【VR】早漏チンポを見下して男を支配して悦ぶ痴女をイカせるVR体験

VR
VR イカせ・勝負 早漏・暴発

あおいれなに早漏改善してもらうVR作品ですが、冷徹なサイコっぽい痴女キャラが怖くて刺激的。早漏チンポを嘲笑し、「一生セックスできない体よ この情けないチンポ」と容赦なく責めて悦に入った顔を見せるドS。その痴女とのセックス勝負みたいな騎乗位はVR作品史上最高の盛り上がりでした。>>感想
FANZA 【VR】早漏改善 射精コントロール カウントダウン射精 痴女系騎乗位チントレ射精管理SEX

パート1

ノートPCで「現役AV女優あおいれなちゃんが早漏を直してくれる!」という募集ページを開いて応募。かなりの倍率だったようですが、当選。そして1週間後、自宅にあおいれながやって来る。
あおいれな「こんばんは 君が今回応募してくれた早漏君? あおいれなよ よろしくね」
クールビューティーな女講師という感じで、雰囲気だけでゾクゾクさせられる。
あおいれな「こんな格好で待ってて 恥ずかしかった? フフ もう顔真っ赤じゃない そうとう期待してるんだね じゃあまずは 君の早漏で困ったこと いろいろ教えてもらおっかなぁ」
美人感がすごい。跨られているし美女の圧がある。パンツも見えてる。
あおいれな「なるほどねぇ 初めての時 すぐイっちゃったんだ まぁあるあるだと思うけど そんなドン引きされたの? かわいそう(笑) まぁ早漏君は……フフッ え?30秒も経たないで? むしろ3こすり半ぐらい? あははっ 立派な早漏ね」
馬鹿にして笑う感じが上手すぎる。

あおいれな「それから怖いんだ 彼女作るの フフフ セカンド童貞」
早漏で彼女が作れなくなり、改善方法を調べて試したらしいが、
あおいれな「あははっ 全然ダメだったんだ でしょうね そんなんが効くわけないわよね」
優しさの欠片もなく笑い、冷たい表情で「でしょうね」と。本当に怖さがあり、この人とのVRセックスを臆するほど。
あおいれな「AVが好きだから 男優になって今まで出来なかった分のセックスをしたいって? ……それ 本気で言ってるの?」
しっかり「間」を作って聞いてきて、怒らせちゃった怖さがある。
怖いけど、脚もキレイでパンツも見えていてドキドキする。恐怖と興奮のドキドキが混ざる感じ。

あおいれな「言っとくけど この世界 そんなに甘いもんじゃないわよ」
目の奥が怒っている演技が凄まじい。露骨に怒った演技をするんじゃなくて、表面的には優しい表情を作ろうとしながら、目の奥でめちゃくちゃ怒っている。
厳しく説教されて、それでもやるかどうか聞かれる。
あおいれな「そんな必死になっちゃって 本気でなりたいの? ……君 合格」
ちょっと優しい笑顔を見せられるとホッとする。演技と雰囲気に引き込まれてしまいます。
あおいれな「多いのよ 簡単にセックスできるからって応募してくる子 早漏だってウソついたりね だからちょっと試させてもらっちゃった」
「試し」であの怒りの迫力は凄い。

まずは「早漏」を具体的に説明してくれる。早漏なだけでなく、独りよがりなセックスも早漏と変わらないと言われる。AV男優にはコミュ力も大事だとも。
跨ったまま真面目に授業しているのもシュールでエロい。
あおいれな「そうは言っても セカンド童貞君 フフ たいして経験ないんでしょ?」
経験豊富なお姉さんが見下す感じが良い。

あおいれな「じゃあ早速 実践していくわね 心の準備はいい?」
まずはソフトに早漏に効くツボを押してくれる。
あおいれな「あははははっ そんな悶えちゃって」
男が悶える姿をSっ気たっぷりに笑った後、パシッと叩かれ、
あおいれな「ちょっと 押せないでしょ」
怒られる。笑顔と真顔の使い分けが上手い。
ツボは両足とも丁寧に押してくれる。幻肢痛のような感覚もある。
あおいれな「ジワジワ痛いよね 痛いってことは あんたは早漏だってこと」

足のツボを押した後、お腹のツボ。
冷徹な表情で指をお腹に置き、そのまま指で刺されそうな怖さがある。
ツボを押して男を悶えさせている時の高揚感を感じていそうな表情がヤバイ、その後に笑ってみせるのも。サイコ女っぽくて、監禁されて弄ばれるサイコスリラー映画っぽい。
あおいれな「もうダメか あはははっ ねぇ改善したいんでしょ 早漏君」
少し休ませてから、
あおいれな「落ち着いてきたわねぇ じゃあもう1回 あははははっ そんな簡単に治るわけないでしょ 馬っ鹿じゃないの(笑)」
狂気を感じる。

あおいれな「ウォーミングアップはここまで」
ここで顔を近づける。めちゃくちゃ美人で、瞳に映った風景がわかるほどの高画質VRで見ても肌の美しさがすごい。あおいれなの顔面の強さを痛感します。まだVRを体験したことがない人に最初に見せたい映像。
あおいれな「ちゃんとこっち見て」
しばらく見つめてくれてドキドキが高まるし、キスを期待させられ続ける。
あおいれな「ちゃんとガマンできるわよね? 私が何しても 勝手に射精するのはナシだからね」
たっぷり見つめた後、ようやくキスをしてくれそうになるが、
あおいれな「やっぱやーめた(笑) 期待したでしょ今 鼻息はぁはぁしちゃって」
この後、キスしてくれる。キスの後、優しく笑う目に魅了される。

あおいれな「フフフ キスしただけで もうこんなに勃起してるの? さっきも言ったけど 簡単にイクなよ 早漏君にとっては難しいかなぁ」
「簡単にイクなよ」のところが強い口調で睨んで怖い。その後に笑うのもまた怖い。この女とセックスすることへの恐怖と興奮を煽られてパート1終了。

パート2

囁きと耳舐めから。
あおいれな「ゾクゾクする? 乳首も なんで勝手に勃起してるの?」
乳首を触りながら言葉責め。乳首に唾を垂らすところも美しい。
乳首の周りを触って焦らしてから乳首を触る。
あおいれな「焦らせば焦らした分だけ 快楽も待ってるし 早漏も改善できるかもねー フフフフ」

跨って顔を近づけると、微乳の谷間がチラ見え。
あおいれな「ダメよ 乳首だけで勝手にイクとか 早漏の前に論外だから そんな男 男優になりたいんでしょ?」
気持ち良すぎてストップを促すと叩かれる。
あおいれな「あんたが私に逆らっていいと思ってるの?」

股間を擦り合わせて、
あおいれな「ねぇここ もうこんな硬くしてんじゃない さっきよりも大きくなった? フフフ もちろん まだ限界じゃないわよね?」
笑ながら聞くのが怖い。
あおいれな「チンポ出してないんだから」
パンツを脱がせる。
あおいれな「すっごいわねぇ 先っぽからも ほら やらしいチンポ汁出しちゃって」
チンポを握ろうとして寸止め。
あおいれな「チンポ ピクピクさせて 欲しいの? 私の手」
エア手コキで焦らして、
あおいれな「早漏君じゃ これだけでもイっちゃう?」

あおいれな「普段どうやってオナニーしてるの?」
オナニーをさせられる。
脚がキレイなので射精したくなりそう。
あおいれな「自分でシコって勝手にイクのはナシよ」
心を読まれたように囁かれて、耳舐め。

オナニー指示。
あおいれな「ガマンして でも手は止めない」
指示しながらガマンしている男の顔を見て、指を咥えて興奮している感じが伝わる。
あおいれな「どうしたの? 亀頭もパンパンね ガマンしなさい」

イキそうになってストップしてしまい。
あおいれな「ちょっと なに勝手にやめてんの」
顔を近づけて、
あおいれな「イキそうになったね今 でも誰がやめていいって言った?」
次の瞬間に刺されそうな迫力。めっちゃ美しい顔を見ながら、殺されるような恐怖を感じるドキドキが凄い。
あおいれな「それじゃあ早漏治んないわよ」

チンポに唾を吐きかけてから手コキをしてくれる。
あおいれな「まだ握っただけよ もうイキそうなの? フフフ 情けないチンポねえ」
悶える男の脚に脚を絡めて固定し、
あおいれな「暴れてもいいからガマンしなさいよ」
怒った顔で見ながら押さえつけて手コキ。男の反応を見て、たまに嬉しそうに笑い、男がストップさせようとするとキレる。
あおいれな「ガマンしなさいよ 何回も同じこと言わせないで」

あおいれな「あーあ 限界かしらねぇ」
唾を垂らして激しい手コキ。
あおいれな「こんなんでガマンできなくてどうするの 私のマンコにも入れられないどころか あなた一生 女とセックスできないわよ」
と言ってニヤッとする。罵って悦んでいる感じ。
あおいれな「それでもいいの? 男優どころか 一生セックスできない体よ この情けないチンポ」
心底嬉しそうに言う。

言葉責めをしながら手コキを続けて、
あおいれな「優しかったかなぁ 今のじゃ」
乳首舐め手コキ。
あおいれな「ガマンしなさい ガマン マンコにチンポ入れたいんだろ ほら ガマン」
厳しい表情で言った後、言われたとおりガマンしている男を見てニヤニヤ。本当に支配するのが好きな人みたい。
あおいれな「あーあ 亀頭真っ赤にしちゃって 精子出したいねぇ ダメに決まってるでしょう 情けないチンポなんだから ガマンしなさい」

股の間に移動して手コキ。
あおいれな「オチンポも血管浮き出ちゃって 限界寸前ぐらいまできた? なに? とっくに限界超えてる? あはははっ こんなので限界超えてる? アンタ ほんと早漏ね だらしなさすぎ そんなので男優なりたいとか 粋がってんじゃないわよ ガマンしなさい そうガマンガマン あははははっ」
 ドピュッ
Sっ気たっぷりに笑って楽しんでいたところで暴発。
あおいれな「…………あれ? ……私 ガマンしなさいって 散々言ったわよね?」
ゆっくり静かにキレる雰囲気が怖い。
あおいれな「そんなに限界だったの? あーあ 残念だなぁ 何その顔 ホント情けないわね」
チンポを見て、
あおいれな「でもやっぱり早漏君って 勃起力は凄いのね すーぐ大きくしちゃう 知ってる? 射精した後も ずっとこうやってシゴき続けるの 何度も何度も続けることが 早漏改善に繋がるの まだ出来るわよね?」
断れないような聞き方。

キスをしてベッドに移動。
あおいれな「ねぇ チンポすーぐ元気になっちゃって ホント早漏ね」
騎乗位で挿入させてもらえそうな体勢で、エロい表情で見下ろされるのがタマラン。

あおいれな「今度は私のことも気持ち良くして」
立ち上がって股間を触り、
あおいれな「私のこと 気持ち良くできる?」
マン肉のハミ出し具合が絶妙。このままシコれる。

あおいれな「ちゃんと見てて」
パンツをズラしてマンコを開く。
あおいれな「私のマンコ ほら よく見て」
腰を下げてクンニさせる。
あおいれな「案外上手ねぇ」
早漏だけどクンニは褒められる。
クンニの後に手マン。
あおいれな「どう? 目の前でオマンコズボズボして あぁ気持ちいいぃ……」
喘ぎ声も大きくなってきて、
あおいれな「私が感じるの見て もっと興奮しなさい」
冷徹な痴女を感じさせるのは気持ちいい。
あおいれな「私のことイカせてごらん イカせられる?私のこと あっ うぅ あぁ気持ちいい それやめないで そう そこ ほら頑張って そう ああぅ……あぁ気持ち……ううっ!」
ビクビクッとイク。
あおいれな「あぁすっごいじゃん」

あおいれな「アンタ お尻も好きそうな顔してるわね どうせ見たいんでしょ?」
シックスナインの体勢がアナル見せ。
あおいれな「マンコとアナル見て チンポギンギンにさせてんじゃん」

あおいれな「さっき手で触っただけなのに 勝手にイっちゃったもんね 今後こそ ちゃんとガマンできる? ちゃんとガマンしてよね」
チンポに舌を近づけて焦らしてから、バクッとフェラ。
あおいれな「イったばっかのチンポなら ちょっとはガマンできんじゃないの?」
お尻と太腿が見やすい横向きでのフェラ。
1発射精した後なので、フェラを激しくする。
あおいれな「ねぇ まだ本気出して舐めてないんだけどなぁ こんなんでそんな嫌がってたら 口ん中でまた出しちゃうんじゃない? そしたら今度こそ 私のマンコに入れらんなくなっちゃうよ」

唾の口移し。
あおいれな「ほら 飲みなさいよ」
ただ飲ませるんじゃなくて、男が飲んでいる姿を嬉しそうに見る。
ジュボジュボと今まで以上に大きな音を立ててフェラ。
あおいれな「まだ限界までガマンしてないよね?」
手コキをしながら乳首も触り、激しいフェラ。
あおいれな「よーくガマンできたじゃん ほら ご褒美」
キスをしてパート2終了。

パート3

あおいれな「ねぇ チンポ フフフ もう限界よね」
上着を脱ぎ、立ち上がってパンツも脱いで、
あおいれな「そろそろ マンコでもガマンできるか……試してみる?」
騎乗位の体勢になって、
あおいれな「ダメよ 入れてすぐイっちゃ」
挿入前の最後の試練、入口で擦る。

あおいれな「奥まで入っちゃったぁ」
根元まで挿入し、
あおいれな「たっぷり動くから オチンポ ちゃーんとガマンして」
不敵な笑みを見せてピストン。
あおいれな「ちょっとはチンポ強くなったんじゃない オチンポ強くなりたいでしょ?」

あおいれな「すごいじゃない ちゃんとガマンできてる じゃあ……」
ブラを取り、
あおいれな「もっと速く動かしても大丈夫よね」
バチンバチンというビンタみたいな音を響かせるピストン。この華奢な体で、どうやってこんな音が出せるのかと驚かされる。
あおいれな「あぁすごい奥まできてる フフフ ガマンできるこれ?」

ビンタみたいなピストンをしてから、腰を浮かせてチンポを抜く。
あおいれな「ビクビクしちゃって いい子ね ちゃんと言うこと聞けるようになってきたじゃない」
再挿入してキス。グラインドして、
あおいれな「今までだったら こんなことできなかったでしょう」
耳舐めをしながらピストン。唾の口移し。
あおいれな「そう そのまま 必死にガマンしなさい……あっ んんっ! はぁはぁ あっ……」
腰を浮かせてチンポを抜くけど、寸止めでもあり、感じたあおいれなが逃げたようでもあった。

あおいれな「パンパンでチンポ破裂しちゃいそう」
騎乗位で挿入し、スカートを脱いで全裸になる。
あおいれな「見て 自分のチンポが私のマンコに入ってるとこ よく見えるでしょう?」
全裸だとメガネが強調されてエロく感じる。
あおいれな「すっごい 亀頭が ああっ どんどんパンパンになっちゃう ガマンできる?このまま」

あおいれな「すごいねぇ マンコの中でビクビクしてる」
そしてここからVR史上最高レベルの鬼ピストン。
音を加工してるのかと思うほど、1発1発の音が本気でビンタした時の音。ベッドのギシギシ音も大きい。
あおいれな「私がイクまでガマンして ねっ」
耳が痛いくらいバチンバチンギシギシという音とあおいれなの喘ぎ声。トリップしそうなカオスな激しさ。VRの新ジャンルになりそうな爆音で包み込むプレイ。
この爆音の中で、
あおいれな「私のことイカせてよ チンポで 女のことイカせたいんでしょう? ねぇ じゃなきゃセックスって言えないもんね」
美女が笑顔でセックスして煽るという状況。

意識が朦朧としそうなセックス、そしてついに、
あおいれな「あぁ気持ちいいっ! あっ! あっ! あっ! イっちゃ……! イクイクイクッ あぁイクッ!」
早漏と言われたチンポで、ついにサイコなド痴女をイカせる。
あおいれな「はぁはぁ すごい はぁはぁ オマンコ イカせられたじゃん ……でもまだ 1回だけだけどね もっと女のこと この早漏チンポでイカせたいんでしょ じゃあ もっと強くなってチンポ」
1回だけでは満足しない。

汗ばんだ体で騎乗位を続ける。
あおいれな「そう 情けない顔でガマンするの」
ここからが本番。
あおいれな「私がお手本見せてあげる」
乳首を舐めながら、バチンバチンとピストン。この体勢で激しい打ちつけはアスリート級。
あおいれな「あぁ気持ちいいっ あぁイクイクイクッ……」
上から目線で責めておいて、舌を出して情けない顔でイクかと思いきや、

あおいれな「簡単にイーカない(笑) イってあげないよ」
この状況で男を弄ぶフェイント。
あおいれな「アンタがガマンする顔 もっと見てたいの ねぇ早漏君」
この言葉通り、フェイントが成功して嬉しそうに男を見てくる。
油断した男がイっちゃいそう。

しかし、余裕ぶっこいていたあおいれなの表情が変わり、
あおいれな「あっ! あぁん! 待って気持ちいいっ! あっ! あっ! もうダメッ イクイクイクゥー!」
「ねぇ早漏君」と男を嘲笑った数十秒後、泣きそうな顔してド痴女がイカされるのが爽快。男を支配して悦に入る痴女が「もうダメッ!」と叫んでイクのが良いです。

だらしなく舌を出して、アヘ顔状態でビクビク。
VR作品史上、最高の騎乗位だったかもしれない。
喘ぎ声とピストン音の爆音で包み込まれて、トリップするような激しさ。
1回イカせた後、本気モードになる展開。
イキそうなったかと思いきや、フェイントで男を嘲笑い、ガマンしている男の表情を見てニヤニヤ。
余裕を見せていたところから「待って気持ちいいっ! もうダメッ」と叫んでイク。
そしてサイコで冷徹な痴女の仮面が剥がれるだらしないアヘ顔。

あおいれな「はぁはぁはぁはぁ…… あはははっ やれば出来るね」
ちょっと怒られるかとも思ったけど、素直に笑顔で称えてくれる。
キスをしてくれるのですが、もったいなかったのはキス中にカットが入って汗をキレイに拭いちゃったこと。あの爆音のセックスで汗だくになって激しさがあったのに、ここでサッパリするのはもったいない。
あおいれな「早漏君 いい子になったじゃん じゃあ私が このまま10秒数えるから それに合わせて射精して」
AV男優になるにはガマンするだけではダメ、射精のコントロールも必要。
あおいれな「10…… 9…… そう高めて そうチンポ 8…… 7…… 口開けて」
唾を垂らし、
あおいれな「6…… またチンポ熱くなってきた そうよ そのまま 5…… フフフ いい子ね そうそのまま 4…… フフフフフ 5…… ん? 6…… あははははっ 7…… あれ? なんか数増えちゃった」
もはやお約束、カウントダウンのインチキ。
あおいれな「あぁイキたいねぇ イキたいのに フフフ ダメよ あと7秒あるから」
痴女の顔に戻る。

カウントダウンが1秒になり、
あおいれな「イクよほら 出せよ 出せよ中に ほら ゼーーーロッ!」
タイミングを合わせて中出し。
あおいれな「よくできました ちょっとは君も 早漏改善できたんじゃない? フフッ だって 私のこともイカせて ここまでちゃーんとガマンできたもんね さすが早漏チンポねでも まだギンギンじゃん まだできんじゃない?」

パート4

誘惑されるようにベッドに誘われたけど、ここから豹変する衝撃。
対面座位の体勢でメガネを取る。これがド痴女の「くろいれな」とドMの「あおいれな」の切替スイッチみたい。
冷徹な痴女の顔から、透明感のある美少女の顔に変わるのも凄い。本物の二重人格者を見ているようです。

あおいれな「チンポ さっき出したのに まだこんなギンギン」
喋り方も優しい。
あおいれな「入れてもいい?」
対面座位で挿入。

あおいれな「入っちゃったぁ ねぇ このチンポ すっごい好きぃ」
甘ったるいキャラになっている。
そして顔のかわいさも驚く。痴女キャラでメガネも似合っていたけど、素顔の美少女っぷりのほうが破壊力ある。
あおいれな「ねぇ ずっと思ってたの チンポ 気持ち良すぎぃ ねぇ もっと もっとしたいの ねぇ して オチンポもっとちょうだい」
殺されそうな怖さを感じたサイコな痴女キャラが、わかりやすいチンポ堕ちで、すがって甘える感じに優越感がある。
あおいれな「すごいしゅき オチンポ すごいしゅき」
囁いて耳舐め。

あおいれな「イっちゃいそう イってもいい? イってもいい?」
立場逆転で「ガマンしろ」と言いたくなる展開。
あおいれな「もうダメ イっちゃうイっちゃう あぁダメッ イック……」
イって脱力顔。キスをして座位を続けて、
あおいれな「ずっとオチンポしてたい オチンポしたいよう」
連続でイカせて、
あおいれな「オマンコとろけちゃうよぉ」
最初からこのキャラだったら狙いすぎですが、痴女キャラを見た直後だとギャップが半端じゃなくて面白い。

正常位。
顔から結合部まで見やすい。
あおいれな「あぁすっごい 奥 気持ちいいよう」

腋を見せながら見つめる。
あおいれな「私のこと いっぱい見つめて」
正常位でイった後も突き続けて、
あおいれな「さっきイったばっかりだからっ……」
定番の「もうイッてるってばぁ!」状態も、散々見下されて笑われた痴女にやるのが気持ちいい。

あおいれな「ねぇ もっとこっち来て 近く来て そう」
甘えん坊キャラで誘われて、覆いかぶさる。
クライマックスで感じる顔もかわいい。

あおいれな「中に 中に出してほしいの ねぇ お願い 私の中に出して」
同時イキで中出し。
オチは、ド痴女でもドMでもない素のあおいれなに戻った感じ。男優としての再会を期待される。

感想

くろいれな と あおいれな

ド痴女の「くろいれな」とドMの「あおいれな」の集大成のようでもある。

作品の75%はド痴女のくろいれな。冷徹な痴女の女講師役がハマっていて、めちゃくちゃ美人。馬鹿にして笑ったり、脅すような強い口調で責めたり、繊細な表情の演技がVR史上最高レベルで、サイコスリラー映画で監禁されて追いつめられる主人公のような体験。怒らせた場面は本当に怖くて、次の瞬間に刺されそうな迫力があり、AVじゃなくてサイコ女に殺されるVR体験を味わってみたいと思ったほど。この女とセックスするのかという、怖さと興奮が入り混じる感覚も良かった。

ラスト25%はドMのあおいれな。完堕ちしてキャラが変わってチンポにメロメロ。このシーンだけで見るとステレオタイプのドMですが、前半中盤の完璧なド痴女っぷりを見た後なので、あの怖くて美しくて隙がなかった女講師をチンポで堕とすという快感が凄まじかった。
そして美少女っぷりも凄かった。痴女+メガネも似合っていたけど、そこからメガネを外した美少女っぷりの方が衝撃は大きかった気がする。本物の二重人格みたいに雰囲気が変わるのも驚き。

どちらかというと「くろいれな」が凄かった。AVにおいて痴女キャラは定番の1つですが、その競争率が高い中で、圧倒される唯一無二の迫力を出せている。今まで視聴したAVの中で、ゾクゾクするような体験としての強さは一番だと言える。痴女役をたくさん経験したあおいれなが、「極めた」と言えるような域に達したという印象。

冒頭のお喋りだけでも目と心が釘付けになる。目の前に本物のド痴女がいるような感覚で、顔を近づけられて見つめられると、「蛇に睨まれたカエル」状態を味わえる。
くろいれなが完璧なド痴女で、VR世界に存在するその人そのものだからこそ、ドMになるあおいれなも際立った。

爆音で包まれて痴女を堕とす騎乗位

パート3の騎乗位もVR作品で唯一無二と言える凄さを体験させてくれた。

まず1回イカせるところは「普通に良い」といった感じで、サイコな痴女をイカせる達成感があった。普通の作品なら、これで十分でもありますが、今回はここからが本番。本気モードでのぶつかり合いが始まる。

騎乗位中のバチン!バチン!という肌のぶつかる音は、今まで視聴した作品の中で一番大きかった。誇張なしで本気ビンタの音。音を加工しているのかと思うほどですが、タイミングや音の位置に不自然さは感じなかった。それに加えてあおいれなの大きな喘ぎ声と、ベッドが激しくきしむ音。セックスに関わる音での爆音に包まれます。これが爆音を楽しむクラブみたいに、独特なトリップ感を生み、意識が朦朧とするような激しいセックスを演出した。VRの新ジャンルにもなれそうな、爆音で包まれるセックス。

この激しさの中、本気モードのあおいれながイキそうになり、視聴していてもいよいよ絶頂ポイントかと思ったところで、「簡単にイーカない(笑) イってあげないよ アンタがガマンする顔 もっと見てたいの ねぇ早漏君」と、見事にフェイントにかかって追い込まれた男をニヤニヤしながら見る。表情の演技の上手さは前述の通り、本当に男を支配して悦に入っている感じ。支配される屈辱と気持ち良さもある。
しかし、その余裕の表情が変わり、「あっ! あぁん! 待って気持ちいいっ! あっ! あっ! もうダメッ イクイクイクゥー!」と言って泣きそうな顔でイクところが最高。男を支配して悦ぶ痴女を「もうダメッ」と叫ばせてイカせるのは優越感があります。

冷徹で刺すような視線や、早漏を見下した嘲笑を見せてきた痴女が、だらしなく舌を出して、アヘ顔っぽくビクビクする姿を晒すのも良かった。
イカせるかイカされるかのセックス勝負みたいな状況から、チンポで痴女を堕とす展開として過去最高。

基本品質

画質と照明はとても良く、あおいれなが美しすぎた。
パート4は、あおいれなに照明が当たり過ぎてバランスが悪かったのですが、そもそもAVの早漏改善企画へに応募した設定なので、AVっぽい照明の当たり方でも問題はないんですよね。

縮尺はやや大きめでもありますが、個人的には好きな設定。

雑音レベルは小~中、サアアアァという音はあるけど許容範囲。爆音セックスなこともそうですが、かなり繊細な音を拾っている感じでもあり、物音の大きさも全体的にある。爆音セックスを楽しめればいいですが、大きい音が苦手だと耳が痛いほどかもしれない。

2020年12月24日配信の作品で、2020年のVR作品の中で一番強烈な体験ができたと言えるような抜きんでたものがありました。二重人格のようなあおいれなの演技、早漏改善というテーマからの痴女堕とし、ふにゃふにゃの美少女になってイカせまくるボーナス。あおいれなの美しい顔を高画質で見ているだけで満足できるのに内容も最高で、満足度も最高。

配信開始日:2020/12/24
収録時間:96分
出演者:あおいれな
監督:クワッチー
メーカー:SODクリエイト
レーベル:SODVR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】早漏改善 射精コントロール カウントダウン射精 痴女系騎乗位チントレ射精管理SEX

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました