童貞君を「かわいい」と言って筆おろしをしてあげたお姉さん「もう出ちゃいそうです」と言う童貞君を射精させようとして自分がイク

マジックミラー号で素人女性が童貞君を筆おろしする企画の再出演版。シーン3はセックスレスで離婚してしまった28歳のゆいさんが23歳の童貞君を筆おろし。「かわいい」「弟みたい」と言って童貞君をかわいがり、他のシーンとは違って自分から積極的にチンコをいじったりしてくる。騎乗位で童貞君が「もう出ちゃいそうです」と言い、「出ちゃいそう? フフフフ」と返してピストンを始め、そのまま射精させる展開かと思いきや、気持ち良くなったゆいさんが「イっちゃいそう(笑)」とイっていました。
シーン4では騎乗位で1分持たない早漏の筆おろし。
(DMM.R18 マジックミラー号 「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」…)

シーン1

過去作品の出演承諾書を見て、同シリーズに出演してくれた素人女性に再出演をお願いするという設定。実際のところ出演者はAV女優として活躍されている人ですけどね。
1人目は出演当時26歳だった、まどかさん(日比乃さとみ)。今は27歳。彼氏なし。
マジックミラー号の外で再会の挨拶をしてから中へ。
前回、童貞君に喜ばれて嬉しかったと言い、
まどか「また力になれたらなと思って」
過去の出演と大きく違うのは、今回は何をやるか理解して来ているところですね。
まどか「大丈夫です」
と言っていたが、童貞君が登場すると何と2人いて戸惑う。
まどか「あれ? 人数が(笑)」

集合時間の伝え間違いで2人来てしまったという。23歳のサトウ君とササキ君。
童貞君同士も初対面で、
まどか「逆に大丈夫なんですかね?」
自分よりも童貞君の心配。「童貞に見えない」と言われたさわやかな2人。まどかさんの口から童貞かどうか確認。
童貞君たちに上半身裸になってもらい、ズボンは1人ずつまどかさんに脱がせてもらう。
細かいところでリアルなのが、ちゃんとベルトやアクセサリーをしていたり、寒さ対策のタイツを穿いているところ。素人男性らしさが出ています。

パンツ1枚になり、
監督「コンディションはどれぐらい?」
佐々木「コンディションは緊張気味ですね」
パンツを脱がせると緊張状態のモノが。
監督「まだ使ったことないです」
まどか「フフ」
チンコを見られるだけでも恥ずかしいのに未使用を強調される。

チンコと握手。恥ずかしさは見せるけど、2回目の出演なので大きな抵抗はない。
まどか「あっ なん……(笑)」
握っただけでムクッと膨らんだチンコ。

サトウ君のパンツも脱がせて、こちらもチンコと握手。

女性の前で勃起させる練習。
チンコは自分でシゴき、まどかさんは脚を優しく触ってくれる。

服をめくって、おっぱいの谷間見せ。
ソファに3人が座り、おっぱいを見ながらシコシコ。

暴発しないように耐える練習。
まどか「じゃあ 中に入れたぐらい これぐらいかな? 痛い? 大丈夫ですか?」
マンコと同じくらいの締め付けを意識して握る。
まどか「すごいんですね なんか どんどん変わってく」

ササキ君も萎えたところを握り、
まどか「周りに人がいると緊張しちゃいますよね」

ササキ君のファーストキス。
まどか「震えて 大丈夫?」

でも暴発に耐える練習なので、チンコをシコシコされる。
気持ちいいけど厳しい練習。
監督「あんまりやると危険だから」
監督が心配するほど緊迫した状況。

サトウ君には下着姿で同じ攻め。

2人にブラのホックを外してもらう。

おっぱいを触らせて舐めさせる。
まどか「上手 すごい なんか練習してました?(笑) 痛くないし」

手マンもやらせる。2人同時に教えるのは大変そう。

ポジションチェンジしてサトウ君がクンニ。

ササキ君をフェラしながら後ろからサトウ君がクンニ。ポジションチェンジもします。

ジャンケンに勝ったササキ君から筆おろし。まどかさんがコンドームをつけてあげる。
まどか「痛くないですか?」

騎乗位で挿入。
まどか「入ってますね」
教習所みたいな丁寧な確認。
まどか「あぁすごい」
少し感じる姿を見せてから、ゆっくりピストン。

キスしながらゆっくりグリグリ。日焼け跡も良いです。
AVっぽくないリアルさが感じられる筆おろしセックス。

まどか「大丈夫?」
ササキ「はい」
まどか「ガマンはしなくていいですからね 気持ち良さそうな顔してる」
優しい言い方が良いです。

正常位。
喘ぎ声はあまり出さないまどかさんですが、息が漏れる感じが自然で生々しい。

それでも少し声が抑えられなくなってきたまどかさん。
ササキ「あぁイクッ!」
まどか「いいよ」
まどかさんが感じ始めてきたところでゴム射。童貞君らしい微妙な早さ。

まどか「すごい 自分で動いてイケましたね」
コンドームを取って嬉しそうなまどかさん。

でも終わりじゃない。すぐに待機しているサトウ君の筆おろしへ。
まずは優しいハグから。

ピチャピチャ音を立てながら長時間のキス。

コンドームをつけて騎乗位。
まどか「すごい 入ってますね わかります」
サトウ「あったかいです」
まどか「あったかいですね」
ゆっくりピストン。
まどか「すごい硬いですね 女の子 喜びますよ」

しばらくピストンを続けて、
まどか「気持ちいい……」
気持ち良さそうなまどかさん。
まどか「ヤバい(笑)」

まどか「後ろから入れてみる?」
バックに挑戦。
まどか「そう そこ もっと来ていいよ」
筆おろしらしい挿入。

まどか「すごい 奥まで入ったね どんな感じ?」
サトウ「気持ちいいです」
まどか「気持ちいい? 私も気持ちいい」

正常位にも挑戦。
筆おろしならではの童貞君を気にしながらのセックス。ちゃんと気にして教えてくれる感じが良いです。このシリーズが高評価なのは、無茶な企画であるのにカラミはナチュラルさやリアルさがあるところ。

しかし、緊張のため射精には至らず。優しい言葉をかけてもらう。

シーン2

2人目は出演当時19歳だった、はずきさん(桜木優希音)。今は20歳。4歳上の彼氏がいたけど今は別れて彼氏なし。
童貞は30歳のホッシー君。彼女いない歴30年。

いきなりズボンを脱がせますが、既に勃起していて笑っちゃう。
女性の前で勃起させる練習は不要ですね。

ピクピク動いているテントを触り、
はずき「頑張りましょう」
ホッシー「ガンバリマス」

パンツを脱がせてチンコを触る。
ホッシー「すごいです なんか電流が走った感じ……」
ホッシーの早口が焦りを感じさせる。
暴発する可能性もあるので上着を脱いで慎重に触る。まさに爆発物の処理をしている感じ。

ファーストキス。
ホッシー「あぁすごい 甘いです いい匂いがします」

キスしながら手コキ。「フーフー」言ってるホッシー君。

軽く乳首に触っただけでも敏感すぎる反応。
ホッシー「やっぱり自分で触るのとは全然……」

乳首をいじられながらのキスで「ハフハフ」言っています。

乳首舐め手コキ。悶えるほど感じるホッシーですが、けっこう本気で責めるはずきさん。

生でおっぱいを見たことがないというホッシー。
はずき「私 そんなおっきくないけど いいですか?」
ガン見されながら恥ずかしそうに脱衣。
はずき「すごい めっちゃ見てる」

おっぱいを触らせるけど、ホッシー君の興奮が激しくて困り気味。

キスしながら手コキ。
ホッシー「んっ んんっ」

ブラを外し、立ってパンツに手をかける。
ホッシー「ここ 見たことがなくて」
監督「まずはパンツの上からゆっくり楽しまないと」
本気で恥ずかしそうなはずきさん。

ホッシー君は童貞っぽさはなくて撮影にも慣れた感があり、作ってる変態キャラみたいですが、はずきさんの反応はかわいい。

おっぱいを隠しながら右手でパンツを脱ぐ。
体を隠す姿もエロい。

クリトリスの場所を教えて触らせる。
相変わらず反応が良いです。

シックスナイン。
キレイなお尻。

シックスナインの体勢のままコンドームをつける。

騎乗位で挿入。

4分ほどの騎乗位でゴム射。
終わった後にも体を隠しています。

シーン3

3人目のゆいさん(椎名りりこ)。28歳。前回出演時は既婚者だったですが離婚したとのこと。セックスレスでキスもなくなっていたのが大きな理由。その反動でこのシリーズの印象は、
ゆい「普段求められることがなかったので 嬉しかったです」
童貞君は23歳のタナカ君。

大人の色気があるゆいさん。ズボンを脱がせるのも落ち着いています。
ゆい「恥ずかしいですか?」
タナカ「すごい恥ずかしいです」

緊張しているタナカ君にハグ。
ゆい「すごい身長バクバクいってる」
ゆいさんは慎重が高いですね。タナカ君が低いのか。

パンツを脱がせると既にフル勃起。
チンコを見たぐらいではうろたえないゆいさん。いろんな方向から見て、
ゆい「元気になってますね」

勝手に玉をタプタプして、
ゆい「フフフフ かわいい」
セックスレスで離婚したゆいさん、早くチンコを触りたい感じが出ています。

耐久テストで手コキ。短いので動きの幅が狭い。
ゆい「大丈夫 大丈夫です」
タナカ「けっこうきちゃって……」
15秒程度の手コキでヤバくなったので慌てて手を離す。
監督「あぶな 今 あぶなかった?」

ゆい「今このへん」
精子が上ってきたところを握って示す。ゆいさんは自由にチンコを触っちゃいます。

ゆい「なんか姉弟みたいな感じです 弟みたいな」
親近感を感じてくれているのが伝わるコメント。
女性の手を握ったこともないと言うので手を繋ぐ。
ゆい「震えてる」

ゆい「元気な」
またチンコを気にして指で触る。
監督「今日はキスとかしてもいいですよ」
ゆい「なんか出てきちゃった(笑)」
監督がキスの話をしているのにチンコをいじってガマン汁につっこむゆいさん。
監督「何が出てきてます?」

キスを勧められてキスしようとするが、タナカ君が慌てている。
ゆい「すごいかわいい(笑)」
監督「どうしたの?」
タナカ「メガネ当たって もしかして邪魔かもしれない」
ゆい「フフフ」
気にしてメガネを外します。

いきなり大人のキス。
ゆい「すーごい 舌も震えてる」

またチンコをツンツンして、
ゆい「今このへん」
さきほどより精子メーターが高まっています。タナカ君に対して何度も「かわいい」と言っているゆいさん。かわいがっている感じが出ています。

服の上からおっぱいを触らせる。
メガネを外して視力が落ちているので、感触に集中している感じ。
ゆい「気持ちいいです」

ブラの上からおっぱいを触らせる。
童貞君を見る目も良いです。脚の絡め方も。

ブラ外し。

監督「女性が恥ずかしがってるから タナカ君の手で隠してあげないと」
と言っておっぱいを揉ませる。落ち着いて受け入れるゆいさん。
ゆい「上手です 上手」

おっぱい舐め。
小さく息を漏らして気持ち良さそうな反応をしてくれる。

スカートを脱がしてみるとパンツが濡れまくってるゆいさん。
ゆい「濡れてる?」
自分で触って、
ゆい「ホント 恥ずかしっ」

クンニ。
監督「ゆいさん ずっとしてなかったんですよね」
ゆい「そうですね 気持ちいい」
ビクッとして、
ゆい「あっ! ちょっと なんか上手ですね(笑)」

全裸になってシックスナイン。
監督「あんまりやり過ぎちゃうと あぶないかもしれない」
ゆい「じゃあ ゆっくり」

でも射精しそうになって慌てて手を離す。本気で暴発を避けているのがわかります。
しばらく待ってから、
ゆい「止まりましたか?」
おっぱいで軽く亀頭を擦る。

もう暴発寸前なので挿入へ。
しかも今回は生挿入。
ゆい「入れちゃうよ」

ゆい「動いても大丈夫ですか?」
小さく喘ぎ声を出しながら腰をグリングリンと動かす。
ゆい「あぁ 気持ちいい……」

監督「こういうやつも見たいです」
膝を立ててピストンの体勢になり、
ゆい「こういうやつ?」

ゆい「あぁ奥気持ちいい……」

気持ち良さそうにピストンしていたが動きが止まり、
ゆい「イっちゃいそう(笑)」
自分がイっちゃいそうになって照れ笑いを見せる。
タナカ「もう出ちゃいそうです」
ゆい「出ちゃいそう? フフフフ」

タナカ君を射精させようとピストンするが、
ゆい「イっちゃいそう(笑)」
やっぱり自分がイキそうになっちゃうのがかわいい。

そのままビクビクッとして動きが止まり、
ゆい「あんっ 気持ちいい……」
「もう出ちゃいそうです」と言っていたタナカ君を射精させる展開で遠慮なく自分がイって止まっちゃうゆいさん。

再びパチンパチンと音を立てて軽快なピストン。

ゆい「すごいクチュクチュいってる」
気持ち良さそうで良いです。童貞君も自信つきそう。

密着して動く。射精感は治まったみたい。

バックに挑戦するが、
タナカ「ちょっと入れ方が……」
ゆい「フフ」
右手で誘導してくれる。

弱々しいピストンで気持ち良さそうに喘ぐゆいさん。

射精感が治まって今度は射精できないモードになったタナカ君。再び騎乗位。
ゆい「気持ちいいっ」
ゆいさんは相変わらず気持ち良さそう。

背面騎乗位。
あえて意識しているとは思いますが、カメラを見ないのが素人女性っぽさを演出。

再び対面騎乗位。
ゆい「イっちゃう?」
タナカ「イっちゃいそうっ イクッ!」

そのまま中出し。
ゆい「中でイっちゃった?」
上から笑顔で言われるのが良いです。

ゆい「あ ホントだ」
マンコをほじって精子を確認。
ゆい「中でイっちゃった フフフ」

シーン4

4人目は出演当時20歳だったりなさん(折原ほのか)。現在は21歳。
童貞のサイトウ君は25歳で彼女いない歴25年。
同じような展開で密着してキスをしてからズボンを脱がせる。
元気に勃起していて一安心。
りな「すごい なんか出てきた(笑)」

フェラで耐久テストの後、Hカップのおっぱいでパイズリ。

Hカップを揉んで、手マンとクンニも教える。
シックスナインの後に騎乗位で挿入。

しかし、挿入して20秒ぐらいで、
サイトウ「イキそうです」
りな「イキそうですか?」
サイトウ「あっ!」
動きを止めて、
りな「中に出しちゃった感じですか?」
監督「イっちゃった?」
りな「イっちゃいました?」

フェラやパイズリには耐えたのに、騎乗位で秒発。

感想

このシリーズは安定して面白い。毎回同じような感想ですが、マジックミラー号で素人女性が童貞君を筆おろしするという無茶な設定にも関わらず、妙な筆おろしのリアリティとナチュラルさがある。西城アキラ監督の手腕で、出演者が委縮せずに自由に動けているのが伝わります。そのため人の個性が出やすく、同じような展開であっても各シーンに違った魅力が出てくる。出演女優もレベルが高いですね。

シーン3が一番良かったです。28歳のゆいさんが23歳の童貞君を「かわいい」「弟みたい」と言って、かなりかわいがって攻めていたのが印象的。他のシーンとは違い、勝手にチンコを触っちゃったりしていました。エロく優しい筆おろしで、ゆいさん自身も楽しんでいるのが伝わって良かった。
騎乗位で童貞君が「もう出ちゃいそうです」と言い、「出ちゃいそう? フフフフ」と返してピストンを始め、そのまま射精させる展開かと思いきや、気持ち良くなったゆいさんが「イっちゃいそう(笑)」と笑顔を見せてイっちゃうところが良かった。射精感が治まってバックや背面騎乗位にも挑戦でき、最後は中出しをして「中でイっちゃった?」と言われるところも良かった。

シーン1は3Pという難しいシチュエーションでしたが、まどかさんが童貞君を気にしながらの優しく教えてくれる筆おろし。シーン3のゆいさんは自分も愉しむ筆おろしでしたが、まどかさんは先生としての立場を意識していた感じで、違いが見られて面白い。

シーン2はDMM.R18のレビューでも指摘されていますが男優が、いかにも企画物の男優っぽくて残念でした。桜木優希音のリアクションはかわいかったのですが、筆おろし作品としてはズレていた印象。

シーン4はガチの早漏。騎乗位で1分持たずに中出し。ブログ的には、この早漏シーンがメインだったはずでしたが、他も見どころがあって最後は短くなってしまった。

収録時間:213分(HD版:213分)
監督:西城アキラ
シリーズ:マジックミラー号
メーカー:SODクリエイト
レーベル:ミラー号

DMM.R18 マジックミラー号 「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」 街中で声を掛けた心優しいお姉さんが童貞くんを赤面筆おろし!特別緊急発売編「あの優しかったお姉さんにもう一度会いたい…」感動の再会スペシャル!!

DUGA マジックミラー号 「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」 街中で声を掛けた心優しいお姉さんが童貞くんを赤面筆おろし! 特別緊急発売編 「あの優しかったお姉さんにもう一度会いたい…」感動の再会スペシャル!!

MGS動画 マジックミラー号 「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」 街中で声を掛けた心優しいお姉さんが童貞くんを赤面筆おろし!特別緊急発売編「あの優しかったお姉さんにもう一度会いたい…」感動の再会スペシャル!!

XCITY マジックミラー号 「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか・・・」 街中で声を掛けた心優しいお姉さんが童貞くんを

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top