森沢かなが並のAV男優顔負けのデカチンを持つ監督とプライベート風セックス

AVキャリア5年の森沢かなの「初めて」を意識した作品。シーン1は昼間からプライベート風のハメ撮りをするのですが、相手は監督自身。この監督が並のAV男優顔負けのデカチンで、フェラの時から「おっきい」と何度も言われ、挿入してからも「奥まできちゃう」と言っていました。2人きりのプライベートっぽい雰囲気の中で、デカチンでイキまくる森沢かながエロかった。
(DMM.R18 初ポルチオSEX 森沢かな)

シーン1

インタビューをしてから1シーン目。AVを5年やっているので、今までやっていないプレイをすることが1つのテーマでもある。昼間からプライベートっぽいセックスをすることに。
監督「プライベートが想像つかないですよ」
森沢かな「えー つかないですか?」
監督「したことあります? プライベートでエッチ」
森沢かな「ありますよ なん……なんで(笑) ありますよプライベート」
プライベートっぽい素の反応がかわいい。

監督「長くやればやるほど女優さんも こうやって2人きりのほうがなんか 何も考えないで ただセックスに没頭できて」
森沢かな「あー こういうほうが うん 好き」
トークしながら淡々と服を脱いでいく。2人きりでやっている雰囲気が出ています。

インタビューで森沢かなはMと聞いていたので、両手を拘束してあげる。
森沢かな「何気に なんかちょっとかわいい」
不器用な監督に笑っちゃったり楽しそう。

目隠しもして、
森沢かな「全然わかんない」
確認のためにおっぱいをつっつく。
森沢かな「ビックリした(笑)」

目隠しと両手を拘束された状態で攻められてかわいい反応。
森沢かな「すごい」
監督「すごい?」
森沢かな「わかんないから より興奮する」

放置されそうになる。美肌でスタイル良し。
森沢かな「このままは困る(笑)」

バイブローターでの攻め。
監督「すごいピクピクしてるよ」

股間にも当てられてスレンダーな体をピクピクさせる反応が良いです。こういう攻められも絵になる女優。
監督「すごい敏感 敏感になっちゃった?」
森沢かな「なっちゃったかも」

後ろから首筋や耳を舐める。
ブラをズラして乳首もいじる。

監督「手 広げて」
森沢かな「ん?」
監督「そう」
チンコを口につっこもうとする監督、並のAV男優顔負けの巨根。

監督「これなに?」
森沢かな「オチンチン?」
監督「どうしたい?」
森沢かな「舐めたい」
「舐めたい」と言う前にペロペロしています。

イラマ気味に動かす。

パンツの中に入れられたバイブローターで、
森沢かな「ダメ イっちゃう!」
監督「いいよ イって」
ビクッビクッとイキます。
監督「すごい体熱くなってるよ」
森沢かな「熱いー」

ベッドに寝かされて、
監督「次 なにしよっか?」
少し間を置いてからバイブローターをスイッチを入れて驚かせる。

手も使って、
森沢かな「イっちゃう イっちゃう イっちゃう イっちゃうぅ ああっ!」
長い脚をM字にしてイク。
森沢かな「あぁダメッ」

手マンの途中で目隠しを取る。
監督「すごい敏感だね」
森沢かな「気持ちいい」

手マンでもイった後、チンコを触ってくる。
森沢かな「ヌルヌルしてる」

亀頭で入口を擦り、
森沢かな「欲しくなっちゃう」
監督「自分だけ気持ち良くなって?」
森沢かな「ウフフフフフ」
監督「こんなヌルヌルして」
森沢かな「じゃあ気持ち良くする」
監督「気持ち良くしてくれる?」
森沢かな「うん」

気持ち良くしてくれるということで攻守交替してフェラ。
監督「今どんぐらい気持ち良かった?」
森沢かな「んー けっこう気持ち良かった」
監督「じゃあ同じぐらい気持ち良くして」
森沢かな「ん 頑張る」

森沢かな「んっ あぁおっきい……」
見た目も大きいですけど、口に咥えて大きさを感じてから言うのが良いです。

しばらくフェラをして咥えたままモゴモゴ言った後にも、
森沢かな「んっ おっきいぃ」

玉舐めで竿がビクついちゃう監督。
森沢かな「すごいビクビクしてる(笑)」

少し涙目で深く咥えようとするけど半分も入らない。
ぷはぁと吐き出されたチンコがボロンと飛び出す。
https://gyazo.com/c671f48297f49625245330e2a2ea1e0c
乳首舐めもお願いする監督。
森沢かな「フフ 乳首弱いの?」
監督「弱い」

感じる男を見て嬉しそうなのが良いです。
森沢かな「乳首勃ってる」

プライベートのセックスについて聞かれて、
監督「こうやって おねだりするの?」
森沢かな「フフフ」
素で恥ずかしがっちゃう。
監督「改めて言われると恥ずかしい?」

入口で擦る。
森沢かな「あんっ 硬い」
監督「硬い? なんて言うんだっけ」
森沢かな「ん…… オチンチン入れて」
AVっぽくおねだりを決めた後に恥ずかしがって笑う。

メリメリッと挿入。
森沢かな「あっ ああっ すごいっ 奥まできちゃう」
根元までピストン。

グイッと押しつけて、
森沢かな「奥ダメ……」
監督「奥好きなの?」
森沢かな「好き……ああっ!」
1回下がって再び奥まで押し込む。作品のタイトルが『初ポルチオSEX』奥を突くことがテーマ。面白いのは、そのコンセプトを一切言っていないこと。プライベート風のセックスというだけ。テーマを意識させすぎると演技で作った感が出過ぎちゃうところもありますが、これはかなり自然。プライベート風のセックスでデカチンの監督を奥を突いてみて、その自然な反応を見ているみたい。

軽快なピストン。
森沢かな「これダメ これダメ あんっ お腹まで来ちゃうっ」
動きを止める時は奥まで押し込んで止まる。

接合部のアップ。
森沢かな「あんっ すごい 全部入ってる?」
監督「入ってるよ 見える?」
森沢かな「うん 見える」

森沢かな「イっちゃう イっちゃう イっちゃう イっちゃう」
そのまま奥を突いてイカせる。
森沢かな「ふぅ へ……」
お腹がビクビクッとしています。

横視点も撮る。監督ですので撮影技術もしっかりしている。

メガネを外してキス。
森沢かな「あぁ好きなように突いて……」
身も心も預ける感じが良いです。

好きなようにと言われたので激しく突いて、
森沢かな「ホントダメ イっちゃう イっちゃよ……!」
またイってビクッビクッ。

正常位で少し突いてから持ち上げて騎乗位の体勢。
監督「逆に好きに動いて」
森沢かな「フフフフフ」
セックス中はAVモードに見えますが、時おりプライベートらしい恥ずかしそうな表情を見せてくれるのも良いです。

森沢かな「あんっ いっぱい擦れちゃうなんか」
デカいですからね、擦れる面積も広い。

監督「擦れてる」
森沢かな「擦れてる あっ! やだオチンチン気持ちいい」

騎乗位で乳首をいじられて、
森沢かな「あっダメッ イっちゃう……」
監督「ん?」
森沢かな「イっちゃう」
監督「イクとこ見して」
騎乗位でもイっちゃいます。

森沢かな「ダメ……」
監督「気持ち良くしてくれるのに 自分が気持ち良くなっちゃった?」
森沢かな「フフフ 気持ち良くなっちゃった」

監督が下から突き上げてイカせる。

後ろに手をついてピストン。
監督「すごい全部入ってるよ」
森沢かな「あんっ すごいね 奥まで入ってる?」

バック。
森沢かな「あぁ気持ちいい」
監督「すっごい引っかかんね ここ」

ゆっくりチンコを抜くと豪快なマン屁。
森沢かな「うぅ やんっ 恥ずかしい」

森沢かな「あぁすっごい熱いオチンチン」
監督「熱い?」
森沢かな「うん すごい熱い」
監督「オマンコも熱いよ」

横視点も忘れない。

森沢かな「気持ちいぃ イっちゃうぅー」
イった後の疲労感もエロい。

そのまま連続でイカせてキス。
森沢かな「気持ちいぃ」
子供みたいな甘えた言い方がかわいい。人妻キャラとのギャップもあり、

側位。
森沢かな「あっ ダメ当たっちゃうっ」
監督「当たっちゃう?」
森沢かな「当たっちゃうなんか」
監督「当てていい?」
森沢かな「いっぱい当てて」

側位でもイキ。

正常位→手マン→正常位から大量の顔射。

精子まみれだけど、お掃除フェラをしてくれる。

シーン2

オナニーシーン。ですが、年上のプロデューサーに言葉責めをしてもらったり、素股っぽい体勢になったりしながらのオナニー。

シーン3

監督「森沢さん ポルチオって知ってますか?」
森沢かな「ぽるちお? んー よくわかんない」
このシーンでようやく作品名である『初ポルチオSEX』のことを話す。シーン1はデカチンで奥を突いたけれども、それとは違う。
森林原人にポルチオを習いながら気持ち良くなってもらおうというシーン。

ポルチオSEXに関してわかりやすい解説をする森林原人。
森沢かな「原理というか……は わかりました」

子宮口を下げる前戯。
単に奥を突くだけがポルチオSEXではない。プロっぽいところを見せます。
マッサージっぽいですが、少しずつ森沢かなが火照って高まっていく感じが良い。

仰向けになってから小さな喘ぎ声が漏れる。

マッサージから指を入れて手マン。
かなり長めのマッサージで高まってからのイキっぷりはエロい。

クンニの後に電マも使う。
下腹部を重点的に攻めているので赤くなっています。

そのまま挿入。
森沢かな「なんか変な感じする」

イった後の息遣いの荒さも良いです。

押しつけてグリグリ。
森沢かな「奥っ ヤバい」

座位。
森沢かな「グリグリしちゃヤダッ」

親指でお腹を押しながらの騎乗位。

座位。
森沢かな「奥ダメッ」

正常位。
森林原人「奥が好き?」
森沢かな「あぁ好きっ」

正常位から口に射精。
最後に電マと手マンでもイカせる。

シーン4

感想&オナニー。

感想

シーン1の監督とのプライベート風ハメ撮りが良かったです。AV撮影モードに入り過ぎていない緩さがあり、素のような恥ずかしがり方とか表情が見られる中でのカラミ。森沢かなとプライベートでハメ撮りをする妄想が捗るプレイ。
監督が並のAV男優顔負けのデカチンで、それに対する森沢かなの素直な反応も良かった。フェラの時から何度も「おっきい」と驚いていました。挿入してからも「奥まできちゃう」と、何度もイっちゃう。2人きりでのリラックスした雰囲気の撮影で、こういう姿が見られるのが良いです。相手がバリバリのAV男優じゃなくて監督という立場なのも面白い。

シーン3がポルチオSEXで、作品としてはこのシーンがメインかと思う。子宮口を下げるというマッサージの見せ方が上手くて、森沢かなが静かに高まっていって最後は激しくイクのが印象的。芯から感じていたみたい。下腹部を赤くさせるののも熱が伝わりました。挿入してからもポルチオを意識した突き方で、普通のカラミとは違って新鮮さがありました。

収録時間:138分(HD版:138分)
出演者:森沢かな(飯岡かなこ)
監督:くずケン
メーカー:セレブの友
レーベル:セレブの友

DMM.R18 初ポルチオSEX 森沢かな

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top