ヤリマン女子にデカチンだということで呼び出された男が沢井亮とチンコ比べをさせられて期待外れで……

ヤリマンをナンパしてセックスする企画。シーン5は2人組の女子でしたが、沢井亮のチンコを見て、それと同じくらいの男がいると言って呼び出してもらう。呼び出されたボーダーのトミー君。女子2人が期待する中でチンコを出すけど期待外れ気味で、セックスでは正常位で早漏。良いとこなしでした。>>感想
(FANZA ヤリマン限定 歌舞伎町のナンパ待ちGALを片っ端から声かけてSEX交渉)

シーン1

男2人が街で酔っぱらった女の子をナンパして3P。

シーン2

酔いつぶれていた女の子をホテルに連れ込み、ぐったりしている女の子とのセックス。
正常位→バック→騎乗位でゴム射。

シーン3

イケメン3人が飲んでいるところに肉食系女子が乱入。
女の仕切りで飲み会が始まって、押され気味な男3人。

王様ゲームで男を脱がして、
女「脱ぐ前から 勃ってっからね 乳首勃ってっからね(笑)」
男「勃ってない勃ってない」
女「こっちは?」
股間を触り、
女「マジでこっちもガン勃ちなんですけど」
男の困った表情が面白い。

隣の男にも、
女「舐めてもいい系?」
乳首舐め。
男「おお ヤバい……」

女「っというかさ 女がサービスしてるのありえなくね? マジ舐めてもらわないとなくね?」
男「いやいやいや ここはマズいよ」
女「なんで?」
必死で止める男。ヤリマンっぷりが凄い。

脱ぐのはストップされ、2人の男の股間を触り、
女「どっちが勃っているか選手権とかしていい?」

女「右でーす 負けたー(笑) マジ ウケっから」
勝手に勃起選手権を始めて、負けたほうを煽る。

女「つーか このまま終わるのなくね? って言ったら どこに行くって わかるよね?」
女から堂々とホテルに誘い、別室にある自分の荷物を取りに行く時にも、
女「待ってろよマジで」
男に釘を刺す。
ホテルに到着し、女王様状態。

男2人に口移しで酒を飲ませてもらった後、ベッドにダイブ。
スカートをめくる男。

ここでも、どっちが勃っているか選手権を勝手に開催。
女の言いなりで、まずは乳首から。

負けたほうには、
女「見て 自分でやって」
勝ったほうの乳首を舐めて股間を撫で、
女「すごいねー 乳首舐めただけでさ超硬いんだけど」

また2人の股間チェック。
女「どっちかなー」
乳首も舐めながら、
女「どっちも熱いよね」

女「喉乾いた」
唐突に飲み物を飲みに行く。AVの撮影じゃなくてプライベートで撮っている感じの自由さ。
女「2人でさ 長さ選手権やってよ 見ててやっから」
チンコの長さ比べをしろと言われ、素直に応じちゃう男たち。
男A「えっ? デカい デカいデカい」

女「2人で触りあってよ」
男A「いやいや……」
男B「おらっ おらっ」
躊躇する男Aだけど、もう1人の男はチンコでチャンバラを仕掛けてくる。
女「アハハハハ!」
チンコチャンバラに大満足の様子。
男A「こわいこわい」
酔っぱらったヤリマンに言われて、チンコ比べをさせられるというシチュエーションが面白い。
女「ちゃんと握り合わなきゃダメじゃね? それ見て抜くから」
男A「抜くって……」

1人でオナると言われたので、男もそれを見てオナると言って近づく。
女「うんわかった じゃあこっちも」
もう1人の男も手招きして呼ぶ。女性上位が感じが良いです。

女「濡れてんのが見えちゃーう 恥ずかしくね?」
全然恥ずかしそうではない。
男B「触っていい?」
オナると言っていたけど、あっさり触らせてくれる。
男B「チンコってさ どうなの? 大きさなの? 相性なの?」
女「相性じゃね?」
チンコ比べに負けた男Aも一安心。

3Pで手マンvs手コキ。

酒を飲みながらフェラ。
ヤリマンが自由に遊んでいる感じが良いです。

フェラ中に女の子も脱ぐ。

女「うん美味しい こっちは? うん美味しい」
フェラで味比べ。

女「じゃあここで 長さ選手権! イェーイ!」
チンコの長さを比べるのが好きな女。
男A「しなくていい 負けてる」
すでに負けを認めている。

女「はい並んでくださーい」
無視してチンコ比べ、
男B「いや 長いよ」
男A「マジですか?」
男B「ほら」
男A「全然長いし」
女「どっちが長い?」
男A「超長い 超デカい」
長さを比べているかと思いきや、
女「チンコキッス」
亀頭を当てようとする。
男B「ちょっと待って それはいいわ」
さすがにチンコキッスからは逃げる。

女「それぐらいやらないと意味なくね? じゃあ間接チンコキッスね」
と言って交互にフェラ。
男B「ホントにエロい」

男達の攻め。
男A「ぱっくり開いてる」
女「開いてないし……」
ちょっと反応がかわいくなります。

手マンされて喘ぎながらフェラ。吸いつき方がエロい。

女「どっちも上手じゃね……?」
気持ち良さそうな反応。手マンに満足しているみたい。
男B「どっちがいい?」
女「甲乙つけがたい的な? 上手にできたほうが先に入れてあげる」

かわいい声で喘いで、
女「イっちゃうぅー! イっちゃうぅー! イック イクイクッ」
下品にグイグイ来ていたヤリマンがかわいい反応を見せるというギャップが良いです。
イってビクビクッとします。

女「先に入れたい人」
と聞かれて男Bがアピールするけど、
女「じゃあ 謙虚な人」
譲ろうとした男Aが選ばれる。
挿入前にフェラ。咥えてグチュグチュするのがエロい。

女「あぁ喉乾いた」

飲んでいる途中に、
女「左手が暇」
チンコを握る。

再びフェラ。やっぱり吸いつきが上手くて、
男B「どこでそれ覚えるの?」
女「英才教育」

フェラで準備が整って、
男A「じゃあ お先に」
遠慮気味に正常位で挿入。

待ちきれない男Bもフェラしてもらう。

女「もっと握って」
男B「こう?」

1対1で正常位。

挿入役を交代してバック。
女「こっちも」
口をパクパクさせてフェラに誘う。

男B「奥いいの?」
女「ダメそんなに突いたら……」
男B「奥いいの?」
女「奥いい…… ダメ イっちゃう イっちゃう イっちゃう イクイクイクーッ」
ガン突きされてイク。

背面騎乗位。
女「イクッ イクイクイクッ!」

ビクンビクンしながらグッタリ。
男B「おおおっ」
強烈なヤリマンをここまでするのが爽快。
女「んーーー」
男B「どうした? イっちゃったの?」
女「イっちゃった……」

正常位。

ガン突きで、
男B「イク? ねぇ」
女「イっちゃうぅ! イっちゃうぅ! イっちゃうぅーーー! イクッ!」

イカせて交代。

1人目が中出し。

2人目が続いて挿入。すんなり挿入できるあたり、中出しは擬似っぽい。

男B「上に乗る? 下から動いてあげるから」
騎乗位。

女「ダメそんなに突いたらぁ イっちゃうよ イクよっ」
イって脱力して後ろに倒れる。
男B「イっちゃった? また」

フィニッシュは正常位で顔射。
顔射された直後にうっとりするのがヤリマンっぽい。

出された精子をチュパチュパ舐める。
男B「すげぇ どんだけ」

女「おいしかった 2人とも」
あのヤリマンがグッタリしているのを見ると達成感あります。

シーン4

沢井亮がナンパしたマリエちゃんをボスが待つ車に乗せる。
マリエ「だってイケメンだからついて来た」

沢井亮は車から出て、マリエちゃんに股間を触ってもらうボス。
酔っぱらったノリでやってくれる。

ボス「ちょっとパクってパクって ノリでノリで」
フェラもやってくれる。

ボス「カメラ見ながら難しい?」
マリエ「難しいよ(笑)」
初めてフェラしたのは小6で、相手は同じ学校の彼氏とのこと。

ボス「それヤバい あぁイク イってもいい?」
マリエ「いいよ」
ボス「口ん中で出すよ」
マリエ「いいよ」
さすが小6からやっているだけあって落ち着いた対応。
口内射精後も当たり前のように搾り取る。

沢井亮が確保したホテルへ移動。
マリエ、ボス、沢井亮、カメラマンのシュンさんの4人。
まずは、お喋りしてマリエちゃんの話を聞く。スポーツ選手との合コンやセックスの話。「ヤリマン」というのがテーマでもありますので、こういったトークでヤリマンっぷりを伝える。

一応、雑誌の取材ということで声をかけているので撮影。
マリエ「胸ないの(笑)」
ボス「胸ないねぇ」
マリエ「これパッカパカなの」
貧乳でブラが浮くみたい。

下着姿に。

追加でお酒を飲ませる。
沢井亮がわざとらしくパンツにお酒をこぼし、洗濯するからと言ってパンツを脱がせる。少しは恥ずかしがるものの、さすがヤリマンらしい堂々とした態度。

勢いで上も脱がせる。

ポッキーゲームからのキス。

手マン。
沢井亮「穴ちっちゃい」
小さな声で喘ぐのがエロい。ワーキャーした騒がしいノリから急に雰囲気が変わりました。

マリエ「あぁヤバい…… あぁダメ……」
激しい手マンで大量の潮が垂れてくる。

後ろからも。
ボス「また出てきてる」

大量の潮を見て、
マリエ「なにこれー? なにこれ?」
ボス「初めて?」

沢井亮がチンコを出すとパクッ。
ボス「ほらね 全然躊躇しないもん」

フェラしているところを写真撮影。
マリエ「やだー(笑)」
と言いつつもフェラを続ける。

ベッドに移動してシックスナイン。

ボス「サッカー選手とヤったときは 体位何だったの? 何で入れられた最初?」
マリエ「騎乗位(笑)」
沢井亮「対抗しますか」
ということで騎乗位。
マリエ「ヤバい……」
沢井亮「気持ちいい?」

騎乗位でキスをして、しがみつくような体勢で突き上げられる。

体を起こして騎乗位。

後ろに手をついて跳ね上げる騎乗位。

バック。

マリエ「イっちゃうぅ ヤバい…… イクッ」
溜めに溜めて、ようやくイキ。

2回イカせてから羽交い絞めバック。

キスにもベロンベロンと応じてエロさを見せる。

脇を見せながらピストン。

背面騎乗位。途中で羽交い絞め。

側位。

正常位。

フィニッシュは顔射。

シーン5

再び沢井亮が酔っぱらった女子をナンパして車に連れてくる。その女子に友達を呼んでもらった後、空いた時間にまたフェラをしてもらおうとするボス。
ボス「見て」
エミ「見てほしい? 見てほしい?」
エロさをムンムンに出してきます。

ガマン汁をペロッとしてからフェラ。

チンコが好きそうな舐め方。

喰らいついて長時間のジュボジュボ。

口内射精。

呼ばれた友達のユリも来てホテルで全員集合。
お喋りをしていたところでトイレに行ったユリについて行き、フェラをしてもらうボス。

フェラをしていたところ見られ、その勢いでみんな下着姿になってノリノリ。

沢井亮がチンコを見せて、これよりデカいチンコを見たことあるか聞くと、ユリが今日会う予定だった男友達を呼ぶ。

呼ばれたボーダーのトミー君。下着姿の女2人と全裸の男1人にビックリしつつも、体育会系のノリで馴染む。

脱がされるトミー君。
ボス「トミー君 チンコ デカいからっつって呼んだんだよ」
トミー「ちょっと待って 俺 海外帰りで 寒かったんで向こうのほう 寒くて けっこう今 縮こまってるのね」
エミ「イェーイ!」
沢井亮「言い訳 言い訳」

ボス「チンコがデカいからっつって みんなで呼んだんだよ」
エミ「そうだよ!」
ボス「コイツ(沢井亮)よりデカいって」
沢井亮「そうそうそうそう」
ユリ「同じぐらいかなーっみたいな」
エミ「でしょー 期待させといて」
ユリにチンコがデカいと言われていたので、プレッシャーが大きいトミー君。よりによって19cm砲の沢井亮と同じくらいと言われていました。
エミ「イェーイ! どうなの? これ」

まだ、あったまってないと言うトミー君ですが、強引に脱がされる。
トミー「早いよっ!」

トミー「スノーボーダーって 細く長いがね 基本なの」
エミ「どうなの? ゆりっぺ」
ユリ「たしかに細くて長かった」
細長いチンコらしい。沢井亮のチンコを見ても長さをアピールできるってことは自信ありか。

4人はチンコを見たがるが、
トミー「寒いから縮こまってるんだ実際」

カメラが覗いて見ると、
ボス「あれ? なんか全然 前評判と……」
エミ「ゆりっぺー」
ボス「ウソついたー」
ユリ「ウソじゃないよ」
トミー「違う 違う カバーがあるからだよ」
ボス「全然そんなの勝負にならないじゃーん」
沢井亮「ちょっとしゃぶってみたら あれじゃない? デカくなったりするんじゃない?」
エミ「オリンピック並?」
トミー「まだほら予選 予選中だから」

トミー君を勃起させるついでに沢井亮もフェラをしてもらう。

トミー「予選から行って……」
エミ「決勝進出だよこれ(笑)」
沢井亮のチンコを見せつけるエミちゃん。

しばらくガチフェラ。

ボス「でも だんだん大きくなってきた」
沢井亮「いいモノ持ってんじゃないすか」
トミー「まだまだ」
ここまで期待外れだったトミー君が名誉挽回。

選手交代して、
ボス「どう? さっきのと比べて」
エミ「フフ おっきい(笑)」
やっぱりトミー君より沢井亮のほうがデカいみたい。
トミー「そらそうだわー!」
ボス「なんかもう勝負ついてきた?」
トミー「まだ負けないよ まだ負けないよ」

ボス「どんな感じ? こっちのプロダーダーのチンコは?」
エミ「んー いい感じ? いい感じ?」
トミー「まだまだ まだ7割 いや3割」
エミ「まだ?」

エミ「どう? 比べてみる?」
ユリ「どんな感じ?」
チンコを近づけて、
トミー「勝負にならないね」
エミ「どっちが勝負にならない?」
トミー「まだね まだ負けるね」
沢井亮「これからでしょ これから」
エミ「ヒューーー! ダメそうだね」
サイズ以前に勃起力がイマイチなトミー君。

エミちゃんにジュボジュボされるトミー君。
沢井亮「おっ おっきくなってきたじゃん」
トミー「ヤバいよ 負けるよ このままだと」
再び近づけて比べる。
沢井亮「あっ でも長い長い」
とは言うものの差は歴然。
沢井亮「長いね」
トミー「まだこれからだよ」

ユリちゃんエミちゃんが交代でダブルフェラ。

エミちゃんにパイズリをしてもらう沢井亮。

男2人が攻め。

選手交代。エミちゃんの潮を吹かせる沢井亮。

そのまま挿入。
ボス「あっ すげぇ 立ったまま入ってる さすが体操選手」

沢井亮がエミちゃんに立ちバック。
トミー君も正常位でユリちゃんとヤってます。

しかしトミー君が、
トミー「雪解けです 雪解けです 早くも雪解けです」

ボス「どういうこと?」
トミー「フィニーッシュ!」
あっさり発射してしまっていたトミー君。チンコは小さいし早漏だし良いとこなしでした。
ボス「イっちゃった?」
ユリ「イっちゃった(笑)」
ボス「気持ち良かったんじゃない?」
ユリ「気持ち良かった 最後早かった」

物足りないユリちゃん。エミちゃんにちょっかいを出す。

ユリ「おっぱい揺れてる 気持ちいいの? エミちゃん気持ちいい?」
エミ「気持ちいい……」

沢井亮がユリちゃんと騎乗位。

背面騎乗位。

フィニッシュは正常位で顔射。

感想

「ヤリマン限定」ということですが、ヤリマンっぽさは十分に出ていた。シーン1と2は三文芝居でもありましたが、シーン3はプライベートで撮っているかのような自由さで退廃的な乱れ方でした。完全に女性上位な絡みで、男たちにチンコ比べをさせたりやりたい放題。ヤリマンの言いなりな感じが面白かった。でもセックスではヤリマンをイカせてグッタリさせていて爽快でした。

シーン4とシーン5はトークも面白くて、有名スポーツ選手とヤった話とかのヤリマンエピソードで盛り上がった。そんなヤリマンが、どんなセックスをするのかというところも興味を引かれた。

シーン5はユリちゃんにチンコがデカいということで呼び出されたスノーボーダーのトミー君が面白い味を出していました。女の子2人が期待している中で沢井亮のチンコと比べられるシチュエーションはM的に面白い。セックスでは正常位で早漏気味に終わっちゃうのも二重に情けなかった。

300~980円になっています。

収録時間:219分
監督:ハッシー
メーカー:VIP
レーベル:God

FANZA ヤリマン限定 歌舞伎町のナンパ待ちGALを片っ端から声かけてSEX交渉

XCITY ヤリマン限定 歌舞伎町のナンパ待ちGALを片っ端から声かけてSEX交渉

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top