バトルファック3本勝負 花岡じったvs横山翔子

イカせ・勝負
イカせ・勝負

正統派のバトルファック・イカせ合いで花岡じったと横山翔子が対戦。因縁のある2人が、お互い煽りまくってから試合開始。3本勝負で完全決着。
(DMM.R18 THE ガチンコSEXバトル 2 筋肉アスリートSHOKO)

シーン1

事の起こりは、以前の撮影で花岡じったと横山翔子が一緒だったけどカラミは無く、花岡じったが撮影後に口説いたがバシッとやられて断られたから「やってやりたいなと思って」ということ。さらに横山のマネージャーから「フニャチン野郎」と言われていた事を知り、俄然ヤル気に。

顔合わせから険悪ムード。
翔子「あんたにちゃんとしたセックスできんの?」
とチンチンを触られ、
花岡じった「今度はバコバコにハメてやるよ」
と、マンコを触り返す花岡じった。

花岡じった「おめぇが泣く番だよ今度は」
横山翔子「アタシが泣くわけないでしょ」
花岡じった「相変わらず おっぱいちっちぇーな」
横山翔子「お前のココ(チンチン)はどうなんだ?」
高飛車女の貧乳も容赦なくディスるガチンコバトルだ。

試合当日、格闘技っぽく選手インタビュー。

マン圧の締め方も教えてくれる横山翔子。

そしてバトル開始。3本勝負で2本先制すれば勝ち。最初は文字通りのプロレスが展開される。

派手な技で格闘ゲームの男キャラと女キャラのバトルのよう。

横山翔子「まだ全然勃ってないじゃない 情けない男ねこれ アタシが勃たせてやるわよ」
フニャチンをなぶる。
横山翔子「情けないチンコして ほらぁ 男だったら勃たせてみなさいよ」
激しくチンコを攻める横山翔子。

お互い服を脱がせて壮絶なバトル。最後は騎乗位でのイカせ勝負となり、両者必死に耐えあいながら、
花岡じった「もうダメだぁ」
横山祥子「早くイキなさい」「早く出しなさいよ早くぅ」
と、もだえながらじったの肩を叩く横山翔子もギリギリの様子。このせめぎあいは良かった。

結局、
花岡じった「もうダメだぁ!あーっ」
横山翔子を押し飛ばしてそのまま太ももに射精してしまう。

「あーあー」と情けない声を出している花岡じったに、
横山翔子「イッちゃったんだぁ 散々時間かかっといて、たったこれだけ? ねぇ たったこれだけ? みっともないわアンタ男として」
自分の精子を塗りたくられたあげく、最後はチンチンを平手でパシッと叩かれる屈辱的な敗戦。

シーン2

1本目勝利でご機嫌の翔子陣営。足コキを披露、ホントにかなり上手い足の使い方でマネージャーをイカせる。これがバトルで使われたら花岡じったもヤバイ。

2本目スタート。1本目よりもハードな攻めを見せる花岡じった。

2本目は花岡じったの勝利。まぁ3本勝負という流れから考えるとそうなりますね。

最後はチンチンを口に突っ込む。試合前の煽りから初戦を勝って調子に乗っていた横山翔子が無残な姿。

シーン3

3本目開始。プロレス部分の展開は見慣れてきましたね。横山祥子も身体能力が高いので派手な動きも見られます。

花岡じったペースで連続浣腸攻撃。

横山翔子「お腹が痛い……肛門が……もう締まらない……肛門が緩んでくる だめ もうだめ 出ちゃう」
恥ずかしい格好で突っ込まれたものを排泄。高飛車女からしたら最高レベルの屈辱。

クライマックスは騎乗位でのイカせ合い、
横山翔子「イクー イー イクーッ!」

ほぼ戦闘不能状態だが、正常でトドメ。
横山翔子「あーっ もうダメ 全身力が入んないっ……」

やっつけた女に精子をかける。

仁王立ちで完全勝利。良い景色を見ているのでしょうね。

感想

正統派のバトルファック・イカせ合いで面白かった。お互い強気で煽り合ってからの、イったりイカされたりですので、屈辱もあり爽快もあり。横山翔子の身体能力が中々高くて、プロレスも派手で見ごたえがありました。

各バトル終盤の「どっちが先にイクか」という挿入勝負は見応えあり。

収録時間:135分
出演者:横山翔子
シリーズ:THE ガチンコ○○
メーカー:サディスティックヴィレッジ
レーベル:サディスティックヴィレッジ

DMM.R18 THE ガチンコSEXバトル 2 筋肉アスリートSHOKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました