葵こはるにイチャイチャ筆おろしをしてもらった童貞君が騎乗位でほぼ動けず1分10秒のフィニッシュ

リアル筆おろしドキュメントだった頃のザ・筆おろし。2人目の童貞君とは恋人同士みたいにイチャイチャ。童貞君は自分から正常位をしたいと言ったが、全然上手く出来なくて騎乗位をしてもらう。しかし30秒でイキそうになって葵こはるは止まって様子見。止まった状態でイキそうになったり耐えたりする童貞君の様子から、本物の童貞君が射精を耐える瀬戸際の感じが見られる。大丈夫かと思ってキスをして少し腰を動かしたら限界を超えたようで、察した葵こはるがピストンしてイカせてあげていました。>>感想
(FANZA 葵こはるのザ・筆おろし)

シーン1

本物の童貞が来るという話をされる。葵こはるは初体験が処女&童貞だったという事で、その時の体験を話してくれます。
葵こはる「フェラを初めてした時に 初めてイっちゃったかなって感じ」
けっこう生々しい話で面白い。ビックリするほど痛かったのを覚えているとのこと。
葵こはる「もう処女じゃないんだぁ みたいな感じだった」

監督が童貞君に話を聞いているところを葵こはるがモニタリング。本物素人・本物童貞にこだわったシリーズなので、童貞君の話もリアリティがあり、それに対する葵こはるの感想も面白い。
監督「好きだったAV女優はいますか?」
童貞君「上原亜衣ちゃん」
葵こはる「上原亜衣ちゃん(笑)」

ご対面。
葵こはる「葵こはるです よろしくお願いします 知ってますか?」
童貞君「はい……」
葵こはる「えっ? 知ってる?」
童貞君「聞いた時があります 葵こはるちゃん?」
葵こはる「名前は知ってる? 見た事はない?」
童貞君「おそらく……」
葵こはる「はー 良かった」
この会話は面白かった。単体のAV女優として観られていないって事はAV女優としては良い事ではないと思うんですけど、「良かった」と安心している葵こはるの心情がリアルです。

葵こはるはトークするのが上手です。話すのが苦手と言う童貞君も話しやすそう。葵こはるが「緊張しているのが相手にも伝わって話しにくくなる」という事を言ってましたが、葵こはる本人がこれをよく理解しているようで、緊張感をまったく出しませんね。童貞君が何故AVに応募したかという理由を深く聞き、
葵こはる「恥ずかしいとか?」
童貞君「恥ずかしいというのもありますし なんか 普通に捨ててしまうのも なんかもったいないというか」
へぇーっと思いました。26歳まで童貞で、彼なりの初めての思い出としてデカい事をやろうという感じか。これなら普通に風俗で捨てればいいじゃん、とは言えない。AVに出る理由になっている。

キスは1度だけ経験がある童貞君。でも感覚は忘れているそうです。

ディープキスは初めて。

葵こはる「上手だよ」
長いキスが終わった後も近い距離で話してくれる。
葵こはる「もう1回しよっ」
2回目のディープキスも。

おっぱいを揉ませてあげる。葵こはるも恥ずかしそうに照れ笑いするところが可愛いです。

葵こはる「普通に上手なんだけど(笑)」

筆おろしもの定番のマンコのお勉強。
葵こはる「なんか恥ずかしいね」
AV女優と言えど、相手が一般人であれば恥ずかしくて当然でしょう。一通り説明した後も、
葵こはる「えー 恥ずかしいよっ」

葵こはる「これが こう剥いたまま触ると ちょっと刺激が強いから そこは こうしないで このまま こうやってグルグルってすると気持ちいい」
こういうところにもガチさが出てますね。仕込みの素人系男優なら、ここまで細かくする必要はない。

葵こはる「ヤバイ 濡れてるね フフ(笑)」

葵こはる「ヤバイッ あぁ上手すごい」
時おりビクッとしながら良い感じに反応する葵こはる。

クンニ。
葵こはる「なんかずっと されてたい」

チンチンの皮を剥いて、
葵こはる「コンニチワ」

初フェラ。手加減は無く、普通にがっつりフェラしています。

葵こはる「わぁすごい おっきくなった おっきいね」

葵こはる「なんかさ これがさ 誰の 誰のものでも無いって なんか変な感じだね」
コメント力があります。未使用チンチンのイジりも面白い。

葵こはる「乳首 変な感じ? あんまりよくわからない?」
童貞君「はい」
でもチンチンはフル勃起で、
葵こはる「チンチンは正直ですね」

してほしい事を聞いたら、
童貞君「パイズリ」
けっこうなお願いに戸惑いつつも一生懸命やってくれる。
葵こはる「こんな感じ? できてる?」

シックスナイン。
葵こはる「あぁヤバイ」
覚えたてのクンニに敏感に感じる葵こはる。

顔面騎乗をやってみたいと言うので、
葵こはる「苦しかったら言ってね いくよ」
やってみると、
葵こはる「どう?」
童貞君「苦し……」
葵こはる「ダメだった(笑)」
高難易度すぎましたね。

騎乗位で童貞喪失。
外からチャイムが聞こえ、
葵こはる「あ キンコンカンコン鳴ってる」

ピストンを激しくして、
葵こはる「あんっ ダメッ 気持ちいっ」
一休み。

正常位。
葵こはる「すごい上手」
葵こはる「あっヤバイ 気持ちいい」
動きに固さはあるけど上手に突けている。

バック。

バックの後「ブブーッ」とマン屁が鳴って、
葵こはる「あっ マン屁が ちょっと空気が入っちゃった 穴の中 プーって出ちゃうの」
童貞君だとオナラだと勘違いされかねないので、ちゃんと説明している。

挿入ではいけなかった童貞君。
童貞君「フェラがすごい気持ち良かったから ゴム無しでフェラしてほしい」
素直な要求に監督が思わず笑っちゃう。
葵こはるが監督のほうを向いて、
葵こはる「いい? それで?」
監督「いいよ」
ってか「ゴム無し」と言うまでもなく、わざわざゴム有りでフェラしませんわな。そっちに笑ったのかな?

フェラの後、最後はキスしながら手コキして発射。

葵こはる「お掃除してあげる」

射精後に「はぁはぁ」言ってる童貞君が面白いようで笑いっぱなしの葵こはる。
葵こはる「はぁはぁ言ってる(笑)」

葵こはるも緊張してたらしい。
葵こはる「女の人ってこうなんだって思われちゃうから(笑)」

シーン2

2人目は20歳の童貞君。1人目と同じようにモニタリング。
葵こはる「けっこう いい感じの人 普通に」

葵こはる「すごい普通の 普通の好青年(笑) ウチでいいのかな(笑)」

ご対面。
葵こはる「知ってますか?」
童貞君「いや 初めて見ます」
葵こはる「はー 良かった」

アニメの話で盛り上がる。共通の話題があって良かったですね。

キスの経験はある童貞君。
普通にトークも出来るのでイチャイチャして楽しそう。


ディープキスのやり方を丁寧に説明してから実践。
葵こはる「すごい上手ぅ」
童貞君「お世辞うまいですねぇ」
葵こはる「ホントにホントに」

葵こはる「ホントに ホントに そこらへんの男優より上手いと思う(笑)」
葵こはる「でもホント上手 ビックリした今」
このへんのイチャイチャ楽しいトークも羨ましい。
童貞君は図々しいくらい積極的でもある。

でもボタンを外す時に、
葵こはる「震えてる(笑) あぁすごい」
平静を装っていた童貞君、やはり緊張もあるようだ。

初めてのブラ外し、
童貞君「えっ 取れない あっ こうか」

お互い恥ずかしがる。仲が良い感じで、嫉妬を覚えるイチャイチャ感でもありますね。

キスしながら乳首を責める。

葵こはる「エッチになってきた?」
童貞君「すごい最初 勃たないと思ってたけど 全然」
監督「フフッ」
葵こはる「えっ!?」
童貞君「勃ってます 勃ってます」
葵こはる「ヤバイ 勃ってる?」
童貞君「勃ってます」
葵こはる「ホント?」
そのままキス。イチャイチャしやがってーーーーー!


葵こはる「優しく撫でるみたいに」
童貞君「優しく撫でる」
葵こはる「うん」
ここでも触り方を丁寧に教える。
童貞君「男優さんてすごいな 全然わからない」
葵こはる「そうだよね」

直接触ってクリトリスがわかったようで、
童貞君「わかります これ」
葵こはる「あっ そこ! わかる? すごいね」
パンティーに手を突っ込んでクリトリスを探るという行為が妙にエロかった。
童貞君「これか」

1人目の時と同じように細かい説明をする葵こはる。

葵こはる「ツバで濡らして」

葵こはる「恥ずかしかったらチューしていいよ」
童貞君「いいですか? チューしたい」

既にフル勃起状態。
葵こはる「すごい勃ってるぅ すごい(笑)」

全裸で長いキス。
葵こはる「チュー好き?」
童貞君「好き すごい気持ちいい ヤバイ何もできなくなっちゃう」
葵こはる「ウフフフ」


初フェラ。当たり前のようにキスを挟みながら。

葵こはる「なんかしたい事とかない?」
童貞君「シックスナインしたい」
この会話、キスしながら喋ってます。

シックスナイン。

合間合間にキスをするので嫉妬MAX。

葵こはるがコンドームを着けてくれる。ここでも向きがどっちかでイチャイチャしながらの作業。

正常位をしたいと言う童貞君。
挿入は成功するも動きが固い。全身固まって体全体を振っている感じ。キスがスムーズだったので、こいつは童貞じゃないかなぁとも思ったけど、この正常位で疑惑は晴れた。これぞ童貞の正常位。

そしてすぐに、
童貞君「あっ 外れた」
葵こはる「外れた(笑)」
童貞君「えっ難しい なんかコツとか」
ちょっと男側の正常位のコツは、女にはわかりにくいんじゃないかな。

童貞君「すごい難しい」
 チュ
キスは長いけど腰はほとんど振れない。童貞君も諦めて、
童貞君「騎乗位やってもらっていい?」
葵こはる「いいよ」

そのまま身を起こして座位の状態で葵こはるが動く。

1回抜けて騎乗位で挿入。
葵こはる「入った」

またキスを始めてキスしながらピストン。挿入から30秒後に
童貞君「あイク」
葵こはる「えっ?」
童貞君「激しくするとイク」
葵こはる「イっちゃう?」

様子を見て止まる葵こはる。
童貞君「あイッ……」
葵こはる「えっ?」
童貞君「まだ まだ大丈夫」
耐えたようだ。止まったままだが、
童貞君「マズ……」
葵こはる「えっ? どうしたの?(笑)」
童貞君「イっちゃう 後ちょっとで」
葵こはる「ホントに? フフフッ」
ここは面白かったです。止まった状態で童貞君の瀬戸際の戦いが感じられた。葵こはるも動いていいのかどうかわからず戸惑っている。
童貞君「大丈夫かな?」
葵こはる「うん 多分」
結合部を2人で覗いて確認。

童貞君「あっ ちょっと……」
葵こはる「ん?」
動いていないけど、また波が来たようだ。
童貞君「イキそうだけど まだ大丈夫」
葵こはる「大丈夫(笑)」

動けないので、とりあえずキスしてくれる葵こはる。

キスしたまま少し腰を動かしたら、
童貞君「あイクッ…… イクッ!」
止まった状態でも限界だったので当然こうなっちゃう。
もうアウトだと察した葵こはるはピストンを強めてイカせてあげにかかる。ものの数秒で、
童貞君「イった……」
葵こはる「イった? あホントだ ビクビクしてる(笑)」
騎乗位で挿入してから1分10秒でした。ほとんど動いていませんが。早さよりも止まった状態で童貞君が限界ギリギリで耐えている様子と、それに戸惑う葵こはるのリアクションが面白かった。

葵こはる「ンフフッ すごい(笑)」
童貞君「イっちゃいました」
そしてまたキス。

週1くらいしかオナニーしないというだけあって量が多い。

最後もイチャイチャ楽しい雰囲気で。

シーン3

40歳のシナリオライター。せつない40年の人生を文章にして読み上げてくれる。なかなか面白い文章で、葵こはるも楽しそうにリアクションしているし、監督も鼻で笑っちゃう。

この日まで辿り着いた熱すぎる想いに、
葵こはる「ヤバいんだけど(笑)」

葵こはるの人懐っこくてく優しい性格がわかる暖かい絡みだったが、童貞をこじらせた40歳男性は射精できず。でも最後まで優しく男を慰め励ました葵こはる。

感想

リアル筆おろしドキュメントだった時代の『ザ・筆おろし』シリーズ。かわいらしいキャラクターの葵こはるが、ガチの素人とガチの童貞を筆おろしする緊張感と生々しさがあって良いです。この作品より後の『ザ・筆おろし』シリーズは、普通に見慣れた男優が出演するスタイルに変わりました。

シーン2の早漏シーンは面白かったです。リアルな童貞の早漏・暴発という感じ。葵こはるも戸惑っていましたが、視聴していても射精するのかどうかハラハラする状態だった。 童貞君本人も耐えられるかどうかわからなかったでしょう。リアルな筆おろしらしい、先が読めない展開での暴発。葵こはるの対応が良いので、イチャイチャっぷりも半端じゃなくて、葵こはるファンとしては見ていて寝取られ的な嫉妬をするほど。恋人同士みたいに2人ともキスを求めていた。

全シーンともに葵こはるの対応が良かったです。明るくて優しいのはもちろん、手マンなどを教えるのも細かく丁寧で、本物の筆おろしという感じが出ていた。2人の共同作業を成功させるために本当に一生懸命という感じ。コメント力もあるので、イジり方も面白い。

収録時間:129分 (HD版:129分)
出演者:葵こはる(えりか)
監督:大田ケンイチ
シリーズ:ザ・筆おろし
メーカー:クリスタル映像
レーベル:e-kiss

FANZA 葵こはるのザ・筆おろし

DUGA 葵こはるのザ・筆おろし

MGS動画 葵こはるのザ・筆おろし

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top