瀬広臣「なにやってんだろう……」
不甲斐なさを自覚するセリフ。

霧島さくら「気持ち良かったですか?」
長瀬広臣「ホント恥ずかしい」
霧島さくら「でも お礼できて良かったです」
長瀬広臣「はい」
霧島さくら「もう1回」
長瀬広臣「いや ホントもう大丈夫です」
霧島さくら「でも だってまだ もう1回してもいいですか?」
長瀬広臣「いやホントに大丈夫です ホントに ねっ」

説得するように終える。

事後、逆ギレ気味に悩みを打ち明ける霧島さくら。
男から体しか求められず、愛される事がないという。
そんな霧島さくらを慰める長瀬広臣だけど、男の優しさをすぐには受け入れられない。
1ヶ月後、引っ越した霧島さくらから連絡はなかったが、会社の消防訓練で……。

前回は霧島さくらに責められっぱなしであっさり射精したけど、
会社では長瀬広臣がSっ気を見せて手マンでイカせる。
霧島さくらの責められる表情が良いです。

その夜、部屋でセックスをしようとするが、前戯中にインターホンが鳴り、上司が怒鳴り込んでくる。
上司「オマエの様子がおかしいから後をつけて来たんだよ!」
そのまま霧島さくらを連れ帰る。

後日、霧島さくらが事情を説明しようと長瀬広臣を呼び出す。
が、その前に長瀬広臣が自分の過去を語り始める。
長瀬広臣「あーあ またやっちゃったよ 俺ホント昔から勘違い野郎なんですよね」
回想シーンになり、蓮実クレアとのベッドシーン。
長瀬広臣が愛撫→蓮実クレアが愛撫→コンドームを着けて正常位→騎乗位→立ちバック→正常位でゴム射。
長瀬広臣「俺本気なんだ ミサキさんもでしょ? だったら旦那と別れて俺と一緒に……」
蓮実クレア「それ以上言わないで!」
長瀬広臣「だって……」
蓮実クレア「旦那と別れるつもりなんてないから 本気にされた困るし もう会うのやめよう」

人妻相手に本気になっちゃったけど、遊ばれていただけ。

会社で上司に怒鳴られている霧島さくらが長瀬広臣に助けを求め、駆け付けた長瀬広臣が上司を一喝。
堂々と付き合えるようになった2人が、部屋で愛のあるセックス。
挿入直前に、
霧島さくら「すごい心臓バクバクしてる」
長瀬広臣「俺も」

悩みや障害を乗り越えてセックスする直前の晴れやかな笑顔がかわいかった。
正常位→座位→正常位でゴム射。

シーン2

後半はアレクxきみと歩実のドラマ。
きみと歩実は仕事がバリバリできるOLだが、男日照りの断食女子。夜は寂しく電マでオナニー。
ある日、新人としてアレクが入社し、きみと歩実の隣の席で仕事をする。
親し気に話しかけてくれるアレクだけど、慣れないきみと歩実は冷たく対応してしまい、ちょっと後悔してフォローしたりもする。

アレクのことを気になりだした頃、取引先として訪問してきた元カレと再会。
元カレとの長い打ち合わせが終わり、
アレク「トダさんと さっきの人 どういう関係なんですか? なんか知り合いっぽかったんですけど」
きみと歩実「大学時代の同級生よ」
アレク「彼氏さんだったんですか?」
きみと歩実「違うわよっ」

嘘でごまかす。
アレク「じゃあ 今って彼氏さんとかいるんですか?」
きみと歩実「いないわよ なにいきなり」
アレク「良かったー もうダメかと思いましたよ」
きみと歩実「なにがよ?」
アレク「いや 俺にもまだチャンスがあるのかと思って」
きみと歩実「だからなにが?」
アレク「俺 トダさんのことが好きなんですよ」

無邪気な笑顔で想いを伝える。
ストレートに言われて戸惑うきみと歩実。
きみと歩実「ちょっと待って どのタイミングで私のことを好きになるきっかけがあったわけ?」

その夜、元カレからは「再会する運命だったのかな」と言われ、新人からも告白され、突然の展開に1人で悩む。
きみと歩実「意味わからん なぜ急に あっ なんかの勘違い」
突然のモテ期を受け入れられないが、その直後に元カレとアレクから動画が届き、
きみと歩実「勘違いじゃないんかーい」
ラブコメっぽい展開で三角関係に揺れる。
アレクと食事後、きみと歩実の部屋に来ることになり、電マを見つかったところからエッチを迫られ受け入れる。
ベッドでかわいい系の後輩男子に責められるキャリアウーマン。
でも手マンでイったところで終わる。
翌日、会社で気まずそうなきみと歩実と、楽しそうなアレク。

今度は元カレから迫られ、流されてセックスしてしまうきみと歩実。
罪悪感から、会社でアレクを無視してしまう。

その夜、アレクがきみと歩実の部屋を訪ねる。
アレク「ACゲームズの向井さんとは いい感じなんですか?」
きみと歩実「え……」
アレク「その顔 図星ですね カマかけただけだったんですけど そうだったんですね ……なんか言ってくださいよ なんか言ってくれないと まだ脈があるって勘違いしちゃいますよ」

何も言えないきみと歩実にキスをするアレク。
また手マンまでするけど、我に返ったアレク。きみと歩実が事情を話そうとすると、聞く前に諦めて帰ってしまう。

翌日、会社で目も合わせられない2人。
きみと歩実「ねぇ アレク……」
アレク「はい 急な要ですか? 今ちょっと手が離せないんで 後で要件だけメールしといてくれませんか」
きみと歩実「はい」

今までは無邪気な笑顔を見せてくれたアレクが他人行儀な対応。
でも会社の他の女子には笑顔で接していて、
きみと歩実「なによ 私以外には あんな顔見せて こっちは気ぃ漬かって話しかけてんのにっ そんなあからさまな態度とるか普通 ってなにアイツのこと意識してんのよ私」

仕事に集中できず、ミスをして怒られてしまうきみと歩実。
アレク「大丈夫?」
冷たい態度をとっていたアレクが心配する。
1人で残業していると、涙がこぼれるきみと歩実。そこにアレクが戻って来てティッシュを渡す。
きみと歩実「なんでいるのよ」
アレク「かおりんが心配で戻ってきちゃった」
きみと歩実「心配って どうせザマーミロって思ってるんでしょ」
アレク「思ってないよ」

本音で言い合って仲直り。
様子を見に来た元カレもキスする2人を見て諦める。
元カレ「幸せそうな顔しやがって」
シーン1とは違って物分かりのいい元カレ。

部屋で愛し合うセックスへ。
ここまで手マンしかしていなかったので、アレクが責められるのは初。
元カレよりデカそうなチンポを挿入。
きみと歩実「すごい……大きい」
正常位→寝バック→正常位でお腹に射精。

感想

シーン1とシーン2でまったく別のドラマ、2本立て4時間の長編。女性向けAVレーベルのGIRL’S CHという事で、男性向けAVレーベルとは趣向が違って新鮮です。セックスの体位がコロコロ変わらず、リアルに愛し合うようなセックスをしているところが印象的でした。ストーリーもスレ違いがあってから想いが成就してのセックスですので、愛を感じるセックスになっている。肉体や行為のエロさよりも「心」「気持ち」を重視しているなと思います。

意外と早漏だった消防士

シーン1は早漏物として面白かったです。おとなしくて弱々しい霧島さくらを屈強な消防士が助けるけど、ベッドでは立場逆転しちゃう感じ。純情そうな見た目だけど、上司の肉便器状態でテクニックが磨かれている霧島さくらの責めで敏感な反応を見せる消防士。フェラと手コキだけで「ダメです コジマさん イキますっ」と言われて「えっ!?(笑)」と驚いて笑っちゃうのが良かった。「この程度で?」という感じのリアクション。
でもその後の展開では消防士がSっ気のあるところを見せて、霧島さくらをイカせまくりますけどね。人妻役の蓮実クレアとのセックスシーンがあったり、贅沢な構成でもありました。

かわいい顔してデカチンの新人男子

シーン2は若くてかわいいイケメンに翻弄されるキャリアウーマンがかわいかったです。地上波でありそうなラブコメっぽいストーリーでありつつ、AVらしいセックスシーンがあるという不思議な味わい。
アレクはガチすぎるイケメンで、普通にモデルとかジャニーズやってそうなほど。こういう男子がAV男優やるんだなぁと驚きすらある。無邪気な笑顔でかわいい系の男子だけどチンポはデカくて、きみと歩実も挿入時に「すごい……大きい」とキツそうな反応をしていた。AV男優としては規格外のイケメンであり、デカチンという面白いキャラクター。

恋愛ドラマとして楽しむ部分が強くて、その流れからのセックスなので普通のAVとは違う重みがあった感じです。

配信開始日:2019/08/08
収録時間:244分 (HD版:244分)
出演者:霧島さくら きみと歩実 / 長瀬広臣 アレク 上原千明 向理来
メーカー:GIRL’S CH
レーベル:GIRL’S CH

FANZA ラブメン W debut 長瀬広臣・アレク

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました