凄テクシリーズ第27弾の北川エリカはキャリア6年半の実力を見せつけた強キャラ

イカせ・勝負
イカせ・勝負 巨根

2014年1月にスタートして今回が27弾目となる『我慢できれば生★中出しSEX!』シリーズ。もはや説明不要ですが、男がAV女優の攻めに10分間耐えられたら生中出しセックスができるという勝負企画。今回は北川エリカがキャリア6年半の実力を見せつける内容でした。>>感想
北川エリカの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!

シーン1

凄テクシリーズ第27弾は北川エリカ。
北川エリカ「プライベートなんもない 干からびちゃいそう」
仕事でしかセックスしていないみたいです。キャリア6年半なのでベテランの域。
北川エリカ「どんどんどんどん若い子が増えていって どんどんどんどん熟女枠に」

バスに乗ってから企画の説明。
北川エリカ「ガマンできれば? イカせればいいってこと?」
本当にこの場で企画を知ったみたいな反応です。

北川エリカ「どんな人 来るの? 怖いんですけど」
監督「来るとかじゃなくて捕まえるんだからアナタが」
北川エリカ「ウソでしょ!?」
昨今の声掛けの厳しい事情を語るなど、ベテランらしい反応。

1人目はいつも通りのスタイルで、モニターを見ながらスタッフに指示して声掛け。初対面の男でもベテランの風格で堂々と対応。まずは男性の好みを探るトーク。

監督「緊張してんすか?」
北川エリカ「うん してますわ だっていきなり企画聞かされてさ なんだよこれ 大丈夫? 腋汗が(笑)」
男優は仕込みですけど、勝負はガチっぽいのがこのシリーズの魅力。対戦を前に緊張している感じはリアルです。

ストップウォッチを押してスタート。
男の上に座ってキスから。
北川エリカ「んー 硬くなった」
勃起を確認して乳首舐め。

おっぱいを顔に押し当ててからフェラ。

フェラと手コキで、
北川エリカ「ヤバい?」
男「ヤバいです あぁ まずい ヤバいヤバい あぁ出ちゃいそう」
北川エリカ「出してぇ」
 ドピュ
北川エリカ「あぁ 出てきたぁ あぁ あー出たぁ」
射精を見透かしたような「ヤバい?」の問いかけから男が情けない声を出して余裕で抜かれちゃう感じが良かったです。まったく焦りのない攻めで、これぞベテランAV女優の「凄テク」という余裕の抜きっぷり。

監督「ただいまの記録 5分59秒」
北川エリカ「イェーイ! ウフフ」
監督「早い! 早いー」
イカせて喜んでいる女の子の姿も良いです。M男の敗北感を煽ってもらえる。
北川エリカ「濃いーの出したね」

北川エリカ「嬉しい なにこの 達成感! みたいな(笑)」
初戦快勝で本当に嬉しそう。
監督「楽しいっしょ」
北川エリカ「すごいねー これ いつもと違うわ」

シーン2

2人目からは北川エリカが声掛け。

トークでリサーチしてから対戦スタート。
北川エリカ「こっち見て」
目を合わせながらキスしてシャツのボタンを外していく。チンチンを触って確認し、
北川エリカ「あん もう勃ってる」
攻め方がハマっています。

チンチンをシゴきながら乳首舐め。
北川エリカ「あれ? これどうしたの? ガマン汁すごーい」

フェラと手コキ。ドアノブ洗いみたいな捻りの効いた手コキが上手い。

キスしながら手コキ。カメラが後ろに回る。

残り1分ほどになり男性の勝利が目前だったのだが、
男「あぁ イキそう……」
北川エリカ「いいよ イって」
 ドピュ
北川エリカ「あー出ちゃったぁ すごい いっぱい」
監督「惜しい! あと30秒だよ」

ギリギリの勝利。
北川エリカ「すごいよ いっぱい出たよ どうだ!(笑)」
会心のドヤり。

北川エリカ「イェーイ!」
思いっきり煽るように喜ぶ。すぐ傍で力なく勃っているチンチンがむなしい。あと30秒耐えていれば生でブチ込めたのに。

シーン3

北川エリカ「やっぱり イカせられないって ダメじゃん? みたいな」
2連勝でテング様になりました。

北川エリカが逆ナンした3人目。車内でトークしてから対戦スタート。

長時間のキスから。余裕のある目がエロい。

おっぱいを舐めさせながら股間を触る。

根元まで咥え込むフェラ。

体を反らして固まっている男を見て笑っちゃう。
監督「残り3分頑張れ」

変な体勢で固まっちゃう男、顔も常に反らしている。体勢を整えるのに時間をロスして、
北川エリカ「ちょっとね やり辛い」
フェアな勝負ではなかったかもしれない。2連勝してセックスシーンがないので、そこを調整するのがこの男優の役割であるようにも感じる。元々、男は10分耐えるのが目的なので、全力で耐えるのは正解ですが、女優の攻めを妨害するような動きになっちゃうと勝負としての公平性に欠けるし、男優を勝たせるブック(台本)があるのが見えてしまう。とはいえ、仕事として絶対に耐えなければならないという男優の緊張感は本物。サッカーでいうマリーシアを駆使してでも勝とうとしているのは面白い。
北川エリカは冒頭の企画の説明時に「出すな!みたいに言ってんでしょ どうせ」と監督が男優に指示をしているという指摘はしていました。

10分経過し、
監督「終了!」
北川エリカ「やりづれーよこれ! すごいこうすんだもん! なんでこれズルいよ!」
すぐに抗議するあたり、女優はガチっぽさが出る。でもズルしなきゃ勝てないほどの凄テクであるとも言える。

生中出しセックスへ。
北川エリカ「ズルいよあれ こんなんなってたよね」
まだ言っております。簡単に納得しないあたり、本気っぽくて良いです。

キスしながらの手コキからスタート。

寝かせてパンツを脱いでから乳首舐め→フェラ。

騎乗位で挿入。

後ろに手をついてピストン。

正常位へ。

北川エリカ「あぁ気持ちいい そこ そこ」
気持ち良さそうに喘いでいます。

男「あぁ出ちゃいます……!」
中出し。
北川エリカ「あぁ 出ちゃった?」

北川エリカ「なんだろ さっきよりグングン大きくなって(笑) 伸び伸びとグングンおっきくなってたよ」
ガマンする必要がなくなったので、勃起力も全開だったようです。

シーン4

4人目を逆ナン前に、
北川エリカ「あんな 引き腰にされたらアタシ 咥えらんないよ!っと思ってたよ」
まだ3人目の件を引きずっています。監督が申し訳なさそうなところもリアル。
北川エリカ「でもセックスになったら 凄かったもん おっきくなる勢いと伸び伸び感が チンコの(笑)」
セックスは面白かったみたいで良かったです。

4人目は古くから早漏系の素人男優としてAV出演している男。北川エリカのキャリアなら顔を合わせていてもおかしくない。内心気付いたとしても、それを表には出さないでしょうけどね。

男に自分で脱がさせてパンツ1丁になったところで乳首舐め。
北川エリカ「あぁ おっきくなってきた」

玉を握りながらシゴいて、男の反応に嬉しそう。

楽しそうに攻めているのが良いです。焦りも見えない。

残り4分で乳首舐め手コキ。
北川エリカ「もうパンパン いっぱい出るとこ見たいなぁ」

男「ヤ ヤバいです」
北川エリカ「なに?」
 ドピュ
北川エリカ「あぁ 出た」

時間が残っているので潮吹きをさせようと攻め続けるが、
北川エリカ「どんどん縮こまってっちゃった」

シーン5

北川エリカが逆ナンした5人目。

シーン6

バスの使用時間が終わり、6人目はスタジオで。

オジサン相手に、
北川エリカ「出ちゃうんだったら言いなよ イっちゃう? イっちゃう? ほらイキなよ イキなって」
オジサン「セックスが……」
北川エリカ「いいからイキなよ 出したいんでしょう?」
Sっぽい攻めが良いです。

シーン7

7人目は自称早漏。だけど演技が大袈裟なので10分耐える予想はできちゃいました。このシリーズ、大袈裟な演技をする人は本当は余裕があって結局10分耐えることが多い。女優が勝ってばかりだとセックスシーンが少なくなってしまうので、コントロールできるプロ男優でカバーするのは仕方なしか。

チンチンは太いです。
北川エリカ「おっきいね」

フェラ中にカメラが後ろに回る。

クンニ。
北川エリカ「この中に 生で挿れられるんだよ」

素股から正常位で挿入。
北川エリカ「あぁ おっきいぃ あぁすごいおっきい」
実際に太いし、他の男の挿入では「おっきい」と言っていなかったので、素直な感想かと思います。

舌の突き出し方もエロい。

バック。

背面騎乗。

騎乗位。

騎乗位で激しくパンパンされて、
男「あーーーっ!」
動きが止まり、
男「出ちゃった」
北川エリカ「出ちゃった?」
髪をサラッとかき上げて余裕で締める感じが良いです。

感想

凄テクシリーズ第27弾ということで、企画としてはほぼ出来上がっています。でも3戦目は過去にないパターンで、少しズルして男が勝った感じになり、抗議する北川エリカに監督も少し恐縮していました。こうでもしないとセックスする展開にもっていけないということで、それだけ北川エリカが強かったということですかね。全体的に余裕を見せる楽しそうな攻めだったのが良かったです。キャリア6年半のベテランAV女優に素人男がなすすべなく抜かれる展開が出せていました。

勝負自体はガチ感があるのが魅力ですが、女優側が強すぎた時にセックスシーンが無しでは作品として困ってしまうので、今回はその調整の難しさが感じられました。シーン3で男に無理矢理勝たせようとした制作側のブック(台本)が感じられたものの、その後に北川エリカが納得できない様子で何度も文句を言っていたので、ガチ感が戻った。このあたりもベテラン女優の実力か。ここで女優が空気を読んで素直に受け入れていたら、このシリーズで最も重要な勝負のガチ感が失われていたと思います。

最後は太チン男優が出てきて、それに対する北川エリカの反応もあり、騎乗位で抜き取るフィニッシュは決まっていました。北川エリカの強キャラとしての存在感がしっかりありました。男は、いかにもAV男優というキャラクターでしたが、体位をコロコロ変えて最後は正常位というAVの型にハマったセックスではなく、騎乗位で終わらせたのは上手かった。

シリーズが27弾も続くのが納得できる、類似企画とは少し違うこだわりで作られていると思いました。少なくとも女優側は本気で抜きにいっているのが伝わってくる。男優側は仕込みで制作側と繋がっていても、本気で攻めてくる女優の攻撃に耐えなくてはならない。勝敗も読みにくい。だからこのシリーズは面白い。素人役を演じる男優の演技には問題アリですけどね。

配信開始日:2016/07/30
収録時間:179分 (HD版:179分)
出演者:北川エリカ(園田ユリア)
シリーズ:我慢できれば生★中出しSEX!
メーカー:ワンズファクトリー
レーベル:WANZ

FANZA 北川エリカの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました