50%OFF!!【VR】2019年のVR作品で最高の1本!本物のハプニングバーをVRで体験

本物のハプニングバーで撮影した超リアル体験。リアリティの凄さに度肝を抜かれた会心の一作。見られながらセックスするシチュエーションとしては過去全てのAVの中で頂点の体験でした。特殊なシチュエーションなので好みは分かれますが、個人的に2019年のVR作品の中で最高の1本。久しぶりに異世界に飛ばしてくれたVR体験。>>感想
(FANZA 【VR】歌舞伎町A店全面協力!本物店舗で撮影した超リアルハプニングバー体験 VR)

パート1

ドアの前からスタート。インターホンを鳴らすとドアホンから店員の応答。立体音響なので、その場にいる感覚もあります。正直、このシーンを見ただけで、かなりこだわりのあるVR体験ができそうな予感がありました。雰囲気作りにこだわっているのがビンビン伝わりましたからね。
初来店の客として案内される。最初は身分証を預けるシステムらしい。
カウンターでシステムの説明。ここで既に鳥肌が立ち、背後から聞こえる客同士の会話とか、隣の席で会話してる女性とか、普通にキャバクラやスナックの雰囲気。「普通に」と言うか、もう本物の店に来た時の感覚もある。映像のはずなのに緊張する。初めての店に行った時のワクワクとドキドキが味わえました。
なんでこんなにリアリティがあるかと言えば、他の客の会話が自然だから。普通の一般客としか思えない会話をしている。撮影を意識して演技している感じがまったくない。どうやってこの雰囲気を演出できたのか謎である。
本名は名乗らずハンドルネームを名乗るシステムで、自分はナチュラルと名乗ることになった。

店内の説明をしてもらう前に少しの待ち時間。
ここはめっちゃ小人感がある。VRの中距離と遠距離は見せ方が難しい事情もあるし、特に歪みの出やすい左右の中距離はめっちゃ小人。しかし、店内の雰囲気はビンビンと伝わり、興奮が高まるし臆したりもする。初めての店、しかもハプニングバーに放り出された感覚を楽しめる。
ダーツで遊んでいるグループ、SMやっている男女、キャバクラみたいに席で会話しているグループ。SM以外は仕込みを感じさせない自然さ。SMは、これが普通なのかどうかわからないから判断できない。
こういうシーンも時間をたっぷり使って見せてくれるのが良いです。映像作品としてテンポ良く進むわけじゃなくて、リアルタイムでその場にいるみたいな味がある。

しばらくすると店員が来て案内してくれる。
ここでは移動式カメラを使っており、店員が各場所の説明をする。
最後にプレイルームの説明をしてくれて、そのまま鑑賞。プレイルームでは触ったり声をかけたりは禁止らしい。
ここも衝撃、目の前で人のセックスを見るという体験。これだけでVR作品になりそうな独特な面白さがある。客観視点のアダルトVRとも違って、一般人の普通のセックスを覗く行為。ヤバいことやっている感じがある。
声をかけるのは禁止ですが、向こうから手を振ってくることはある。
フロアでは一般客が会話している声も聞こえますし、本当にリアルなハプニングバーの雰囲気しかない。自分が見ていないところでも通常営業しているのが肌でわかる。

店内の席に座るけど、ぼっち状態で寂しい。
左では男女が2対2で会話しており、右では1対1で今にもセックスが始まりそうな密着具合。正面奥ではダーツを楽しむ人たち。
ここで上手かったのは、3分ほどこの状態で待たされたこと。リアルな孤独を感じる。左の席では「童貞(笑)」「溢れる童貞臭(笑)」と女子たちが楽しそうに話している。
孤独に負けそうになったところで、店員が1人の女性を案内してくれる。ここのドキドキ感も凄かった。開始から約11分が経過していますが、このリアルそのものの雰囲気の中で、ずっと1人でした。たっぷりと焦らして孤独を味あわせてからの、初めての女性が来た嬉しさ。
アリス「初めまして アリスです」
ここは素で「何か喋らなきゃ」と思っちゃうほどでした。VR映像を見ている感覚を超えて、自分がそこに存在している感覚に近い。
アリス「こういうところ来るの 初めてで」
孤独と緊張に呑まれていた中、初めての仲間が来てくれて嬉しい。吊り橋効果みたいに、2人でピンチを共有して距離が近づく感じもある。

2人でにわか丸出しでキョロキョロしていたら、プレイルームからプレイを終えた2人がバスタオルを巻いて堂々と出てくる。「ハッ」と驚くアリスちゃん。他の客も一斉に注目する。これも凄い体験で、セックスしたばかりの男女がフロアを堂々歩いてシャワーに向かうなんて非日常的。アトラクション並みに楽しい。
アリス「えー すごい 本当にこういうのが……」
ウブな感じのアリスちゃん。

しばらくアリスちゃんと会話。
ここもリアルなポイントがあり、騒音の中でアリスちゃんの声が聞こえにくかったりもする。我々も普通の客でしかなく、特別なマイクの存在を感じないのが良い。
アリス「なんか すごいジロジロ見ちゃって」
特に右にいる密着している2人が気になっている様子。
アリス「フフフ なんかちょっと期待しちゃいますよね(笑)」
エッチなことを始めてほしいみたい。雰囲気はウブっぽいけど、ハプバーに来るのだからめっちゃエロいはずですからね。
SM嬢を見て、SかMかの話になったりもする。
周りの動きもめちゃくちゃ面白くて、左で2対2で話していたグループが1対1に分かれる。片方のペアは右で密着している2人の近くへ。あちこちで「何が始まるんだ?」っていう興味が尽きない。こういう動きが、本当に一般人が好きにやっているようにしか見えないリアリティも凄い。それを見るアリスちゃんの反応も良いです。
アリス「なんか 私たちもちょっと くっついたほうがいいんですかね?」

お酒を数口飲んで、あたりをキョロキョロ。
アリス「どうしようって思っちゃいます(笑)」
演技なのか素なのかわかりませんが、次の行動に移るかどうか迷っているのが伝わる。
右に移動した2人がシャツのボタンを外して今にもセックスを始めそう。
アリス「どうしよう なんかすごい見ちゃって(笑)」
ここからしばらくまたお喋り。時間をたっぷり使うのが素晴らしい。台本通りにポンポンポンとは動けず、雰囲気に呑まれて緊張している中で、とりあえず会話で繋いでいる感じです。
アリス「なんか どうしようってなっちゃいますね 私たちも(笑)」
戸惑っていたところに、バスタオルの2人組が隣に座り、驚くアリスちゃんのリアクションがかわいい。
アリス「さっきの……」

でもバスタオルの2人組が来たことがきっかけとなり、隣に座るアリスちゃん。
アリス「なんか 余計に恥ずかしいですね」
これは実際に体験しないと伝わらないですが、めっちゃドキドキします。これもリアリティの凄さ、ハプバー初心者同士がここで密着するドキドキ。周りの雰囲気に呑まれていってますので、この後の期待もしちゃう。
アリス「なんか不思議な感じですね 今会ったばかりなのに」
隣に来たことで殻を破った感もあり、手を繋ぐ。
至近距離で見つめ合いながら、ナチュラルの手を耳に誘導。恥ずかしがりつつ誘ってくれる。
アリス「もっと触ってください」

おっぱいも揉ませてくれる。
アリス「ビクッてしましたね今(笑) 触っちゃった 敏感なんですか? ナチュラルさん」
アリスちゃんも触ってきてイチャイチャモード。
ここも驚きがあった。決してトップAV女優レベルではないアリスちゃん、でもこの状況だと死ぬほど愛おしく感じて、今すぐ抱きたい気持ちになる。慣れないハプニングバーの中で、初心者同士2人の世界が感じられる。キスできそうな近い距離で、優しく触り合う。他の客がやっていたエッチな行為を、今は自分たちが始めた。

見つめ合いながら触り合い、さらに少しずつ距離が近くなっていく。
アリス「すっごい近いですね なんかもうチューしちゃいそう」
近すぎてサイクロプスに見えるんですけど、そんなことよりもジワジワ近づいていくドキドキ感の良さ勝る。3秒で1ミりくらいの距離の詰め方に思うほど。焦らされて焦らされて、ついにチュッとキス。
アリス「フフフ チューしちゃった(笑)」
無邪気な笑顔もかわいいです。スイッチが入ってキスを続ける。
こちらは既に限界を超えているほどで、今すぐセックスしたい。ジワジワ攻めが凄すぎて、強い媚薬を飲まされたような状態でガマンできない。これがハプニングバーが生み出すパワーなのか。

アリス「もっとチューしていいですか?」
キスをしてアリスちゃんも興奮しているのが伝わる。
アリス「ねぇ もし良かったら せっかく今こうやって仲良くなれてるんで プレイルームって あっちにあるんですよね? 行ってみませんか?」
アダルトVRを見てきた中で、一番心に響いた瞬間かもしれない。今すぐアリスちゃんを抱きたくてガマンできないような状態でいる時に、プレイルームへのお誘い。
アリスちゃんとエッチできる喜びもあるし、プレイルーム初挑戦のドキドキもある。セックスを見られる場所ですからね。

パート2

プレイルームで2人きり。
アリス「やっと2人だけの世界ですよ もう1回チューしてもいいですか?」
ラブラブなキスをして、おっぱいを揉む。
喘ぎ声を漏らすアリスちゃんだけど、周りを確認すると、
アリス「見られてるね なんか興奮しちゃうね」
すげぇ、ギャラリーに見られている感覚。冒頭で案内された時に見る側を体験しているからこそ、見られる側の恥ずかしさや興奮が増す。自分がこっち側に来たのを実感します。
アリス「もっと強くして」
堂々としたプレイっぷりのアリスちゃん。気持ち良さそうに喘ぐ。

アリス「すごい見られてるよ ヤバい興奮するね」
ブラを取っちゃう。男にも見られている中で、堂々とおっぱいを出せちゃう。
アリス「すごい乳首勃ってきちゃった」
ギャラリーも自然な一般客という感じで、好きな時に見て、好きな時に自分のプレイに戻ったりする。たまに誰もいなくなって寂しい時すらある。わざとらしく見学役をやらされている感じがしない。だからこそ、本当に一般人に見られながらのセックスという感じが味わえる。例えばマジックミラー号の覗き役なんかは露骨に仕込みですから、AV関係者が仕事で見ているという感じは隠せないですが、この作品はそれとは違うリアリティによって、別次元の「見られる快感」を作り上げている。
人前でおっぱいを触っていることに緊張しちゃうレベル。

アリスちゃんの感じ方が激しくて、おっぱいだけで喘がせまくっているのを見せつけてドヤれる。
アリス「イっちゃう…… ああっ!」
おっぱいだけでイカせちゃったみたい。
パンツの上から手マン。これも普通のVR動画とは別物。ギャラリーに見せつけている感じがあります。
アリス「見られてるよ 見られてると思ったら濡れてきちゃった」
手マンでもイカせる。

全裸になったアリスちゃんを正面からいじくってまたイカせる。
お尻を向けてくれるので、後ろからもマンコをいじってイカせる。
フロアは通常営業で、ピンポーンとインターホンが鳴ってビクッとしたりする。
アリス「気持ち良かった」
キスをしてまた手マンでイカせる。
イカせまくってから、
アリス「私がしてあげますね すごい大きくなってる」
ギャラリーに見られている状況でパンツを脱がされるのは恥ずかしい。

見られながらのフェラ。
アリス「先っぽから何か出てますよ」
壁の上から見るパターンと、小窓から覗くパターンがあります。

音を立ててフェラするアリスちゃん。恥ずかしくて気持ち良い感覚。見られている感覚は、しっかりある。
たまにグーッと根元まで咥え込んだりしてくる。
アリスちゃんを見たり、ギャラリーを見たり、いろいろ見るのが楽しい。
アリス「気持ち良いですか?」
イカされそうなくらいのフェラをしてくるので妙な緊張感もあります。ギャラリーに見られながら暴発は恥ずかしい。
アリス「すごい大きくなってる すごい気持ち良さそうな顔」

けっこう長めのフェラ攻めに耐えて、
アリス「もう入れたくなっちゃったんですけど 入れてもいい?」
コンドームを着けてくれる。店が用意してあるコンドームがいっぱいある。

正常位で挿入の時、ギャラリーが増える。
みんな良いところを見逃さないようにしていて、注目を浴びているのがビンビン伝わる。
アリスちゃんのリアクションを見るか、ギャラリーのリアクションを見るか迷うところ。
アリス「すごい見られてますね すごい興奮する」
見られながらのピストン。セックスを鑑賞される興奮。

アリス「待ってイっちゃいそう…… イクッ」
あっさりイカせて正常位を続ける。
大きな声で喘いでくれて、フロアに響かせるのが気持ち良い。
そして連続イカせ。
喘ぎ声で人を集めて、連続イカせを見せつけるドヤ感。

正常位で5回イカせてグッタリ。
これを見せつける気持ち良さは爽快。
アリス「はぁはぁはぁはぁ…… 気持ち良い」

アリス「次は後ろからして」
バックで挿入。真剣に見ている人、ニヤニヤしながら見ている人、ヒソヒソ話をしている人、ギャラリーの反応も人それぞれで面白い。
アリス「あぁすごい奥当たる」
バックでパンパンして大声を出させ、イカせてガクッとするのを見せつける。
バックで5回イカせた後に、初めてナチュラルさんがギャラリーに手を振る。余裕が出てきたみたい。
アリス「次は私が上に乗ってあげるから」

パート3

騎乗位でアリスちゃんが動いてくれる。アリスちゃんとギャラリーが一緒に見られる。

対面騎乗位ですぐイって背面騎乗位へ。
背面騎乗位で2回イった後、ナチュラルさんが突き上げてバチンバチンと大きな音を立てる。
力を誇示するような激しいピストンでイカせる。
でもこの後、対面騎乗位に戻ってすぐ射精。この射精は少し違和感を覚えた。
アリス「すごいビクッてしたね いっぱい出てるのわかるよ」
コンドームを取ってもらうところを見られるのは、少し恥ずかしい。
アリス「こんなに出たよ すっごい嬉しいな」

笑顔で満足気。
アリス「ねぇ 汗かいたし 一緒にシャワー浴びに行こうか」
最初に見た時は驚いたバスタオル姿でシャワー室に向かう男女、それに2人がなって終了。あれを布石にして、こういうオチになっている構成も上手い。

後日、またドアの前からスタート。
今度は会員証を見せて入場。この日はイベントらしく、12番の番号札を渡される。
4人の女性によるフェラテク選手権が開催されていて、一番早く男をイカせた女性の勝利。
女性がクジを引いて、そこに書かれている数字の男性とペアになるシステム。

爆乳のパイ美さんとペアになりました。
パイ美「緊張してる? 大丈夫」
4組に分かれてフェラテク選手権スタート。
自分の下半身でジュボジュボやられながら、周りからもフェラ音が聞こえるし、ギャラリーの反応も気になる。
早く射精すれば勝ちなんだけど、早漏が恥ずかしい気持ちもある。
パイ美「もう大きくなった 感じやすいんだね」
ちゃんと勝負している感じがあり、他の男がイキそうな表情を見せると焦る。
パイ美「そんなに気持ち良いの? 全部気持ち良いんだね 私たち相性良いのかも」
エロく喋りかけながらやってくれるパイ美さん。
パイ美「裏筋も弱いのね」

パイ美「すごいカリパンパンに膨らんできてるよ」
フェラテク選手権だけどパイズリもやってくれる。
AV女優でもそうそういない爆乳でチンポをスッポリ包み、
パイ美「ほら 無くなっちゃった」
ちょっと悔しい完全な包み込み。

パイ美「こっからすごい濃いの出るんでしょ?」
結果は書きませんが、誰かが射精するまで勝負を続けます。

パート4

3回目の来店、今回は顔パス。顔馴染になっていくのも面白い展開。
今回も最初は1人ぼっちで店内を眺める。
左に座っている夫婦がチラチラとこちらを見ています。
一緒に飲みませんかと声をかけてきて、お互いに自己紹介。
そして、妻を抱いてほしいと頼まれる。
夫は妻が抱かれているのを見て興奮すると言い、妻もまた他人に抱かれて悦ぶようです。
承諾すると2人ともニコニコと嬉しそう。異常性と変態性を感じる不思議な触れ合い。

夫は少し離れたところから見ている。
隣に妻が座り、積極的に体に触れてくる。
妻「けっこう あの もしかしたらですけど 大きくてらっしゃいますか?(笑) けっこう大きいですよね 主人はもう コッチに自信がないって言ってて ちょっと触ってもいいですか?」
夫の目を気にしてから、夫がアレに自信がないことをバラす妻。そして、目の前の大きなモノを触り、
妻「おっきいですね」
お返しに奥さんのおっぱいを揉ませてもらう。右隣のグループがチラチラ見てきたリもする。
服の上から揉んだ後、下着の上から揉む。
妻「すごい 触り方上手ですね」
周りの人に聞こえるほど人妻を喘がせる。

テーブルにもコンドームが置いてあるくらいなので、プレイルームに行かなくてもセックスはOK。
今回はこのままセックスしちゃうみたいです。
でも普通のスナックみたいな部屋で、1人だけ下着姿になれちゃう妻も凄い。プレイルームよりもこっちのほうが恥ずかしいです。
下着の上からの手マンでイカせる。相変わらずのテクニシャンぶり。

妻「私も いっぱい触っていいですか?」
ズボンとパンツを脱がされる時に、右のグループが見ていて恥ずかしい。
妻「すごい こんなおっきい」
優しくチンポを握ってすぐにフェラ。
けっこう激しくジュルルルルと吸われる。

妻「すごい すごいおっきいチンポ」
おっぱいでチンポを擦ってくれる。
ここで誰かがプレイルームに入ったらしく、何人かが覗きに移動。
パイズリされながら、こういう動きも楽しめる。
覗く人たちを背中側から見て、自分とアリスちゃんもあんな風に見られていたんだなぁと思う。
左側では男女がセックスを始めそうな雰囲気。ホント、いろんな風景が見えて面白い。1回の視聴じゃ気付けないことも多そう。
妻「おっきいから」
おっぱいで挟むのが大変みたいです。
妻「そろそろ オチンポ入れてもいいですか? 嬉しい」
キスをして次のパートへ。

パート5

結婚指輪をつけている手でコンドームを着けてくれる。
フェラをしてキスをして背面座位で挿入。
あえて後ろにいる夫と顔を合わせる背面座位。
右の男女が少しはしゃぎながら、こちらのセックスを見ている。
妻「おっきい……」
夫に聞こえるような音でパコパコと突きます。

背面座位でイカせて側面座位。
妻「すごい奥入る 奥入りますね」

側面座位でイカせて対面座位。
対面座位で奥さんを4回イカせてからゴム射。

満足気な笑顔で服を着る奥さん。
夫の元に戻ると、笑顔で迎える夫。
ナデナデしたりもして2人の強い絆を感じ、ちょっと寂しくもある。

パート6

4回目の来店も顔パスだけど、
店員「ナチュラルさんいらっしゃいませ この時間にいらっしゃるなんて珍しいですね ナチュラルさんに会いたがっている女性がいらっしゃいます」
動画的には4回目だけど、ストーリー的には常連客になっているようです。しかもちょっと有名人。
店内に入ると新展開。
男「ナチュラルさん久しぶりです また飲みに行きましょう」
男から声をかけられ、
女「ナチュラルさん お久ぶりでーす」
女性2人からも声をかけられる。完全に常連客になっている。
初回のぼっち状態から立場が大幅に変化。

さらに衝撃展開。
プレイルームからバスタオルを巻いた男女が出て来て、
アリス「あっ ナチュラルさんだー」
なんと、初回で激しく愛し合ったアリスちゃんが、他の男に抱かれて出て来た。
それが当たり前の店とはいえ、ちょっと寝取られ感。

今夜の相手は……なんとフェラテク選手権でペアになったパイ美。
パイ美は大ベテランの風格があり、フェラテクとパイズリの凄さも体験済。ラスボスにふさわしい相手。
パイ美「ナチュラルさん感度良いだけじゃなくて アソコの形もなかなか良いですよね 私ちゃーんと口で全部確認しちゃいました」
エロいオーラをムンムンにしてお喋り。そして、
パイ美「ねぇ ここ騒がしいからさ 2人でプレイルームに行かない?」
臆しちゃいそうなお誘い。

プレイルームに行くと、右ではカップルがセックス中。
そんなことにはまったく動じないパイ美さん。
パイ美「私 この前ペア組んだ時から ずーっとヤりたいって思ってたんだ だってさ口で咥えた時 チンポすごいビクビク震えてたの」
あっと間に全裸にされ、いきなりチンポを舐められる。挨拶代わりのフェラ。
パイ美「私も脱がして」
お腹に跨って脱衣すると、すごい迫力の爆乳が姿を現す。
パイ美「もうチンポビンビンになってる 私と早くしたかったの?」

パイ美さんが全裸になってフェラした後、コンドームを手に取る。
堂々とギャラリーを眺めるパイ美さん。
この余裕、恐るべし。
パイ美「ほら すごい見られてる」

なんと、もう1組が入ってきた。
男「お邪魔します」
パイ美「はい どうぞ」

余裕で迎え入れるパイ美さん。
そして騎乗位で挿入。
パイ美「あぁナチュラルさんおっきい」

パイ美さんに挿入した時に右の男が射精。
男は彼女をシャワーに誘うが、満足できていない彼女はプレイルームに残ることに。
こちらのセックスを見学するギャル。

ギャルも交ぜてあげるパイ美さん。
2人にフェラと乳首舐めをされるけど、手マンで応戦。
パイ美「ナチュラルさん2人とも気持ち良くできるなんてすごい」

2人がおっぱいをくっつける。
ギャル「すごい おっきい」
パイ美のおっぱいのデカさが際立つ。

ギャルとシックスナインでギャルをイカせる。
2人に手マンしながらフェラをしてもらう。
隣でセックスしているお姉さんもかわいい。
ここでギャルに潮を吹かせる。
ギャル「激しい……」

パイ美「ねぇ もう準備万端なんじゃない?」
コンドームを着けてギャルと騎乗位。
ギャル「すごい ここまできてるよ 彼氏のと大違い」
お腹を押さえてナチュラルさんのデカチンをアピール。

ギャルをイカせて満足させる。
ギャル「すごい こんなに気持ち良かったの何年ぶりだろう」
ギャルがシャワーに行く前に、パイ美のおっぱいに抱きついて甘える。
本当に顔見知りで仲良しみたい。

パート7

いよいよパイ美との決戦かと思いきや、さきほどのギャルのイカせっぷりに興味を持った隣のショートカット女子がナチュラルさんとヤりたがる。

左の彼氏とパイ美がバック。
ショートカット女子とナチュラルさんが騎乗位。
ショートカット女子「ナチュラルさんと遊ぶの すごい夢だったんです」
受付で店員が言っていたのは、この子か。
ショートカット女子「そんなに激しくしたら すぐイっちゃう……」
期待通りの仕事をしてすぐにイカせる。

イった後、前かがみになって耳元で、
ショートカット女子「ナチュラルさんのオチンチン 彼より全然気持ち良い」

チンポを褒められたけど、左でセックスしているパイ美は、
パイ美「おっきい…… おっきいね」
彼のチンポで感じている。彼女を寝取り、パイ美を寝取られ。

パイ美「あっ! あっ! あっ! イクッ」
パイ美がイカされてのけぞる姿を眺める。
その直後にこちらのショートカット女子をイカせる。
パイ美「彼女さんすごいいっぱいイってるよ」

ショートカット女子「こんな気持ち良いの初めて」
バックと騎乗位で張り合いみたいな状態になり、
左の男「あぁダメ イクッ……ああっ!」
先に左の男が果てる。
パイ美「もうイっちゃったの?」
ショートカット女子「イっちゃったの!?」
左の男「もう出ちゃった」

早漏を責められているような感じに。
もはや百戦錬磨のナチュラルさん、突き上げて彼女もイカせてあげる。
パイ美「何回イカせちゃうの」
2人はシャワーへ。

プレイルームには2人だけ。バトルロイヤルで勝ち残ったみたい。
パイ美「あんだけ女の人イカせたのに ここ凄い元気なんだね ねぇ どんだけ絶倫なの?」
数あるアダルトVR作品でも、ここまでセックス無双できる体験は珍しい。
パイ美「あの2人あんだけイカせたんだから 私のこともいっぱいイカせてね」
フェラをしてくれる。
パイ美「ねっ すごい見られてるよ」
ギャラリーの視線も楽しんでいるパイ美さん。
パイ美「ナチュラルさんの極上チンポ いっぱい見てもらおう」

パイ美「ねぇ このヌルヌルチンポ挟んでみていい?」
必殺のパイズリ。極上チンポも埋まっちゃう。
見学の女「やばっ 巨乳だ巨乳」
珍しく外野の声が聞こえる。
パイ美「フフ 全部隠れちゃった」
ちょっと悔しい。

パイズリしながらハプニングバーの醍醐味を語るパイ美さん。
極上チンポがおっぱいに埋められたけど、背中側から手を伸ばして手マンで反撃。
パイ美「あっ そうやって悪戯して」

キスをして騎乗位で挿入。
おっぱいの迫力が凄すぎる。エロ漫画みたい。
ギャラリーに聞かせるような大きな音でパコパコしてイカせる。
パイ美「客増えてる(笑)」

激しく突き上げると、滅多に見られないレベルのおっぱいの暴れ方。
パイ美「すぐイっちゃうからぁ……」
Image from Gyazo
バチンバチンと大きな音を立てるピストンで立て続けにイカせる。
背面騎乗位へ。背中の迫力も凄い。

背面騎乗位でもイって疲れが見えるパイ美。
パイ美「すぅごい…… 絶倫過ぎじゃない? 私も負けてられないんだから……」
強がるけど、そろそろトドメを刺せそう。
でも対面騎乗位で乗られると、その体の迫力に圧倒される。

パイ美さんをイカせた後、フィニッシュはコンドームを取っておっぱいに射精。
パイ美「すごいいっぱい出た(笑)」
激しく息を切らせるパイ美さん。
パイ美「もう最っ高 ナチュラルさん はぁはぁ…… 私が体験した中で 一番気持ち良かったよ ねぇ またしようね」
認められて完全制覇って感じです。3時間13分の長い戦いが終わった。
パイ美「汗かいたね シャワー行こうか」

感想

素晴らしい!2019年に視聴したVR動画で最高の1本。

久しぶりに異世界に飛ばしてくれたVR作品。本当にその場にいるという雰囲気作りが完璧で、高まり過ぎた興奮の中、目の前にいる相手に触れられないことに発狂しそうなほどであり、開始10分ほどで本物ハプニングバーに行きたくなってたまらなくなる。
この作品を最大限に楽しむために、視聴するのは深夜が良いし、アルコールが苦手でないなら酒も少々飲んだほうが良い。そこまでシンクロさせて楽しむ価値がある作品。

「ウソ偽り一切無し!これが謎に包まれたハプニングバーの実態!本物のハプバーで撮影したから超リアル!」という製品説明はガチでした。自分以外のお客さんが、撮影をまったく意識していない普通のお客のように振舞えている。無理したような演技を一切感じない。リアルのハプニングバーのように振舞っていて、周りのプレイの様子も気になる。これがこの作品の一番凄いところかもしれない。これによって雰囲気が完璧に作られたから、自分のプレイも燃える。

最初の1人が来る前にたっぷり焦らしてくれたのも良い演出。この場の空気に呑まれているところに、1人目の女性が自分のところに来るドキドキはリアルと何ら変わらない本物でした。向こうから挨拶された後、「何か喋らなきゃ」と焦らされた。ハプニングバーが初めて同士で吊り橋効果的な仲間意識も感じ、徐々に周りと同じように2人もエッチな行為に流されていく。ここの感情の高ぶりも驚きであり、決してトップAV女優ではない相手なのに、愛おしくてたまらなくなる。抱きたくて抱きたくて仕方なくなり、この場の雰囲気が作り出す力を実感する。プレイルームに誘われた時は夢のような喜びすら感じた。VR慣れしてしまって、VRによる感動が薄くなっている中で、久しぶりの強いパワーを持った作品。

パート2からのプレイルームでのセックスは、見られながらやるという興奮がVR史上最高レベル。冒頭で自分が見る側だったのも効いており、見る側の視点もわかるから、自分が見られる側になったのが、より生々しく感じる。
ここでも他の客の自然さが素晴らしくて、「監督に指示されたから見ています」という感じは一切ない。普通の客が見ている感じ。チープな感想セリフもないし、飽きたら自分のプレイに戻るし、それぞれが自分の時間を楽しんでいる客という感じ。そんな一般客の前でプレイする緊張感と興奮は最高ですし、大声で喘がせてイカせる爽快感も凄い。喘ぎ声をフロア全体に響かせてドヤりたくなる。イカせて女性がグッタリしてビクビクするのはAVではよくあるシーンですが、VRで一般客に見られながらのそれは、興奮や高揚感が異次元レベル。
耳を澄ますと、フロアでは会話している人たちの声が聞こえるし、インターホンが鳴って新たな客も来る。自分以外の場所でもハプニングバーが通常営業しているのが素晴らしい。

2人目のフェラ対決では、自分の下半身でジュボジュボやられながら、他の3組のチュパチュパ音が聞こえるし、ギャラリーの反応も気になる。早く射精すれば勝ちなので、目の前の男がイキそうな顔をする焦ったりもする。ちゃんとフェラ対決の参加者の感覚で楽しめました。AVでもあまり見ないほどの巨乳ちゃんとペアとなり、パイズリではスッポリ包まれる感覚が凄かった。

3人目は仲の良さそうな夫婦から妻を抱いてほしいとお願いされる。承諾すると夫はニコニコ、妻もニコニコという不気味にも感じる体験が刺激的だった。プレイルームには行かずに、周りで普通に飲んだり喋ったりしている客からチラ見されるのも良かった。
満足させたかと思いきや、笑顔で夫の元に帰っていくところは、寝取られない絆を感じて悔しさもある。

ラストは3人とセックスできる。フェラ対決でペアになったパイ美さんと再会し、ベテランのパイ美さんはラスボスみたいな存在でした。っとその前に、最初に絡んだアリスちゃんが他の男に抱かれてプレイルームから出てくる演出は良かった。嫉妬や寝取られ感が味わえる。
プレイルームでは3組がプレイする状況で、他の男たちよりも持続力があって女性を満足させるプレイができる。2人を満足させた後、最後はパイ美さんと1対1でフィナーレ。「私が体験した男性の中で一番気持ち良かったよ」と言われ、このハプニングバーを制覇した気分で終了。

主人公の成長物語としても良かった。ハプニングバー初体験から常連となり、ナンバーワンの性豪になる。特に最後の3人抜きは、数あるアダルトVRの中でも稀なセックス無双っぷり。セックスが強すぎる男になれるVR体験。

画質は現行基準で標準なので不満なし。縮尺は難しいところがあり、VRの特徴というか脳の認識の難しさというか、中距離と遠距離は縮尺が正しいのかどうか認識しづらいので、こういう広い範囲を見るVR作品では中距離~遠距離が小人に感じる時もある。近距離は悪くない。それを理解した上で、ある程度は中距離~遠距離の認識の歪みを考慮したほうが良いです。これは現状しょうがない現象だと思う。とは言っても、もう少し大きめのほうが良かったような気もする。
撮影技術的な問題は、最初のカラミで部分的に男優の鼻息が入っているのはもったいない。3時間13分の大長編の中で、自分の首と体の位置がズレているところもあった。トータルでの撮影技術は平均よりやや劣るかもしれない。でも、小さな減点ポイントよりも加点ポイントのほうが遥かに大きいです。

女優のレベルは決して高いとは言えないが、それがものすごくリアルに感じた。そこらへんの風俗で普通にいるレベルの生々しさ。あと全員が自然な演技ができている点は凄い。
やはりこの作品の凄味はリアリティ。全AV監督が一度は視聴して研究してほしいほど。このリアリティがバーチャルリアリティ体験を数倍に高めて脳を騙すから、本当にその場で体験したような感覚になる。チープな演出はいらないです。こういう風に本物の世界を作り上げる監督の能力に脱帽。

最高級のVR体験ができた。FANZAレビュー4.63点(19件)も納得。しかし、あくまで「ハプニングバーに興味がある人」「見られるセックスに興味がある人」向けの作品なので、単純にかわいい子とVRセックスしたい人が楽しむ物じゃない。刺さる人にはブッ刺さるけど、刺さらない人はまったく刺さらない、ジャンル的にはニッチかなと思う。

3時間13分を見終えた後でも、まだまだこのハプニングバーにいたいと思えるので、このシリーズは永遠に続けてほしい。この先の進化も見たい。

久々にブッ刺さる刺激のあったVR動画でしたし、2019年の年間最優秀作品候補。ちなみに2018年の年間最優秀作品であった伊東ちなみのVR動画は販売終了しました。購入済であれば視聴可能ですが、新規で購入することはできない。

配信開始日:2019/06/07
収録時間:193分 (HQ版:193分)
出演者: —-
監督:レモンハート中島
メーカー:ナチュラルハイ
レーベル:ナチュラルハイVR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】歌舞伎町A店全面協力!本物店舗で撮影した超リアルハプニングバー体験 VR

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top