近年稀に見る理想的な後輩女子を落としてセックスしてみたらサキュバス

リアリティが凄い『ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。』シリーズ。理想的ともいえる後輩女子を連れ込んだ先輩。時間をかけて雰囲気をつくり、恥ずかしがる後輩のガードを1時間以上かけて解くのですが、セックスの中盤あたりから後輩女子が本性を出してきて男を罠にかけたサキュバスのようでした。最後は後輩女子に主導権を握られ、ミイラ取りがミイラになっていた。
(DMM.R18 ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。する23才まで童貞 Vol.10)

シーン1

男「どうぞ」
カスミ「お邪魔しまーす」
男の部屋に入ったところから。

カスミ「男の人の部屋って感じです」

しばらく部屋に関するトークですが、お茶を持ったまま喋っているカスミちゃん。カスミちゃんは実家暮らしらしい。後輩らしい敬語と、慣れ親しんだ感じのある距離感が良いです。
キレイな部屋が気に入ったカスミちゃんに、
男「ここ住んでいいよ」
カスミ「ここ?(笑) 交換します? 実家と」
距離感は近いけどサラッとかわすのが上手。

頻繁にお茶を飲む。平静を装っているようで、緊張しているのかな。

ヨガの話になり、唯一できるという「ハトのポーズ」をやってくれる。
カスミ「これ ハトのポーズって言うんですよ」

カスミ「まず 足をこうします で これを立てます 足を」
ハトのポーズを教えてくれますが、真ん中の足が勃っちゃいそうです。

体が硬すぎる男。
カスミ「そんなです? 体硬いです?」
こういう他愛のないやりとりもかわいい。

カスミ「じゃあダメですよ やっちゃあ(笑)」
出ました小悪魔系女子。さり気なくボディタッチ。

カスミ「いきますよ せーのっ 深呼吸してくださいね」
カスミちゃんがサポートしてくれる。

男「吊る吊る吊る!」
カスミ「アハハッ」
ハトのポーズでイチャイチャ盛り上がる。笑顔もかわいい。

カスミ「でも運動やってましたよね? たしか」
男「やってたけどそれ……」
カスミ「野球部って言ってましたよね」
男「それもう10年前の話で」
こういう会話も自然に入ってくる。どうやってこの作品を作っているのか気になります。

再挑戦して、
カスミ「せーのっ はいっ」
男「で これは?」
カスミ「こうっ」
男「ってぇーーー!」

痛がる男を大笑い。そしてさり気なく密着。
この後に前屈もカスミちゃんがサポートしてやってくれるけど、また吊っちゃう男。

柔軟体操の流れで、今度は男がカスミちゃんの足を押さえる。
カスミ「普通に伸びてるなぁって感じです 気持ちいいです」

同じことを男がやる。
カスミ「アタシ 横に押しますね 縦にやってください せーのっ」
少しずつ密着度が上がっている感じ。
カスミ「息を吐いて はいっ」
男「ふっ ふっ ふっ」
カスミ「なんで(笑)」

男の体の硬さに、
男「ヤバいねこれ」
カスミ「なんか だってバイト一緒だっと時も そんなイメージなかったですよ」
男「あぁ」
カスミ「けっこうこうやって すごい動いてるイメージだったから」
本当にトークの自然さがすごい。

自転車に乗ったことがないというカスミちゃん。自転車がどの筋肉を使うのかわからないという話で、
カスミ「股関節関係ないですか? こう漕ぐ時に?」
っという動きが少しエロい。

お腹が出てきた男が運動のために買ったというフラフープ。
カスミちゃんにやってもらうと、けっこう上手い。
カスミ「意外とできた」

このシリーズ、冒頭1時間はトークです。この雰囲気の作り込みが凄い。
お菓子を食べながら初めてのチューの話を聞いたり、

卓球セットと山手線ゲームを組み合わせて遊んだり。
毎回毎回「凄いな」と思うのは、本当に気心知れた2人ならではの自然な表情を見せてくれるところ。催眠術でもかけて撮っているのかと思わせるようなリアリティショー。
そしてそのナチュラルな表情がかわいすぎるカスミちゃんが、どんなセックスを見せてくれるのかという期待感が半端じゃない。

この山手線卓球は脱衣ルールもあり。
カスミ「スッポンポンにして早く終わらせよう」
男「スッポンポンになりたいの?」
カスミ「違うよっ 先輩をスッポンポンにしたら終わりだから あと1枚じゃん」
男「俺スッポンポンになったらヤバいでしょ」
カスミ「だからそれで終わりっ それで終わりにできるでしょ」
こんな話をしながらシャツを脱ぐ。男はカスミちゃんにスッポンポンを見てほしい気持ちもあると思う。

カスミ「よしっ」
男「ヤバいヤバいヤバい」
カスミ「はいっ」
次のサーブの準備をするが、
男「違うとこ見ちゃう ちょっと」
ここでエロ目線の指摘されて、ちょっと脱力するリアクションがかわいかった。
カスミ「じゃあ着ます!」
男「いやいやいや着なくていい着なくていい それで」

薄着になって、このカメラのエロ度が上がった。
しかし男が弱し、ホームなのに。

動物の名前で長く続いていたのに、
カスミ「いくら!」
で大爆笑。仕切り直しで、
男「人間!」
カスミ「人間!? 人間はアリ? 人間は無しっ」
おそらく、映像が残っているレベルでは日本で一番イチャイチャした山手線卓球であろう。楽しそう。

カスミちゃんが脱ぐことになり、
カスミ「お茶飲んで落ちつこう」
男「どっち脱ぐ? どっちが恥ずかしいかな?」
カスミ「まだ下のほうがマシ」
男「ホント?」
カスミ「隠せるじゃないですか」

カスミ「早く終わらせたいんですよアタシ アタシ早く終わらせたいんです」
とか言いつつ脱ぎたいんじゃないのー?とも思ってしまう。
必死に隠しながら脱ぐのがエロい。
男「あっ 見えた 白だね」
カスミ「いいっ いいですよ そういうのっ」

山手線卓球を続ける。
普通のAVだったら女の子が脱ぐわかりやすい台本でしょうけど、これはガチでやっているから面白い。ポイントを取って本気で嬉しそう。

無邪気に喋っている時に見える谷間が良いです。

ラリー中に男が思わず下ネタを口走って、
カスミ「なんでそうなったの(笑)」
不意に立ち上がってしまってパンツが見える。

脱ぐ物が少なくなってからは5ポイントで先取で勝ちというルールに。
カスミ「(お題は)職業でいきますよ」
普通に後輩女子と楽しく遊んでいる感じが素晴らしい。

カスミちゃんが脱ぐことになり、
カスミ「えー どうしよう」
男「どうしようって 上しかなくない? いいよ別に下でもいいよ俺は」
悩んだすえにキャミソールを脱ぐ。くびれが良いです。

下着姿で山手線卓球を続け、再びカスミちゃんの脱衣。
男「どっち脱ぐ?」
カスミ「いや上!」
でも下のほうが隠せることに気付いたのでパンツを脱ぎました。

脱衣が進行することにより、もうブラジャーはノーガードになっているのが面白い。

そしてカスミちゃんが最後の一枚を脱ぐことに。
男の部屋に1人で来ているわけですから、なんだかんだセックスする覚悟はあるだろうという状況ですので、こういう脱衣ゲームも不自然でもないんですよね。
男「恥ずかしい?」
カスミ「恥ずかしいですよ」
男「俺の前だから?」
カスミ「いやぁ誰も前でも」
ちょっと唇を噛んで恥ずかしそうにする表情が良いです。

男「恥ずかしい? 見ないほうがいい?」
カスミ「見ないほうがいい!」
男「じゃあ こうしとくね」
両手で顔を押さえるが、
カスミ「信じらんない(笑) 見てるしっ」
クッションで隠しながらブラを外す、
男「もーいーかい?」
カスミ「……」
男「もーいーかい?」
カスミ「まだです」
男とのテンションの違いが面白い。

服をたたんでいる時にクッションを取られて、
カスミ「わー! ちょっと待った!」
ナイスリアクション。

https://gyazo.com/3740e0fd112119f806d50d5b54f8f0d3

カスミ「何考えてるんですかーっ」
クッションの引っ張り合い。カスミちゃんが本気でクッションを取りにいっています。
男「恥ずかしい?」
カスミ「恥ずかしいっ」
男「恥ずかしいの? 俺が隠してあげるから」
カスミ「いらないっ」

男が後ろに移動して、
カスミ「いらないです いらない いらない そういう問題じゃない(笑)」
ここの攻防戦もかわいい。

クッションを守ろうとするが、くすぐられて悶える。
カスミ「めっちゃドキドキしてる心臓……がぁー!」
喋ってる途中でもくすぐられる。

服をたたむ作業に戻る。
カスミ「手あったかいです」
男「手あったかい?」
カスミ「うん 手あったかい ……ねぇ! 動かさないでくださいっ(笑)」
男「めっちゃ気持ちいい おっぱい」
カスミ「やめてください……っよー!」
また喋っている途中にいじられて変な声が出る。

カスミちゃんが上を向いた時に男がキスしようとするが逃げられる。
男「ここまできたらさ」
カスミ「……」
男「もうここまできたらさ」
カスミ「なんですか(笑)」
男「チューするしかなくない? もう」
真剣に迫ったとか思いきや、隙をついてクッションを取る。
カスミ「ああっ ちょっと待って!」

カスミ「たたむまで待ってください」
男が迫るけど、抵抗が少しずつ弱くなってくる。こういう変化も上手い。

山手線卓球で負けたことを悔しがり、
カスミ「……本気でした?」
ドキッとする聞き方で、卓球に本気なのかカスミちゃんに本気なのか、どちらを確認しているかわからない感じ。
男「もちろん本気だったよ」
カスミ「フフフ」
男「絶対脱がせようと思って」
カスミ「そっちに本気だったんです?」
男「脱がせて チューしたいなと思って」
カスミ「絶対チューだけじゃない」
男の腕にキスするようなしぐさをしてくる。セックスに持ち込むまでの過程の見せ方が最高です。

男「恥ずかしいでしょ?」
カスミ「恥ずかしいです」
と、カスミちゃんがうつむくと男は顔を上げて、
男「ホント?」
カスミ「うん」
でも男が逃げるとカスミちゃんのほうから上を向いてキスを求めるような姿勢に。迫るとかわいく抵抗するけど、逃げると追いかけてくる。そしてこのタイミングでキス。

キスから離れて、
カスミ「それにしても悔しい めっちゃ悔しい」
男「ホント? 負けず嫌い?」
うなずくカスミちゃん。
男「一緒だね 俺と」
またキスされて受け入れるカスミちゃん。
この後にも「めっちゃ悔しい」と言うけど、めっちゃ笑顔。

おっぱいを見せるのは恥ずかしいのでガード。
そしてまた上を向いてキスを求める。

カスミ「なんか負けたから潔くしたいのはやまやまなんですけど 悔しい それにしても」
潔くしたい気持ちはあるみたいです。

見つめ合ってからのキス。ここで素直になった感があります。
動画時間で1時間20分30秒。ここまで時間を使って素直にさせたという見せ方が凄い。

チュッチュッとキスをするけど、
カスミ「なんかもう 悔しい(笑)」
ほっぺをつねる。先輩の思い通りの展開で落とされて悔しいんですかね。

カスミ「悔しい なんかもう んーーーっ!」
つねったほっぺをグリグリするけど、キスもしてくる。
カスミ「悔しいー」

演出なら神がかっている。
キスしながらクッションを取られるけど、軽く手を伸ばすしぐさを見せるだけで本気でクッションを取ろうとはしていない。その手を男の肩に置く。クッションを本気で引っ張り合っていたのが布石になっていました。

乳首を触られると「んんっ」と声を出してビクッとなります。

カスミ「だって見せたことないとこばっかだから」
男「ごめんね こんな恥ずかしいことして」
カスミ「フフッ」
男「もう1回見ていい?」
カスミ「だめっ」
っと言うけどノーガードで、
男「おっぱい見ちゃお」
無抵抗でおっぱいを舐められるし、乳首を触られるとビクビクします。

カスミちゃんの方から先輩のチンコを触ってきた。

抱きつきながら首筋を舐めるカスミちゃん。
男「あぁそれヤバい」
カスミ「来られるのダメなんですか?」
男「興奮しちゃう」
カスミ「フフ」
スイッチが入って積極的になっています。

手マンvs手コキ状態でキス。チンコをコネコネしています。
男「硬くなってる?」
カスミ「うん ずっと前からなってますよ(笑)」

チンコをグイグイ触っているので、
男「舐めてくれる?」
カスミ「なんか 先輩のを見るのも恥ずかしいです」
見るのも恥ずかしい子が、こんなにチンコをグイグイ触るわけないでしょうと思いつつ。

カスミ「恥ずかしい?」
男「ん?」
カスミ「恥ずかしいですか?」
男「恥ずかしい」
カスミ「フフフ」
男「カスミちゃんに見せるとは思わなかった」
カスミちゃんのほうから聞くのが良かった。
男「見てくれるの?」
カスミ「うん」

男がパンツ脱いでチンコを出すと即握り。
パンツを下ろしている途中で咥えてくる。がっつきすぎなカスミちゃん。見るのも恥ずかしいんじゃなかったんですかねー。

こんなかわいい後輩女子にフェラされたら、すぐイっちゃいそう。

顔を上げてキスを欲しがるが男は体勢を変えたいみたいで気付かず、体勢を変えている途中にもキスを欲しがるが男は気付かず。カスミちゃんから積極的に2回キスを求めてスルーされちゃいました。

3回目は強引にキス。足をピョコンと上げて抱きつくのがかわいい。前半は距離をとっていたカスミちゃんがこうなるのが面白い。

2画面システムでのフェラ。

チンコにむしゃぶりつくようなフェラ。あのカスミちゃんが、こうなっちゃうんですねぇ。

男が攻めたがったので体勢を変えようとしますが、チンコを握ったまま離さない。

男が上になって攻める番ですが、キスするとチンコをシコシコしてきます。

クンニをされると喘ぎ声を出してビクッビクッと敏感な反応。
男「気持ちいい?」
カスミ「気持ちいい……」

盛り上がっていたところで来客。
ちょっとしたハプニング。

プレイが途切れると素に戻って布団の中に入る。
カスミ「大丈夫ですか?」
男「大丈夫……かなぁ」
カスミ「『かなぁ』って(笑)」

男は来客を気にしているけど、仕切り直して再スタート。
男「また今度にする? 入れるの」
カスミ「んーん 入れる」

耳を舐めると敏感に反応して、
男「耳弱いの?」
カスミ「先輩が首弱いのと一緒ですよ」

コンドームを引き出しから取り出す。
カスミ「そこに隠してたんですね 見つけられなかった」
男「カスミちゃん来ると思って」
カスミ「絶対ウソだ」

男「昨日いっぱい買ってきた」
カスミ「絶対ウソ ずっとそこに入ってる?」
コンドームを着けるところを見つめる表情もかわいい。

正常位でゆっくり挿入。
ここまで1時間37分10秒、念願の挿入です。
男「痛くない?」
カスミ「大丈夫」
男「ゆっくり動くね」

カスミ「枕ほしい」
男が枕を取ってあげると、それで顔を隠す。
男「それに? 顔隠すために?」
カスミ「だって恥ずかしいんですもん」

密着して腰を振っていたら、
カスミ「噛んでいいですか?」
エロさがボロボロ出てきます。

カスミ「先輩 耳は弱くないんですか?」
男「耳も弱い」
と言われてカスミちゃんが耳舐めをすると逃げる。
カスミ「だってさっきやったじゃないですか」
お返しの耳舐めなので受けます。
男「ヤバい」

見つめ合いながらの正常位、
男「ホントに好きになっちゃう」
微妙に失言で、
カスミ「ホントに好きじゃないんですか?」

普通に正常位をしていたら、
カスミ「首噛みたい」
どんどん自分を出してくる。

気持ち良さそうな先輩を見て、
カスミ「女の子みたい」
男「よく言われる」
カスミ「かわいい」

側位でキス。
カスミ「首絞めたくなる」
本当に噛んだり絞めたりするのが好きみたい。
カスミ「女の子みたい ホントかわいい」

2画面システムで騎乗位。

カスミ「ホント首絞めたくなる(笑)」
前半のかわいらしくて純情な後輩というキャラからは想像もできなかった首絞め癖。セックスで本性をさらけ出すのが良いです。
カスミ「やっ なんか かわいい」

かわいい後輩が上に乗ってグリグリするのも良いです。
男「そんなにグリグリしたらイっちゃいそう」
カスミ「ウフッ」
また女の子みたいな反応がかわいかったのか、嬉しそうにキスをします。
男「出ちゃう」

背面騎乗位。
カスミ「あぁすごい」
男「気持ちいい」
カスミ「アタシも気持ちいい」

さんざんやっておいて、
カスミ「ヘタクソじゃないですか?」
っと恥じらいつつ聞いてくる。
男「全然 出ちゃいそう」
カスミ「全然なんか 自信ないから わかんないです」
自信ない人のセックスじゃないですよ。

バック。
男「入れるよ」
カスミ「はい」
後輩らしい返事。

パンパン突かれてベッドにしがみつく。
カスミ「気持ちいいです」

崩れて寝バックへ。
でもお尻は突き上げている。
カスミ「奥まで入ってる」
男「奥まで入ってる?」

カスミちゃんが下からグリグリしてくれる。

男が動く。
寝バックの醍醐味、布団に押しつけられるような反応がかわいい。

男「洗面所行こうか?」
カスミ「洗面所? なんで洗面所なんですか(笑)」

鏡で自分の姿を見せながら立ちバック。
カスミ「あぁ先輩気持ちいい」

カスミ「洗面所好きなんですか?」
ベッドの時もそうでしたが、頻繁にキスを求めるカスミちゃん。

廊下で立ちバック。カスミちゃんが動いてくれて、
男「あぁ気持ちいいそれ」
カスミ「うん アタシも気持ちいい」
男「奥に当たる?」
カスミ「当たりますね」
何度も何度も思いますが、前半でかわいらしかったカスミちゃんが、先輩にお尻を叩きつけている姿を見るのは衝撃的です。

カスミ「気持ちくって立ってらんない……」

ベッドに戻って正常位。
男「気持ちいい?」
カスミ「気持ちいい」
両手を握ってピストン。
カスミ「あぁ気持ちいい奥当たる」

キスも多いし、男の顔を押さえて見つめるのも多い。本当に先輩のことが好きになっている感じです。
カスミ「触るのは平気?」
耳を触りたいみたいです。

耳舐め。
カスミ「先輩がかわいいから はい もう1回」
先輩が犯されているみたい。
男「ヤバい」

また先輩を見つめる。
男「付き合って こんな毎日するんだ?」
カスミ「フフフッ 毎日しましょ」
性欲が強すぎて男がもたなそう。

カスミ「気持ちいい…… 気持ちいい?」
男「気持ちいい」
カスミ「フフフ 一緒ですね」
後輩を部屋に連れ込んで喰うはずが、逆に喰われちゃっているみたい。

男「そろそろ出していい? まだ入れ足りない?」
カスミ「フフフ どうしよっかな」
後輩の全然余裕な感じ。

カスミ「じゃあ もうちょっとガマンしてください」
イキそうな先輩に優しい後輩口調でこれを言う。
男「もうちょっと?」
カスミ「うん あぁ気持ちいいオチンチン」

ヘトヘトの先輩にキスして、
カスミ「出しちゃダメ」
サキュバスですねこれ。
男「出しちゃいそう……」

ヘトヘトの先輩を見て満足気な表情。

本当にヘトヘトで汗をぬぐう先輩。
カスミ「大丈夫ですよ 飲むから」
いろいろぶち込んでくるカスミちゃん。

男「じゃあ出していい?」
カスミ「うん じゃあ最後近く来てください」
最後のキスを求める。男をコントロールして支配下においたようなセックス。

男「イクイクッ!」
コンドームを外してお腹に射精。
カスミ「たくさん出るんですね」
男は「はぁはぁ」言っているけどカスミちゃんは余裕。

カスミ「好きなんですもん 感触が」
射精したばかりのチンコを触り、逃げる先輩。

男「ホントに無理」
カスミ「10秒だけ耐えてください 10秒だけ」
引かないカスミちゃん。

10秒だけならと受ける先輩でしたが、悪魔の罠でした。
カスミ「10……9……8……7……6……6……6……6……」
男「ちょっと待って(笑)」
カスミ「6……6……」
男「ホントにホントにホントに」
ドSでしたね。

許してもらって、
カスミ「はーーーっ」
伸びをする。
男「いじめ過ぎるし……」
後輩女子にコテンパンにやられた感じ。
カスミ「かわいいなぁって思って(笑)」
後輩女子に言われるのはキツいっすね。

カスミ「恥ずかしかった でも」
男「ホントに?」
カスミ「ホントですよ(笑)」
今さら恥ずかしがりの後輩キャラに戻っても……。
男「全然そんな感じしなかったけど」

冷房をつけたがる男に抱きついて離れない。

1人で洗面所に入るところも撮っています。

事後のシーンも雰囲気あって面白いです。ヤっただけで終わりじゃない。ヤル前との2人の変化も感じますね。

感想

最高でした。

DMM.R18のレビューでも4.6点(15件)という高評価。「かわいい」「はまり役」と絶賛されている。まひろ芽唯(松中りな)さんは単体作品があまりなく、メジャーとは言い難いレベルですので、発見した嬉しさみたいなものもあります。作品次第で振れ幅が大きい女優さんかと思う。他の単体作品だと、家庭教師に教わる生徒役とか、大きな丸メガネをかけたビジュアルとか、あまり魅力を感じなかった。今回はレビューコメントにもある「はまり役」という感じ。西内まりやに似ていました。

『ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。』シリーズは、本当に盗撮しているんじゃないかと思うようなリアリティが魅力で、大好きな作風です。他メーカーに類似シリーズがありますが、このリアリティには遠く及んでいない。このリアリティの中で、連れ込まれた後輩女子役が完璧にハマっているから素晴らしい。

冒頭1時間以上はトークだったりソフトエロですが、カスミちゃんの後輩女子っぷりがかわいすぎて、セックスする前で既に満足感がありました。本当に自然なやりとりで、良い表情を見せてくれます。そして、こんなかわいい後輩女子が、どんなセックスを見せてくれるのかという期待も高まるばかり。恥ずかしがったり、抵抗したりするところから、少しずつ受け入れていく展開も素晴らしかった。

セックスでも最初はかわいらしい後輩女子でしたが、スイッチが入って本性を出してくると小悪魔というか悪魔みたいでした。先輩にカスミ「恥ずかしい?」と聞いてきたあたりで積極的になり、チンコを出した瞬間に握って咥えるし、体勢を変える時もチンコを離さない。挿入してからも「噛んでいいですか?」「首噛みたい」「女の子みたい」「首絞めたくなる」「女の子みたい ホントかわいい」と、恥ずかしがり屋のかわいい後輩からは想像できなかったような言葉が飛び出てくる。
終盤は完全にカスミちゃんのペースで、ヘトヘトになった男が「そろそろ出していい? まだ入れ足りない?」と聞いて「フフフ どうしよっかな」「じゃあ もうちょっとガマンしてください」と、いじめてくるところは刺激的でした。そんなヘトヘトな先輩を見て嬉しそうに笑うあたり、真正のSだなと思いました。さらに射精後のチンコいじりでも、悶える先輩を嬉しそうにいじめていました。

最後はヘトヘトになった先輩と、余力たっぷりのカスミちゃんの差が印象的。120点満点の理想的な後輩女子から、セックスモンスターっぷりを見せる変化が凄かったです。ミイラ取りがミイラになりました。

収録時間:129分(HD版:129分)
シリーズ:ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。
メーカー:綜実社/妄想族
レーベル:綜実社/妄想族

DMM.R18 ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。する23才まで童貞 Vol.10

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top