男優の前戯に「なにこれ いつまでやってんの?」と言っていた生意気女子がデカチン挿入でしおらしくなる

4時間6人のナンパ企画。3人目のミサトちゃんは20歳にして経験人数150人を自称する。モテ女だからなのかとにかく生意気。前戯をやっても「なにこれ いつまでやってんの?」「なげーわ えっ もう さっさとやってよ」と言ったり、リクエストされて男優が激しく揉んでも「え? これで?」と不満気。でもデカチンを挿入されてからは「あぁヤバイッ…… あぁダメェ」から始まって、急にかわいくなっちゃっていました。
(DMM.R18 120%リアルガチ軟派伝説 in 宇都宮 vol.22)

シーン1

一応ナンパシーンもありますが、出演しているのはAV女優です。
1人目のれいちゃん(美月るな)。22歳のスーパー店員とのこと。

色白でキレイな肌。ブラの裏生地を見るといってブラをめくられても落ち着いた反応。

謝礼アップするからという事でオナニーを見せてもらう。けっこうがっつりやるので、
監督「けっこう本気じゃないですか」
れい「フフフ」

オナニーでイキそうになったらストップして手マン。
監督「これどっちが気持ちいいんですか? 上と下」
れい「……下(笑)」
監督「穴のほうが気持ちいいの?」
れい「どっちも気持ちいい」
監督「すごいね お豆さんが勃ってますよ」
れい「いやっ」
辱めながら責める。

激しい手マンで潮吹き。その後に電マ責めで、
れい「イキたい……」
監督「いいよイっても」
れい「あぁイクッ……」
と言ったところで電マを外す。
れい「イキたいっ」
上目遣いでおねだり。数回焦らしてからイカせます。
さらに手マンで潮吹き。

今度はれいちゃんの責めを見せてもらう。
乳首舐めからパンツを脱がし、
れい「勃ってます(笑)」
男「だって こんな気持ち良く舐められたら」
勃起チンチンを見て嬉しそうな笑顔が良いです。

フェラ。

フェラで口内射精してごっくん。
れい「全部飲んじゃった」

シーン2

2人目のりなちゃん(西島優梨)。
お酒を飲みながらトーク。

下着チェック。Eカップぐらいという巨乳。

ぽこっしー(池田径)が冗談で、
ぽこっしー「こっち脱がせて」
と言ってズボンを脱がせようとしたら、本当にズボンを脱がせようとするりなちゃん。
ぽこっしー「えっ!? いいの?」
ホロ酔いでノってきたりなちゃん。

ぽこっしー「すごい ビッチョビチョになってる」
りな「熱いんだもーん(笑)」

ブーツの臭いを嗅ぐぽこっしー。
りな「ホントに嗅ぐの!? いいからいいからっ」
ぽこっしー「うわーーーっ!」
鼻を押さえて苦しがる。
りな「ウソつけ(笑)」
酔ったノリで楽しい雰囲気。

乳首舐め。4年ぐらい彼氏がいないという事で久しぶりのようだ。

乳首舐めをしながら股間を触って責めるが、
りな「トイレ行きたーい」
という事でトイレも少しだけ撮影。

クンニと電マ責めでイカせる。ソファが濡れて、
りな「なんか冷たぁい」

フェラ。
監督「お姉さん それ どういうオチンチンが好きなの?」
りな「ん? こんな感じ?」
監督「わからない どういう事?」
りな「ん おっきいの」

素股。

正常位の体勢で素股。
りな「気持ちいい」
監督「どうしたいのお姉さん お姉さん好みのオチンチン」
りな「挿れたい」

正常位からバックでスパンキングされながら突かれる。
騎乗位でイって、
ぽこっしー「ピクってる」
監督「イっちゃったの?」
りな「うん」

正常位から顔射。

シーン3

3人目は20歳のミサトちゃん。
2年半彼氏がいないらしいけど、最後にセックスしたのは一昨日でバンドマンと。経験人数は150人くらいという。ちょっと生意気で男っぽいところがかわいい。

監督「ちょっといい?」
ミサト「やだ」
反抗的なところを見せつつ服を脱いでいく。

監督「このへんとか揉まれて気持ち良くないの? おっぱい」
ミサト「あんま」
監督「1分時間ちょうだい 1分」
ミサト「1分は長いな」
監督「30秒」
ミサト「10秒」
監督「30秒」
ミサト「10秒」
監督「30秒」
ミサト「10秒」
絶対に譲らないところに気の強さが表れている。AVだと素直な子が多いので新鮮で面白い。
激しいのが好きというミサトさん。
ミサト「なにこれ いつまでやってんの?」
監督「お姉さんがセクシーになるまで」
ミサト「なげーわ えっ もう さっさとやってよ」
喘ぐこともなく面倒くさそうな態度。

ミサト「お風呂入らないと無理」
と言われてシャワーを浴びにいかされる男優の堀尾。気の強いミサトさんのペースになっています。

再びおっぱいを揉むが、
堀尾「けっこう強めにやってるよ ほら」
ミサト「え? これで?」
さらに乳首をいじると、
ミサト「乳首あんまり好きじゃない」
堂々と拒否ってくる。男優の堀尾も形無し。
ミサト「なんか ホントにね 握力使ってほしい」

ミサト「やだ舐められるのは ホントにやだっ」
堀尾「じゃあ いっぱい揉んじゃう」
舐めNGされて素直に揉む堀尾。

手マンすると少しおとなしくなる。

ミサト「やだぁ」
監督「やだぁ って言ってるわりには濡れてんだよ 悪ぃけど」
ミサト「悪ぃけど下は(笑)」

ミサト「電マはヤダッ」
と言っていたけど頼み込んでやらせてもらう。でも反応は悪い。

男優じゃポイントがわからないという事で自分で当ててもらう。それに加えて軽く手コキ。

堀尾のチンチンを見て、
ミサト「チンチンおっきい」
監督「なに?」
ミサト「チンチンおっきい」
監督「嫌なの?」
ミサト「いい」
監督「どういうのが好きなの?」
ミサト「硬いの」
監督「彼どう」
ミサト「まぁまぁ」

フェラをする前にも、
ミサト「デカいな」

監督が手マンしながら。

素股。

素股から挿入するいつものパターン。

おっぱい舐めとか電マはほぼ無反応だったしブーブー言ってたけど、挿入されるとしおらしくなって気持ち良さそうに息を漏らす。この変化がかわいい。
ミサト「あぁヤバイッ…… あぁダメェ」

バック。
ミサト「あぁヤバイッ」
布団にうずくまっちゃう。

背面騎乗位。
監督「最後どこに出せばいい?」
ミサト「お腹」
監督「中?」
ミサト「お腹!」

正常位でおっぱいを鷲掴みにして、
ミサト「あぁダメェ あーーーっ!」
生意気娘が大声出して喘ぐのが良い感じです。

お腹に出された精子を見て、
ミサト「あんま出ないね あんま出ないー(笑)」
監督「もうこの時間だからしょうがない 何発も出してっから彼は」
堀尾「えっ なに? バンドマンってもっといっぱい出すの?」
ミサト「うるさいよ もっと出たわ(笑)」
精子の量に不満気。最後も生意気でした。

シーン4

あずさちゃん(紺野ひかる)。2013年デビューで既に数えきれないほどの出演数なのでナンパ物は厳しい気もしますが。

シーン1と近い構成で、オナニー→男優が責め→電マを当てながらフェラへ。
あずさ「おっきい」

電マでヘトヘトになってフェラができなくなる。
男優は澤地真人か。

素股から挿入するかと思いきや、そのまま射精。
男「あまりにも毛が気持ち良すぎて」

シーン5

大人しくて普通の子っていう感じのはるかちゃん。
後ろからおっぱい揉みつつ耳も舐めちゃう。

処女性を売りにしている感じで、最初は男優が責める。
チンチンを責めたことがないと言うので練習も兼ねて責めさせる。

ほっぺを押さえながらフェラ。

素股。1年前にいた彼氏とのセックスは、
はるか「ゴムしかないです」

監督「オモチャと彼のオチンチンどっちが気持ちいい?」
はるか「こっち?」

素股から挿入へ。

騎乗位。

初めてだというバック。

突き終わってグッタリ。

正常位から口元に射精。

シーン6

最後はあさみさん(本山茉莉)。

ダブルフェラ。
こうやって見比べると堀尾さんデカい。

素股から挿入。
正常位→騎乗位→バック→正常位で口に発射。大口開けて精子を受け入れます。

感想

6人で4時間の大作。女優が6人とも良かったし、男優もデカチン揃いで女優の反応も面白かった。女優はかわいかったけど、素人役にしてはメジャー過ぎる部分もあるか。

シーン3のミサトちゃんは台本でやっているのか素なのか生意気さが面白かった。男優の前戯に全然感じてあげないというところが新鮮。イラッとくるほどの生意気キャラからの挿入では喘いでしおらしくなるというギャップが良かった。精子の量に不満を見せるところも面白い。

シーン5のハルカちゃんは普通の大人しい女子という雰囲気が良かった。

収録時間:244分(HD版:244分)
シリーズ:120%リアルガチ軟派
メーカー:プレステージ
レーベル:釣師

DMM.R18 120%リアルガチ軟派伝説 in 宇都宮 vol.22

MGS動画 120%リアルガチ軟派伝説 22 【MGSだけの特典映像付】 +30分

XCITY 120%リアルガチ軟派伝説 22

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top