2019年10月 当ブログ人気ランキング

先月の振り返り。2019年10月の当ブログの人気ランキング。

1位

プレミアム10周年記念里美ゆりあファン感謝祭 一般男性たちと大乱交
プレミアム10周年記念里美ゆりあファン感謝祭 一般男性たちと大乱交

2016年4月2日配信の旧作。デカチン、短小、包茎、早漏など里美ゆりあが15人のファンのチンコをイジる。ファンのチンコがバラエティに富んでいたので面白いコメントもバンバン出た。価格改定される旧作は買いやすい。
5人連続の挿入で「あぁ 今までで一番デカい」と言われたデカチンさんだったけど一番早漏でした – テングノハナオレ

2位

オナホ試してみませんか?霧島さくらのコスプレ素人逆ナンパ
オナホ試してみませんか?霧島さくらのコスプレ素人逆ナンパ

こちらも2015年10月3日配信の旧作。FANZAレビューは低評価で実際に逆ナン物としては安っぽさもあるけど、くの字に曲がったチンコのインパクトが強すぎた。
逆ナンした素人男性の「く」の字に曲がったデカチンでイカされる霧島さくら – テングノハナオレ

3位

寝取らせ検証 『綺麗な裸を残しておきたい』メモリアルヌード撮影で共演した夫よりも若いモデルの他人棒を見て愛液を垂らした妻はその後、SEXしてしまうのか?
寝取らせ検証 『綺麗な裸を残しておきたい』メモリアルヌード撮影で共演した夫よりも若いモデルの他人棒を見て愛液を垂らした妻はその後、SEXしてしまうのか?

当ブログの累計で一番人気の作品ですけど、未だに月間の3位というのは驚く。寝取られ物の最高傑作。このヒットによって同シリーズや類似シリーズも多く出ているわけですが、どうしてもチープなセクハラや企画物AVらしいネタに走ってしまう傾向があり、良い作品はなかなか生まれない。
この作品は仲の良い普通の夫婦がメモリアルヌード撮影に来て、旦那さんが優しくて良い人にも関わらず、妻が若いモデルの肉欲に溺れてしまういやらしさを繊細に描いています。旦那も妻も浮気をするような人じゃなさそうなのに、妻が肉欲に負けて裏切るのが強烈。
メモリアルヌード撮影に来た人妻が男性モデルに溺れていく様を繊細な描写で描いた傑作 – テングノハナオレ

4位

【VR】久々に再会した親戚のつばさ姉さんに「昔みたいに一緒の布団で寝る?」と誘われこっそり布団の中で汗だく密着ピストン性交VR 八乃つばさ
【VR】久々に再会した親戚のつばさ姉さんに「昔みたいに一緒の布団で寝る?」と誘われこっそり布団の中で汗だく密着ピストン性交VR 八乃つばさ

4位にようやく新作。VRは980~1,280円の低価格なので新作も上位に入りやすい。
「布団の中で密着」「女優が汗だく」というVRで魅力が増大する要素を入れているのが高評価の要因。ドラマ体験としても丁寧な作りですし、ちゃんとVRを研究して作られている。FANZAレビューは4.57点(23件/7コメ)。
【VR】布団の中で幼馴染のお姉さんと汗だくの筆おろしセックス – テングノハナオレ

5位

120%リアルガチ軟派伝説 vol.46
120%リアルガチ軟派伝説 vol.46

2017年3月17日配信の旧作。王道のナンパ物。このシリーズは女優のレベルが高い事と、男優の堀尾さんのデカチンのインパクトで人気。
潔癖症で高校卒業までは処女だった美少女が堀尾のデカチンで「子宮…… 子宮気持ちいい」 – テングノハナオレ

6位

「初めてがおばさんと生じゃいやかしら?」童貞くんが人妻熟女と最高の筆下ろし性交 水野優香
「初めてがおばさんと生じゃいやかしら?」童貞くんが人妻熟女と最高の筆下ろし性交 水野優香

ランキングは5位までで良いと思っていたんですけど、新作が入らなすぎたので6位と7位の新作まで紹介。
こちらは水野優香が3人を筆おろしする作品。注目は3人の若手デカチン男優。この男優のデカチンには秋山祥子や卯水咲流らも驚いていましたが、水野優香の反応も激しかった。
童貞君のデカチンでヘトヘトになる人妻「あっ! ……すごい 男優さんより大きいと思う(笑)」 – テングノハナオレ

7位

うれし!はずかし!筆下ろしドキュメント!! 童貞クンを可憐凄テクで連射パニック 七沢みあ
うれし!はずかし!筆下ろしドキュメント!! 童貞クンを可憐凄テクで連射パニック 七沢みあ

2019年2月9日配信。新作ではないけれど旧作というほどの古さでもない。価格改定はされていて500~1,480円。
七沢みあの初筆おろし作品。4人目が衝撃的で面白かったです。ちょっと童貞君を馬鹿にしてイジる感じだったのに、挿入すると七沢みあがヒーヒー言わされる展開。七沢みあのビジュアルと性格の魅力は十分なんですけど、それだけじゃなくてこういう展開と反応ができるから強い。
七沢みあが「AVを見るのが好きでも童貞なんですか?」とイジっていた童貞にめちゃくちゃに犯され「あぁイってるから…… 待って あぁちょっと まって……」 – テングノハナオレ

感想

本数で集計しているので価格改定されて300~980円になっている旧作が強い。ベスト5に唯一入った新作は980~1,280円のVR作品。VRは最新作でも低価格なので価格面での不利がないですね。
VR作品の中でも『【VR】久々に再会した親戚のつばさ姉さんに「昔みたいに一緒の布団で寝る?」と誘われこっそり布団の中で汗だく密着ピストン性交VR 八乃つばさ』はVRの魅力を研究して丁寧に作って高評価を得た感じです。VR作品は低品質作品が半分ほど占めているような状況なので、ポイントを押さえて丁寧に作られていると目立てます。

低価格が人気な中で6位の『「初めてがおばさんと生じゃいやかしら?」童貞くんが人妻熟女と最高の筆下ろし性交 水野優香』は目立ちますね。1,980~2,980円で売れるには突き抜けた魅力が必要。若手デカチン男優のデカチンと水野優香の激しい反応が光りました。

1位、2位、3位、5位は旧作。
1位と2位と5位は旧作の記事を更新した物なので上位に来るのもわかる。最初に記事を書いた時は価格改定されていなかったけど、価格改定後に記事を更新したので、気になる作品が買いやすい価格になって人気に。3位の『寝取らせ検証 『綺麗な裸を残しておきたい』メモリアルヌード撮影で共演した夫よりも若いモデルの他人棒を見て愛液を垂らした妻はその後、SEXしてしまうのか?』は集計していてビックリ。当ブログの累計では一番人気ですが、記事を更新しているわけでもないのに未だに月間で上位とは。

2019年10月は低価格の旧作が強かったですけど、9月の1位は『密着して舐め尽くす むしゃぶり唾液痴女 高杉麻里』だったんですよね。こういうセックス勝負っぽいシチュエーションで激しい攻防のある作品は意外と少なくて、たまにあると人気です。
密着して舐め尽くす むしゃぶり唾液痴女 高杉麻里 – テングノハナオレ

どの作品を見てもわかりやすい個性と魅力がある。何か突き抜けた部分がないとランキング上位には入らないですね。
もう少し新作を発掘したいと思いつつも、価格改定されてから紹介したほうが良いんじゃないかと思った2019年10月の振り返りでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top