神咲詩織が引退作でウルフ田中と激しいカラミ「あぁでっかい(笑) 久しぶりに見た」

巨根
巨根

2011年3月にAVデビューした神咲詩織の引退作。シーン1でウルフ田中とのカラミ。久しぶりに顔を合わせる気恥ずかしさもありつつ「あぁでっかい(笑) 久しぶりに見た」と改めてデカチンに驚く。ベッドがグワングワンきしんで、周辺の物も揺れてカチャカチャするという、最後のカラミらしい激しさがありました。>>感想
FANZA AV引退 神咲詩織FINAL 本気の中出しセックスをするための最後の旅に出ませんか?

シーン1

神咲詩織「9年間のAV女優人生最後となる引退作の撮影に来ておりまーす」
2011年3月にAVデビューした神咲詩織。引退作の企画は「北海道横断!函館~旭川!禁酒しながら美味しいものツアー!最高のビールを求め、一番エロくなるお酒を飲んで、最後は世界一エロい●っ払い中出しセックスをしようの巻!」というもの。3日間の旅です。
冒頭20分は電車に乗ったりレンタカーに乗ったりお食事をしたり旅っぽい映像。ただ、背景がほぼモザイクなのと会話にピー音が多すぎてイマイチ伝わらない。

夜になり神咲詩織はホテルへ。
監督「東京からセックスしたいっていう人が」
神咲詩織「セックスしたい人(笑)」
監督「ちょっと到着しました」
神咲詩織「あ そうなんですね」

北海道に着いたばかりのウルフ田中が合流。ビールを買ってきてくれたけど、神咲詩織は3日間禁酒する企画なので飲めず。
ウルフ田中「僕は飲んでもいいんですか?」
神咲詩織の目の前で見せつけるようにビールを飲んじゃうウルフ田中。
神咲詩織「ちょっと めっちゃ飲む(笑) めっちゃ飲むじゃないですか」

ウルフ田中「ホント恥ずかしいんですよ」
神咲詩織「久しぶりですよね 本当に久しぶりなんで」
ウルフ田中「1ヶ月くらい前に階段 まぁ某メーカーさんのとこで ちょっとすれ違ったぐらいなので」
神咲詩織「すれ違ったぐらい」

顔見知りだけど久しぶりなので気恥ずかしいらしい。
さらにプライベートっぽいシチュエーションのカラミでもあり、
ウルフ田中「フリーのスタイルのね こういうのっていうのは 神さんと初めてなんで」
神咲詩織「ですよね」

引退作の重みもありますし、いつもの仕事のセックスとは違う雰囲気もあって緊張が伝わる。

とは言えベテラン同士、いきなり濃厚なキスでプレイに入る。
キスしながらお互いにシャツを脱がし、上級者同士の安定感。
下着姿になった神咲詩織が乳首舐め。1つ1つの行為が、この作品で見納めになります。

ブラをペロンとめくり、美乳が露わになる。
後ろに回って首筋や背中を舐める。

おっぱいを揉んで神咲詩織を寝かせ、お腹や脚を舐めながらパンツを脱がせる。
手マンしながらおっぱいを舐める。
神咲詩織「ああっ イクイクイクッ……あっ!」
腰をビクンッとさせる。
神咲詩織「あぁ気持ちいいっ」

攻守交替してウルフ田中がズボンを脱ぐ。
神咲詩織「あぁすごい」
股間の膨らみに顔を近づける。
パンツの中に手を入れて、
神咲詩織「あぁすごい んんっ おっきい」
パンツの中でシゴきながら、パンツ越しに舐める。

神咲詩織「見ていい?」
パンツを脱がせて、
神咲詩織「あぁでっかい(笑) 久しぶりに見た」
約1ヶ月ぶりに顔を合わせたらしいですが、セックスをしたのはそれよりも前。久しぶりにウルフ田中のデカチンを見る。

すぐに亀頭をペロペロし、竿も舐め上げてから咥える。
神咲詩織「んっ 大きい」
大きいと言ってから、あえてがっつり咥え込むのは流石。深く咥えるジュボジュボ。
引退作ならではのフェラテクの集大成。

このデカチンでイラマチオもやっちゃう。
ほぼ根元まで入れる。

チンポを抜くとヨダレがダラリ。

キスをして、
神咲詩織「入れて」
ゆっくりと正常位の体勢になる。
神咲詩織「おっきいオチンチン入れて」
この体で腋を見せつつ色っぽく誘うのは破壊力あります。

脚をガバッと開いて奥まで挿入。
神咲詩織「あぁすごいっ おっきい……」
AVで最後に味わうデカチン。
神咲詩織「ああ すごい奥まで入ってる」

肉体派同士のセックスでベッドがグワングワン、サイドテーブルの物がガチャガチャと音を立てる。
激しいピストンで神咲詩織のおっぱいがちぎれそうなほど変形しながらブルンブルンと揺れる。
重量級の迫力あるカラミに圧倒されます。

そしてブリッジ状態で突くウルフ田中の必殺技。
規格外のデカチンなので痛がられるでしょうから、いつもやる技じゃないので貴重。
ちなみに清本玲奈にヤった時が凄かったです。
清楚で普通っぽい人妻がウルフ田中に本気を出させる性豪 – テングノハナオレ

正常位だけでヘトヘトになり、ゆっくりと横を向いて側位へ。
神咲詩織「あぁすごい ああ…… 子宮のほう もっともっといっぱい欲しい」
ウルフ田中が神咲詩織のお腹をギュッと押さえながら激しくパンパンする。
神咲詩織「あぁヤバイヤバイヤバイ ああっ ダメッ!」

さらに転がって四つん這いになってバック。
激しいセックスで疲労感のある表情も良いです。

バックでもベッドが壊れそうなガン突き。

バックから崩れて寝バック。
神咲詩織の極上ボディを押し潰すようなピストンも良いです。
神咲詩織「イクイクイクッ あっ……」
イって脱力。

神咲詩織が立ち上がって仁王立ちクンニ。
そこから腰を下ろして騎乗位へ。
やっぱりこの体の迫力は凄い。チンポに迫ってくるのに臆するほど。

神咲詩織「あぁすごい 入ってる 大きいの入ってる」
おっぱいを弾ませながらピストン。

ウルフ田中が激しい突き上げ。
神咲詩織「イクイクイクイクッ! ああっ!」
いい表情で突かれています。

上体を起こしてキス、神咲詩織が後ろに手をついた体勢で跳ねる。

締めの正常位。
神咲詩織「あぁ奥まで入ってる 気持ちいい」

正常位で中出し。
指で精子をほじくり出す。
神咲詩織「あぁすごい出てくる」

シーン2

2日目。日中はビールめぐりの旅。
夜はハメ撮り。まずはフェラから、
神咲詩織「奥まで咥えていい?」
ウルフ田中の後だと簡単に咥えているように見える。
立ちバック→正常位→騎乗位→背面騎乗位→バックで中出し。
やはりウルフ田中と比べるとパワー不足なところが感じられ、比較対象として面白い。

シーン3

3日目も旅っぽい映像から。
スタジオに入り、神咲詩織が作詞作曲した歌を披露。
飲酒OKになり、引退パーティーへ。
AV男優のシェフ、貞松、西島も参加。
「今だからできる話」で、デカチンの話題になり、
神咲詩織「黒人さんは初めてちょっと腰キュッと引きましたね 硬いし長いし なんかその」
貞松大輔「形状がもう違うから」

おそらく↓の作品。
国産チンポに「奥まで届かない事が多くて」と不満を漏らしていた神咲詩織が初めての黒人体験 – テングノハナオレ
チンコの入れ方の好みも語る。
神咲詩織「もっぱら奥好きだったんですけど 最近はなんか上好きです」
奥が好きなのは黒人との作品でも言っていました。
AV撮影やプライベートでのエッチなエピソードを語った後、最後の3Pへ。飲酒しながらのほろ酔いセックスでもある。
3人が交互に挿入し、フィニッシュはシェフが正常位でおっぱいに射精、西島が正常位で顔射、貞松も正常位で顔射。
花束を貰い、引退の言葉。
そして最後の最後に大物AV女優が見届けにくるというサプライズもありました。ビールを飲まされ、神咲詩織に「好きっ」とキスされていました。

感想

神咲詩織とウルフ田中の最後のカラミ

2011年3月にAVデビューした神咲詩織の引退作品。久しぶりに会ったというウルフ田中とのカラミが激しくて良かったです。

イラマチオでほぼ根元まで咥えるのは驚きでした。さすが巨根好きを自負するだけあり、下だけじゃなく口もいける。

フェラとイラマチオでウルフ田中の巨根を咥えるところをしっかり見せてから正常位で挿入。「もっと」とか「奥まで入ってる」とか、奥が好きな神咲詩織らしい反応でした。黒人とセックスした作品のインタビューで「もっと!って言っても伸びないですもんね アソコは(笑)」と言っていたほどですから並のチンポでは満足しない。
ウルフ田中も容赦のない激しいピストンでベッドがグワングワンと音を立て、周辺の物も揺れてカチャカチャ鳴っていました。周りで人が見ていたら引きそうなほどの、肉体派同士の激しいセックス。
最後となる引退作で巨根とのカラミの集大成を見せてくれました。

シーン2のハメ撮りは普通なんですけど、ウルフ田中と比べるとパワー不足で、改めてベテランAV女優とAV男優のセックスの凄さを感じさせた。

カラミは良かったですけど、企画としてはやや失敗していました。旅がメインなのに背景はモザイクばかりですし、地名や商品名は伏字ばかり、見どころが少なかった。
引退パーティーでの酒を飲みながらのエッチな話や裏話は面白かったです。

「これで最後」という引退作の重みがありました。9年間も活動していたわけですから何十本も見たことありますし、1つ1つの行為が見納めになる感慨深さもあった。

価格改定によって500~1,480円になりました。

配信開始日:2019/12/07
収録時間:150分 (HD版:150分)
出演者:神咲詩織
監督:タイガー小堺
メーカー:ムーディーズ
レーベル:MOODYZ DIVA

FANZA AV引退 神咲詩織FINAL 本気の中出しセックスをするための最後の旅に出ませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました