粗チン集団「チビチン会」が粗チンで篠田ゆうをイカせるというチャレンジ

短小・包茎
短小・包茎

AV出演100本以上、黒人、ドイツ、アメリカ、イタリアらのチンチンも経験している篠田ゆうを粗チン集団がイカせようという企画。アメリカンサイズですら「普通」扱いする篠田ゆうに対し、6人の粗チン集団「チビチン会」は全員10cm未満。なかでも最短のあぶさんは4cm砲。この粗チン集団がどうやって篠田ゆうをイカせるのか?>>感想
(FANZA 小さいちんちんの僕が考えたチビチンテクニックで篠田ゆうちゃんに気持ち良くなってもらいたい!)

シーン1

監督のアフロ高橋さんは、これが初監督作品とのこと。自身もチンチンが小さいことが悩みらしく、小さいチンチンで女の子を気持ち良くさせたいという強い思いで撮影に臨んだようだ。

会議室に集まった粗チン集団、その名も「チビチン会」。
まずはメンバー紹介。6人のメンバーの名前とチン長が紹介されるが、いずれも10cm未満という粗チン揃い。

まずは篠田ゆうに企画の趣旨は隠して普通にインタビュー。それをチビチン会のメンバーはモニタリング。100本以上のAVに出演しているという篠田ゆうに、気持ち良かったシチュエーション・男優について聞くと、
篠田ゆう「生が好きなんで(笑) 生でわりと巨根で みたいな人が好きですね」

黒人や白人のデカチンについても語る。
篠田ゆう「ドイツはデカかったですね」
篠田ゆう「アメリカの人は けっこう普通だったかな おっきいんですけど日本人よりはやっぱり でもそんなに馬鹿デカくはないし 普通の」
アメリカンサイズですら「普通」扱い。チビチン会にとってはショッキングでしょう。
監督「イタリアの方もけっこう大きかった?」
篠田ゆう「デカかったですね すごく」

篠田ゆう「そんなにちっちゃい人と あんまりやった事ないんで……あっ でも1回ありますね昔 入ってるのかあんまりわからなくくらいの」
監督「ああ そうなんですか(苦笑)」

小指サイズのチンチンに関しては、
篠田ゆう「ホントに 手コキするにも普通こう(握る)じゃないですか ホントにこう(指でつまむ)やる感じで なんか悪いかなこうやっちゃうとって思ったんですけど でもこれ(握る)だと出来ないし(笑)」
ナチュラルに粗チンをなぶっていく。

粗チンの挿入感は、
篠田ゆう「そうですね なんかいるのはわかるんですけど タンポンかなーみたいな(笑) ちょっと反応に困りましたね」

別室に移動して、好きなサイズのチンチンを調べるためディルドーでオナニーしてもらう。

Sサイズから挿入していく。
Mサイズで苦戦。
篠田ゆう「大きいー すごいおっきいです」
篠田ゆう「十分ですね これよりけっこう上はヤバイかもしれないですね」
篠田ゆう「これはもう欧米サイズですね」

アフリカ人もビックリのLサイズ。

篠田ゆう「生まれる はぁ待って デカイ」
Lサイズは先端だけ。
篠田ゆう「これやったらガバガバになってしまうんで」

隠しておいたミニサイズを出す。
篠田ゆう「こんなちっちゃいディルドー初めて見ました」
篠田ゆう「つくしみたい」

篠田ゆう「かわいいですけど ちょっと女の子は これ物足りないんじゃないですかね」
監督「これが彼氏だったらどうですか?」
篠田ゆう「冷めますねー 多分 好きでも冷めちゃうと思う」
篠田ゆう「あんまり気持ち良くない」

欧米サイズのMサイズがベストに選ばれました。Sでも良かったと言うが、
篠田ゆう「こっちの方が圧迫感が強くて 気持ち良かったですかね 太いのけっこう好きなんで」

チビチン会議を開いて、チビチンならではの技を考える。

シーン2

篠田ゆうとチビチン会が顔合わせ。粗チン軍団だとは知らされていない。彼らの技を味わってくださいという事で絡む。

チビチン会リーダーの斉藤さんはAV男優。勃起時7cmで業界一の粗チンだとか。絡みはソツなくこなす。

篠田ゆう「なんか思ったより 普通ですね 普通でビックリしました(笑)」
粗チン技とは知らされていないので、普通な前戯に拍子抜け。

ホントに普通の絡み。

クンニからの手マンで腰が浮く篠田ゆう。
チンチンが小さい事をのぞけば普通のAV男優である斉藤。

斉藤のテクで気持ち良くなった後に攻守交代。
ここでミニチンコが飛び出て普通にフェラします。ここで初見の粗チンに対してわざとらしい反応をしなかったのが良いです。粗チンなぶり企画じゃなくて普通のセックスとして粗チン相手にどう絡むのかというリアリティがある。
篠田ゆう「あぁすごいガマン汁が」

篠田ゆう「おっきくなった」
とは言うもののMAXでも7cmという小ささ。インタビューでも言ってたように握る事ができずに指2本で持っている。

斉藤「このオチンチンは小さいんだけど 僕より小さいオチンチンの方がいるから その人にちょっと」
ここでチビチン会でも最強の粗チンである“あぶさん”に交代。ちなみのこのセリフの「このオチンチンは小さいんだけど」と言った後に篠田ゆうが自然なリアクションでうなずいたのがちょっと面白かった。

篠田ゆう「ホントだぁ かわいいですね」
指でつまみあげる。

篠田ゆう「これは どうやってやったら感じますか?」
ガチ過ぎる粗チンで、責め方がわからない篠田ゆう。
あぶさん「竿と玉を一緒に」

ホントに両方咥えられちゃう。
篠田ゆう「こういう事ですか? あれ? もっと?」

篠田ゆう「あぁすごい でもなんか おっきくなってきてる」

あぶさん「もし良かったら 手コキしながらしゃぶってください」
無茶な要求に応えてあげる篠田ゆう。手というか指でコキながら咥える。

根元どころか腹の肉まで咥えているじゃないかという喰いつきで、
あぶさん「ああっ イクッ!」

このサイズでMAXという。

ここからチビチン会の技を見せる。
Gスポットを狙って斜め上を集中的に突き上げるピストン。

篠田ゆう「ちょっと待って(笑) ヤバイ精子がいっぱい口に」
先ほどの精子が残ったまま。

腰を持ち上げて突く。
篠田ゆう「当たるっ」
奥には届かなくても入口近くの上側なら当てる事が出来る。
斉藤「チンチンが小さくても当たってるんですよ」
篠田ゆう「すごい当たるところが良くて気持ちいい」

感想。
篠田ゆう「やっぱりちっちゃめの人ならではの位置っていうか デカイ人だとちょっと痛いんだろうなっていうのはありますね」

この技に8cm砲の内山が挑戦。
挿入時にスッと入る無抵抗さ。

気持ちいいとは言ってくれるが、
監督「さっきの人の方が良かったですか?」
篠田ゆう「はい」
セックスの最中で他の人の方が良いって言われちゃうのは内山さんとしてはショック。

ここで斉藤が腰を浮かせるようにアドバイス。
篠田ゆう「ああ気持ちいい やっぱり いいとこ当たってます」
篠田ゆう「ああ気持ちいいっ」

ゴム射する内山さん。
粗チンのためゴムが抜けかけており、片手でスルッと取れる。

次の技。

右手の指とチンチンを同時に挿入。
まずは斉藤がお手本。

7cm砲の江藤が挑戦。
粗チンも太チンになる反則級の技だ。
篠田ゆう「めっちゃ気持ちいい」

ゴム射。

篠田ゆう「わーい いっぱい出たぞー ぷるっぷるー」

次の技。

先にローダーを挿入し、それを押し込むようにチンチンを挿入する荒業。

5cm砲の島村が挑戦。
短かすぎるせいか腰の動きは震える程度。

騎乗位。奥を突いているのはバイブだが、粗チン君が感じさせているような絵に。

篠田ゆう「あぁんダメ イっちゃうイっちゃう!」
5cm砲の島村が多数の欧米チンチンとも絡んできた篠田ゆうをイカせる快挙。
同じタイミングで島村もゴム射。

気持ち良かったみたいで、この技を斉藤にもやってもらう。

ななめつり上げピストンとの合わせ技で斉藤ゴム射。

最後の技。

まずこのチンチンの状態がすごいわ。

篠田ゆう「はっあ!? すごいー!(笑)」
初めて味わう感覚に驚く。
篠田ゆう「金玉入った! 初めて 気持ちいい 一番気持ちいい」

気持ち良さそうな篠田ゆう。


騎乗位でゴム射。

監督「入った瞬間どうでした?」
篠田ゆう「なんか ブォン! みたいな感じでした 球体が入ったみたいな なんかパンパンになる感じで」

感想

チビチン会が粗チン揃いで、その中でもあぶさんは国宝級の粗チン。それをつまみ上げて玉まで一緒に咥えたりする篠田ゆうの責めが面白かったです。あぶさんの粗チンは他の女優もいじってみてほしい。

けっこう真面目に作ってある作品というか、考えた技を丁寧に試している。企画としては女優側に過剰な演技を指導しそうなものですが、わりと普通に技を受けていますね。最初のディルドー選びでもSサイズをけっこう褒めていた。こういう企画だとSサイズを露骨になぶる台本にしがちですが、そうでもなかったです。派手さは無いですけど、過剰な演出が入るよりは良くて、粗チンに対する女優の反応がナチュラルでした。

収録時間:62分(HD版:62分)
出演者:篠田ゆう
監督:アフロ高橋
メーカー:アマチュアインディーズ
レーベル:アマチュアインディーズ

FANZA 小さいちんちんの僕が考えたチビチンテクニックで篠田ゆうちゃんに気持ち良くなってもらいたい!

MGS動画 小さいちんちんの僕が考えたチビチンテクニックで篠田ゆうちゃんに気持ち良くなってもらいたい!

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました