恥ずかしがり屋の女子に筆おろしをしてもらって処女と童貞のセックスで処女が頑張ってリードするみたいな展開に

『プレミア赤面女子ナンパ!アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日!…』というタイトル通りの内容。恥ずかしがりの素人という設定は腐るほどあるでしょうけど、この子の初々しさとか素人っぽさは別格でした。しかも、あえて童貞と絡ませることで、恥ずかしがりの女子が頑張って動くという見せ方も面白かった。>>感想
(FANZA プレミア赤面女子ナンパ!アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日!…)

シーン1

「アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日」というドキュメントですが、あいこさん(20)は、SOD女子社員の中原愛子として2017年10月19日と11月16日の2本だけに出演して引退状態でした。それが2018年8~9月に復帰して数本出演。ある意味「しつこく口説いて密着60日」のリアリティはある。本当にアイドル級にかわいいレアな美少女AV女優。
街で声をかけて恋愛市場調査への協力をお願いするというよくあるパターンからスタジオへ。
あいこさんは20歳の専門学生で飲食店でのアルバイトもしている。
彼氏はおらず1年前に別れたと。その彼氏が人生で唯一の彼氏。
おとなしくて気が弱そうな印象だけど、受け答えは丁寧。
ただ、下ネタは苦手で答えにくそう。専門学校でもそういう話題の時は入らないらしい。
「恥ずかしい」の一点張り。
監督「処女ですか?」
あいこ「…………いいえ」
監督「したことはある? 経験人数は何人です」
あいこ「1人です」

彼氏とのセックスは月に2回程度で、恥ずかしいからあまりやりたくなかったみたい。
恥ずかしがりキャラを強調していますけど、言葉だけじゃなくて雰囲気が出ているから良いです。本当にエッチなことが苦手な美少女に見える。
オナニーをしているか聞かれると、ゆっくり首を横に振るけど、深く突っ込まれると「たまに」と認める。性欲がないわけではない。

王道パターンで下着チェックをお願いする。謝礼で釣るわけですが、なんと断固拒否。100回やって100回成功するようなナンパ物の王道パターンを逆手に取る演出は上手いですね。謝礼をプラスする手法も通用せず。

男性のファッションチェックをしてほしいと言うと、それは了承してもらえる。
しかし、
監督「はい じゃあちょい見して」
ズボンとパンツを早脱ぎして半勃起したチンポを見せる。
オーバーなリアクションはせずに、シンプルに顔を背けるのが自然で良いです。
チンポを見てもらえないので謝礼を出して見てもらおうとするが、
監督「最後 オチンチンをチェックするだけ」
あいこ「大丈夫です」
監督「大丈夫?」
あいこ「いや 嫌です」

これもNGでした。
でも、あいこさんはパンチラしている。
監督「怒ってる?」
あいこ「怒ってないです 大…… できないです」

気弱で怒るという感情もなさそう。この日は連絡先だけ聞いて終了。

後日、連絡をとって外で待ち合わせ。
監督「怒ってるかなって思って 気になって連絡とらせていただいたんですけど どうでした? この前インタビューしてみて」
あいこ「緊張しました」

監督は謝罪をしたいと言い、何が嫌だったのかを聞く。
あいこ「自分に自信がないので 嫌だっていうか ちょっと緊張しちゃって なん なんでですかね」
エッチな話や行為が苦手なことに関して深く聞いてみると、
あいこ「エッチが気持ち良いとかっていうのが まだよくわからないですね」
エッチの気持ち良さがわからないみたい。
ここでAVの撮影をしていると明かし、自分を変えてみるために出演してみない?と誘う。
監督は熱く説得するが、まったく響かないあいこさん。この興味がなくて断りたそうな演技も自然。
この場で返事は無理だろうけど、1回考えてほしいとお願いする監督。上手い持っていき方でした。
会話中もあいこさんの美少女っぷりに見入ってしまう。

2週間後、
あいこ「でも やっぱりちょっと出来ないかなぁって お断りしようと思って」
前の彼氏ともちゃんと出来たことがなくて、やっぱり自信がないらしい。
歩きながら話を聞きつつ、交渉を続ける監督。
監督の熱意に対し、気まずそうな暗い表情を見せたりもするあいこさん。
ドキュメント企画としてリアリティがある。

1ヶ月後、
監督「お久しぶりです ちょっと気持ちに変化あった?」
あいこ「んー 特に あーでも少しは」

気を遣ったような返答だけど、本当に考えてくれたらしい。
ここで監督が新しい提案。自分に自信がないあいこさんに、童貞君と2人きりでの筆おろしを提案する。2人きりで、しかもあいこさんよりも自信がないであろう童貞君が相手なら恥ずかしさも軽減されるのではないかと。
この日も返事はもらわずに別れる。

2ヶ月後、ようやく交渉成立。
あいこ「ちょっとでもエッチが好きになれたり 変われるなら やってみようかと思います」

撮影当日。緊張気味のあいこさんと童貞君が顔合わせ。
と言っても、AV男優のへらちょんぺさんですけどね。28歳のみのると名乗る。
監督は約束通り退室して2人きりにする。
挨拶と自己紹介をした後に固まってしまう。
あいこ「緊張する」

まずは童貞君らしく手を繋ぐところから。見つめ合いながら、
あいこ「すごい緊張してて かわいいですね」
キスも教えますが、
あいこ「舌とか 舌とかちょっと……絡めるみたいな感じ……」
恥ずかしがり屋が頑張って教えている感じがかわいい。
チョロっと舌を出して小さくレロレロするだけのソフトなベロチューも独特で良いです。AVだと逆に新鮮でエロい。

あいこ「次は…… え……」
筆おろし物でリードする側の言葉が出てこないのも新鮮。
あいこ「触ってみますか?」
みのる「あ はい…… ど どうやって触って……」
あいこ「優しく あまり強いと痛いかも」

服の上からおっぱいを揉ませる。
あいこ「恥ずかしい…… すごい気持ち良い 上手 私こういうこと明るいところでするの初めてだから 緊張します」

あいこ「脱がせる?」
みのるさんの服を脱がせて、上半身裸になって固まる。
あいこ「……ズボンも脱ぐ?」
ズボンも脱がせてあげて、パンイチになったみのるさんがあいこさんを脱がせる。
ここまでウブさがしっかり出ていたので、服を脱ぐだけでドキドキする。

あいこさんもパンイチになる。
童貞君と同じ格好になったけど、明らかに女性のほうが恥ずかしい恰好。ちょっと滑稽でかわいい。
あいこ「触りますか?」
おっぱいを揉ませてあげる。ブラを見せるとか、ブラの上から揉ませるとか、そういう定番のパターンじゃないのも初々しい。

おっぱいを舐めさせると、くすぐったそうな表情も見せる。
あいこ「すごい変な感じする 上手」
喘ぎ声も出さず棒立ちのまま舐められている。処女と童貞のカラミみたい。

あいこ「脱がし……てもいい?」
みのるさんを全裸にするけど、当然のようにチンポイジりはなし、
あいこ「脱がして」
みのるさんがあいこさんを全裸にする。
あいこ「恥ずかしい 恥ずかしいな」
でも過剰に恥ずかしがらないのがリアルで、童貞君も全裸であることを理解して自分も隠さず見せるという気遣いも感じられる。わざとらしく恥ずかしがりキャラをアピールしないのが良いです。

全裸で向き合っているだけで、初めてセックスをする2人のような緊張感と青春のようなエロさが伝わる。
みのる「どうしたらいいですか?」
あいこ「どうしよう……」


本当に何をしたらいいのかわからない感じで目が泳いだり、体勢に困ったりする。
あいこ「もうちょっと舐めてみる?」
みのる「はい」

あいこさんが仰向けに寝て、おっぱいを舐めてもらう。
あいこ「下も……舐めていいよ 恥ずかしいけど」
クンニをするために舌を当てると、
あいこ「んんっ!」
くすぐったそうな表情で声が出る。

たまに「んっ」と声が出るけど、基本的に喘ぎ声はなし。
全身ガチガチに力が入っている感じで、足先も固まっている。
本当にエッチの気持ち良さを知らないみたいな反応。

あいこ「今度は私が舐めてあげる」
攻守交替してフェラ。
シンプルにジュボジュボする素人らしいフェラ。このへんも上手くて、あえて苦手なフリをしたりしないし、かといってプロっぽいテクニックも見せない。普通の子が普通レベルのことをやっているのが自然で良いです。
でもフェラをしている画は普通にかわいいAV女優。
あいこ「痛くない?」
みのる「すごい気持ち良いです」


あいこ「入れてみる?」
コンドームの着け方がわからないと言うみのるさん。あいこさんが着けてあげると言うが、
あいこ「でもね 私もこれ着けたことがないの」
でも頑張って着けてくれるのもかわいい。
あいこ「痛い?」
みのる「いや痛くないです」

5回くらい「痛くない?」と聞いて、真剣にコンドームを着ける。
女の子にここまで頑張ってコンドームを着けてもらえるシチュエーションも良いです。

あいこ「じゃあ私がちょっと 乗ってみる」
筆おろしなのであいこさんが頑張る。ホント、筆おろしにしたのは正解だと思う。
男優がベテランのへらちょんぺさんであることは問題なくて、ガチの筆おろしを撮りたいわけじゃなく、あいこさんを動かすのが狙い。
騎乗位で挿入しようとするが、
あいこ「んんっ ここが んんっ 苦しいっ」
マンコが苦しいみたい。素直なコメント。

挿入時の表情も戸惑っていて、遠くを見たり苦しそうだったり、本当に不慣れな感じが素晴らしい。
あいこ「合ってる?」
むしろセリフがチープに感じるほど、表情のリアリティが良いです。
あいこ「入った 入った うー苦しい」
気持ち良いと言う余裕はなく、苦しいと。

あいこ「私が動くね じゃあ」
シンプルに動いてから、
あいこ「ちょっと動いてみて」
みのるさんにも動いてもらう。
喘ぎ声がまったくないのがエッチ慣れしていないのと恥ずかしくて声が出せない感じで初々しい。
あいこ「上手」
冷めているわけではなくて、褒めてくれる。
あいこ「私が初めてで嫌じゃない?」
みのる「はい」
あいこ「ホント?」

ごく自然に飾りっ気のないセックスをやっているのが良いです。

背面騎乗位。
ちょっと息を切らせるような喘ぎ声も漏れる。
みのる「上手く動けてますか?」
あいこ「うん すごく上手」


あいこ「絶対さ 自分からさ 動けるから してみて」
四つん這いになってバック。
あいこ「気持ち良い ……恥ずかしい ちょっと」
エッチなモードに入りきれずに恥ずかしがる。

ピストンを続けていると喘ぎ声も出てきて、
あいこ「イっちゃいそう 待って」
表情が変わるのも良かった。

バックで突き終わった後、少し息を切らせて疲れた表情を見せながら仰向けになる姿が色っぽかった。

正常位の体勢になり、
あいこ「動ける? さっきみたいに」
みのる「こうですか?」
あいこ「上手」

正常位しながらキスも。

みのるさんが激しく突くと、あいこさんの感じ方も激しくなって、
あいこ「んんっ ダメッ んあっ!」
ちょこっとだけビクッとする。イったのかどうかわからない感じも良いです。

再び騎乗位。
みのる「イキそうです」
あいこ「イキそう? いつでもイっていいからね」

最後の突き上げでもキツそうな表情を見せるあいこさん。
そのままゴム射。

事後に2人で言葉を交わした後、監督が入って来て感想を聞く。
そして次のカラミのオファーを出す。

シーン2

後日、周りにスタッフがいる環境でのAV撮影。
昨日はあまり眠れなかったと言い、緊張気味のあいこさん。
そして改めてAVらしいインタビューから、
監督「身長を教えてください」
あいこ「148cmです」

スリーサイズは知らないと言い、おっぱいはBの65。

カメラを向けられながらの脱衣は、さすがに恥ずかしそう。
あいこ「近い」

恥ずかしがるあいこさんを追い詰める。
あいこ「待って腋映すの? やだやだやだ」
でも断れずにやってくれる。
監督「すごい腋キレイですね」
あいこ「汗かいてる」


ブラを取った後の胸を隠すしぐさも良いですし、
監督「手をどけてください」
あいこ「やーだー」

と言いながら素直にどけるのもかわいい。
監督「すごい乳首 プクッてなってますよ」
あいこ「元からなんで 常にこんな感じ」


全裸になって立っているだけで抜けるエロさがある。
監督「手をどけてください」
あいこ「言うと思った」

辱められすぎて、ちょっと怒っている感じもかわいい。

アナルを広げさせて「アナル」と言わせたり、M字開脚をさせてマンコをくぱぁさせたり、「オマンコ」と10回言わせたりする。「やだー」と言いつつやってくれる。
自分のマンコの解説もさせて、
あいこ「ここが私のクリトリスです」
さらに次の指示を出そうとして、
監督「あいこのオマンコに……」
あいこ「嫌ですー」

被せて断ってきたけど、
監督「オチンチン入れてください」
あいこ「あいこのオマンコにオチンチン入れてください」

結局、言っちゃう。
監督「怒ってます?」

オナニーの話から、なんと放尿をリクエスト。
なんだかんだ断らないあいこさん。床に放尿。

そして市川哲也とのカラミへ。
市川哲也「汗かいた?」
あいこ「汗かいた……かな」

汗を嗅いで辱める。
あいこ「んーっ」

シーン1とは違って、男優にリードされながらのキス。
市川哲也「カメラ近づいて来たよ」

小柄なあいこちゃんを持ち上げてM字開脚。
脚をパタパタさせるのがかわいい。
監督「いっぱいそこ舐めてもらう?」

クンニと手マン。
市川哲也「どう?」
あいこ「気持ち良い」

と言うけど感じている様子はない。
監督が喘ぎ声の練習もやってもらおうとしたけど、これは「自然にじゃないと無理です」と断られた。

でも潮吹きさせられる時のリアクションは激しかった。

攻守交替してフェラ。
監督「オチンチンどんな味する?」
あいこ「味? んー ……美味しい(笑)」

とりあえず言ってみた自分に大笑い。ツボに入ったみたいで笑いが止まらない。
市川哲也「どこで覚えたんですか?」
あいこ「だって(笑)」

散々エロいセリフを言わされたのが布石になっていました。

フェラを続けて、
監督「オチンチンどうなってきた?」
あいこ「硬くなってきた」
監督「美味しさは変わった?」
あいこ「美味しい」

ヤケクソか吹っ切れたようなセリフ。

また潮吹きさせられた後に正常位で生挿入。
不安そうな表情も見せる。

男優がピストンしても喘ぎ声はない。
監督「今どんな感覚?」
あいこ「入ってる」

本当に全然感じていないような反応が新鮮で面白い。
市川哲也「俺すっごい気持ち良いんだけど あいこちゃんは?」
あいこ「気持ち良い」

そうは見えないけど「気持ち良い」と言ってくれる。

本当に痛いんじゃないかと思う反応もあり、瞬間的に「んんっ」と痛そうな表情も見せる。

立ちバックで、
あいこ「ひーっ んっ」
監督「どうしたの?」
あいこ「奥まで入ってる んんっ」

本当に奥を突かれてキツそうな感じ。

ピストンされると「んっ んっ」という声が漏れたり、息を止めて耐えるような反応。
片足も浮いてくる。
148cmのロリ系ボディが男優のデカチンに耐えられない感じでもある。

片脚を上げて突くと、
あいこ「うーっ ひーっ」
やっぱり痛そう。

そんな状況で激しくパンパン。
あいこ「ダメッ やっ やめっ……!」
けっこう攻める市川哲也。

解放されてソファにグッタリ。
でもすぐ手マンされて潮吹き。

立位から駅弁。
あいこ「やめてっ やだっ!」

フィニッシュは正常位から中出し。
撮影してみての感想をもらって終了。

感想

「アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋」というタイトルが完璧にハマっていた。既にSOD女子社員としてデビューしていたわけですが、それを知らなかったらガチ素人だと疑わず信じちゃうところ。冒頭の交渉シーンでは「恥ずかしい」を強調し過ぎではありましたが、雰囲気は素人女子そのもの。しかもかわいくて、加藤ローサみたいなかわいさ。この「アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋」が、どんなセックスをするのか期待を煽られる。

超恥ずかしがりのあいこさんの初カラミを筆おろしにしたのも上手かった。相手が童貞であることにより、あいこさんが無理して頑張って動こうとするかわいい姿を出せた。過剰な恥ずかしがりキャラを出すようなしつこさもなく、相手が童貞君であることを理解して自然に頑張っている感じが出ていたのも上手い。処女と童貞のカラミで処女のほうがリードしているような、新鮮な筆おろし。
童貞役がベテランAV男優のへらちょんぺさんであるのは問題ないです。あくまでガチの筆おろしではなく、あいこさんを動かすためのシチュエーション作り。

AV男優とのカラミでは、AV男優にリードされて辱められて、恥ずかしがるかわいさが存分に出ていた。喘ぎ声を出せないのも特徴で、本当にセックスに慣れていない感じが初々しいし素人っぽい。でも冷めているわけではなく「気持ち良い」と言ってくれる。
自称17cm砲の市川哲也さんに奥を突かれて、ちょっと痛そうでもあったけど、148cmの小柄な体がAV男優のデカチンで奥を攻められている感じが、セリフではなく反応で伝わった。喘ぐ演技をしないだけに、素のような反応が出やすくて見入ってしまう。ちょっと痛そうにも見えたけど、あえて市川哲也さんが激しく突くところも見応えありました。

タイトルに「プレミア赤面女子ナンパ!」ともありますが、たしかにプレミア感がある女優。かわしいし性格も良さそうだけど、出演本数が少ない。
普通のAVでは見られないような素人っぽさとか、AVの型にハマっていないようなところが良かったです。

赤面女子は新作HDが2,450円、準新作HDが1,950円、それ以外のHDが1,450円という具合。
本作は500~1,450円になっています。

配信開始日:2018/09/28
収録時間:141分 (HD版:141分)
出演者:中原愛子
監督:ワントップ
メーカー:赤面女子
レーベル:赤面女子

FANZA プレミア赤面女子ナンパ!アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日!…

DUGA プレミア赤面女子ナンパ!アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日!誰も見てなくて、相手が怖い男性でないならというので、童貞君とのうぶ同士筆おろしを盗撮したら、とんでもない天使みたいな映像が撮れちゃいました!さらに押しに弱い性格につけ込み、公衆の面前でM字開脚お漏らし中出しSEXAVデビューするまでの全軌跡!

MGS動画 プレミア赤面女子ナンパ!アイドル級にかわいい超絶恥ずかしがり屋の女子学生をしつこく口説いて密着60日!誰も見てなくて、相手が怖い男性でないならというので、童貞君とのうぶ同士筆おろしを盗撮したら、とんでもない天使みたいな映像が撮れちゃいました!さらに押しに弱い性格につけ込み、公衆の面前でM字開脚お漏らし中出しSEXAVデビューするまでの全軌跡!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top