26歳の真正童貞なデカチン君を熊倉しょうこが筆おろし「おっきい!(笑)」「大変だ(笑)」「ごめんなさい……おっきい」

熊倉しょうこが筆おろしをする企画。3人で4時間近い長編。2人目がデカチンで、Lサイズのコンドームを着けるのに失敗するほど。騎乗位での挿入も1回失敗してローションを大量投入。「アタシにもつけたほうがいいのかな?」とローションの塗り方を聞いたりしていて、本当に初めてレベルのサイズだったのかと思う。
(DMM.R18 熊倉しょうこの極上筆おろし 12)

シーン1

熊倉しょうこが童貞君宅を訪問して筆おろし。
1人目は33歳の高橋さん。
前戯の後にコンドームを着けて騎乗位で挿入。
熊倉しょうこ「いきますよ」
スムーズに入りました。
高橋「あったかいです」

声も動きも静かなセックスで少しシュール。でも素人さん宅で筆おろしをしているという生々しい雰囲気もある。

日焼け跡。
高橋「出ちゃいそうになっちゃいます」
熊倉しょうこ「フフフフ 気持ちいい?」

騎乗位オンリーでゴム射。

シャワーを浴びて少し休憩した後、2回戦突入。
熊倉しょうこ「おっきくなったね」
バックで挿入。
熊倉しょうこ「入った?」

バックから正常位。
熊倉しょうこ「あぁ気持ちいい……」
童貞君にしがみついて感じる熊倉しょうこがかわいい。
高橋「イっちゃいそうです イっていいですか?」
そのままゴム射。

シーン2

26歳のフリーター・斉藤さん。女性とは手を繋いだこともない真正の童貞。26歳まで童貞なので、思い出に残る童貞喪失をしたいということで企画に応募。ちなみに熊倉しょうこは19歳の学生。4時間作品なのでトークもじっくり。

キスも初めてな斉藤さんのファーストキス。何度も何度もチュッチュしています。それから舌を入れる。長時間の丁寧なキス。

長いキスの後、浴室へ。
熊倉しょうこ「じゃあ……脱がしてもいいですか?」
斉藤「お願いします」
熊倉しょうこ「フフフフフ」
2人とも緊張感があって筆おろしの重みが感じられる。

ズボンを脱がせると股間のテントがはっきりわかる。トークではアウトドアが好きだと言っていました。

パンツを脱がすとボロンと出てくるチンコ。
熊倉しょうこ「もうめっちゃ硬いじゃないですか」
斉藤「はい 勃っちゃってます」

熊倉しょうこ「じゃあ私も脱ぎますね」
静かな浴室で脱衣。
熊倉しょうこ「恥ずかしい(笑)」

ブラのホックを外す。緊張なのか手に力が入っているのか少し手が震えているように見える。
斉藤「固いですね」
外した瞬間にバチンッとなってビックリする斉藤さん。本当に初めてのブラ外しという感じでした。

脱衣する熊倉しょうこをチンコ勃起させて棒立ちで見守る斉藤さん。緊張感があって本物素人の筆おろしという雰囲気。

熊倉しょうこ「あっ じゃあ シャワー」
斉藤さんを奥に誘導してから髪をまとめる。シャワールームでソワソワしている斉藤さんの反応がリアル。
熊倉しょうこ「よしっ オッケー」

シャワーで洗ってあげる熊倉しょうこ。

ボディソープで手洗い。

そしてチンコを洗う。斉藤さん、デカチンです。両手で洗っても余裕がある長さなうえに太い。26年間未使用の大砲。

熊倉しょうこ「めっちゃビクビクしてる(笑)」
斉藤「すごい緊張してます」

ボディーソープを洗い流す。ここで改めてチンコをじっくり見て、
熊倉しょうこ「オチンチンおっきいですね」
斉藤「ありがとうございます」
熊倉しょうこ「フフフフ」
斉藤「おっきいですか?」
熊倉しょうこ「おっきいです」

一緒に入浴。
熊倉しょうこ「フフフ 恥ずかしい」
熊倉しょうこのほうが恥ずかしがるのがかわいい。

おっぱいを揉ませてもらう斉藤さん。
アイドルっぽい笑顔。

乳首をいじるとビクビクッとしながら喘いで反応してくれる。
熊倉しょうこ「気持ちいい」

熊倉しょうこ「キスしますか?」
斉藤「お願いします」
19歳でデビュー1年未満だけど、筆おろしものとしてちゃんとリードしています。ここでも嫉妬するくらい長いキス。

熊倉しょうこ「チンチン触ってもいいですか?」
斉藤「お願いします」
触る前の少し遠慮した距離感が逆に生々しくてエロい。
熊倉しょうこ「さわ……さわ……りますね」
斉藤「お願いします」

握って、
熊倉しょうこ「おっきい」
と言って笑顔で斉藤さんを見る。
斉藤「ありがとうございます」

優しい手コキで、
斉藤「あぁ気持ちいいです」
と言われると嬉しそうに斉藤さんを見るのもかわいい。

熊倉しょうこ「舐めてもいいですか?」
斉藤「お願いします」
太くて長いチンコをフェラ。

玉に吸いついてポンッ。

咥えると、
熊倉しょうこ「おっきい」
実際に大きいし、1人目の時は「おっきい」と言ってなかったので素直な感想かと思います。

ノーハンドフェラの後に笑顔。ホント、アイドルっぽい笑顔。
筆おろしが目的なので射精はさせない。

部屋に移動。斉藤さんだけ全裸。
熊倉しょうこ「じゃあ またキスしちゃいますか」
斉藤「お願いします」

相変わらずの長いキス。それにしてもずっと勃ちっぱなしの斉藤さん。

キスしながらチンコに手を伸ばす熊倉しょうこ。

熊倉しょうこ「まらフェラしてもいいですか?」
斉藤「お願いします」
斉藤さんの股の間に移動して、覗き込むように笑顔を見せてからフェラ。こういうしぐさが良いです。作業的なセックスではない。

真剣にチンコを見過ぎて寄り目フェラ。

斉藤さんをベッドに寝かせてフェラ。

先端しか口に入らない棍棒。

熊倉しょうこ「オマンコ見てみますか?」
斉藤「見たいです」
熊倉しょうこ「フフフフフ じゃあ」
シックスナインの体勢になる。

熊倉しょうこ「あんっ 気持ちいい」
クンニで感じてフェラが止まる。

指を使うと、
熊倉しょうこ「ちょっと痛いかも」
斉藤「ごめんなさい」
童貞らしいミス。でもガマンすると間違って覚えてしまうので、痛いと言ってあげるほうが良いです。

再び元の体勢に戻ってフェラ。

熊倉しょうこ「気持ちいい?(笑)」
自分で聞いておいて照れて笑っちゃっています。

熊倉しょうこ「チンチン挿れてみますか?」
スタッフがコンドームを手渡すが、
スタッフ「オチンチン大きいから おっきめのやつです」
熊倉しょうこ「はい」
Lサイズのコンドーム。

デカチンに真剣な表情でコンドームを着ける。

しかしクルクルを下ろせずに、
熊倉しょうこ「おっきい!(笑)」
驚き混じりの笑顔で斉藤さんを見る。

本当に苦戦しています。

結局、1個目は失敗。
熊倉しょうこ「取っちゃっていい?」
スタッフに確認して2個目をもらう。

2個目も苦戦。ずっとチンコをゴソゴソいじられている斉藤さん。
熊倉しょうこ「痛くないですか?」
斉藤「ちょっと痛いです」
熊倉しょうこ「そうですよね ごめんなさい」

スタッフが斉藤さんの手も借りるように提案したが、熊倉しょうこが1人でやり切りました。
熊倉しょうこ「できたっ」

スタッフ「大きいから……」
ローションも投入。

熊倉しょうこ「どんな体位がいいとかってありますか?」
斉藤「騎乗位」
熊倉しょうこ「騎乗位 わかりました 頑張ります」
跨って、
熊倉しょうこ「入るかな……」

入口に押し当てて頑張るが、
熊倉しょうこ「フフフ」
1度諦めてローションを再投入します。

スタッフ「たっぷり塗ろっか」
チンコにローションを塗って、
熊倉しょうこ「アタシにもつけたほうがいいのかな?」
自分のマンコにもローション。本当に初めて体験するデカチンという感じの対応。

再び騎乗位、
熊倉しょうこ「あっ 入っ……」
ローションが効いて挿入成功。
熊倉しょうこ「ああっ!」
でもキツそうな表情は隠せない。

熊倉しょうこ「おっきい!(笑)」
笑っているけど、ちょっと泣きが混ざった表情もかわいい。
熊倉しょうこ「大変だ(笑)」

熊倉しょうこ「ごめんなさい……おっきい」
根元まで挿入するが、すぐには動けない。

スーハースーハーと呼吸を整えながら動き始めるけど、やっぱり表情キツそう。
熊倉しょうこ「ああっ……! あっ……」

熊倉しょうこ「触って」
おっぱいを触らせる。
熊倉しょうこ「気持ちいい ああっ おっきい」
表情を見れば伝わってくる。

熊倉しょうこ「入ってるよ」
小さな動きです。

次第に喘ぎ声が大きくなってきて、
熊倉しょうこ「イキそう……」
しばらく動いて、
熊倉しょうこ「あぁイク……!」
動きが止まる。

挿入したまま反転して背面騎乗位。

バックで挿入待ちから、

熊倉しょうこ「あっ!」
入った瞬間の反応はビックリした。

手を繋いだことすらなかった斉藤さん、腰を持つ手が遠慮気味だったので、
熊倉しょうこ「ちゃんと持っていいよ」

バックで突かれるのはキツそうだ。
斉藤「気持ちいい」
熊倉しょうこ「あぁおっきい…… おっきい」

ちょっと悲痛でもある喘ぎ声と反応は犯されている感じがある。

良い表情の変化を見せてくれます。これぞデカチンで突かれている時の表情という感じで、まったく余裕がない。

どんどん体勢が崩れていく。うなるようでもある喘ぎ。

熊倉しょうこ「イキそう…… あぁダメっ……」
ここでチンコが抜ける。

正常位で慎重に入口を探っていると、
熊倉しょうこ「ここっ」

また挿入の瞬間に、
熊倉しょうこ「あっ!」

不安定な粗い腰振りが素人っぽい。でもラリったように喘ぐ熊倉しょうこ。

正常位でもイカせてチンコを抜く。

グッタリする熊倉しょうこ。デカチンでノックアウトした感があります。
熊倉しょうこ「気持ちいい……」

熊倉しょうこが誘って立ちバックへ。

熊倉しょうこ「すごい奥まで……中入ってる」

熊倉しょうこ「もっとギュッてつかんでいいよ」
華奢な腰をつかむのにまだ遠慮気味な斉藤さん。童貞っぽいです。

なかなか射精できない斉藤さん。筆おろしにはよくあること。再び騎乗位。

デカチン相手に頑張ってくれているのが良いです。

焦りが感じられる斉藤さん。正常位へ。

射精を焦って激しく腰を振る。デカチンなので熊倉しょうこは大変そう。

斉藤「すいませんちょっと……」
スタッフ「焦らなくて大丈夫です」
斉藤さんを気遣うスタッフだけど、熊倉しょうこはグロッキー状態。

水分補給の後に、
熊倉しょうこ「チューします?」
射精を焦らせない落ち着いた対応。

長いキスの間に正常位。普通の筆おろしならとっくに諦めて手コキかフェラになっているところですが、かなり頑張っている。ただ射精できないだけじゃなくて女優側の負担が大きいデカチンですからね。

動画でも長いピストンなうえにカットも挟んでいるので実際は長時間やっていたのでしょう。

ローションをつけて手コキで高めてから挿入する作戦。
でもなかなか上手くいかない。手コキをするのも大変そう。

騎乗位をするが射精できず、斉藤さん自身が手コキをしてからの正常位でゴム射成功。意地でもセックスで射精させるという感じのフィニッシュでした。

シーン3

3人目は伊藤さん28歳。

座位→騎乗位で1発目ゴム射。
フェラの後に正常位→バックで2発目ゴム射。

シーン4

MGS動画だけの特典映像。
主権視点でパイズリ、手コキ、フェラで口内射精。

感想

シロウトTVで見た時からかわいいと思っていた熊倉しょうこ。他の作品を何本か見ていましたが、かわいい以外の持ち味がなくて指示されるがままにセックスしている印象もあったのですが、今回の筆おろしでは自分でリードして童貞君の緊張をほぐしたり、長いキスでじっくりサービスしたり、かわいい笑顔で見つめてくれたり、良い筆おろしができていました。

シーン2のデカチン君に対する反応は面白かった。Lサイズのコンドームを着けるのに苦戦して失敗したり、デカチン相手の時のローションの塗り方を覚えたり、本当に初めてなレベルのデカチンだったのかと思う。挿入時も余裕がなくてリアルなデカチン挿入の表情を見せていた。他のシーンと比べると反応が別物ですね。
なかなか射精できないデカチン君を相手に、何度も挿入したのは頑張っていました。射精しないデカチンにひたすら突かれまくるというのは地獄絵図のようでもあったけど、熊倉しょうこがここまでやる娘だったのは良かったです。

意外にも言ったら失礼ですが、サービスが良くてアイドル的な笑顔を何度も見せてくれるのがかわいい。キスも重視していて、長時間のキスを何度もするのは嫉妬を覚えるほど。

このシリーズは本気の筆おろし企画なので、チープな暴発演出とかは入れずに筆おろしにこだわっています。シーン2のフィニッシュを見ても、意地でもセックスで射精させるという感じでしたしね。3シーンで4時間近い長編というのも筆おろしの魅力を撮るのに必要な時間だったかと思う。カットが多すぎると雰囲気が伝わりませんからね。

熊倉しょうこのアイドル的な魅力とデカチン童貞という組み合わせで面白かった。

収録時間:224分(HD版:224分)
出演者:熊倉しょうこ
監督:ピエロ田
シリーズ:○○の極上筆おろし
メーカー:プレステージ
レーベル:ABSOLUTELY PERFECT

DMM.R18 熊倉しょうこの極上筆おろし 12

MGS動画 熊倉しょうこの極上筆おろし 12 【MGSだけの特典映像付】 +35分

関連記事

コメント

    •  
    • 2017年 10月 09日

    可愛い過ぎる子だね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AV52,800本が月額固定で見放題

当ブログの紹介作品でXCITYで配信されていた作品はXCITYのタグをつけています。作品の入れ替えもあるので配信終了している可能性もありますが。

return top