VRでリアルAV男優体験をして佐々波綾をデカチンでイカせ無双「ヤバい ホントに好きなっちゃいそう」

VRでAV男優を体験するという企画。かなりリアリティのある作りで、現場の緊張感と臨場感が味わえて、VR職業体験みたいな面白さがあった。お相手は佐々波綾。緊張して勃ちが悪い自分を献身的にサポートしてくれる。新人男優だけどデカチンで佐々波綾を驚かせイカせまくる爽快な展開も。
(DMM.R18 【VR】リアルAV男優体験!撮影中チンチンが勃起しなくなってVTRストップ!勃起待ちで絶体絶命の危機に天使の佐々波綾がしてくれた本当にHなこと 佐々波綾)

シーン1

AVの撮影現場という設定で自分は男優役。色黒のスタッフがゴソゴソと準備を進めている中で待機。
監督「はーい じゃあ説明からいきましょうか お願いしまーす」
メイク「はーい お願いします」
佐々波綾とメイクさんが入ってくる。こちらに気付いて、
佐々波綾「あっ お願いします 佐々波綾です お願いします」
AV男優としての自分に挨拶してくれる佐々波綾。
かわいい笑顔を見せてくれる。この子とこれからエッチするという関係にドキドキです。

監督が内容を説明する。これから撮ろうとしているのは、新居に引っ越してきた夫婦か恋人という設定。
外出していた佐々波綾が帰宅すると部屋が片付いていて、頑張ってくれた男に奉仕してくれる展開。
打ち合わせもAVの撮影っぽい雰囲気で良いです。監督は顔モザイクなので本物のようです。打ち合わせのやり方は100%本物感を出せるけど、仮想現実世界での顔モザイクはリアルではない。

佐々波綾が奥でスタンバって、
監督「はいはい じゃあいきましょう」
スタッフ「はいお願いします」
監督「お願いしまーす」
ここで自分のすぐ近くで、
監督「じゃあよろしく」
ドキッとする一声。自分もこの緊張感のある現場にいる1人なんだと思わせる。
いよいよ本番!っという緊張感が素晴らしい。VR職業体験としての面白さがある。

佐々波綾「ただいまー あれっ? もう部屋キレイになってる 全部片してくれたの? ありがとう!」
打ち合わせ通りの展開。ついさっきまではオフでの佐々波綾と男優、そして今は役の中での佐々波綾との共演。こういう変化も楽しい。

初めての同棲でテンションが上がっている佐々波綾。これも監督の指示通り、
佐々波綾「ドキドキしてるのわかる?」
簡単な指示だけど、セリフは自分で作っている。こういう演技、改めて凄いなぁと思います。打ち合わせを見てから、本番での演技も見られる面白さ。
ここで佐々波綾のおっぱいに触れる。挨拶でおっぱいを揉むわけにはいかないので、体の触れ合いはぶっつけ本番というドキドキ。

手を恋人繋ぎにしてイチャイチャ。
佐々波綾「初夜だし エッチいっぱいしてもいいよ フフ する? エッチ」
チュッチュッとキスして笑顔で見つめて、
佐々波綾「好き」
またキス。
佐々波綾「フフフ なんかチューもドキドキするかも」

連続キスの後に、
佐々波綾「おっぱいも触っていいよ ほら すっごいドキドキしてるのわかる?」
しばらくおっぱいを揉んでいたら、
監督「はいオッケー 1回そのままね」
自分も佐々波綾もピタッと止まる。編集で繋げやすくするためでしょう。この状態で監督が次の指示。監督がストップをかけるまでは普通のアダルトVR動画として楽しめますが、打ち合わせで先に展開がわかった状態で続きを見るのが面白い。
監督「じゃあ続きいきます よーい スタート」

佐々波綾「こうやって改めて脱ぐと やっぱ恥ずかしいかも」
新居での初エッチなので恥じらいがあるというのは監督の指示。
ブラの上からおっぱいを揉むと、小さな声で喘ぐ。
佐々波綾「このお家で いっぱい思い出作ろうね」

フロントホックのブラをハラッと取る。
直におっぱい揉み。感じ方が激しくなってくる。

乳首をいじったところで監督から2回目の指示。
次はおっぱいを近づけて見せ、その時は触らずカメラにキレイに見せるという。
監督「いきましょうか よーいスタート」
佐々波綾「ねぇ おっぱい もっと近くで見て」
指示通りに動く。簡単な指示の中で、佐々波綾がどういう見せ方をしてくるのかに注目してしまう。

再びおっぱいを揉んでキス。
じっと見つめる顔がかわいい。
佐々波綾「綾も気持ち良くしてあげるね」

ズボンのジッパーを下ろし、
佐々波綾「腰上げて」
ズボンを脱がせる。
佐々波綾「パンツも脱がしちゃっていいかな?」
ここも普通のVR動画よりもドキドキ感がある。ドラマの役外で挨拶を交わしている相手だと見られる恥ずかしさも増す。

パンツを脱がされて、
佐々波綾「2人で いっぱい気持ち良くなろうね」
キスをして、手コキをされながら乳首を触る。敏感に反応してくれて手コキに集中できない佐々波綾がかわいい。

監督の3回目の指示があり、フェラへ。
15分前に挨拶したばかりの女にフェラされる。AVの企画でセックスのハードルが低い世界というのがありますが、そんな感じ。

佐々波綾「いっぱい気持ち良くなって ほら耳も舐めてあげる」
囁きと耳舐め。

監督「オッケー 1回止めてみましょう」
今までのストップとは違います。休憩しつつの打ち合わせ。

監督「オチンチンが元気になったら……なるまで ちょっと続けたいんですけれども ……いけそう?」
どうやら自分の勃ちが悪いらしい。
監督「ちょっと 今 高めてもらって で 高まったら そのまま続きからいきます」
自分でシコシコし始める。
この間、監督は佐々波綾に細かい指示を与える。この現場の空気感、とても良いです。

勃ち待ちのため、メイクを直しにいく。
ちょっと責任を感じちゃうのも面白い体験。

監督がこちらの様子を気にして、
監督「むしろ元気なくなってるよ(笑)」
スタッフ「大丈夫?」
監督「いけそう?」
スタッフ「最近忙しいって聞いてるからね」
心配してくれる感じで優しい雰囲気です。

佐々波綾が戻ってきて再び監督と打ち合わせ。
打ち合わせが終わるけど、撮影を再開できない。完全に自分待ち。
スタッフ「大丈夫? 1回シャワールーム行く?」
仮想現実の中で申し訳なさを感じている時に優しい対応が温かい。

佐々波綾「大丈夫ですか?」
ガウンを着た佐々波綾が声をかけてくれるが、ここでハプニング。VRカメラが振動するように揺れます。これは佐々波綾も素で驚いた様子。
監督「気をつけてそこ 危ないからね」
スタッフ「危ないから これやっといたんですよね」
VRカメラに当たらないように何かをやっていたけど、当たっちゃったみたい。
監督がカメラを再調整して、視点が左にスーッと動きます。キョトンとして待っている佐々波綾。完全にハプニングだけど、これこそリアルな現場の雰囲気。

佐々波綾「大丈夫ですか? 私全然大丈夫なんで ゆっくりで大丈夫ですよ」
オフの感じも良いです。ガウンがエロいですね。ついさっきまで裸でイチャイチャしてたのに、オフでは隠すという切り替え。
佐々波綾「緊張しますよね こういうの フフフフ ちょっと人多いとやっぱり」

メイク「ちょっとリップだけ」
佐々波綾「はい」
自分はシコシコ。

佐々波綾「昨日は ちゃんと寝れました? お忙しいみたいですねなんか フフフ わかりますよ全然寝れないですよね 現場いっぱい入ると フフフフ 私もあんま寝れないです」
普通にお喋りする感じも良いです。

佐々波綾「乳首とか触りますか?」
勃起のお手伝いをしてくれる。
佐々波綾「男優さんになって半年ぐらいでしたっけ? でも半年だとやっぱり緊張しますよね 私も半年ぐらいの時 もっとガチガチでした」
スタッフ「すいません綾さん なんかわざわざ 申し訳ないです」
佐々波綾「あっ いーえ」
スタッフ「お前 贅沢だなホントに」
茶化す感じで言ってくる。怖そうだけど優しいスタッフ。
佐々波綾「触るの好きだから」

おっぱいを揉ませてくれる。
佐々波綾「チューもする?」
遊びでイチャイチャしてるわけではなく、勃起させるという重要なお仕事。
佐々波綾「耳も弱いんですか?」
耳舐めも。

おっぱい揉みもドラマの撮影とは違う反応が面白い。オンとオフの違いを楽しめる。

佐々波綾「どうしてほしいとかあります? 舐めます?」
フェラしてくれる。
佐々波綾「お口気持ちいい? 良かった」

佐々波綾「人多いとあれですよね じゃあ1回 2人きりのほうが勃ちやすい? じゃあ監督さんに相談してみますね」
監督に相談してくれる。不甲斐ない自分のために頑張ってくれるのが嬉しい。
監督「じゃあ1回 先 外撮りします?」
監督とスタッフは自分と佐々波綾が参加しない外の風景を撮りに行くことに。

佐々波綾「やっぱ こっちのほうが まだ落ち着きますよね」
2人きりになったけど、むしろ緊張する。

佐々波綾「脱いだほうがいい? 興奮する? じゃあ脱ごっ」
聞き方と反応がめちゃくちゃかわいい。
スカートも脱いでキス。

佐々波綾「髪の毛の匂い? 興奮するの?」
髪の匂いを嗅がせてくれる体勢になるが、
佐々波綾「待って 正解がわからない」
AV撮影っぽくないイチャイチャが良いです。

佐々波綾「絶対ちょっと汗かいてる」
汗の匂いを気にする。密着して見る肩の日焼け跡が生々しい肌を感じさせる。

佐々波綾「この体勢だと ちょっとしんどいとかあります?」
ということで床に寝る。
佐々波綾「たまにあれですよね 変な体勢とかあるから(笑)」
強めの照明も面白く機能している。普通のアダルトVR作品であれば、強い照明はAV撮影している感じが出すぎて仮想現実のリアリティがなくなる。しかし、この作品はAV撮影しているシチュエーション。強い照明はむしろリアルな雰囲気が出る。

佐々波綾「私もラブラブ物とか緊張しちゃうんで(笑)」
緊張している者同士で2人きり。

乳首舐め手コキ。
佐々波綾「男優さんって大変なこと多いから」
多くの現場を見ている人が言うと重みがある。

佐々波綾「ちょっと熱くなってきちゃった」
ガウンを脱ぐ。

佐々波綾「って言うか 私けっこう 男優さんタイプ フフフフ ……なんか恥ずかしい なに言ってるんだろうって感じ」
好きアピールをしてきて照れる。
佐々波綾「どう? 綾は? かわいい?(笑) フフフ 適当でしょ絶対(笑)」
AV撮影の現場で全裸になってやっているけど、甘酸っぱい青春のようなやりとり。
乳首舐め手コキを続けて、
佐々波綾「ちょっと大きくなってきた」

佐々波綾「やっぱ寝てるほうがいい? 良かった いま何パーセントぐらいですか? 80? じゃあ100パーセントまでがんばろ 舐めたほうがおっきくなるかな?」
フェラしてくれる。80%と言ってるけどデカい。

2人きりの空間で本物の佐々波綾にフェラされる感覚が良いです。ホントに企画の狙いが素晴らしい。仮想現実内の中でオンとオフの区別をつける手法がハマっている。ドラマ撮影の中で演技をしている佐々波綾を見せることで、それ以外では素の佐々波綾のような錯覚。

手マンvs手コキ。
佐々波綾「触り方エッチ」

佐々波綾「直接触って」
パンツを脱いで直に触る。
佐々波綾「すごい どんどん大きくなってる」
この状況で興奮が高まる自分。
フェラもしてくれる。
勃ちは悪かったけどテクニシャンのようで、佐々波綾の感じ方が激しくなってチンコにしがみつくようにして感じる。
佐々波綾「あっ…… もっといっぱいして」
ガン勃ちしたチンコを見て、
佐々波綾「すごいおっきい」

佐々波綾「すごい気持ちいい ねぇちょっと待って そんなにしたらイっちゃうから(笑) ねぇ待って待って待って」
 ビクンッ!
手マンvsフェラの体勢で豪快にイカせる。

佐々波綾「イっちゃった」
イカされて恥ずかしそうな表情も良いです。

佐々波綾「イカされちゃったから もっとがんばろっ」
フェラをしてチンコを見て驚き、
佐々波綾「ホントにさっきより すごい大きくなってる」

お尻を見せながらのフェラで、シックスナインに近い体勢。
ここでおそらく佐々波綾が監督の指示を確認しているのですが、
佐々波綾「全然帰ってこなさそう」
周囲を気にしたという演技で自然に処理する。

佐々波綾「綾 このオチンチンと ちょっと相性良さそうかも フフフフ だってすごい気持ち良さそうなんだもん」
挿入したいアピールをしてくる。
佐々波綾「2人だと恥ずかしいねなんか 照れちゃう(笑)」

佐々波綾「すごいおっきいもん ほら顔と同じくらいある フフフフ 綾このオチンチン好き」

佐々波綾「内緒にするからさ ちょっと入れちゃわない?」
さすがにいけないことなのでジェスチャーで拒否する男。
佐々波綾「えっ? ダメ? えーいいじゃん ちょっとだけ(笑) 内緒にするから ねぇダメ? まだ帰って来なそうだよ お試しみたいな ねぇ 入れてもいい?」
どうせこの後にセックスする関係であることも面白い。
佐々波綾「いい? ホントに? 内緒だよ絶対」
2人きりで秘密のエッチをするドキドキ感もあり、優しい監督とスタッフを裏切るような罪悪感もあり。こういうのが楽しめるのはVRの魅力。
佐々波綾「これダメなやつだからねホントは(笑)」

佐々波綾「このままでいっか」
生のまま騎乗位で挿入へ。入口に当てると、
佐々波綾「ねっすごい 完全に100%勃ってるね」
挿入していくと、
佐々波綾「あっあっあっ 待ってすごいおっきい……」
思わず下腹部を押さえるデカチン。

佐々波綾「あぁヤバッ…… えっ すごいおっきいね」
デカさに驚く表情も良いです。
佐々波綾「ヤバい 奥まで入っちゃった フフフ」

佐々波綾「動いてもいい?」
ゆっくりピストンして、
佐々波綾「ヤバい 気持ちいい ヤバいかも 超気持ちいい ねぇ綾の中気持ちいい?」

佐々波綾「すごい気持ちいいとこ当たってる ダメ あっあっ ヤバい すぐイっちゃうかも だってそんな動かしたら 待ってイっちゃう…… イっちゃう…… あぁヤバいヤバい 大丈夫かな またイっちゃう あっ あっイクッ……!」
ビクッとイって動きが止まる。

佐々波綾「もっと近くいっていい? ギュッてして」
抱きつき気味の騎乗位。
佐々波綾「ねぇ気持ちいい? 綾の中 綾すっごい気持ちいいよ」
そのまま続けて、
佐々波綾「イっちゃうからこれ……!」
3回目のイキ。

背面騎乗位。
佐々波綾「撮影じゃないから こんなに気持ちいいのかな?」

イク時にギュッと手首をつかんでストップさせる。

対面に戻って、
佐々波綾「まださ みんなのこと呼びたくないな 2人でもうちょっとエッチなことしていい? だってこんなに気持ちいいの初めてかも 綾 普段 撮影以外でエッチしないから……」

ピーンッとなってイク。

座位の体勢になり、
佐々波綾「まだしていい? すごい ホントおっきいね」

佐々波綾「ヤバッ 中動いてるのわかる」
顔もおっぱいも結合部も見やすい座位。
佐々波綾「ホントに相性いいのかもね」

佐々波綾「すごいずっと奥当たってる 気持ちいい ここヤバい ここ綾の気持ちいいとこ」
座位でもイキ。
佐々波綾「またイっちゃった もっと もっといっぱいしよっ」

座位を続ける。
佐々波綾「顔近いね」
見つめ合っての座位。
佐々波綾「顔近くて恥ずかしいかも(笑)」

またイってから後ろに手をついてピストンしてくる。
佐々波綾「ここすっごい擦れてる」
手で擦れているポイントを示す。

イカせた後の顔もかわいい。
佐々波綾「ヤバい ホントに好きなっちゃいそう」
まだ半年の新人男優がセックスで佐々波綾を堕とす。
佐々波綾「だってこんな気持ちいいの初めてだし」

佐々波綾「またすぐイっちゃう…… ダメダメッ イクッ!」
何度もイカせ無双。
佐々波綾「ヤバい…… 気持ちいい…… まだ帰って来なそだね ねぇ まだ大丈夫かな?」

佐々波綾「こんな大きくなったんだから 綾でイってもらわないと ねっ まだ続きしよっ いっぱいして」
正常位へ。
佐々波綾「ホントガチガチだね すごい気持ちいい」

佐々波綾「奥も気持ちいい」
また下腹部を押さえるしぐさ。

またイカせるけどストップしない男。
佐々波綾「ダメダメッ イってるイってる!」
悶える姿もエロい。

佐々波綾「またイっちゃった 気持ちいい もっとして」
おねだりも良いです。

またイカせて、
佐々波綾「ねぇ もっとこっち来て」
カメラがスーッと動いて近づく。近い距離での正常位。

佐々波綾「ねぇ このままさ 綾の中 出しちゃわない? フフフフ 大丈夫 1回出しても 綾がまた元気にしてあげるから ねっ 綾の中で出そうよ」
この後に撮影が残っていますが、中出しを誘われる。

最後にイカせてから中出し。
佐々波綾「すごい…… 熱い……」

佐々波綾「気持ち良かった? 綾もすごい気持ち良かった 撮影じゃないエッチって こんなに気持ち良かった?って感じ フフフ 絶対内緒だよ ダメなやつだからね フフフフ またすぐ元気にしてあげるね この後も……そうだよね! この後も撮影だから まだエッチできるんだ 綾すっごい嬉しい この後もよろしくお願いします」
本番を残して終了というエンディングも面白い。

感想

『リアルAV男優体験』という狙いが見事にハマっていて、VRで職業体験するみたいに楽しめた。現場の臨場感と緊張感、その中で人気AV女優に好かれるドキドキ感と興奮。誘惑っていうより、青春の甘酸っぱさも感じる好きになってもらえる感じのドキドキが良かった。ここはとても重要なポイントかと思う。エロい女優の性欲を満たすモノではなくて、人同士の恥じらいもある接し方。佐々波綾は好きになってもらおうと献身的。恋人同士にもなりそうなほどの感覚で、そんな2人がいけない秘密のセックスをしちゃう展開。

「素の佐々波綾」が感じられて良かった。作品の中でAV撮影という作り物の部分を入れることで、それ以外の部分がオフの中で行われているような錯覚がある。なので演技じゃない佐々波綾と接しているようなVR体験が面白い。
ドラマ撮影の部分も、監督との打ち合わせから佐々波綾がどういうプレイを見せるのかという部分がとても面白かった。演技の上手さとか、キャラクター作りとか、やっぱり凄いなぁと思う。あの指示でこう回答するのかという驚き。

監督とスタッフが優しいのも良かったと思う。厳しくされて佐々波綾が癒してくれるという見せ方も悪くはないですが、温かい現場の方が楽しみやすい。秘密のセックスが優しい監督とスタッフを裏切るようで罪悪感を覚えるほど。

まだキャリア半年という設定の男優ですがデカチンで佐々波綾を驚かせる。挿入時の反応も良かったですし、デカチンをイジるコメントも多かった。新人男優だけど、手マンvsフェラでイカせ、挿入してからもデカチンでイカせ無双状態。「ヤバい ホントに好きなっちゃいそう だってこんな気持ちいいの初めてだし」と言わせ、佐々波綾をセックスで虜にする爽快さも良いです。

【匠】で視聴して画質は素晴らしかった。このシチュエーションで面白かったのは照明ですね。普通のアダルトVRなら、強すぎる照明はAVの撮影現場の雰囲気が出すぎてリアリティを失う要素ですが、これはAVの撮影現場の雰囲気を出すことに意味がある作品。まったく違和感なくハマっていた。

演技力があってVRで高評価が多い佐々波綾。その理由が今回はよくわかる内容でした。見すぎて飽きるどころから、今回は企画がハマっていて、いつも以上にかわいかった。

収録時間:68分
出演者:佐々波綾
監督:ジーニアス膝
メーカー:ケイ・エム・プロデュース
レーベル:KMPVR
コンテンツタイプ:3D

DMM.R18 【VR】リアルAV男優体験!撮影中チンチンが勃起しなくなってVTRストップ!勃起待ちで絶体絶命の危機に天使の佐々波綾がしてくれた本当にHなこと 佐々波綾

Adult festa VR 【匠】リアルAV男優体験!撮影中チンチンが勃起しなくなってVTRストップ!勃起待ちで絶体絶命の危機に天使の佐々波綾がしてくれた本当にHなこと 佐々波綾

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top