『エイリアンVSプレデター』のような最強ヤリマンVSベテランAV男優

イカせ・勝負
イカせ・勝負 巨根

地元の男は食い尽くしたという最強ヤリマン・つぐみちゃん。若手AV男優とセックスするが満足できず、その後に監督も抜いちゃう。手に負えない暴走っぷりでしたが、ベテラン男優の佐川銀次が凄まじいプレイを見せる。『エイリアンVSプレデター』のような最強セックスモンスター同士のバトルみたいでした。>>感想
FANZA 地元の男は食い尽くした最強ヤリマン・つぐみちゃん(22)田舎娘に密着濃厚中出しSEX

シーン1

つぐみ「撮ってるー 早くないですか? 撮影の人ですよね?」
監督「つぐみさん?」
つぐみ「はじめまして よろしくお願いします」

街中で待ち合わせをして初対面の挨拶。
つぐみ「もうヤりに行きますか?」
監督「いや そういうのあんまり外で言わない」
つぐみ「あ セックス(笑)」
監督「言わないの」

地元の田舎の男は食い尽くしたというヤリマン。最初からヤリマンキャラ全開。
車で話を聞くと、
つぐみ「美容に一応なりたくて あとお兄ちゃん2人います チンチン2つ(笑)」
監督「ははっ ご趣味は なんかありますか? 一応聞きますけど」
つぐみ「まぁ 基本セックス」

見た目はわりと清純そうなのにヤリマンというギャップが良いです。
男と知り合ったらすぐヤっちゃうなど、ヤリマンエピソードを話す。肉食系だけどMで、レイプや痴漢のAVが好きだという。

撮影が楽しみで、前日は「繋ぎオナニー」をしていたらしい。
スタジオで待たされて、
つぐみ「まだー? 遅いー」
胸が高鳴っているといい、監督に触らせる。
つぐみ「ちょっとモミモミ 気持ちいい」
かわいらしくて無邪気な子供っぽいけど、ブッ壊れたエロさ。服の中に手をつっこませて、
つぐみ「ヤル気スイッチ押したんだから 責任とってください」

セックスを求められる監督が困って、
監督「鎮めるためにオナニーしましょう」
ブッ壊れたヤリマンだけど、いざカメラの前でオナニーとなると、
つぐみ「ちょっと恥ずかしい(笑)」
かわいい恥じらいも見せる。
おっぱいを出して乳首を触って気持ち良くなる。家に来た殺人犯をかくまってレイプされるという妄想でヤっているらしい。
監督の脚を股に挟んだりもする。
つぐみ「ちょっとヤバイかも…… あっ イクイクッ……!」

シーン2

男優が来るなり股間を触り、
つぐみ「チンコ 遅いー」
男優「チンコ遅いって 初めて聞いたんですけど(笑)」

つぐみちゃんがシャワーを浴びない方がいいと言って、すぐにカラミへ。
男優の腋の臭いを嗅ぐ。男優が女優にやることは多いですが、逆は珍しい。嗅いだ後に腋舐め。
つぐみ「汗の味(笑)」
つぐみちゃんが主導権を握ってディープキス。
座位の体勢で男優に跨って、おっぱいを揉ませて服を脱いだところで、腋舐めをやり返される。
ブラを取り、おっぱいを揉ませる前に、
つぐみ「温めてあげる」
指フェラで指を温める。温めた指で乳首を触り、おっぱいを舐める。
感度が良いだけでなく、気持ち良いのが嬉しそうな反応。

おっぱいを揉ませながら耳舐めされ、自分でマンコを触って感じるつぐみちゃん。
男に手マンさせて、腕にしがみつく。
男「パンツ グッチョグチョだよ」
つぐみ「ヤバイ 替え持ってきてない ノーパンで帰る」

手マンでイっちゃう。

パンストを脱がせて、
つぐみ「パンイチ」
四つん這いになってパンツの染みを見せる。
パンツを脱がして指入れ。
つぐみ「あぁヤバイ…… ヤバイ」
両足をピョコンと上げて、力の入ったイキっぷり。

仰向けにして股を開くとパイパンマンコで、
つぐみ「セックスしすぎて どっか行った(笑)」
クンニをすると、
男「すっごい濡れてるね ビチョビチョだよ」
つぐみ「処女だから(笑)」

クンニでのイキっぷりも良いです。
クンニの後に手でもイク。

つぐみ「脱いで 脱いで」
とても嬉しそうに男優のガマン汁をイジる。
つぐみ「なんでこんな出てんの?」
玉のところに顔を押し当てて臭いを嗅いだりもする。かなりの臭いフェチで、アナルの臭いも嗅いで舐める。
男「後でやり返していい?」
つぐみ「やだ(笑) ごめんなさい ごめんなさい」


アナル舐めで萎えちゃったチンコを持ち上げて、
つぐみ「舐めちゃうよ」
フェラですぐに勃起。
奥まで咥えてグジュグジュして、口を離すと糸を引くのがエロい。
あどけなさの残る顔で、激しいフェラをするギャップが良いです。

シックスナインでつぐみちゃんがイって、
つぐみ「もう入れる」
と言いつつ顔面騎乗クンニでまたイっちゃう。
つぐみ「正常位 あとで松葉崩し(笑)」
リクエストをしてから正常位で挿入。
つぐみ「チンチン気持ちいいっ! ヤバイッ!」
男「あ あぁ すごいテンションだな」

チンコを入れると、犬がはしゃぐみたいに喜ぶ。
いきなりだいしゅきホールド。

正常位→座位、
つぐみ「あぁすごい奥当たる」
イった後も突かれ続ける激しいセックスで連続イキ。
そして大好きな松葉崩しで奥を突いてもらう。
ガンギマリなくらい感じる。
つぐみ「ヤバイ…… ヤバイよ」

バックでもイカせて、普通の素人ならヘトヘトになりそうだが、
つぐみ「もっと もっと 足りない」
バックから寝バック。
つぐみ「もっと突いてっ もっと突いてっ」
底無しのセックスモンスターとバトルしている感じ。イキまくって倒せそうだけど、突いても突いても倒せない。
つぐみ「あぁイクイクッ……!」
イってグッタリするが、
つぐみ「やめないで…… もっと」

正常位でも3回イカせて、
男優「あぁ ヤバイ 俺もイキそう」
つぐみ「出して いっぱい出して いっぱい出してっ!」

顔射して、お掃除フェラ。

激しいセックスで10回以上はイカせたけど、
つぐみ「もう1回 もう1回」
男優「え……?」
つぐみ「早く もう1回」
男優「まだやり足りない?」

とりあえず手マンで潮を吹かせるが、
つぐみ「チンチン チンチン チンチン欲しい」
男優「チンチン もう勃ってない」
つぐみ「ああっ…… いやっ」

監督のチンチンを求めるが、
監督「もう1人いるから その人に頑張ってもらおう」
今ヤったばかりの男優は素人女子を満足させられず屈辱的。

シーン3

バスローブ姿で待機。感想を聞くと、
つぐみ「最高……まぁ足んないけど(笑)」
AV男優のセックスは評価しながらも、まだまだ足りない様子。
監督「満足してい……」
つぐみ「満足はしてないっ!」

話をしながら監督の股間をサワサワする。もう監督も触られるのは諦めてます。

監督が用意した透け透けの衣装に着替えて、
つぐみ「興奮しました?」
監督「しましたけど」
つぐみ「じゃあセックスする」

監督とヤりたがり、股間の臭いを嗅ぐ。嗅いでいる時の目がヤバくて、本物の変態っぽい。
監督「嗅ぐよねー 嗅ぐよねー」
つぐみ「今ミンティア食べてたから 今フェラしたらスースーすると思う(笑)」


押し倒して乳首を触り、
つぐみ「かわいい乳首 ここ弱いんですか?」
乳首を舐めてからパンツを脱がして臭いを嗅ぐ。
ガマン汁をイジってフェラ。
跨って股間を擦り合わせて、
つぐみ「あ チンチン生えたみたい(笑) ねぇ ほら 私にチンチン生えた 立派なのが生えちゃった」
嬉しそうに擦る。さり気なく「立派」と言ってくれる。
つぐみ「自分でシコってるみたい」
反対向いて尻コキもしてくれる。

膝の裏でもシコシコ。
手コキしながら唾を飲ませてキス。
つぐみ「ピクピクしすぎ ねぇ」
手コキをしながら股間を近づけて、
つぐみ「入れよう」
監督「あぁイッ……」
つぐみ「どうしたの?」
監督「あっ!」

 ドピュッ
つぐみ「フフ あぁすごいこれ」
挿入直前の暴発。台本通りという感じではありますが。
握ったまま精子まみれのチンポを、
つぐみ「今入れていい?」
射精したばかりのチンポをシゴいて、
つぐみ「まだ入れれるでしょ?(笑)」
監督「お願いだからちょっと待って 頼むから待って」
つぐみ「あはははっ!」

Mだと言っていたけどSっぽい。
監督「怖いわ この人」

シーン4

そしてベテラン男優登場。なぜかモザイクがかかっていますが、佐川銀次です。
男優「どうしたの?」
つぐみ「早くヤりたいっ!」
男優「えっ ホント ヤりに来たんだ?」
つぐみ「うん」
男優「うんって そんなにヤりたいの?」

落ち着いた渋い声で喋りかけ、ラスボスの風格があります。底無しのセックスモンスターであるつぐみちゃんと、どんなセックスを見せるか楽しみ。

まずは「動いちゃダメ」と言って耳から触る佐川銀次。
耳を舐めて、噛む。感度がいいので耳だけでもイキそうな反応。
つぐみ「あっ…… うっ!」
ベテラン男優の熟練された攻め。

肩を噛み、首を舐めて、
男優「じゃあさ こういうのどうかな?」
首絞め。
手を離すと失神しそうな感じでグタッとなる。
つぐみ「気持ちいい……」
佐川銀次が手の平で転がしている感じが凄い。ずっと男を舐めたような態度ではしゃいでいたつぐみちゃんが、なす術なく料理されている。

ぐったり&うっとりしたところをキス。
ブラを取って、乳首を触る。感じて股が開き、
男優「なに自分から股開いてるの 恥ずかしい」
つぐみ「ごめんなさい」

殺人犯をかくまってレイプされる妄想でオナニーするくらいですから、Sっ気のある攻めにハマる。
お仕置きするように乳首を引っ張る。
つぐみ「気持ちいいっ ああっ!」

バイブレーターを使う。乳首の周りで焦らして、
つぐみ「当ててください 当ててください 乳首に当ててください」
男優「ずっと周りしてるよ」

乳首ギリギリに近づけて、
つぐみ「当ててっ 当ててほしいっ」
発狂しそうな焦らし。
もしこれがシーン1だったら普通に感じる焦らしですけど、ここまで男をグイグイ攻めていたつぐみちゃんが手玉に取られている変化が良いです。
たっぷり焦らされてから当てられ、感度倍増という具合で感じる。

下に当てると、
つぐみ「イキそうっ イキそうっ!」
寸止めされる。
男優「ダメでしょ まだ」
つぐみ「イキたいっ イキたいっ」

数回寸止めしてからパンツの中にバイブをつっこむ。
つぐみ「あぁイクイクッ」
男優「ダメッ ガマンしろ」
つぐみ「イカせてくださいっ」

ガマンさせられてピクピクしている。素直に従わされているのも面白い。今までの自分の欲望をぶつけるセックスとは違っている。

電マでも寸止め。
男優「黙ってイこうとしてたでしょ」
つぐみ「ごめんなさい」
男優「立ちなさい」
つぐみ「はい」

立たせて電マ当てのお仕置き。
焦らされて寸止めでヨダレを垂らすのが良いです。
つぐみ「イキたい イキたぁい……」

勝手にイって怒られ、クリイキだったのでクンニ。
今回はイっても終わらないクンニ、
つぐみ「もうイっちゃった もうイっちゃった あああっ!」
立て続けに手マンとバイブで攻めて絶叫。
男優「ダメ? ダメ? イキたいって言ってたじゃないか さっきまで」

バイブをつっこんだまま四つん這いにしてアナルをガン見。
アナルを舐めながら手マン。
男優「オマケあげる」
ぶっといディルドーをつっこむ。
ここでもイった後も終わらない攻め。

攻めが終わるとグッタリ。
男優との激しいセックスでも「物足りない」と言っていたつぐみちゃんが、こういう姿を見せるのが良い。最初のセックスとの対比で楽しめる。

ディルドーを挿しながら電マも当ててイカせ、
つぐみ「もうダメッ もう壊れちゃう」
つぐみちゃんにこの言葉を言わせるとは。
つぐみ「壊れちゃう……」
男優「壊れちゃう? 壊れちゃえよ」

監督の射精後のチンポをいじめていたつぐみちゃん、同じようなことを佐川銀次にやられる。

イって攻めが止まり、グッタリするけど起こされる。

抱き寄せてキス。
男優「いっぱいイったな」
つぐみ「うん 気持ちいい……」

もう心酔している表情で佐川銀次を見つめる。地元の男を喰い漁って相手がいなくなるほどのヤリマンを堕とす凄さ。セックスモンスターをペットにちゃうベテラン男優。

佐川銀次がチンポを出して、満面の笑みを浮かべるつぐみちゃん。
つぐみ「すごい おっきい おっきい……」
男優「おっきいの好きか?」
つぐみ「うん」
男優「おっきいのどうすんの? 咥える?」
つぐみ「臭い嗅ぐ」

やっぱり臭いフェチ。
嗅いでから咥える。
男優「もっと深く入んない?」
つぐみ「うん」
男優「入るよ」

と言って押し込む。
チンポを見ると笑顔になるつぐみちゃんが苦しそうなのが新鮮。

離すと、
つぐみ「ごほっ! ごほっ! あー…… あー…… はぁはぁ……」
うつろな目だけど、
つぐみ「もう1回 もう1回」
洗脳している感じすらある。

つぐみちゃんを仰向けに寝かせて、口マンコでセックス。
足をジタバタさせるのが良いです。

チンポを抜くと、
つぐみ「ああっ ああっ ごほごほっ あー はぁはぁ……」
苦しそうだけど、
つぐみ「気持ちいい……」
SMの世界ですね。容赦なくもう1回やります。

男優「このチンポ このまま入れちゃうぞ生で」
つぐみ「うん」

嬉しそうです。
強引にズボッと入れて、
つぐみ「ううっ! あぁおっきい おっきい」

つぐみ「奥っ 奥すごい あーあっ! イクッ!」
首を絞められてイク。
手を離すと殺しちゃったみたいにグテッとなる。

お腹をグーで押しながら正常位。
つぐみ「あっ…… イクイクイクッ……!」
腹を殴られてイっているみたい。

持ち上げて対面座位。
犯されているつぐみちゃんがかわいい。もはやセックスモンスターっぽさはなく、AV男優のセックスでメロメロになる素人女子。

騎乗位中に電マを当てると、
つぐみ「動けないっ 動けないっ うううぅ!」
口元にヨダレを垂らしながらフラつき、そのまま前かがみになって騎乗位を続ける。
騎乗位からバックへ。お尻パンパン叩かれながら突かれてイク。
バックから崩れて寝バック。グッタリしたところ、髪を引っ張って起こされる。
側位でもイって、ヨダレを垂らしながら失神しそうな状態。

グッタリしたところを正常位。
男優「出ちゃいそうだよ このまま」
つぐみ「まだしたい したい」

だいしゅきホールドで固める。
つぐみ「突いて」
男優「突くと出ちゃうよ」
つぐみ「いっぱい突くよ」
男優「いっぱい突くと出ちゃうって」
つぐみ「まだしてたい まだする」

やはり底無し。佐川銀次が持たなそう。

男優「出ちゃう このまま出しちゃう中に」
つぐみ「出してもそのままして」
男優「イっちゃうよ」
つぐみ「いっぱい出して」

覚悟を決めて最後の腰振り。
男優「あぁ出るっ!」
中出しをして、お掃除フェラ。
チンポを抜く直前にカットが入っているので擬似っぽいですけどね。

つぐみ「まだしたい! まだしたい! 入れて」
正常位で再挿入。
今度はちゃんと射精して顔射。
アヘアヘしていて満足させたかと思いきや、大ドンデン返しの映画みたいにアヘアヘしながらオナニーを始めてしまう。
佐川銀次の激しいセックスですら満足させられなかった。

電マまで使ってイっちゃう。
鎮まったかと思いきや、
つぐみ「もっとしたい…… もっとしたい……」
かわいい顔して怖い。
つぐみ「呼んできて 誰か……」
彼女を満足させられる男はいなさそう。

感想

二転三転のセックスモンスターとの戦い

いやー、凄かった。
まずは最強ヤリマンの田舎娘がAV男優とセックスして気持ちいいけど物足りない。次に監督を抜いちゃう。そしてベテラン男優が出てきて、Sっ気のあるプレイでセックスモンスターをペットのように堕とす。しかしオチは「もっとしたい」という底無し。メリハリのある構成で面白い展開でした。

最初のAV男優はかませ犬みたいでもあるのですが、捨てシーンにはなっておらず、めちゃくちゃ気持ち良さそうに感じてイってくれるつぐみちゃん。事後にテクニック自体は高評価していました。つぐみちゃんの特徴は底無しの性欲で、イカせてもイカせても満足せずに求めてくる。男優からすれば、順調に気持ち良くさせてイカせているなと思っていたところ、後半は雲行きがあやしくなってくる。寝バックで突くところなんて、ゾンビに何回も攻撃するみたいでした。突いても突いても倒せない。

監督を抜くシーンも、つぐみちゃんの最強ヤリマンっぷりを見せるためのシーン。

で、底無しの性欲っぷりを見せてからベテラン男優の佐川銀次が支配的なプレイを見せる。ここが凄かったです。自分の欲望を満たすために男を求めていたつぐみちゃんが飼い慣らされるようなプレイ。イクのをガマンさせられるのも犬に「待て」する感覚。
このカラミがシーン1なら普通のSMっぽいプレイですが、ここまでにつぐみちゃんの底無しっぷりとか暴走っぷりを見せつけられているので、それを飼い慣らす凄さが伝わる。
教祖様を心酔するような目で見るのが良かった。冒頭のトークでも言っていましたが、1人の男とヤるよりも新規の男とヤりまくりたいつぐみちゃん。その彼女を堕としちゃうのが凄い。

感じっぷりのギアも上がっていて、何度かヨダレを垂らすのが上手かった。薬でも盛られているかのような感じ方。

シーン3までだと、ステレオタイプの浅いヤリマンキャラになる可能性もあったけど、シーン4での凄まじい感じっぷりでキャラに深みが出ました。
外見がかわいらしくて幼いのも良いですね。この外見で実はヤリマンというギャップは面白い。

オチでは、佐川銀次が耐えられなくなり射精。そして、つぐみちゃんはオナニーを始めてしまう。最初につぐみちゃんのセックスモンスターっぷりを見せ、それを飼い慣らす佐川銀次の凄さを見せ、その佐川銀次でも満足させられなかったつぐみちゃんの底無しっぷりを見せた。『エイリアンVSプレデター』のような最強モンスター同士のバトルで興奮しました。

配信開始日:2020/04/20
収録時間:172分
出演者:水沢つぐみ
メーカー:あんず/妄想族
レーベル:あんず

FANZA 地元の男は食い尽くした最強ヤリマン・つぐみちゃん(22)田舎娘に密着濃厚中出しSEX

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました