AIKAがイカせ合いプロレスで6人の男と対戦「ギブじゃない でもイっちゃう……」

接吻をテーマにしたバトルファック。女王AIKAが6人の男優グループ“ボンバーズ”と対戦します。エンターテイメント性が高く、AIKAが追い込まれて潮を吹いたりイカされまくったりもしながら男優たちをKOしていく。完璧な美肌でコスチュームも似合っていました。>>感想
(FANZA 接吻プロレス AIKA)

シーン1

プロレスらしい作りとなっており、試合前に両陣営で挑発的なインタビューから。
先に平成変態マゾ接吻ボンバーズがリングインするが、観客からは「帰れ」コール。
続いて接吻女王AIKAがセクシーなコスチュームでリングイン。こちらは「AIKA」コール。
ポーズもイイです、戦える男優が羨ましい。

ルール紹介。とにかく接吻でイカせ合うプロレスですが、試合毎に責めの内容は変わる。反則は5カウント、場外は20カウント。プロレス技は禁止。ロープブレイクあり。
第一試合は接吻手コキと接吻手マン責め対決。キスしながらの手コキvs手マンですね。
ルールが表示される。バトルファックものはルールが明確なほうが良いです。

レフェリー「AIKAさん ボディチェックいいですか?」
AIKA「うん きて」

セクシーに両手を上げて堂々と触らせる。
ペタペタと体を触れる役得なレフェリー。

先鋒を買って出たドラゴン芝原がマイクパフォーマンスでAIKAを挑発するが、カツラを奪われる。
戦意喪失したドラゴン芝原の代わりにAIKAが左曲かおるを指名。

3分毎の攻守交替制、コイントスで先行を獲得した左曲かおる。
ゴングが鳴り、様子を伺う左曲かおる。
AIKA「なにビビッってんの 早く触りなさいよ」
左曲かおる「なんだオマエ」
AIKA「なに?」
左曲かおる「知らねーぞ コノヤロウ」
AIKA「やれるものならやってみな」

挑発したAIKAをヒョイっとお姫様抱っこ。
左曲かおる「俺の唇どうだ? 味わってみろ」
お姫様抱っこのままキスをするが、
AIKA「そんなもん?」
左曲かおる「あ? ホントは気持ち良いんだろ?」
AIKA「ぜーんぜん」


再びキスを仕掛ける左曲かおるだが、逆に舌を吸われて、
左曲かおる「ん!? んんっ…… やるなオマエ」
AIKA「足りないんじゃないの? まだまだね」

負けじと左曲かおるも舌を吸う。
左曲かおる「どうだ?」
AIKA「吸いが足りないんじゃないの?」

接吻プロレスらしいやり合い。
キスしながらお尻を触る左曲かおるですが、逆に耳を責められる。防御側でも接吻中であれば相手の体を弄ることができるとルールに書いてありましたからね。

攻守交替してAIKAの攻め。接吻からの乳首責め。股間も触ってまたキス。
左曲かおる「まだまだ効かねーぞ」
強がるけど立っていられなくなる。

フラフラしてピンチでしたが攻守交替。
手マンをして、
AIKA「もっとちゃんと触ってくれないと」
左曲かおる「随分やらしい顔してきたぞ ほら」

おっぱいを揉んで接吻。AIKAが感じてきて喘ぎ声を漏らす。

押し倒して優勢になる左曲かおる。
ここまで「全然効いてない」とアピールしていたAIKAが責められる姿も良いです。

左曲かおる「いやらしい音してんじゃねえのか ほら」
AIKA「音だけでしょ」

手マンでピチャピチャと聞こえます。
指を入れて、
AIKA「気持ち良い」
ついに認めたかと思いきや、
AIKA「気持ち良いけどイクほどじゃないかなぁ」

左曲かおる「接吻でイカしてやるよほら」
しかし、また逆に吸われ返される。

攻守交替。
四つん這いにされる左曲かおる。
AIKA「これ邪魔ぁ」
その体勢でパンツを脱がされるのは屈辱的。
後ろから手コキをされながら接吻。

AIKA「本気でやってあげるね」
グローブを外してポイッ。素手での手コキ。
左曲かおる「あっ! あっ……」
情けない声を出して感じる。

ロープに逃げた左曲かおる。
AIKA「逃げたな今」
今度は対面して接吻しながら手コキ。
AIKA「こんな勃ってるのに イっちゃえば?」
左曲かおる「全然気持ち良くねーよ」
AIKA「こんな勃たせといて よく言うよ」

股間の反応がわかりやすいので強がっても逆効果か。

攻守交替して素股。
左曲かおる「チンコの感触が気持ち良いだろう」
AIKA「もっと硬くしてくれないとわかんなーい」

でも喘ぎ声を漏らすAIKA。

AIKA「もっとちゃんとやってくれない?」
挑発されて亀頭でクリを擦る。
AIKA「あぁん! んっ……」
レフェリー「AIKA ギブアップか?」
AIKA「全然大丈夫」


観客から「手マン」コール。
AIKA「手マンだって やってみなさいよ」
左曲かおる「やってやるぞこら」

見せつけられた手にプッと唾を吐くAIKA。
AIKA「ほら早くやりなさいよ」
手マンをすると、
左曲かおる「グチュグチュじゃねーか オマエコノヤロウ」
「やってみなさいよ」と言っていたけど気持ち良さそうに感じて接吻を求める。
AIKA「あああぁん! んんっ……」

潮吹きしたら負けなのでマットの液体をレフェリーに判定させる。
レフェリー「NO潮」
AIKA「唾液でしょ」

でも今にも吹きそうな感じっぷり。

AIKA「ああっ あぁん!」
いきなり女王が負けそうなピンチ。
接吻で反撃。
カメラが寄ると今にも潮を吹きそうな緊張感が生まれる。
左曲かおる「ほらっ」
AIKA「んんっ! んんっ!」

雑魚扱いしていた男に女王が喘がされるのも良いです。

潮吹き寸前かと思うところで、
レフェリー「ブレイク! ブレイク! 攻撃 AIKA」
攻撃権がAIKAに移る。
AIKA「んんっ 気持ち良かったぁ 危ないとこだった」
吹きそうだったことを認める。
左曲かおる「イったんじゃないのかホントは」
AIKA「イってないよ 全然イってない」

接吻しながら乳首をいじり、
左曲かおる「オマエ 俺イカせられんのか?」
AIKA「イカせてあげるよ」

押し倒して乳首舐め手コキ。

接吻しながら手コキ。
ルール上、フェラはできませんのでね。
AIKA「すごい硬くなってる」
左曲かおる「おおぅ あっ……」


「落とせ」コールの中、責め続けるAIKA。
左曲かおる「ああっ ヤバいっ……」
AIKA「なーに? 気持ち良くなっちゃうの?」

仮面の隙間から見える目が良いです。こんな目で煽られたい。
左曲かおる「ああっ ヤバいヤバいっ ああっ!」

左曲かおる「ああっ 出るっ! ああっ ああっ!」
 ピュッ
射精したけど接吻しているAIKAからは見えておらず、手コキを続ける。
レフェリーが止めに入ります。
レフェリー「勝者 AIKA」

負けた男の屈辱的な姿。

シーン2

第二試合は接吻とシックスナインのイカセ対決。
ボンバーズはカツラを取られたドラゴン芝原。

まずは力比べをしながら接吻の応酬。
シックスナインの前にAIKAが仮面を外す。
AIKA「私 取ったんだけど ……アンタもこれ取っちゃいなさいよ!」
ドラゴン芝原のカツラを取っちゃう。

シックスナイン。
AIKA「舌動いてないけど大丈夫?」
しばらく続けてからも、
AIKA「全然気持ち良くないんだけど」

AIKA「こいつイカしてやっからな」
左曲かおる「イカせられんのかオマエコノヤロウ やってみろ」
AIKA「いいのね? 出しちゃって」
ドラゴン芝原「絶対イカないよ オマエがイキそうなんだろほら」

お互いに攻め合うがブレイク。接吻とシックスナインの繰り返しルールです。

3分間の接吻の後にシックスナイン。
AIKA「今度はちゃんと舐めてね」
シックスナインから再び接吻。
その後にシックスナインで決着。

シーン3

それぞれ控室に戻る。
2連敗で空気が重いボンバーズと2連勝で余裕のAIKA。
レフェリーがAIKAに水を差し入れ。
第三試合は接吻オモチャ攻めデスマッチ。

ボンバーズはエルマッハ海賊男という選手が出場するが、
AIKA「なにそのマスク アンタ芝原でしょ?」
控室でAIKAへの再挑戦を希望していたドラゴン芝原が謎のマスクマンとして出場していた。
AIKA「パンツ脱ぎなさいよこれ」
チンコを見ると、
AIKA「絶対そうじゃん」
一度破っている相手なので威圧的にリードして攻めるAIKA。
AIKA「もう感じちゃったの?」

受けばかりで攻めがおぼつかないエルマッハ海賊男。
AIKA「やっぱりドMちゃんの芝原じゃん またすぐイカせてあげるね」
電マを奪われてチンコに当てられる。

外野が騒いでレフェリーが対応している間に射精。
レフェリー「乱入反則」
AIKA「また出ちゃったねぇ」


AIKAがレフェリーに射精を報告するが、見ていなかったので認められない。
そしていつの間にか謎のマスクマンの中身が入れ替わっていた。
AIKA「イカせたじゃん! こんなチンコじゃなかったよ」

AIKAが猛抗議するが、レフェリーを押すと倒れて気絶してしまった。
その間にボンバーズが全員でAIKAを責める。
AIKA「ちょっとズルくない? 反則だよっ」

AIKA「ちょっと やめてっ! ああっ! んんんっ……」
左曲かおる「あれ? ちょっとなんか」

 プシャアアアッ
電マであっさりと潮吹き。
テングになっていた女王の屈辱的な姿も良いです。
AIKA「ズルいっ」

M字開脚のまま持ち上げて手マン。
AIKA「やめてよ ちょっとダメだってそれ あああぁん!」
 プシャアアアッ
泣き叫ぶような声を出して潮吹き。

たっぷり潮を吹かせたところでレフェリーを起こして確認させ、
レフェリー「勝者 ボンバーズ!」
納得がいかずに抗議するAIKAでしたが、なんとレフェリーこそがボンバーズの総統だった。
次の試合で完全決着だと宣言して引き上げるボンバーズ。

シーン4

第四試合は時間無制限の接吻SEX対決。
ボンバーズは交代可能なハンディキャップマッチ。

1人目はマッチョ系の肉団子小次郎。
マッチョだけど弱い。
AIKA「思ったとおりドMちゃんじゃん」

マウントを取り、
AIKA「もうこんなになっちゃってぇ」
上から接吻しながら股間を触る。
マッチョマンからしたら華奢な女に押さえ込まれて屈辱的。
総統「オマエしっかりしろ」
AIKA「しっかりできないもんねー」


しかし、総統が乱入してクンニ。
AIKA「ウザイ! ズルくない? ちょっと止めてよ!」
反則はカウント5ですが、カウント4で逃げる総統。

総統が下がってハシビロ幸一に交代。
しかし彼もドMで、
AIKA「弱っちいねぇ」

でもまた総統が妨害。
今度は後ろからハメちゃう。

持ち上げて立ちバック。
総統「オマエ イキやすくなってるな」
差し入れした水のせいで感じやすくなっていた。
AIKA「あぁん! あっ んんんっ」
総統「ほれほれほれほれ」


ハメたまま場外に出て移動。
AIKA「ねぇ なんなのもう んんっ……」

総統「イっちゃうか? ギブアップか?」
AIKA「ギブじゃない でもイっちゃう……」

卑怯な手で追い込まれて、
AIKA「あぁイクッ……」
総統「ほらどうだ」
AIKA「あんっ!」

ガクッとイカされる。

肉団子小次郎を呼んで2対1にするが、
AIKA「待って こっちがイカせるんだけど」
手コキで攻められる。
AIKA「ここでイカしちゃえば楽でしょ 2人一気にイっちゃってよ」

射精しそうになった総統が逃げて、肉団子小次郎とAIKAの1対1。
AIKA「イっちゃう前に ここ入れたくない?」
跨り方も挑発的でエロいです。

AIKA「まだ出しちゃダメだよ ねぇこっちおいで」
抱き寄せて接吻しながらピストン。
AIKA「あぁん すごい いいチンコしてんじゃん」
AIKAも感じています。

後ろに手をついてピストン。
AIKA「ここすっごい気持ち良い」

AIKA「あっ ヤバいイキそう イクゥーーー!」
 プシャアアアッ
豪快な潮吹き。最終戦は「参った」と言うか完全絶頂まで終わりません。
ドMが攻められつつ女王に潮を吹かせるのも良いです。

騎乗位を続けて、
AIKA「待ってまだイカないで ああっ あぁイクッ」
 プシャアアアッ
連続で潮吹き。
AIKA「すごい気持ち良いじゃん」
接吻しながら3回目のイキの後、
AIKA「いっぱい楽しんだから そろそろ逆にイってもらっちゃおうかな」
接吻しながらの手コキで射精させる。
AIKA「ギブ? もう すぐイっちゃうんだから もう ねぇ チョローい」
あっさり処理された感じが良いです。

ラッシャー真に交代。
AIKA「気持ち良いの? みんな強気で来るくせに全然強くないじゃん」
立った状態での手コキで射精。

植木種付に交代。
AIKA「イカせてやるとか言ってたけど全然ダメじゃん」
同じように手コキで射精。

ハシビロ幸一に交代し、リングに戻る。
AIKA「こんなビンビンにしといて よく言うよね」
シックスナイン。

AIKA「大丈夫 ここでは出さないから チューしてないでしょ」
と言って余裕を見せていたが、
AIKA「あぁん! んん あぁイっちゃうイクッ ああっ……!」
ハシビロ幸一のクンニでイカされて小刻みにビクビク。

AIKA「アナタのクンニもすごい でもこっちには勝てないと思うよ いっぱい気持ち良くなっちゃって」
騎乗位へ。
AIKA「入れてほしい? 知らないよ おかしくなっちゃっても」

挿入すると、
AIKA「あぁん おっきい」
ボンバーズの中で初めて「おっきい」と言われた。

ピストンされてすぐイキそうになり、
AIKA「危なかったねぇ 今すごい膨張したよ」

今さらだけど肌がめちゃくちゃキレイ。
CGで作ったみたい。

AIKA「あぁイキそう ダメだよイっちゃあ あぁイクッ」
総統「よしっ ハッシー イカせろ」

騎乗位でハメ潮。
AIKA「んー 出ちゃったぁ もっといっぱいしてからがいいから まだイカないでね」

後ろに手をついてピストンを再開。
AIKA「ああっ イクッ!」
 プシャアアアッ

潮を吹いたところでハシビロ幸一がクンニで追い打ち。
総統「イカせろイカせろ」
AIKA「あぁーん ダメッ 気持ち良いっ」

M男軍団にも攻めの見せ場があって良いです。

再び騎乗位。
AIKA「全然まだ余裕なんだけど イっちゃうの?」
しかし、総統にタッチして交代。
AIKA「選手交代ズルいなー」
総統「おらイラマチオ」

と言ってフェラさせるが、
AIKA「ねぇ どこがイラマチオなの? 初めてこんな萎えチンのイラマチオ」

総統が攻めに転じるが余裕で受け入れるAIKAの圧倒的強者感がエロい。

クンニで感じさせて接吻しながら亀頭でマンコを擦る。
AIKA「ねぇ 舌した動かしてないじゃん こっち動かしてよう」
と言って下半身を激しく擦るAIKA。
総統「ちょっと待っ…… 動くな」
AIKA「なんで? 出ちゃうから?」
総統「決めてやるからよう」


総統「あぁちょっと待って待って」
 ドピュッ
AIKA「ちょっとー!?」
総統「あぁごめん……」
AIKA「すごい いきなり出すじゃん」

ダサすぎる暴発をした総統。

意外にもラスボスとなったハシビロ幸一。
AIKA「あれ? 最後の1人かな? さっきイキそうになったのにねぇ」
完全に舐められていたハシビロ幸一でしたが、AIKAを追い込む健闘を見せる。
バック→背面騎乗位→側位→

フィニッシュは正常位で、
ハシビロ幸一「あぁ出そう」
AIKA「出ちゃう? ちょっと抜いて 抜きなさいっ ダメッ ダメ イっちゃこん中で」

重量級の体に乗っかられて中出しされそうになる危機。
AIKA「抜いてっ ちょっと いつまで入れてんのよっ」
焦る姿も良いです。

感想

『接吻プロレス』というタイトルの通り、エンターテイメント路線のバトルファック・イカせ合い。ルールがしっかりしていて見やすく、FANZAレビューも4.36点(11件)という高評価。シリーズ化されていないのが残念なほど。

パッケージ裏に「史上最弱M男軍団」と書いてあったので、ただM男が責められるだけの内容かと思っていましたが、一進一退の攻防があり、AIKAの責める姿も責められる姿も楽しめた。前半は連勝でテングになっていたAIKAが潮を吹かされたり、最後に雑魚っぽい男が残って「あれ? 最後の1人かな? さっきイキそうになったのにねぇ」と余裕ぶっこいていたらイカされまくったり、最後は中出しされそうになって焦ったりする姿が良かったです。
プロレスは受け方も大事ですからね。M男にも攻撃の見せ場を作っていて緩急の変化が上手かった。ヒロインが追い込まれて負けそうになるところをしっかり見せてからの反撃が爽快。

AIKAのコスチュームもめちゃくちゃ似合っていた。スタイルも良いですけど、絶品なのは肌の美しさ。CGで作ったキャラクターみたいなキレイな肌で、ビデオゲームのセクシーな女性キャラクターみたいでした。それが生の人間でバトルファックをしているのが最高。
AVで単体女優がほぼずっと仮面をつけているのは珍しいですけど、これも良かった。カッコいい女子レスラーっぽさが出ていました。仮面の隙間から見える目も良かったです。

シーン2は地味でしたけど、テロップで「抜きにくいのでカットしました」と表示されており、制作側もわかっていたようです。

暴発シーンはガチではなくて演出っぽいですけど、総統が不甲斐ないという意外性が面白かった。その前のイラマチオでも「ねぇ どこがイラマチオなの? 初めてこんな萎えチンのイラマチオ」とか言われたり。

一方的でなくちゃんと戦っていて、エンターテイメント路線のバトルファック・イカせ合いとして面白かった。「接吻」でなくても良かったとは思いますけどね。

商品発売日:2017/09/01
収録時間:109分 (HD版:109分)
出演者:AIKA
監督:金田一小五郎
メーカー:ワープエンタテインメント
レーベル:FEARLESS

FANZA 接吻プロレス AIKA

MGS動画 接吻プロレス AIKA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top