【VR】サウナで霧島さくらと汗だくセックス「あっ フフ おっきいね」「すごい奥まで届いてる」

『もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら…』というVRシリーズ。今回はAV女優の中で別格の極上ボディである霧島さくらと汗だくセックスをVR体験できる。「あっ フフ おっきいね」「すごい奥まで届いてる」と言われるデカチンで突くけど、「どうしたの? もしかして イキそうになっちゃった?」「ガマンできなかったの? ちょっと激しくしすぎたかな?」という強敵でもありました。>>感想
(FANZA 【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 霧島さくら【リアル映像】)

パート1

女性専用サウナのはずが目の前に男が座っていて戸惑う霧島さくら。
意を決して声をかけてきて、
霧島さくら「あの すいません ここ女性専用なんですけど 女性専用です なんでいるんですか? あの ちょっと出てってもらわないと お店の人呼びますよ」
それでも出て行かない男を引っ張って追い出そうとする。
霧島さくら「お店の人呼びますよ!」
勢い余ってバスタオルがハラッと落ちそうになる。
霧島さくら「すいません」
怒っていたのに見えそうになって謝っちゃうのがかわいい。

暗転して「10分後」と表示される。
目の前で落ちついて座っている霧島さくら。ニコッと笑って、
霧島さくら「すごい いい体ですよね すいませんジロジロ見ちゃって」
さっきまで引っ張り出そうとしていたのが嘘みたい。このシリーズは夢オチ、妄想オチが定番なので驚きはないですけどね。この時点では。
目の前に霧島さくらが座っているだけでドキドキです。バスタオル越しでも凄い体。汗ばむ肌もセクシー。
霧島さくら「サウナってよく来られるんですか? そうなんですね へー いつもこの時間帯に来るんですか? そうなんだ 私 今日この時間初めて来たんですよ サウナよく来るんですけど じゃあ今度からこの時間にしようかな」
男への好意を隠さないどころか、積極的なアプローチ。

霧島さくら「なんですか? ん?」
前のめりに近づいて、
霧島さくら「でも 本当にいい体ですよね」
こっちのセリフ。おっぱいが凄いのはもちろん、下半身の迫力も凄い。近づかれるとドキドキが増す。

霧島さくら「いや私 男の人の汗かいてる姿見ると ちょっと興奮しちゃうんですよね」
と言って太腿や肩のあたりをタッチしてきて、
霧島さくら「すごい びっしょり」
霧島さくらも汗でびっしょり。そのままベタベタ触って、
霧島さくら「ホント いいなぁ 興奮しちゃいます」
胸元の水滴とかしっとりテカる二の腕に目がいく。顔もかわいいです。

この体で近づかれて股間が反応しちゃって、
霧島さくら「ん? あれ? ここ ピクピクしてません? 気のせいですか? 気のせいですか ふーん ピクピクしてるように見えたんだけどな ほら だってこうやって体触ると すごいピクピクしてますよ」
誘惑されるようなボディタッチとド迫力の体を見せられながら、勃起をチェックされるような緊張感が良いです。
霧島さくら「フフフ かわいい」

霧島さくら「もっと近くに言ってもいいですか?」
痴女っぽい誘惑だけど、優しい笑顔がかわいい。

霧島さくら「今どんな気分ですか? 私はちょっと頭がぽーってしてきました」
ここでチンポがピクピク反応したのを見られて、
霧島さくら「フフ やっぱり ね ここ大きくなっちゃってますよ」
タオルの上から触り、勃起した竿の形がクッキリ出ちゃっています。さらに両手でニギニギ。タオル越しだとモザイクが出ないので、触られる見せ方として良いです。
霧島さくら「フフ こんなとこで こんなにしちゃうなんて いけないんだ フフ なんでこんなになっちゃったんですか?」
わかってて聞いてくる。

霧島さくら「どこで興奮したんですか? だって興奮したから こんなになっちゃったんですよね ここほら タオルの上からでもわかる へー そっか 私の体見て興奮しちゃったんだ」
嬉しそうであり、勝ち誇ったようでもある笑顔。
霧島さくら「こんな顔近くで話してたら チューしたくなりません? キスしてもいいですか? フフ やった」
至近距離での見つめ合いからキス。
霧島さくら「フフ 唇柔らかい もっと」
舌も絡めてきます。
霧島さくら「ベロ出して」
耳に息を吹きかけたり、舐めたりもしてくれる。
霧島さくら「こういうの好きですか? じゃあもっとやってあげる」

股間を触ってチェックし、
霧島さくら「うわすごい さっきよりも大きくなっちゃってる ここ見せてくださいよ いいでしょ? だってもうこんなんなっちゃってるし ほら」
タオルをサッと取る。
霧島さくら「あっ フフ おっきいね」
チンチンを見た時の反応もかわいい。笑顔で「おっきいね」と。

優しく手コキ。
霧島さくら「わぁ すごい ほら こんな興奮してくれたんだ 嬉しい」
チュッとキスをして、
霧島さくら「もっと いいことしよう」
チンチンに顔を近づけて臭いを嗅ぎ、
霧島さくら「ここも汗すごいですね」
舌を伸ばして見せて、少し焦らしてからフェラ。

チンチンにチュパチュパしている間に少しずつバスタオルがはだける。
フェラ中に目を合わせて笑顔で、
霧島さくら「汗すごい美味しい」

上体を起こすと、はだけたバスタオルがハラッと落ちる。
霧島さくら「あっ フフ タオル外れちゃった」
おっぱいの迫力が凄い。腕にちょっと触れた時の揺れでプルンとなる。

霧島さくら「もっと興奮してください どうですか? 私の体 すっごい柔らかいんですよ」
男の手を誘導して揉ませる。プニプニしたりプルプルしたり、柔らかさが伝わります。
おっぱい揉みvs手コキ状態。

霧島さくら「私の体 熱くなってるのわかります? もっと近くで見て」
間近で見るおっぱいの迫力と汗ばむ肌が良いです。
乳首をいじると、
霧島さくら「そこ気持ち良い もっといっぱい触って」

霧島さくら「柔らかいでしょ? もっと気持ち良くするね」
再びチンチンを咥えてジュボジュボ。
霧島さくら「今度は このおっぱいでオチンチン挟んであげるよ」
おっぱいで挟んで唾液を垂らす。
霧島さくら「こうやってヌルヌルさせて ほら すごいクチュクチュいってる」
クチュクチュいわせながら擦る。特におっぱいを持ち上げた時のボリュームが凄い。
霧島さくら「汗とヨダレが混ざって すごいクチュクチュいってますね すごい 聞こえます?」

霧島さくら「ほらこっち見てちゃんと」
かわいい顔と至近距離で見つめ合いながらのパイズリは破壊力ある。
男の手がプルプル震えて、
霧島さくら「すごい気持ち良さそう ダメ ちゃんとガマンして これ大丈夫そう? ちょっと速くしてもいい?」
霧島さくらのペースで攻められます。

ガマンできなくなった男がチンポを引いちゃう。
霧島さくら「え? どうしたの? もしかして イキそうになっちゃった?」
目をキラキラさせて見つめながら確認してくる。
霧島さくら「フフ もう1回やっていい? かわいい じゃあゆっくりしてあげるね」
童貞君が攻められているみたい。
霧島さくら「じゃあゆっくりじっくり おっぱいで挟んであげますね」

亀頭を舐めて滑りを良くしてから亀頭と乳首を擦る。
霧島さくら「オチンチンの先っちょ乳首に当たって気持ち良い 私の乳首コリコリしてる? これは?」
おっぱいにチンコを挿す。

男がイキそうになって寸止め。
霧島さくら「ダメまだ出しちゃ ガマンできる?」
優しい笑顔でキスをして、
霧島さくら「じゃあ今度は お尻も見せてあげるよ」
大きなお尻を見せて触らせる。張りがあるお尻です。
開いてアナルを見ると、
霧島さくら「そこ恥ずかしいっ」

そこから男が引き寄せて尻コキ状態で擦る。
霧島さくら「ちょっと ダメそれっ ちょっともう 動かされたら 入れたくなっちゃう……」
霧島さくらも感じて興奮が高まる。

霧島さくら「ここ もうすごい硬くなっちゃってる 入れたくなっちゃった 手ぇ貸して ここ触って ほら すごい濡れてるでしょ」
手マンの体勢でもおっぱいの迫力が目立つ。

霧島さくら「いつもより すごい気持ち良い そこ そのまましてっ」
ダイナマイトボディを指先1つでプルプルと感じさせるのは爽快。
霧島さくら「あぁイクイクイクッ!」
ビクンッとイってビクビク。
霧島さくら「イっちゃった すごい気持ち良い」
イった後の激しいキス。

チンチンを触って、
霧島さくら「これ さっき指入れてくれてたところに入れてもいい? 大丈夫だれも来ないから エッチしよう」
見つめ合って、かわいい笑顔でエッチを誘う。

パート2

霧島さくら「入れるよ」
座位の体勢で亀頭を入口に当てるけど、先端を入れて一時停止。
霧島さくら「先っちょ入っちゃった わかる? 入ってるの 私の中 すごい熱いでしょ」
この最高級の体にチンチンが入っていく様子をゆっくり見せる。

グリグリするとチンチンが抜けて、
霧島さくら「あぁ出ちゃった フフ こうやってさっきみたいにスリスリスリスリすれば」
重量感のある下半身がダイナミックにグリグリしてくる。
霧島さくら「私もガマンできなくなってきちゃった」

再挿入して、
霧島さくら「いい? 入れちゃうね? んっ あっ んん…… すごい奥まで届いてる 気持ち良い」
デカチンを根元まで入れる。口を真一文字に結んで、少しキツそう。「んっんっ」と踏ん張りながら動いています。

霧島さくら「もうちょっと速く動くね」
馴染んできてスピードアップ。
霧島さくら「気持ち良すぎて腰止まんないっ もっと動かしていい?」
激しさを増してくる。おっぱいをブルンブルンと揺らせる。
霧島さくら「もうイっちゃいそう あぁイクイクッ」
イって動きが止まる。
霧島さくら「あぁイっちゃった…… オマンコ キュッてなったのわかった?」

霧島さくら「もっと奥突いていい?」
密着しての対面座位。これはスゲェ、霧島さくらのド迫力ボディとの密着感と、汗まみれのセックス。
霧島さくら「こうやって奥までギュウ」
まさに「1つになる」という意識がある。

再び後ろに手をつく。
霧島さくら「オマンコの奥のほうまでチンチン入れてグリグリするの気持ち良い? ねぇ おっぱい触って」
普通に揉むだけで強く鷲掴みしているように見える柔らかさとボリューム。

霧島さくら「イっちゃいそうまたイっちゃう あぁイクイクッ」
ビクンッとイって、
霧島さくら「んーダメ すごい気持ち良い チューしていい? 気持ち良い 今度後ろからやってもいい?」
チンチンを抜いてお尻を向けて、
霧島さくら「こっち ここに入れて」

お尻のボリュームがありつつ、腰はキュッと締まっていて両手で握りたくなる。
ピストンしたりグリングリンしたり、動かし方も上手くて激しい。
霧島さくら「またイっちゃいそう イクイクイクッ!」

霧島さくら「またイっちゃった もっと見て」
横乳を見せながらのピストン。

霧島さくら「ダメだからね まだイっちゃ ダメだよガマンしてね」
まだまだイキたい霧島さくら。男にはガマンさせる。
男がガマンできずにストップしちゃったみたいで、
霧島さくら「ガマンできなかったの? ちょっと激しくしすぎたかな?」
イカせまくっていたかと思いきや、まだ余裕がある感じで挑発的でもあるコメント。男が奮起して再び動く。
霧島さくら「あっ ちょっ ねぇズルい…… んっんっんっ」

霧島さくら「もっと攻めたい ここさ もう誰も来ないから ちょっと寝転がってよ 私もっと動いてあげる」
騎乗位で挿入。何度見てもこのダイナマイトボディにチンチンが入っていくのは凄い映像。

霧島さくら「入っちゃった 見る? やばっ 気持ち良い奥まで入って」
結合部を見せつけながら動く。
霧島さくら「さっき激しくしちゃったから 今度はこうやって ゆっくり奥まで」

前かがみになり、
霧島さくら「まだゆっくりするのガマンできる? こうやって」
暴発を心配されながらのセックス。

ヨダレを垂らして乳首攻め。
胸元の汗もすごい。汗だくでセックスしている感じも良いです。
霧島さくら「こうやって乳首触られるのは好き?」

霧島さくら「ダメゆっくりできない 私がガマンできない」
アメリカンクラッカーみたいにおっぱいを弾ませながら激しいピストン。
霧島さくら「あぁダメッ 奥気持ち良いっ これすぐイっちゃいそう あぁイクイクイクッ! うぅ……」
おっぱいを見上げながらイク姿を見る。

霧島さくら「おっぱいだけじゃなくて 私のこともちゃんと見てよ じゃあそんなにおっぱいが好きなら もっとくっついてあげる」
密着気味の騎乗位。
おっぱいと汗ばむ肌が近い。

霧島さくら「また気持ち良くなってきちゃった」
上体を起こしてピストンを続け、またイっちゃう。
霧島さくら「今度後ろもやっていい? いっぱい気持ち良くなろう 入れたまま……」
チンチンを抜かずに反転。体が凄すぎるから、こういう動きも見入っちゃう。

大きなお尻をボフボフボフボフと叩きつける背面騎乗位。
ピストンの後にグリグリ。
霧島さくら「イクとこ見ててっ あぁイクッ!」
イってからも動いて、
霧島さくら「まだダメだからね もっと気持ち良くなろうっ」
リアルだったら圧倒されそう。

チンチンを抜いて腰を浮かせてフェラ。
逆さまに見る上半身も新鮮で良いです。

フェラから手コキで、
霧島さくら「これ気持ち良い? ほらほらほらほら ちゃんとガマンできる ダメだよガマンしてガマンして」
暴発寸前の男を攻めて楽しんでいるみたい。たまに見せるSっ気が刺激的です。
霧島さくら「すごいかわいい」

再び対面騎乗位。
やっぱり下から見上げるおっぱいの迫力が凄い。
霧島さくら「もう この体勢すぐイっちゃいそうになる」

霧島さくら「今度は前から突いて こっちきて」
最後は正常位。ちょっとカメラが低くて主観視点として見ると極端な猫背。

霧島さくら「腰止めちゃダメでしょ もっと」
頭を押さえて煽ってくる。
霧島さくら「すごい 奥まで……」

霧島さくら「イキそう? じゃあ一緒にイこうっ」
同時イキで中出し。
霧島さくら「中すごい出てるのわかる」
最後は左耳に囁き。このシリーズのオチは妄想が定番なのですが、今回はあえてそれを逆手にとったオチ。

感想

霧島さくらのVR作品は体の凄さが絶対的な武器になっていて、本当にVRでこの体を見られるのは嬉しくて有難い。別格な感じもあります。おっぱいとお尻が大きいけど腰のくびれもしっかりあって本物の極上ボディ。体だけじゃなくて顔もかわいいし、何度も見せる優しい笑顔に癒される。

「あっ フフ おっきいね」「すごい奥まで届いてる」と言われたデカチンで、極上ボディの奥を突くような感覚もあったし、サウナでのシリーズなので汗も特徴。基本的にはフェイクの汗だとは思いますが、汗まみれの極上ボディと密着してセックスしている感じも良かったです。いつも安定してボディの仕上がりは良いですが、今回は汗だくの魅力が追加されていました。

優しい笑顔の霧島さくらですけど、ちょっとSっ気を見せて攻めてくるのも良かった。「どうしたの? もしかして イキそうになっちゃった?」とか、目をキラキラさせて責めを楽しんでいる感じでした。背面座位で男がストップした時も「ガマンできなかったの? ちょっと激しくしすぎたかな?」と、ちょっと上からセックスしているみたい。背面騎乗位の後の手コキでも「これ気持ち良い? ほらほらほらほら ちゃんとガマンできる ダメだよガマンしてガマンして」という本性はSっぽいところを見せてくれました。そんなSっ気のある霧島さくらを突きまくってイカせまくるのも良いです。

基本画質は普通。縮尺は丁度良い。照明は少し明るめだけど白飛びが気になるほどではないから悪くない調整。音はバイノーラル録音で音質も問題なし。唯一の欠点はHQ版に未対応なこと。30fpsだと動きでのブレがあり、ブレが画質の悪い印象にも繋がる。そのかわり500円という低価格です。HQ版に未対応なのは、これは新作ではなく『【VR】VR-1記念作品 KMPVRでもっとも支持された人気シリーズを完全網羅!!VR-1のためだけに人気女優が特別に撮り下ろした豪華4本立てVRだよ!!霧島さくら 阿部乃みく 篠田ゆう 舞島あかり』に収録されている1コーナーを単品販売した物であるから。こちらの作品は約4時間の大ボリュームで6月19日(水)10時まで30%OFFの546円ですので、セール中ならオリジナル版を買ったほうがお得。

やっぱりVRで見る霧島さくらの体は凄い!この魅力が全編通してあるから作品としても強い。

配信開始日:2019/06/03
収録時間:60分
出演者:霧島さくら
シリーズ:もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら…
メーカー:KMPVR-彩-
レーベル:KMPVR-彩-
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】もしも女性用サウナに間違って入ってしまったら… 霧島さくら【リアル映像】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top