筆おろしをしてくれた幼馴染の生意気ギャルにセックスで認められたら付き合える「さっき散々泣かされたからね 今度は泣かせてあげるよ」

巨根
巨根 早漏・暴発 童貞・筆おろし

幼馴染の生意気ギャルが筆おろしをしてくれるドラマ。生意気ギャルなんだけど優しさも見せて、ラブコメの男勝りなヒロインという感じでもある。童貞から成長した男が生意気ギャルと付き合いたいというが、セックスで満足させることが条件で、成長したセックスを見せる。>>感想
FANZA 「アタシとヤれんのに日和ってんの!?w」童貞すぎて初めての彼女にフラれた僕(メガネ)を見かねた黒尻ギャル幼馴染がSEXの練習相手になって何発も中出しさせてくれた。 蘭華

Chapter 1

男「なんで急に別れるとかって…」
彼女「私 タツミチ君がなに考えてるか全然わかんない」

部屋で彼女から別れ話を切り出される男。
蘭華「タツミチー! いるー?」
男「ちょっと蘭華 なに勝手に入って来てんの」
蘭華「誰 この子 めっちゃかわいいじゃん」
男「彼女…」
蘭華「彼女ぉ!? 彼女できたなら言えよ なに黙ってんだよ」

 バシッ
いきなりビンタ。蘭華と男は幼馴染らしい。
彼女は男を振って帰る。

彼女に振られて不貞腐れる男。
蘭華は男の部屋で指輪を無くしたらしく、部屋を探す。四つん這いでパンツが見える。
探しながら元カノになった彼女の話を聞く。バイト先の後輩で、付き合って半年だったと。

指輪を見つけて大喜び。
落ち着いてベッドに座って、
蘭華「で?(笑)」
男「なにが? 『で』って」
蘭華「アンタ彼女に手ぇ出さなかったでしょ?」
男「え!? なんでそんな わかんの?」
蘭華「幼馴染だからわかるに決まってるじゃん」

24歳の男、半年付き合ったのに手すら繋いでいないという。だから彼女に「タツミチ君がなに考えてるか全然わかんない」と言われていたんですね。
蘭華「そりゃ振られるよ 全部アンタが悪い 待ってオマエ童貞すぎ なんで?」
童貞君の初彼女だったのに行動できず後悔する男。
童貞役の男優が見たことない男優で童貞っぽさも満点で良い感じ。

蘭華「ちっとも変ってないね フフ」
男「なんで笑ってんの?」
蘭華「悪かったって」

謝る時のちょっと優しい真顔にドキッとさせられる。ギャルっぽく童貞をイジりつつも、優しい表情を見せるギャップが良いです。

蘭華「私がさ練習つきあってあげるよ」
男「練習!? なんの?」
蘭華「セックスの練習」

さすがに断ろうとする男だが、このままじゃ次の彼女にも振られると言われる。
蘭華「キスしてみ」
男「いや できないから…」
蘭華「じれったすぎ」

煮え切らない男に蘭華からキス。
蘭華「ベロ出せ」
ベロチューも教える。

蘭華「ダメだったら逃げるよね? 嫌じゃないんでしょ?」
戸惑いつつも逃げない男をグイグイ押す。
おっぱいを揉ませて、
蘭華「アンタさぁ 私とヤれんのに日和ってんの?」
ここでタイトル回収。
蘭華「日和ってるの? ヤれるよね?」
顔をつかまれながらうなずく男。

おっぱいの揉み方を指導。
男「感動しちゃって」
蘭華「そりゃ童貞だから感動するよね」

服をまくってブラの上から揉ませる。
蘭華「さすがにおっぱい見たらヤりたくなるでしょ?」
ブラをズラして直接揉ませる。

乳首を舐めて吸う。
蘭華「ちゃんと吸えるじゃん」
男「ホント?」
蘭華「童貞君が乳首舐めてるー」


蘭華「勃起してきた?」
男「勃起…」
蘭華「してるっしょ(笑)」

股間の膨らみをイジられ、
蘭華「一発抜いてやるから 落ち着けって な」
ズボンを脱がせてパンツ越しに股間を触る。
蘭華「はーん これがタツのオチンポか」

パンツを脱がせて、
蘭華「すごっ こんなの私が初めて貰っちゃっていいの? あの子もったいない」
勃起しているチンポを触って、
蘭華「めっちゃいいチンポしてんじゃん」
男「そうなの?」
蘭華「けっこういいよ」


握ってシコシコ。
蘭華「すごいパンパンだよ」
男「だって…」
蘭華「だって? 興奮しちゃった?」

ペロペロして、
蘭華「大丈夫? 初めてでこんな刺激強くて まぁ遠慮しないけどね」
玉にも吸い付く。
男「あっ…!」
蘭華「いい声出んじゃん」


咥えてジュボジュボして、
蘭華「んーっ マジでデカい 女の子みんな好きだよ」
嬉しそうに楽しみながらフェラ。

男「マズイ 出ちゃう… 出ちゃう出ちゃうっ!」
暴発気味の口内射精。
蘭華「マジですげー出たんだけど(笑)」

蘭華「終わりだと思ったの?」
男「出ちゃったし…」
蘭華「出ちゃったけど まだすごいビンビンだよ この子」


ベッドで四つん這いになり、男に攻めさせる。
お尻を触らせつつ、足でチンコをグリグリ。
男「そんな…」
蘭華「足が暇だったからさー」


スカートを脱がせると黒ギャルの美肌。
下着に感激する男。
蘭華「そっかTバックも見たことないんだ やだやだ まぁ今日で童貞じゃなくなるしね」
童貞喪失を意識させるセリフも良いです。

後ろからクンニ。
蘭華「もっとベロ動かして… んっ… あぁそれ気持ちいいよ」
なかなか筋が良いようで、
蘭華「あぁ待ってそれイっちゃいそう(笑) あぁそれそのまま続けて」
下半身をビクビクさせて、
蘭華「ああっ あぁイクッ!」
童貞クンニでイク。
蘭華「やるやん(笑) よくできました すごいじゃん」
生意気なギャルに認められるのは嬉しい。

蘭華「休んでる暇ないよ」
パンツを半脱ぎでマンコを見せて誘う。
指を入れてズボズボ。
蘭華「がっつり動かしていいよ 自分の指が入るところまで突っ込んで」
奥まで入れて、
蘭華「ああっー そこ気持ちいいとこだよ(笑)」
指でもイカせる。
蘭華「やられたー」

蘭華「じゃあそろそろ本番 脚伸ばして」
男「マ マズいんじゃない?」
蘭華「なにが? アンタさぁ この期に及んで まだ日和ってるの?」

素股状態で、
蘭華「オマンコが こんな目の前にあるのに 日和ってるやついる?」

蘭華「そんなんだからダメなんだよ ここまできて 幼馴染とか関係なくない?」
騎乗位で挿入。
蘭華「あー めっちゃ気持ちいい」
男「すごいっ…」

パンパンとピストン。
蘭華「女の子に動かれてどう?」
奥に当ててグリグリ。
蘭華「あぁん めっちゃ奥に当たる」
楽しそうに感じて、
男「どうしたの?」
蘭華「タツの大きいオチンポがめっちゃ奥に当たるの」


蘭華「ねぇ このまま1回イっていい? ガマンしててね」
騎乗位でイって、繋がったまま背面騎乗位へ。
蘭華「オチンポは抜きませーん」
男「え そんなこと…」
蘭華「そんなこともできちゃう」

背中側とお尻も黒ギャルの美肌。お尻をプルプルさせながらパンパンして、
蘭華「すごいパンパンになってる 気持ちいいんだ」
蘭華も感じ方が激しくなって、
蘭華「ああっ 待ってイクゥー!」

イって止まるけど、すぐに動き始めて、
男「出ちゃいそう…」
蘭華「やーだ ガマンしてっ」
男「ヤバイ… ああっ 待って 出ちゃう 無理っ」
蘭華「ねー …あっ!?」

暴発で中出し。
蘭華「イっちゃったの!?」
驚いて振り向く。

チンコをヌルッと抜くと、精子が垂れ落ちる。
蘭華「イクの早すぎ どんだけ早漏なの」
童貞君に容赦ない早漏イジり。

蘭華「はい立って まだイケるでしょ」
仁王立ちフェラ。
蘭華「出したばっかって くすぐったいでしょ」
男「え? なんでわかるの?」
蘭華「なんでわかるの? 知ってるもんそんなこと アンタみたいに童貞じゃないんだもん」

幼馴染だけど経験の差が開いている。

正常位の体勢になり、
蘭華「はいっ 入れてみ 一番定番の形で」
挿入しようとするが、
蘭華「そこ もうちょい下(笑) そうそう…下すぎっ(笑) 笑わせたい?(笑)」
幼馴染との楽しい筆おろし。

不格好な動きで動くけど、
蘭華「いいよそれ続けてみ(笑)」
自由にやらせた後、動き方を教える。
蘭華「ああっ もっと動いて ああっ 気持ちいいっ」
笑っていた童貞ピストンで感じて、
蘭華「ちょいちょいちょいちょい ああっ イクッ!」

四つん這いになって、
蘭華「後ろからも入れてみて」
黒尻で誘う。黒ギャル好きにはタマラン。

蘭華「なんかまたデカくなってない? 気のせい?」
バックで突いてアンアン鳴かせる。
蘭華「その動きちゃんと覚えて めっちゃ奥に当たってるの」
四つん這いの黒ギャルを突いてイカせる気持ち良さ。
蘭華「ああっ! ヤバイッ イクイクッ!」

良い感じだったけど、
男「あぁ出ちゃいそうまた…」
蘭華「は!? ガマンしてよっ」
男「無理ぃ あぁイクッ!」

バックで中出し。
蘭華「ねー また出したの? 早いよ もーうっ 早すぎ」
男「いやちょっと面目ない」
蘭華「なんで勝手に暴走してんの ガマンすることも覚えてよー」

早漏を責められるのも良いです。

蘭華「自信ついたでしょこれで っということでシャワー行ってきまーす」
ヤった後も幼馴染ギャルの軽いノリ。

Chapter 2

男もついて行って一緒にシャワー。
男に洗わせる。黒ギャルの美肌に水滴と泡のエロさ。

泡を洗い流してクンニ→手マンでイカせる。

蘭華「私もキレイキレイしてあげる」
お返しでフェラ。
蘭華「これもう1回できちゃいそうじゃない?」
立ちバックで挿入。
蘭華「こんなことしてくれる子に出会えるといいね」
ちょっとせつないセリフでもある。
蘭華をイカせて男も中出し。
蘭華「嘘でしょ? この体勢でイケたの?」

Chapter 3

後日、また蘭華が突然の訪問。
蘭華「シコろうとしてたの?」
男「いやシコるじゃなくて あの 勉強してたんだセックスの」
蘭華「下手だもんねー」
男「いや下手っつうか まぁ 上手くなりたいしさ」
蘭華「何しに来たかわかる? アンタの早漏治しに来てあげたの」

鍛えにきてあげたという。

男を仰向けに寝かせて、
蘭華「じっとしてて オチンポのガマン大会です」
手コキをしてから乳首をいじる。
再び手コキで、
蘭華「相変わらず いいオチンポしてるね」
男「そう?」
蘭華「シコり甲斐があるよ」


寸止めの後、乳首舐め手コキで、
男「出るぅー あぁー イックゥ!」
 ドピュッ
良いアングルで射精の瞬間が撮れていました。
蘭華「えー 早えよ 早くない?」
男「ガマンしたけど…」


男「あー ダメ人間だ俺 ガマンできない」
蘭華「そんな落ち込むなって しょうがないよ 童貞卒業したばっかやん」

慰めてキス。
蘭華「だから鍛えてあげるって言ってんじゃん 黙っとけ」

スライドして着衣のままシックスナイン。
ギャルっぽい服と下着の上から舐めるのも面白い。

スカートをめくると黒ギャルの美肌。
下着の上なのでモザイクが出ないのも良いです。

背面騎乗位で挿入。
蘭華「先に私がイクの 絶対ガマンして」
蘭華を先にイカせるけど、その直後に男も中出し。
蘭華「まだまだかかりそうだね いいよ いくらでも付き合ってあげるよ 練習だったら」
優しいけど「練習だったら」というせつなさもある。

Chapter 4

部屋でまったり。蘭華はスマホをいじって、男はゲーム。
男の相談からマッサージの話になり、
蘭華「はいはい どうぞ練習してください」
オイルを垂らす。ここの美肌+オイルもめっちゃ良い。
蘭華「寝たらごめん(笑)」

男「これ 擦りつけていい?」
この美肌にチンコを擦りたくなる気持ちはわかる。

尻コキ。尻のテカり具合が良いです。
蘭華「まさか そんなんでイったりしないよね?」
バックでヤるみたいにパンパンして、
蘭華「『あぁヤバイ イクゥー』でしょ? どうせアンタは『もうヤバイ ガマンできないイっちゃうー』でしょ?」
早漏を煽る。

ピストンが激しくなって、
男「ヤバイッ」
蘭華「ヤバイって何?」
男「出ちゃいそう」
蘭華「だからそれガマンしろって言ってるの」
男「無理っ!」

 ドピュ
尻コキから尻に射精。黒い肌に白い精子が映える。
蘭華「おやすみ …最っ低 1ミリもガマンしようとしてないじゃん」

男「もうちょっといい?」
蘭華「私をガッカリさせないでよ」

仰向けになってマッサージを続ける。
まんぐり返し状態。
蘭華「こんないいケツ触れてるんだから感謝しろよな 早漏め」

仰向け→横向け→うつ伏せになり、寝バックで挿入。
入れてすぐヒーヒー言わせるほど感じさせたけど、またすぐ中出し。
蘭華「ああっ もうっ!」
早漏だったけど、
蘭華「まぁこれで いつ彼女ができてもいいかもね」
男「ホント?」
蘭華「1億 いや3億かけてもいいよ 私が保証する だって気持ち良かったもん」

Chapter 5

男から誘って宅飲み。
男「ちょっと話あるんだけどさ…」
蘭華「どうしたの?」
男「…俺と付き合わない?」
蘭華「はあ? えー タツと?」
男「ダメ? こんなに優しくしてくれるの蘭しかいなくてさ」
蘭華「んーダメ」


まだまだセックスが下手だからダメと言われるが、じゃあセックスで満足させたら付き合ってくれと言う。
男「これ以上引けねえからさ」
蘭華「ふーん まぁその気なら 頑張って」

男気を見せて蘭華を引っ張る。
蘭華「じゃあ満足させてみ」
付き合えるかどうかをかけたセックス勝負。

男が愛撫。
蘭華「タツがその気だから なんも手伝わないよ私」
男「うん 頑張る」

マグロ状態の蘭華。
おっぱいを触って舐める。しっかり感じさせて、
蘭華「乳首勃ってきちゃった」
お尻を揉んでマンコをくぱぁして手マン。
蘭華「意外と気持ちいい 意外とね(笑) …あっ!? ああっ!」
余裕ぶりながら感じて声が出ちゃう。
蘭華「ああっ 待って イクッ!」
指でイカされて美尻をビクビク。
男「濡れてんじゃん」
蘭華「すーごい生意気な口きくじゃん」


顔面騎乗クンニ。
蘭華「悔しいけど これは気持ちいい」
クンニでもイっちゃう。
蘭華「クンニも上手になってんじゃん」
攻守交替してフェラ。
蘭華「早漏治った? 自信あるんでしょ?」
男「激しいっ…」
蘭華「優しくしたって意味ないじゃん」

試練のようなフェラ。
蘭華「オチンポ パンパンだけど大丈夫そう? フェラだけでイクような人じゃないよね?」
イキそうな男を煽る。

バックでスムーズに挿入して突く。
蘭華「あぁイクッ! バックはホントに気持ちいい」
童貞から成長した男のセックスでアンアン鳴かせる。
蘭華「あんっ めちゃめちゃ奥に当たって…」
連続でイカせてビクビクさせる。
蘭華「やるじゃん はぁはぁ…」

側位でもイカせる。
男「まだいけるよ」
蘭華「まだいけるの?すごい じゃあまだ楽しませて」

立ちバック→正常位で、
蘭華「イこうとしてるでしょ 動きでわかるのよ」
男「ガマンできない イクッ!」

中出し。

蘭華「ってことでぇ 次は私がやり返してあげるよ」
男をソファに座らせて、
蘭華「さっき散々泣かされたからね 今度は泣かせてあげるよ」
対面座位。泣かされたことを認めて、やり返してくるプレッシャーも良いです。
と言ってピストンするけど、
蘭華「あぁイク!」
自分がイっちゃう。

背面座位→背面騎乗位で何度もイって、
蘭華「イクペースが早くなってる」
最後は背面騎乗位で中出し。
お付き合いの件の返答をして終了。

感想

FANZAレビュー4.57点(7件/4件コメント)の質の高いドラマ。

まず童貞役の男優が良かった。筆おろし物って、「いつもの男優」って感じで同じ男優が童貞役をやり過ぎる傾向がありますが、今回はあまり見た記憶のない男優で、しかも見た目の童貞度も高い。非モテっぽいけどそこそこ清潔感はある。オーバーな演技もなく、それなりに演技もできていて、自然な童貞らしい童貞だった。

そして蘭華の仕上がりも良かった。
喋りがセリフっぽくなくて自由に喋っている感じなのが良かった。ドラマなんだけど、半分ドキュメントみたいなアドリブの童貞イジりって感じの自然さ。
キャラ的にも気が強くて生意気なんだけど、なんだかんだ幼馴染のことを気にかけていて優しさを見せたりするバランスが良いです。ラブコメの絵に描いたような男勝りな幼馴染キャラ。
黒ギャルの美肌として完璧に近くて、黒ギャル好きにはタマラン。Chapter 2では水と泡、Chapter 4ではオイルを使い、この美しい肌を堪能させてくれた。

早漏もテーマにあり、すぐイっちゃう幼馴染男子に対する早漏イジりも良かったです。

射精ガマン・イカせ合いっぽいシチュエーションでもあり、成長した童貞が蘭華と付き合うためにセックスで勝負するという最終Chapterも熱い展開。
最初は生意気ギャルの蘭華にイジられて笑われるけど、立派なチンコで生意気ギャルをイカせまくるようになる展開も良かったです。

2時間40分というボリュームも満足。軸になっていたのは2人のキャラクターとかけあいの質の高さ。ヤリマンギャルx童貞の幼馴染のドラマとして素直に入り込んで見られました。

出典

配信開始日:2022/01/01
商品発売日:2022/01/04
収録時間:160分
出演者:蘭華
監督:ヴァーグマン
メーカー:LUNATICS
レーベル:ルナティックス

FANZA 「アタシとヤれんのに日和ってんの!?w」童貞すぎて初めての彼女にフラれた僕(メガネ)を見かねた黒尻ギャル幼馴染がSEXの練習相手になって何発も中出しさせてくれた。 蘭華

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました