常に媚薬をキメているんじゃないかというイキっぷりの高山えみり

イカせ・勝負 巨根

「イっちゃった 寸止めできなかった(笑) オマンコ ヒクヒク 寸止め失敗 えみり失敗しちゃったから もうガマンしなくていいよ イクとこ見して」
まだデビュー1年未満だけど、AV史上稀に見るイキ芸を見せる高山えみり。常に媚薬をキメているんじゃないかというイキっぷりは、AV女優の中でもトップクラス。シーン3ではオナクラで男のオナニーを見ているとガマンできずに自分もオナニーを始めてしまう。寸止めした男を見て自分も寸止めに挑戦するが、あっさりイっちゃう早漏っぷり。シーン1では責め専門のソープ嬢が高山えみりのイキっぷりにハマったようで、面白いオモチャで遊んでいるようでした。

シーン1

高山えみり「ちょっとだけ最近悩んでる事があって 毎回ホントにイっちゃうんですよね 体が持たないんですよね 切実です」
エロおバカな悩みの打ち明けから始まる。誰にやられてもイっちゃうみたい。
高山えみり「もうちょっと自分でコントロールできるようになるといいかなっていう そこはやっぱプロとして必要なスキルかな 自分のために」
オープニングのトークは10分ほどと長く、彼女のイキに関しての話をじっくり聞くことができる。

ということで、ソープ暦3年のあいり嬢から学んで、簡単にイカない身体を手に入れようとする。イカない身体になろうという企画は珍しい。高山えみりはソーププレイ自体が初めてらしい。

あいり「すごいキレイなおっぱいですね」
高山えみり「全然(笑)」
ソープに初めて来た客とソープ嬢という関係っぽい。服を脱がされる時も硬直気味で、ソープ慣れしていない客という感じ。

高山えみり「乳首弱いんです」
あいりさんは受けを一切しない責め専門という事で敏感な高山えみりの反応を面白がっている表情。
あいり「いっぱい気持ち良くなってくださいね」
高山えみり「はい でも我慢しなくちゃ」

体を洗う時も敏感すぎて、
高山えみり「乳首……」
あいり「どうしたんですか?」
高山えみり「気持ちよくなっちゃう」
あいり「洗ってるだけですよ」
高山えみり「変な気分になっちゃう」
あいり「エッチなんですね」

同性ならではのツボを押さえた手マン。
あいり「ガマンしなくていいんですよ」

体を洗っただけで一戦終えたような表情。

あいり「すごい敏感ですね」
高山えみり「それを直したくて……」

口を半開きにして準備している様子を眺める。

うつ伏せに寝てマットプレイ。

背中におっぱいを当てられるとビクビクッとしながらメロメロ。
高山えみり「どうなっちゃうんだろ おかしくなる」

敏感になるドラッグでも盛られたような敏感すぎる反応。

アナル舐めでビクンッビクビクッとなる。
あいり「敏感ですねぇ」

高山えみり「あぁ あー……」
男なら1発暴発しちゃった感じ。

仰向けで乳首責め。
高山えみり「強いの好き あぁダメっ」
あいり「じゃあ やめていいですか?」
高山えみり「やだ やめないで」

続けてもらうが、
高山えみり「イクッ イっちゃうイっちゃ」
そのままビクンビクン。焦点が合わない目が良いですね。

クンニから手マン。
高山えみり「入口ビチョビチョ」
高山えみり「すごい あったかい」
高山えみり「ダメッ そこ気持ちいいっ」
あいり「ダメですか?」
高山えみり「好き そこっ」

クンニと手マンの同時責めで、
高山えみり「一緒にやるとイっちゃう あぁダメッ イクゥ」

あいり「すごい」
高山えみり「ふー ふー まだ気持ちいい」

監督「えりみちゃん ガマンする気ある?」
高山えみり「忘れてた」

ふんばってガマンする。
あいり「すごい締まってますね」
高山えみり「うんっ」

高山えみり「ふー ふー ふー……」
あいり「フフフフフ」
責め好きのあいりさんにはたまらない反応といった感じで、楽しそうに責めています。

高山えみり「ストップ ストップ」
あいり「どうしたんですか?」
ストップしてもらえるわけもなく、
高山えみり「ガマンできないもうっ」

高山えみり「イっちゃうダメ」
あいり「ん? またイクんですか?」
目を見開いて耐える。
高山えみり「うー はー はー ふー もうガマンできないダメッ」

高山えみり「ダメダメダメッ ……あっ!」
またイっちゃってビクビク。
あいり「すっごい締まりますね フフフフフフ」
高山えみりのイキ芸も凄いけど、あいりさんの責めっぷりも良いです。イカせて悦に入ってる感じが良いです。

高山えみり「そんなに責めるとおかしくなっちゃう…… おかしくなる……」
責めながら時おり「フフフフ」というあいりさんの笑い声がエロイ。
高山えみり「そこ気持ちいいっ」
あいり「そこってどこですかぁ?」
どこかを言わせるスタイル。男優さんみたい。
高山えみり「クリ クリちゃんの先っちょ」
あいり「フフフフ ここをこうですか?」
高山えみり「丁度いい 触り方が」
女性だからわかる絶妙な触り方か。

高山えみり「やっぱすごい上手」

あいり「どこが気持ちいいとか言ってください」
高山えみり「奥のほう……あっそこっ!そこっ! それ それすごい好きっ」
あいり「腰浮いてますよぉ」

高山えみり「イクギリギリまで……ガマンしなきゃガマン」
ガマンしようとはするが、すぐに、
高山えみり「ガマンできない」

高山えみり「ダメダメッ……イっちゃうっ!」
耐えているところからイクまでの顔芸がすごい。音声切っても顔だけで伝わる。

あいり「本来だったら ここで挿れるんですけど」
高山えみり「挿れる?」
あいり「はい オチンチンがないので」
高山えみり「あぁ そっかー」
ソープ研修でもあるので、生でしようとしてくる男の断り方も教える。
あいり「私は普通に 病気ほしいの? って言っちゃいますね(笑)」
高山えみり「なるほどー」
トークしながらもマンコをいじってるあいりさん。
あいり「すごい敏感ですね」
やっぱり反応が面白いようだ。

貝合わせ。
あいり「オマンコとオマンコが」
高山えみり「擦れてるすごくっ あぁすごい 気持ちいいところ当たる」

あいりさんのテンションもどんどん上がっている感じ。

高山えみり「もうガマンできない」

すぐイっちゃう。
あいり「フフフフフフ すごいいっぱいイキますね」
高山えみり「はいすごい ダメだ ガマンできない全然」

高山えみり「どうしよう どうしよう イっちゃう イっちゃう」
あいり「イっちゃうんですか?」

高山えみり「はぁイキたい……」
あいり「イキたいんですか?」
高山えみり「イキたいけど イっちゃダメだし……」

意地の耐えっ!ブサ顔になってるけどかわいい。
ここでアラームが鳴って最後だけは耐えきった。
あいり「お時間です」

イキやすい高山えみりはソープ嬢としては、
あいり「毎回毎回イクと 体がもたないと思うんですけど(笑)」

シーン2

ソープの実践練習。
高山えみり「で えっと どうすんだっけ?」

高山えみり「これ私も脱いだほうがいいですよね!? ごめんなさい」
手順が頭に入っていないもよう。
男はタトゥーからしてAV男優の堀尾ですね。

お客さんに手順を聞いちゃってる。

チンチンを洗う。
監督「でっかいね」
ふと驚いて監督を見る。
高山えみり「ん?」
監督「でっかいね」
高山えみり「うん 洗いがいがあります おっきい おっきいのすごい 好きです」

泡を洗い流すときにおっぱいを揉まれて、
高山えみり「気持ち良くなっちゃう」
動きが止まってしまう。

ほの見よう見まねでマットの準備。
高山えみり「ちょっと手間取ってすみません」

男をうつぶせにして後ろから責める。

高山えみり「あってるかな?」
ズルッとコケたりするハプニングもありながら、なんとかこなしていく。

堀尾「すごい気持ち良いですよ」
高山えみり「良かった」
堀尾「ほら こんなに」
おっぱいを揉む男。
高山えみり「あっ あっ うぅ やぁ ちょっと ダメ 気持ちよくなっちゃう」

高山えみり「すごい おっぱいギュッてなって気持ちいい」
おっぱいだけでこんなに反応してもらえたら面白いですね。
高山えみり「興奮してきちゃう」

高山えみり「すごい気持ちいい ゾクゾクする」
堀尾「俺 ソープの才能あるのかな」

高山えみり「アソコこすれるっ」
素股状態だが高山えみりのほうが感じている。

高山えみり「気持ちいいっ 擦れてるっ」
高山えみり「やばいっ クリにすごい」

高山えみり「気持ちいいっ イっちゃうイっちゃう ダメッ イクッ」
素股でイカされちゃう高山えみり。
高山えみり「イっちゃった」

男のほうが責める。
高山えみり「でもやってもらうのは……」
堀尾「なんかすごい面白そうだから」

高山えみり「オチンチンおっきい すごい」
これで目がイっちゃうのが面白い。

おっぱいマンコでセックスしてイカされちゃうみたいな。

足の裏まで舐められる。
高山えみり「ああっ そんなとこまでっ」

高山えみり「イクゥ イクゥ イクッ!」

立て続けに責められる。

クンニと手マンの同時責めで、
高山えみり「うぅ イっちゃう」
堀尾の手首をギュッと握る。

高山えみり「イっちゃうイっちゃうイっちゃう イクッ ダメッ あっ……」

言われるがままに生挿入される。
高山えみり「大丈夫なの?」

デカチンを根元まで挿入。
高山えみり「んんっ あぁすごいっ すっ……くぅ オチンチンでいっぱいになる」

高山えみり「おっきい おっきいすごい」
目をひんむいて言われると驚きがこもってて良いですね。
高山えみり「すごい当たるー そう 奥ッ すごい当たる オチンチンでいっぱい」

高山えみり「気持ちいいぃ 気持ちいいぃ」
ラリったみたいに感じてくる。

またすごい顔してイキます。

高山えみり「おっきいの好き」
高山えみり「あぁすっご 当たってる」

激しく突かれてイク直前。

高山えみり「すごいっ ずっとイってる ずっとずっとずっと」
どうやったらこんな顔が作れるんだという。

突き終わって小休止。でももうボロボロ。
高山えみり「ずっとイってたよ……」

騎乗位。
高山えみり「すごい キュッてなる オマンコの中 キュッてなっちゃう」

高山えみり「イっちゃう……」
情けない表情がかわいいです。

そのまま下から突き上げられてイっちゃいますが、休まず突かれて顔面崩壊状態。まだデビュー1年未満ですが、一芸を極めてる感がある。
高山えみり「イキっぱなし」

後ろに手をつく大勢。
高山えみり「グリグリ当たるっ」

バックへ。
高山えみり「後ろ好き」
ぶっとんで逝っちゃってる目が良いですね。

高山えみり「バックすごい好き」
高山えみり「すごい当たるっ」

高山えみり「気持ちいい 気持ちいい」
気持ち良さそうな表情から、

高山えみり「そこっ! そこっ!」
くわっと目を開く。

そして気張ったような表情。
本当に表情での表現力が多彩。演技過剰なのは好きではないのですが、彼女の場合は特に表情の変化が繊細過ぎて素晴らしい。見入っちゃう。

高山えみり「おかしくなる 気持ちいいそこっ「」

高山えみり「イクイクイクッ ダメッ……」

脱力しちゃったので寝バック。

当然イっちゃいます。

でも、
高山えみり「もっともっと」
ゾンビの如くイっても終わらない。

抜かずに側位。

ここまでアへッてもらえれば気持ちいい。

高山えみり「あぁイクッ 私ばっか」

最後に高山えみりがイった後に堀尾も中出し。


監督「全然イクのガマンしないじゃんか」
高山えみり「ですね ガマン し忘れましたね」

シーン3

ソープはハードルが高すぎたのでオナニークラブ、通称オナクラに挑戦。男のオナニーを見るだけの簡単なお仕事です。
高山えみり「これは大丈夫でしょ(笑)」

いきなり実践。近づいて来て匂いを嗅ぐ男。
高山えみり「こんな近くで見てればいいのかな?」

高山えみり「すごい おっきくなってきてる 見てるだけでいいんだよね」

男がズボンを脱ぐ。
高山えみり「すごい 膨らんじゃってる おっきくなってきてる」

おっぱいに当てそうで当てない。お触りは不可だから。
高山えみり「見てるだけだよね」

チンチンを出すと、
高山えみり「アハハッ おっきい おっきい えみり好きなやつですこれ おっきい」
嬉しそう。

高山えみり「気持ち良さそう」

高山えみり「これって触らなければ大丈夫なんだよね 私 自分でこれ オナニーしちゃってても大丈夫なのかなぁ どうなんだろ」
結局オナニーを始める高山えみり。誰のためのオナクラかわからない状態に。

高山えみり「見ます? 見たらもっと大きくなる? もっと大きくなったとこ見たい」
男「あ…… あ いや……」
乳首を見せてもらってハイスピードでシゴく。

高山えみり「乳首勃ってきちゃった」

高山えみり「見るだけならいいんだもんね」
近づいてガン見しながらオナニー。

急に根元を押さえて悶えだす男。
高山えみり「ん? ん? どうしたの? もしかして寸止めしてるの? エローイ すごい なんで? なんで止めたの?」

高山えみり「もったいなくなった? エミリのこと見てもったいなくなった? すごいガマンしてるー かわいー すごい興奮する 寸止めとか わかった私も もっと気持ちよくなる」

下を脱いでオナニーの見せあい。
高山えみり「気持ちいいね」

男が腰を引いて内股になって耐える。
高山えみり「またガマンしてるの? そんなの見せられたら興奮しちゃう」

高山えみり「ガマンしてる? でもイキそうなのガマンするの気持ちいいよね」

すんごいマジマジと見つめた後にクンクンと臭いを嗅ぐ。変態度では男を圧倒。

高山えみり「あっ 垂れた! すごい出てきてるよ もしかしてガマン汁?」

高山えみり「あぁヤバイ イっちゃいそう…… ダメッ……」
オナニーをやめて耐える。
高山えみり「あぶなーい」
自分でマン汁の糸を引かせて、
高山えみり「すごい ミョーンって ガマンしてない汁だ アハハッ」

高山えみり「すごい気持ちいい オマンコ ぐっちょぐちょ」

高山えみり「ヤバイ えみりも寸止めするっ」
寸止め勝負みたいな展開。

高山えみり「もうちょっと…… あっ はあっ ……あっ! うっ うっ うー…… うっ……」
右へ左へと視線の動かし方が上手だった。
高山えみり「イっちゃった」
ちょっと申し訳なさそうな言い方がかわいい。
高山えみり「イっちゃった 寸止めできなかった(笑)」

高山えみり「オマンコ ヒクヒク 寸止め失敗 えみり失敗しちゃったから もうガマンしなくていいよ イクとこ見して」

シコシコしていた男が、
男「い 挿れたい……」
高山えみり「あっ 中? いいよ挿れて むしろ挿れて」
快諾しちゃう。
シコシコして射精する瞬間に挿入するという展開でしたが、明らかに挿入していない感じなので余計な演出になってしまった。

一応、中出しという事です。

監督「ダメじゃん」
高山えみり「なんだっけオナクラって?」

シーン4

ピンサロ嬢に挑戦。
一方的に奉仕する仕事だが……。

最終的にはフェラで構内射精するが、

男にいじられて4回イカされていました。

シーン5

最後はデりヘル。
無制限でやらせてみるシチュエーション。

男は終わったら口頭で仕事の報告をするだけだと言うので、
高山えみり「イっちゃったら黙っててもらっていいですか?」
カメラがあるのは知らないという設定。デリヘルの仕事内容もわかっていないので確認し、
高山えみり「挿れちゃダメって言われた チンポ」

高山えみり「チンチン大きくなってる」
背中で勃起を感じる。

下にはすんごい衣装。

高山えみり「あぁヤバイそれ それすごい いいっ」

四つん這いにして後ろから責める。
高山えみり「なんかもうイっちゃいそう もうイっちゃいそう」

高山えみり「触ったらイっちゃう!」
触られてイっちゃう。
男「イってないでしょ? えっ? ちょっとだけイっちゃった?」
高山えみり「うーん ちょっとだけ ちょっとだけ」
男「じゃあセーフかな」
高山えみり「セーフ」

男「気持ちいい?」
高山えみり「気持ちいいぃ」
男「じゃあこっち舐めなくていい?」
高山えみり「ダメ舐めてぇ」

高山えみり「熱いっ 熱いっ」
高山えみり「んー ガマンできない」
男「イキそうになっちゃった?」
高山えみり「イキそうになった」
男「一応ガマンしてるの?」
高山えみり「ガマンしてる」
でも結局ガマンするのは諦めてイっちゃいます。

何回もイって攻守交代。

でも手マンでイカされる。
男「すごいイキやすいね」
高山えみり「ちょっと出ちゃった」

フェラ。
高山えみり「食べちゃうね」

高山えみり「なんか出てきた」
高山えみり「ビンビンだね」

高山えみり「奥まで舐めていい?」
男「できるの?」
高山えみり「できるかも」
素潜りでもするように「はー」と息を吸い込んで根元までガブリ。
男「あぁすごい」

高山えみり「挿れたい 挿れちゃったらダメ?」
男「え 俺はいいけど いいの?」
高山えみり「いい いい このまま挿れてもいい?」
男「このまま!?」
生で騎乗位。
高山えみり「わぁすごい こすれるぅ」

高山えみり「ダメだっ もうイクッ もうイクッ」
安定の早漏っぷり。

高山えみり「気持ちいい 気持ちいいすごい 奥 奥奥奥当たってる当たってるそこっ」
高山えみり「ゴリゴリ当たってる」

騎乗位→背面騎乗位→バック→側位→正常位で中出し。

イった回数は測定不能で終了。

感想

国宝級のイキ芸がすごかった。私は演技過剰なのは白けちゃうタイプですが、彼女の場合は見入ってしまった。特に表情での表現力が突き抜けていますね。表情からダイレクトに気持ちが伝わってきて、目が離せない。突かれながらのコメントも多くて良かったです。
シチュエーションもバリエーションに富んでいましたね。
シーン1は高山えみりのイキっぷりを初めて見て衝撃でしたが、あいりさんも根っからの責め好きという感じで良かった。高山えみりの反応を見て悦に入った笑い声が度々聞こえてきます。面白いオモチャで遊んでいるみたいでしたね。
シーン3は痴女っぽく責める高山えみりがエロかった。途中から寸止めガマン勝負みたいになるけど、あっさりイっちゃう高山えみりがかわいかったです。
収録時間:195分 (HD版:195分)
出演者:高山えみり
監督:サイクロン橘
メーカー:Mr.michiru
レーベル:MISTER

FANZA 100回イッてもまだ足りない! 奇跡の感度で止まらない痙攣絶頂と中出し 高山えみり

コメント

タイトルとURLをコピーしました