清楚で普通っぽい人妻がウルフ田中に本気を出させる性豪

旦那と毎日セックスしているのに浮気もオナニーもしちゃう底無しの性欲の玲奈さん。「でも奥さんの口に入るかなぁ」と言われて紹介されたAV男優のデカチンに興味を持ち、ウルフ田中とご対面。「ふぅー すごーい! ええっ!? ええっ うそぉ!? すごい(笑) おっきいですね」と驚きましたが、挿入してからはウルフ田中が普段は見せないような激しさと乱暴さなのに、それでも「もっと」と言う玲奈さんの性豪っぷりが凄かった。
(FANZA 清水怜唯奈)

シーン1

監督と公園で待ち合わせして車内に移動。
28歳の人妻、玲奈さん。結婚して3年ですが、子供はいない。
設定としては、CSのバラエティ番組で夫に隠し事をしている妻へのインタビュー。
玲奈さんは、結婚前に付き合っていた彼氏と会っているという。でも旦那とは昨日セックスした。
監督が服の上から体を触った後にフェラしてもらう。
根元までがっつり咥え込み、離した後のヨダレを指ですくって見せつけるエロさ。清楚でおとなしそうに見えたけど、実はめちゃくちゃエロい。
口内射精するけど、ごっくんは無理。
監督「完全に なんかちょっとキャラクター変わってますよね そんなはっちゃける人だと思ってなかったですけど」
この後の撮影もお願いする。

シーン2: 澤地真人の2人きりでセックス

強要はできないので1人でスタジオに行ってくださいと言われ、指定された部屋に行くと男優の澤地真人と2人きり。
車内でした事や家庭の事情などをお喋り。
澤地真人「旦那さんには満足はしてるんですか 一応」
玲奈「満足はしてますね はい」
澤地真人「ちなみに週何回くらいなんですか? 旦那さんと」
玲奈「フフフ ほぼ……毎日」
旦那と毎日ヤっているのに元カレとも会うし監督のチンコもしゃぶっちゃう。
玲奈「好きなのは後ろから」
澤地真人「後ろから?」
玲奈「突かれる(笑)」
バックで突かれるのが好きらしい。

澤地真人「フェラしてて 自分はどういうところが気持ちいいんですか?」
玲奈「うーん…… 喉奥に当たるところが なんかいいなって思って なんか なんだろう」
澤地真人「オエッてなりません?」
玲奈「そう なるんですけど それがまた フッフッフッフッ 好きなんですよ(笑)」
喋っている途中で想像して笑いがこらえられないのが変態っぽいです。
玲奈「それで涙ポロポロってしちゃったりするんですけど」
喉奥に当てるフェラの事を意気揚々と喋る。

旦那と毎日ヤって元カレともヤってオナニーもしていて初対面でエロい話もしちゃうので、
澤地真人「単刀直入に……エッチしません?」
これだけやっていても満たされない性欲の玲奈さん。ストレートな申し出をして素直にOKをもらう。
下着を見せてとお願いし、ゆっくりとセーターめくり、続いてスカート。

澤地真人「物足りないんだったら そのままオナニーとかできません?」
オナニーを見せてもらう。
最初は恥ずかしがって集中できなかったけど、次第に感じて息を漏らす喘ぎ。

澤地真人「僕も奥さん見ながらシゴいていいですか?」
嬉し恥ずかしそうな笑顔でうなずいてくれます。
男も脱いだ事でやりやすくなったのか、声が大きくなり手の動きも激しくなる。
しばらく続けてビクッとして止まり、ビクビクッと余韻。

澤地真人「イっちゃいました?」
恥ずかしそうに舌をペロッと出します。

後ろからおっぱいを揉むと、ビクビクと反応して足を浮かせる。

脚を絡ませたりスリスリしたり、脚での表現が良いです。
澤地真人「どうしたんですか?」
玲奈「気持ちいい……」

スカートを脱がせて、
澤地真人「キレイ ヤバいですね お尻」

手マンでクチュクチュ音。
ヤル気満々のエロい下着。

澤地真人「もっと見ていいですか? はい……」
エロマッサージ師みたいな乳首攻めで、染み入るように感じる玲奈さん。

脱がされたパンツを見せられて大笑い。
澤地真人「かわいいなぁ」

澤地真人「フェラ好きなんですよね 僕のもしてもらっていいですか?」
パンツを脱がせて、
玲奈「じゃあ」
いきなりパクッと。まだフル勃起していませんが根元まで咥え込む。丸呑みが好きな感じが出ています。

丸呑みしていくうちに勃起していき、軽いイラマチオも。
澤地真人「チューはダメなんですか?」
玲奈「はい」
監督にフェラをした時もそうでしたがキスはNG。それは旦那だけという。

澤地真人が寝た状態でフェラ。
ここでも喉奥に当ててコキュコキュ鳴らしています。食べられちゃいそう。

玉舐めで竿を見ると目が寄る。

玉を舐めて男を見つめながら竿をシゴく。
澤地真人「気持ちいい……」

デカチンを嬉しそうに舐める。
こんな顔して他人棒を舐める人妻。

咥え込もうとしますが、フル勃起した澤地真人のチンコは丸呑みできない。

頑張った後に「ぷはぁ」と離すと大粒の涙。自分で言っていましたからね。
澤地真人「奥が好きなんですね」
玲奈「奥が好きです(笑)」

澤地真人「好きな体位は なんですか?」
玲奈「好きな体位はバックです」
また喉奥に当てて、今度は右目から涙。

澤地真人「これ 後ろから ちょっとだけツンツンしてみません?」
玲奈「ツンツンですか? ……はい」
バックでの挿入もすんなりOK。
手マンで濡らしてから挿入。

ツンツンするとポヨンポヨンとゴムボールのように弾むお尻。
玲奈「あぁすっごい……」

バックが好きだと言っていただけあり、気持ち良さそう。

またフェラ。
ホントに「ちょっとだけツンツン」でした。
勃ちが悪かったのかな?フェラで再びフル勃起して、
澤地真人「上になってもらっていいですか?」

フェラで高まり過ぎたので、
澤地真人「出ちゃう出ちゃう 早く入れないと」
玲奈「ダメ」
いつの間にかエロい人妻に主導権を握られている感じが良いです。

騎乗位で挿入。
根元までズッポシ入れてグリグリからパチンパチンとピストン。
男の上で愉しんでいます。

澤地真人も突き上げて反撃。

背面騎乗位でパチン!パチン!と激しいぶつかり。
澤地真人「奥さんどうですか?」
玲奈「気持ちいい」

玲奈「はぁはぁはぁ ふぅ……」
動きが止まった後の表情も良いです。

締めの正常位なのですが、キスを受け入れちゃう。
玲奈「あぁ気持ちいい…… もっとぉ……」
気持ち良さに負けちゃったみたい。

フィニッシュが近くなってカメラを持つ。
自分の世界に入ってクリをいじる玲奈さん。

顔射しに行くと玲奈さんの方から咥えようとします。

澤地真人「何回かイキました?」
玲奈「イキました 気持ち良かった」
満足気です。

次の撮影の提案をする澤地真人だが、やや渋めの表情も見せていて、
澤地真人「でも奥さんの口に入るかなぁ」
玲奈「えっ!?」
これを聞いて表情が変わる。

シーン3: デカチン男優2人と3P

後日、監督と外で待ち合わせ。
あれから旦那とは少し気まずくなったらしい。でも浮気癖は元々あり、
玲奈「旦那がいるけど 元カレとヤっちゃうっていうので すごく興奮してしまったっていう自分がいます(笑)」
監督「笑いごとではないよ」
玲奈「いやそうですよね でも まぁ」
監督「興奮したものはしょうがないですよね 燃えちゃった?」
玲奈「燃えました(笑)」
お喋りの最後に、
監督「旦那さんにひと言」
玲奈「ヤってきます ごめんなさい」

スタジオに移動すると戸惑う玲奈さん。
監督「なんか気になる事あります?」
玲奈「気になる事は…… 2人も……ね いる」
3Pだとは聞かされていませんでした。

男優は澤地真人とウルフ田中。澤地真人とは再会となり、
監督「前回の感想でも言ってあげてください」
玲奈「フフフ すごい気持ち良くって」
2人きりでの撮影だったので、多くの人がいる中で感想を言うのは恥ずかしそう。

澤地真人「お口いっぱいに欲しいものがあるって言ってましたよね 僕のじゃアレなんで お口いっぱいになるのをここに あるんですよ」
キョトンとした反応が面白い。澤地真人も平均に比べたらデカいのに、その人が「自分のじゃアレなんで」と言う状況に驚いているみたい。
玲奈「えっ!?」

玲奈「確かめ……ます 確かめます」
ウルフ田中「お願いします 期待値マックスにしてきました」
ズボンの上から膨らんだチンコの形を見せる。
玲奈「フフフフフッ」

ズボンを脱ぐとテントというか塔みたいになっているパンツ。
玲奈「あっ! えっ…… えっ!? お大きいですね」
驚きつつすぐ触る。
ウルフ田中「あぁ」
玲奈「初めて見ました すごい」

玲奈「見てもいいですか?」
ウルフ田中「はい じゃあ中腰で」
パンツでチンコを弾いてブルルンッと出して、
玲奈「ふぅー すごーい! ええっ!? ええっ うそぉ!? すごい(笑) おっきいですね」
息を吸い込んでからのナイスリアクション。
Image from Gyazo
握り方に戸惑って、
玲奈「どうしよう 初めてだから ちょっと動揺しちゃってます」

ウルフ田中「好きにしていただければ」
玲奈「はい では」
すぐにパクッと。フェラが好きなので手コキは省略。

そして強い玲奈さん。ウルフ田中のサイズでも「お口に入らない」とかはなくて咥え込みます。
ウルフ田中「すごいですね自分から奥に」

ウルフ田中「咥えるのが好きなんですね」
玲奈「好きです」

澤地真人「僕のもいいですか? そんなに太くはないんですけど」
他の作品で「おっきい」と言われる事も多い澤地真人が、遠慮がちに入ってきます。

別作品ですが、あやみ旬果が一番好きなチンコは澤地真人。
あやみ旬果が粗チンとデカチンをハメ比べて演技ではカバーしきれない差 – テングノハナオレ

澤地真人の脚を押さえてフェラしていましたが、右手がスッとウルフ田中のチンコに向かう。でも遠慮して手を戻す動きが面白かった。思わず3Pに慣れちゃっている感じが出てしまった。

監督「奥さん それとどっちの方が」
玲奈「いや あ すっ…… いや あ あはっ おっきいです」
比べてどうこう言うのが難しかったみたいで言葉が上手く出てこなかった。

交互に咥え込み。澤地真人から咥え、それよりも大きく口を開けてウルフ田中。
ウルフ田中「すごい当ててますね 奥に」
澤地真人が、かませ犬になるほどのデカさ。

澤地真人「そんなに好きだったら 両方一緒にどうですか?」
玲奈「んっ!? 両方!?」

澤地真人がベッドに誘導。
フェラのポーズもベッドでもポーズも様になっている。

ストッキングを脱がせる。
プロポーションのバランスもとても良い。
澤地真人「さっきの入りますかね」
玲奈「入ります……かねぇ(笑)」
なんか「入ります」で止めちゃったところを「かねぇ(笑)」と、ごまかした感じ。実は余裕で入りそう。

正常位で挿入へ。
ウルフ田中「いきますからね おヘソのとこ」
玲奈「はい」
ウルフ田中「ここです」
玲奈「はい あぁすごい……」
ビビるどころか嬉しそう。

ウルフ田中「先っぽだけ まだ先っぽですよ」
玲奈「すごい…… はぁ…… あっ……」

少しの挿入でも反応が繊細で良いです。

ウルフ田中「奥までいいですか?」
玲奈「はい……奥まで……」
ここまでゆっくり挿入していたのに急にグイッと持ち上げて根元までブッ挿す。
玲奈「ああっ!」
ブリッジ状態になるダイナミックな挿入。

玲奈「あああっ! あっ! あああっ すごい ああっ!」
持ち上げて強引に股間と股間を押しつけるみたいな挿入。ウルフ田中がここまでするのは珍しい。
玲奈「すごい…… あぁ……」

力が入り過ぎてチンコが抜けて腹に当たってパチン!と大きな音。それに驚いてビクッとした玲奈さん。

ベッドが壊れそうなガン突き。
華奢な体が壊れそうな激しさ。

動きが止まると、うつろな表情。

ボロ雑巾のようになったかと思いきや、
玲奈「もっと」
まだ要求する底無しの性欲。

要求に応えるウルフ田中ですが、激しすぎて照明が倒れちゃうハプニング。

ウルフ田中「すごいですね」
玲奈「フフフフフ」
業界一の太いチンコで乱暴にピストンされても笑っていられる余裕が凄い。
ムキになったかのように激しくピストンするウルフ田中。

澤地真人に交代して玲奈さんが好きなバック。
玲奈「ああっ 気持ちいい」
服を脱がされる姿もイイ。

キスする時の腕の回し方と腋。

ウルフ田中に交代し、澤地真人をフェラ。3Pらしい画になりました。

手マンで潮吹きから澤地真人が背面騎乗位。

ウルフ田中が駅弁でバコンバコンと音を立てるピストン。
シンプルに体のぶつかりが痛そうなほど。

背面騎乗位からの立ちバックの後にフラッとする。

最後は正常位でウルフ田中が中出しをしてグイッ、グリグリとねじ込む。

澤地真人も中出し。

しばらくビクッビクッとしています。
澤地真人「満足してもらえました?」
玲奈「はい」

感想

寝取らせ検証 『綺麗な裸を残しておきたい』メモリアルヌード撮影で共演した夫よりも若いモデルの他人棒を見て愛液を垂らした妻はその後、SEXしてしまうのか?VOL.3』で印象的だった清本玲奈さん。清楚な人妻っぽいのにエロいという役がハマります。今回は最初のフェラから仮面が剥がれていましたけどね。普通っぽさの中に妙な色気とエロさがあり、スタイルも良くて1つ1つのしぐさも絵になる。

シーン2では喉奥に当てるのが好きというフェラを実践して見せていた。デカチンを限界まで咥え込んで、ヨダレだけじゃなく涙まで流せる技。

シーン3ではウルフ田中のデカチンを見た時の反応が良かったです。でもフェラではいきなり咥え込むし、挿入されても普通に気持ち良さそうだった。ウルフ田中もそれを感じていたのか、最初はゆっくり挿入していたのにグイッと強引に根元まで入れて、持ち上げてブリッジ状態にして押しつける激しさ。ベッドが壊れそうなほど暴力的なピストンを見せて照明が倒れるほどだったのに「もっと」と言われてさらに激しく突く。ウルフ田中のデカチンが通用しないほどの性豪に思えた。ウルフ田中がここまで乱暴にするのは珍しい。
底無しの性欲で、旦那とは毎日セックスして元カレとも浮気してオナニーもすると話していたのにも説得力が出る。清楚っぽくて華奢な普通の人妻が、AV男優の普段以上の本気ピストンを「もっと」と受け入れる意外性が良かった。

FANZAのレビューも4.56点(16件/コメント率44%)の高評価。ウルフ田中にここまで本気を出させたカラミは圧巻。

収録時間:114分(HD版:114分)
出演:清本玲奈
レーベル:恋する花嫁

FANZA 清水怜唯奈

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

return top