清楚で上品な社長秘書かと思いきや変態的なチンポ好き「おっきい やっぱり大きいね 気持ち良い……」

社長秘書をやっている安藤かれんさん。でも社長のチンポだけじゃ物足りなくなってAVに応募。社長秘書らしい上品さがあって高嶺の花な感じですが、その本性は大のチンポ好き。チンポを目にすると急に下品になるギャップがすごい。>>感想
(FANZA チ○ポが好きすぎて好奇心で応募してきた美人秘書 フェラチオの女神AVデビュー!! 安藤かれん)

シーン1

駅で待ち合わせして監督と初めての顔合わせ。
今回は面接ということで、カフェでお茶しながら話を聞くことに。
社長秘書のかれんさん、接待の後なので少し酔っています。酔っているのでエロい話も出てきやすい。
安藤かれん「セックスも好きなんですけど フェラとか大好きですね」
彼氏はいないけど、会社の社長と肉体関係になっていると。
監督「でも満たされてるじゃないですか じゃあ」
安藤かれん「いや もっと ホントにいろんなオチンチンをしゃぶりたいなぁっていうのとか……」
監督「社長のじゃ満足できないと いろんなモノしゃぶりたいってことですか」
安藤かれん「そうですね」

上品そうな社長秘書がエロい話をするのが良いです。

監督「フェラのどういうところがいいですか?」
安藤かれん「あの フェラをして男の人が喜ぶ姿がすごい好きなのと オチンチンって愛おしいじゃないですか(笑)」
監督「どういうことですか?」
安藤かれん「私 男性の顔を見て オチンチンの大きさだったり形 なんとなくわかっちゃうんですよね(笑)」

喋り方も上品な感じなのに、言ってる内容は変態というギャップ。
監督「うずくんですね」
安藤かれん「うずく……」
監督「どこがですか?」
安藤かれん「言っちゃっていいんですか?」

恥ずかしくて言えないとかじゃなくて、冷静に確認をとってから言う。そのオマンコを監督がテーブル下にカメラを潜らせてチェック。
監督「バレないように股開いてみてください」
素直に開く。
監督「どんな感じになってます?」
安藤かれん「もうなんか 変に興奮しちゃってます」

言われてないのに自分から指を伸ばして触るしぐさ。

社長にフェラしているところの動画も見せてくれる。
監督「そんなチンチン好きなんですね」
安藤かれん「チンチン大好きです」


こういう話をしていると興奮してくると言い、
安藤かれん「今しちゃダメですか?」
監督「え なに言ってるの?」
安藤かれん「ダメですか?」
監督「え どういうこと?」
安藤かれん「舐めちゃダメですか?」
監督「本気で言ってるの?」
安藤かれん「はい どうですか?」
監督「一応 やるんだったら撮影しないといけないから」

かれんさんに押されてトイレでフェラを撮影。
パンツを脱がせる直前の視線も良いです。久しぶりの社長以外のチンポに興奮している様子。

パンツを脱がして竿を右手で優しく持ってから「はぁはぁ」と息を荒くしてチンポを眺める。
安藤かれん「やっぱり いいオチンチンですね」
監督「想像してたのと一緒だった?」
安藤かれん「一緒でした」

男の顔を見てチンポを想像する女。

ゆっくりと竿に舌を近づけて舐め始める。
監督「いやらしい目してるよ あぁすごっ どうこのオチンチン 味は?」
安藤かれん「美味しいです」

激しく音を立てると、
監督「待って そんな音立てるとバレちゃうかもしんないですよ」
トイレで社長秘書にフェラさせるシチュエーションも良いです。

上品だった顔が下品になるフェラ。
玉も舐めて、
監督「そこどこ?」
安藤かれん「玉っ 金玉」

ブボボボッと音を出して玉を吸う。あえて音を出して監督を困らせているようでもあります。

安藤かれん「すごいビクビクしてますね」
監督「ビクビクしちゃう あぁすごい なんかすごいヨダレがジュルジュルしてる」
安藤かれん「私フェラすると すごいいっぱい出ちゃうんです」

床にボトボト垂れます。

咥えてジュボジュボ。
監督「そんな激しくやったらヤバいよ ちょっと待って待って待って」
口からチンポを引き抜くが、
 ドピュッ
一波が後頭部まで飛び、二波が鼻に飛ぶ。
監督「あぁヤバい ごめんごめん すげぇ出ちゃった」
安藤かれん「全然大丈夫ですよ」
監督「ちょっと勝手にイっちゃったごめん すげぇ気持ち良すぎて」
安藤かれん「大丈夫ですよ 気持ち良かったですか?」

大量にぶっかけられても落ち着いていてフェラ慣れしている感じです。

シーン2

1週間後、昼間に外で待ち合わせ。
トイレでフェラしていた時とは別の顔。
この1週間は禁欲してくださいと監督に言われていたんですが、
安藤かれん「昨日 実は社長にフェラしちゃいました……」
素直に申告。
監督「セックスはしてないですか?」
安藤かれん「セックスはしてないです」

住宅街を歩きながらこんな会話。

スタジオで撮影開始。
インタビューからですが、
安藤かれん「なんか裸の男性が見えるんですけど(笑)」
監督「裸の男性 どういう状況ですか?」
安藤かれん「シコシコしてます(笑)」

全裸の男優がフレームイン。

チンポをじっくり見て、
監督「かれんさん的には どうですか?」
安藤かれん「すごい いいオチンチンです」
監督「どう いいオチンチンですか?」
安藤かれん「おっきい」
監督「ちょっと審査してください」
安藤かれん「審査ですか? 素晴らしいオチンチン」
監督「サイズ感は?」
安藤かれん「サイズ感は私の好きなオチンチンです」


さっそくフェラ。
安藤かれん「気持ち良いですか?」
男優「うん 気持ち良い」
監督「かれんちゃん まだ出会って5分です 今なにしてます?」
安藤かれん「今フェラしてます」

ヨダレをダーダーにしてフェラ。
安藤かれん「んん硬ぁい……」

男優「あぁイキそう イクよっ」
 ドピュッ
私物のスーツにぶっかける。
安藤かれん「あぁすごい いっぱい飛んだ」

お掃除フェラでもヨダレと精子がダーダー垂れる。
安藤かれん「気持ち良かったですか?」

スーツが汚れたので、
監督「全部脱いで裸になりましょう」
秘書がスーツを脱ぐ姿も良いです。
安藤かれん「恥ずかしいですね」
チンポをしゃぶるのは平気だけど、脱衣は恥ずかしいみたい。

ゆっくりと脱衣する姿を撮り続ける。

安藤かれん「下着もですか?」
監督「その前に お尻見せてもらっていいですか?」

意外に下半身はボリュームがあり、ウエストはキュッとしてくびれがある。

恥ずかしそうにゆっくりとブラを取り、胸を隠す。
乳首のチラ見えも良い具合。

安藤かれん「下もですか?」
パンツを脱いで全裸になると、
監督「あれ? なんか無いですね」
安藤かれん「フフフフフ 無くしました」
監督「なんで無くしたんですか?」
安藤かれん「社長に言われて」

パイパンです。

監督「すごい見えますよ」
安藤かれん「恥ずかしい……」

丁度良い肉付きで、ブチ込みたくなる下半身。

胸を隠していたので、
監督「手ぇどけますか」
胸を見せた時の恥ずかしそうな表情も良いです。

スーツを着た男優が来て、
安藤かれん「今度は逆ですね」
監督「よくわかりましたね」

いきなり男優を触り始めて、
監督「早くないですか触るの」
安藤かれん「フフフフ 触っちゃダメですか?」

と言いながら股間のほうもサワサワ。
こんなキレイな社長秘書に触られまくる男優が羨ましい。

パンツを脱がしてフェラ。
本当にチンポが愛おしそうに舐める。
安藤かれん「恥ずかしい」
監督「真っ裸ですよ」

1人目はスーツ姿、2人目は全裸でのフェラ。違いが楽しめる。

社長秘書のフェラだと意識すると有難味もありますね。
社長しか味わえないはずのフェラを堪能。
安藤かれん「気持ち良いですか?」
男優「すごい気持ち良いよ」


口だけで激しくジュボジュボして、
男優「あぁイキそっ イクッ」
最後は手でシコシコして射精。白い肌に白い精子をブチ巻ける。
安藤かれん「いっぱい出ました」

お掃除フェラをして口元にヨダレと精子をベッタリつけて、
安藤かれん「気持ち良かったですか?」
上品さと下品さが入り混じっているのが魅力。
監督「それ精子かヨダレどっちですか?」
安藤かれん「どっちもです(笑)」

シーン3

監督「初めてのセックスですね」
安藤かれん「はい」

森林原人とのカラミ。ここまで滲み出るエロさを見せていたかれんさんが、どんなセックスを見せるのか。
森林原人「初めましてAV男優です かれんです」
安藤かれん「かれんです」

挨拶するなり原人の股間を凝視。さっそくチンポチェックに入っちゃう。

顔よりチンポが気になるという安藤かれん。原人もピクピクと動かして見せる。
安藤かれん「すごいおっきそう」
森林原人「どういうオチンチンが好きとかあるんですか?」
安藤かれん「硬くて おっきくて 真っすぐなやつ」
森林原人「欲張りですね」

そしてまた勝手に触っちゃう。
安藤かれん「すごいおっきそう……」

森林原人「見た目の清楚な感じと違うんですね」
安藤かれん「フフ 下品かもしれません」
森林原人「嫌いじゃないです よろしくお願いします」
安藤かれん「よろしくお願いします」

緊張と照れがあった表情から、エロい表情に変わってキス。スイッチが入った感じ。
森林原人「色っぽいですね」

そういえばキスもここが初めて。
舐めるのが好きなだけあって舌の絡ませ方も激しい。
森林原人「お口も感じるんですか?」
安藤かれん「感じちゃう…… ヨダレいっぱい出ちゃうんです 汚したらごめんなさい」


ブラを取り、
森林原人「キレイ オマンコもこういう色?」
安藤かれん「見て 確かめて」

新人とは思えない色っぽい返答に、原人もゴクッと唾をのんでうなずく。

パンツを脱がしてM字開脚。
森林原人「あぁキレイ ……かれんちゃんさ マンコの開き方も仕込まれてるね」
安藤かれん「そうですか?」
森林原人「普通こんな風に開かないよ」
安藤かれん「見られると興奮するんです」
森林原人「僕だけじゃないよ カメラの前にいっぱいいるんだよ」
安藤かれん「興奮しちゃう……」


原人が立ち上がって股間のテントをビクビクさせる。
安藤かれん「すごぉい」
思わず手を伸ばし、
安藤かれん「すごいビクビクしてる」

触り方と目が良いです。心底エロそう。

森林原人「見たい?」
安藤かれん「見たぁい」

言葉だけじゃなく、表情としぐさを含めて本当に見たそうというのが伝わる。
エロいキャラを意識して演技しているところもあるんだけど、表面だけじゃなくて滲み出るようなエロさを持っている。

パンツを脱がしてチンポがブルンブルンと揺れる。
安藤かれん「あっ おっきい……」
舐めるように見つめて、
安藤かれん「すごぉい…… すごいおっきいですね」

ガマンできない感じで舐め始める。
森林原人「いっぱい汚していいからね」
ヨダレを垂らしながらのフェラ。

キスしながら手コキの後、再びフェラをして、原人は手を伸ばして手マン。
手マンでアンアン言いながらのフェラ。
安藤かれん「腰が動いちゃう」

かれんさんが仰向けに寝てフェラ。
安藤かれん「本当におっきい」
森林原人「嬉しい?」
安藤かれん「うん 嬉しい」

手マンされて下半身をクネクネしながらフェラ。

体勢を変えて、
安藤かれん「この体勢エッチ」
森林原人「丸見え」

かれんさんのほうから会話を振るのがエロい。

玉に吸いついて、
森林原人「それ金玉だよ」
安藤かれん「金玉嫌い?」
森林原人「気持ち良い 金玉も好きなの?」
安藤かれん「好き 全部好き」

言い方と表情が色っぽい。かれんさんが主導権を握るようなセリフ回しも良いです。

眉間にシワを寄せて激しいバキューム。
美人秘書に全力でフェラされる感じがタマラン。

シックスナイン。
安藤かれん「気持ち良いっ あぁそれ好きっ」

安藤かれん「あぁイっちゃいそう…… あぁイっちゃう! イっちゃう!」
チンポを握ったままイク。
森林原人「イっちゃったの?」
安藤かれん「イっちゃった」


森林原人「オマンコどうやって見せるんだっけ?」
M字開脚でくぱぁして、
安藤かれん「もっと気持ち良くなりたぁい」
森林原人「欲しいの?」
安藤かれん「うん 欲しい……」


挿入前にもフェラさせる。手マンで感じて、
安藤かれん「上手に舐めれない」
森林原人「じゃあオチンチンいらない?」
安藤かれん「欲しい……」
森林原人「オチンチン欲しがってるの口だけ?」
安藤かれん「んーん 下のお口も欲しがってる」
森林原人「下のお口もダラダラだよ」
安藤かれん「んんっ ごめんなさい」

フェラを楽しみながら、こういうやりとりも楽しんでいる感じ。

正常位の体勢になるけど、挿入せずに擦って焦らす。
安藤かれん「あああっ! ああっ! あぁイっちゃう! あぁイクッ!」
焦らして擦るパターンは多いですけど、イカせるのは珍しい。

ゆっくりと根元まで挿入。
安藤かれん「おっきい やっぱり大きいね 気持ち良い……」

気持ち良さそうな表情でキスしながら突かれる。

正常位でイって、
森林原人「ドスケベ イっていいなんて言われた?」
安藤かれん「ごめんなさい ガマンできなかった エッチでごめんなさい」

責められて嬉しそう。

側位。
森林原人「奥まで入ってる?」
安藤かれん「奥まで当たってる あぁん あぁ気持ち良いっ」

側位でもイク。

再びフェラ。
清楚で上品そうだった秘書のエロい目。

バック。
森林原人「どう?」
安藤かれん「硬くて気持ち良いっ……」

感じ方の表現力も高い。
安藤かれん「すごい奥当たる 奥好きっ 奥突いて」
森林原人「なにで?」
安藤かれん「そのおっきなオチンチンで」


リクエスト通りに奥を激しく突いてイカせる。
安藤かれん「もう何回もイっちゃう……」

フェラをしてキスをしてから騎乗位。
くびれが際立つグラインド。
安藤かれん「腰動いちゃう!」

グラインドでイった後、ピストンして長い竿を根元までパンパン。
安藤かれん「全部見えちゃう」

最後は正常位からの顔射。

嬉しそうにお掃除フェラ。

体勢を変えてフェラを続ける。
安藤かれん「敏感で気持ち良いでしょ?」
森林原人「でもダメダメ……」
安藤かれん「フフッ」

男の反応を楽しんでいるみたい。
森林原人「あぁ許して ダメ」
安藤かれん「お願いあとちょっとだけ」


事後のうっとりした疲労感もエロい。

監督「あんなセックスしてるんですか? 普段」
安藤かれん「フフッ 内緒です(笑)」
監督「内緒じゃないでしょもう」

素に戻って照れる感じもかわいい。
安藤かれん「何度もイっちゃった(笑)」

シーン4

安藤かれん「すごい チンチンが3本も」
フェラ3本抜き。

シーン5

普段の社長とのプレイを再現するようなフェラ抜き。
安藤かれん「社長ご立派」
ここでも胸元の白い肌にぶっかけた精子が印象的。

シーン6

貞松大輔&鮫島と3P。

感想

滲み出るようなエロさと社長秘書というキャラクターが最高でした。清楚系で上品さがあり、女子アナっぽくもある高嶺の花という雰囲気なのですが、絡んでみるとチンポなら誰でもいいというくらいのエロさと下品さを見せるギャップが良いです。こんな美人秘書が全身全霊でチンポを求めてくれてフェラしてくれる有難味も大きい。
演技と演出でエロキャラを意識しすぎているところもありますが、色っぽい声と言い方、陶酔したような表情、しぐさ、表面だけじゃなくて心底エロいのが伝わりました。こんな社長秘書がいたらタマラン。

体つきもエロくて、おっぱいは小振りだけど全体の肉付きが丁度良くて、くびれもしっかりあって肌も乳首の色もキレイ。白い肌に付着する精子も印象的。性格同様にエロさが滲み出ているような体。

このエロい美人秘書と森林原人のカラミは見応えがありました。一応はデビュー作なのですが、会話で積極的に振ったり、森林原人の振りにも色っぽく返していて、できる秘書という感じでした。デカチンに対応するコメントも多くて、言葉だけじゃなく、うっとり愛おしそうにチンポを眺めていたのも良かった。

この作品での名義は安藤かれんですが、同時期に彩岸まい、成田もえとしてもデビューしています。AV女優としてのポテンシャルは高そうですが、これ以降は出演していないようですね。

高嶺の花な感じの上品さと清楚さからの、変態的なチンポ好きという下品さのギャップ。そして事後は素に戻って照れてかわいい。個性を持った良いエロさがありました。

旧作ですので価格改定によって300~980円になりました。

配信開始日:2018/05/12
収録時間:149分 (HD版:149分)
監督:嵐山みちる
シリーズ:フェラチオの女神AVデビュー!!
メーカー:ムーディーズ
レーベル:MOODYZ Fresh

FANZA チ○ポが好きすぎて好奇心で応募してきた美人秘書 フェラチオの女神AVデビュー!! 安藤かれん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top