ナンパした女に挿入して20秒で射精「10分でエッチしてバイバイみたいな」

2007年にスタートした『リアルガチ軟派』シリーズ。現在も続く長寿シリーズです。シーン4は他とは雰囲気が違っていて承諾書を書くところからスタート。撮影もカラオケ店で2人きりというシチュエーションでした。他の客は歌っているし、店員の目も気にしながらの撮影で、本当にガチ感があった。「10秒入れていい?」と聞いて挿入した男、挿入して20秒で射精。緊張感のある中、素早く仕事を終えたのはすごい。
(DMM.R18 120%リアルガチ軟派 in 横浜 vol.10)

シーン1

2007年から始まった『100%リアルガチ軟派』シリーズが2010年に『120%リアルガチ軟派』となり現在も続く長寿シリーズ。「リアル」と言ってもリアルではないですけどね。1人目は23歳のウェイトレス・ユミちゃん。下着のファッションチェックということで声をかけている。

ブラを取っておっぱいを揉んで舐める。
手マンしてから電マ。
ユミ「気持ちいい はい なんかイキそうな(笑)」
電マでイキそうになって恥ずかしがる。

手マンとクンニもしてからチンチンと握手してもらい、その流れで手コキ。

フェラ。
監督「ちなみにユミちゃんは どういうオチンチンが好きですか?」
ユミ「こういう感じの……」
監督「どういう感じ? こういう感じっていうのは?」
ユミ「太くて なんか 長めの(笑)」

後ろから擦るだけと言って挿入するパターン。
ユミ「すごい 気持ちいい」

バック→背面座位→正常位でお口に射精。
お掃除フェラも少しだけやります。

シーン2

2人目は21歳の大学生・アカリちゃん。
下着チェックからおっぱいを攻めて、電マ、クンニという展開は同じ。
クンニ中に監督がチンチンを出す。

フェラをして素股。こうなると挿入するのはパターン。

騎乗位→正常位でお腹に射精。

もう1人の男もフェラしてもらってからバックで挿入。
バック→背面座位→正常位でお腹に射精。

シーン3

3人目は20歳のキャバ嬢・エリちゃん。
気の強そうなSっぽい感じだったけど実際はMで、攻められる姿がハマっていました。

フェラと手コキ。
電マを当てられて喘ぎながらのフェラ。

出勤前で時間がないらしいけど正常位で挿入。
男「どう? 彼氏のと比べて」
エリ「デカい……」
監督「どういうオチンチンが好きなの?」
エリ「こ…… こんぐらいの」
監督「太いので突かれたいんだ」
エリ「うん」
監督「あらぁ ドM野郎が」
第一印象は気の強そうなSで、しかもちょっと不機嫌という感じでしたが、突かれまくって感じる姿はギャップがあって良いです。

バックでも音割れするほどの声で喘ぐ。

立ちバック。

背面座位→正常位でお口に射精。
お掃除フェラもやります。

シーン4

4人目は承諾書の記入から。カラオケボックスで撮影しています。

21歳のニート・ナツキちゃん。付き合った人数は6人で経験人数は4人と言う。あまりエッチが好きじゃないらしい。

これまでのシーンとは違って2人きりで撮影の雰囲気も違う。カラオケ店員の目も気にしながら、本当の素人の子と撮影している感じ。

パンツを脱いで開脚、
監督「今どう? 触ってみて」
ナツキ「濡れてる 濡れやすいんだよ(笑)」

手マンをするけど声は出さない。AVっぽい反応をしないところがガチ素人っぽくて良いです。

声は出さないけど、しっかり濡れていて、
男「すっげー」
ナツキ「いっぱい(笑) すいません」

股間を撫でてもらう男。

ジーンズの上からカリを狙って攻める。

フェラ。

ナツキ「食べんの好きじゃないんですけど」
男「挿れられた方がいい?」
ナツキ「うん」
男「10秒挿れていい? じゃあ」
ナツキ「10秒(笑)」
女の子の方から挿入をお願いされたが、男は10秒だと言う。なんで10秒なのかと思いましたが……。

挿入。

挿入して15秒でナツキちゃんの服をめくって、お腹を出す。

挿入してから約20秒で射精。「10秒挿れていい?」と言ったのは、すぐ射精する自信があったからなんですね。

かなり濃そうなの出ています。

男「お姉さんと出会ってまだ10分ぐらしか回してないけど すごいね 展開早いね」
ナツキ「早いっすね(笑)」
男「10分でエッチしてバイバイみたいな」
ナツキ「アハハッ」

バイバイするシーンまで。このシーンは他とは違ってガチ感がありました。個人撮影に近い素人感。

シーン5

5人目は22歳のOL・アズサちゃん。
「ダメダメ」と言うけど生で挿入。
正常位→背面座位→正常位でお腹に射精。

シーン6

最後は19歳のヒカリちゃん。

指で疑似フェラ。

Tバックは穿かないみたいだけど、お尻がキレイなので引っ張ってTに。

正常位→バック→立ちバック→騎乗位→正常位で口元に射精してお掃除フェラ。

感想

シーン4は他とは雰囲気が違っていて生々しさがありました。ここだけ承諾書を書くシーンからありますし、営業中のカラオケ店での撮影で、他の客が歌っている声も入っている。プレイ自体は淡泊なのですが、ガチだからこその時間かとも思います。あの空気の中「10秒挿れていい?」と言って、挿入から20秒で発射できるのは凄い。

シーン3の気が強そうで不機嫌な感じもあったキャバ嬢が実際はMで、攻められると激しく感じるのも良かった。彼氏のと比較させて「デカい……」とも言わせていました。

他のシーンはリアルガチ軟派シリーズとして普通という感じですが、シーン4のガチ感と20秒で射精できる早漏っぷりが凄かったです。

収録時間:178分
シリーズ:120%リアルガチ軟派
メーカー:プレステージ
レーベル:マンハッタン

DMM.R18 120%リアルガチ軟派 in 横浜 vol.10

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

return top