虎のタトゥーをいれた生意気黒ギャルをバックでひれ伏せさせてイカせるおっちゃん

巨根
巨根

大人の男を馬鹿にしくさった彩音心愛。部屋に入るなり部屋がダサいと大笑い、服もダサいと大笑い、チンコを出せば「ヤバくなーい? 長くなーい? 皮長くなーい?」と包茎いじり。黒ギャル特有のノリで自由に楽しんでいましたが、挿入してからは泣いているような喘ぎ声で感じて、正常位やバックでイカされていました。馬鹿にされていたオジサンも「ヤバッ なにこれ(笑) いいね いいもん持ってんじゃん いいもん持ってんじゃんおっちゃん」と認められる。
(DMM.R18 黒GAL痴女子校生 彩音心愛・つばさ)

シーン1 おい!ジジイ!チンポ舐めてやろうか編

いきなり女子高生の路上喫煙シーンから。通りがかったオジサンの前にタバコを投げて、
オジサン「危ないじゃないか!」
彩音心愛「ねぇ ジジイ チンポ舐めてやろうか」
なぜか7回くらい同じセリフを繰り返す。

チンポを舐めてほしいオジサン、結局ついて行く。移動中の階段で黒尻と虎のタトゥー。

彩音心愛「なんか漁港の臭いがする(笑)」
臭いをディスってからチンチンを様々な角度で見る。

着け爪でいじった後に軽く咥えると即勃起。
彩音心愛「早くね? 勃つの(笑) ウケんだけどなに 反応良すぎじゃね」

フェラするけどオジサンの反応に笑っちゃう。
彩音心愛「フフフフ だからアーアーうるせーっつーの(笑)」

彩音心愛「ってかさぁ ジジイのチンコ デカくね? なにこれ(笑) デカくない?」
オジサン「そう?」
彩音心愛「こんななの? いつも」
オジサン「いつもそう 人並だと思うんだけど」
彩音心愛「フヒヒヒヒ 怒られるよ(笑) ジジイのくせにデカすぎでしょこれ」
オジサン「そうかな」
彩音心愛「デカいでしょ これは」
オジサン「いやわかんないよく」
彩音心愛「わかんないとか言って(笑)」
オジサン「あんまり人の見ないから」
彩音心愛「へー デカいね」
馬鹿にされていたオジサンだけどチンコのデカさでは驚かせる。

フェラを続けて、
彩音心愛「気持ちいいジジジ?」
オジサン「気持ちいい」
彩音心愛「アハハハハ 気持ちいいとか」
オジサン「手慣れてるね」
彩音心愛「手慣れて(笑) うっせー!」
照れ隠しなのか恥ずかしそうに笑った後に怒る。

玉を着け爪で責める。
オジサン「その加減がいい」
彩音心愛「加減ってなんだよ(笑) これ?」
オジサン「うん」
笑いつつも気持ちいいと言われるとやってあげる彩音心愛。
彩音心愛「たまたま気持ちいーのー?」
オジサン「うん気持ちいーのー」
彩音心愛「気持ち悪ぃ(笑)」

彩音心愛「マジ デカいんだけど」
やっぱりデカさが気になるみたい。

彩音心愛「見たい黒パイ?」
オジサンと会話すると、とにかくツボな事が多いようで大笑いする。

おっぱいを見せると、
オジサン「興奮しちゃってるの 乳首ビンビンじゃない 勃っちゃって」
彩音心愛「なに? 気のせいじゃない」

オジサンに「待て!」「よしっ!」をやってからおっぱい舐め。
彩音心愛「マジキモイんだけど(笑)」

オジサン「気持ちいいでしょ?」
彩音心愛「ムカつく(笑)」
でも否定はしない。

オジサン「かわいらしい おっぱい」
彩音心愛「それしか言ってねーじゃん(笑)」
痴女子高生が少しタジタジなところがかわいい。

後ろからおっぱい揉み。
オジサン「このフワフワ感がいいの」
彩音心愛「フワフワ(笑)」

髪の匂いを嗅いだところでキモがられて突き飛ばされて、再びフェラ。

尻アングルでフェラ。
彩音心愛「やられたい放題になってるけどいいの?」
オジサン「いいよ」
彩音心愛「マジ デカいんだけど」
オジサン「大変?」
彩音心愛「マジ デッカいんだけど 口ちっちゃいんだけど なんか」
太そうですからね。小さい口には大変そう。
オジサン「それが頬張るような感じで興奮しちゃう」
彩音心愛「アハハハハ 発言がちょいちょいキモいんだけど大丈夫?(笑)」

しばらく真面目にフェラ。

オジサン「あー…… あー……」
彩音心愛「ん?」
イキそうになってのでフェラをやめて、
彩音心愛「イカせねーよ」
寸止めで反応を楽しむ。
彩音心愛「なに泣きそうになってんの(笑)」

彩音心愛「イケば」
今度は手コキで射精OKかと思いきや、
彩音心愛「だめーーー(笑)」
悪魔の寸止め。

手コキしながら舌先で責めても、
彩音心愛「だめーーー(笑)」
心から寸止めを楽しんでいる感じが良いです。
彩音心愛「人生そんなに甘くないよー」

寸止めで遊ばれた後に口内射精。

全部口で受け止めて、
彩音心愛「イキやがったな」

彩音心愛「べー 出しすぎなんだよ」
全部吐き出す。

メガネを奪って顔面騎乗からシックスナイン状態へ。
彩音心愛「なに?」
オジサン「なんか臭い」
彩音心愛「うっせーよ(笑) 2日間洗ってないからさ しょうがない」

彩音心愛「なに?」
オジサン「くすぐったい」
彩音心愛「イキたいんでしょ?でも くすぐったいけどイキたいんでしょ イっちゃうんでしょどうせ」
オジサン「もう出ないよ」

顔面騎乗されて何を言っているかわからないオジサン。
彩音心愛「なに?(笑) キモイ(笑)」

彩音心愛「こんな勃ってんじゃん まだ出んでしょ」
乱暴な物言いだけど、ちゃんと責めてほしいところを聞いたりもする。
彩音心愛「いいから早く出せよ」

ローションを垂らして手コキ。
彩音心愛「ヤバいことになってるよ(笑)」

オジサン「かわいいお顔見せて」
彩音心愛「ウケんだけど(笑)」
なんだかんだ嬉しそう。

オジサン「イキそうイキそう 激しく」
彩音心愛「かけないでよ 出すのはいいけど」

オジサン「イクイクッ」
彩音心愛「イっちゃえ アハハッ」
 ドプッ
手コキで射精。
彩音心愛「ヤベー アハハハハッ」

シーン2 援交スペシャル痴女コース 生中出しFUCK編

格好いい感じに女子高生を招き入れた男だが、
彩音心愛「マジ だっせー(笑) なにこれ? なにこれ?」
男「ダダダ ダサい?」
部屋の装飾をディスられて笑われる。

お金を多めに取られてプレイ開始。
自分で服を脱ぐように言われて脱ぐ男。
彩音心愛「白っ(笑)」
男「いま美白が流行って……」
彩音心愛「ケンカ売ってんの?(笑)」

お願いさせてから乳首舐め。
彩音心愛「ビクビクじゃん そんなに弱いの?」

彩音心愛「なんか窮屈そうだよ どうしたのこれ?」
からかうようにパンツの上からチンチンを撫でる。

男「大きいか小さいか……」
彩音心愛「感想を述べよと」
男「聞いてみたい」
パンツを脱ぐ男。
彩音心愛「あっ おっきいけどなんか ……長くね?(笑)」

皮を被っており、
彩音心愛「これなんかおかしくない?」
男「おかしいって?」
彩音心愛「なんかいるよね こういう魚(笑) なんかいない?」
男「魚でいるかなぁ?」
彩音心愛「なんか 魚じゃないかなぁ なんか かい 怪物? これはヤバいだろ(笑) どうしたの?」
男「皮のこと言ってるの?」
彩音心愛「そうだよ だってほら いなくなっちゃうよ(笑)」
完全に皮を被せて亀頭を隠す。

チンコを近づけて、
彩音心愛「臭い臭い臭い」

男「けっこう いっぱい見てきたの?」
彩音心愛「なに?」
男「あのぉ 男性器」
彩音心愛「なに? ウフフフフ」
男「男の子の……」
彩音心愛「ノーコメントでいったほうがいい? ここ」
男「恥ずかしいもんね」
彩音心愛「そうそうそうそう シャイだからさぁ」

仁王立ちフェラから、あぐらをかいて亀頭を爪で責める。

彩音心愛「ヤバくなーい? 長くなーい? 皮長くなーい?」
皮コキ。
男「男の子は みんなそれぐらいだと思うよ」
彩音心愛「うっそー ちょっとパチこいたでしょ今」
男「え……」
彩音心愛「パチこいたらやらないよ」
男「あ ごめんなさい ちょっと俺 包茎気味なんだよね」
彩音心愛「ですよねー」

彩音心愛「ビクビクしすぎじゃね? めっちゃビクビクじゃん(笑)」

ルーズソックスで乳首責め。
顔を踏んだりもする。

足コキ。
彩音心愛「気持ちいいのこれ?」
男「気持ちいいよ」
玉を踏んでとお願いされて、
彩音心愛「マジで? 痛くないの?」

けっこう上手な足コキ。
ここでも「イカせねーよ」と寸止めする。

顔面騎乗をすると、
男「わっ 臭ぇ!」
彩音心愛「なに? 当たり前じゃん 3日お風呂入ってないもん」

臭いをガマンしてクンニ。

彩音心愛「イキそ…… もっと……」
気持ち良さそうに感じて、
彩音心愛「そこヤバイ もっと…… イクッ……!」
イっちゃいました。
彩音心愛「ヤバい(笑) やるじゃん やるじゃん やるじゃないの おっちゃん おっちゃんやるじゃん なかなか」
ディスられっぱなしだったけどクンニは褒められた。

ディルドーを男が咥えて彩音心愛が挿入。
彩音心愛「ちゃんと入ってるの見えてる?」

フェラ。
彩音心愛「そんな気持ちいいの? イカせないけどね(笑)」

尻コキ。

彩音心愛「あわよくば大作戦」
挿入されちゃいそうな素股。
彩音心愛「クリ当たって気持ちいいねこれ」

挿入させちゃう男。
彩音心愛「おっちゃん何してん(笑) 生なんだけど」
男「先っちょだけ……」
彩音心愛「先っちょ 全部入ってるからこれ」

生だけど「しょうがない」で済ませて、
彩音心愛「いいチンコしてんじゃん(笑)」

騎乗位で普通にかわいく喘いで、
彩音心愛「ヤバッ なにこれ(笑) いいね いいもん持ってんじゃん いいもん持ってんじゃんおっちゃん」
感じちゃっているのがかわいい。

彩音心愛「気持ちいい おっちゃんも気持ちいい?」
男「気持ちいいです」

彩音心愛「イクッ…… あはぁ!」
騎乗位でイって、しばらく息を切らせる。
彩音心愛「やばっ」

彩音心愛「いいもん持ってるね」
生意気黒ギャルをイカせて褒められる。

正常位でおっぱいを見せてもらう。
彩音心愛「サボッってる サボッてる」
おっぱいを見る事に必死で腰が止まったのを指摘。

彩音心愛「もっと」
生意気さとのギャップでヒーヒー喘いでいるのがかわいい。

彩音心愛「もっと突いて あーうー もっと クリも触って」

彩音心愛「イキそう あぁーん あっ」
股を閉じてビクッとするのがかわいい。

彩音心愛「ダメダメッ あぁ ふぁーん ダメッ」
ここのやられっぷりも良い。股間を押さえて「ダメッ」とストップ。
彩音心愛「ヤバい 気持ちいい……」

タトゥーを見せてバック。
ゆっくり抜き挿しして、かなり大きいマン屁を鳴らす。

生意気な痴女子高生をバックで地面にひれ伏せさせて泣かせるように喘がせるのが良いです。

男優視点。

彩音心愛「あぁーん もっと奥まで突いてっ そこもっと ふぁーん 奥気持ちい」
ヒーヒー言わせる感じで良いです。
男「虎が描いてあるんだね」
彩音心愛「タイガー 男喰うため(笑)」

彩音心愛「ヤバぁい あんっ もっと」
上体を起こして、
彩音心愛「奥もっと 突い……てっ もっとぉ イキそ…… イっちゃう イクッ」
男「あぁ締まるっ」

動きが止まって、
彩音心愛「ヤベェ(笑) 気持ちいい おっさんやるね」

ソファで背面座位。
彩音心愛「もっともっと もっと突いて」

男がイキそうになってストップ。
彩音心愛「イっちゃダメだよ イカせねーから 心愛はイクけど(笑)」
自分は何回かイってるけど、男はストップさせる彩音心愛。

彩音心愛「ヤバい 気持ちいい(笑)」
このちょっと恥ずかしがりながら、本当に気持ち良くなっちゃって照れている感じが良いです。

彩音心愛「もっと おっちゃんもっと突いてっ」
男「すごいギュウギュウしてきた」
彩音心愛「イカしてっ」

でもオジサンここで耐えきれずに中出し。
彩音心愛「おいっ おいー あれれ」

彩音心愛「なにこれ? なんか出てきたんだけど」
男「出ちゃった」
彩音心愛「出ちゃったとか(笑) 確信犯でしょどうせ」

彩音心愛「中出し3万だからプラス」

シーン3

駐車場でつばさをジロジロ見ていた男が連れ去られて、
つばさ「アタシのパンツ見たかったんでしょ?」

フェラからバック→正常位で顔射。

感想

黒ギャルらしいノリで、男とのかけあいが楽しかった。素でやっているみたいに自由に楽しんでいる感じが良かったです。

シーン1ではチンコのデカさにビックリしちゃうところがかわいかった。最初に言うだけじゃなくて、途中でも何度か改めて言うところが面白かった。

シーン2では、冒頭から男をディスりまくって笑っていましたが、挿入では泣いているみたいな喘ぎ声でヒーヒー言ってからイっちゃうのが良かったですね。序盤で生意気っぷりを十二分で出しておいて、バックでは地面にひれ伏しながら感じてイっちゃうところが良かった。 包茎いじりも良かったですね。

収録時間:147分
出演者:彩音心愛 つばさ
監督:OMARU
シリーズ:黒ギャル痴女子校生
メーカー:虎堂
レーベル:BLACK RIOT

DMM.R18 黒GAL痴女子校生 彩音心愛・つばさ

XCITY 黒GAL痴女子校生 彩音心愛・つばさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました