【VR】ヌードモデルになるけど剥いても剥いてもチンコの皮が戻って恥ずかしいVR体験

2018年のアダルトVRで最優秀作品賞を選ぶのに5本をノミネートするなら、間違いなく選出される1本。ヌードデッサンのモデルというアイデアと、それを高い技術力と演出で仕上げている。包茎イジりとしても面白く、皮被りのチンポに「あー すいません ちょっと剥くことってできます?」と言われ、かわいい生徒たちの前で剥く。その後、何度も皮が戻ってしまう。>>感想
(FANZA 【VR】デッサン教室でヌードモデルになった僕 チ○ポ丸出しで着衣女の視線を浴び続けるCFNM体験VR)

パート1

自分はバスローブを着て立った状態。目の前には先生と座っている生徒3人。
神納花「今日は 見てわかる通り モデルさんをお呼びして皆さんにはヌードデッサンに挑戦してもらおうと思います」
生徒たち「はい」
神納花「じゃあモデルさん 今日はよろしくお願いします」

緊張気味の生徒たち。ヌードデッサンに初挑戦する雰囲気ができています。
先生がバスローブを脱がす時に、
神納花「タオル巻いてるよね?」
ちゃんと性器を隠す意識があるのが良いです。

バスローブを脱いで、
神納花「わぁ いい体してるじゃない」
デッサン開始。当然ながら立って視聴した方が臨場感があります。モデルと同じ格好ならなおさら。
画質がとても良いので、少し離れている生徒たちもよく見えます。
先生がモデルの体を細かく見て感想を言ったりもする。

生徒が黙々とデッサンし、先生がチェックしてアドバイスをする。生徒たちにマジマジと体を見られてデッサンされるというシチュエーションだけでも興奮する。この作品はFANZAレビューで4.71点(41件/コメント率46%)の超高評価。VRでヌードデッサンという企画の面白さだけでなく、それを仕上げる力が凄い。他社が安易に真似してもチープになると思います。
2時間15分の動画で、1つ1つの行為に時間をたっぷり使っていますので、ヌードモデルとして描かれるというフェティシズムをじっくり堪能できる。裸を見せ、ただただ描かれる。

まだ上手く描けていないので、1人ずつ近くで見させる先生。
まだ非エロですが、少し距離が近づくとドキッとします。乳首を見て、
神納花「彼のは けっこう横に伸びてるわよね」
体を細かく見られて描かれるのも独特なフェティシズムがある。
神納花「もっと近くで見ていいわよ」
と言ってモデルが乗っている台に乗り、かなり密着する。その時に目を合わせて少し申し訳なさそうにおじぎをする。モデルと生徒の初対面の距離感が良いです。
右から河音くるみ、ももき希、明海こうの順に近づいてデッサンします。

最後は3人全員が近づく。
神納花「乳頭は人の体の中でもわりと敏感な部分だから とっても生命力を感じるポイントだと思うのよ」
先生役の神納花がめちゃくちゃハマっています。美術教師として自然な指導を見せている。
デッサンしている生徒をチラチラ見ていると、たまに目が合うのが良いです。

神納花「じゃあそのまま下半身のほうもやっていこうかしら すいません タオル取ってもらっていいですか?」
この状況でチンポを出すのは、かなり恥ずかしい。
神納花「あの 恥ずかしがらないで 仕事ですからね」
股間を隠していたタオルを取る。生徒たちの個性が分かれていて、明海こうはチンポを見て嬉しそう、ももき希は抵抗感があって目を伏せ、河音くるみはその中間。

先生がチンポをチェックすると、
神納花「あー すいません ちょっと剥くことってできます?」
皮被りチンポを指摘される。ここでも生徒の反応の違いがあり、明海こうだけは笑いが堪えられなくてスケッチブックで顔を隠す。他の2人はよくわかっていない感じで表情を変えない。この反応の違いが面白く、1人にだけ包茎を笑われるのが良いです。

皮を剥くところをマジマジと見られ、
神納花「そのぐらいで大丈夫ですよ」
手は横に置くように注意される。

黙々とデッサン。
全裸で立って見られる興奮。ただ見られるだけじゃなく、細かく観察されて正確に描かれる。
この見られる興奮は非VRでは味わえないもの。この描かれる時間を堪能できるだけで780円以上の価値がある。
神納花「筋肉の時と同じで 性器も陰影をメインで描いていくと だいぶ上手にかけると思うわ」

しばらくデッサンされていたが、
神納花「あー ちょっと皮が戻ってきちゃったな もうちょっと剥いてもらっていいですか? そうですね そこが見えたほうが」
皮が戻っちゃう包茎チンポ。ここでも明海こうだけが笑っちゃう。

さらに、
神納花「あれ ちょっと角度が変わってきちゃった」
この状況で勃起していくチンポ。
神納花「あぁいいですよ そのままで 生きている人間ですからね 躍動感があってとても良いと思う」
下手になぶらないのが良いです。生徒たちに見られて勃起しちゃっているのに、仕方のないことだと受け入れてくれる。
でも勃起しちゃった時の、ももき希の冷たい視線も良かった。生徒たちの三者三様の表情の演技も面白い。

生徒が先生に質問したり、先生がモデルのポーズを注意したり、大真面目に授業が進行。
緊張感がありますが、明海こうはモデルにも興味津々なようで、目が合うと笑顔を見せる。3人がどんな反応をするのかチェックするのも楽しい。

また1人ずつ近づいて描く。基本的には体を見ているのですが、ごく稀に顔を見てきて目が合う感じが良いです。すぐに目を伏せるのも良い。

神納花「じゃあ次」
と、ももき希の背中を押したところで、
神納花「あっ 皮ありがとうございますね」
モデルが皮を剥いた瞬間を見逃していなかった。こっそり剥こうとしたのを見つかったみたいでもあって恥ずかしい。
ももき希が近づいてデッサンを続けますが、たまに笑顔をくれる明海こうと、冷たい視線で見てくるももき希の寒暖差が良いです。

また皮をいじっていたら、
神納花「あ そうね 顔だけ少し残してもらえる? うん それで大丈夫です ありがとうございます」
皮の状態も細かく指示される。

神納花「次は」
明海こう「はい」

めっちゃ嬉しそう。近づいて熱心にチンポを見てデッサンしながら、こちらを見て笑顔をくれる。

最後は全員が近づいてデッサン。
明海こうの笑顔と、

ももき希の冷たい視線と、河音くるみの真剣な観察。
神納花「いいわね この躍動感」

また皮が戻っちゃったので剥こうとすると、
神納花「あ そうですね あまり手で隠れてしまわないように 指を使ってお願いします 握り込まないで」
生徒たちが間近で見ている中で、皮の剥き方を指導される。
この直後に明海こうが、こちらをジーッと見てキュンとしたような反応。その明海こうのスケッチブックを見た先生が、
神納花「そうね この包皮の動きがいいと思う」
かなり作り込まれていて、オチンチンに興味津々な明海こうは絵も上手くて褒められる場面が多い。包皮の動きを褒める先生の視点もすごい。

明海こうの小悪魔的な誘いが良いです。神納花が場に緊張感をもたらしているからこそ、隠れて笑顔を見せるのが映える。この直後に、
神納花「あっ 一旦手を離してもらってもいいですか?」
とモデルが注意されると、明海こうが「プッ」と、初めて声を漏らして笑う。緊張した空間の中、2人でイチャイチャしている感じもある。

パート2

聖なる男のポーズというのをとらされる。
座って股を開いて手は腰に。かなり恥ずかしい恰好。
ここでも生徒3人は表情の演技があって、明海こうは楽しそう、ももき希は目を逸らしたりするけど気になって見ちゃうところもあり、河音くるみはジーッと真剣に観察。

しばらくデッサンしていると、
神納花「あ すいません 皮だけ少し剥いておいてもらっていい?」
定期的に被っちゃう皮。皮を指摘されると笑っちゃう明海こう。
皮を剥いた後に、チンポをお腹側に倒してしまって、
神納花「あ 向きはさっきのほうがいいわ そうね」
チンポが左を向いて、
神納花「ちょっと左右非対称になっちゃうけど それもモデルさんの個性ってことで」
皮と上下の向きは修正されるけど、左曲がりは理解してもらえるという先生の判断も良いです。

イマイチ躍動感がないという先生。
神納花「ノアの箱舟のポーズをお願いしようかしら」
ちんぐり返しみたいなポーズを取らされると、生徒たちの反応が今までと違う。真面目な河音くるみまで笑ったり顔を伏せたりする。

神納花「どうしたの? みんなしっかり見て」
明海こう「先生」

なにやら先生に耳打ちして、先生がアナルを見てくる。
神納花「あー」
後ろの引き出しから先生がティッシュを取る。生徒たちのザワついた反応も面白い。

神納花「すいません失礼しますね」
淡々とお尻をティッシュで拭きます。
この姿を見られる恥ずかしさ。

神納花「あの ちゃんとシャワー浴びてくださいって言いましたよね 事前に 仕事なんでそこらへん しっかりしてもらわないと困ります」
ガチなトーンで怒られ、生徒たちはクスクス笑っている。この羞恥演出もすごい。

神納花「あぁ やっぱり皮があると躍動感が一気になくなっちゃうんですよね じゃあ少し介助入りますね いいですか?」
先生が手をフーフーして温めてから、皮を剥いてくれる。ノアの箱舟ポーズだと自分の手が使えませんからね。皮の剥き方がゆっくりで、痛くないように慎重に剥いてくれている。
ここも生徒のリアクションが良かった。先生が手を温めている時に「何をするんだろう?」という驚きの表情で先生を見ていました。先生の皮剥きテクニックをジーッと見ているところも良いです。

神納花「このまま少し続けますね その方が躍動感が出ていいわやっぱり」
この作品は先生役の神納花の力がすごい。皮を剥くことも、勃起させることも、エロではなく芸術としてやっている。真面目さと緊張感があり、おふざけのエロになっていないんですよね。
神納花「そうそうそう エネルギーが満ちている感じを しっかり捕らえて描いて」
ほぼちんぐり状態で手コキされているモデルを描くという異常な光景のはずなのに、ちゃんと授業になっている。
神納花「みんなタッチがさっきより断然いい その調子ですよ」
勃起が安定すると後ろに戻り、さり気なくティッシュで手を拭く。当たり前の行動ですけど、汚いものを触ったという感じもある。

明海こうは相変わらずモデルとオチンチンに興味津々。

萎えてきちゃったので、また先生が充電。
神納花「体勢 大丈夫ですか?」
疲れる体勢なので勃起しにくさもある。

生徒たちの絵から躍動感を感じない先生。
神納花「そうだわ 少し触らせてもらいましょ」
ももき希「えっ」

初めてももき希が声を出す。明海こうは嬉しそう。
優等生な河音くるみから、
河音くるみ「失礼します」
観察の対象としての触り方が面白い。小さな手でシコシコされます。

神納花「あとの2人は?」
ももき希「私は…… 大丈夫です」

ももき希が拒否したので、明海こうが触る。興味津々だったのに、いざ触るとなると恐る恐るになるのがかわいい。
シコシコを始めると、見つめてくる時間が長め。

拒否していたももき希も、
神納花「デッサンが上達しなくてもいいんだったらいいわよ」
と言われて仕方なく触る。
拒否してからの仕方なく触られる感じも面白い。
シコシコを終えると、
ももき希「先生 手洗ってきていいですか?」
神納花「仕方ないわね」


ガマン汁が出ちゃったみたいで、明海こうが先生に聞く。
神納花「ちょっと皮のほう失礼しますね」
皮を剥いて、
神納花「ほら見て ここにキレイな雫が浮いてる これもしっかり描きとめて」
ガマン汁は怒られたり拭かれたりしない。

そのままシコシコする先生。
けっこう長時間のシコシコで、ポーズもつらくなって聖なる男のポーズに戻す。
神納花「体勢つらいかもしれないですけど もう少しガマンしてくださいね」
冷たい調子で言う先生。体がプルプルしているのは体勢のせいじゃなくて射精寸前だからなのですが。
神納花「今みんなとってもいいところなんです」
 ドピュッ
明海こう「あっ」
暴発しちゃいました。
驚いている明海こう、軽蔑したようなももき希、冷静に観察している河音くるみ、そして冷たい表情の先生。

少し間を置いてから、
神納花「あの」
この落ち着いた声で言う「あの」がめっちゃ怖い。
神納花「わかってます? 仕事ですよ せめてしっかり断ってからにしてください」
本当にハマり役です。

先生がティッシュで手を拭いている間、射精後のチンポを嬉しそうに眺める明海こう。ももき希はドン引き。
神納花「失礼しますね」
ティッシュで精子を丁寧に拭いてくれる。
神納花「はい キレイになったから大丈夫ですよみんな」
生徒たち「はい」

パート3

神納花「さっきは ちょっとしたアクシデントがあったけど 生身の人間だから たまにはああいうこともあるわよ」
デッサンを再開する。
しばらくすると先生は席を外す。
神納花「生徒たちから 何かリクエストがあったら応えてあげてください」
先生が退席した後、4人だけの空間で黙々とデッサン。
しばらくすると明海こうが喋りかけてきて、近くで見たいという。触らせてほしいとも。
続いて河音くるみも喋りかけてきて触る。引いていたももき希も、意を決して触りたいと言ってくる。
3人とも触ると集団心理で勢いづく。
次第にエスカレートして、ももき希が最初にフェラ。それに続いて明海こうと河音くるみもフェラ。
最後は全員でフェラしていると先生が戻って来てしまい、
神納花「ちょっと なにしてるのアナタたち」
生徒たち「すいません!」

怒られる空気でしたが、
神納花「すごいわ…… これよ これが芸術よ」
芸術を感じてしまった先生、指導しながら3人にフェラを続けさせる。
前戯の指導みたいにもなっちゃっていますが、乳首舐めもやらせたり。
ももき希はお尻を見せ、河音くるみはおっぱいを出す。
前半部分は普通の生徒として存在していたので、その子のおっぱいを見るのは特別感がある。
フェラ役を交代し、明海こうもブラを見せておっぱいを揉ませる。

パート4

ももき希が騎乗位→背面騎乗位。
明海こうが騎乗位→背面騎乗位。
ヤっている子以外は左右からサービスしてくれて密着感とハーレム感があります。
「はぁはぁ」とサカっている感じも良い。真面目な生徒たちが、いきなり強烈な性に目覚めたみたい。

パート5

河音くるみが騎乗位→背面騎乗位。体位変更時、先生がフェラでサポート。
体勢が変わり、河音くるみに正常位で中出し。
明海こうに正常位で中出し。
最後は、ももき希に正常位で中出し。
この乱交を見て先生が描いた作品を見せて終了。
恥ずかしい姿を見られまくったけど、セックスでは生徒たちをイカせまくります。

感想

2018年のアダルトVR動画最優秀作品賞を決めるために、ノミネートを5本選出するなら確実に選ばれるであろう1本。他の作品にはないヌードデッサンというアイデアと、それを仕上げた力。画質、縮尺、照明、音質という基本技術も優れており、FANZAレビューで4.71点(41件/コメント率46%)の超高評価に文句なし。これで780円なのだから驚き。

まず先生役の神納花の演技が良い。世にも奇妙な物語に出てきそうな、不思議な世界で人間味を感じない機械的なキャラクターでもある。芸術家らしい先生で、やっている事は変態的だったり悪ふざけみたいなことなのに、きっちり業務的にこなして行動に説得力を生んでいる。役にハマり切っていて、素に戻ることがない。この先生がいるから、場に緊張感がある。もし笑っちゃったり、役から外れて素に戻ると、作品全体が悪ふざけで緊張感のないものになっていた可能性がある。この少し異常な空間を機械的に進行できる神納花が、独特な空間を管理して支配できていた。

生徒役3人の演技も良くて、個性が分かれていたのが非常に良かった。明海こうは明るくて、オチンチンにもモデルにも興味津々という感じ。ももき希はエッチなことへの抵抗感があり、真面目でおとなしい。河音くるみはその中間といったところ。黙々とデッサンをする時間が長いのですが、三者三様の反応を見せていて退屈しない。無言でデッサンしている時の表情の演技が良かったです。安易なセリフではない、表情の演技で見せるのが素晴らしい。
緊張感のある空間だったので、目を合わせて笑ってくれる明海こうの反応に癒された。砂漠の中のオアシスな存在で、好きになっちゃいそうな感じ。

2時間15分という長尺で1本のストーリーなので、各行為の時間が長くてたっぷり堪能できた。特に黙々とデッサンされるのは独特な興奮があります。
この長尺なのでフェチ作品というだけで終わっておらず、生徒3人に、フェラ、騎乗位、背面騎乗位、正常位で中出しがあります。普通のアダルトVRとしての抜きどころもある。1人とヤっている間、残りの2人は、おっぱいやお尻を見せてくれたり、乳首を舐めたりキスしたりで、密着感とハーレム感があるカラミ。前半部分で普通の生徒として見せているので、後半の「はぁはぁ」言う乱れ方のエロさや背徳感が出る。

包茎体験としても非常に良くて、かわいい生徒たちの前でチンポを出すだけでも恥ずかしいのに、皮を被っちゃっている。それを先生に指摘されて皮を剥くように言われ、みんなに見られながら皮を剥く恥ずかしさ。この作品ならではの包茎なぶり。しかも勃起したり萎えたりする中で、何度も皮が戻ってしまい、定期的に剥く作業が必要になるという。皮直しのパターンとか指摘の仕方も多彩で単調になっていない。

このアイデア、仕上げ方、尺、基本技術の高さで780円は安い。変態紳士倶楽部 VRは、他にはないアイデアで勝負しているレーベルで、高評価作品が多いです。

収録時間:135分
メーカー:変態紳士倶楽部
レーベル:変態紳士倶楽部 VR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】デッサン教室でヌードモデルになった僕 チ○ポ丸出しで着衣女の視線を浴び続けるCFNM体験VR

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

return top